Name

ASANO, Toyomi

Official Title

Professor

AffiliationFaculty of Political Science and Economics

(School of Political Science and Economics)

Contact Information

Mail Address

Mail Address
toasano@waseda.jp

URL

Grant-in-aids for Scientific Researcher Number
60308244

Sub-affiliation

Sub-affiliation

Research Council (Research Organization)/Affiliated organization(Global Education Center)

Affiliated Institutes

東アジア国際関係研究所

研究所員 2016-2017

東アジア国際関係研究所

研究所員 2017-

国際和解学研究所

プロジェクト研究所所長 2018-2021

台湾研究所

研究所員 2015-2018

台湾研究所

研究所員 2018-

国際和解学研究所

研究所員 2018-

Award

Ohira Masayoshi memorial prize

2009/06

Interview Guide

Category
Social sciences
Research Field
History of Japanese Politics, International Studies of East Asia
Keywords
Empire History, nationalism, Japanese Politics

Research Field

Keywords

Political Science,History of International Relations in East Asia

Grants-in-Aid for Scientific Research classification

Social sciences / Politics / Politics

Paper

日本帝国最後の再編—「アジア諸民族の解放」と朝鮮・台湾統治

研究シリーズ/早稲田大学社会科学研究所 35,pp247-2961996/08-

近代日本植民地台湾における条約改正—居留地と法典導入

台湾史研究/台湾史研究会 14,pp.61-841997/10-

戦中戦後の朝河貫一—自由主義の衰退と再生をめぐる戦後構想—

甦る朝河貫一/朝河貫一研究会 pp.205-2191998/01-

マーク・ピーティ著/植民地(二十世紀の日本シリーズ第4巻)

読売新聞社 1996/12-

「慰安婦」関係文献目録

ぎょうせい 1997/10-

A Record of the Special Lecture by Akio Watanabe on "Global Security after the September 11 Terrorist Attacks"

Chukyo University bulletin of the Faculty of Liberal Arts 42(4) p.659 - 7122002/05-2002/05

CiNii

Detail

ISSN:02867982

Basic Documents that Show the Expansion of Japanese Government's Administrative Commitments on Okinawa's Land Problem under the U.S. Controle

Cultural science 15(2) p.21 - 352004/03-2004/03

CiNii

Detail

ISSN:09156461

Reparation Issues in East Asia as related with Deconstruction of Japanese Empire after the WWII from Political-Economy's Point of View (Japan-U.S. Special Relationship in the Creation of the Post-WWII System : Comparative Analyses of Cases in East Asia and Europe)

The Nagoya journal of law and politics 260p.9 - 382015/02-2015/02

CiNii

Detail

ISSN:04395905

Basic Documents that Show the Expansion of Japanese Government's : Administrative Commitments on Okinawa's Land Problem under the U.S. Controle

Cultural science 16(1) p.7 - 222004/12-2004/12

CiNii

Detail

ISSN:09156461

Japanese reparation and each national claim over external assets divested by the US occupation, in the normalizing process between Japan and Korea in l952

Chukyo business review (31) p.69 - 872009/12-2009/12

CiNii

Detail

ISSN:13488848

KIMURA Kan, Historical Disputes between Japan and South Korea

ASANO Toyomi

Asian Studies 62(2) p.72 - 772016-2016

CiNii

Detail

ISSN:0044-9237

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

The historical origins of economic corporation of post-war Japan toward Asian countries

2012/-0-2015/-0

Allocation Class:¥3900000

Research Classification:

Japan-U.S. Special Relationship in the Creation of the Post-WW II System: Comparative Analyses of Cases in East Asia and Europe

2011/-1-2015/-0

Allocation Class:¥23400000

Research Classification:

Basic study on the war reparation of Japan and History problem

2010/-0-2014/-0

Allocation Class:¥17160000

Research Classification:

Transformation of the post-war East Asian Regional Order centering upon Korean peninsula

2010/-0-2014/-0

Allocation Class:¥45630000

Research Classification:

An Interdisciplinary Study of Colonial Universities: Institution, Function and Legacies

Allocation Class:¥24960000

Research Classification:

General Study for Protectorate and Annexation for Korea

Allocation Class:¥52260000

Research Classification:

Joint Research with multi-archival documents for the Treaty of Normalization between Japan and ROK (Republic of Korea) : Decolonization and Cold War in Asia.

