Name

FUJII, Akihiko

Official Title

Professor

Affiliation

(School of Humanities and Social Sciences)

Contact Information

Mail Address

Mail Address
af612@waseda.jp

URL

Grant-in-aids for Scientific Researcher Number
40146204

Sub-affiliation

Sub-affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences(Graduate School of Letters, Arts and Sciences)

Research Council (Research Organization)/Affiliated organization(Global Education Center)

Affiliated Institutes

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所

研究所員 2014-

Educational background・Degree

Degree

Doktor der Philosophie (Dr. phil.) Thesis Universitaet Augsburg (BRD)

Paper

Was heißt "nach rechter gemeinen teútsch" in den ersten Bibeldrucken?

Akihiko Fujii

早稲田大学大学院文学研究科紀要 (49(第2分冊)) p.129 - 1492004/02-

Zur Augsburger Druckersprache im 15. Jahrhundert: Bericht über ein Projekt

Gesellschaft, Kommunikation und Sprache Deutschlands in der frühen Neuzeit (Hg. v. Klaus J. Mattheier, Haruo Nitta, Mitsuyo Ono) / iudicium verlag 1997/04-

Zur Methode der Exzerption älterer Drucke. Ein Beitrag zum Problem des Setzerwechsels in Frühdrucken.

Zeitschrift für deutsche Philologie/Erich Schmidt Verlag (Berlin) 1151996/10-

Auslands-und Inlandsgermanistik. Wie weit reicht ihre Differenzierung heute noch?

Waseda-Blätter(ワセダ・ブレッター)/早稲田大学ドイツ語学・文学会 41997/03-

世界人物逸話大事典(朝倉治彦,三浦一郎編)

角川書店 1996/02-

Kurz nach‘Gutenberg’-eine neue Welt?

ワセダ・ブレッター/早稲田大学ドイツ語学文学会 31996/03-

Kurz nach‘Gutenberg’-eine neue Welt?

ドイツ語学・文学者国際会議/バンクーバー(カナダ) 第9回総会1995/08-

Books And Publication

Günther Zainers druckersprachliche Leistung. Untersuchungen zur Augsburger Druckersprache im 15. Jahrhundert.

Akihiko Fujii

Max Niemeyer Verlag (Tübingen)2007/03-

Detali

ISBN:3-484-16515-4

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

An Investigation/Collection of Documents on German Chancery Language in the Bohemian Area in the first half of the 14th Century: The fundamental Materials for the Elucidation of the Formation Process of Standard German

Allocation Class:¥1600000

On-campus Research System

Special Research Project

15世紀のアウクスブルクの印刷語

1995

Research Results Outline: 15世紀のアウクスブルク(ドイツ)の印刷語は既に同時代の人々から,主にその脱方言的指向の点で賞賛され,またその言語史的研究の重要性も,ドイツ語史の 15世紀のアウクスブルク(ドイツ)の印刷語は既に同時代の人々から,主にその脱方言的指向の点で賞賛され,またその言語史的研究の重要性も,ドイツ語史の概説書などで幾度か強調されてきたが,今もってその精確な姿が明らかになっていないのは,これまでの端緒... 15世紀のアウクスブルク(ドイツ)の印刷語は既に同時代の人々から,主にその脱方言的指向の点で賞賛され,またその言語史的研究の重要性も,ドイツ語史の概説書などで幾度か強調されてきたが,今もってその精確な姿が明らかになっていないのは,これまでの端緒的研究がどれも必要な「細分化」を欠いていたためではないかと考えられる。このような研究史的状況をふまえた上で,次のような3つの言語的「差異」に注目して本研究は分析作業を進めて来た:(1)複数の印刷工房間における差異,(2)同一工房作製の複数の刊行物間における差異,(3)一刊本の内部(最初のページ~最後のページ)における差異。 1995年8月のドイツ語学・文学者国際会議(IVG)第9会総会(バンクーバー/カナダ)での口頭発表では,(3)の「刊本内差異」を,アウクスブルクの印刷業者ヨーハン・ベムラーの2つの刊行本('Belial', 'Regimensanitatis')を材料に,書誌学的・方言学的に実証・検討し,その際,これまで解明されていなかった当時の植字工程の分業法の一例(二人の植字工が交互に2度作業を担当する)を,いくつかの音韻ないし語の書記法を手がかりに明らかにした。1996年3月発行の『ワセダ・ブレッター』(早稲田大学ドイツ語学・文学会編)第3号所収の論文「Kurz nach 'Gutenberg' - eine neue Welt?(‘グーテンベルク’直後-新しい世界?)」は,その発表原稿に加筆したものである。 1996年度中に刊行予定の論文集「Gesellschaft, Kommunikation und Sprache Deutschlands in der fruhenNeuzeit(近世初期ドイツの社会・コミュニケーション・言語)」(ユディツィウム社)に収録される論文「ZurAugsburger Druckersprache im 15. Jahrhundert(15世紀のアウクスブルクの印刷語について)」は,本研究の問題設定・背景・方法,そして成果の一部を概略的に述べたものであるが,そこでは,総体的には当時の帝室官房(フリードリヒ三世・マクシミリアン一世治下)がアウクスブルクの印刷語にとって一種の規範的役割を果していたこと,ただしその言語規範への依拠程度はそれぞれの印刷工房,その工房の個々の刊行物,またその刊本の「内部」によって著しい差異があることを指摘した。

