Name

KATSUMA, Yasushi

Official Title

Professor

Affiliation

(Graduate School of Asia Pacific Studies)

Contact Information

Mail Address

Mail Address
katsuma@waseda.jp

URL

Web Page URL

https://www.waseda.jp/gsaps/about/faculty/katsuma-yasushi/(Waseda University Graduate School of Asia-Pacific Studies (GSAPS))

http://www.ighp.ncgm.go.jp/about/staff.php#staff03(Institute for Global Health Policy Research (iGHP), the National Center for Global Health and Medicine (NCGM), Japan)

Grant-in-aids for Scientific Researcher Number
80434356

Sub-affiliation

Sub-affiliation

Research Council (Research Organization)/Affiliated organization(Global Education Center)

Affiliated Institutes

グローバル・ガバナンス研究所

研究所員 2012-2012

国際教育協力研究所

研究所員 2015-2018

国際教育協力研究所

研究所員 2018-

アフリカ研究所

プロジェクト研究所所長 2007-2007

AHC研究所

研究所員 2012-2012

AHC研究所

研究所員 2008-2011

AHC研究所

研究所員 2011-2012

グローバル・ヘルス研究所

プロジェクト研究所所長 2008-2012

平和学研究所

研究所員 2016-

グローバル・サステイナビリティ研究所

研究所員 2012-2012

国際教育協力研究所

研究所員 2012-2014

早稲田ラテンアメリカ研究所

研究所員 2015-2015

国際戦略研究所

研究所員 2015-2015

アジア国際移動研究所

研究所員 2018-

Educational background・Degree

Educational background

1985/09 -1986/06 University of California - San Diego Revelle College Peace Studies
1983/04 -1987/03 International Christian University Faculty of Liberal Arts Communication
1987/04 -1989/03 Osaka University School of Law International Law and Relations
1989/04 -1991/03 Osaka University Graduate School of Law and Politics International Law and Relations
1993/09 -1997/12 University of Wisconsin - Madison Development Studies Program Development Studies

Degree

Ph.D. in Development Coursework University of Wisconsin - Madison

LL.M. Coursework Osaka University International relations

LL.B. Coursework Osaka University International law

B.A. Coursework International Christian University

Career

2011-2012Visiting Scholar, Elliott School of International Affairs, The George Washington University ().
1998-2006United Nations Children's Fund: Mexico, Afghanistan/Pakistan, Tokyo ()
2002-2005Visiting Scholar, Center for the Study of International Cooperation in Education, Hiroshima University ().
1995-1997Research Fellow, Foundation for Advanced Studies on International Development ().
1995-1996Honorary Scholar, John D. and Catherine T. MacArthur Foundation ().
1995-Intern, Banco Solidario, Bolivia (Research Scholar of Tinker Foundation and NAVE Fund) ().
1993-1995Research Fellow, International Development Center, Japan ().
1985-Volunteer (Honduras), Operation Raleigh ()

Academic Society Joined

The Japan Chapter of the Asian Society of International Law

Academic Council on the United Nations System (ACUNS)

Japan Association for United Nations Studies Secretary-General; Board Member; Chief, Research Section on International Public Service System

Peace Studies Association of Japan Board Member; Editor-in-chief of the Journal

Japan Association for International Relations

Japan Society for International Development Vice-President; Executive Board Member; Chief-Public Relations Committee

Comparative Education Society of Asia

Japan Comparative Education Society

Japan Association for International Health Councilor (2009-2011)

International Human Rights Law Association (IHRLA) Board Member (2015-2018)

OfficerCareer(Outside the campus)

2013/10-2014/09-Member, Working Group on "Global Health and Human Security," Japan Center for International Exchange, 08/present
2009--Member, Working Group on "Challenges in Global Health and Japan's Contributions," Japan Center for International Exchange, 09/09

Interview Guide

Category
Social sciences

Research Field

Keywords

Peace and human security, International human rights, Theories of social development, United Nations studies

Grants-in-Aid for Scientific Research classification

Social sciences / Politics / International relations

Social sciences / law / International law

Social sciences / Sociology / Social welfare and social work studies

Social sciences / Education / Sociology of education

Research interests Career

2009-2012Global Institute for Asian Regional Integration

Cooperative Research within Japan

2008-2011Gender Dynamics in the Changing International Institutions

Cooperative Research within Japan

2008-2010Political Economy of Educational Assistance, Exchanges and Alliance

Cooperative Research within Japan

2008-2010Business Model of the International Medical Center of Japan

Cooperative Research within Japan

2008-2009Development of Health Systems Indicators

Cooperative Research within Japan

2008-2009The Millennium Development Goals and the Global Governance

Individual research allowance

2008-2008The Role and Challenges of Japanese NGOs in Global Health Policymaking

Cooperative Research within Japan

2007-2008Global Health Governance: UN-Private Partnerships for the Millennium Development Goals

Individual research allowance

2006-2008Development of a Manual for Life Skills Education Projects

Cooperative Research within Japan

2006-2007An Integrated Approach to Human Rights and Development in the Context of "Human Security" Discourse

Individual research allowance

Paper

How to achieve effective universal health coverage

Yasushi Katsuma; Maaya Kita Sugai

The BMJ Opinion 2019/09-

link

Global health diplomacy to promote universal health coverage at the 2019 Osaka G20 Summit

Yasushi Katsuma

AJISS-Commentary Peer Review Yes Invitation Yes (275) 2019/09-

link

Deliberate next steps toward a new globalism for universal health coverage (UHC)

Bloom, Gerald; Katsuma, Yasushi; Rao, Krishna D.; Makimoto, Saeda; Leung, Gabriel M.

Policy Brief Under Task Force 1: 2030 Agenda for Sustainable Development Peer Review Yes 2019/05-

link

Detail

Publish Classification:Research paper (international conference proceedings)

Outline:Much effort has been expended on promoting universal health coverage (UHC). We focus on four areas that, on current trajectories, are unlikely to achieve sufficient progress to meet Sustainable Development Goal (SDG) 3.8. These are also issues for which G20 can provide significant traction. The principle of “leaving no one behind” is central to UHC. Migrants and migrant health workers are too often overlooked, as is genuine support for primary health care at the community level. Prioritizing reliable domestic financing requires enlightened leadership and deliberate dialogue between finance and health ministries. Harnessing, and regulating, innovation for a future where multi-omics, immuno-biology, artificial intelligence, social communications and health care converge against threats from climate change, humanitarian crises and emerging and antimicrobial resistant infections requires judicious planning. Finally, mutual learning and harmonized aid amongst countries remain unfulfilled priorities of good governance.

Next steps towards universal health coverage call for global leadership

Gerald Bloom, Yasushi Katsuma, Krishna D Rao, Saeda Makimoto, Jason D C Yin, Gabriel M Leung

The BMJ Peer Review Yes 365(l2107) 2019/05-

DOI

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal)

Challenges and opportunities for eliminating tuberculosis: Leveraging political momentum of the UN high-level meeting on tuberculosis

Haruka Sakamoto; Sangnim Lee; Aya Ishizuka; Eiji Hinoshita; Hiroyuki Hori; Nanao Ishibashi; Kenichi Komada; Masataro Norizuki; Yasushi Katsuma; Hidechika Akashi; Kenji Shibuya

MC Public Health Peer Review Yes 19(76) p.1 - 72019/01-

DOI

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal)

Women’s Education and Gender Equality in Achieving the Sustainable Development Goals: Issues of Technical and Vocational Education and Training in Pakistan

Yasushi KATSUMA

Journal of International Cooperation in Education 21(1) p.77 - 902018/10-

DOI

Detail

Outline:In the 2030 Agenda for Sustainable Development adopted at the United Nations in 2015, technical and vocational education and training (TVET) is expected to contribute to achieving multiple Sustainable Development Goals (SDGs). First, from the perspective of education policy, it will help “ensure inclusive and quality education for all and promote lifelong learning” (Goal 4). Second, from the perspective of industrial policy, it will “promote inclusive and sustainable economic growth, employment and decent work for all” (Goal 8). In addition, promoting economic participation of low-income people, including women, will help “end poverty in all its forms everywhere (Goal 1) and “achieve gender equality and empower all women and girls” (Goal 5). In promoting TVET, gender disparities in economic participation, and the consequent income poverty among women are serious concerns to be addressed. In light of one of the principles of the SDGs “No one will be left behind,” it is important to be reminded of the gender dimension of TVET. Behind the gender disparities in the labor market, there are occupational stereotypes in the society, in addition to the gender biases held by employers. On the other hand, women who seek employment opportunities often lack academic qualifi cations as well as technical and vocational skills, giving a rise to the interest in TVET for girls. However, there are cases in which TVET is restrictive to girls. In Pakistan, government TVET colleges are generally segregated for boys and girls. Traditionally, it is discouraged for male and female adolescents to study in the same classroom. Men’s TVET colleges offer boys technical education in areas where traditionally considered men’s jobs such as engineering, while women’s TVET colleges offer girls technical education in areas where traditionally considered women’s jobs such as tailoring. This segregation in TVET has maintained and strengthened the gender stereotypes in the labor market, discouraging women to economically participate in certain business sectors. The current challenge is how to secure women equal access to quality TVET and promote women’s equal participation in economic activities. The Government College of Technology at the Rail Road (GCT-RR) in Lahore, established by the Government of the Punjab, is basically a men’s TVET college. However, in 2010, its Department of Architecture started to accept female students. It has become the first co-education program at the Diploma level in Pakistan. It is signifi cant as a case to challenge the gender stereotypes in TVET. There are a few factors that brought about this historical change. First, Japan International Cooperation Agency (JICA), as a third party, made a proposal for co-education, based on the needs assessment of the architectural design offices that had been open to female designers. Second, the JICA expert in architecture negotiated with the offi cials of the Technical Education and Vocational Training Authority (TEVTA) of the Government of the Punjab, and the managers of GCTRR sincerely and patiently. Third, JICA supported the construction of a lounge and toilets exclusively for girls in the Department of Architecture, as necessary facilities for the parents to send their daughters to GCT-RR. In addition, female teachers have been recruited for the fi rst time at the GCT-RR, allowing them to become role models for female students and enhancing confidence among their parents. The transformation of the GCT-RR’s Department of Architecture from boys’ program to co-education program in 2010 is considered as a successful case to remove obstacles for girls to have access to quality TVET in architecture. Nevertheless, there are still outstanding issues that need to be addressed in order to increase the number of female students in the GCT-RR’s Department of Architecture. First, many parents, particularly fathers, are still reluctant to send their daughters to career-oriented technical colleges. In some cases, fathers send their daughters to secondary school just for the purpose of getting a credential for their better arranged marriage. Information sharing and education are also important for the parents so that their daughters career planning will be more respected. In this respect, the efforts to organize “open school” days for prospective students and their parents have been effective, allowing the fathers to come to the GCT-RR and become familiar with the curriculum and the facilities. Second, some parents are expressing their concerns over the safety of their daughters while commuting to the GCT-RR. Some private TVET colleges run their own school buses for pick-up and drop-off of their students, but government TVET colleges, including the GCT-RR, will not be able to secure budget for such operation. Therefore, it is important to improve the public bus transportation system in Lahore that is currently overcrowded and unreliable. As the TVET sector reform is progressing in Pakistan, this case may be of a great interest for policy dialogues at the National Vocational and Technical Training Commission (NAVTTC) that is in charge of the public TVET in the country. It is hoped that the feasibility of replicating this case in other areas of technical education will be discussed at the NAVTTC in order to promote coeducation for the purpose of securing equal access to quality TVET for girls, contributing to reducing income poverty among women.

