Name

NEGAYAMA, Koichi

Official Title

Professor

Affiliation

(School of Human Sciences)

Contact Information

Mail Address

Mail Address
negayama@waseda.jp

Address・Phone Number・Fax Number

Address
2-579-15 Mikajima, Tokorozawa-shi, Saitama 359-1192 Japan
Phone Number
+81-4-2947-6739
Fax Number
+81-4-2947-6739

URL

Web Page URL

https://sites.google.com/site/negayamawsd/

http://www.waseda.jp/sem-negayama/

Grant-in-aids for Scientific Researcher Number
00112003

Sub-affiliation

Sub-affiliation

Faculty of Human Sciences(Graduate School of Human Sciences)

Faculty of Letters, Arts and Sciences(School of Culture, Media and Society)

Research Council (Research Organization)/Affiliated organization(Global Education Center)

Affiliated Institutes

人間総合研究センター

兼任研究員 1989-

応用脳科学研究所

研究所員 2009-2013

災害復興医療人類学研究所

研究所員 2014-

Educational background・Degree

Educational background

-1973 Osaka University Faculty of Literature
-1977 Osaka University Graduate School, Division of Letters

Degree

(BLANK) Coursework

(BLANK) Thesis

Career

1977-1986Osaka University, Research Assistant
1986-1990Mukogawa Women's University, Lecturer
1990-1996Mukogawa Women's University, Associate Professor
1991-1992Edinburgh University, Visiting Researcher
1996-1998Waseda University, Associate Professor
1998-Waseda University, Professor

Academic Society Joined

International Society for the Study of Behavioral Development

International Primatological Society

Interview Guide

Category
Social sciences

Research Field

Grants-in-Aid for Scientific Research classification

Complex systems / Psychology / Educational psychology

Cooperative Research Theme Desire

Strategy for supporting child-care

Institution:Cooperative research with other research organization including private (industrial) sectors

Purpose:Sponsord research

Weaning

Institution:Cooperative research with other research organization including private (industrial) sectors

Purpose:Sponsord research

Research interests Career

Weaning and Mother-offspring conflict in human and non-human primates

Current Research Theme Keywords:Weaning,Conflict,Mother-offspring relationship

International Cooperative Research

Cross-cultural comparison of mother-offspring relationship

Current Research Theme Keywords:Mother-offspring relationship,Cross-cultural comparison

International Cooperative Research

Developmental study of body

Current Research Theme Keywords:bodily contact,bodily waste matters,feeding

International Cooperative Research

develoment of weaning and eating behavior

Individual research allowance

tickling and ticklishness, physical play

Individual research allowance

parental aversion to bodily products

Individual research allowance

home, behavior in living space, unintended injury

Individual research allowance

daycare and support for childcare

Individual research allowance

Paper

Development of mother–infant interaction in tickling play: The relationship between infants’ ticklishness and social behaviors

Ishijima, Konomi; Negayama, Koichi

Infant Behavior and Development 49p.161 - 1672017/11-2017/11

DOIScopus

Detail

ISSN:01636383

Outline:© 2017 Elsevier Inc. This study examined the development of mother–infant tickling interaction and the relationship between infants’ ticklishness and social behaviors including infants’ looking at mothers’ face, mothers’ narrative tickling, and mothers’ laughter. Twenty-two Japanese infants aged 5 months (n = 10, five girls) and 7 months (n = 12, four girls) and their mothers were videotaped. Results revealed that the mothers’ narrative tickling was more frequent at 7 than at 5 months and the infants’ strong ticklishness showed the same tendency. The infants’ strong ticklishness was linked with the occurrence of other social behaviors. In conclusion, infants’ ticklishness was heavily connected with social behaviors. The mode of the tickling interaction at 7 months was different from that at 5 months especially in the increase of mother's narrative tickling. A possible function of such mother's narrative tickling to facilitate infant active communication at a higher cognitive level including anticipation, was discussed.

