Name

ENDO, Masahisa

Official Title

Associate Professor

Affiliation

(School of Social Sciences)

Contact Information

Mail Address

Mail Address
endo@waseda.jp

Address・Phone Number・Fax Number

Address
1-6-1 Nishiwaseda, Shinjuku, Tokyo 169-8050, JAPAN

URL

Web Page URL

https://sites.google.com/site/masahisaendo/

Grant-in-aids for Scientific Researcher Number
80597815

Sub-affiliation

Sub-affiliation

Faculty of Political Science and Economics(School of Political Science and Economics)

Faculty of Political Science and Economics(Graduate School of Political Science)

Educational background・Degree

Educational background

2003/04 -2013/03 Waseda University Graduate School of Political Science Ph.D Program
2005/08 -2009/08 Cornell University Ph.D Program, Department of Government
2001/04 -2003/03 Waseda University Graduate School of Political Science M.A. Program
1997/04 -2001/03 Waseda University Faculty of Political Science and Economics Department of Political Science

Career

2018/04-Waseda UniversitySchool of Social SciencesAssociate Professor
2015/04-2018/03Kochi UniversityFaculty of Humanities and Economics/ Faculty of Humanities and Social SciencesLecturer
2013/04-2015/03Waseda UniversitySchool of Political Science and EconomicsResearch Associate
2010/06-2013/03Waseda UniversityGlobal COE Program, Graduate School of EconomicsResearch Associate
2005/04-2005/08Japan Society for the Promotion of ScienceResearch Fellow

Academic Society Joined

Japanese Association of Electoral Studies

Japanese Political Science Association

American Political Science Association

International Political Science Association

Japan Association for Public Opinion Research

Award

Best Article Award (Japanese Association of Electoral Studies)

2015/05Conferment Institution:Japanese Association of Electoral Studies

Waseda University Teaching Award

2015/03Conferment Institution:Waseda University

Title:Waseda University Teaching Award (Introduction to Political Analysis, Spring 2014, as a Head TA)

Best Poster Presentation Award (Japanese Association of Electoral Studies)

2013/05Conferment Institution:Japanese Association of Electoral Studies

Best Ph.D. Student Award

2006/03Conferment Institution:Graduate School of Political Science, Waseda University

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

Innovative approach for the Asian Barometer Wave 5 survey containing comparative experiments on political culture

2018/-0-2021/-0

Allocation Class:¥43160000

Research Classification:

Japanese Elite's Idea of Equality and Change of Policy Network in the Global Age

2017/-0-2022/-0

Allocation Class:¥39910000

Research Classification:

Study on present situation and challenges of self-government in the mountainous areas of Japan

2019/-0-2023/-0

Allocation Class:¥17160000

On-campus Research System

Special Research Project

有権者レベルから見た選挙動員の動態に関する研究

2013

Research Results Outline:研究成果報告 本研究の目的は、現代日本の選挙動員について、従来ブラックボックスとなっていた、有権者行動に与える影響のメカニズムを明らかにすることである研究成果報告 本研究の目的は、現代日本の選挙動員について、従来ブラックボックスとなっていた、有権者行動に与える影響のメカニズムを明らかにすることである。主たる研究対象は日本の有権者で世論調査データによる検証を行ってきた。本年度は、主に二つの側面から...研究成果報告 本研究の目的は、現代日本の選挙動員について、従来ブラックボックスとなっていた、有権者行動に与える影響のメカニズムを明らかにすることである。主たる研究対象は日本の有権者で世論調査データによる検証を行ってきた。本年度は、主に二つの側面からこの問題にアプローチをした。 第一に、組織動員が投票参加に与える影響について、交差圧力(異なる党派からの動員圧力を同時に受けること)の分析を行い、社会的アカウンタビリティの問題から交差圧力が投票参加を抑制することを明らかにしようとした。従来の理解では、動員圧力を受ければ有権者は投票参加するという単線的な見方が主流であったが、本研究では、動員圧力について、同質圧力(一政党からの圧力)と交差圧力を区別したうえで、集団圧力が必ずしも単線的に投票参加を促進するわけではないことを検討した。研究成果は現在、論文としてまとめており、来年度以降、発表する予定である。 第二に、もう一つの組織動員に関する理解―組織動員を受ければ、その政党に投票をする―についての検討を進めた。報告者は既に、組織動員を受けても有権者は自律的な投票決定を行なっていることを指摘し、盲目的な組織票という通説に疑義を投げかけている(遠藤, 2012)。本年度は、この研究の分析手法の問題点を克服するために、方法論的検討を進めた。特に、因果推論モデルによる世論調査モード間比較(CASI調査とPAPI調査の比較)を試みるための準備を行った。さらに、理論的には、狭く日本政治研究としてだけでなく、より普遍的なパトロネージ政治研究と接合することで、この研究を比較政治学の中に位置づけようと試みた。これらの方向性を探るために、早稲田大学政治経済研究所世論調査・実験方法論部会とSouthern Political Science Associationで報告を行った。現在、そこで得たフィードバックを参考にしながら論文を改訂しており、来年度以降、海外ジャーナルに投稿をする予定である。

