Name

MIKAMI, Hiroko

Official Title

Professor

Affiliation

(School of International Liberal Studies)

Contact Information

URL

Grant-in-aids for Scientific Researcher Number
20181860

Sub-affiliation

Sub-affiliation

Research Council (Research Organization)/Affiliated organization(Global Education Center)

Affiliated Institutes

アイルランド研究所

研究所員 2015-2016

アイルランド研究所

研究所員 2009-2011

アイルランド研究所

プロジェクト研究所所長 2015-2016

アイルランド研究所

プロジェクト研究所所長 2016-2021

アイルランド研究所

研究所員 2016-

アイルランド研究所

プロジェクト研究所所長 2013-2014

アイルランド研究所

研究所員 2011-2014

Educational background・Degree

Degree

Doctor of Philosophy Coursework University of Ulster

Master of Arts Coursework

Academic Society Joined

IASIL-JAPAN Executive Committee Member

Yeats Society Japan

Japan-Ireland Society

OfficerCareer(Outside the campus)

IASILJapan (Committee Member)

Research Field

Keywords

Irish Literature

Research interests Career

Frank McGuinness and his Drama

Current Research Theme Keywords:(Frank) McGuinness,Irish Drama

Individual research allowance

Paper

Commemorating the 1916 Rising: Tom Murphy's The Patriot Game and Sebastian Barry's White Woman Street

Mikami, Hiroko

Japanese Journal of European Studies 3p.100 - 1112015/03-

『ハウス』(2000)におけるグラモフォン:その無音性が物語るもの

三神弘子

演劇研究 37p.1 - 192014/03-

Looking back at the time of the Emergency: Kilroy's Doubl Cross (1986) and McGuinness's Dolly West's Kitchen (1999)

Mikami, Hiroko

Journal of Irish Studies XXVIIp.19 - 272012/10-

記憶装置としての演劇:トム・マーフィーの『パトリオット・ゲーム』

三神 弘子

演劇映像学(演劇博物館グローバルCOE紀要) 2011(3) p.209 - 2222012/03-

救済を求める現代の寓話:マーティン・マクドナーの『イン・ブリュージュ』

三神 弘子

演劇映像学(演劇博物館グローバルCOE紀要) 2011(3) p.351 - 3682011/03-

Frank McGuinness's Dark Masque: Speaking Like Magpies

Hiroko Mikami

Irish University Review 40(1) p.114 - 1252010/04-

Famine in Context

Hiroko Mikami

Alive in Time: The Enduring Drama of Tom Murphy: New Essays ISBN9781904595457p.39 - 552010/03-

フランク・マクギネスの仄暗い仮面劇:『マグパイのように語る』(2005)

三神 弘子

演劇映像学(演劇博物館グローバルCOE紀要) 2009(3) p.283 - 2962010/03-

トム・マーフィーの『飢饉』(1968)とそのコンテクスト

三神 弘子

演劇映像学(演劇博物館グローバルCOE紀要) 2008(2) p.265 - 2822009/03-

Not 'Lost in Translation': Martin McDonagh in Japan

Mikami, Hiroko

演劇研究センター紀要VI: 早稲田大学21世紀COEプログラム(早稲田大学演劇博物館) (6) p.21 - 252006/01-

ヒーニーの「ステーション島」とダーグ湖の贖罪巡礼

三神弘子

『エール』日本アイルランド協会 (25) p.10 - 262005/12-

声なき者の声-フランク・マクギネスの<女性>の演劇

演劇研究センター紀要II: 早稲田大学21世紀COEプログラム(早稲田大学演劇博物館) (II) p.1 - 102004/01-

運命の女神が微笑む劇作家マーティン・マクドナー

三神弘子

パルコ劇場「ウィートーマス」上演プログラム 2003/11-

現代アイルランド演劇の新しい風

三神弘子

悲劇喜劇 p.25 - 292002/08-

Kilroy's Vision of Doubleness: the Question of National Identity and Theatricality in Double Cross