Relationships between Individual Social Capital and Mental Health in Elderly People who Left the Prefecture Due to the Fukushima Nuclear Power Plant Disaster

Iwagaki Takahiro;Tsujiuchi Takuya;Masuda Kazutaka;Komaki Kumiko;Fukuda Chikako;Mochida Ryuhei;Ishikawa Noriko;Akano Yamato;Yamaguchi Maya;Inomata Tadashi;Negayama Koichi;Kojima Takaya;Kumano Hiroaki;Ogihara Atsushi

Japanese Journal of Psychosomatic Medicine 57(2) p.173 - 1842017-2017

CiNii

Detail

Outline:

Background : As of March 2014, three years after the Fukushima nuclear power plant disaster, 58,624 residents were relocated to other regions within the Fukushima prefecture, and 47,683 residents were relocated to other prefectures. Attenuation of human relationships due to the disruption of regional ties nurtured in the past heightens stress. This highlights the need to create a new community focused on establishing ties with neighbors. Among evacuees, providing support for elderly adults suffering from a decline in physical functioning and a deteriorating mental health is necessary. Objective : This study investigated the relationship between individual social capital and mental health in elderly adults, specifically focusing on the role of social capital in reconstruction after the earthquake. Methods : A self-report questionnaire was conducted at Waseda University and Shinsai Shien Network, Saitama. Evacuees from Fukushima prefecture (n=3,599) who lived in Saitama prefecture and Tokyo were asked to complete the Stress Response Scale-18 comprising questions related to social capital with cognitive and structural indicators. There were 772 replies (response rate=21.5%) and 229 respondents were analyzed. In addition, a multiple logistic regression analysis was performed to examine the relationship between social capital and mental health in elderly adults. Results : The group with low confidence in neighbors relative to the group with high confidence in neighbors had a 5.192 times higher chance of being in the high-stress group (95%CI=1.042-25.865). In addition, the group with lower confidence in acquiring their neighbors assistance if a disaster occurred again, had a 2.172 times higher chance of being in the high-stress group (95%CI=1.051-4.487). Furthermore, people who have never participated in regional activities (e.g., hobbies, sports, entertainment, etc.) had a 3.112 times higher chance of being high-stressed relative to the group who participated two or three times (95%CI=1.059-9.150). Finally, the group that never greeted neighbors had a 3.317 times higher chance of being high-stressed relative to the group that had five or more greeted neighbors (95%CI=1.177-9.346). Conclusion : Lower social-capital cognitive indicators such as "trusting one's neighbors" and "helping one's neighbors" were correlated with higher stress levels. Therefore, elderly adults can presumably maintain good mental health by developing a neighborhood relationship and building mutual trust. Furthermore, lower social-capital structural indicators such as "number of greeted neighbors" and "participation frequency in regional activities" were correlated with higher stress levels. It is important to encourage social participation of evacuees and provide them with support.

Children in an island of allomothering: Kowakare in Tarama Island

Negayana, koichi

Annual prpot of educationak psychology 55p.219 - 2252016/03-

Development of embodied relationship between human mother and child

NEGAYAMA KOICHI

Japanese Journal of Animal Psychology 66(1) p.47 - 512016-2016

CiNii

Detail

ISSN:0916-8419

Outline:Both positivity and negativity are important components for the development of mother-offspring relationship. The "inter-body antagonism" is an important biological framework to promote offsprings independence from mothers. Weaning, an achievement of nutritional independence in offspring, is a typical situation in which mother-child negativity plays an important role. Human mother-child separation is also actualized by complex sociocultural allomothering systems consisting of objects, persons and institutes. Human triadic relationship in joint attention by mother and infant to object is a basic element of the systems. The relationship is preceded by "Proto-triadic relationship" in which particular body parts are used as targets in human inter-body interactions as in a case of tickling play.Not only object but also person could be a target of attention in triadic relation, and exchange of perspectives with the person is essential in the human infants cultural learning and establishment of social network. A special allomothering by a girl called Moriane in an island of Okinawa is an example of such allomothering.

