Name

TOBA, Koji

Official Title

Professor

Affiliation

(School of Humanities and Social Sciences)

Contact Information

Mail Address

Mail Address
toba@y.waseda.jp

URL

Web Page URL

http://www.f.waseda.jp/toba/

https://orcid.org/0000-0002-0139-6161

Grant-in-aids for Scientific Researcher Number
90346586
ORCID ID
0000-0002-0139-6161

Educational background・Degree

Educational background

-1991 Hokkaido University Faculty of Literature
-2005 Waseda University Graduate School, Division of Letters

Degree

Ph. D. in Literature Coursework Waseda University Japanese literature

MA in Literature Coursework Waseda University Japanese literature

Career

2002-2004Assistant Professor, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima
2004-2007Associate Professor, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima
2007-2009Associate Professor, Institute of Socio-Arts and Sciences, The University of Tokushima
2009-2011Associate Professor, Faculty of Letters, Arts and Sciences, Waseda University
2011-Professor, Faculty of Letters, Arts and Sciences, Waseda University

Academic Society Joined

Association for Modern Japanese Literary Studies

Interview Guide

Category
Humanities
Research Field
Modern Japanese Literature, Postwar Cultural Movement, Documentary, Reportage
Keywords
Sakamoto Kyu, Tokyo Tower, Early TV dramas

Research Field

Keywords

Avant-garde,Reportage,Postwar Literature,Art Movement,Abe Kobo,Sugiura Minpei,Documentary Film

Grants-in-Aid for Scientific Research classification

Humanities / Literature / Japanese literature

Paper

On the Relationship between Documentary Films and Magic Lanterns in 1950s Japan

Koji Toba

Arts Peer Review Yes 8(2) p.64-1 - 64-102019/05-2019/05

DOIlink

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:2076-0752

Outline:In this paper, I explore three cases from postwar Japanese media history where a single topic inspired the production of both documentary films and magic lanterns. The first example documents the creation of Maruki and Akamatsu’s famed painting Pictures of the Atomic Bomb. A documentary and two magic lantern productions explore this topic through different stylistic and aesthetic approaches. The second example is School of Echoes, a film and magic lantern about children’s education in rural Japan. The documentary film blurs distinctions between the narrative film and documentary film genres by utilizing paid actors and a prewritten script. By contrast, the original subjects of the documentary film appear as themselves in the magic lantern film. Finally, the documentary film Tsukinowa Tomb depicts an archeological excavation at the site named in the title. Unlike the monochrome documentary film, the magic lantern version was made on color film. Aesthetic and material histories of other magic lanterns include carefully hand-painted monochrome films. Monochrome documentary films in 1950s Japan tended to emphasize narrative and political ideology, while magic lantern films projected color images in the vein of realism. Through these examples of media history, we can begin to understand the entangled histories of documentary film and magic lanterns in 1950s Japan.

"Meiji Centennial" and The Ghost of Future Republic: On The Dramatization of Abe Kobo's "Enomoto Takeaki"

Koji Toba

Kokubungaku Kenkyu Peer Review Yes (187) p.68 - 792019/03-2019/03

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:0389-8636

Richard F. Calichman, Beyond Nation: Time, Writing and Community in the Work of Abe Kōbō. Stanford: Stanford University Press, 2016.

Koji Toba

NIHON KENKYŪ (56) p.218 - 2212017/10-2017/10

DOIlink

Detail

ISSN:9150900

Kaiko Takeshi and New York City

Koji Toba

Weekly NY Life (646) p.16 - 162017/09-

link

Abe Kobo and New York City

Koji Toba

Weekly NY Life (639) p.16 - 162017/07-

link

Detail

Publish Classification:Research paper(others)

Book Review: The Association for Japanese Social Literature, ed., The Thirty Years of Social Literature: The Bubble Economy, the End of the Cold War, and the 2011 Tohoku Earthquake

Koji Toba

Japanese Literature Peer Review Yes 66(4) p.92 - 932017/04-2017/04

The Documentary Film, the Television, and the Subculture : The Present Situations in Research and Archival Materials

Koji Toba

Modern Japanese Literary Studies Peer Review Yes (94) p.212 - 2182016/05-

DOIlink

On Koike Reiko and Nakagawa Hiroto-sensei

Koji Toba

Tachibana (71) p.6 - 72016/03-2016/03

link

Abe Kobo and Asahikawa

Koji Toba

(16) p.6 - 62015/12-

link

The Magic Lantern Show as "Record": Mobility in Social Movement Media

Toba Koji, translated by Thomas Kabara

SPUTNIK p.55 - 572015/10-

50th Anniversary of Edogawa Rampo's Death – A Significant Relay Point

Koji Toba

2015/10-

link

The Language Universe of Meian (Light and Dark)

Kunihiko Nakajima, Koji Toba, Emmanuel Lozerand, Yuha Park, Toshiyuki Horie, Mimi Hachikai, Takashi Minamoto, Keita Koyama

Waseda RILAS Journal 3p.449 - 4592015/10-2015/10

link

Detail

ISSN:2187-8307

安部公房とテレビ——SFと「記録」

鳥羽耕史

AMC JOURNAL(AMCジャーナル 芸術情報センター活動報告書) 1p.142 - 1552015/03-

廃兵と原爆——大田洋子に見る戦争の記憶

鳥羽耕史

比較文学年誌 (51) p.62 - 702015/03-

書評 内藤由直著『国民文学のストラテジー——プロレタリア文学運動批判の理路と隘路』

鳥羽耕史

昭和文学研究 (70) p.55 - 572015/03-

日本研究における国際性とは

鳥羽耕史

早稲田大学国際日本文学・文化研究所(WIJLC) News Letter (7) p.4 - 42015/02-

地図で見る サークル文化の勃興

鳥羽耕史監修・文

週刊 新発見!日本の歴史 (45) p.16 - 172014/05-

辺境からFrontierへ——The Frontier Within: Essays by Abe Kōbō書評

鳥羽耕史

JunCture 超域的日本文化研究 (05) p.160 - 1622014/03-

Espoir under the Cold War: Confrontation with the Globalization of Nuclear Power

Koji Toba

The journal of Japanese Studies 33p.97 - 1092014/03-2014/03

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:02864207

Discussion

Shoya Unoda, Koji Toba, Chikanobu Michiba, Emiko Takeuchi, Jiyong Shin, Sonyun Hyon

