Name

KIKUCHI, Yoshimi

Official Title

Professor

Affiliation

(School of Law)

Contact Information

URL

Grant-in-aids for Scientific Researcher Number
10261265

Sub-affiliation

Sub-affiliation

Faculty of Law(Graduate School of Law)

Faculty of Political Science and Economics(Graduate School of Political Science)

Faculty of Law(Waseda Law School)

Affiliated Institutes

比較法研究所

兼任研究員 1989-

社会安全政策研究所

研究所員 2016-

Educational background・Degree

Educational background

-1985 Hokkaido University Faculty of Laws
-1993 Hokkaido University Graduate School, Division of Law

Degree

(BLANK) Coursework

(BLANK) Coursework

Research Field

Grants-in-Aid for Scientific Research classification

Social sciences / law / Social law

Research interests Career

Basic Study on Social Security Law

Current Research Theme Keywords:Social Security

Individual research allowance

Paper

「保育に欠ける」児童と児福法第24条但書にいう「適切な保護」

菊池馨実

賃金と社会保障 (981) p.37 - 431988-

保育料徴収における全額徴収原則と応能負担原則

菊池馨実

賃金と社会保障 (1013) p.28 - 351989-

取締役就任と雇用保険法上の「失業」

菊池馨実

賃金と社会保障 (1048) p.43 - 491990-

無認可保育所園児死亡における公的賠償責任

菊池馨実

賃金と社会保障 (1033) p.49 - 561990-

アメリカにおける社会保障制度の形成(1)

菊池馨実

北大法学論集 40(3) p.689 - 7421990-

アメリカにおける社会保障制度の形成(2)

菊池馨実

北大法学論集 40(4) p.997 - 10471990-

アメリカにおける社会保障制度の形成(3)

菊池馨実

北大法学論集 41(1) p.177 - 2261990-

アメリカにおける社会保障制度の形成(4)

菊池馨実

北大法学論集 41(2) p.761 - 8171990-

通勤災害の拠点としての「住居」の意義

菊池馨実

賃金と社会保障 (1057) p.59 - 651991-

保育所入所をめぐる法律問題(下)

菊池馨実

賃金と社会保障 (1053) p.41 - 561991-

保育所入所をめぐる法律問題(上)

菊池馨実

賃金と社会保障 (1051) p.45 - 601991-

違法なピケッティングと使用者からの損害賠償請求

菊池馨実

労働法律旬報 (1299) p.34 - 421992-

アメリカ年金保険制度の展開と基本構造

菊池馨実

学位論文 1993-

「看護」業務の法的位置付け-老健法上の老人訪問看護制度を契機として-

菊池馨実

看護 45(9) p.117 - 1311993-

社会保障法の基礎理論の探究-日本とアメリカの比較研究を中心として-

菊池馨実

日本労働研究雑誌 (400) p.211993-

判例紹介(平成4年判例回顧)

菊池馨実

日本社会保障法学会誌 (8) p.153 - 1561993-

アメリカ医療保障の現状と課題-医療へのアクセス保障-

菊池馨実

日本労働研究雑誌 (403) p.16 - 291993-

救急患者の診療拒否と病院側の損害賠償責任

菊池馨実

賃金と社会保障 (1129) p.34 - 421994-

私立保育園児事故による市町村の損害賠償責任

菊池馨実

賃金と社会保障 (1131) p.29 - 361994-

就業規則による高年齢労働者の労働条件の不利益変更

菊池馨実

法律時報 66(10) p.101 - 1041994-

アメリカ医療保障の現状と課題-医療改革に向けて-

菊池馨実

日本社会保障法学会誌 (9) p.43 - 521994-

専門職としての看護婦の地位-法律学の一視点からの考察-

菊池馨実

看護 46(3) p.121 - 1291994-

判例紹介(平成5年判例回顧)

菊池馨実

日本社会保障法学会誌 (9) p.190 - 1951994-

判例紹介(平成6年判例回顧)