High-level Post-traumatic Stress Symptoms of the Residents in Fukushima Temporary Housing : Bio-psycho-social Impacts by Nuclear Power Plant Disaster

Tsujiuchi Takuya;Komaki Kumiko;Iwagaki Takahiro;Masuda Kazutaka;Yamaguchi Maya;Fukuda Chikako;Ishikawa Noriko;Mochida Ryuhei;Kojima Takaya;Negayama Koichi;Ogihara Atsushi;Kumano Hiroaki

Japanese Journal of Psychosomatic Medicine 56(7) p.723 - 7362016-2016

CiNii

Detail

ISSN:0385-0307

Outline:Backgrounds : Fukushima nuclear power plant disaster occurred following the Great East Japan Earthquake on March 11, 2011. It bears comparison with the incident in Chernobyl in 1986 in the degree of radiological contamination to the surrounding environment. 164,218 residents were displaced losing their home-land by this serious incident, of which 97,321 were relocated to other regions within the Fukushima prefecture, and 57,135 residents were relocated to other prefectures. The evacuees from Fukushima can be considered the largest number of 'internally displaced persons' or 'domestic refugees' in Japan after the world war two. Objective : This study investigated the scale of post-traumatic stress (PTS) symptoms in the evacuees as of two years after the Fukushima nuclear power plant disaster. It also tried to identify the impact of bio-psycho-social factors related to PTS symptoms. Samples and methods : Questionnaire survey was conducted by Waseda University and Japan Broadcasting Corporation (NHK). 2,425 households living at temporary housings within Fukushima prefecture were asked to answer the Impact of Event Scale-Revised (IES-R) and the self-report questionnaires that we generated in order to evaluate the damage by the disaster in relation to several bio-psycho-social factors in refugee lives. There were 745 replies (the cooperation rate ; 30.7%), of which 661 were analyzed. Besides, multiple logistic regression analysis was performed to examine several bio-psycho-social factors as predictors for probable PTSD. Results : High level PTS symptoms were found. The mean score of IES-R was 34.20±20.56, and 62.56% were over 24/25 cut-off point determined as broadly defined PTSD which means high-risk presence of probable PTSD. The significant differences by chi-square test of high-risk subjects were found among economic difficulty (p=.000), concerns about compensation (p=.000), lost jobs (p=.023), unsatisfying housing (p=.025), unsatisfying environment around temporary housing (p=.000), having chronic disease (p=.003), aggravation of chronic disease (p=.000), affection of new disease (p=.000), lack of necessary information (p=.000), family split-up (p=.031), and lack of acquaintance support (p=.000). By the result of multiple logistic regression analysis, the significant predictors of probable PTSD were economic difficulty (OR : 2.34, 95%CI : 1.30-4.24), concerns about compensation (OR : 4.16, 95%CI 1.26-13.76), aggravation of chronic disease (OR : 2.94, 95%CI : 1.63-5.30), affection of new disease (OR : 2.20, 95%CI : 1.21-3.99), and lack of acquaintance support (OR : 1.92, 95%CI : 1.07-3.42). Conclusion : The findings revealed that there is a high-risk presence of probable PTSD strongly related to a number of bio-psycho-social factors due to the nuclear power plant disaster and its consequent evacuation. Our findings underscore the specific characteristics of the nuclear disaster as man-made disaster. Since the socio-economic problems such as compensation and reparation have not been solved, it is suggested that prolonged uncertainty regarding the insufficient salvation of the evacuees might account for the high-level PTS symptoms.

Social Factors Affecting Psychological Stress of the Evacuees Out of Fukushima Prefecture by the Cause of Nuclear Accident after the Great East Japan Earthquake

Yamaguchi Maya;Tsujiuchi Takuya;Masuda Kazutaka;Iwagaki Takahiro;Ishikawa Noriko;Fukuda Chikako;Hirata Shuzo;Inomata Tadashi;Negayama Koichi;Kojima Takaya;Ogihara Atsushi;Kumano Hiroaki

Japanese Journal of Psychosomatic Medicine 56(8) p.819 - 8322016-2016

CiNii

Detail

Outline:

Backgrounds : This study reports the results of a questionnaire survey conducted in the households consisting of inhabitants of Fukushima Prefecture who have evacuated to Saitama Prefecture or Tokyo Metropolis at one and two years after the Great East Japan Earthquake. The Great East Japan Earthquake in 2011 has been expanded to the nuclear power plant disaster. Consequently, approximately 56,920 inhabitants of Fukushima evacuated to other prefectures as of March 2013. This consequence sets the 2011 earthquake apart from previous natural disasters. Method : This survey was conducted by "Earthquake and human sciences project" of Waseda University and Shinsai Shien Network Saitama. Psychological stress of the evacuees (2,011 households in 2012 ; 1,875 households in Saitama and 2,393 households in Tokyo in 2013) were examined one year and two years after the disaster respectively. The questionnaire also contained such items as severity of housing destruction, Tsunami affection, worries about livelihood sustainability etc. In this study, psychological stress was measured using the Stress Response Scale-18 (SRS-18). Results : The results revealed that the stress reaction level of the evacuees from Fukushima Prefecture living in other prefectures is still "somewhat higher" despite two years passed since the disaster. A chi-square test was used to determine psychosocial factors influencing stress reactions. Results of the survey in 2012 revealed that anxiety about living costs or joblessness influenced stress reactions in men, whereas damaged houses, personal relationships, and compensation problems related to the nuclear power plant influenced stress reactions in women. However, according to the results of the 2013 survey, difficult economic conditions, aggravated health conditions, negative labeling as an evacuee, and dissatisfaction with relationships with family and neighbors influenced stress reactions in both men and women. Conclusion : The results revealed that the psychological stress is strongly related to several social factors ; economic conditions, health status, family and community relationships, and dwelling environments. By the comparison between first year result and second year result, the causes of stressors have been changed from the damage of earthquake disaster itself into the circumstances of shelter life over time. Therefore, the work in cooperation among medicine, clinical psychology, social welfare, and legal support is necessary in order to obtain mental health recovery.

Children in an Island of Allomothering:

NEGAYAMA KOICHI

The Annual Report of Educational Psychology in Japan 55(0) p.219 - 2252016-2016

CiNii

Embodied Intersubjective Engagement in Mother-infant Tactile Communication: A cross-cultural study of Japanese and Scottish mother-infant behaviours during infant pick-up.

Koichi Negayama* , Jonathan T. Delafield-Butt, Keiko Momose, Konomi Ishijima, Noriko Kawahara, Erin Lux, Andrew Murphy and Kaliarntas Konstantinos

Frontiers in Psychology, section Cognitive Science 6p.1 - 132015/02-

DOI

Group resilience in incidents of varying degrees of danger and frequency

Japanese Journal of Social Psychology 31(1) p.13 - 242015-2015

CiNii

Detail

ISSN:0916-1503

Outline:Group resilience is the competency of a group to recover from an accident and maintain its activity. It is captured by the sequence of behaviors of its members. In this study, group resilience was defined in terms of four key abilities, namely the ability to prevent undesirable incidents from happening, to keep undesirable incidents from worsening, to recover from an accident after it has already occurred, and to maintain group activity levels. The present study aimed at exploring whether these four abilities were exerted differently according to incidents of varying degrees of danger and frequency. The results of the study showed that moderately dangerous incidents occurring frequently were rarely remained unsolved. Ability to prevent undesirable incidents from happening and ability to keep undesirable incidents from worsening were also shown to be instrumental in solutions for less dangerous incidents that sometimes occurred, though such incidents were hardly ever settled by the group's ability to maintain its levels of activity. Frequent incidents that were a little dangerous were not settled by ability to prevent undesirable incidents. The ability to prevent undesirable incidents from occurring was not effective in such incidents. Furthermore, the study found that if group members did not have prior experience handling rare incidents that were dangerous, group resilience might not be exerted on such circumstances.