Allocation Class:¥45240000

Research Classification:

Ito Hirobumi and governance of Korea -Japan's modernizaition and formation of empire

Allocation Class:¥17860000

Research Classification:

Reconstruction of the history research of relations between Japan and South Korea on the basis of oral record and document record

Allocation Class:¥3690000

Research Classification:

Reconsidering WWII and the process of de-colonization by utilizing the oral history method

2005-2008

Allocation Class:¥14900000

Research Classification:

General Research on Battle of Okinawa and Occupation by U.S

2002-2005

Allocation Class:¥27560000

Research Classification:

Creation of the study of reconciliation

2017/-0-2022/-0

Research Classification:

Cultures of reconciliation and memories which concerns with Wars and colonial rules

2017/-0-2022/-0

Allocation Class:¥38350000

Research Classification:

Total arrangement of every section and cordination with other international projects

2017/-0-2022/-0

Allocation Class:¥39390000

Research Classification:

The 1970s as the Turning point of the Modern World System: The impact of the Oil Crises

2017/-0-2022/-0

Allocation Class:¥42900000

Research Classification:

The Comfort Women Disputes Between Japan and South Korea in 1990s

2016/-0-2021/-0

Allocation Class:¥13650000

Research Classification:

The investigation of the process of the issues about claims and historical understanding after Japan - the ROK diplomatic normalization

2015/-0-2018/-0

Allocation Class:¥11440000

Research Classification:

Research on the formation of capitalism in East Asia : From the 1930s to the 1960s

2014/-0-2017/-0

Allocation Class:¥17550000

Research Classification:

Towards a "Transcivilization" Approach to History in a Multi-polar World

2013/-1-2017/-0

Allocation Class:¥36140000

On-campus Research System

Special Research Project

植民地における領事裁判権制度の廃止と日本帝国の法的形成及び展開

1998

Research Results Outline: 満州国国籍法の制定は、民族自決に立脚した分離独立という建前を維持するため、その前提となる「住民」を定義するために必要とされていた。しかし在満日本人が 満州国国籍法の制定は、民族自決に立脚した分離独立という建前を維持するため、その前提となる「住民」を定義するために必要とされていた。しかし在満日本人が日本国籍離脱を嫌っていたため、二重国籍を法制化せざるを得ない状況が生まれていた。しかしこの二重国籍... 満州国国籍法の制定は、民族自決に立脚した分離独立という建前を維持するため、その前提となる「住民」を定義するために必要とされていた。しかし在満日本人が日本国籍離脱を嫌っていたため、二重国籍を法制化せざるを得ない状況が生まれていた。しかしこの二重国籍状態の法制化は、在満日本人をして権利に関しては満州国民と同じ完全な私権公権を享有させる反面、義務に関しては治外法権ゆえに免税特権を持ち警察権や司法権の外に置き、一切の国家的義務から除外することとなり、満州国の独立とはなはだ矛盾した事態を生じさせるものであった。 つまり、満州国の独立のためには、自決すべき住民を定義するために国籍法が必要である反面、その制定は独立の虚構を国際社会に名実ともに暴露することとなるというジレンマ状態が存在していた。これが満州国に対して日本との間で治外法権廃止に関する条約を締結するという国家構造の転換を行わざるを得なかった構造的な原因であった。 また、奉天とハルピンにはイギリス領事館があり、その資料が重要であることが判明した為、ロンドンでの調査を急遽行った結果、日満間の治外法権廃止には国際関係的な要因も働いていたことがわかった。一九三五年前後、日本の外務省ではイギリスの満州国承認の可能性が真剣に検討されており、日本が治外法権を撤廃する以前にイギリスが満州国を承認すると満州国はイギリス人の治外法権をみとめざるを得なくなってしまうこととなるため、その以前の段階で日満間の治外法権廃止を早急に進める必要に迫られていたことが判明した。 つまり、満州国の国家構造の根本的転換を意図した治外法権の廃止は、国民を定義するための国籍法制定の必要という国内的事情と、イギリスによる満州国承認の可能性という国際的要因とを背景として行われたものであった。しかし、そうした既存の国際秩序を前提とした満州国育成は、最終的には行き詰まったことが、国籍法の制定が最後まで行われなかったことからわかる。満州国の国籍問題は、日中戦争後に、「東亜新秩序」を掲げざるを得なくなる構造的な理由までも示唆しているのである。