菊池馨実

日本社会保障法学会誌 (10) p.213 - 2181995-

論文紹介・Symposium on Welfare Law, 26 U. Mich. J. L. Ref. 731-851

菊池馨実

アメリカ法 (1995−2) p.283 - 2871996-

児童福祉施設最低基準と保育を受ける権利

菊池馨実

賃金と社会保障 (1178) p.42 - 511996-

心筋梗塞を肝臓疾患と誤ったことによる債務不履行の推定

菊池馨実

別冊ジュリスト(医療過誤判例百選第2版) (140) p.46 - 471996-

判例紹介(平成7年判例回顧)

菊池馨実

日本社会保障法学会誌 (11) p.224 - 2281996-

新たな医療保障(法)原理の構築に向けて-ドゥオーキンのプルーデント・インシュアランス・モデル-

菊池馨実

季刊社会保障研究 33(1) 1996-

「社会保障の権利」論(1)

菊池馨実

北大法学論集 47(1) p.181 - 2441996-

「社会保障の権利」論(2)

菊池馨実

北大法学論集 47(2) p.641 - 7061996-

構造改革と社会保障法

菊池馨実

賃金と社会保障 (1203=1204) p.116 - 1251997-

新たな医療保障(法)原理の構築に向けて-ドゥオーキンのプルーデント・インシュアランス・モデル

菊池馨実

季刊社会保障研究 33(1) p.70 - 791997-

生存権と介護サービス保障

菊池馨実

民商法雑誌 118(4=5) p.539 - 5761998-

福祉法制

菊池馨実

法学セミナー 43(9) p.75 - 781998-

報酬比例部分の加入強制に反対する

菊池馨実

賃金と社会保障 (1232) p.12 - 161998-

書評・河野正輝・菊池高志編『高齢者の法』有斐閣

菊池馨実

日本労働研究雑誌 (458) p.73 - 761998-

労働者の自殺をめぐる法的救済

菊池馨実

週刊社会保障 (2062) p.22 - 251999-

焦点座談会・11年版厚生白書をもとに今後を展望(下)

菊池馨実・広井良典・増田雅暢

週刊社会保障 (2066) p.6 - 91999-

焦点座談会・11年版厚生白書をもとに今後を展望(上)

菊池馨実・広井良典・増田雅暢

週刊社会保障 (2064) p.6 - 91999-

焦点座談会・11年版厚生白書をもとに今後を展望(中)

菊池馨実・広井良典・増田雅暢

週刊社会保障 (2065) p.6 - 91999-

論文紹介・マネジドケアをめぐる課題と展望、Symposium on Managed Health Care, 31 Georgia L. R. 367-713 (1997)

藤川恵子・菊池馨実

アメリカ法 (1999−1) p.100 - 1061999-

ホームヘルパーによる預金の着服と自治体の損害賠償責任

菊池馨実

ジュリスト (1169) p.108 - 1101999-

自動車を借用し使用していた生活保護受給者に対する保護廃止決定処分が違法とされた例

菊池馨実

民商法雑誌 120(3) p.155 - 1641999-

年金制度における法主体とあるべき制度像

菊池馨実

社会保障法 (13) 1999-

マネジドケアと医療の質-法的側面からの検討-

菊池馨実

海外社会保障研究 (129) p.42 - 521999-

社会保障の法理念と年金制度の基本枠組み

菊池馨実

阪大法学 49(1) p.93 - 1241999-

Suructural Reform and Social Security Law

Yoshimi Kikuchi

Review of Population and Social Policy 8p.1 - 101999-

介護事故裁判からみえてくるもの

菊池馨実

週刊社会保障 (2115) p.24 - 272000-

介護事故と損害賠償責任

菊池馨実

賃金と社会保障 (1280) p.10 - 132000-

条例によらない保育料徴収の適法性

菊池馨実

賃金と社会保障 (1274) p.38 - 452000-

食事介助と特養での死亡事故

菊池馨実

賃金と社会保障 (1284) p.38 - 422000-

被保護者の居住実態不明を理由とする生活保護廃止決定

菊池馨実

別冊ジュリスト153号(社会保障判例百選第3版) p.184 - 1852000-

書評・石橋敏郎『アメリカ連邦労災関係立法の研究』(嵯峨野書院)

