Name

KOGO, Chiharu

Official Title

Professor

Affiliation

(School of Human Sciences)

Contact Information

Mail Address

Mail Address
kogo@waseda.jp

URL

Web Page URL

http://kogolab.wordpress.com/

Grant-in-aids for Scientific Researcher Number
00186610

Sub-affiliation

Sub-affiliation

Faculty of Human Sciences(Graduate School of Human Sciences)

Affiliated Institutes

メディアネットワークセンター

兼任研究員 2009-2010

メディアネットワークセンター

兼任研究員 2008-2009

Educational background・Degree

Educational background

-1981 Waseda University Faculty of Literature Psychology
-1989 Waseda University Graduate School, Division of Letters Psychology

Degree

Doctor of Philosophy in Education Thesis Tokyo Gakugei University Education

Master (Psychology) Coursework Waseda University Experimental psychology

Career

1990-1991Research Associate, Faculty of Education, Toyama University
1991-1992Lecturer, Faculty of Education, Toyama University
1992-2002Associate Professor, Faculty of Education, Toyama University
2002-2012Associate Professor, School of Human Sciences, Waseda University
2012-Professor, School of Human Sciences, Waseda University

Academic Society Joined

Japan Society for Educational Technology Editorial Board

Japan Society for Information and Systems in Education

The Japanese Association of Educational Psychology

The Japanese Association of Psychology

Liberal and General Education Society of Japan

American Educational Research Association

Association for Educational Communications and Technology

Interview Guide

Category
Complex systems
Research Field
Instructional technology, Instructional design, Adlerian psychology
Keywords
eLearning, Active learning, MOOCs

Research Field

Keywords

Instructional design, Educational media, Distance learning, Language arts, Academic writing, e-Learning, Life-long learning, Adlerian Psychology

Grants-in-Aid for Scientific Research classification

Complex systems / Science education/ Educational technology / Educational technology

Social sciences / Psychology / Educational psychology

Social sciences / Psychology / Experimental psychology

Cooperative Research Theme Desire

Practical research on instructional design in higher education and adult education

Institution:Cooperative research with other research organization including private (industrial) sectors

Purpose:Collaboration research

Research interests Career

2010-2014Design and Practice of e-learning for life-long learning on the basis of andragogy

Current Research Theme Keywords:andragogy, life-long learning, e-learning

Individual research allowance

2006-2009An Integrated Study on e-Learning System Enabling Participaroty Workshops

Current Research Theme Keywords:e-Learning, Workshop, Instructional Design, Higher Education

Cooperative Research within Japan

2005-2007Development of Scenario-Based E-Learning Contents for Higher Education with Reality.

Current Research Theme Keywords:E-Learning, Instructional Design, Higher Education

Cooperative Research within Japan

2003-2006Development of Models and Prototypes of Higher Education Using Broadband Commnunication.

Current Research Theme Keywords:E-Learning, Instructional Design, Higher Education

Cooperative Research within Japan

2000-2001An application of Personalized System of Instruction to distance learning via Internet

Current Research Theme Keywords:Personalized System of Instruction (PSI), distance learning, Internet