国際関係からみた近代日本植民地法制度の形成と展開に関する構造的研究

1999

Research Results Outline: 近代日本の植民地支配の起源と展開について、国際関係的要因を中心として分析した。従来の研究では、帝国的膨張の起源と展開は、中心にある日本の社会構造的矛 近代日本の植民地支配の起源と展開について、国際関係的要因を中心として分析した。従来の研究では、帝国的膨張の起源と展開は、中心にある日本の社会構造的矛盾の発現としてのみ理解されていた。つまり、帝国の中心にある何らかの要因に従い、沖縄と北海道→台湾→... 近代日本の植民地支配の起源と展開について、国際関係的要因を中心として分析した。従来の研究では、帝国的膨張の起源と展開は、中心にある日本の社会構造的矛盾の発現としてのみ理解されていた。つまり、帝国の中心にある何らかの要因に従い、沖縄と北海道→台湾→南樺太→朝鮮→満洲→大東亜という順で同心円的膨張を行ったと位置付けられてきた。しかし、分析の結果、日本帝国の起源は、居留地制度という西欧国際システムと東アジア世界との境界面に作られた制度、特にその根本原理となっていた治外法権という慣行と深く結びついており、それを巧みに利用して帝国の内部の法秩序を作り上げていることがわかった。帝国の膨張の契機、そして帝国内政の構造も、少なくとも日本帝国の場合、東アジアの国際秩序、特に治外法権制度を抜きにしては、理解できない。 第二に、帝国の統治の特徴である「同化政策」を法の下の平等と文化的同一化という二つの政策を組み合わせたものとして理解する従来の分析枠組みに対し問題点を指摘し、新たな枠組みを、文化と法制との関係を焦点に提示した。問題は、「個人」が存在していない旧慣世界の共同体社会から、日本人としての意識を有する「個人」を析出させるのが、同化政策の一般的目的であった点に着目すべきという点にあった。こここから、法の下の平等という観念を公法私法を区別しない一般的法制全体に投影してはならず、法制の構造は前述した国際関係的要因をも交えつつ、公法と私法を分けて、しかも法域ごとに論じていかねばならないことを主張した。

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Global History 01School of Political Science and Economics2019fall semester
Pre-seminar on Political Science (Asano, T)School of Political Science and Economics2019winter quarter
Seminar on Political Science I (Asano, T)School of Political Science and Economics2019spring semester
Seminar on Political Science II (Asano, T)School of Political Science and Economics2019fall semester
Seminar on Political Science III (Asano, T)School of Political Science and Economics2019spring semester
Seminar on Political Science IV (Asano, T)School of Political Science and Economics2019fall semester
Graduation Thesis (Asano, T)School of Political Science and Economics2019spring semester
Graduation Thesis (Asano, T)School of Political Science and Economics2019fall semester
Japanese Political History 01School of Political Science and Economics2019fall semester
History of Japanese Politics AGraduate School of Political Science2019spring semester
History of Japanese Politics BGraduate School of Political Science2019fall semester
History of Japanese PoliticsGraduate School of Political Science2019spring semester
History of Japanese PoliticsGraduate School of Political Science2019spring semester
History of Japanese PoliticsGraduate School of Political Science2019fall semester
History of Japanese Politics (Jpn)Graduate School of Economics2019spring semester
Japan's Imperial Thought and Taiwan 1Global Education Center2019fall quarter

Waseda Course Channel Video Service

Course TitleFacultyPublication Year