菊池馨実

日本社会保障法学会誌 (15) p.242 - 2472000-

鼎談・これからの生活保護制度を展望する

宇野裕・菊池馨実・八代尚宏

月刊福祉 83(10) p.20 - 312000-

「措置から契約へ」が意味するもの-法学的アプローチから-

菊池馨実

月刊福祉 83(13) p.10 - 132000-

社会保障構造改革と法

菊池馨実

NBL (687) p.28 - 352000-

介護保険制度と利用者の権利擁護

菊池馨実

季刊社会保障研究 36(2) p.235 - 2452000-

書評・藤田伍一・塩野谷祐一編『先進諸国の社会保障7アメリカ』

菊池馨実

海外社会保障研究 (133) p.74 - 782000-

誤嚥事故をめぐる2つの裁判例の比較から見えるもの

菊池馨実

経営協 (213) p.24 - 282001-

社会保障の法理念・補論

菊池馨実

週刊社会保障 (2164) p.26 - 292001-

夕食中の誤嚥による死亡事故

菊池馨実

賃金と社会保障 (1307) p.4 - 82001-

社会保険か税か

菊池馨実

法学教室 (251) p.105 - 1102001-

社会保障の法理念

菊池馨実

法学教室 (253) p.87 - 922001-

社会保障法の私法化?

菊池馨実

法学教室 (252) p.119 - 1242001-

新しい生存権論

菊池馨実

法学教室 (250) p.64 - 692001-

福祉裁判-判例に学ぶ-(1)〜(18)

菊池馨実

シルバー新報 2000年3月31日号〜2001年3月29日号2001/03-2002/03

育児支援と社会保障-法的側面からの検討-(下)

菊池馨実

社会保険旬報 (2145) p.32 - 352002-

育児支援と社会保障-法的側面からの検討-(上)

菊池馨実

社会保険旬報 (2144) p.20 - 262002-

介護事故とリスクマネジメント(下)

菊池馨実

経営協 (219) p.25 - 302002-

介護事故とリスクマネジメント(上)

菊池馨実

経営協 (218) p.16 - 202002-

最低生活保障のあり方と公的扶助の役割-主として所得保障の側面から-

菊池馨実

週刊社会保障 (2195) p.22 - 272002-

企業年金のあり方と社会保障の方向性

菊池馨実

日本労働研究雑誌 (504) p.4 - 112002-

介護事故におけるリスクマネジメント-そのあり方と政策的課題-

菊池馨実

賃金と社会保障 (1319) p.26 - 402002-

法学からみた年金研究の現在

菊池馨実

季刊社会保障研究 37(4) p.350 - 3592002-

既裁定年金の引き下げに関する一考察

菊池馨実

年金と経済 21(4) p.76 - 842002-

医療保障制度の方向性-医療保険改革のあり方を中心に-(下)

菊池馨実

社会保険旬報 (2175) p.12 - 202003-

医療保障制度の方向性-医療保険改革のあり方を中心に-(上)

菊池馨実

社会保険旬報 (2174) p.6 - 122003-

鼎談・社会保障負担のあり方を考える

菊池馨実・駒村康平・青柳親房

週刊社会保障 (2216) p.18 - 252003-

行方不明と骨折にかかわる損害賠償請求

菊池馨実

賃金と社会保障 (1351=1352) p.12 - 182003-

入院中の誤嚥死亡事故と医師・看護師の過失

菊池馨実

年報医事法学 (18) p.141 - 1462003-

座談会・社会保障法学の軌跡と展望

荒木誠之・岩村正彦・河野正輝・菊池馨実・西村健一郎・良永弥太郎

民商法雑誌 127(4=5) p.485 - 5582003-

社会保障法理論の系譜と展開可能性

菊池馨実

民商法雑誌 127(4=5) p.585 - 6112003-

欧米各国の年金改革とわが国老齢所得保障システムのあり方(下)

菊池馨実

週刊社会保障 (2273) p.50 - 532004-

欧米各国の年金改革とわが国老齢所得保障システムのあり方(上)

菊池馨実

週刊社会保障 (2271) p.34 - 372004-

欧米各国の年金改革とわが国老齢所得保障システムのあり方(中)