Cooperative Research within Japan

Paper

eラーニングによる導入科目受講前後における社会人学生の学びに対する自信の変化

石川奈保子・向後千春・冨永敦子

日本教育工学会論文誌 37(Suppl.) p.21 - 242013/12-

シナリオ作成を伴ったロールプレイング授業が批判的思考態度に及ぼす効果

山元有子・向後千春

日本教育工学会論文誌 37(Suppl.) p.33 - 362013/12-

タブレット端末における教材の提示方法が学習に及ぼす影響

渡邉文枝・向後千春

日本教育工学会論文誌 36(Suppl.) p.109 - 1122013-

シナリオ型ビデオ教材と実習を組み合わせた造影剤副作用発現時の対応に関する研修の効果

杉浦真由美・向後千春

日本教育工学会論文誌 36(4) p.429 - 4382013-

大学におけるeラーニングとグループワークを組み合わせたブレンド型授業の設計と実践

向後千春・冨永敦子・石川奈保子

日本教育工学会論文誌 36(3) p.281 - 2902012-

同期・非同期を組み合わせた家庭用eラーニングシステムが中学生の成績に及ぼす効果

岡田行弘・永見良介・冨永敦子・向後千春

教育システム情報学会誌 29(1) p.1 - 92012-

eラーニング・対面講義・グループワークに対する学習者の認知と成績との関連性

冨永敦子・向後千春・岡田安人

教育システム情報学会誌 28(3) p.247 - 2522011/07-

大学eラーニング課程におけるスタディスキルコンテンツ

向後千春・石川奈保子

日本教育工学会論文誌 35(Suppl.) 2011-

ブレンド型大学授業における授業形態の好みと成績との関連

冨永敦子・向後千春

日本教育工学会論文誌 34(Suppl.) p.37 - 402010/12-

eラーニング授業におけるレビューシートの利用が授業評価に及ぼす効果

伊豆原久美子・向後千春

日本教育工学会論文誌 33(Suppl.) p.53 - 562009/12-

生涯学習のニーズに対応するeラーニング大学

向後千春

メディア教育研究 6(1) p.S26 - S332009/12-

書くことから拓ける世界

向後千春

言語 37(3) p.50 - 552008/03-

アカデミック・スキルズ教育とその将来---学びの意味を考える教育に向けて

筒井洋一・向後千春・三宅和子・中村恵子

大学教育学会誌 27(2) p.60 - 622005/11-

書評:高橋秀明・山本博樹(編著)(2002).『メディア心理学入門』

豊田幸子・黒田知紗・向後千春

認知科学 11(1) p.75 - 772004/03-

Webベース個別化教授システム(PSI)によるプログラミング授業の設計、実施とその評価

向後千春

『教育システム情報学会誌』 20(3) p.293 - 3032003/07-

大学におけるWebベース個別化教授システム(PSI)による授業の実践

向後千春

『教育心理学年報』 42p.182 - 1912003/03-

教育工学の「世界の構成」と研究方法

向後千春

『日本教育工学会論文誌』 26(3) p.257 - 2632002/12-

言語表現科目の9年間の実践とその再設計

向後千春

『大学教育学会誌』 24(2) p.98 - 1032002/11-

大学生の基礎リテラシーとしての言語表現教育

向後千春

コンピュータ&エデュケーション 9p.48 - 532000/12-

CD-ROM教材を利用した授業におけるノート取り行動

向後千春

教育メディア研究 6(1) p.47 - 511999/12-

個別化教授システム(PSI)の大学授業への適用

向後千春

コンピュータ&エデュケーション 7p.117 - 1221999/11-

表現科目授業実践の共有化と流通を教育工学から考える

向後千春・筒井洋一

大学教育学会誌 21(2) p.87 - 901999/11-

PSI方式の授業における個人進度データベースの設計と評価

山崎一法・向後千春

日本教育工学会誌 23(Suppl.) p.95 - 981999-

書評:池田謙一編『ネットワーキング・コミュニティ』、川浦康至他『電子コミュニティの生活学』

向後千春

認知科学 5(4) p.122 - 1231998/12-

大学教養教育における基礎・教養・言語表現等演習に関する検討---科目名と内容を中心に---

奈良雅之・筒井洋一・向後千春・小林勝法

大学教育学会誌 20(2) p.141 - 1461998/11-

大学の作文教育におけるネットワーク利用の効果

浦崎久美子・石井成郎・向後千春

日本教育工学会誌 22(Suppl.) p.53 - 561998/08-

マンガによる表現が学習内容の理解と保持に及ぼす効果

向後智子・向後千春

日本教育工学会論文誌 22(2) p.87 - 941998-

日本の小学校・中学校の教科書における説明図への言及とキャプションの分析

向後智子・向後千春

日本教育工学会誌 21(Suppl.) p.25 - 281997/08-

字幕映画の視聴における眼球運動の分析

向後千春・岸 学

日本教育工学雑誌 20(3) p.161 - 1661996/12-

「疑似対人行動----誘発の条件」の整理

向後千春

認知科学 3(2) p.96 - 1001996/06-

『児童心理学の進歩1995年版』、 第7章「コンピュータ教育」

日本児童研究所編

金子書房 p.141 - 1641995/06-

日本の四都市における色彩嗜好(1)--因子分析的研究--

斎藤美穂・冨田正利・向後千春

日本色彩学会誌 15(1) p.1 - 121991/05-

Paradoxical fall in Hebb digits task: Mode change in the search process

Chiharu KOGO and Fusako KOSHIKAWA

Japanese Psychological Research 2p.97 - 1011991-

操作することはマニュアル文の読みを速める

向後千春

教育心理学研究 38(3) p.100 - 1051990/09-

オペレーティングシステムの理解と操作スキル獲得のための教育環境

向後千春・野嶋栄一郎

CAI学会誌 38(1) p.14 - 211990/03-

Making an Evaluation of the Japanese Edition of Course Interest Survey Scale Based on ARCS Motivational Model