What is required to ensure the human security of refugees

Yasushi KATSUMA

Journal of Asia-Pacific Studies 31p.203 - 2102018/03-

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:1347-149X

What is required to ensure the human security of refugees?

Yasushi KATSUMA

Yomiuri Online/Waseda Online-Opinion 2017/10-

link

Can rights be protected in neoliberal agency?: Narratives of working women in a selected Sri Lankan super market

Aruni Samarakoon; Renuka Priyantha; Yasushi Katsuma; Ranjith Dickwella

Sri Lanka-Japan Collaboration Research (SLJCR) 2017: Addressing global issues trough collaboration and partnership p.3 - 32017/09-

Ebola virus disease outbreak in Guinea in 2014: Lessons learnt for global health policy

Yasushi KATSUMA

Journal of Asia-Pacific Studies (28) p.45 - 512017/03-

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:1347-149X

Challenges in achieving the health Sustainable Development Goal: Global governance as an issue for the means of implementation

Yasushi KATSUMA

Asia-Pacific Development Journal Peer Review Yes 23(2) p.105 - 1252016/12-

DOIlink

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:978-92-1-120739-2

A whole-of-society approach to global health policy in Japan: ‘Global Health and Human Security Program’ of the Japan Center for International Exchange (JCIE)

Yasushi KATSUMA

Journal of Asia-Pacific Studies (27) p.117 - 1242016/10-

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:1347-149X

Why did Ebola virus disease claim so many lives in West Africa?

Yasushi KATSUMA

Yomiuri Online/Waseda Online-Opinion Invitation Yes 2016/07-

link

Why did Ebola virus disease claim so many lives in West Africa?

Yasushi KATSUMA

Yomiuri Online/Waseda Online-Opinion Invitation Yes 2016/06-

link

Rebuilding global health governance: Recommendation for the G7

Hideaki Shiroyama; Yasushi Katsuma; Makiko Matsuo

PARI Policy Brief, Tokyo: The University of Tokyo, Policy Alternatives Research Institute (PARI) 2016/05-

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution)

"Freedom from want" for human security

Yasushi KATSUMA

Human Rights International Peer Review Yes Invitation Yes (26) p.40 - 432015/10-

link

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:0916-7188

Book Reviews: YASUDA Kayo, International Health Work in International Politics: From the League of Nations Health Organization to the WHO and UNICEF

Yasushi KATSUMA

International Relations (The Frontier of International Relations 12) Peer Review Yes (180) p.153 - 1552015/03-

DOIlink

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:0454-2215

潘基文国際連合事務総長〜国際社会の道標、ポスト2015年開発アジェンダ策定へ

勝間靖

早稲田ウィークリー (1357) p.52015/01-

link

"Freedom from want" for human security

Yasushi KATSUMA

Human Rights International Peer Review Yes (26) p.40 - 432015-

link

Detail

ISSN:978-4-7972-2695-9

ASEAN Human Rights Declaration (2012): The background of its adoption and the challenges ahead

Yasushi KATSUMA

Journal of Asia-Pacific Studies (21) p.39 - 502013/08-

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:1347-149X

国連システム学術評議会(ACUNS)第25回年次研究大会に参加して

勝間靖

国連研究 (14) p.251 - 2542013/06-

link

A search for the security of children affected by armed conflicts

Yasushi KATSUMA

Journal of Asia-Pacific Studies (17) p.119 - 1282011/10-

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:1347-149X

外交課題としての[人間の安全保障]

勝間靖

日本医学会総会[第28回]学術講演要旨 p.3072011/08-

国連を始めとする国際機関における我が国の地位向上,望ましい国連の実現

Kazuhiro KUNO; Kenichi KOBAYASHI; Yasushi KATSUMA

Policy Evaluation of the Japanese Ministry of Foreign Affairs: Implementation Level, 2011 p.242 - 2472011/08-

link

総評〜国連教育充実への期待

勝間靖

国連をどのように教えるか〜国連教育ワークショップ in 東京(国際連合広報センター発行) p.24 - 262011/07-

link

Towards a diplomacy that strengthens the United Nations: Proposals for Japan's UN policy

Akio WATANABE; Yozo YOKOTA; Hiroko AKIZUKI; Takeo UCHIDA; Keiko OIZUMI; Yasushi KATSUMA

The United Nations Studies (Regions and the United Nations in Comprehensive Security( (12) p.155 - 1892011/06-

link

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:978-4-87791-220-8

世界から貧困をなくすために私たちは何をすべきか〜市民、NGO、企業の立場からミレニアム開発目標への貢献を考える

勝間靖

あと5年!!どうなるミレニアム開発目標〜世界から貧困をなくすために私たちができること(日本国際連合協会東京都本部発行) p.2 - 92011/04-

ASEAN Intergovernmental Commission on Human Rights : Its significance in the context of international human rights regimes

Yasushi KATSUMA

Journal of Asia-Pacific Studies (15) p.165 - 1762010/10-

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution)

国際開発学会ニューズレター通刊78号

国際開発学会広報委員会(編); 勝間靖(編著); 西川潤; 野田真里

国際開発学会ニューズレター 21(4) p.1 - 172010/10-

人間の安全保障の推進と我が国の貢献〜第三者の所見

松浦博司; 牛尾滋; 長岡寛介; 河原節子; 勝間靖

Policy Evaluation of Japanese Ministry of Foreign Affairs: Implementation Level, 2010 p.397 - 4022010/08-

link

国連を生かす外交を〜日本の国連政策への提言

渡邉昭夫; 横田洋三; 秋月弘子; 内田孟男; 大泉敬子; 勝間靖

p.1 - 262010/06-

link

Global health governance for combating infectious diseases

Yasushi KATSUMA

The United Nations Studies (Emerging Global Norms and the United Nations) (11) p.47 - 662010/06-

link

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:978-4-87791-210-9

武力紛争下の子どもに対する国際的取組み

Yasushi KATSUMA

軍縮問題資料 (352) p.2 - 132010/04-

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution)

Public and private actors in global health policymaking in Japan: Giving an advocacy role to Japanese NGO?

Yasushi Katsuma

Journal of Asia-Pacific Studies (14) p.23 - 362010/03-

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:1347-149X

編集後記:アジアにおける人権と平和

Yasushi KATSUMA

平和研究 (34) p.227 - 2302009/11-

link

Global Health Initiatives for Child Survival and Malaria Control

Yasushi KATSUMA

Journal of Asia-Pacific Studies (13) p.101 - 1112009/10-

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:1347-149X

大学から始まる国際機関へのキャリア・パス〜早稲田大学・OECDインターンシップの試み

白木三秀; 勝間靖

外交フォーラム (249) p.74 - 752009/04-

The Child Rights and Their International Protection in Combat against Commercial Sexual Exploitation

Yasushi KATSUMA

Journal of Asia-Pacific Studies (12) p.177 - 1882009/03-

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:1347-149X

アフリカの子どもの健康と日本企業

勝間靖

CSつうしん(NHK学園) (94) p.18 - 192009/02-

途上国における障害者の人権〜障害を持つ人びとの自立支援を目指して

勝間靖(編); 上久保誠人(編)

早稲田大学グローバルCOEプログラム「アジア地域統合のための世界的人材育成拠点」 p.1 - 1172009/01-

link

Detail

Publish Classification:Research paper (international conference proceedings)

Global health governance and Japan’s contributions: Infectious diseases as a threat to human security

Yasushi Katsuma

Korean Journal of International Organizations 3(1) p.5 - 202008/12-

人間の安全保障〜子どもたちの生命と健康を守る国際社会を

勝間靖

新鐘 (75) p.81 - 822008/11-

link

巻頭言:国際機構と平和

吉村祥子; 勝間靖

平和研究 (33) p.i - vi2008/10-

link

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal)

The Role of the United Nations in Promoting Girls' Education towards the Millennium Development Goals

Yasushi KATSUMA

Journal of Asia-Pacific Studies (11) p.215 - 2222008/10-

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:1347-149X

Assessment & Analysis of Children's Rights in Asia: In Search for Human Rights Governance

勝間靖(編); 上久保誠人(編)

早稲田大学グローバルCOEプログラム「アジア地域統合のための世界的人材育成拠点」 p.1 - 482008/09-

link

国際機関を通じた政務及び安全保障分野に係る国際貢献

Akira CHIBA; Yasushi KATSUMA

Policy Evaluation of Japanese Ministry of Foreign Affairs: Implementation Level, 2008 p.429 - 4322008/08-

link

Human security approach for global health

Keizo Takemi; Masamine Jimba; Sumie Ishii; Yasushi Katsuma; Yasuhide Nakamura

The Lancet Peer Review Yes 371p.13 - 142008/07-

DOIlink

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal)