The journal of Japanese Studies 33p.139 - 1452014/03-2014/03

link

Detail

Publish Classification:Research paper (research society, symposium materials, etc.) ISSN:02864207

安部公房の父・安部浅吉について

鳥羽耕史

郷土誌あさひかわ 55(1) p.38 - 402014/01-

『三人』から『VILLON』まで——富士正晴の同人誌

鳥羽耕史

徳島ペンクラブ選集 31p.20 - 232013/12-

安部公房と演劇、映画、テレビ、ラジオの仕事について

鳥羽耕史

郷土誌あさひかわ 54(3) p.34 - 352013/08-

安部公房が描いた2013年

鳥羽耕史

郷土誌あさひかわ 54(2) p.34 - 352013/04-

「実験場1950s」展レビュー

鳥羽耕史

(25) p.183 - 1992013/03-

商品としての/商品についての小説——開高健「巨人と玩具」と吉行淳之介「男と女の子」

鳥羽耕史

敍説 3(9) p.2 - 142013/03-

목각 連環画연환화 로 본 돈아시아의 連環연환 (木刻連環画にみる東アジアの連関)

도바 코지, 이선윤 번역 (鳥羽耕史、李先胤訳)

사막과 무늬 1p.62 - 722013/02-

安部公房の「天使」と岡本太郎の「電撃」——啓示としての過去の出現

鳥羽耕史

郷土誌あさひかわ 54(1) p.35 - 372013/01-

書評 友田義行著『戦後前衛映画と文学——安部公房×勅使河原宏』

鳥羽耕史

日本文学 61(9) p.72 - 732012/09-2012/09

DOIlink

Detail

ISSN:2424-1202

桂川寛さんのこと

鳥羽耕史

郷土誌あさひかわ 53(3) p.34 - 352012/07-

三島由紀夫と安部公房のボクシング——ラジオドラマの実験について

鳥羽耕史

三島由紀夫研究 (12) p.60 - 682012/06-

没後十九年目の安部公房研究

鳥羽耕史

郷土誌あさひかわ 53(2) p.46 - 472012/04-

安部公房原作映画「友達」のリバイバル上映

鳥羽耕史

郷土誌あさひかわ 53(2) p.24 - 272012/04-

メディア実験と他者の声——安部公房「チャンピオン」と「時の崖」

鳥羽耕史

国文学研究 Peer Review Yes (166) p.12 - 232012/03-

link

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:0389-8636

研究動向 ルポルタージュ

鳥羽耕史

昭和文学研究 (64) p.160 - 1622012/03-

For a New Understanding of "Hetakuso-Shi (poor Poems)": On the Characters of Sokoku no Suna (Sand of Homeland) and Keihin no Niji (The Rainbow of Keihin Industrial Zone) (With Tables of Contents and Index)

Koji Toba

Bulletin of the Graduate Division of Literature of Waseda University(Bulletin of the Graduate Division of Letters, Arts and Sciences of Waseda University). 3 (57) p.3 - 192012/02-2012/02

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution)

安部公房とバッタ塚——開高健「パニック」から「虫は死ね」へ

鳥羽耕史

郷土誌あさひかわ 53(1) p.32 - 342012/01-

まず「現場」があった——ルポルタージュの時代

池田龍雄、鳥羽耕史

あいだ (188) p.2 - 312011/11-

早稲田の安部公房

鳥羽耕史

郷土誌あさひかわ 52(4) p.32 - 332011/10-

安部公房から筒井康隆へ—パヴロフ的言語とフロイト的言語—

鳥羽耕史

国文学 解釈と観賞 76(9) p.98 - 1032011/09-

国際安部公房ワークショップ報告—ニューヨーク、京都から旭川へ—

鳥羽耕史

郷土誌あさひかわ 52(2) p.24 - 262011/04-

『人民文学』論—「党派的」な「文学雑誌」の意義—

鳥羽耕史

社会文学 (33) p.28 - 442011/02-

二十一世紀のガリ版刷『原爆詩集』—平和運動と「海賊版」—

鳥羽耕史

本の手帳 (10) p.46 - 492011/01-

The Table of Contents and Index of Seikatsu to Bungaku

Koji Toba

Journal of Language and Literature, The Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima 18p.35 - 592010/12-2010/12

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:13405632

The Aftermath of Japan Sinks : From the End of the Postwar Economic Miracle to the "Return to Japan" Movement of the 1990s

Koji Toba

Japanese Literature Peer Review Yes 59(11) p.14 - 262010/11-2010/11

DOIlink

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:2424-1202

書評 呉美姃著『安部公房の〈戦後〉 植民地経験と初期テクストをめぐって』

鳥羽耕史

昭和文学研究 (61) p.135 - 1372010/09-

『綜合文化』と花田清輝の芸術運動

鳥羽耕史

社会評論 (162) p.8 - 102010/07-

TAKEUCHI Emiko, Post-War Japan: The Conscience Known as Nakano Shigeharu

Koji Toba

Modern Japanese Literature (82) p.329 - 3322010/05-2010/05

link

Detail

ISSN:0549-3749

Memoirs and materials: The era of literary magazine "Jinmin Bungaku": an interview with the publisher, Shibazaki Kozaburo

