Name

FUKUSHIMA, Isao

Official Title

Professor

Affiliation

(School of Human Sciences)

Contact Information

Mail Address

Mail Address
isa0@waseda.jp

URL

Web Page URL

https://researchmap.jp/2940130/

Grant-in-aids for Scientific Researcher Number
30422356

Sub-affiliation

Sub-affiliation

Faculty of Human Sciences(e-School (Internet Degree Program), School of Human Sciences)

Faculty of Human Sciences(Graduate School of Human Sciences)

Educational background・Degree

Educational background

1997/04 -2005/09 The University of Tokyo Graduate School of Humanities and Sociology (Doctoral course) French Language and Literature
1998/10 -2000/07 The University of Geneva Diplôme des Études Supérieures Esthétique et Littérature
1995/04 -1997/03 The University of Tokyo Graduate School of Humanities and Sociology (Master's course) French Language and Literature
1990/04 -1995/03 Waseda University Faculty of Letters

Degree

Ph. D. The University of Tokyo European literature

Career

2020/04-Waseda UniversityFaculty of Human SciencesProfessor
2018/04-2020/03Waseda UniversityFaculty of Human SciencesAssociate Professor
2015/10-2016/09École française d'Extrême-OrientParisChercheur invité
2011/04-2018/03The University of KitakyushuFuculty of HumanitiesAssociate Professor
2007/04-2011/03The University of TokyoGraduate School of Humanities and SociologyAssistant Professor
2005/05-2007/03The University of TokyoGraduate School of Humanities and SociologyProjectl Resercher

Academic Society Joined

The Association for the Study of Cultural Resources

La Société japonaise de langue et littérature françaises

JAPAN SOCIETY of IMAGE ARTS and SCIENCES

The Japan Society for Cinema Studies

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

On the reception of the film "Hiroshima mon amour" in Japan and in France

2019/04-2022/03

Allocation Class:¥3250000

Research Classification:

Memory of the Dead in Modern France: Through Analysis of Literary Works and Monuments

2015/-0-2018/-0

Allocation Class:¥1950000

Research Classification:

Comparative Art Historical Studies on Relationship of Art and Treasure

2011/-0-2014/-0

Allocation Class:¥20670000

Research Classification:

The Reconsidered History of Artistic Exchanges on a Personal Level between Japan and Italy in the 1880s : The Japanese Activities of the Photographer Adolfo Farsari and Count Alessandro Zileri, Secretary of the Retinue of Count of Enrico di Bardi of Bourb

Allocation Class:¥6960000

On-campus Research System

Special Research Project

記憶の想起と忘却:文学作品とモニュメントの比較を通じて

2018

Research Results Outline: フランス人画家・理論家モーリス・ドニ(1870-1943)のイタリア絵画指南書『イタリア絵画巡礼』(Maurice Denis, Charmes e フランス人画家・理論家モーリス・ドニ(1870-1943)のイタリア絵画指南書『イタリア絵画巡礼』(Maurice Denis, Charmes et Leçons de l’Italie, Paris, Librairie Armand Col... フランス人画家・理論家モーリス・ドニ(1870-1943)のイタリア絵画指南書『イタリア絵画巡礼』(Maurice Denis, Charmes et Leçons de l’Italie, Paris, Librairie Armand Colin, 1933)は、キュビズムなどの新しい画風が時代を席巻していく20世紀初頭において、保守派側の美術理論や新しい波に対する反応を知る上で非常に貴重な資料である。本研究では同書の翻訳を目的として、モニュメントと風景の描写についてテクストと実物の照合・比較を行うべくローマ調査を行い、テクストを正確に理解するために必要な知見・資料を収集した。

21世紀の芸術の機能 デュラスとゴダールの「対話」から

2018

Research Results Outline: 小説家・映画監督のマルグリット・デュラスと映像監督ジャン=リュック・ゴダールは、1979年、1980年、1987年の三回に対談を行っており、それらは 小説家・映画監督のマルグリット・デュラスと映像監督ジャン=リュック・ゴダールは、1979年、1980年、1987年の三回に対談を行っており、それらはすべてMarguerite Duras et Jean-Luc Godard, Dialogues... 小説家・映画監督のマルグリット・デュラスと映像監督ジャン=リュック・ゴダールは、1979年、1980年、1987年の三回に対談を行っており、それらはすべてMarguerite Duras et Jean-Luc Godard, Dialogues Duras/Godard, Paris, Post-éditions, 2014としてまとめられている。本研究では同書の精読・照合を行うとともに、パリのシネマテーク・フランセーズとカーンのIMEC(フランス現代出版資料研究所)で資料の追加調査を行った上で、『ディアローグ デュラス/ゴダール全対話』として2018年10月、読書人からその翻訳本を出版した。

芸術における主題の意味:仏人画家モーリス・ドニのイタリア美術論から

2019

Research Results Outline: 本研究は、芸術における主題の復権について再考することを目的とし、その方法として、キュビズム全盛期に主題の復権を唱えたフランス人画家モーリス・ドニの美 本研究は、芸術における主題の復権について再考することを目的とし、その方法として、キュビズム全盛期に主題の復権を唱えたフランス人画家モーリス・ドニの美術論の一つ『イタリアの魅力と教え』(1933年)から出発した。ドニは、芸術から主題が消失していく新... 本研究は、芸術における主題の復権について再考することを目的とし、その方法として、キュビズム全盛期に主題の復権を唱えたフランス人画家モーリス・ドニの美術論の一つ『イタリアの魅力と教え』(1933年)から出発した。ドニは、芸術から主題が消失していく新しい芸術潮流を尻目に、とくに中世からルネサンス期のイタリア美術への回帰を主張し、主題、とりわけ、宗教的主題の重要性を説いた。彼の美術論、扱われている作品、そして、その主題への着目を手がかりとして、主題へと回帰しつつあるかに見える現代の芸術作品の動向、具体的には、ジャン=リュック・ゴダールの映画作品に見られる政治的傾向を分析することを試みた。

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Introduction to Human Behavior and Environment SciencesSchool of Human Sciences2020spring quarter
French (Basic) I 01School of Human Sciences2020spring semester
French (Basic) II 01School of Human Sciences2020fall semester
Contemporary Art StudiesSchool of Human Sciences2020spring semester
Seminar I (Art and Representation)School of Human Sciences2020spring semester
Seminar II (Art and Representation)School of Human Sciences2020fall semester
Contemporary Art StudiesSchool of Human Sciences (Online Degree Program)2020fall semester
Art and RepresentationGraduate School of Human Sciences2020spring semester
Art and RepresentationGraduate School of Human Sciences2020fall semester
Art and Representation(1)Graduate School of Human Sciences2020spring semester
Art and Representation(1)Graduate School of Human Sciences2020fall semester
Art and Representation(2)Graduate School of Human Sciences2020spring semester
Art and Representation(2)Graduate School of Human Sciences2020fall semester
Theory of ArtGraduate School of Human Sciences2020winter quarter
Art and Representation AGraduate School of Human Sciences2020spring semester
Art and Representation BGraduate School of Human Sciences2020fall semester