Name

EBIHARA, Mitsuru

Official Title

Professor(without tenure)

Affiliation

(School of Education)

Sub-affiliation

Sub-affiliation

Faculty of Science and Engineering(Graduate School of Creative Science and Engineering)

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

Development of innovative technique for determining elemental and isotopic contents by using high intense pulsed neutrons and continuous neutrons

2013/-0-2017/-0

Allocation Class:¥45500000

Research Classification:

Development of microanalysis technology and chemical form of radioactive materials with migration

2012/-0-2017/-0

Allocation Class:¥123500000

Research Classification:

Interaction among minerals, water, and organic materials in the early solar system: evolution of planetary materials and precursor materials of life

2010/-0-2015/-0

Allocation Class:¥216840000

Research Classification:

High temperature metamorphism on planetesimals and protoplanetary crust

Allocation Class:¥4160000

Research Classification:

Material evolution caused by catastrophic celestial impacts at the early solar system

Allocation Class:¥18850000

Research Classification:

Study on the formation process of differentiated meteorites based on platinum group element abundances

Allocation Class:¥16600000

Research Classification:

study on the environmental and material evolution in the early system solar based on the chemical of composition of meteorites

Allocation Class:¥15100000

Research Classification:

Cosmochemical study on parent body evolution of chondritic meteorites

Allocation Class:¥1800000

Research Classification:

Systematic collection and basic discription of the rock samples

Allocation Class:¥95000000

Research Classification:

Japan-Korea Joint Research on Antarctic Meteorites

Research Classification:

Evaluation of Solar System Abundaces of the Elements based on Analytical Data of Meteorites

Allocation Class:¥6900000

Research Classification:

Formation mechanism of Archean oceanic and continental crusts

Allocation Class:¥34100000

On-campus Research System

Special Research Project

希土類元素の太陽系元素存在度

2018

Research Results Outline:太陽系の元素存在度は太陽系を構成する物質の元素の相対存在度であり、太陽系に関する最も基本的な数値である。地球に飛来する隕石のうち、CIコンドライト隕石太陽系の元素存在度は太陽系を構成する物質の元素の相対存在度であり、太陽系に関する最も基本的な数値である。地球に飛来する隕石のうち、CIコンドライト隕石はほとんどの元素で太陽系の元素組成をもつ。本研究では、誘導結合プラズマ質量分析 (ICP-MS) ...太陽系の元素存在度は太陽系を構成する物質の元素の相対存在度であり、太陽系に関する最も基本的な数値である。地球に飛来する隕石のうち、CIコンドライト隕石はほとんどの元素で太陽系の元素組成をもつ。本研究では、誘導結合プラズマ質量分析 (ICP-MS) 法を用いて、CIコンドライト隕石中の希土類元素 (REE) を精度、確度ともに高い分析値を求め、その結果をもとに現時点でもっとも妥当な希土類元素に関する太陽系存在度を推定することを目的とした。本報告書作成時点で、早稲田大学の新しい研究室に移設したICP-MS装置によるREE定量法を確立し、研究目的を達成すべく、実験を継続している。

隕石中の高輝発性元素存在に基づく太陽系初期の物質進化に関する研究

2019

Research Results Outline:内惑星領域の固体物質の生成の初期過程として元素の凝縮過程が考えられる。本研究ではこの凝縮過程で低い温度で気体から固体に移行する元素群である高揮発性元素内惑星領域の固体物質の生成の初期過程として元素の凝縮過程が考えられる。本研究ではこの凝縮過程で低い温度で気体から固体に移行する元素群である高揮発性元素に焦点を当て、始原的エコンドライトを対象に実験を行った。研究に用いた隕石はMAC 02675 (C...内惑星領域の固体物質の生成の初期過程として元素の凝縮過程が考えられる。本研究ではこの凝縮過程で低い温度で気体から固体に移行する元素群である高揮発性元素に焦点を当て、始原的エコンドライトを対象に実験を行った。研究に用いた隕石はMAC 02675 (CBb)、 Asuka 881020, Asuka 881541, PAT 91546、PCA 91467 (以上CH)(カッコ内はグループ名)の5つの南極隕石である。中性子放射化分析、誘導結合(ICP)プラズマ質量分析、ICP原子発光分析の元素分析法を用い、それぞれの隕石の持つ元素組成上の特徴を明らかにした。その結果、各隕石とも、母天体形成後にその表層で起こった衝突によって気化した物質から凝縮により生成したものと解釈された。

太陽系初期におけるハロゲン元素の挙動の解明

2019

Research Results Outline:ハロゲン元素は宇宙化学的に重要な元素であるが、太陽系初期における凝縮・集積における元素の挙動がほとんど明らかにされていない。その最大の理由はコンドライハロゲン元素は宇宙化学的に重要な元素であるが、太陽系初期における凝縮・集積における元素の挙動がほとんど明らかにされていない。その最大の理由はコンドライト中のハロゲン元素の含有量の正確なデータが非常に少ないことにある。本研究ではそうした状況を改善すべ...ハロゲン元素は宇宙化学的に重要な元素であるが、太陽系初期における凝縮・集積における元素の挙動がほとんど明らかにされていない。その最大の理由はコンドライト中のハロゲン元素の含有量の正確なデータが非常に少ないことにある。本研究ではそうした状況を改善すべく、信頼性の高い定量値を求め、その結果をもとにハロゲン元素の太陽系初期の挙動を明らかにすることを目的とした。分析法として放射化学的中性子放射化分析法を用いた。データの信頼性を再度確認する目的で、岩石標準試料を分析した結果、過去に報告した値と異なる定量値が得られた。繰り返し分析によりその原因を特定し、より信頼性の高い分析値を得るための実験操作法を考案した。今後、隕石試料の分析に適用する予定である。

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Introduction to Geology - Materials of the EarthSchool of Education2020spring semester
Dynamism and Evolution of the Planet EarthSchool of Education2020fall semester
Seminar in Earth ScienceSchool of Education2020spring semester
Introductory Seminar in GeochemistrySchool of Education2020fall semester
Seminar in GeochemistrySchool of Education2020full year
GeochemistrySchool of Education2020fall semester
Isotope GeochemistrySchool of Education2020spring semester
Master's Thesis (Department of Earth Sciences,Resources and Environmental Engineering)Graduate School of Creative Science and Engineering2020full year
Research on GeochemistryGraduate School of Creative Science and Engineering2020full year
GeochemistryGraduate School of Creative Science and Engineering2020fall semester
Isotope GeochemistryGraduate School of Creative Science and Engineering2020spring semester
Advanced Topics on Geochemistry IIGraduate School of Creative Science and Engineering2020fall semester
Seminar on Geochemistry AGraduate School of Creative Science and Engineering2020spring semester
Seminar on Geochemistry BGraduate School of Creative Science and Engineering2020fall semester
Seminar on Geochemistry CGraduate School of Creative Science and Engineering2020spring semester
Seminar on Geochemistry DGraduate School of Creative Science and Engineering2020fall semester
Research on GeochemistryGraduate School of Creative Science and Engineering2020full year
Special seminar on PetrologyGraduate School of Creative Science and Engineering2020full year