Chikanobu Michiba, Koji Toba

Bulletin of the Faculty of Human Studies (3) p.209 - 2372010/03-2010/03

CiNiilink

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:18827292

合同研究会の経緯と成果

鳥羽耕史

Journal of Genbaku Literature (8) p.210 - 2122009/12-2009/12

link

太宰治と花田清輝—県立図書館で「生誕100年展」—

鳥羽耕史

徳島新聞 (23541) p.12 - 122009/09-

太宰治と徳島

鳥羽耕史

『太宰治資料展 照本勝紹コレクション』(徳島県立文学書道館) p.4 - 52009/08-

安部公房と北海道の荒野

鳥羽耕史

郷土誌あさひかわ 50(3) p.40 - 412009/07-

ガラスのかけらの痛み—新藤兼人監督の原爆映画—

鳥羽耕史

『新藤兼人監督に贈る』(ガリ版の灯を守る会) p.1 - 32009/06-

岡本太郎の徳島体験〈上〉〈下〉

鳥羽耕史

徳島新聞 (23429-23430) p.12 - 132009/06-

大西巨人と『現代芸術』

鳥羽耕史

『走り続ける作家 大西巨人』(福岡市文学館) p.30 - 302008/11-

世代論・座談会論・サークル論—花田清輝・吉本隆明論争—

鳥羽耕史

現代思想 36(11) p.144 - 1572008/08-

安部公房「砂の女」—性的な戦略について—

鳥羽耕史

国文学 解釈と鑑賞 73(4) p.121 - 1262008/04-

自著を語る—『運動体・安部公房』—

鳥羽耕史

IAS NEWS(徳島大学総合科学部広報) 13p.26 - 262008/04-

『新日本文学』の富士正晴

鳥羽耕史

CABIN (10) p.20 - 262008/03-

安部公房の起点〈上〉〈中〉〈下〉

鳥羽耕史

徳島新聞 (22981-22983) p.8,12,15 - 8,12,152008/03-

紙の中の不可耕土—開高健『ロビンソンの末裔』—

鳥羽耕史

昭和文学研究 (56) p.97 - 1102008/03-

私の一品一作—安部公房『壁』—

鳥羽耕史

ことのは (20) p.6 - 62008/01-

安部公房と四国

鳥羽耕史

郷土誌あさひかわ 49(1) p.40 - 412008/01-

戦後民衆精神史

成田龍一、道場親信、鳥羽耕史、池田雅人

現代思想 35(17) p.205 - 2292007/12-

書きたいテーマ・出したい本—「記録」の時代としての一九五〇年代—

鳥羽耕史

出版ニュース (2118) p.43 - 432007/12-

映像のスガモプリズン—「壁あつき部屋」と「私は貝になりたい」—

鳥羽耕史

現代思想 35(10) p.124 - 1372007/08-

正確な照準に捉えられた現在—書評『未完結の問い』(大西巨人 聞き手=鎌田哲哉)—

鳥羽耕史

思想運動 (785) p.7 - 72007/07-

The Role of Literary Museums: Exhibits on KISHI Yamaji and A Literary Age

Koji Toba

Modern Japanese Literature (76) p.339 - 3422007/05-2007/05

link

Detail

ISSN:0549-3749

キャッチャー・岡本太郎—〈夜の会〉前後の芸術運動—

鳥羽耕史

國文學 解釈と教材の研究 52(2) p.52 - 602007/02-

サークル誌ネットワークの可能性—『人民文学』と『新日本文学』から見る戦後ガリ版文化—

鳥羽耕史

昭和文学研究 (52) p.25 - 372006/03-

月曜書房版『壁』について—共同制作としての書物—

鳥羽耕史

国文学年次論文集『近代IV』 p.91 - 972006/02-

記録される現実をつくる記録—1950年代のダムとルポルタージュ—

鳥羽耕史

思想 (980) p.129 - 1432005/12-

実践としての寓話—安部公房とイソップ—

鳥羽耕史

国文学 解釈と鑑賞 70(11) p.72 - 772005/11-

エディター・富士正晴

鳥羽耕史

『竹林の隠者 富士正晴展』(徳島県立文学書道館) p.16 - 172005/06-

富士正晴の世界(1)〜(4)

鳥羽耕史

徳島新聞6月17日〜21日 2005/06-

The Table of Contents and Index of "Jinmin Bungaku"

Koji Toba

Journal of Language and Literature, The Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima 12p.91 - 1592005/02-2005/02

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:13405632

〈夜の会〉〈世紀の会〉〈綜合文化協会〉活動年表

鳥羽耕史

Tokushima Daigaku Kokugo Kokubungaku (17) p.14 - 342004/03-

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:09160280

Talking about and ABE Kobo: An interview with KATSURAGAWA Hiroshi

Koji Toba

Journal of Language and Literature, The Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima 11p.115 - 1502004/02-2004/02

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:13405632

S・カルマ氏の剽窃—「壁」のインターテクスチュアリティ—

鳥羽耕史

国文学研究 Peer Review Yes (141) p.57 - 672003/10-2003/10

link

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:0389-8636

安部公房の戦後—真善美社から〈世紀の会〉へ—

鳥羽耕史

國文學 解釈と教材の研究 48(5) p.32 - 392003/04-

『壁』関連テクストにおけるゴチック体—安部公房のタイポグラフィ—

鳥羽耕史

徳島大学国語国文学 (16) p.1 - 62003/03-2003/03

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution)

The Getsuyo-shobo version of "Kabe (The Wall)": A book as a collaboration

Koji Toba

Journal of Language and Literature, The Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima 10p.95 - 1072003/02-2003/02

link

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:13405632

何が「壁」なのか—安部公房「壁」についての書誌的ノート—(下)

鳥羽耕史

文藝と批評 9(5) p.52 - 652002/05-

「諷刺小説」から「ルポルタージュ」へ—杉浦明平『ノリソダ騒動記』の成立—

鳥羽耕史

昭和文学研究 (44) p.27 - 392002/03-

何が「壁」なのか—安部公房「壁」についての書誌的ノート—(上)

鳥羽耕史

文藝と批評 9(4) p.68 - 812001/11-

宮沢賢治フィルモグラフィー—二〇〇〇年一月〜一二月—

鳥羽耕史

宮沢賢治研究Annual (11) p.118 - 1192001/03-

'Dendrocacalia' and Avant-garde Art: Concerning "Transformation" of Kobo Abe

Koji Toba

Modern Japanese Literature Peer Review Yes (62) p.98 - 1112000/05-2000/05

link

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:0549-3749

ルポルタージュ・シリーズ『日本の証言』について—〈現在の会〉は何を見たのか—

鳥羽耕史

文藝と批評 8(10) p.41 - 571999/11-

宮沢賢治フィルモグラフィー—一九九八年一月—一二月—

鳥羽耕史作成、渡辺泰協力

宮沢賢治研究Annual (9) p.106 - 1071999/03-

二つの結婚式場をめぐって

鳥羽耕史

アクター (31) p.3 - 31999/03-

<家>と革命 : 安部公房『飢餓同盟』(近代部門,第十八回研究発表大会・発表要旨)