2013(1) p.289 - 2942013/03-2013/03

CiNii

The Effect of Presentation Methods of Learning Materials in Tablet Device on Learning Performance

36(0) p.109 - 1122012/12-2012/12

CiNii

Detail

ISSN:13498290

Effects of quizzes inserted in video learning materials on students motivation

SATO Mitsuaki;TSUKAMOTO Kentaro;KOGO Chiharu

Japan Journal of Educational Technology 39(0) p.77 - 802016-2016

CiNii

Detail

ISSN:1349-8290

Effects of Visualization of Business Process Model in Multimedia Learning Materials on Motivation

Nakamura Yasunori;Kogo Chiharu

Computer & Education 39(0) p.92 - 972015-2015

CiNii

Detail

ISSN:2186-2168

Outline: In this study, we developed a Business Process Model (BPM) display system targeting multimedia teaching materials; this system is capable of showing learning procedures and media distribution in a BPM. We designed the BPM display system so that it can show learning procedures in a BPM and distribute by learning step each of the following media all together; "text teaching materials," "video teaching materials," "standards for learning time," "examples of learning outcomes," and "Q&A BBS." We assessed the influence of the BPM display system upon learning motivation. The results showed that displaying multimedia learning materials in a BPM is effective. Furthermore, the results suggested that distributing multiple media together has an impact on the learning motivation factors "attention," "confidence," and "satisfaction."

Causal Relationship among Questionnaire Variables Investigating Learners' e-Learning Orientation in Massive Online Courses

WATANABE Fumie;KOGO Chiharu

Japan Journal of Educational Technology 2017-2017

CiNii

Detail

Outline:

The purposes of this study are to develop a short form of the e-learning orientation scale, examine the scale's reliability and validity, investigate the changes in learners' e-learning orientation using the scale, and examine the causal relationship among the scale's question items. The participants were the learners of massive open online courses in Japan. Questionnaire surveys were conducted both before and after an e-learning course. The scale comprised five main variables: preference, concentration, monotony, flexibility, and isolation. The results indicated that the scale had a one-factor structure, sufficient reliability, and factorial validity. Learners were divided into two groups: learners with e-learning experience, and learners with no experience in e-learning. A two-way analysis of variance (ANOVA) was conducted to analyze the changes in the learners' e-learning orientation between the two groups. The results of a 2 (groups) × 2 (time) mixed-design ANOVA suggest that learners with no experience in e-learning can improve their e-learning orientation by completing an e-learning course. A cross-lagged effects model explained the causal relationship among the question items in the pre and post stages of the elearning course. The results suggest that isolation is an important factor affecting the e-learning orientation of learners.

Designing Seminars by "Micro Format":Practices and Evaluation

TAKI Midori;DOSAKA Sayaka;KOGO Chiharu

Japan Journal of Educational Technology 40(0) p.25 - 282017-2017

CiNii

Detail

ISSN:1349-8290

Causal Analysis of Self-Regulated Learning Strategies Used by Adult Students in University Online Courses

ISHIKAWA Naoko;KOGO Chiharu

Japan Journal of Educational Technology 40(4) p.315 - 3242017-2017

CiNii

Detail

ISSN:1349-8290

Outline:

In the study reported in this paper, we conducted panel surveys using a self-regulated learning strategies scale among adult students taking basic education correspondence courses through e-learning. The results revealed five self-regulated learning strategies, namely (1) reflecting on learning methods, (2) devising learning methods, (3) asking peers, (4) developing learning plans, and (5) rewarding oneself. Learning strategy usage was largely unaltered after six months. In terms of causal relationships between learning strategies, covariance structure analysis revealed that (1) reflecting on learning methods influenced (3) asking peers and (4) developing learning plans; and that (4) developing learning plans influenced (2) devising learning methods and (5) rewarding oneself. The findings suggest that a cycle of self-regulated learning can be induced among adult students in a university correspondence course by encouraging them to reflect on learning methods.