Book Reviews:

Yasushi KATSUMA

Journal of International Development Studies 17(1) p.43 - 442008/06-

link

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:1342-3045

The Current Status and Issues of the Millennium Development Goals: With Focus on Sub-Saharan Africa

Yasushi KATSUMA

Journal of Asia-Pacific Studies (10) p.97 - 1072008/03-

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:1347-149X

国際人権論の立場からのコメント

Yasushi KATSUMA

Northeast Asian Study Series in Japanese (Area Studies Meets Technology Transfer: Reviewing Participation, Observation and Improvement as Field Research Methods) Invitation Yes (9) p.121 - 1262008/02-

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:978-4-901449-46-5

Skills-based health education within the framework of FRESH

Yasushi Katsuma

Journal of International Health 22(4) p.2922007/12-

link

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:0917-6543

“The Rights of the Child” and the Search for a New International Order: Children Affected by Violence and Exploitation as International Actors

Yasushi KATSUMA

International Relations (International Politics from the Margin) Peer Review Yes (149) p.156 - 1712007/11-

DOIlink

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:0454-2215

Education and health: With focus on HIV/AIDS

Yasushi KATSUMA

Journal of International Development Studies Peer Review Yes 16(2) p.35 - 452007/11-

link

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:1342-3045

HIV/AIDS and Health Education: Translating the Global Policies into Local Action

Yasushi KATSUMA

Journal of Asia-Pacific Studies (9) p.31 - 412007/03-

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:1347-149X

アジアのNGO最前線〜そのダイナミズムと可能性を探る

下澤嶽; 谷山博史; チャンタンソン・インタヴォン; 勝間靖

NPOジャーナル (16) p.6 - 172007/01-

link

途上国開発の現場と学びの場を結んで

勝間靖

Campus Now (167) p.92006/12-

社会開発と人権〜人権に基づく開発アプローチを見る三つの視角

勝間靖

第17回国際開発学会全国大会報告論文集 p.186 - 1882006/11-

FRESHの枠組みにおけるスキル重視の保健教育

勝間靖

国際保健医療 21(Supplement) p.682006/10-

巻頭言:グローバル化時代の社会的「弱者」〜恐怖と欠乏からの自由を求めて

勝間靖; 大平剛

平和研究 (31) p.i - v2006/10-

link

MDGsのモニタリングとは?〜MICSとDevInfo

勝間靖

JICA Frontier (73) p.92005/08-

ユニセフの活動とコペンハーゲン

勝間靖; 山崎江位子

サステイナブル・スカンジナビア(スカンジナビア政府観光局) (14) p.8 - 92005/08-

子どもの人権とUNICEF

勝間靖

小児科臨床 (58) p.165 - 1722005/06-

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:13454641

途上国における教育開発の進展と課題〜持続可能な福祉社会へ向けて

勝間靖

公共研究 (3) p.45 - 562005/06-

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:1881-4859

アジアにおける子どもの人身売買〜性的搾取のグローバル化との関連において

勝間靖

婦人通信 (555) p.8 - 102004/09-

A rights-based approach to child empowerment under the Taliban regime: Situation assessment and the capacity development in education

Yasushi KATSUMA

The United Nations Studies (Democratization and the United Nations) Peer Review Yes (5) p.185 - 2072004/05-

link

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:4-87791-135-9

ジェンダー平等へ向けたユニセフの女子教育開発戦略〜アフガニスタンを例として

角田宇子(編); 勝間靖

亜細亜発世界〜インターナショナル・フォーラム講義録2003(亜細亜大学国際関係学部) p.67 - 752004/03-

開発における人権の主流化〜国連開発援助枠組の形成を中心として

勝間靖

IPSHU研究報告シリーズ[人間の安全保障論の再検討] (31) p.85 - 1112004/02-

link

エンパワーメントと参加〜[開発における人権の主流化]の潮流の中で

勝間靖

第14回国際開発学会全国大会報告論文集 p.334 - 3372003/11-

Accelerating progress on girls' education: UNICEF strategy towards the Millennium Development Goals

Yasushi KATSUMA

Journal of International Cooperation in Education Peer Review Yes 6(1) p.35 - 412003/07-

link

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:1344-2996

アフガニスタンにおける教育と平和〜女子教育禁止のタリバンからバック・トゥ・スクールへ

勝間靖

<9.11>後の世界(成蹊大学文学部) p.35 - 452003/03-

学校から始まるアフガニスタンの未来

勝間靖

国際協力 (563) p.16 - 172002/03-

厳冬の中のアフガニスタン国内避難民〜空爆の下でのユニセフ人道支援

勝間靖

ユニセフ・ニュース (192) p.2 - 32002/01-

2000 Afghanistan Multiple Indicator Cluster Survey (MICS2), Vol.1: Situation analysis of children and women in the East of Afghanistan

Yasushi Katsuma; Simon Azariah

UNICEF Afghanistan Country Office 2001/12-

link

Combating the globalization of child sexual exploitation: From Asia to Latin America

Yasushi Katsuma

Journal of Asian Women’s Studies Peer Review Yes 10p.28 - 362001/12-

link

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:0918-8568

Looking for women in Afghanistan

Yasushi KATSUMA

Land Tenure Center Newsletter (University of Wisconsin-Madison) (82) p.9 - 102001/10-

アフガニスタンの苦悩〜内戦と干ばつ、女子教育の停止、地雷とポリオ

勝間靖

ユニセフ・ニュース (190) p.12 - 132001/07-

アフガニスタン〜地雷、ポリオ、その他の病気に苦しむ子どもたち

勝間靖

ノーマライゼーション 21(6) p.68 - 712001/06-

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution)

Commercial sexual exploitation of children in Mexico: Law, policy and practice after the ratification of the Convention on the Rights of the Child

Yasushi Katsuma

Peace Studies Newsletter (19) 2000/09-

link

国境を超える子どもの商業的性的搾取〜ラテンアメリカの視点から

Yasushi KATSUMA

Journal of Asian Women's Studies Peer Review Yes (9) p.55 - 602000/03-

link

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:0918-8290

子どもの性的搾取をなくすために

勝間靖

ユニセフ・ニュース (184) 2000/01-

メキシコ〜障害をもつ子どもの権利

勝間靖

ノーマライゼーション 20(1) p.76 - 792000/01-

link

Transformacion de una organizacion no-gubernamental (ONG) a un banco comercial: Banco Solidario de Bolivia

Yasushi Katsuma

Documentos de Discusion sobre el Tercer Sector, El Colegio Mexiquense (3) p.1 - 242000/01-

Sexual exploitation of children in Mexico: Law, policy and practice after the ratification of the Convention of the Rights of the Child

Yasushi KATSUMA

Peace Studies Peer Review Yes (24) p.72 - 801999/11-

link

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:4-657-99930-3

グローバリゼーションの社会的弱者への影響〜メキシコの現状と政府の果たすべき役割

勝間靖

ラテンアメリカ・レポート 16(1) p.51 - 601999/06-

link

グローバリゼーションの潮流の中での[弱者の人権保障を目指した開発]の模索

Yasushi KATSUMA

国際開発学会ニュースレター 10(1) p.31999/02-

Influences of the NGOs in High-Income Countries on the Governments of Low-Income Countries through Development Assistance: A Case Study of the Financial Systems Reform in Bolivia

Yasushi KATSUMA

International Relations (A Re-examination of Actors in International Relations) Peer Review Yes (199) p.142 - 1551998/10-

DOIlink

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:0454-2215

低所得者を対象とした金融機関の発展による零細企業育成と貧困緩和〜アプローチをめぐる争点の整理

Yasushi KATSUMA

国際協力研究 Peer Review Yes 14(1) p.77 - 891998/04-

link

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:0911-0186

The role of credit in microenterprise development: Banco Solidario’s microfinance services for the small-scale manufacturing by low-income people in Cochabamba, Bolivia

Yasushi KATSUMA

Ph.D. dissertation submitted to the University of Wisconsin-Madison Peer Review Yes p.1 - 5881997/12-

Detail

Publish Classification:Doctoral Thesis

Transforming an NGO into a commercial bank to expand financial services for the microenterprises of low-income people: PRODEM and Banco Solidario (BancoSol) in Bolivia

Yasushi KATSUMA

Technology and Development Peer Review Yes (10) p.71 - 831997/01-

link

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:0914-918X

貧困層による零細企業を対象とした金融サービスを拡大するためのNGOから銀行への転換〜ボリヴィアのソリダリオ銀行

Yasushi KATSUMA

国際協力研究 12(1) p.41 - 531996/04-

link

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:0911-0186

The G20 Summit as an arena for global health diplomacy: From the 2017 Hamburg Summit to the 2019 G20 Osaka Summit

Yasushi Katsuma

Journal of International Health 34(3) p.1592019/09-

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:0917-6543

Books And Publication

Leave no one behind: Time for specifics on the Sustainable Development Goals

Kharas, Homi: McArthur, John W.; Ohno, Izumi (Eds); Rao, Krishna D.; Makimoto, Saeda; Peters, Michael; Leung, Gabriel M.; Bloom, Gerald; Katsuma, Yasushi

Brookings Institution Press2019/10-

Detali

Total Number of Pages:338Responsible Number of Pages:129-148ISBN:978-0-8157-3783-4

2030 Agenda for Sustainable Development: Policy recommendation for the G20

T20 Japan Task Force on 2030 Agenda for Sustainable Development (Ed.); Bloom, Gerald; Katsuma, Yasushi; Rao, Krishna D.; Makimoto, Saeda; Leung, Gabriel M.(Joint authorship)

JICA Research Institute2019/05-

Detali

ReportTotal Number of Pages:188Responsible Number of Pages:1-25

Towards sustainable global society: My challenges for the SDGs

Yasushi KATSUMA (Ed.)(Edit)

Kokusai Shoin2018/09-

Detali

Scholarly BookTotal Number of Pages:217Responsible Number of Pages:11-13; 107-128ISBN:9784877912925

『高齢化社会を見据えたユニバーサル・ヘルス・カバレッジの実現及びそれを可能にするグローバルヘルス・ガバナンスに関する研究(平成26年度厚生労働科学研究費補助金 報告書)』(Challenges in Global Health Governance)

Kenji Shibuya (ed.); Yasushi Katsuma

2015/05-

East Asia and the United Nations: Regional Cooperation for Global Issues

Yasushi Katsuma (Ed.); Miki Honda (Ed.)