鳥羽耕史

Japanese literature 47(6) p.90 - 901998/06-1998/06

DOICiNiilink

Detail

Publish Classification:Research paper(others) ISSN:03869903

宮沢賢治フィルモグラフィー—一九九六年一月—一九九七年一二月—

鳥羽耕史作成、渡辺泰協力

宮沢賢治研究Annual (8) p.132 - 1421998/03-

安部公房「可愛い女」—可能性としてのミュージカルス—

鳥羽耕史

比較文化 3p.235 - 2501998/01-

安部公房『第四間氷期』—水のなかの革命—

鳥羽耕史

国文学研究 Peer Review Yes (123) p.106 - 1161997/10-1997/10

link

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:0389-8636

「国境」の思考—安部公房とナショナリティ—

鳥羽耕史

文藝と批評 8(5) p.41 - 501997/05-

安部公房「名もなき夜のために」—大山定一訳『マルテの手記』との関係において—

鳥羽耕史

比較文化 2p.473 - 4871996/11-

記録と芸術のあいだで—安部公房のルポルタージュ—

鳥羽耕史

(7) p.61 - 701995/03-

Books And Publication

A New History of Japanese "Letterature" Vol. 3 The Path from "Letters" to "Literature": A Comparative History of East Asian Literatures

KONO Kimiko, Wiebke DENECKE, SHINKAWA Tokio, JINNO Hidenori eds.(Sharing writing)

Bensey Shuppan2019/05-2019/05

LINK

Detali

Scholarly BookTotal Number of Pages:607Responsible Number of Pages:504-515ISBN:9784585294931ASIN:4585294937

Documentary Film Archives Series Vol.3 Images of Postwar Japan: Pollution, Youth Rebellion, and the Osaka Exhibition

Yoshiyuki NIWA and Shunya YOSHIMI, Editors(Sharing writing)

University of Tokyo Press2018/07-2018/07

LINK

Detali

Scholarly BookTotal Number of Pages:290Responsible Number of Pages:81-104ISBN:9784130032520ASIN:4130032526

18 Years in Prison, Kodansha Bungei Bunko

Tokuda Kyuichi, Shiga Yoshio(Other)

Kodansha2017/12-2017/12

LINK

Detali

Book(general)Total Number of Pages:189Responsible Number of Pages:170-189ISBN:978-4062903684ASIN:4062903687

Outline:Wrote a commentary "Postwar Booms of Communist Party and Prison Notebooks aWrote a commentary "Postwar Booms of Communist Party and Prison Notebooks a...Wrote a commentary "Postwar Booms of Communist Party and Prison Notebooks and '18 Years in Prison'"

Empire of censorship

(Sharing writing)

2016/02-2016/02

LINK

Detali

Scholarly BookTotal Number of Pages:646Responsible Number of Pages:390-416ISBN:9791156120650

『ひとびとの精神史 第3巻 六〇年安保――1960年前後』

栗原彬編(Sharing writing)

岩波書店2015/09-2015/09

LINK

Detali

Book(general)Total Number of Pages:341Responsible Number of Pages:233-258ISBN:9784000288033

『『現在』解説・解題 回想 総目次 索引』

鳥羽耕史、小田三月(Joint authorship)

三人社2015/07-2015/07

LINK

Detali

Total Number of Pages:97Responsible Number of Pages:5-59ISBN:978-4-908147-30

『杉浦明平 暗夜日記 1941-45 戦時下の東京と渥美半島の日常』

若杉美智子、鳥羽耕史編(Co-edit)

一葉社2015/07-2015/07

LINK

Detali

Book(general)Total Number of Pages:576Responsible Number of Pages:553-568ISBN:978-4-87196-057-1ASIN:4871960579

『文藝別冊 KAWADE夢ムック 生誕85年記念総特集 開高健 体験からの文学』

河出書房新社編集部編(Sharing writing)

河出書房新社2015/06-2015/06

LINK

Detali

Book(general)Total Number of Pages:252Responsible Number of Pages:68-74, 218-220ISBN:978-4-309-97861-1ASIN:4309978614

『「いま日鋼争議六〇年を語りつぐ集い」によせて』

鳥羽耕史(Sharing writing)

ぐりんぴーす2015/02-

Detali

OtherTotal Number of Pages:20Responsible Number of Pages:16-16

『『ルポルタージュ 日本の証言』解説・解題 関連参考資料』

鳥羽耕史(Single Author)

三人社2014/12-2014/12

LINK

Detali

ISBN:978-4-906943-90-6

『検閲の帝国——文化の統制と再生産』

紅野謙介、高榮蘭、鄭根埴、韓基亨、李惠鈴編(Sharing writing)

新曜社2014/08-2014/08

LINK

Detali

ISBN:978-4-7885-1401-0ASIN:478851401X

『記録映画アーカイブ2 戦後復興から高度成長へ 民主教育・東京オリンピック・原子力発電』(共著)

丹羽美之、吉見俊哉編

東京大学出版会2014/07-

Detali

ISBN:978-4-13-003251-3

『近代文学年表 増補版』(4版、共編)

年表の会(石崎等、石割透、大屋幸世、木谷喜美枝、中島国彦、鳥羽耕史)編

双文社出版2014/03-

Detali

ISBN:978-4-88164-093-7

『安部公房を語る 郷土誌「あさひかわ」の誌面から』(共著)

渡辺三子、田中スエコ編

あさひかわ社2013/12-

Detali

ISBN:978-4-9907525-0-7

『安部公房 メディアの越境者』(編著)

鳥羽耕史編

森話社2013/12-

Detali

ISBN:978-4-86405-055-5

『東北文学事典』(共著)

日本近代文学会東北支部編

勉誠出版2013/06-

Detali

ISBN:978-4-585-20016-1

『戦争を〈読む〉』(共著)

石川巧、川口隆行編

ひつじ書房2013/03-

Detali

ISBN:978-4-89476-644-0

『震災後に読む文学』(共著)

堀内正規編

早稲田大学出版部2013/03-

Detali

ISBN:978-4-657-13302-1

『生誕一〇〇年 杉浦明平の眼 ルポルタージュ——自己を見失わない生き方から小説・批評・エッセイへの軌跡』

田原市博物館編(Sharing writing)

田原市博物館2013/01-2013/01

LINK

Detali

Total Number of Pages:131Responsible Number of Pages:86-91

『現代社会学事典』(共著)

