Name

OHKI, Masatoshi

Official Title

Professor

Affiliation

(School of Law)

Contact Information

Mail Address

Mail Address
ohki@waseda.jp

Sub-affiliation

Sub-affiliation

Faculty of Law(Graduate School of Law)

Faculty of Law(Waseda Law School)

Affiliated Institutes

イタリア研究所

研究所員 2018-

Educational background・Degree

Educational background

1999/04 -2003/03 Waseda University School of Law
2003/04 -2006/03 Waseda University Gradurate School of Law
2006/04 -2012/03 Waseda University Graduate School of Law

Career

2006/04-2009/03Waseda UniverstiyFaculty of LawResearch Associate
2009/04-2012/03Himeji Dokkyo UniversityFaculty of LawJunior Associate Professor
2012/04-2016/03Himeji Dokkyo UniversityFaculty of LawAssociate Professor
2016/04-2018/03Himeji Dokkyo UniversityCollege of Humanities and Social SciencesAssociate Professor
2018/04-2019/03Waseda UniversityFaculty of LawAssociate Professor
2019/04-Waseda UniversityFaculty of LawProfessor

Academic Society Joined

Japan Labor Law Association

The Japan Industrial Relations Research Association

Research Field

Keywords

Labour Law,Atypical Worker,Discrimination in Employment

Grants-in-Aid for Scientific Research classification

Social sciences / law / Social law

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

Rethinking the relationship between the principle of equal treatment and indirect discrimination

2013/04-2016/03

Allocation Class:¥4940000

Research Classification:

The Legal basis and significance of the principle of Equal treatment between regular worker and non-regular worker

2010/04-2013/03

Allocation Class:¥4160000

Research Classification:

he principle of equal pay for equal pay : From the Italian perspective

2008/04-2010/03

Allocation Class:¥1430000

Research Classification:

A Cross-disciplinary Study of Law in a Data-driven Society: focusing on Digital Platforms

2019/-0-2024/-0

Allocation Class:¥39650000

On-campus Research System

Special Research Project

個人請負型就業者の保護規制における経済法アプローチの有効性

2018

Research Results Outline:本研究では、個人請負型就業者に対する法的保護の方法として、(1)判例等を通じた労働者保護立法の適用拡大(労働者概念の拡大)、(2)集団的交渉の活用、(本研究では、個人請負型就業者に対する法的保護の方法として、(1)判例等を通じた労働者保護立法の適用拡大(労働者概念の拡大)、(2)集団的交渉の活用、(3)新たな立法の3つがあるものと整理し、それぞれについてイタリアの状況を分析した。全体としてみると...本研究では、個人請負型就業者に対する法的保護の方法として、(1)判例等を通じた労働者保護立法の適用拡大(労働者概念の拡大)、(2)集団的交渉の活用、(3)新たな立法の3つがあるものと整理し、それぞれについてイタリアの状況を分析した。全体としてみると、イタリアでは、さしあたり個人請負型就業者に対して、(2)(3)を通じて従属労働者に及んでいる法的保護の一部のみを及ぼしているのではないか。ただし、各規制の規制根拠、そして規制の実効性(エンフォースメント)は不透明であり、今後さらなる分析が必要である。

均等待遇原則(同一労働同一賃金原則)をめぐるイタリア労働法の展開

2006

Research Results Outline: 本研究では、まず日本の労使自治に関する議論、特に「協約自治の限界」を検討することが不可欠だと判断した。そのため、まず日本の議論を再検討し、イタリアの 本研究では、まず日本の労使自治に関する議論、特に「協約自治の限界」を検討することが不可欠だと判断した。そのため、まず日本の議論を再検討し、イタリアの議論を参照するための視点をえることとした。検討の結果として、日本でも協約は私的自治の産物だとの認識... 本研究では、まず日本の労使自治に関する議論、特に「協約自治の限界」を検討することが不可欠だと判断した。そのため、まず日本の議論を再検討し、イタリアの議論を参照するための視点をえることとした。検討の結果として、日本でも協約は私的自治の産物だとの認識はもたれていると考えるに至った。それでもなお、日本では労使間の交渉力等の不均衡が存在することを背景に、または労使の「癒着」を背景に、協約自治の重視を強調できない土壌が存在すると考えられる(この考察の成果の一部は後掲研究発表で表した)。 以上をふまえてイタリアの議論の検討を始めた。まず、イタリアではどの程度私的自治が尊重されているかの検討に入った。ここでは、イタリアの労働協約の解釈方法に関する議論を検討するにいたった。イタリアでは、裁判官が労働協約を解釈するにあたって、どの程度当事者の主観的意思に拘束されるかをめぐって大きな議論がある。当事者の主観的意思を尊重することは¥労使自治の強さを認めることに他ならない。この議論を検討することにより、イタリアでの労使自治の強さの程度をある程度把握できる。この点については、近日雑誌等の論文の形で発表する予定である。 さらに、私的自治が賃金均等待遇原則とどのような関係に立つかについて、イタリアの文献を読み込み、理解を深めた。この点を検討するには望外の多量な文献を読み込む必要があることが判明したため、現在その読み込み作業を続けているところである。現在は、その作業の途中経過の報告の意味も含めた、一つの論文を執筆中である。 また、イタリアのカターニア大学で労働法を研究されているカルーゾ教授へのインタビューをおこなった。主に、上記の問題に対する教授の見解をうかがった。被差別者の置かれている不利益な立場を「補完する」という差別の機能を強調される教授独自の見解を基にした議論をしてくださり、非常に有益であった。

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Law on Labor MarketSchool of Law2019fall semester
Industrial Relations LawSchool of Law2019spring semester
Seminar (Labor Law) A (S)School of Law2019spring semester
Seminar (Labor Law) A (F)School of Law2019fall semester
Seminar ThesisSchool of Law2019fall semester
Labor Law: Lecture IGraduate School of Law2019spring semester
Labor Law: Lecture IIGraduate School of Law2019fall semester
Special Study on Labor Law 3: LectureGraduate School of Law2019spring semester
Labor Law II BWaseda Law School2019fall semester
Seminar: Labor Law CWaseda Law School2019fall semester