Japan Association for United Nations Studies2010/03-

Detali

ISBN:978-4-904618-07-3

The 6th Workshop for Young Human Rights Activists ("Combating trafficking in persons, especially women and children, in Japan")

The Asia Center for Human Rights (Ed.); Yasushi Katsuma

The Asia Center for Human Rights2010/02-

Detali

ISBN:978-89-88378-21-2

Africa and Globalization: Learning from the Past, Enabling a Better Future (“Global health governance: Infectious diseases as a threat to human security in Africa”)

UNESCO (Ed.); UNU (Ed.); Yasushi Katsuma

UNESCO2009/11-

The Role and Challenges of Japanese NGOs in the Global Health Policymaking Process

Chika Hyodo; Yasushi Katsuma

Japan Center for International Exchange2009/09-

Detali

ISBN:978-4-88907-132-0

The Possibilities and Challenges of HIV/AIDS Education: Life Skills Programs Manual (Part I: "Partnerships between education and health: International trends in HIV/AIDS education")

Japan NGO Network for Education (ed.); Yasushi Katsuma

Japan NGO Network for Education2008/03-

LINK

Towards a New Partnership of the United Nations System and Global Civil Society ("Public-private partnerships to fight malaria")

Tetsuro Kunugi (Ed.); Yasushi Katsuma

International Christian University2006/05-

Between Knowledge and Commitment: Post-Conflict Peace-Building and Reconstruction in Regional Contexts ("Humanitarian assistance in Afghanistan before September 11: Its Coverage and relevance")

Masako Ishii (Ed.); Jacqueline A. Siapno (Ed.); Yasushi Katsuma

National Museum of Ethnology, The Japan Center for Area Studies2004/12-

Detali

ISBN:4-901838-04-0

Conflict and Human Security: A Search for New Approaches of Peace-building ("Education as an approach to human security: A case of Afghanistan")

Hideki Shinoda (Ed.); Ho-Won Jeong (Ed.); Yasushi Katsuma

Hiroshima University, Institute for Peace Science2004/08-

Lecture And Oral

The affordable dream: The transformational ambition of universal health coverage (UHC)

Yasushi KATSUMA

Global Solutions Summit: The World Policy Forum(Global Solutions Summit Secretariat; European School of Management and Technology (ESMT))Invitation Yes2019/03/18

Detail

International conferenceSymposium workshop panel(nominated)Venue:Berlin

Deliberate next steps toward a new globalism for universal health coverage (UHC)

KATSUMA, Yasushi; MAKIMOTO, Saeda; LEUNG, Gabriel M.

Global Solutions Summit: The World Policy Forum(Global Solutions Summit Secretariat; European School of Management and Technology (ESMT))Invitation Yes2019/03/18

Detail

International conferenceOral presentation(invited, special)Venue:Berlin

Promoting universal health coverage (UHC) in achieving the SDG 3: Opportunities for the EU and Japan to Collaborate towards Good Governance for UHC at the G20 Osaka Summit

Yasushi KATSUMA

EU Japan Forum: The European Union and Japan in a fluid global liberal order(Université libre de Bruxelles; Waseda University)2019/03/12

Detail

International conferenceOral presentation(general)Venue:Brussels

Promoting good governance for UHC: Challenges and recommendations

Yasushi KATSUMA

Developing Policy agenda for global health workshop: Global policy challenges for the future global health in the SDG era(The University of Tokyo)2019/02/19

Detail

International conferenceOral presentation(general)Venue:t Tokyo

Global health diplomacy for the universal health coverage (UHC)

MAKIMOTO, Saeda; KATSUMA, Yasushi

The 3rd International Symposium on Development Cooperation and Evaluation(Waseda University; Seoul National University)2018/11/23

Detail

International conferenceOral presentation(general)Venue:Tokyo

Rethinking global health governance in achieving the SDGs: Lessons learnt from the 2014 Ebola Virus Disease outbreak in West Africa

Yasushi Katsuma

The 4th International Symposium of the Organization for Regional and Inter-regional Studies (ORIS): Beyond anti-globalism: An inter-regional comparison(Organization for Regional and Inter-regional Studies (ORIS), Waseda University)2018/11/23

Detail

International conferenceOral presentation(general)

Human Rights Governance from Comparative Regional Perspectives: Regional Institutionalization of Human Rights in ASEAN & East Asia

Yasushi Katsuma

JSPS Core-to-Core Seminar “The European Union and Japan in a fluid global liberal order: Diffusion of liberal norms and inter-regional studies”(Waseda University; Université libre de Bruxelles)2018/11/22

Detail

International conferenceOral presentation(general)Venue:Tokyo

The framing power of Japan with regard to democracy and human rights

Yasushi KATSUMA

Framing Power Europe? EU External Action on Democracy and Human Rights in a Competitive World(LUISS Guido Carli – Romania Campus)Invitation Yes2018/06/11

Detail

International conferenceOral presentation(invited, special)Venue:Rome

Achieving the Sustainable Development Goals (SDGs): Exploring EU-Japan partnerships for human development

Yasushi KATSUMA

2018 EU-Japan Forum(Université libre de Bruxelles)Invitation Yes2018/03/12

Detail

International conferenceOral presentation(invited, special)Venue:Brussels (Université libre de Bruxelles)

Achieving the health and education Sustainable Development Goals (SDGs): Exploring US-Japan partnerships for human development

Yasushi KATSUMA

US-Japan Research Institute Seminar on Sustainable Development Goals(US-Japan Research Institute)2018/02/27

Detail

International conferenceOral presentation(invited, special)Venue:Washington, DC (US-Japan Research Institute)

Strengthening partnerships in achieving the SDGs

Yasushi KATSUMA

International Symposium on Development Cooperation and Evaluation(Graduate School of Public Administration, Seoul National University; Incheon International Development Cooperation Center)2017/12/08

Detail

International conferenceOral presentation(invited, special)Venue:Incheon International Development Cooperation Center

Achieving the health SDG for All: Global health governance as an issue for the means of implementation

Yasushi KATSUMA

Germany’s and Japan’s Role in Global Health(Global Health Centre, The Graduate Institute of International and Development Studies; Institute for Global Health Policy, National Center for Global Health and Medicine, Japan; Japanisch-Deutsches Zentrum Berlin)2017/10/13

Detail

International conferenceOral presentation(general)Venue:Berlin

Achieving the health SDG for All: Global health governance as an issue for the means of implementation

Yasushi KATSUMA

North-East Asian Development Cooperation Forum(UNESCAP)2017/05/18

Detail

International conferenceOral presentation(invited, special)Venue:Tokyo

Challenges in global health governance

Yasushi Katsuma

Prince Mahidol Award Conference 2015 (Side Event) "Promoting more sustainable and equitable universal health coverage (UHC)"2015/01/28

Detail

International conferenceOral presentation(general)Venue:Bangkok

The post-2015 development agenda: Potential areas of joint action by northeast Asian countries

Yasushi Katsuma

14th East Asian Seminar on the UN System2014/12/14

Detail

Oral presentation(general)

Human security of children to be addressed in the post-2015 development agenda

International Child Rights Forum: Prospects from the Asia-Pacific2014/07/03

Detail

Oral presentation(general)

A human security approach to health: Putting people first in the multi-sectoral and multi-stakeholder global human development agenda

Global Health Series Forum: Trends of Health Mechanism and Strategies in Global Development Agenda2013/11/01

Detail

Oral presentation(general)

Operationalizing the concept of human security in an era of sustainability

3rd Annual Conference of the Japan Association for Human Security Studies2013/09/22

Detail

Oral presentation(general)

Regional institutionalization of human rights in Asia

Community of East Asian Scholars “3rd Workshop on Promotion of ASEAN and East Asian Studies”2013/06/27

Detail

Oral presentation(general)

Global and regional institutionalization of human rights in ASEAN and East Asia

The Japan Chapter of the Asian Society of International Law "4th annual conference"2013/06/23

Detail

Oral presentation(general)

An emerging consensus on human security

Campus Asia-EAUI 2013 Winter School Workshop2013/02/28

Detail

Oral presentation(general)

Institutionalization of human rights in ASEAN and East Asia

Community of East Asian Scholars “2nd Workshop on Promotion of ASEAN and East Asian Studies"2012/12/07

Detail

Oral presentation(general)

A human security approach to global health: The dual strategies of empowerment & protection

The II Workshop on Medical Anthropology “Global Medicine and Cultural Diversity: The Role of Medical Anthropology”2011/10/14

Detail

Oral presentation(general)

Public-private partnerships for health MDGs

2011/06/04

Detail

Oral presentation(general)

A human security approach in "delivering as one" to vulnerable people facing multiple threats: The dual strategies of empowerment & protection in narrowing the gap

The Millennium Development Goals (MDGs) Follow-up Meeting, Session 3 "Narrowing the Implementation Gap: National and Community-based Approaches"2011/06/02

Detail

Oral presentation(general)

The human security approach to vulnerable people facing multiple threats: The dual strategies of empowerment & protection

3rd TICAD Ministerial Follow-up Meeting, Satelite Roundtable "Health & Human Security in Africa"2011/05/03

Detail

Oral presentation(general)

Combating trafficking in persons, especially women and children, in Japan

Seminar "Gender, Violence and Politics"2011/03/02

Detail

Oral presentation(general)

International human rights regimes

The Asia Center for Human Rights "The 7th Workshop for Young Human Rights Activists"2011/02/23

Detail

Oral presentation(general)

Public-private partnerships for health MDGs: BOP business and CSR

International Conference on Development Cooperation as National Prestige2010/11/26

Detail

Oral presentation(general)

Human security: Any value added to the research community?