Mikami, Hiroko

Irish University Review(A Journal of Irish Studies) 32(1) p.100 - 1092002/03-

『イノセンス』について

三神弘子

現代アイルランド演劇V(新水社) p.316 - 3352001/12-

『有為転変の物語』について

三神弘子

現代アイルランド演劇V(新水社) p.350 - 3742001/12-

フランク・マクギネスについて

三神弘子

現代アイルランド演劇V(新水社) p.288 - 3052001/12-

沸騰する大鍋コールドロン-アイルランド演劇の今-

三神弘子

ユリイカ(青土社) p.213 - 2212000/02-

A Post-Colonial Gaze at Ireland's Past: Frank McGuinness's Mary and Lizzie

Mikami, Hiroko

教養諸学研究 (106) p.199 - 2251999/03-

Frank McGuinness's Observe the Sons of Ulster Marching Towards the Somme: The Protestant Trauma in Ulster through Catholic eyes

教養諸学研究 (104) p.109 - 1351998/03-

On Psychodrama and Storytelling in <i>Carthaginians</i>

教養諸学研究 (102) p.235 - 2531997/03-

「ダブル・クロス」について

現代アイルランド演劇III(新水社) p.220 - 2371997-

On Frank McGuinness's <i>Someone Who'll Watch Over Me</i>

教養諸学研究/政治経済学部教養諸学研究会 (100) p.315 - 3331996/03-

Irish Drama of the Seventeenth and Eighteenth Centuries edited and introduced by Christopher Whealty and Kevin Donovan

Journal of Irish Studies

Listening to the Voices Inside: A Interview with Jennifer Johnston

英語青年

ボフトーンの二つの物語—『クリスマス泥棒』と『バリャガンガーラ』について

三神弘子

現代アイルランド演劇IV(新水社) p.285 - 294

マクドナーの神話空間

三神弘子

文学座公演「夢の島イニシュマーン」上演プログラム

マクドナーの物語空間

三神弘子

ひょうご舞台芸術第25回公演「ロンサムウェスト」上演プログラム

大野光子著『女性たちのアイルランド』

英語青年

Narrativised Nation on Screen: on Michael Collins and The Wind that Shakes the

Eire Peer Review Yes (35) p.21 - 412016/03-

Books And Publication

Irish Theatre and Its Soundscapes

Hiroko Mikami and Naoko Yagi (Eds)(Co-edit)

Glasnevin Publishing2015/03-

Detali

ISBN:978-1-908689-28-3

アイルランド・ケルト文化を学ぶ人のために

風呂本武敏編(三神弘子「トム・マーフィーとフランク・マクギネス」)(Sharing writing)

世界思想社2009/05-

Detali

ISBN:9784790714026

Ireland on Stage: Beckett and After

Hiroko Mikami, Minako Okamuro, and Naoko Yagi, eds (Hiroko Mikami. 'The saga will go on': Story as History in Bailegangaire)

Ireland on Stage:Beckett and After2007/03-

Detali

ISBN:9781904505235

Frank McGuinness and His Theatre of Paradox

Mikami, Hiroko(Single Author)

Colin Smythe(Ulster Editions & Monographs 12)2002/03-

Detali

ISBN:0861404483

現代アイルランド演劇5 フランク・マクギネス

清水重夫、的場淳子、三神弘子(共訳)

新水社2001/12-

Detali

ISBN:4883850277

現代アイルランド演劇4 トマス・マーフィー

清水重夫、的場淳子、三神弘子(共訳)

新水社1997/12-

Detali

ISBN:4915165868

現代アイルランド演劇3 トマス・キルロイ

清水重夫、的場淳子、三神弘子(共訳)

新水社1996/05-

Detali

ISBN:4915165671

豊穣の風土 : 現代アイルランド文学の群像

佐野哲郎 編(三神弘子「ブライアン・フリールの『ルーナサの踊り』」)