食事場面における1,2歳児と養育者の対立的相互作用:課程と保育園の比較から

河原紀子・根ヶ山光一

小児保健研究 73(4) p.584 - 5902014/07-

母子における身体接触遊びの初期発達:遊びの種類とマルチモーダルな時系列構造に着目して

石島このみ・根ケ山光一

発達研究 28p.1 - 122014/05-

子どもの身体・発達とアロマザリング

根ケ山光一

子ども学 (2) p.118 - 1352014-

乳児と母親のくすぐり遊びにおける相互作用:文脈の共有を通じた意図の読み取り

石島このみ・根ヶ山光一

発達心理学研究 24p.326 - 3362013/09-

サルの子は親からどう自立するか

根ケ山光一

児童心理学 971p.42 - 472013/08-

子別れ・アロマザリングから子育てを考える

根ヶ山光一

乳幼児医学・心理学研究 22(1) p.1 - 82013/06-

日英の母子相互作用におけるテンポの同期性の比較

根ヶ山光一

日本保育学会第66回大会(中村学園大学) 2013/05-

身体と同期する認知:対人関係の基盤としての身体接触

根ヶ山光一

日本発達心理学会第24回大会(明治学院大) 2013/03-

母子の身体接触遊び場面におけるリズミカルな運動を伴う関わり:乳児による情動表出・能動的参与に着目して

石島このみ・根ヶ山光一

日本発達心理学会第24回大会(明治学院大) 2013/03-

子別れと自尊・他尊

根ヶ山光一

子育て研究 3p.3 - 72013/03-

貧しさと豊かさ:貧困から発達を考える(特集責任編集)

根ヶ山光一・川野健治・柏木惠子

発達心理学研究 23(4) 2012/12-

制度化されたアロケアとしての児童養護施設:貧困の観点から

平田修三・根ヶ山光一

発達心理学研究 23(4) p.460 - 4692012/12-

Being Poor and Being Rich : Considering Development from the Viewpoint of Poverty

The Japanese journal of developmental psychology 23(4) 2012/12-2012/12

CiNii

Detail

ISSN:09159029

かささぎプロジェクトによる震災避難家族の支援

平田修三・根ヶ山光一・石島このみ・持田隆平・白神晃子

人間科学研究 25(2) p.265 - 2722012/09-

Understanding mother's intention of the infant in tickling play: From the viewpoint of proto-triadic relationship

Ishijima, K. & Negayama, K.

ISSBD2012(Edmonton, Canada) 2012/07-

Feeding and weaning from mother's viewpoint: comparison of Japan, France and the US

Negayama, K., Norimatsu, H., Barratt, M., & Bouville, J.-F.

ISSBD2012(Edmonton, Canada) 2012/07-

沖縄離島におけるアロマザリングとしての守姉:1.予備調査

根ケ山光一

日本保育学会第65回大会発表要旨集 p.9122012/05-

日・仏・米における離乳の国際比較

根ヶ山光一・則松宏子・M. Barratt・J.-F. Bouville

日本発達心理学会第23回大会論文集 p.5062012/03-

母子のくすぐりにおける乳児による意図の読み取り:視線による意図の読み取りが困難なくすぐりの場合

石島このみ・根ヶ山光一

日本発達心理学会第23回大会論文集 p.3952012/03-

母子のくすぐり遊びにおける行動のマイクロ分析

石島このみ・根ヶ山光一・百瀬桂子

電子情報通信学会技術研究報告 111(565) p.9 - 142012/03-

母子の身体接触を伴う遊びにおける動作と発話の時系列分析

百瀬桂子・根ヶ山光一・石島このみ・菊池英明・誉田雅彰・市川熹

電子情報通信学会技術研究報告 111(464) p.3 - 72012/03-

母乳から固形物へ:母子関係と味覚

根ヶ山光一

小児歯科臨床 17(3) p.26 - 312012/03-

Microanalysis of mother-infant interaction in tickling play

Technical report of IEICE. HCS 111(464) p.9 - 142012/02-2012/02

CiNii

Detail

ISSN:0913-5685

Outline:Interaction of 5- and 7-month-old infants and their mothers in tickling play was naturalistically observed at a child-care support center. Microanalysis of the longest episode of tickling in each dyad revealed that the 7-month-old infant was more complex in his interaction with the mother than the 5-month-old: the 7-month-old showed a gaze at the tickling mother's face and hands, a high-pitched vocalization, and an expectant ticklish expression before actual touch. It is suggested that, in comparison with the 5-month-old, the 7-month-old and his mother were more competent to share the same narrative with each other by mutually monitoring behaviors and attuning interaction.

Sequential Structure Analysis of Repetitive Movements and Utterances in Mother-infant Play Interaction

Technical report of IEICE. HCS 111(464) p.3 - 72012/02-2012/02

CiNii

Detail

Outline:Tactile interaction of three 4-month-old infants and their mothers in play situation was observed at home. Playful repetitive arm/leg movements were observed in all mother-infant pairs and their sequential structure was analyzed. Tempo of the repetitive movement decreased with expanding moving arm/leg area of infant. Mother and infants intended to keep and enjoy their play and their interaction through infants' active physical contact and utterance was observed. Sequential features of the repetitive arm/leg movements obtained from this situation imply the importance of the tactile interaction for the early development of communication.