International Symposium on Human Security “Its History and Future: Toward Achievement of the Millennium Development Goals”2010/07/15

Detail

Oral presentation(general)

UN-business partnerships in conflict-affected areas through procurement of equipment and services

United Nations Global Compact (UNGC) workshop"Business and Peace"2010/04/25

Detail

Oral presentation(general)

The role of Japanese NGOs in the global health policymaking process

Japan Association for International Health2010/03/14

Detail

Oral presentation(general)

Resource mobilization for policy-oriented evidence-based research

Africa-Asia University Dialogue for Educational Development2010/03/04

Detail

Oral presentation(general)

Combating trafficking in persons, especially women and children, in Japan

The Asia Center for Human Rights “The 6th Workshop for Young Human Rights Activists”2010/02/25

Detail

Oral presentation(general)

Japan’s fight against trafficking in persons, especially women and children

9th Japan-Korea Seminar on the United Nations System “East Asia and the United Nations: Regional Cooperation for Global Issues”2009/12/11

Detail

Oral presentation(general)

Global health diplomacy: The case of Japan for 2008 Toyako G8 Summit

Network on Global Health Diplomacy (WHO & Rockefeller Foundation)2009/06/03

Detail

Oral presentation(general)

Global health, human security and Japan’s contributions

8th Korea-Japan Seminar on UN System "Global Issues and the United Nations: A Search for Korea-Japan Partnership"2008/09/06

Detail

Oral presentation(general)

International cooperation and Waseda University: Recent development and future prospects

UNIVERSITAS 21 Workshop on MDGs2008/05/07

Detail

Oral presentation(general)

Education as an approach to human security: Afghanistan under the Taliban

13th World Congress of Comparative Education Societies2007/09

Detail

Oral presentation(general)

Capacity building in Africa: A case for life skills-based education

MoFA-UNU-WIIS International Symposium “Capacity Building in Africa and the Role of Japan”2007/03/16

Detail

Oral presentation(general)

Japan’s education assistance through UNICEF

6th Comparative Education Society of Asia2007/01

Detail

Oral presentation(general)

Skills-based health education within the FRESH framework

Japan Association for International Health2006/10

Detail

Oral presentation(general)

Public-private partnerships to fight malaria

International Christian University COE Program "Research and Education for Peace, Security and Conviviality": Leadership of the UN System in Emerging Global Civil Society2006/03/16

Detail

Oral presentation(general)

Education cooperation for post-conflict reconstruction in Afghanistan

Osaka University Graduate School of Human Sciences Symposium “Education Cooperation for Post-Conflict Reconstruction”2003/10/29

Detail

Oral presentation(general)

Humanitarian assistance in Afghanistan before September 11: Its coverage and relevance

International Area Studies Conference IX "Between Knowledge and Commitment: Post-Conflict Peace-building and Reconstruction in Regional Contexts2003/01/18

Detail

Oral presentation(general)

Gender Issues in Technical & Vocational Education & Training (TVET) in Pakistan: A Case Study of the Government College of Technology at the Rail Road (GCT-RR) in Lahore

Yasushi KASUMA

XVII World Congress of Comparative Education Societies (WCCES)(World Congress of Comparative Education Societies (WCCES))2019/05/12

Detail

International conferenceOral presentation(general)Venue:Cancun

Ebola Virus Disease Outbreak in Guinea in 2014: Lessons Learnt for Global Health Policy

Yasushi KATSUMA

Academic Council on the United Nations System (ACUNS)(Academic Council on the United Nations System (ACUNS); Stellenbosch University)2019/06/20

Detail

Oral presentation(general)Venue:Stellenbosch

Universal Health Coverage (UHC) for the Sustainable Development Goal (SDG) 3: Opportunities for the EU and Japan to Collaborate towards the 2019 UN High-Level Meeting on UHC

Yasushi KATSUMA

EU-Japan Dialogues in a Changing World(Waseda University; Université libre de Bruxelles (ULB))2019/06/04

Detail

International conferenceOral presentation(general)Venue:Tokyo

The G7 and the SDGs: What Role for Think Tanks?

Yasushi KATSUMA

World Health Summit Geneva Meeting2016/04/19

Detail

International conferenceOral presentation(general)Venue:Geneva International Conference Centre

Education as the Engine of Human Rights, Sustainable Development and Global Citizenship

Yasushi KATSUMA

Academic Council of the United Nations System (ACUNS) 2016 Annual Meeting: Meeting the Challenges of Development and Dignity(Academic Council of the United Nations System (ACUNS))2016/06/17

Detail

International conferenceOral presentation(general)Venue:Fordham University, New York

Development Strategies in Achieving the Sustainable Development Goals (SDGs): Global Health Governance and Partnerships

Yasushi KATSUMA

Trilateral Cooperation in Higher Education: Perspectives from Brazil, Japan and South Korea(Universidade Federal de Minas Gerais)Invitation Yes2016/09/27

Detail

International conferenceOral presentation(invited, special)Venue:Universidade Federal de Minas Gerais

Rethinking Global Health Governance: Lessons Learned from the Ebola Outbreak in West Africa

Yasushi KATSUMA

Beijing Forum 2016: The Harmony of Civilizations and Prosperity for All(Beijing Forum)Invitation Yes2016/11/05

Detail

International conferenceOral presentation(invited, special)Venue:Peking University, Yingjie Exchange Center

ASEAN’s mutual recognition arrangement (MRA): Its implications for the mobility of nursing services professionals within Southeast Asia

Yasushi KATSUMA

Advancing a global network for migration research: Joint Workshop of the Chinese University of Hong Kong, University of Duisburg-Essen and Waseda University(Waseda University)2017/06/08

Detail

International conferenceOral presentation(invited, special)Venue:Tokyo: Waseda University

Global health diplomacy to promote UHC at the 2019 Osaka G20 Summit: Reflection on 2019 G20 Osaka Summit

Yasushi KATSUMA

The 3rd symposium on the roles of Germany and Japan in global health(Japanisch-Deutsches Zentrum Berlin)2019/10/25

Detail

International conferenceOral presentation(general)Venue:Berlin: Japanisch-Deutsches Zentrum Berlin

Norm diffusion of universal health coverage (UHC) through global health diplomacy

Yasushi KATSUMA

JSPS Core-to-Core Program A. Seminar “SDGs and Norm Diffusion”(Waseda University and Université libre de Bruxelles)2019/11/01

Detail

International conferenceOral presentation(general)Venue:Tokyo: Waseda University

Global health diplomacy and international cooperation to promote universal health coverage (UHC) in Achieving SDG Goal 3

Yasushi KATSUMA

The 4th International Symposium on Development Cooperation & Evaluation(Seoul National University Graduate School of Public Administration)2019/11/07

Detail

International conferenceOral presentation(general)Venue:Seoul: Seoul National University

Data governance in achieving universal health coverage

Yasushi KATSUMA

The 19th Trilateral East Asian Seminar on the United Nations System “Multilateralism in East Asia and the United Nations”(Korea Academic Council on the United Nations System (KACUNS))2019/11/08

Detail

International conferenceOral presentation(general)Venue:Seoul: Korea Foundation for Advanced Studies

Work ・Software ・ Teaching Material ・ Field Work etc.

Peace-building in Sri Lanka

Field Work2014/03-

Humanitarian responses to the Syrian crisis and Syrian refugees in Jordan and Turkey

Field Work2013/11-2013/12

Gender and human rights in Gujarat, India

Field Work2012/03-

Health system for HIV/AIDS and malaria in Ethiopia and Senegal

Field Work2011/05-

Gender and human rights in Assam, India

Field Work2011/02-2011/03

International cooperation for basic education in Kenya

Field Work2006/09-

Monitoring and Evaluation of UNICEF programs in Afghanistan

Field Work2000/05-2001/12

Social Policy Programme in Mexico

Field Work1999/01-2000/05

Child Protection Project in Mexico

Field Work1998/03-1998/12

Microfinance for microenterprises of low-income people in Bolivia

Field Work1995-1996

Community Research at the Carribean coast of Honduras

Field Work1985/04-1985/06

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

Gender Dynamics of International Regime

Allocation Class:¥30030000

Research Classification:

The Rise of China and India and its Impacts on Neighboring Asia: Dialectical Dynamics of Domestic Politics and International Relations

2014/-0-2017/-0

Allocation Class:¥35100000

Research Classification:

Study on Human Security of Children

2013/-0-2016/-0

Allocation Class:¥3770000

On-campus Research System

Special Research Project

ポスト・ミレニアム開発目標をめぐる国際開発政策とグローバル・ガバナンス

2013

Research Results Outline: ミレニアム開発目標(MDGs)が設定された2000年には国家や国際機関が主な国際開発のアクターとされる傾向があったが,今日ではNGOや民間企業もます ミレニアム開発目標(MDGs)が設定された2000年には国家や国際機関が主な国際開発のアクターとされる傾向があったが,今日ではNGOや民間企業もますます重要な開発パートナーとして位置づけられている。そこで、とくに官民連携(PPP)の可能性に注目し... ミレニアム開発目標(MDGs)が設定された2000年には国家や国際機関が主な国際開発のアクターとされる傾向があったが,今日ではNGOや民間企業もますます重要な開発パートナーとして位置づけられている。そこで、とくに官民連携(PPP)の可能性に注目しながら、国際開発をめぐるグローバル・ガバナンスの新しいあり方について研究を深めてきた. 研究報告としては、日本国際連合学会2013年度研究大会(関西学院大学,2013年6月29日)において「国際開発レジームと正義」と題して、ミレニアム開発目標(MDGs)レビュー・サミット in Tokyo『貧困と格差のない日本と世界をつくるために、いま、できること』(日比谷コンベンションホール、2013年9月11日)において「ミレニアム開発目標(MDGs)の過去・現在と成果・課題」と題して、第1回持続可能な開発目標(SDGs)に関するワーキング・グループ(航空会館、2013年11月7日)において「ミレニアム開発目標(MDGs)からの教訓」と題して行った。 招待講演・報告としては、The 3rd Annual Conference of the Japan Association for Human Security Studies (慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス、2013年9月22日)において“Operationalizing the Concept of Human Security in an Era of Sustainability”と題して、Global Health Series Forum: Trends of Health Mechanism and Strategies in Global Development Agenda (at Cathay Financial Conference Hall, Taipei, 2013年11月1日)において“A Human Security Approach to Health: Putting People First in the Multi-Sectoral and Multi-Stakeholder Global Human Development Agenda”と題して行った。