動員圧力下の有権者の投票行動:業績投票との関連に着目して

2014

Research Results Outline: 本研究課題では、現代日本における選挙過程における組織動員と有権者の行動を検討した。そのなかでも有権者の投票行動に着目し、それがどのように業績投票と関 本研究課題では、現代日本における選挙過程における組織動員と有権者の行動を検討した。そのなかでも有権者の投票行動に着目し、それがどのように業績投票と関連するのかを明らかにすることを目指した。本年は、投票行動について実証的に検証する前に、組織選挙の利... 本研究課題では、現代日本における選挙過程における組織動員と有権者の行動を検討した。そのなかでも有権者の投票行動に着目し、それがどのように業績投票と関連するのかを明らかにすることを目指した。本年は、投票行動について実証的に検証する前に、組織選挙の利益誘導政治との関係について理論的に検討を加え、近年研究蓄積がある比較政治的な利益誘導政治研究の中に本研究課題を位置づける作業を行った。そのうえで、日本におけるクライエンタリスティックな政治家—有権者関係がどの程度、組織動員と結びついているのかについて分析をし、また、有権者がどの程度、動員による社会圧力を感じているのかについてまとめた論文を海外査読誌に投稿をした。その上で、組織動員と有権者行動(認知・投票参加・投票行動)の関連を包括的に分析した論文をまとめた。その中には、組織動員を受けるか否かによって業績投票のパターンが異なるという仮説を検証した章も含まれている。

世代とイデオロギー政党間対立に関する国際比較研究

2018

Research Results Outline: 近年、日本の世論研究において大きな注目を集めているのは、有権者のイデオロギー理解が世代によって異なるという現象である(Jou and Endo, 2 近年、日本の世論研究において大きな注目を集めているのは、有権者のイデオロギー理解が世代によって異なるという現象である(Jou and Endo, 2016; 遠藤・三村・山﨑, 2017)。本研究では、先進民主主義諸国においても日本と同様に、冷戦... 近年、日本の世論研究において大きな注目を集めているのは、有権者のイデオロギー理解が世代によって異なるという現象である(Jou and Endo, 2016; 遠藤・三村・山﨑, 2017)。本研究では、先進民主主義諸国においても日本と同様に、冷戦の終焉を境にイデオロギー理解が変化したのかを国際比較によって検討した。世界価値観調査(World Value Survey)データを分析した結果、冷戦の終焉によって、すべての国で「歴史」が終わったわけではなく、その国内政治、イデオロギーへの影響は多様であることが本研究から明らかになった。

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Seminar on Political Science III [J] (Tanaka, A)School of Political Science and Economics2019spring semester
Seminar on Political Science IV[J] (Tanaka, A)School of Political Science and Economics2019fall semester
Graduation Thesis[J] (Tanaka, A)School of Political Science and Economics2019spring semester
Graduation Thesis[J] (Tanaka, A)School of Political Science and Economics2019fall semester
Basics of Political Analysis BSchool of Social Sciences2019fall semester
Political Analysis BSchool of Social Sciences2019spring semester
SeminarI (Election and Public Opinion/fall semester)School of Social Sciences2019fall semester
SeminarII (Election and Public Opinion/spring semester)School of Social Sciences2019spring semester
SeminarII (Election and Public Opinion/fall semester)School of Social Sciences2019fall semester
SeminarIII (Election and Public Opinion/spring semester)School of Social Sciences2019spring semester
SeminarIII (Election and Public Opinion/fall semester)School of Social Sciences2019fall semester
Contemporary Elections and Campaigns 1School of Social Sciences2019spring semester
Contemporary Elections and Campaigns 2School of Social Sciences2019fall semester
Learning Community ASchool of Social Sciences2019spring quarter
Freshman Seminar (Fall) CSchool of Social Sciences2019fall semester
Freshman Seminar (Spring) ASchool of Social Sciences2019spring semester
Freshman Seminar (Spring) BSchool of Social Sciences2019spring semester
Contemporary Japanese Politics AGraduate School of Political Science2019spring semester
Contemporary Japanese Politics BGraduate School of Political Science2019fall semester
Contemporary Japanese PoliticsGraduate School of Political Science2019spring semester
Contemporary Japanese PoliticsGraduate School of Political Science2019fall semester
Contemporary Japanese Politics IGraduate School of Social Sciences2019spring semester
Contemporary Japanese Politics IIGraduate School of Social Sciences2019fall semester
Contemporary Japanese Politics I (spring semester)Graduate School of Social Sciences2019spring semester
Contemporary Japanese Politics I (fall semester)Graduate School of Social Sciences2019fall semester
Contemporary Japanese Politics II (spring semester)Graduate School of Social Sciences2019spring semester
Contemporary Japanese Politics II (fall semester)Graduate School of Social Sciences2019fall semester