Name

TOMITA, Nozomi

Official Title

Assistant Professor(without tenure)

Affiliation

(School of Human Sciences)

Paper

Developing the Metacognition about Focused Attention in high social anxiety subjects Questionnaire

N, Tomita., A, Minamide., & H, Kumano.

Japanese Journal of Behavioral Medicine Peer Review Yes 印刷中2020-

Influence of Experiential Avoidance on Frequency of Abdominal Pain and Abdominal Bloating Feeling in Adult Women Who are Aware of Constipation

S. Saito, T. Shima, N. Tomita, R. Tsushima, & H. Kumano

Japanese Journal of Psychosomatic Medicine Peer Review Yes 60(4) p.339 - 3482020/05-

Neural correlates supported by eye movements of self-focused attention and other-focused attention in social situations

N. Tomita, A. Minamide, & H. Kumano

Cognitive Therapy and Research Peer Review Yes in press

DOI

Does visual scanpath reflect self-focused and other-focused attention, a maintenance factor of social anxiety?

N. Tomita, A. Minamide, & H. Kumano

2019/09-

DOI

Development of the Change Agenda Questionnaire and Evaluation of its Reliability and Validity

Taiki SHIMA, Nozomi TOMITA, Madoka TAKAHASHI, and Hiroaki KUMANO

行動医学研究 Peer Review Yes 23(2) p.103 - 1102018-

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

The self-focused attention and the threat monitoring in social anxiety: Optimization of the intervention to attentional dysfunction.

2016/04-2019/03

Allocation Class:¥4550000

On-campus Research System

Special Research Project

社交不安症患者における自己注目と注意バイアスの時系列変化の解明

2018

Research Results Outline: 社交不安症患者を対象に実験を実施するための予備的研究として,大学生39名を対象にスピーチ中の視線の動きと脳活動を測定し,実験参加者の社交不安傾向とス 社交不安症患者を対象に実験を実施するための予備的研究として,大学生39名を対象にスピーチ中の視線の動きと脳活動を測定し,実験参加者の社交不安傾向とスピーチ中の自己注目,注意バイアスの関連性を検討した。そして,得られた研究成果を国際誌であるSoci... 社交不安症患者を対象に実験を実施するための予備的研究として,大学生39名を対象にスピーチ中の視線の動きと脳活動を測定し,実験参加者の社交不安傾向とスピーチ中の自己注目,注意バイアスの関連性を検討した。そして,得られた研究成果を国際誌であるSocial cognitive and affective neuroscienceに投稿し,査読者からの回答をふまえて実験手続きを再考した。また,大学生30名を対象に,自己注目を低減させるための方法である注意訓練法(Wells, 2007)を実施し,介入によってスピーチ中の自己注目や注意バイアスがどのように変化するのかを検討した。

ヴァーチャルリアリティを用いた社交不安者の視点取得に関する検討

2019

Research Results Outline: 本研究では、社交不安の維持要因である「観察者視点による自己注目(他者視点を用いて自己をネガティブに評価すること)」とスピーチ中の眼球運動との関連性を 本研究では、社交不安の維持要因である「観察者視点による自己注目(他者視点を用いて自己をネガティブに評価すること)」とスピーチ中の眼球運動との関連性を検討した。大学生34名を対象に、視線追跡装置を装着した上でスピーチ課題を実施し、スキャンパス(視線... 本研究では、社交不安の維持要因である「観察者視点による自己注目(他者視点を用いて自己をネガティブに評価すること)」とスピーチ中の眼球運動との関連性を検討した。大学生34名を対象に、視線追跡装置を装着した上でスピーチ課題を実施し、スキャンパス(視線が泳ぐ程度)を測定した。また、質問紙を用いてスピーチ中における観察者視点の程度を測定した。その結果、両者の間には負の相関が示され、観察者視点を取るほどスキャンパスが短くなることが示唆された。以上より、今後の研究においてヴァーチャルリアリティ上で観察者視点を修正する訓練を行う際に、スキャンパスが訓練効果の指標として役立つ可能性が考えられた。

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Psychological and Developmental Assessment(Psychological Assessment)School of Human Sciences2020spring semester
Cognitive Behavioral Case formulation(Psychological Assessment)School of Human Sciences2020fall semester
Research Methods of Clinical Behavior Science(Psychological Experiments)School of Human Sciences2020fall semester
Psychiatric Disorders and TreatmentsSchool of Human Sciences2020spring semester
Professionalism of Licensed PsychologistsSchool of Human Sciences2020spring
Legal and Administrative SystemsSchool of Human Sciences2020spring semester
Seminar in PsychologySchool of Human Sciences2020spring
Case Study in Educational Clinical Psychology AGraduate School of Human Sciences2020spring semester
Case Study in Clinical Psychology AGraduate School of Human Sciences2020spring semester
Case Study in Clinical Psychology BGraduate School of Human Sciences2020fall semester