Development of Training Course for Preceptor Supporting a Novice Nurse and Its Measurement of Effectiveness

SUGIURA Mayumi;KOGO Chiharu

Japan Journal of Educational Technology 40(4) p.337 - 3472017-2017

CiNii

Detail

ISSN:1349-8290

Outline:

In this study, we developed teaching material to improve the competence of the preceptor in providing support for a novice nurse. We also developed a training course that combined video, reflection, lecture, and role-playing. To do these we considered the results of an investigation into the qualities required for preceptors to support a novice nurse; these comprised 25 items listed under four factors, namely "total support," "leadership," "lending support in performing duties," and having a good "attitude toward the novice nurse." Furthermore, we found that a novice nurse requires support in three areas, namely "behavior," "feelings," and "attitude" of the preceptor. After undergoing the training course, we noticed a change in the confidence levels of the preceptor. The group that had low self-confidence before the training significantly gained in confidence. Through the training course that combined reflection, video, and role-playing, it was possible to conceptualize the preceptor's role.

The Effects of Learners' e-Learning and Peer Assessment Characteristics on Motivation for Continuous Learning and Course Evaluation in Japan Massive Open Online Courses

WATANABE Fumie;KOGO Chiharu

Japan Journal of Educational Technology 41(1) p.41 - 512017-2017

CiNii

Detail

ISSN:1349-8290

Outline:

This study aimed to obtain suggestions for reducing the dropout rate in massive open online courses. The effects of learners ' orientation toward e-learning and peer assessment on their motivation for continuous learning and their course evaluation of Japan massive open online courses were examined. Exploratory and confirmatory factor analyses identified three factors affecting peer assessment orientation of learners: reliability of peer assessment, perceived usefulness of peer assessment, and reluctance to participate in peer assessment. The structural equation model indicated that orientation toward e-learning had positive effects on perceived usefulness of peer assessment, motivation for continuous learning, and course evaluation. Additionally, reliability of peer assessment positively affected course evaluation. Perceived usefulness of peer assessment also had positive effects on reliability of peer assessment, motivation for continuous learning, and course evaluation. In addition, perceived usefulness of peer assessment had the maximum positive effects on motivation for continuous learning and course evaluation. On the basis of these results, this study suggests that learners' orientation toward e-learning and peer assessment contributes to the motivation for continuous learning and the course evaluation.

Books And Publication

200字の法則 伝わる文章を書く技術

向後千春

永岡書店2014/05-

Detali

ISBN:978-4522432402

いちばんやさしい教える技術

向後千春

永岡書店2012/04-

Detali

ISBN:978-4522430880

統計学がわかる【回帰分析・因子分析編】

向後千春・冨永敦子

技術評論社2009/01-

Detali

ISBN:978-4774137070

統計学がわかる

向後千春・冨永敦子

技術評論社2007/10-

Detali

ISBN:978-4774131900

自己表現力の教室

荒木晶子・向後千春・筒井洋一

情報センター出版局2000/04-

Detali

ISBN:978-4795831322

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

Research and practice of e-learning system for lifelong education on the basis of andragogy

2010/-0-2015/-0

Allocation Class:¥4030000

Research Classification:

An Integrated Study on E-Learning that enables Participatory and Collaborative Workshop

Allocation Class:¥9960000

Research Classification:

An empirical research to examine the effects that the active learning behavior that appeared during the lesson was caused for the study promotion

Allocation Class:¥14250000

Research Classification:

Development of new prototypes and models of higher education utilizing broadband networks.

2003-2006

Allocation Class:¥8300000

Research Classification:

Research on Personalized System of Instruction - Its Application in Distance Learning Via Network

Allocation Class:¥2100000

Research Classification:

Development of Instructional Evaluation Sheet and Revision Strategy Guidebook based on ARCS Motivational Model

Allocation Class:¥1900000

Research Classification:

Research for barrier free oriented Web Design for the Aged

Allocation Class:¥3600000

Research Classification:

GUI DESIGN FOR WWW WITH MENTAL WORK LOAD

Allocation Class:¥3100000

Research Classification:

Analysis of cognitive processes and development of aid methods for learning subjects in children with learning disabilities

Allocation Class:¥3700000

Research Classification:

Development of Multimedia Learning System for Training of Communication Skill

Allocation Class:¥5700000

Research Classification:

RESEARCH ON GROUPWARE FOR INFORMATION EDUCATION

Allocation Class:¥2200000

Research Classification:

The ecological approach to the integrated instructional model

2017/-0-2020/-0

Allocation Class:¥4550000

Research Classification:

Development of a Curriculum and Human Resources for promoting globalization of Educational Technology

2015/-0-2017/-0

Allocation Class:¥3640000

Research Classification:

Development of a mentor training program that reflects the needs of e-learners

2014/-0-2019/-0

Allocation Class:¥4290000

Research Classification:

Improvements of the Circulating Education Systems and Sophistication of the educational practices using Social Media

2012/-0-2015/-0

Allocation Class:¥19110000

Research Classification:

Development and Validation of Training Programs for Social and Emotional Skills

2020/-0-2023/-0

Allocation Class:¥3900000

Research Fund Acceptance Situation

Embodiment:Joint research programs

Research on e-Learning for playing musical instrument2013-

On-campus Research System

Special Research Project

早稲田大学eラーニングメンタ育成プログラムの実現可能性研究

2013

Research Results Outline: eラーニング学習者を支援するメンタはeラーニング実施に欠かせない人材である.松田・原田(2007)は,メンタの支援活動として,学習内容に関する支援, eラーニング学習者を支援するメンタはeラーニング実施に欠かせない人材である.松田・原田(2007)は,メンタの支援活動として,学習内容に関する支援,感情面に対する個別支援,ディスカッションの進行支援,の3つを挙げている.学習内容に関する支援には,... eラーニング学習者を支援するメンタはeラーニング実施に欠かせない人材である.松田・原田(2007)は,メンタの支援活動として,学習内容に関する支援,感情面に対する個別支援,ディスカッションの進行支援,の3つを挙げている.学習内容に関する支援には,学習内容や教員の指示についての説明,学習成果のフィードバック,進捗管理,学習方法の改善の支援などが含まれる.感情面に対する個別支援には,学習者がeラーニングを継続するための助言や激励などがある(p.27).そして,これらの支援を行うためのポイントとして,フィードバックの内容,学習者が理解しやすい表現力,学習者の状況把握を挙げている(pp.73-74). eラーニングメンタ資質が,オンデマンド講義や課題など複数の授業要素の学習達成感や,理解度,満足度にどのような影響を及ぼしたかについて質問紙調査を用いて分析した.授業の受講生260人を対象に,メンタ資質重視度,メンタ資質達成度,授業要素に対する達成感,授業内容に対する理解度および満足度に関する調査を行った.回答期間は1週間とし,大学のLMSのアンケート機能を用いて実施した. その結果,以下のことが明らかになった. ・メンタ資質重視度の中で,「学習者への指導」は学習達成感に正の影響を与え,「学習者への対応」は負の影響を与えた.このことから,学習に関する実質的指導は学習を助けるが,過剰な支援は学習を阻害すると考えられる. ・メンタ資質は理解度および満足度へは影響せず,学習達成感が理解度および満足度へ影響した.学習者が授業要素を達成することにより,理解度および満足度が向上すると考えられる. ・メンタ資質の4つの因子の中で学習に最も影響を与えるのは「学習者への指導」である.したがって,eラーニングにおける学習を支援し,学習者の理解度・満足度を向上させるには,メンタの指導スキルに関する研修やトレーニングが必要である. 参考文献 松田岳士,原田満里子(2007)eラーニングのためのメンタリング―学習者支援の実践―.東京電機大学出版局,東京

デジタルペーパーの利用がゼミの効率化と活性化に及ぼす効果

2014

Research Results Outline:ソニー製デジタルペーパーDPT-S1を使用することで、広く流通しているA4判の書類をPDFファイルとして閲覧することができ、同時に専用ペンを使ってそのソニー製デジタルペーパーDPT-S1を使用することで、広く流通しているA4判の書類をPDFファイルとして閲覧することができ、同時に専用ペンを使ってそのPDFファイルに手書きで書き込むことができる。またwifiとファイルサーバを介して、加工したPDF...ソニー製デジタルペーパーDPT-S1を使用することで、広く流通しているA4判の書類をPDFファイルとして閲覧することができ、同時に専用ペンを使ってそのPDFファイルに手書きで書き込むことができる。またwifiとファイルサーバを介して、加工したPDFファイルをユーザ間でやり取りすることができる。本研究はこのデバイスを大学院でのゼミで実際に使用することで、どのような効果が得られるかを検討した。1年間に渡り、実際のゼミでデジタルペーパーを使用した結果、紙と変わらない使用感、書き込み後のファイルをやり取りできることの利便性が確認された。