山口書店1994/08-

Detali

ISBN:4841108521

現代アイルランド演劇2 ブライアン・フリール

清水重夫、的場淳子、三神弘子(共訳)

新水社1994/03-

Detali

ISBN:4915165566

現代アイルランド演劇1 トマス・マーフィー

清水重夫、的場淳子、三神弘子(共訳)

新水社1992/11-

Detali

ISBN:4915165523

Lecture And Oral

Catholicism in Contemporary Ireland

Mikami, Hiroko

Invitation Yes2015/09/19

Detail

National conferenceOral presentation(invited, special)

1916 in 1991: 75th Anniversary of the Rising and Tom Murphy's The Patriot Game

Mikami, Hiroko

The Age of Centenaries: A Century of Irish History & Literature2014/10/10

Detail

Oral presentation(general)

Irish Drama and Its Dynamism

2014/03/29

Detail

Oral presentation(general)

On White Woman Street (1992): Sebastian Barry’s American West

International Association for the Study of Irish Literatures (IASIL Japan), Kyoto Notre Dame University2013/10/12

Detail

Oral presentation(general)

Looking Back at the Time of the Emergency: Kilroy's Double Cross (1986) and McGuinness's Dolly West's Kitchen (1999)

International Association for the Study of Irish Literatures (IASIL Japan), Doshisha University2011/10/09

Detail

Oral presentation(general)

Frank McGuinness's Speaking Like Magpies in Anglo-Irish Context

International Association for the Study of Irish Literatures (IASIL Japan), Shiga University2009/10/11

Detail

Oral presentation(general)

Famine (1968) in the Context of Irish (Theatrical) History

International Association for the Study of Irish Literatures (IASIL), Universidade do Porto, Portugal2008/07

Detail

Oral presentation(general)

Curtains in Context: W. B. Yeats's Early Plays

Irish Society for Theatre Research (ISTR) University College Dublin2008/04/04

Detail

Oral presentation(general)

Not 'Lost in Translation': Martin McDonagh in Japan

International Association for the Study of Irish Literatures (IASIL), Charles University, Prague2005/07

Detail

Oral presentation(general)

Irish Popular Culture: On TV Series 'Father Ted'

2004/06

Detail

Oral presentation(general)

Two Films on Bloody Sunday in Derry
Detail

Oral presentation(general)

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

Comprehensive Studies of Contemporary Irish Theatre and Development of the International Research Centre

2011/-0-2015/-0

Allocation Class:¥18980000

Research Classification:

Comprehensive Study of Contemporary Irish Theatre and Establishment of International Research Centre

Allocation Class:¥14950000

Research Classification:

Studies of Modern Irish Theater and Establishment of a Related Research Center

Allocation Class:¥6430000

Research Classification:

Cross-Disciplinary Studies on Irish Theatre and the Archive Development

Allocation Class:¥16300000

Research Classification:

A Study on the Literature of St Patrick's Purgatory in Lough Derg

Allocation Class:¥3400000

Research Classification:

The House that Tom Built: Murphy's Theatre and Irish History of Mentalities

2018/-0-2022/-0

Allocation Class:¥3770000

Research Classification:

Literary Nationalism in Ireland: from the Young Irelanders to the Easter Rising

2012/-0-2015/-0

Allocation Class:¥5070000

On-campus Research System

Special Research Project

アイルランドのナショナリズムと文学:フィニアン運動から復活祭蜂起を軸として

2011Collaborator:清水重夫, 及川和夫

Research Results Outline:本研究は、19世紀初頭から20世紀初頭にかけて、アイルランド内外で見られた政治的文化的ナショナリズムの運動が、ナショナル・アイデンティティの形成にどの本研究は、19世紀初頭から20世紀初頭にかけて、アイルランド内外で見られた政治的文化的ナショナリズムの運動が、ナショナル・アイデンティティの形成にどのように関わり、その結果どのような文学作品を生み出してきたのかという点についての総合的研究をその目的...本研究は、19世紀初頭から20世紀初頭にかけて、アイルランド内外で見られた政治的文化的ナショナリズムの運動が、ナショナル・アイデンティティの形成にどのように関わり、その結果どのような文学作品を生み出してきたのかという点についての総合的研究をその目的としている。研究の焦点は、19世紀後半のナショナリズム運動や1916年の復活祭蜂起などの政治的現象、事件を、文学作品がどのように表象してきたか、歴史的社会的変動の中で、フィニアン運動や復活祭蜂起がどのように<記憶>されてきたのか、といった点を中心に、総合的、横断的な検討が進められた。蜂起はなぜ起きたのか、という背景を歴史的、文化的に問い直すことから始め、蜂起そのものが与えたインパクトを政治、思想的な状況から説き起こした。さらに、実際の蜂起から、ほぼ1世紀が経過したが、その間に、復活祭蜂起が、文学作品においてどのように<記憶>されてきたかについて、総合的に検討を加え、その今日的意味を探った。及川(散文・詩担当)が19世紀前半から後半の時代を扱い、清水(現代詩・散文担当)と三神(演劇担当)は20世紀初頭から現代までを分担した。及川の研究は、主にアイルランド特有のロマン主義と陸地測量局以降の民俗学の発展と文化の変容に焦点をあて、ジェイムズ・クラレンス・マンガン、サミュエル・ファーガソン、トマス・デイヴィスの愛国詩についてと、ブライアン・フリール「トランスレーションズ」に活写された近代化とロマン主義の接点に検討を加えた。清水は、『マイケル・コリンズ』、『麦の穂を揺らす風』の映画2作品と、ロディ・ドイルの小説『ヘンリーと呼ばれる星』(A Star Called Henry,1999)、トマス・マーフィーの劇『パトリオット・ゲーム』を取り上げ、復活祭蜂起そしてその後の自由国独立を題材としたこれらの作品を比較検討し、その後のアイルランド史のコンテクストの中に位置づけた。三神の研究は、トム・マーフィーの『パトリオット・ゲーム』(1991)のテクスト分析を行った上で、50周年記念行事(1966)と75周年記念行事(1991)が、アイルランドという社会にとって、どのような転換点となったかについて分析を行った。

トム・マーフィーの演劇とカトリシズム

2017

Research Results Outline:本課題では、トム・マーフィーの『サンクチュアリー・ランプ』(The Sanctuary Lamp, 1975) を取り上げ、信仰と救済の意味本課題では、トム・マーフィーの『サンクチュアリー・ランプ』(The Sanctuary Lamp, 1975) を取り上げ、信仰と救済の意味、カトリック教会と個人の信仰の問題などに焦点をあて、作品分析を進めた。初演時には、作者の意図は十分...本課題では、トム・マーフィーの『サンクチュアリー・ランプ』(The Sanctuary Lamp, 1975) を取り上げ、信仰と救済の意味、カトリック教会と個人の信仰の問題などに焦点をあて、作品分析を進めた。初演時には、作者の意図は十分に理解されず、その根本的で真摯な問いかけは教会に対する冒涜であると見なされた。しかし、1980年代以降のアイルランド社会の変化を経た今日的視点で見ると、マーフィーがいかに時代を先取りしていたかが明らかになり、教会の中で見いだすことはできない救済は、個人の信仰にのみ見いだされるものであると考えられるという点で、この作品は、非常に宗教的な劇であると言うことができる。