東アジアにおける国際開発ガバナンスの模索~ASEAN共同体への日・韓・中の協力

2014

Research Results Outline: 本研究の最終的な目標は、①2015年までに達成すべきミレニアム開発目標(MDGs)と「リオ+20」会議で提唱された持続可能な開発目標(SDGs)との 本研究の最終的な目標は、①2015年までに達成すべきミレニアム開発目標(MDGs)と「リオ+20」会議で提唱された持続可能な開発目標(SDGs)との整合性に配慮しながら、「2015年以降の開発アジェンダへ向けた東アジア地域協力政策」研究へ貢献する... 本研究の最終的な目標は、①2015年までに達成すべきミレニアム開発目標(MDGs)と「リオ+20」会議で提唱された持続可能な開発目標(SDGs)との整合性に配慮しながら、「2015年以降の開発アジェンダへ向けた東アジア地域協力政策」研究へ貢献することである。この目標へ向けて、より具体的な目的として、②東南アジア諸国の国内におけるMDGsの現状を把握し,国内格差などの問題を分析し、今後の課題を明らかにしようとする。次に、③MDGs設定時の2000年には国家や国際機関が主たる国際開発の行為主体(アクター)とされる傾向があったが,今日ではNGOや民間企業も重要な開発パートナーと位置づけられることを踏まえ,ASEAN共同体へ向けた「東アジア地域における国際開発ガバナンス」の新しいあり方を模索する。 2014年度における研究成果としては、主なものとして以下をあげることができる。まず、研究報告であるが、2回にわたって国際会議において発表を行った。2014年12月14日、同志社大学において、日中韓それぞれの国連学会が合同で開催した国連システムに関する第14回国連セミナーにおいて、報告を行った。次に、2015年1月28日、バンコクにおいて、タイ政府が主催するマヒドン王子賞会議において、報告を行った。

東アジアにおける国際開発ガバナンスの模索~ASEAN共同体への日・韓・中の協力

2014

Research Results Outline: 本研究の最終的な目標は、①2015年までに達成すべきミレニアム開発目標(MDGs)と「リオ+20」会議で提唱された持続可能な開発目標(SDGs)との 本研究の最終的な目標は、①2015年までに達成すべきミレニアム開発目標(MDGs)と「リオ+20」会議で提唱された持続可能な開発目標(SDGs)との整合性に配慮しながら、「2015年以降の開発アジェンダへ向けた東アジア地域協力政策」研究へ貢献する... 本研究の最終的な目標は、①2015年までに達成すべきミレニアム開発目標(MDGs)と「リオ+20」会議で提唱された持続可能な開発目標(SDGs)との整合性に配慮しながら、「2015年以降の開発アジェンダへ向けた東アジア地域協力政策」研究へ貢献することである。この目標へ向けて、より具体的な目的として、②東南アジア諸国の国内におけるMDGsの現状を把握し,国内格差などの問題を分析し、今後の課題を明らかにしようとする。次に、③MDGs設定時の2000年には国家や国際機関が主たる国際開発の行為主体(アクター)とされる傾向があったが,今日ではNGOや民間企業も重要な開発パートナーと位置づけられることを踏まえ,ASEAN共同体へ向けた「東アジア地域における国際開発ガバナンス」の新しいあり方を模索する。 2014年度における研究成果としては、主なものとして以下をあげることができる。まず、研究報告であるが、2回にわたって国際会議において発表を行った。2014年12月14日、同志社大学において、日中韓それぞれの国連学会が合同で開催した国連システムに関する第14回国連セミナーにおいて、報告を行った。次に、2015年1月28日、バンコクにおいて、タイ政府が主催するマヒドン王子賞会議において、報告を行った。

国際保健における官民パートナーシップ~企業の社会的責任(CSR)とBoPビジネス

2015Collaborator:仲佐保

Research Results Outline:2015年6月に国際保健医療学会の東日本地方会に、2016年2月に国際保健医療学会の西日本地方会に参加し、意見交換を行った。また、2015年11 月に2015年6月に国際保健医療学会の東日本地方会に、2016年2月に国際保健医療学会の西日本地方会に参加し、意見交換を行った。また、2015年11 月にジュネーブにあるGraduate Institute of International and D...2015年6月に国際保健医療学会の東日本地方会に、2016年2月に国際保健医療学会の西日本地方会に参加し、意見交換を行った。また、2015年11 月にジュネーブにあるGraduate Institute of International and Development Studiesに招かれ、Global Health Think Tanks and Academic Institutionsに関する国際会議において、発表を行った。研究成果物の一つとして、”Global Health Governance: Analysis and Lessons Learned from the Ebola Virus Disease Outbreak and the Identification of Future Response Options (Summary)”(共著)を公開している。今後は、国際的な学術ジャーナルでの掲載を目指して投稿する予定である。

感染症対策をめぐるグローバルヘルス・ガバナンス~エボラ出血熱への対応を事例として

2016

Research Results Outline: 2014年、エボラ出血熱は、西アフリカで多くの命を奪った。2016年1月までに、2万8千人以上の感染者、1万1千人以上の死亡者を出さなくてはならなか 2014年、エボラ出血熱は、西アフリカで多くの命を奪った。2016年1月までに、2万8千人以上の感染者、1万1千人以上の死亡者を出さなくてはならなかったのは、なぜか?この疑問へ回答するため、2015年度、ニューヨークで国連に、ジュネーブで世界保健... 2014年、エボラ出血熱は、西アフリカで多くの命を奪った。2016年1月までに、2万8千人以上の感染者、1万1千人以上の死亡者を出さなくてはならなかったのは、なぜか?この疑問へ回答するため、2015年度、ニューヨークで国連に、ジュネーブで世界保健機関(WHO)や国境なき医師団に、ギニアの首都コナクリで回復者・医療従事者・政府・NGO・国連機関にインタビューを実施した。 本研究では、まず、西アフリカにおける感染拡大とそれへの対応の経緯を振り返った。そして、①なぜWHOは「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(Public Health Emergency of International Concern: PHEIC)」を宣言するのに遅れたか?、②なぜ国連事務総長は国連エボラ緊急対応ミッション(UN Mission for Ebola Emergency Response: UNMEER)を設置しなくてはならなかったのか?、という二つの研究問題に答えた。そのうえで、ギニアの事例から得られる教訓をもとに、グローバルヘルス・ガバナンスを改善するため、いくつかの提案をおこなった。 主な研究成果は、以下の論文として刊行された。Yasushi Katsuma (2017). "Ebola virus disease outbreak in Guinea in 2014: Lessons learnt for global health policy," Journal of Asia-Pacific Studies, No.28, pp.45-51.

武力紛争の影響下にある子どもの安全保障

2016

Research Results Outline: 本研究では、武力紛争の影響下にある子どもに焦点を絞り、「子どもの安全保障」学(child security studies)の構築を進めた。これまで 本研究では、武力紛争の影響下にある子どもに焦点を絞り、「子どもの安全保障」学(child security studies)の構築を進めた。これまでの「人間の安全保障(human security)」をめぐる政策的および理論的な発展を踏まえたうえ... 本研究では、武力紛争の影響下にある子どもに焦点を絞り、「子どもの安全保障」学(child security studies)の構築を進めた。これまでの「人間の安全保障(human security)」をめぐる政策的および理論的な発展を踏まえたうえで、平和・人権・開発という三つの領域を統合的にとらえる学際的なアプローチを用い、武力紛争の影響下にある子どもの安全という課題を分析するためのモデルを試案した。そして、そのモデルの有効性を実証的に検討するために、紛争後の復興期にあるネパールにおいてフィールド調査をおこなった。 研究成果の一部は、以下のとおりである。勝間靖(2016)「15章:国際協力における子どもを考える」内海成治編著『新版 国際協力論を学ぶ人のために』世界思想社、pp.334-352 (416).[ISBN: 978-4-7907-1674-7].

グローバルヘルス・ガバナンス~国際保健における官民パートナーシップ

2017

Research Results Outline: この研究の目的は,グローバルヘルス・ガバナンスにおいて重要となってきた、国際保健における官民パートナーシップ(PPP: public-private この研究の目的は,グローバルヘルス・ガバナンスにおいて重要となってきた、国際保健における官民パートナーシップ(PPP: public-private partnerships)について,(1)現状を把握して情報整理し,(2)その諸形態を類型化した... この研究の目的は,グローバルヘルス・ガバナンスにおいて重要となってきた、国際保健における官民パートナーシップ(PPP: public-private partnerships)について,(1)現状を把握して情報整理し,(2)その諸形態を類型化したうえで,(3)それぞれの類型における民間企業の国際保健への貢献のあり方を分析するためのモデル化を行うことであった。 研究成果の一部は、以下の報告書として刊行されている。 勝間靖(2018)「UNICEF調達について」国立国際医療研究センター国際医療協力局『途上国での国連機関を通じた医療機器の展開』国立国際医療研究センター国際医療協力局、2月、pp.4-18.