アドラー心理学の共同体感覚を親子・学生・社会人に育成するためのプログラムの開発

2015

Research Results Outline: アドラー心理学のキー概念である「劣等感」は、自己受容や自己効力感といった心理学的概念を経て「自己調整力」という能力に行き着いた。「ライフスタイル」は アドラー心理学のキー概念である「劣等感」は、自己受容や自己効力感といった心理学的概念を経て「自己調整力」という能力に行き着いた。「ライフスタイル」は、パーソナリティ理論の構築、とりわけ「BigFive性格特性」といった研究成果を経て「対人関係力」... アドラー心理学のキー概念である「劣等感」は、自己受容や自己効力感といった心理学的概念を経て「自己調整力」という能力に行き着いた。「ライフスタイル」は、パーソナリティ理論の構築、とりわけ「BigFive性格特性」といった研究成果を経て「対人関係力」という能力に行き着いた。そして、「共同体感覚」は、向社会性や向社会的行動といった概念を経て「品格教育」あるいは「市民性教育」の必要性に行き着いた。本研究では、これらの流れを実証的データと現場での実践によって裏付けることを試みた。その結果、いくつかの成果を得ることができた。

21世紀型ジェネリックスキルを現場につなげるためのコースの開発と実践

2015

Research Results Outline: グループ活動における作問学習、グループディスカッション、ポスタープレゼンの3種類の学習を高等学校で実施した。グループ活動の内容の違いがグループ学習の グループ活動における作問学習、グループディスカッション、ポスタープレゼンの3種類の学習を高等学校で実施した。グループ活動の内容の違いがグループ学習の学習成績に及ぼす影響について、テストにより検討した。その結果、科目や学習内容の異なる授業における作... グループ活動における作問学習、グループディスカッション、ポスタープレゼンの3種類の学習を高等学校で実施した。グループ活動の内容の違いがグループ学習の学習成績に及ぼす影響について、テストにより検討した。その結果、科目や学習内容の異なる授業における作問学習とポスタープレゼンの完成式のポストテスト正解率は、グループディスカッションより有意に高くなった。作問学習とポスタープレゼンは、知識の再生を促す学習として有効であることが示唆された。このことは、学校において生徒にジェネリックスキルを身につけさせるための授業方法について示唆を与えるものである。

アドラー心理学の共同体感覚を親子・学生・社会人に育成するためのプログラムの開発

2016

Research Results Outline:アドラー心理学では、幸福な人生を送るためには、中心概念である共同体感覚を育成することが重要な課題とされている。共同体感覚とは「自己受容」「所属」「信頼アドラー心理学では、幸福な人生を送るためには、中心概念である共同体感覚を育成することが重要な課題とされている。共同体感覚とは「自己受容」「所属」「信頼」「貢献」の感覚から成り立っており、自分だけへの関心だけではなく他者への関心を持つことである。人が...アドラー心理学では、幸福な人生を送るためには、中心概念である共同体感覚を育成することが重要な課題とされている。共同体感覚とは「自己受容」「所属」「信頼」「貢献」の感覚から成り立っており、自分だけへの関心だけではなく他者への関心を持つことである。人が直面する人生の課題(ライフタスク)は「仕事」「交友」「愛」の3つの領域に現れ、そこで他者と協力的な関係を築くことが幸福な人生を導くことにつながる。本研究では、仕事・交友・パートナー・家族における共同体感覚の4つの感覚が主観的幸福感にどのような影響を及ぼしているかを検証した。

21世紀型ジェネリックスキルと非認知的能力を育成するためのコースの開発と検証

2016

Research Results Outline:問題を解く活動に議論を加えたピア・インストラクションと生徒が問題を作成する作問学習を高等学校の授業で実施した。本研究では、ピア・インストラクションを取問題を解く活動に議論を加えたピア・インストラクションと生徒が問題を作成する作問学習を高等学校の授業で実施した。本研究では、ピア・インストラクションを取り入れた授業がテスト成績に及ぼす影響を作問学習と比較することと提示する問題の種類の違いがピア・イン...問題を解く活動に議論を加えたピア・インストラクションと生徒が問題を作成する作問学習を高等学校の授業で実施した。本研究では、ピア・インストラクションを取り入れた授業がテスト成績に及ぼす影響を作問学習と比較することと提示する問題の種類の違いがピア・インストラクションの学習効果に与える影響を検証することを目的とした。その結果、ピア・インストラクションは、作問学習と同様に知識の再生を促す有効な学習であることが示唆された。