ギュンター・ツァイナーとヨーハン・ベムラー―15世紀のアウクスブルクの印刷語について

1997

Research Results Outline:15世紀のアウクスブルクの印刷語は既に同時代の人々から、主にその脱方言的指向の点で賞賛され、またその言語史的研究の重要性も、ドイツ語史の概説書などでし15世紀のアウクスブルクの印刷語は既に同時代の人々から、主にその脱方言的指向の点で賞賛され、またその言語史的研究の重要性も、ドイツ語史の概説書などでしばしば強調されてきた。この15世紀のアウクスブルクの印刷語の精確な姿を、その本質的な特徴を決定した...15世紀のアウクスブルクの印刷語は既に同時代の人々から、主にその脱方言的指向の点で賞賛され、またその言語史的研究の重要性も、ドイツ語史の概説書などでしばしば強調されてきた。この15世紀のアウクスブルクの印刷語の精確な姿を、その本質的な特徴を決定した初期の2人の印刷業者(ギュンター・ツァイナーとヨーハン・ベムラー)の総計60余点の刊本における書記法を調査・分析することによって明らかにするのが本研究の目的であった。 15世紀のアウクスブルクの印刷語の精確な姿を明らかにするためには、次のような3つのレベルにおける言語的差異(①印刷工房間における差異、②同一工房作成の複数の刊行物間における差異、③一刊本の内部[最初のページ~最後のページ]における差異)を確定することが不可欠だが、①に関してはツァイナーとベムラーという初期の二大工房を比較する、②に関してはその両工房の刊行本を可能な限り多く分析する、また③に関しては各「折丁」の最初と最後の部分を抽出して分析を行う、という方法をとった。 97年度はベムラー工房の計33点の印刷本(1472年~1491年)に関して分析を終えることができた。その結果、20葉前後の比較的小規模のものを除いて、1480年前後までの刊本には書記法の様々な部分領域において(主に植字工の交替と校正を行わないことに起因する)内的不均質性が見られる一方で、80年以降の刊本が比較的平準化された様相を示していることが確認された。しかし20年に及ぶベムラー工房の活動において一貫して特色として保持されたのは、所有代名詞mein, dein, seinの主母音に対するei書法のみと言っても過言ではない。最終的な結論はツァイナー工房の分析をまたなくてはならないが、少なくともアウクスブルクの印刷語に対する「賞賛」は、言語実状史よりも言語意識史のなかに位置づけられる現象ではないかと考えられる。

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Modern German Culture (TCS Advanced Seminar)School of Culture, Media and Society2019spring semester
Core Lecture 5School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
Core Lecture 6(RE)School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
German I (Step 1) 7School of Culture, Media and Society2019spring semester
German I (Step 1) 7School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
German III (Step 1) 7School of Culture, Media and Society2019spring semester
German III (Step 1) 7School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
German I (Step 2) 7School of Culture, Media and Society2019fall semester
German I (Step 2) 7School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
German III (Step 2) 7School of Culture, Media and Society2019fall semester
German III (Step 2) 7School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Studies of Viennese CultureSchool of Culture, Media and Society2019spring semester
Studies of Viennese CultureSchool of Humanities and Social Sciences2019spring semester
German Speaking Countries: Culture and CivilizationSchool of Culture, Media and Society2019fall semester
German Speaking Countries: Culture and CivilizationSchool of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Seminar in German Studies 6 (Language)School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Seminar in German Studies 8 (Culture and Civilization)School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
German Studies Seminar (Graduation Thesis) spring (FUJII, Akihiko)School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
German Studies Seminar (Graduation Thesis) fall (FUJII, Akihiko)School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
German Linguistics: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
German Linguistics: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester
German Linguistics 1-1: SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
German Linguistics 1-2: SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester
German Linguistics 1-1: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
German Linguistics 1-2: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester

Created Textbook And Teaching Material And Reference Book

PARTNER - Für einen kommunikativ orientierten Deutschunterricht

1993/02