菊池馨実

週刊社会保障 (2272) p.26 - 292004-

社会保障の視点から見たカリフォルニアの生活①現地校をめぐる受難

菊池馨実

書斎の窓 (536) p.18 - 222004-

社会保障の視点から見たカリフォルニアの生活③高齢者の生活-その1

菊池馨実

書斎の窓 (538) p.17 - 202004-

社会保障の視点から見たカリフォルニアの生活④高齢者の生活-その2

菊池馨実

書斎の窓 (539) p.2 - 62004-

社会保障の視点から見たカリフォルニアの生活⑤貧困と貧困者法

菊池馨実

書斎の窓 (540) p.2 - 92004-

公的扶助の法的基盤と改革のあり方-「自由」基底的社会保障法理論の視角から-

菊池馨実

季刊社会保障研究 39(4) p.424 - 4362004-

21世紀の社会保障のあり方-「自由」基底的社会保障観はわが国にふさわしくないか-

菊池馨実

クォータリー生活福祉研究 12(4) p.4 - 162004-

社会保障の視点から見たカリフォルニアの生活②障害を持つ子どもへのサポート

菊池馨実

書斎の窓 (537) p.8 - 132005-2005

日本人専門職が見た米国の福祉事情①②土井美春さん(音楽療法士)

菊池馨実

シルバー新報 2005年1月28日号5頁、2月4日号5頁2005-

日本人専門職が見た米国の福祉事情③④中溝朋子さん(言語療法士)

菊池馨実

シルバー新報 2005年3月4日号5頁、3月11日号6頁2005-

日本人専門職が見た米国の福祉事情⑤⑥矢吹華絵さん(行動療法士)

菊池馨実

シルバー新報 2005年4月8日号5頁、4月15日号6頁2005-

日本人専門職が見た米国の福祉事情⑦⑧有馬肇子さん(臨床ソーシャルワーカー)

菊池馨実

シルバー新報 2005年5月13日号5頁、5月20日号5頁2005-

社会保障の視点から見たカリフォルニアの生活⑥日系人と日本人

菊池馨実

書斎の窓 (541) p.16 - 222005-

アメリカにおける社会保障の一断面①外国制度を紹介・評価することの難しさ

菊池馨実

月刊福祉 88(10) p.96 - 992005-

アメリカにおける社会保障の一断面②年金改革と社会構造の一断面

菊池馨実

月刊福祉 88(11) p.96 - 992005-

Idea of Social Security and Structural Reform of Social Security Law

Yoshimi Kikuchi

Social Security Law Review 2012p.249 - 2812012-2012

Books And Publication

社会保障・社会福祉判例大系(全3巻)編集代表および執筆(Ⅰ-第1章「社会保障制度」、第2章「社会保障の法体系」、Ⅳ-1年金保険、Ⅳ-2恩給法

判例大系刊行委員会編

労働旬報社1996-

目で見る社会保障法教材(共編著)

岩村正彦・菊池馨実編著

有斐閣1998-

年金保険の基本構造-アメリカ社会保障制度の展開と自由の理念-

菊池馨実

北海道大学図書刊行会1998-

実務注釈児童福祉法(45条、46条、46条の2担当)

佐藤・桑原・田村編

信山社1998-

社会保障の法理念

菊池馨実

有斐閣2000-

新現代社会保障法入門(担当分:厚生年金保険法、年金保険の課題と展望)

窪田・佐藤・河野編

法律文化社2000-

年金制度改革の論点(第 章「社会保障における公平とは」参照)

清家篤・岩村正彦編

社会経済生産性本部生産性労働情報センター2000-

社会保障法

加藤智章・菊池馨実・倉田聡・前田雅子

有斐閣2001-

社会保障法

加藤智章・菊池馨実・倉田聡・前田雅子

有斐閣2001-

目で見る社会保障法教材(第2版)

岩村正彦・菊池馨実共編著

有斐閣2001-

現代民事法学の理論(上巻)(西原道雄先生古稀記念論文集)(菊池馨実「加入者の視点からみた企業年金のあり方)

佐藤・齋藤編集代表

信山社2001-

21世紀の社会保障法(講座社会保障法第1巻)(菊池馨実「社会保障の権利」)

日本社会保障法学会編

法律文化社2001-

新現代社会保障法入門(第2版)(担当分:厚生年金保険法、年金保険の課題と展望)

窪田・佐藤・河野編

法律文化社2002-

新現代法学入門(菊池馨実「社会保障と法」

西谷敏・笹倉秀夫編

有斐閣2002-

コンサイス法律用語辞典(労働法領域編修協力者兼、社会保障領域執筆(103項目)