見田宗介顧問、大澤真幸、吉見俊哉、鷲田清一編

弘文堂2012/12-

Detali

ISBN:978-4-335-55148-2

『実験場1950s』(共著)

鈴木勝雄、桝田倫広、大谷省吾編

東京国立近代美術館2012/10-

Detali

ISBN:978-4-907102-00-5

『「戦後」日本映画論 一九五〇年代を読む』(共著)

ミツヨ・ワダ・マルシアーノ編

青弓社2012/10-

Detali

ISBN:978-4-7872-7324-6

『日本語文章・文体・表現事典(縮刷版)《文学編》小説・詩・短歌・俳句名作の表現[実例]鑑賞』(共著)

中村明、十重田裕一、宗像和重編

朝倉書店2012/06-

Detali

ISBN:978-4-254-51042-3

『記録映画アーカイブ1 岩波映画の1億フレーム』(共著)

丹羽美之、吉見俊哉編

東京大学出版会2012/05-

Detali

ISBN:978-4-13-003250-6

『アクター縮刷版 もうひとつの新劇史』(分担執筆「二つの結婚式場をめぐって」、p.113-113/212)

池田一臣編

現代劇センター真夏座2012/03-

『『人民文学』 解説・解題・回想・総目次・索引(DVD付)』(共著)

鳥羽耕史、道場親信、柴崎公三郎

不二出版2011/08-

Detali

ISBN:978-4-8350-6642-4

『杉浦明平を読む “地域”から“世界”へ—行動する作家の全軌跡』(共著)

別所興一、鳥羽耕史、若杉美智子

風媒社2011/08-

Detali

ISBN:978-4-8331-2074-6

『日本語文章・文体・表現事典』(共著)

中村明、佐久間まゆみ、高崎みどり、十重田裕一、半沢幹一、宗像和重編

朝倉書店2011/06-

Detali

ISBN:978-4-254-51037-9

『太宰治研究19』(共著)

山内祥史編

和泉書院2011/06-

Detali

ISBN:978-4-7576-0591-6

『貴司山治研究 〈「貴司山治全日記DVD版」別冊〉』(共著)

貴司山治研究会編

不二出版2011/01-

Detali

ISBN:978-4-8350-5989-1

『1950年代 「記録」の時代』(単著)

鳥羽耕史

河出書房新社2010/12-

Detali

ISBN:978-4-309-62423-5

『宮澤賢治イーハトヴ学事典』(共著)

天沢退二郎、金子務、鈴木貞美編

弘文堂2010/12-

Detali

ISBN:978-4-335-95037-7

『石川淳と戦後日本 日文研叢書』(共著)

ウィリアム・J・タイラー、鈴木貞美編

国際日本文化研究センター2010/04-

Detali

ISBN:978-4-623-05617-0

『石川淳と戦後日本 日文研叢書45』(共著)

ウィリアム・J・タイラー、鈴木貞美編

国際日本文化研究センター2010/03-

Detali

ISBN:978-4-901558-50-1

『KAWADE夢ムック 文藝別冊 開高健 生誕80年記念総特集』(共著)

河出書房新社2010/01-

Detali

ISBN:978-4-309-97729-4

『『綜合文化』解説・総目次・索引』(単著)

鳥羽耕史

不二出版2009/10-

Detali

ISBN:978-4-8350-5164-2

『戦後日本スタディーズ1 40・50年代』(共著)

岩崎稔、上野千鶴子、北田暁大、小森陽一、成田龍一編

紀伊國屋書店2009/09-

Detali

ISBN:978-4-314-01052-8

『運動体・安部公房』(単著)

鳥羽耕史

一葉社2007/05-

Detali

ISBN:978-4-87196-037-3

『現代女性作家読本5松浦理英子』(共著)

清水良典編

鼎書房2006/06-

Detali

ISBN:4-907846-36-3

Lecture And Oral

Precarity in School of Echoes

Koji Toba

Sixth Annual UCLA Trans-Pacific Workshop(UCLA Terasaki Center for Japanese Studies, Department of History, UCLA Asia Pacific Center)2019/06/07

Detail

International conferenceSymposium workshop panel(nominated)Venue:UCLA

Outline: I changed the title from the program.

Disabled Soldiers and Atomic Bomb Victims: Ota Yoko’s Representations of Wounds

Koji Toba

In Panel 168 "Voiced Trauma, Silenced Bodies: A Gendered Discourse of Violence in Twentieth-Century China and Japan" of The Annual Conference of Association for Asian Studies (AAS)(AAS)2019/03/22

Detail

International conferenceSymposium workshop panel(public)Venue:Denver

Session I: Questions of Ontology, Epistemology, Language

Robert Tierney, Shota Iwasaki, Joan Ericson, Ross King and Koji Toba

PASSING, POSING, PERSUASION: CULTURAL PRODUCTION AND COLONIALITY IN MODERN JAPANInvitation Yes2019/03/01

Detail

International conferenceSymposium workshop panel(nominated)Venue:University of British Columbia

Outline: Participated as a discussant.

The Year of Revolt or "100th Year of Meiji"?: On The Cultural Spectrum of 1968 in Japan

Koji Toba

Words and Violence: Global History of the 1968 Protests in Japan and its Contemporary Meaning2018/08/21

Detail

Venue:Leiden University

"100th Year of Meiji" and Abe Kobo: On the Dramatization of Enomoto Takeaki

Koji Toba

Trans-Pacific Workshop2018/06/09

Detail

Venue:Washington University

Abe Kobo and Experimental TV Dramas in Postwar Japan

Koji Toba

2018/06/06

Detail

Venue:UC Santa Barbara SSMS 2135

Abe Kobo and his consciousness of ethnicity

Koji Toba

The Poetics of Passing: Interrogating Self-Fashioning as the Other in Zainichi Cultural Production2018/04/20

Detail

Venue:Michigan State University

Past, Self, and Community: The Repetition and The Renewal of Abe Kōbō

Koji Toba

UCLA Trans-Pacific Workshop2017/06/10

Colonial Afterlives: From Abe Kōbō to "Sukiyaki"

Koji Toba

2017/05/18

Detail

Venue:Chicago University

Colonial Afterlives: From Abe Kōbō to "Sukiyaki"

Koji Toba

2017/04/25

Detail

Venue:Columbia University

Colonial Afterlives: From Abe Kōbō to "Sukiyaki"

Koji Toba

2017/03/14

Detail

Venue:UC Berkeley

Outline: A talk at the class of Associate Professor Dan O'Neill.