武力紛争の影響下にある子どもの安全保障

2017

Research Results Outline: 武力紛争の影響下にある子どもに焦点を絞りながら、ヨルダンにおける難民の置かれた状況を分析することをとおして、「子どもの安全保障」学の構築を進めた。こ 武力紛争の影響下にある子どもに焦点を絞りながら、ヨルダンにおける難民の置かれた状況を分析することをとおして、「子どもの安全保障」学の構築を進めた。これまでの「人間の安全保障」をめぐる政策的および理論的な発展を踏まえたうえで、平和・人権・開発という... 武力紛争の影響下にある子どもに焦点を絞りながら、ヨルダンにおける難民の置かれた状況を分析することをとおして、「子どもの安全保障」学の構築を進めた。これまでの「人間の安全保障」をめぐる政策的および理論的な発展を踏まえたうえで、平和・人権・開発という三つの領域を統合的にとらえる学際的なアプローチを用い、武力紛争の影響下にある子どもの安全という課題を分析するためのモデルを提示しようとした。そのモデルの有効性を実証的に検討するために、ヨルダンにおける難民が直面する複合的な脅威を事例として取り上げ、その脅威の現状を把握したのち分析すると同時に、武力紛争の影響下など、とくに脆弱な立場に置かれた子どもたちの生活環境を分析した。

グローバルヘルス・ガバナンス~国際保健における官民パートナーシップの展開

2018

Research Results Outline: この研究の目的は,グローバルヘルス・ガバナンスにおいて重要となってきた、国際保健における官民パートナーシップ(PPP: public-private この研究の目的は,グローバルヘルス・ガバナンスにおいて重要となってきた、国際保健における官民パートナーシップ(PPP: public-private partnerships)について,(1)現状を把握して情報整理し,(2)その諸形態を類型化した... この研究の目的は,グローバルヘルス・ガバナンスにおいて重要となってきた、国際保健における官民パートナーシップ(PPP: public-private partnerships)について,(1)現状を把握して情報整理し,(2)その諸形態を類型化したうえで,(3)それぞれの類型における民間企業の国際保健への貢献のあり方を分析するためのモデル化を行うことであった。 研究成果の一部は、以下の報告書として刊行されている。 山田順子・勝間靖(2018)「ASEANにおける相互承認協定(MRA)の動向と看護人材」国立国際医療研究センター国際医療協力局編『カンボジア・ラオス・ベトナム・ミャンマーにおける看護人材開発制度とASEANにおける相互認証協定(MRA)』(テクニカル・レポート11号)、12月、pp.6-10 (49).[ISBN: 978-4-909675-55-2] 国際開発学会編『国際開発学事典』丸善出版、2018年11月.[ISBN: 978-4-621-30340-5]

武力紛争の影響下にある子どもの安全保障

2018

Research Results Outline: 武力紛争の影響下にある子どもに焦点を絞りながら、暴力・人権侵害・貧困に直面する子どもや難民の置かれた状況を分析することをとおして、「子どもの安全保障 武力紛争の影響下にある子どもに焦点を絞りながら、暴力・人権侵害・貧困に直面する子どもや難民の置かれた状況を分析することをとおして、「子どもの安全保障」学の構築を進めた。これまでの「人間の安全保障」をめぐる政策的および理論的な発展を踏まえたうえで、... 武力紛争の影響下にある子どもに焦点を絞りながら、暴力・人権侵害・貧困に直面する子どもや難民の置かれた状況を分析することをとおして、「子どもの安全保障」学の構築を進めた。これまでの「人間の安全保障」をめぐる政策的および理論的な発展を踏まえたうえで、平和・人権・開発という三つの領域を統合的にとらえる学際的なアプローチを用い、武力紛争の影響下にある子どもの安全という課題を分析するためのモデルを提示しようとした。そのモデルの有効性を実証的に検討するために、女子や子ども難民が直面する複合的な脅威を事例として取り上げ、その脅威の現状を把握したのち分析すると同時に、武力紛争の影響下など、とくに脆弱な立場に置かれた子どもたちの生活環境を分析した。 研究成果の一部は、以下の書籍として刊行されている。 勝間靖編著『持続可能な社会をめざして〜私のSDGsへの取組み』国際書院、2018年9月(217).[ISBN: 978-4-87791-292-5] 国際開発学会[編]『国際開発学事典』丸善出版、2018年11月(613).[ISBN: 978-4-621-30340-5]

「人間の安全保障」論における人権・人道問題と国際開発課題への統合的なアプローチに関する研究

2006

Research Results Outline: 本研究では、まず、開発の理論と実践において人権が注目されるようになった理由を、三つの視角から解明した。第1に、社会開発が重視されるようになり、基礎的 本研究では、まず、開発の理論と実践において人権が注目されるようになった理由を、三つの視角から解明した。第1に、社会開発が重視されるようになり、基礎的な社会サービスへのアクセスこそが国際社会が達成すべきミレニアム開発目標だとされるようになった。第2... 本研究では、まず、開発の理論と実践において人権が注目されるようになった理由を、三つの視角から解明した。第1に、社会開発が重視されるようになり、基礎的な社会サービスへのアクセスこそが国際社会が達成すべきミレニアム開発目標だとされるようになった。第2に、国際法の分野において、「発展の権利」が近年に再び注目を浴び、その法理論を開発の政策と実践へ結びつける動きがある。そして、第3に、国連システム改革の文脈のなかで、開発において人権を主流化させる機運が高まっている。これらの三つの視角は、いわば国際開発論、国際人権論、国連改革論という異なる分野から、社会開発と人権との関係を見る視角だと言い換えることもできる。そして、それぞれに人権アプローチを採ろうとする。以上のような三つの視角から見ると、人権アプローチは、何らかの付加価値がある新しい知見をもたらそうとしているのだろうか?本研究では、以下の4点から、人権アプローチは私たちに何らかのパラダイム転換を迫っていることを示した。 (1)「発展の権利」による社会開発と人権との結合「発展の権利」は、自由権的人権と社会権的人権とを統合する包括的な人権アプローチである。そこでは、発展または開発とは人権そのものと捉えられる。つまり、社会開発には国際的に普遍性のある規範が付与されるようになった。その考え方が開発政策の形で具体化されたものとして、『国連ミレニアム宣言』とミレニアム開発目標とを位置づけていいのではないか。 (2)国連開発における人権の主流化グローバルなレベルでは国連開発グループを通して、それぞれの途上国においては国連開発援助枠組みというメカニズムを通して、開発における人権の主流化が進展している。その過程において、国連人権高等弁務官が重要な役割を果たしてきた。人権を侵害するような開発は論外なのは当然であるが、さらに踏み込んで、人権を実現するための手段として開発を捉える考え方が強くなってきた。 (3)基礎的社会サービスへの権利 vs ニーズ人権アプローチにおいては、基本ニーズ・アプローチと違い、子どもの生存・発達・参加などを権利として捉えたうえで、その権利の実現について義務を負う主体を想定している。そこでの考え方は、ニーズは満たされるものであるが、権利は普遍的に実現されるべき、というものである。その結果、「非差別」の原則からみて、格差を拡大するような開発協力は許容されないと同時に、最も脆弱な人びとのエンパワーメントを目指した支援を優先させなければならない。 (4)人間の安全保障これまで国家が自国の国民の安全を保障するという考え方が主流であった。しかし、グローバル化する子どもの性的搾取の問題や、ルワンダにおけるジェノサイドなど、国家安全保障の考え方では対応できない事象が多く認識されるようになってきた。こうした潮流において主張されるようになってきたのが「人間の安全保障」という考え方であり、国家が安全を保障できない場合には、国際社会がエンパワーメントと保護の観点から対応するように迫っている。その際、社会的「弱者」の保護へ向けての人道支援のほか、人権アプローチが有力な視点の一つとして浮上してくる。

感染症対策のための保健・環境衛生教育―HIV/エイズとマラリア予防を例として

2007

Research Results Outline: 「万人のための教育(Education for All: EFA)」世界会議が1990年にタイのジョムティエンで開催されて以来、基礎教育の拡充は国際 「万人のための教育(Education for All: EFA)」世界会議が1990年にタイのジョムティエンで開催されて以来、基礎教育の拡充は国際的に重要な目標となった。EFAに取り組むうえでの分野横断的な課題の一つとして、健康教育とライフスキ... 「万人のための教育(Education for All: EFA)」世界会議が1990年にタイのジョムティエンで開催されて以来、基礎教育の拡充は国際的に重要な目標となった。EFAに取り組むうえでの分野横断的な課題の一つとして、健康教育とライフスキル(生活技能)の普及がある。EFAの達成にとって、健康の課題を避けて通ることはできない。それは、子どもの教育と健康との間には密接な関係があるからである。このことは、例えばHIV/エイズの広がりによって教育システムそのものが崩壊しつつある地域があることからも明らかであろう。しかしながら、これまで十分に取り組まれてきたとは言い難い。教育と健康の両者を、それぞれ別分野の課題として扱う傾向があり、分野横断的に捉えようとしてこなかったことが原因の一つではないかと思われる。以上のような背景から、本研究においては、健康教育という課題を中心に取り上げながら、教育と健康に関するグローバルな課題におけるライフスキルの意義に注目した。「世界教育フォーラム」が2000年にセネガルのダカールで開催されたが、そこで採択された『ダカール行動枠組み』においては、ライフスキルの普及が明示的に謳われた。子どもの教育と健康との関連性については長らく指摘されてきたが、それでは健康教育がどのように行われるべきかについては十分に議論されてこなかった。また、ライフスキルについても、その概念についてさえ、はっきりとした合意があるとは言えない。 研究成果としては、HIV/エイズに焦点を絞りながら、教育と健康をめぐって行われてきたこれまでの議論を整理した。まず、EFAを脅かすものとして、HIV/エイズを中心とした疾病の問題をあげた。例えば、具体的には、HIVに感染した教員が、教育の現場から離れざるを得ない事態が生じている。また同時に、HIV/エイズの影響を受けた子どもが、教育を受ける権利が収奪されている点についても指摘した。そして、次に、学校保健についての国際的なアプローチと、そこにおける健康教育の位置づけについて説明した。さらに、HIV/エイズに関連した健康教育のあり方について整理した。健康教育の内容と方法について、ライフスキルを重視した視点から見た。そして、最後に、2000年のミレニアム・サミットと国連特別総会において採択された『国連ミレニアム宣言』と、それに派生する「ミレニアム開発目標」の達成を国際社会が目指す中で、国際教育の目標と国際保健の目標との双方を繋ぐ概念として、EFAの議論の中から発展してきたライフスキルが重要な役割を果たすことを論じた。