三省堂2003-

社会保障法(第2版)

加藤智章・菊池馨実・倉田聡・前田雅子

有斐閣2003-

医療制度改革の論点(菊池馨実「医療保障制度のあり方-「自由」基底的社会保障法理論の視点から-」)

丸尾・藤井編

社会経済生産性本部生産性労働情報センター2003-

社会保障関連判例

菊池馨実

健康保険団体連合会編『2003年版社会保障年鑑』2003-

家族・ジェンダーと法

三木妙子ほか

成文堂2003-

雇用・福祉・家族と法

山口浩一郎・菊池馨実・大村敦志

放送大学教育振興会2003-

介護リスクマネジメント

増田雅暢・菊池馨実編著

旬報社2003-

法学キーワード(第2版)(社会保障法関連6項目執筆)

野村豊弘編

有斐閣2003-

社会保障・社会福祉大辞典(社会保障・社会福祉の制度)

刊行委員会編

旬報社2004-

目で見る社会保障法教材(第3版)

岩村正彦・菊池馨実編著

有斐閣2004-

新現代社会保障法入門(第3版)(担当分:厚生年金保険法、年金保険の課題と展望)

窪田隼人・佐藤進・河野正輝編

法律文化社2005-

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

Constructing a Disability Legal Studies through Reconstructions of Autonomy, Discrimination and Justice

2010/-0-2013/-0

Allocation Class:¥30550000

Research Classification:

Protecting the Elderly in the U.S. Society that Values Autonomy

Allocation Class:¥10530000

Research Classification:

The interdisciplinary research on the development of human rights Indicators in the field of social security

2011/-0-2013/-0

Allocation Class:¥3770000

Research Classification:

Challenges of Clinical Legal Educatoin and Re-examination of Law School Education

2011/-0-2015/-0

Allocation Class:¥18980000

On-campus Research System

Special Research Project

触法障害者・高齢者の矯正施設出所後の福祉的支援のあり方に関する学際的国際比較研究

2013

Research Results Outline: 矯正施設出所後の障害者・高齢者の福祉的支援をめぐっては、政府では法務省、学界では刑事政策を中心としたアプローチがなされてきた。これに対し、最近、厚生 矯正施設出所後の障害者・高齢者の福祉的支援をめぐっては、政府では法務省、学界では刑事政策を中心としたアプローチがなされてきた。これに対し、最近、厚生労働省の地域生活定着支援事業がスタートし、社会福祉の視点からのアプローチが本格化している。こうした... 矯正施設出所後の障害者・高齢者の福祉的支援をめぐっては、政府では法務省、学界では刑事政策を中心としたアプローチがなされてきた。これに対し、最近、厚生労働省の地域生活定着支援事業がスタートし、社会福祉の視点からのアプローチが本格化している。こうした動きに対して、社会保障法や成年後見法をはじめとして、学問的にも多角的に検討する必要性が増しているにもかかわらず、研究はまだほとんどなされていない。こうした現状に鑑み、採択者は2013年度日本学術振興会科学研究費を申請し、採択に至らなかったものの、早稲田大学特定課題研究助成費を得ることができた。 研究助成費を得ての本年度の採択者の活動としては、各地の地域生活定着支援センターの実情を把握するとの観点から、各県センターでのヒアリングを中心に行った。その上で、そうした実情と政策との整合性を図り、同時に多様な研究分野にわたる研究者との対話を図るとの観点から、2014年3月17日、早稲田大学にて特別研究会「触法障害者・高齢者の地域生活定着支援をめぐる現状と課題」を開催した。そこでは、厚生労働省において同事業を担当する梶川一成氏(厚生労働省社会・援護局総務課課長補佐)を招き、同事業の現状と課題についてのご報告をいただくとともに、障害者の権利擁護活動に長取り組んでこられた大石剛一郎弁護士、地域生活定着支援センターで特色ある取組みをされておられる関口清美氏(栃木県地域生活定着支援センター長)、益子千枝氏(兵庫県地域生活定着支援センター相談員)、高橋恵理香氏(宮城県地域生活定着支援センター相談員)による実践報告をお願いした。さらにこれを踏まえて、研究者サイドから、上山泰(新潟大学・民法・成年後見法)、宍倉悠太(国士舘大学・刑事政策)、菊池馨実(早稲田大学・社会保障法)の3名がコメントを行った後、参加者の間で自由にディスカッションを行い、触法障害者・高齢者の地域生活定着支援をめぐる議論を深めることができた。ここでの交流は、今後の人的ネットワークの拡大にも資するものと思われる。