Circle Movements and Authors

Koji Toba

International Symposium “Rethinking Authorship in East Asia and Europe”(Co-sponsored by the Donald Keene Center of Japanese Culture, the Department of East Asian Languages and Cultures, the Ryusaku Tsunoda Center of Japanese Culture at Waseda University, and the Global Japanese Studies Model Unit, Waseda University Top Global University Project, supported by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Japan)2017/03/11

Detail

International conferenceOral presentation(general)Venue:Columbia University - Kent Hall, Room 403

Abe Kobo’s Biopolitics/Thanatopolitics: Thinking between Jigyo(A Project) and R62 gou no hatsumei(The Invention of R62)

Koji Toba

Third Annual UCLA Trans-Pacific Workshop: The Politics of Life and Death(Terasaki Center for Japanese Studies, Department of History)2016/06/03

Detail

International conferenceOral presentation(general)

Sakamoto Kyu and Japanese Nationalism via the United States: “De”-Politicized Pop Culture

Koji Toba

UCLA Trans-Pacific Workshop2015/06/05

Detail

Oral presentation(general)

Godzilla and Gojira in 2014 Japan

Koji Toba

documenting political: Godzilla returns2014/10/13

Detail

Oral presentation(general)Venue:NYU

The Future of Literary Studies Inspired by the 1950s: From the Viewpoint of ‘Circle Poetry’ and Abe Kobo

Koji Toba

UCLA Trans-Pacific Symposium: A New Horizon of Knowledge after 9.11 and 3.112014/05/28

Detail

Oral presentation(general)

How the “ Truth ” Is Sponsored: Koyama Itoko and the Controversy over Dam Site

Koji Toba

Bundan Snark: Writing and Fighting in Modern Japan2014/05/10

Detail

Oral presentation(general)Venue:The University of Iowa

From Bataille and Kafka to Abe Kobo: Via Okamoto Taro and the Night Society

Koji Toba

In Panel 181 "Biopolitics, Bioscience, and Criticism in Modern Japan: Emerging Ethics after Fukushima" of The Annual Conference of Association for Asian Studies (AAS)2014/03/29

Detail

Oral presentation(general)Venue:Philadelphia Marriott Downtown

Espoir under the Cold War: Confrontation with the Globalization of Nuclear Power

Koji Toba

In The 7th Joint Meeting for the Study of Postwar Cultural Movement, Session 3: The Global Cold War and Culture: From the Perspectives of Hiroshima, Japan and East Asia2013/11/03

Detail

Oral presentation(general)

How the “Truth” Is Sponsored: Koyama Itoko and the Controversy over Dam Site

Koji Toba

In Session 25: Bundan Snark Panel of The 17th Asian Studies Conference Japan (ASCJ)2013/06/30

Detail

Oral presentation(general)Venue:J. F. Oberlin University, Tokyo

Invalides et bombes atomiques: Souvenirs de la guerre chez Yôko Ôta

Koji Toba

2012/10/13

Detail

Oral presentation(general)

Formation of the “A-Bomb Poet” and Censorship/Editing: The Political Environment that sorrounded Texts of TOGE Sankichi

Koji Toba

CIVIL SOCIETY IN MODERN AND CONTEMPORARY JAPAN - The 5th Conference: Rewriting Modern and Contemporary Intellectual History2011/10/21

Detail

Oral presentation(general)Venue:Cornell University

Uniqueness of "Kiroku(Reportage/Documentary)'' and Circle Movement in 1950s: The Environment surrounded Haneda Sumiko's A Class for Women in a Village, Iwanami Film Production, 1957

Koji Toba

Workshop "IMAGES: Documenting Political" in New York University2010/10/26

Detail

Oral presentation(general)Venue:NYU

Pavlov, Marx, and Surrealism: Abe Kobo's Objects in His Metamorphosis Stories

Koji Toba

Association for Asian Studies Annual Meeting, Philadelphia2010/03/27

Detail

Oral presentation(general)Venue:Philadelphia Marriott Downtown

Reportage and Documentaries of 1950s: Focusing on the issues of Dams and Military Bases

Koji Toba

The 3rd International Conference, "Rewriting Modern and Contemporary Japanese Intellectual History: Perspectives of Mobility and Border Crossings"2009/09/27

Detail

Oral presentation(general)

Abe Kobo - Anti-historicist Writer: Marxism and Leftist Practice in the 1950's

Koji Toba

Digital Archive and the Future of Transpacific Studies: The Second International Symposium in Cornell University2008/09/14

Detail

Oral presentation(general)Venue:Cornell University

1950's and Anti-historicist Author: Abe Kobo

Koji Toba

Workshop: Worker's Cultural Movement in New York University2008/09/08

Detail

Oral presentation(general)Venue:NYU

Ishikawa Jun and Theater: Trajectories of performances directed by Senda Koreya or What Ishikawa meant when he devoted his scenarios to Senda Koreya

Koji Toba

34th International Research Symposium "Ishikawa Jun and Postwar Japan" in International Research Center for Japanese Studies2008/06/28

Detail

Oral presentation(general)

Genealogy of Reportage and Documentaries on Shinjuku

Koji Toba

2006/07/01

Detail

Oral presentation(general)

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

Images of Postwar Japan in Documentary Film Archives

2010-2013

Allocation Class:¥17550000

Research Classification:

Basic research on circle movement and literature in postwar Japan

Allocation Class:¥4290000

Research Classification:

Basic research on political and artistic avant-gardes and their relation to reportage literature in postwar Japan

Allocation Class:¥3740000

Research Classification:

Cultural history in 1950's in Japan, deal with circle movement

Allocation Class:¥14550000

Research Classification:

A Multidisciplinary Study of the Origins and Development of 'Table Talk' in Modern Japan

Allocation Class:¥3500000

Research Classification:

Screen Media and Social Movements in Modern Japan

2018/-0-2021/-0

Allocation Class:¥4420000

Research Classification:

Research project on lantern slide culture in Showa Japan

2015/-0-2018/-0

Allocation Class:¥4810000

Research Classification:

Extended research on circle movement and literature in postwar Japan

2012/-0-2015/-0

Allocation Class:¥5070000

Research Classification:

Substantial study of local cultural activities in the 1950s

2010/-0-2015/-0

Allocation Class:¥18980000

Research Classification:

Images of Postwar Japan in Documentary Film Archives

2010/-0-2014/-0

Allocation Class:¥17550000

Research Classification:

Multi-faceted Analyses of the Early Cold War Culture in East Asia

2010/-0-2015/-0

Allocation Class:¥17290000

On-campus Research System

Special Research Project

渥美半島における戦後文化運動の研究

2011

Research Results Outline: これまで1950年代のサークル運動や記録文学について研究してきた成果を、別所興一氏、若杉美智子氏と共に、渥美半島に住んだ作家・杉浦明平に関する共著『 これまで1950年代のサークル運動や記録文学について研究してきた成果を、別所興一氏、若杉美智子氏と共に、渥美半島に住んだ作家・杉浦明平に関する共著『杉浦明平を読む “地域”から“世界”へ―行動する作家の全軌跡』として刊行することができた。また、全... これまで1950年代のサークル運動や記録文学について研究してきた成果を、別所興一氏、若杉美智子氏と共に、渥美半島に住んだ作家・杉浦明平に関する共著『杉浦明平を読む “地域”から“世界”へ―行動する作家の全軌跡』として刊行することができた。また、全国的なサークル運動、中でも詩の運動について、「へたくそ詩」をめぐる学会発表と論文の形でまとめることができた。 福岡と長崎での調査では、渥美半島のグループからサークル村と大正行動隊の視察に行った清田和夫との接点があり得た画家の菊畑茂久馬氏の講演を聞き、資料を見ることができた。また、福岡市文学館の調査からは、前述の学会発表や論文への手掛かりを得ることができた。沖縄の調査では、戦後文化運動の中でも重要な地位を占めた版画運動の二つの起源として、ドイツのケーテ・コルヴィッツ、中国の魯迅との関係を確認し、さらにそれらと関わった日本の画家たちの活動を確認することができたし、幻灯などの新たな資料についても今後の調査の必要を確認することができた。 今年度中に形にならなかったが最も重要な成果としては、川口務氏に二回、森下隆蔵氏に一回行った聞き取り調査が挙げられる。戦後初期から杉浦明平と共に活動してきた川口氏と森下氏のお話は、杉浦の著書には表れていないディテールに富んでおり、それぞれ別の角度からの渥美半島の文化運動史と政治運動史の証言となっていた。現在は大連在住の森下氏の帰国のタイミングを待ったため年度末ぎりぎりでの調査となってしまったが、この調査には、以前から共同で渥美半島の聞き取り調査をしてきた道場親信氏、別所興一氏、若杉美智子氏も同行した。こうした調査結果をまとめていく中で、当初の構想であった渥美半島の戦後文化運動をめぐる共著につなげていきたいと考えている。 今回の研究は、2012年度からの科学研究費補助金・基盤研究(C)「戦後期日本のサークル運動と文学についての発展的研究」の中で継続し、さらに発展させていく予定である。

安部公房に関する伝記的研究

2013

Research Results Outline: 本研究では、安部の出生から死までの伝記的な事項を精査しつつ、その間に書かれた代表的な作品や、全集未収録の作品などについても紹介し、作家であり劇作家で 本研究では、安部の出生から死までの伝記的な事項を精査しつつ、その間に書かれた代表的な作品や、全集未収録の作品などについても紹介し、作家であり劇作家でありテレビやラジオや映画のシナリオライターであり、舞台の演出家でもあった安部公房という人間の全体像... 本研究では、安部の出生から死までの伝記的な事項を精査しつつ、その間に書かれた代表的な作品や、全集未収録の作品などについても紹介し、作家であり劇作家でありテレビやラジオや映画のシナリオライターであり、舞台の演出家でもあった安部公房という人間の全体像を捉えることを試みた。 本年度には、安部公房についての編著を一冊、分担執筆で序文も寄せた本を一冊と、伝記調査の過程で得られた安部公房の父・安部浅吉についてのエッセイを発表することができた。また、関係者へのインタビューに関わる成果として、安部公房スタジオの女優として活躍した山口果林氏所蔵の写真、台本などの資料を、演劇博物館に寄贈する仲介者の役割を果たすことができた。この資料は、安部公房研究のみならず、現代演劇研究資料として活用されていくことになるだろう。 来年度に向けては、ひきつづき安部公房の関係者へのインタビューや関係者が書いた文章などの調査を進め、外側から見た安部公房像を明らかにしていく。また、自ら「消しゴムで書く」と言い、私小説的な書き方を嫌った安部公房自身が書いた小説、エッセイ、自筆年譜などを検討し、周囲の証言との照合から、伝記的な事実を明らかにしていく。一方、安部の作品の変遷から見える、思想的な履歴なども同時に問題にしていく予定である。 また、評伝の出版とは別に、出版社から安部公房に関する事典の編集も委嘱され、信州大学の友田義行助教らと共に進めていくことになった。これは五年計画ぐらいの長期的なものになるが、今年度はその最初の段階として、編集委員や執筆者を定め、項目や構成についてのプランを練っていくことになる。そのためにも、伝記的な調査だけでなく、個々の小説、エッセイ、戯曲、シナリオ、評論などの内容や背景についての調査が必要になってくるため、安部公房に関する総合的研究と題して、その長期計画の基礎固めを行っていくこととしたい。 今回の研究費で編著を寄贈した方々には伝記調査で引き続きご協力を頂くことになるし、アメリカの二人とは5月のシンポジウムで共に発表することも予定しているので、そうした共同研究の成果も評伝に生かされていくことになるだろう。