国際保健のグローバル・ガバナンス―ミレニアム開発目標へ向けた国連と民間企業の連携

2007

Research Results Outline: 「ミレニアム開発目標」の目標1のうち、極度の貧困(1日あたり1ドル未満)で生活する人口比率は、3分の1(1990年)から5分の1(2004年)へと低 「ミレニアム開発目標」の目標1のうち、極度の貧困(1日あたり1ドル未満)で生活する人口比率は、3分の1(1990年)から5分の1(2004年)へと低下しており、2015年までの目標の達成が見込まれる。しかし、サブサハラ・アフリカを見ると、46.8... 「ミレニアム開発目標」の目標1のうち、極度の貧困(1日あたり1ドル未満)で生活する人口比率は、3分の1(1990年)から5分の1(2004年)へと低下しており、2015年までの目標の達成が見込まれる。しかし、サブサハラ・アフリカを見ると、46.8%(1990年)から41.1%(2004年)までしか減少しておらず、2015年までの半減は困難だと言われている。また、目標2の初等教育における就学率は、途上国全体では80%(1991年)から88%(2005年)へと上がっている。サブサハラ・アフリカだけを見ても、54%(1991年)から70%(2005年)へと比較的順調に上昇しているが、それでもこのままのペースでは初等教育の完全普及は難しい。このように、サブサハラ・アフリカでの「ミレニアム開発目標」の達成の難しさがデータで示されている。 本研究では、とくに国際保健の分野に注目したが、やはり、そこでもサブサハラ・アフリカにおける課題が見えてくる。目標4については、5歳未満児の死亡率は世界的に減少傾向にある。出生1,000人あたりの5歳未満児の死亡を見ると、1990年に106人だったのが、2005年には83人へと減っている。しかし、サブサハラ・アフリカでは、出生1,000人あたり166人と依然として高い数値を示している。多くは予防可能な疾病によるものであるが、とくにアフリカにおいてはマラリアが第1の死因となっていることは注目される。 目標6のターゲットの1つがマラリアに関するものである。また「ミレニアム開発目標」に加えて、アフリカの政府首脳によるイニシアティブとして『アブジャ宣言』(2000年)がある。ここでは、2005年までに妊産婦と5歳未満児への殺虫処理済みの蚊帳の普及率を60%まで上昇させることがターゲットとされたが、達成した国はわずか(マラウィ、ザンビアなど)であった。サブサハラ・アフリカ全体において、殺虫処理済み蚊帳の下で寝ている5歳未満児の比率は5%でしかなく、従って、2010年までの目標値である80%の達成は困難だと考えられている。目標6のもう1つのターゲットは、HIV/エイズに関するものである。国連合同エイズ計画(UNAIDS)と世界保健機関(WHO)の報告書は、最近になって数値を下方修正したが、それでも、エイズによって命を失う人びとの数は、2007年に世界全体で210万人であった。そのうちの210万人はサブサハラ・アフリカであった。HIVとともに生きる人びとは、3,320万人(2007年)で、サブサハラ・アフリカだけで2,250万人(2007年)を占めた。2007年の新たなHIV感染者は、世界全体で210万人であったが、そのうち160万人がサブサハラ・アフリカであった。 本研究では、子どもの健康と教育の視点から、サブサハラ・アフリカにおいて何を優先すべきかについて、マラリアとHIV/エイズを中心に議論した。とくに、マラリア予防のための蚊帳の普及と、HIV感染予防のための健康教育を取り上げた。そして、両者に共通して必要とされる戦略として、パートナーシップを重視すべきことを論じた。

ミレニアム開発目標とグローバル・ガバナンス―国際保健における国連と企業の連携―

2008

Research Results Outline: 5歳未満の子どもの死因の多くは、予防可能な疾病である。肺炎を含む呼吸器系の感染症(29%)、下痢症(17%)、マラリア(8%)、はしか(4%)、母子 5歳未満の子どもの死因の多くは、予防可能な疾病である。肺炎を含む呼吸器系の感染症(29%)、下痢症(17%)、マラリア(8%)、はしか(4%)、母子感染によるエイズ(3%)が主な疾病であるが、すべての死の半分において低栄養も要因となっている。工業... 5歳未満の子どもの死因の多くは、予防可能な疾病である。肺炎を含む呼吸器系の感染症(29%)、下痢症(17%)、マラリア(8%)、はしか(4%)、母子感染によるエイズ(3%)が主な疾病であるが、すべての死の半分において低栄養も要因となっている。工業国では予防されている疾病が、途上国においては未だに猛威を振るっている。とくにアフリカにおいてはマラリアが第1の死因となっている。マラリアによって、世界の107の国や領土に住む32億人もの人びとが危険にさらされている。また、地球温暖化によって、最大で4億人が新たにマラリアの危機に直面するという。こうした感染症は、人間の安全を脅かしている。 マラリアは、貧困の結果であると同時に、貧困の原因でもある。アフリカはマラリアによって毎年120億米ドルの国内総生産を損失していると推定される。また、マラリア患者をもつ世帯は、限られた所得から治療費を捻出しなくてはならず、貧しさから抜け出すことが難しい。さらに、マラリアで苦しむ子どもは、学習に集中できず、教育を受ける機会を失う傾向にある。その結果、貧困が次世代へと引き継がれ、悪循環が起こる。 2000年の国連総会で『国連ミレニアム宣言』が採択された。2015年までに国際社会が達成すべき「ミレニアム開発目標(MDGs)」が設定された。具体的には、「極度の貧困と飢餓の軽減」「初等教育の完全普及」「ジェンダー平等と女性の地位向上」「乳幼児死亡の削減」「妊産婦の健康の改善」「HIV/エイズ、マラリアなどの疾病の蔓延防止」などである。2008年は、MDGsの達成年限である2015年に至る中間年でもある。日本は、第4回アフリカ開発会議(5月)と北海道洞爺湖G8サミット(7月)の開催国として、「人間の安全保障」の視点からグローバル・ヘルスの国際政策形成に貢献した。その結果、『国際保健に関する洞爺湖行動指針』においては、1億張りの蚊帳の供与が掲げられた。 MDGsへ向けてすぐに結果を出せる行動の一つとして、子どもへの蚊帳の配布を挙げられる。途上国の現場における実際の配布では、NGOなどによって社会的マーケティングの手法が使われることが多い。こうしたなか、民間企業の技術革新によって、長期残効殺虫蚊帳と呼ばれる新しい蚊帳が開発された。これは、高い殺虫効果が5年持続する蚊帳である。WHOが最初に承認したのは、(株)住友化学が開発した「オリセット」と呼ばれる蚊帳である。この生産量が増え、単価が下がり、アフリカの一般の人びとが入手可能になることが期待される。しかし現時点では、市場が十分に形成されていないため、途上国による努力に加えて、ユニセフのような国際機関による調達が必要である。また、そのためには工業国からの資金協力も不可欠である。蚊帳の技術革新と普及においては、産官民パートナーシップが求められているが、そのためには学際的な研究が重要だと考えている。

Foreign Countries Research Activity

Research Project Title: グローバル・ガバナンスの研究

2011/08-2012/08

Affiliation: ジョージワシントン大学(アメリカ)

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Regional Governance and Cooperation in Asia (E)Graduate School of Asia-Pacific Studies2019spring quarter
Experiences in Global Cooperation of Japan(E)Graduate School of Asia-Pacific Studies2019fall quarter
Experiences in Development of Japan in International Society(E)Graduate School of Asia-Pacific Studies2019spring quarter
International Human Rights and Human Security (J)Graduate School of Asia-Pacific Studies2019spring quarter
International Human Rights and Human Security (E)Graduate School of Asia-Pacific Studies2019spring quarter
Human Development and the Sustainable Development Goals (SDGs) (E)Graduate School of Asia-Pacific Studies2019fall quarter
Human Development and the Sustainable Development Goals (SDGs) (J)Graduate School of Asia-Pacific Studies2019fall quarter
Peace, Human Rights and Social Development in Less Developed Countries (MA Seminar) Graduate School of Asia-Pacific Studies2019spring term@summer term
Peace, Human Rights and Social Development in Less Developed Countries (MA Seminar)Graduate School of Asia-Pacific Studies2019fall term@winter term
Social Development and International Human Rights (PhD Research Guidance)Graduate School of Asia-Pacific Studies2019spring term@summer term
Social Development and International Human Rights (PhD Research Guidance)Graduate School of Asia-Pacific Studies2019fall term@winter term
Theory and Practice of International Cooperation 2Global Education Center2019winter quarter

Waseda Course Channel Video Service

Course TitleFacultyPublication Year

Teaching Methods And Education And Presentation on Practice, Lectures, etc.

United Nations University Global Seminar Japan: 2014 Shonan Session

2014/09

Detail

Outline:The United Nations New Challenges to Global Security

United Nations University Global Seminar Japan: 2009 Shonan Session

2009/08

Detail

Outline:Global Challenges and East Asian Responses

United Nations University Global Seminar Japan: 2004 Hokkaido Session

2004/08

Detail

Outline:International Cooperation and Education: From the Perspective of Human Security

Others Educational Activity

Visiting Professor, JETRO Institute of Developing Economies Advanced School

Detail

Outline:Social development

Part-time Lecturer, Graduate School of Human Sciences, Osaka University

Detail

Outline:Volunteer society

Part-time Lecturer, Graduate School of International Development, Nagoya University

Detail

Outline:Education and health

Part-time Lecturer, Tokyo University of Foreign Studies

Detail

Outline:Global governance

Part-time Lecturer, Faculty of Letters and Education, Ochanomizu University

Detail

Outline:Comparative education

Part-time Lecturer, International Christian University

Detail

Outline:United Nations studies

Part-time Lecturer, Keisen University

Detail

Outline:Social development

Social Contribution

Jam the World(FMラジオ:J-WAVE)

2014/07-

めざましテレビ(フジテレビ)

2010/08-

きょうの世界(NHK BS1)

2009/03-

きょうの世界(NHK BS1)

2009/03-

What's on Japan (NHK World TV)

2008/05-

ご存知ですか〜くらしナビ最前線[政府広報](日本テレビ)

2007/04-

ニュース10(NHK)

2003/11-

おはよう世界のトップニュース(NHK BS)

2002/01-

ニュース10(NHK)

2002/01-

週刊子どもニュース(NHK)

2001/12-

徹子の部屋(テレビ朝日)

2001/10-

ニュース10(NHK)

2001/09-