トム・マーフィーの演劇とアイルランドの心性史

2017

Research Results Outline:本研究は、現代アイルランド演劇を牽引してきたトム・マーフィーの作品群を、歴史的連続性(19世紀半ばのジャガイモ飢饉から、今日に至るまでの約170年間)本研究は、現代アイルランド演劇を牽引してきたトム・マーフィーの作品群を、歴史的連続性(19世紀半ばのジャガイモ飢饉から、今日に至るまでの約170年間)の中におき、それらをアナール学派のいう心性史として読み解くことを目的としている。具体的には、200...本研究は、現代アイルランド演劇を牽引してきたトム・マーフィーの作品群を、歴史的連続性(19世紀半ばのジャガイモ飢饉から、今日に至るまでの約170年間)の中におき、それらをアナール学派のいう心性史として読み解くことを目的としている。具体的には、2000年の作品 The Houseについて、マーフィー自身が自分の過去の作品群を総括したものだと述べていることを手がかりに、過去の作品のテーマがどのような形で The Houseに凝縮されているか検討を加えた。また、ダブリンのTCD図書館が所蔵するマーフィーのアーカイブで一次資料の調査にあたった。

アイルランド演劇の150年: 国際的共同研究の推進と若手研究者の育成

2015Collaborator:岡室美奈子, 八木斉子, 及川和夫, 清水重夫

Research Results Outline:本研究は、19世紀後半のアイルランド文芸復興運動に端を発するアイルランド演劇史における主要な作家・作品を、21世紀の視点で分析し、その成果を総合的に集本研究は、19世紀後半のアイルランド文芸復興運動に端を発するアイルランド演劇史における主要な作家・作品を、21世紀の視点で分析し、その成果を総合的に集約することによって、21世紀における新しいアイルランド演劇観を構築することをその目的とする大きなプ...本研究は、19世紀後半のアイルランド文芸復興運動に端を発するアイルランド演劇史における主要な作家・作品を、21世紀の視点で分析し、その成果を総合的に集約することによって、21世紀における新しいアイルランド演劇観を構築することをその目的とする大きなプロジェクトの準備期間として位置づけられる。研究者、連携研究者は、それぞれW.B.イェイツ、サミュエル・ベケット、フランク・マクギネス、セバスチャン・バリー、コナー・マクファーソンらによる演劇作品を今日的な視点で位置づけた。

アイルランド演劇の現在:演劇のインターフェイス

2016Collaborator:岡室美奈子, 八木斉子, 及川和夫

Research Results Outline:本研究は、三神、及川、岡室、八木によって推進された。三神はアイルランド演劇の大きな背景として、カトリシズムとその影響について、また二人の現代アイルラン本研究は、三神、及川、岡室、八木によって推進された。三神はアイルランド演劇の大きな背景として、カトリシズムとその影響について、また二人の現代アイルランド劇作家、バリーとマクファーソンについて考察した。及川はイェイツの演劇と詩の文体の変遷について、ま...本研究は、三神、及川、岡室、八木によって推進された。三神はアイルランド演劇の大きな背景として、カトリシズムとその影響について、また二人の現代アイルランド劇作家、バリーとマクファーソンについて考察した。及川はイェイツの演劇と詩の文体の変遷について、またトマス・ムーアの先駆性、彼とイェイツとの関係性を考察した。岡室はベケットとメディア・テクノロジーに関する研究を進めながら、若手のベケット研究者たちと定期的に研究会を持ち、後期メディア作品を中心に戯曲の検討を重ねた。八木は演劇作品と小説との関係に着目し、ベケット、ピンター、マクギネスがそれぞれ著した両ジャンルの作品を比較し、マクギネスのArimatheaを分析した。

Foreign Countries Research Activity

Research Project Title: 現代アイルランド演劇研究

2007/04-2008/09

Affiliation: Univ.College Dublin(アイルランド)

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Introduction to Irish Studies 51School of International Liberal Studies2019fall semester
Selected Topics in Irish Studies 51School of International Liberal Studies2019fall semester
Seminar on Culture 62School of International Liberal Studies2019fall semester
Contemporary Performing ArtsSchool of International Liberal Studies2019fall semester
First Year Seminar A 53School of International Liberal Studies2019fall semester
Introduction to Irish MusicGlobal Education Center2019full year

Education Content And Method Device

Course N@vi

2008/09-

Detail

Outline:Active use of Course N@vi

Office Hours

2004/04-

Detail

Outline:Office Hours (twice a week)