Name

ENDO, Mina

Official Title

Professor

Affiliation

(School of Education)

Contact Information

URL

Grant-in-aids for Scientific Researcher Number
40319786

Sub-affiliation

Sub-affiliation

Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences(Graduate School of Education)

Faculty of Political Science and Economics(School of Political Science and Economics)

Faculty of Law(Waseda Law School)

Affiliated Institutes

日欧比較基本権理論研究所

研究所員 2013-2014

日欧比較基本権理論研究所

研究所員 2015-2017

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

Constitutional and Public Law Analysis about the Public Health Law System in the 21st Century

Allocation Class:¥9750000

Research Classification:

Searching for the bridge between gender and citizenship

Allocation Class:¥4420000

Research Classification:

Constitutional and Public Law Analysis about the Elder Law and Child Law System in the 21st Century

Allocation Class:¥10510000

Research Classification:

Legal Theory of Aging Society

Allocation Class:¥9160000

Research Classification:

Doctrine of Indirect Discrimination and Methodology of Identifying Rights Violation within Social Exclusion

2016/-0-2020/-0

Allocation Class:¥11570000

On-campus Research System

Special Research Project

憲法機関の協働を通じた生存権の実現枠組みに関する比較法的研究

2019

Research Results Outline: 本研究は、活発化している社会的・経済的権利の実現方法に関する国際的な議論を参照し分析することを通じて、憲法機関の協働を通じた生存権の実現枠組みの構想 本研究は、活発化している社会的・経済的権利の実現方法に関する国際的な議論を参照し分析することを通じて、憲法機関の協働を通じた生存権の実現枠組みの構想を目指すものである。そのため本年度は、人権の実現において司法部と政治部門の間に「対話的救済プロセス... 本研究は、活発化している社会的・経済的権利の実現方法に関する国際的な議論を参照し分析することを通じて、憲法機関の協働を通じた生存権の実現枠組みの構想を目指すものである。そのため本年度は、人権の実現において司法部と政治部門の間に「対話的救済プロセス」が見いだされる諸国を対象とした研究文献の読解を進めた。この作業を通じて、たとえば南米の事例から、司法と政治部門が協働して社会正義とデモクラシーの双方が促進されうることを理解した。その一方で、対話的アプローチを機能させるには統治機関「間」の内生的な抑制と均衡にとどまらない、民意による統治権力への外生的統制など、一定の条件がありうるとの見通しを得た。

憲法機関の協働を通じた生存権の実現枠組みに関する比較法的研究

2019

Research Results Outline: アパルトヘイト後の南アフリカ共和国憲法の運用に関する国際的な研究の進展を契機に、社会的・経済的権利の実現方法に関する議論が諸外国において活発化してい アパルトヘイト後の南アフリカ共和国憲法の運用に関する国際的な研究の進展を契機に、社会的・経済的権利の実現方法に関する議論が諸外国において活発化している。本研究は、これらの議論を参照し分析することを通じて、憲法機関の協働を通じた生存権の実現枠組みを... アパルトヘイト後の南アフリカ共和国憲法の運用に関する国際的な研究の進展を契機に、社会的・経済的権利の実現方法に関する議論が諸外国において活発化している。本研究は、これらの議論を参照し分析することを通じて、憲法機関の協働を通じた生存権の実現枠組みを構想することを目指すものである。本課題においてはとくにカナダでの理論的展開に着目し、現代の官僚国家を前提とした法の関係的把握に関する理論と、この理論に依拠しつつ展開された「対話としての裁量」理論の理解に努めた。この作業を通じて、これらの理論が受給者の自律が促進されるような関係性を憲法機関のそれぞれにおいて構想する手掛かりになりうるとの見通しを得た。

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Seminar II (Political Science) CSchool of Education2020full year
Civil Society and Citizenship Studies III-1 (Law and Politics)School of Education2020spring semester
Citizens and Government Institutions ISchool of Education2020spring semester
Citizens and Government Institutions IISchool of Education2020spring semester
Seminar I (Political Science) CSchool of Education2020spring semester
Political Science (M-1)Graduate School of Education2020spring semester
Political Science (M-2)Graduate School of Education2020fall semester
Special Studies in Political Science IV-1(Constitution)Graduate School of Education2020spring semester
Content Studies of Social Education (D-1)Graduate School of Education2020spring semester
Content Studies of Social Education (D-2)Graduate School of Education2020fall semester
Political Science (D-1)Graduate School of Education2020spring semester
Political Science (D-2)Graduate School of Education2020fall semester
Advanced Seminar: Constitutional Law (Prof.Endo)Waseda Law School2020spring semester