安部公房に関する総合的研究

2014

Research Results Outline:安部公房の評伝の完成に向けて、さらに調査を深めた。本研究では、サークル運動と関わりながら、独自の道を進んだ安部の軌跡に即した調査・研究を行った。具体的安部公房の評伝の完成に向けて、さらに調査を深めた。本研究では、サークル運動と関わりながら、独自の道を進んだ安部の軌跡に即した調査・研究を行った。具体的には、昨年度に引き続いて安部公房の関係者へのインタビューや関係者が書いた文章などの調査を進め、外側...安部公房の評伝の完成に向けて、さらに調査を深めた。本研究では、サークル運動と関わりながら、独自の道を進んだ安部の軌跡に即した調査・研究を行った。具体的には、昨年度に引き続いて安部公房の関係者へのインタビューや関係者が書いた文章などの調査を進め、外側から見た安部公房像を明らかにしていった。また、自ら「消しゴムで書く」と言い、私小説的な書き方を嫌った安部公房自身が書いた小説、エッセイ、自筆年譜などを検討し、周囲の証言との照合から、伝記的な事実を明らかにしていった。一方、安部の作品の変遷から見える、思想的な履歴なども同時に考察した。

高度経済成長期の文学・文化についての国際的研究

2015

Research Results Outline: 高度経済成長期の文学を中心とする文化について、社会的・国際的な視点から、従来の一国主義的な文学史・文化史記述の枠組みを超える、新しい読みかえをするこ 高度経済成長期の文学を中心とする文化について、社会的・国際的な視点から、従来の一国主義的な文学史・文化史記述の枠組みを超える、新しい読みかえをすることを目的として研究を進めた。具体的には、戦後における幻灯について、実際の上映とナレーションを実践し... 高度経済成長期の文学を中心とする文化について、社会的・国際的な視点から、従来の一国主義的な文学史・文化史記述の枠組みを超える、新しい読みかえをすることを目的として研究を進めた。具体的には、戦後における幻灯について、実際の上映とナレーションを実践した他、短い論考も発表した。また、〈現在の会〉による広義の「記録」について、昨年度の『ルポルタージュ 日本の証言』に続いて雑誌『現在』の復刻にも関わって解説を書いた。日米安保体制下の政治を体現した歌手として坂本九を読み解いたアメリカのワークショップでの発表と論文が、次の共同研究の構想にもつながることになった。

東アジアの文学とアメリカ――1960年代を中心に

2017Collaborator:石原 剛, 越智 博美, 井上 間従文

Research Results Outline: 東アジアの文学について、アメリカとの関係に着目し、国際的・学際的な視点から、従来の一国主義的な文学史記述の枠組みを超える、新しい読みかえをすることを 東アジアの文学について、アメリカとの関係に着目し、国際的・学際的な視点から、従来の一国主義的な文学史記述の枠組みを超える、新しい読みかえをすることを目的として研究を進めた。具体的には、リーハイ大学で開かれた在日文学ワークショップにおいて、1950... 東アジアの文学について、アメリカとの関係に着目し、国際的・学際的な視点から、従来の一国主義的な文学史記述の枠組みを超える、新しい読みかえをすることを目的として研究を進めた。具体的には、リーハイ大学で開かれた在日文学ワークショップにおいて、1950年代のサークル運動に表れた東アジアへの想像力について、主としてアメリカの在日文学研究者たちと議論することで、アメリカとの関係を考察した。また、安部公房の初期作品と坂本九「上を向いて歩こう」を植民地主義の余生として考察し、安部公房についてのリチャード・カリチマンの著作を分析することで、一国主義的でない読みかえの可能性を追求した。

日米関係の中の文学――高度経済成長期を対象にして

2016

Research Results Outline: 日本・沖縄・韓国・台湾の関係を中心とする東アジアの文学について、アメリカとの関係に着目し、国際的・学際的な視点から、従来の一国主義的な文学史記述の枠 日本・沖縄・韓国・台湾の関係を中心とする東アジアの文学について、アメリカとの関係に着目し、国際的・学際的な視点から、従来の一国主義的な文学史記述の枠組みを超える、新しい読みかえをすることを目的とする。具体的には、戦後文化運動研究に関する論集に共編... 日本・沖縄・韓国・台湾の関係を中心とする東アジアの文学について、アメリカとの関係に着目し、国際的・学際的な視点から、従来の一国主義的な文学史記述の枠組みを超える、新しい読みかえをすることを目的とする。具体的には、戦後文化運動研究に関する論集に共編者として中心的にかかわった他、平中忠信(比良信治)の文集を出版、東アジアにおける連環画の影響関係にかかわる論文や、一九五〇年代の文壇とその外部との相互関係に関する論文も発表した。また、安部公房の短編を生政治および死政治の観点で読み解く論文は、その構想や内容、発表にアメリカにかかわる点が多く、次の共同研究の構想にもつながることになった。

Foreign Countries Research Activity

Research Project Title: 安部公房の伝記的研究および戦後文学のメディア展開に関する研究

2016/09-2017/08

Affiliation: コーネル大学(アメリカ合衆国)、コロンビア大学(アメリカ合衆国)

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Violence and Literature 2School of Culture, Media and Society2019fall semester
Violence and Literature 2School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Modern Japanese Literature 1 (CWC Advanced Seminar)School of Culture, Media and Society2019spring semester
Required Core Seminar 72School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
Core Lecture 5School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
Core Lecture 6(RE)School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Studies in Japanese Language and Literature 5 (Modern Literature)School of Culture, Media and Society2019spring semester
Studies in Japanese Language and Literature 5 (Modern Literature)School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
History of Japanese Literature 6 (Contemporary Literature)School of Culture, Media and Society2019fall semester
History of Japanese Literature 6 (Contemporary Literature)School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Seminar in Japanese Studies 2 B (Modern and Contemporary Literature)School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
Seminar in Japanese Studies 5 B (Modern and Contemporary Literature)School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Japanese Studies Seminar (Graduation Thesis) spring (TOBA, Koji)School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
Japanese Studies Seminar (Graduation Thesis) fall (TOBA, Koji)School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Japanese Literature: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
Japanese Literature: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
Japanese Literature: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester
Japanese Literature: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester
Japanese Literature 12Graduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
Basic Lecture of Japanese Language and LiteratureGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
Japanese Literature 8-1 A: SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
Japanese Literature 8-1 B: SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
Japanese Literature 8-2 A: SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester
Japanese Literature 8-2 B: SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester
Japanese Literature 8-1: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
Japanese Literature 8-2: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester

Visiting - Interlocking-time or Part-time Lecturers of Other Institutions, etc.

2016/03- 2016/06UCLA(United States of America)Visiting Professor