Name

NIIMI, Akihiko

Official Title

Professor

Affiliation

(School of Education)

Contact Information

URL

Grant-in-aids for Scientific Researcher Number
90390492

Sub-affiliation

Sub-affiliation

Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences(Graduate School of Education)

Faculty of Letters, Arts and Sciences(Graduate School of Letters, Arts and Sciences)

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

Research on changes and acceptance of the text in the "Tale of Genji"

2013/-0-2016/-0

Allocation Class:¥4550000

Research Classification:

A research on the formation and circulation of literary knowledge in the late-Edo period and the early-Meiji period based on the bibliographical research of Kurokawa collection

2012/-0-2015/-0

Allocation Class:¥5070000

Research Classification:

Research on changes and acceptance of the text in the "Tale of Genji" and the "Pillow Book"

2010/-0-2013/-0

Allocation Class:¥3770000

Research Classification:

Research on the formation process of layer of intellectuals and knowledge circulation of Edo period through analyzing of the Kurowaka collection

Allocation Class:¥4160000

Research Classification:

Syncretic Research on Correlations between Transcriptions of Classical Texts and the Practical Conditions of their Transcription

Allocation Class:¥11960000

Research Classification:

RECOVERY INVESTIGATION OF KINRI-BON IN END AGE OF MUROMACHI

Allocation Class:¥12080000

Research Classification:

Restoration and its literature studies of Kujo home collection in the early modern period the previous fiscal year

2011/-0-2014/-0

Allocation Class:¥5070000

Research Classification:

A Study on the Formation and Transmission of the Kujo Family Library in the Middle and Early-modern Period

2014/-0-2017/-0

Allocation Class:¥4550000

On-campus Research System

Special Research Project

前田家本『枕草子』に関する研究

2017

Research Results Outline:前田家本『枕草子』を中心に研究を行った。『枕草子』諸本は三巻本、能因本、前田家本、堺本の四系統に分類されており、そのうち前田家本『枕草子』は鎌倉期の書前田家本『枕草子』を中心に研究を行った。『枕草子』諸本は三巻本、能因本、前田家本、堺本の四系統に分類されており、そのうち前田家本『枕草子』は鎌倉期の書写で、諸本の中で格段の古さを有する。しかし、先行研究において、堺本と能因本の合成本文とされている。...前田家本『枕草子』を中心に研究を行った。『枕草子』諸本は三巻本、能因本、前田家本、堺本の四系統に分類されており、そのうち前田家本『枕草子』は鎌倉期の書写で、諸本の中で格段の古さを有する。しかし、先行研究において、堺本と能因本の合成本文とされている。そのため顧みられることが少なかったが、鎌倉期において熱心な編集作業をしている点、『源氏物語』とは異なる古典享受の一環として興味深い。本研究では、前田家本の正確な翻刻、注釈、訳を付した注釈書を作成することを目的とする。本年の作業としては、『枕草子』の先行研究書を収集した。また、前田家本の翻刻のチェックに手を付けた。

古典文学の本文と享受に関する研究

2015

Research Results Outline:初期の『源氏物語』注釈書である定家作『奥入』は、『源氏物語』写本の巻末に付載されていることも多い。その巻末付載『奥入』について、「池田本『源氏物語』巻初期の『源氏物語』注釈書である定家作『奥入』は、『源氏物語』写本の巻末に付載されていることも多い。その巻末付載『奥入』について、「池田本『源氏物語』巻末付載『奥入』について」(天理図書館報『ビブリア』144号2015年10月)で、池田本巻末付載『奥...初期の『源氏物語』注釈書である定家作『奥入』は、『源氏物語』写本の巻末に付載されていることも多い。その巻末付載『奥入』について、「池田本『源氏物語』巻末付載『奥入』について」(天理図書館報『ビブリア』144号2015年10月)で、池田本巻末付載『奥入』について考察した上で、『奥入』諸本全般の見通しを立てた。 また、従来、大島本・明融本が、『源氏物語』最善本と言われてきた。これらを精査するため、中古文学会関西部会第39回例会シンポジウム「源氏物語 本文研究の可能性」で行った発表「定家本『源氏物語』の諸問題―大島本と明融本の比較から見えるもの―」(2014年11月)の論文化にもつとめた。

平安・鎌倉散文作品に関する研究

2018

Research Results Outline:前田家本『枕草子』と中世王朝物語を中心に研究を行った。『枕草子』諸本は三巻本、能因本、前田家本、堺本の四系統に分類されており、前田家本『枕草子』は鎌倉前田家本『枕草子』と中世王朝物語を中心に研究を行った。『枕草子』諸本は三巻本、能因本、前田家本、堺本の四系統に分類されており、前田家本『枕草子』は鎌倉期において熱心な編集作業をしている点、興味深い。本研究では、前田家本の注釈書作成を目的とする。本年...前田家本『枕草子』と中世王朝物語を中心に研究を行った。『枕草子』諸本は三巻本、能因本、前田家本、堺本の四系統に分類されており、前田家本『枕草子』は鎌倉期において熱心な編集作業をしている点、興味深い。本研究では、前田家本の注釈書作成を目的とする。本年の作業としては、前田家本『枕草子』の書誌調査を行った。中世王朝物語は、個々の作品についての基礎研究が積み重ねられている段階で、これらの成立過程や成立圏が判明してくることで、当時の歌壇や『源氏物語』享受圏との重なりも見えてこよう。中世王朝物語については、『我が身にたどる姫君』や『恋路ゆかしき大将』についての調査を進め、論文化に手を付けた。

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Internship in Japanese LanguageSchool of Education2019full year
Seminar in Japanese Language and Literature BSchool of Education2019full year
Seminar in Early Medieval Literature I BSchool of Education2019full year
Seminar in Early Medieval Literature II BSchool of Education2019full year
Japanese Literature 3Graduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
Sp. Studies in Japanese Literature 3 (Classical Literature)Graduate School of Education2019spring semester
Internship in Japanese Language(Graduate school)Graduate School of Education2019full year
Japanese Literature (M-1)Graduate School of Education2019spring semester
Japanese Literature (M-2)Graduate School of Education2019fall semester
Japanese Literature (Early Modern Literature) (M1-1)Graduate School of Education2019spring semester
Japanese Literature (Early Modern Literature) (M1-2)Graduate School of Education2019fall semester
Japanese Literature (Early Modern Literature) (M2-1)Graduate School of Education2019spring semester
Japanese Literature (Early Modern Literature) (M2-2)Graduate School of Education2019fall semester
Content Studies of Japanese (D-1)Graduate School of Education2019spring semester
Content Studies of Japanese (D-2)Graduate School of Education2019fall semester
Japanese Classical Literature (D-1)Graduate School of Education2019spring semester
Japanese Classical Literature (D-2)Graduate School of Education2019fall semester