最先端の研究を大学・大学院教育に直結するための教育システムのプロトタイプ開発

2004

Research Results Outline: 本研究の目的は、最先端の研究内容を、大学の学部教育および大学院教育に直結するための、ハード・ソフトを込みにした教育システムを開発し、大学教育・大学院 本研究の目的は、最先端の研究内容を、大学の学部教育および大学院教育に直結するための、ハード・ソフトを込みにした教育システムを開発し、大学教育・大学院教育についての新しい展望を開くことである。大学教育は、さまざまな点で改革を続けている。ひとつは、リ... 本研究の目的は、最先端の研究内容を、大学の学部教育および大学院教育に直結するための、ハード・ソフトを込みにした教育システムを開発し、大学教育・大学院教育についての新しい展望を開くことである。大学教育は、さまざまな点で改革を続けている。ひとつは、リメディアル教育に見られるような基礎学力の底上げと補償、もうひとつは、インターンシップに見られるような実社会との連携である。しかし、この2つだけではどうしても足りない。それは、先端的研究と学生を結びつけることである。そのことによって、学生は学問領域全体の展望を獲得し、それが基礎的な学習への動機づけになる。一方、教員にとっては研究者としての社会的責務、つまり先端的研究の社会へのフィードバックという仕事を果たしていることになる。 本研究では、最先端の研究現場をどのようにして教育のための素材(リソース)にすることができるかについて試行した。最先端の研究現場とは、その研究者がフィールドとしているところであり、実験室であり、サーベイをしているところである。また、研究が論文になっていない段階で行われる公式・非公式の研究会であり、同じ領域の研究者仲間との議論であり、学会のワークショップやシンポジウムである。そうした研究現場にカメラマンと記録係、そしてその研究者自身が入り込み、インタビューや今やっていることの自分自身の解説、研究現場そのものの記録をドキュメント化していく。そのようにして教育のためのリソースをできるだけ生の形で収集・蓄積していく。研究代表者(向後)は、自分自身の研究活動を材料として、カメラマン・記録係とともに素材を集める役割を担った。今後は、教材のリソースとしての最終形をにらみながら、素材収集のための方法論について考え、教材を作成していく予定である。

Foreign Countries Research Activity

Research Project Title: eラーニングを活用した生涯学習社会の設計と大学の役割

2011/04-2012/03

Affiliation: タマサート大学(タイ)

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Instructional DesignSchool of Human Sciences2020fall semester
Seminar I (Instructional Design)School of Human Sciences2020spring semester
Seminar II (Instructional Design)School of Human Sciences2020fall semester
Study Skills (spring)School of Human Sciences (Online Degree Program)2020spring semester
Introduction to Human SciencesSchool of Human Sciences (Online Degree Program)2020summer quarter
Data Literacy I (spring)School of Human Sciences (Online Degree Program)2020spring semester
Data Literacy II (fall)School of Human Sciences (Online Degree Program)2020fall semester
Lifelong Learning and AndragogySchool of Human Sciences (Online Degree Program)2020fall semester
Instructional DesignGraduate School of Human Sciences2020spring semester
Instructional Design BGraduate School of Human Sciences2020fall semester
Instructional Design(1) AGraduate School of Human Sciences2020spring semester
Instructional Design(1) BGraduate School of Human Sciences2020fall semester
Instructional Design(2) AGraduate School of Human Sciences2020spring semester
Instructional Design(2) BGraduate School of Human Sciences2020fall semester
Advanced Topics in Instructional DesignGraduate School of Human Sciences2020spring quarter
Instructional Design (D) AGraduate School of Human Sciences2020spring semester
Instructional Design (D) BGraduate School of Human Sciences2020fall semester

Waseda Course Channel Video Service

Course TitleFacultyPublication Year

Others Educational Activity

WASEDA e-Teaching Award (2014)