持続可能な社会保障制度の構築-被災地コミュニティの再生を題材に-

2015

Research Results Outline:福島県浪江町の支援を受け、町内帰還を目指すNPO法人Jin代表の川村博氏の協力を受け、町内コミュニティの再生可能性を模索するための準備作業を行った。そ福島県浪江町の支援を受け、町内帰還を目指すNPO法人Jin代表の川村博氏の協力を受け、町内コミュニティの再生可能性を模索するための準備作業を行った。そこでの調査、考察を平成28年度科学研究費助成事業交付申請につなげ、基盤研究(C)(一般)「人口減少...福島県浪江町の支援を受け、町内帰還を目指すNPO法人Jin代表の川村博氏の協力を受け、町内コミュニティの再生可能性を模索するための準備作業を行った。そこでの調査、考察を平成28年度科学研究費助成事業交付申請につなげ、基盤研究(C)(一般)「人口減少社会における生活保障のあり方-原発被災地復興支援を題材に-」として、採択された。

医療と介護の業務分担

2001

Research Results Outline: 本研究課題は、近時における在宅医療・介護の進展、介護保険導入による介護サービスの増大といった動向に際し、福祉施設ないし福祉専門職に対する医療的なケア 本研究課題は、近時における在宅医療・介護の進展、介護保険導入による介護サービスの増大といった動向に際し、福祉施設ないし福祉専門職に対する医療的なケアのニーズが増大しているとの問題意識の下、その業務分担を法的に明確化すべきではないかとの観点から、取... 本研究課題は、近時における在宅医療・介護の進展、介護保険導入による介護サービスの増大といった動向に際し、福祉施設ないし福祉専門職に対する医療的なケアのニーズが増大しているとの問題意識の下、その業務分担を法的に明確化すべきではないかとの観点から、取り組まれたものである。 結論的にいえば、医療と介護の業務分担という大きなテーマへの切り口として、近年増加している介護事故に焦点を当て、リスクマネジメントの視角から、その法的分析を行う中で、この課題に取り組むとの方策をとった。 結論的には、法律上、介護現場において介護職がなしうる行為が制限されていることに問題があり、特に介護職にかかる資格制度の見直し、特に医学及び看護学分野の教育を強化することにより、一定の医療行為を可能にする方向性、また介護保険施設体型の見直し、特に介護老人福祉施設における医療職に人員を手厚くし、他の施設類型に近づけるとともに、自立生活支援の色彩の濃い施設を制度上別建てとする方向での施設の再編が望ましいとの知見を得た。 医療と介護の業務分担そのものの本格的考察は、今後さらに深める所存である。しかしながら、現段階での本研究の成果物として、「介護事故とリスクマネジメント(上)(下)」『経営協』(全国社会福祉施設経営者協議会刊)2002年4月号、5月号が発表される予定である。

Foreign Countries Research Activity

Research Project Title: アメリカにおける社会保障の基礎付けと貧困法制の研究

2003/08-2005/07

Affiliation: カリフォルニア大学ロサンゼルス校(アメリカ合衆国)

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Social Security Law ISchool of Law2019spring semester
Social Security Law IISchool of Law2019fall semester
Disaster and LawSchool of Law2019fall semester
Modern Family and Law ISchool of Law2019spring semester
Seminar (Social Security Law) (S)School of Law2019spring semester
Seminar (Social Security Law) (F)School of Law2019fall semester
Seminar ThesisSchool of Law2019fall semester
Social Security Law: Lecture IGraduate School of Law2019spring semester
Social Security Law: Lecture IIGraduate School of Law2019fall semester
Legal Theory of Social SecurityGraduate School of Law2019spring semester
Social Security LawWaseda Law School2019spring semester
Seminar: Social Security LawWaseda Law School2019fall semester
Legal Practice: Clinical (Disability Law)Waseda Law School2019spring semester