対人関係の基盤としての身体接触

根ヶ山光一

根ヶ山光一 根ヶ山光一・仲真紀子編「発達の基盤:身体・認知・情動」(新曜社) p.119 - 1302012-

原発事故による避難家族への支援

根ヶ山光一・平田修三・石島このみ

臨床発達心理実践研究 7p.42 - 462012-

Japan-France-US comparison of infant weaning from mother's viewpoint

Negayama, K., Norimatsu, H., Barratt, M., & Bouville, J.-F.

Journal of Reproductive and Infant Psychology 30(1) p.77 - 912012-

沖縄離島と関東における保育園児の行動比較: 1.降園場面

根ヶ山光一・河原紀子

日本保育学会第64回大会発表論文集(玉川大学) 2011/05-

母子のくすぐりにおける乳児による意図の読み取り:視線のやりとりの文脈の検討

石島このみ・根ケ山光一

日本発達心理学会第22回大会論文集 p.1422011/03-

哺乳・離乳・食発達と育児観に関する全国調査

根ケ山光一・河原紀子

日本発達心理学会第22回大会論文集 p.5162011/03-

保育者が危険と認知する遊具における園児の遊び

白神敬介・根ケ山光一

日本発達心理学会第22回大会論文集 p.5482011/03-

幼児における危険性の認識(2):プロトコルの分析から

河原紀子・根ケ山光一

日本発達心理学会第22回大会論文集 p.6392011/03-

Kowakare: a new perspective on the development of mother-offspring relationship

Negayama, K.

Integrative Psychological and Behavioral Science 45p.86 - 992011/03-

親子間における食の受け渡しについて考える(上野論文へのコメント)

根ヶ山光一

心理学評論 53p.405 - 4072011/01-

保育園における寝かしつけ行動の日英比較

根ヶ山光一・河原紀子

乳幼児医学・心理学研究 19p.117 - 1232010/12-

Reactions of Children and Parents to an Earthquake, from the Viewpoint of 'Kowakare' (Mutual Autonomy)

The Japanese journal of developmental psychology 21(4) p.386 - 3952010/12-2010/12

CiNii

Detail

ISSN:09159029

Outline:This research analyzed the immediate reactions of 315 children (176 boys, 136 girls; 166 first-born) aged 0-16 years (mean=6.1, SD=2.4) to a major earthquake in January 1995 that killed more than 6,400 people. It examined children's ability to avoid hazards from sudden natural disasters. The earthquake onset was at 5:46 AM; 75.2% of the children were reportedly asleep in the same room with their parent(s) at the moment and 10.5% were alone. Parents were surprised by the earthquake, but many children's reactions were much weaker. About 30% of them reported little or no surprise, and even slept through the moment. Younger children had less of a reaction, and a frightened reaction was more notable after 7 years of age. Parents' typical reaction was to make bodily contact by embracing or lying over their children, and many grasped the hands of older children. The reactions of the children and parents were interpreted as developmental indicators of children's autonomous coping and Kowakare (mother-offspring mutual autonomy).

子どもと大人の「共生」を考える:身体性の視点

根ケ山光一

幼児の教育 109(7) p.4 - 72010/07-

幼児における危険性の認識

河原紀子・根ヶ山光一

日本発達心理学会第21回大会発表論文集 p.5702010/03-

母子のくすぐりにおける乳児の意図理解に関する事例的研究

石島このみ・根ヶ山光一

日本発達心理学会第21回大会発表論文集 p.5302010/03-

哺乳・離乳スタイルの世代間伝達:関東圏と沖縄離島件の比較

根ヶ山光一・河原紀子

日本発達心理学会第21回大会発表論文集 p.1652010/03-

Gender differences of children's social skills and parenting using Interaction Rating Scale (IRS)

Anme, T., Shinohara, R., Sugisawa, Y., Tong, L., Negayama, K. et al. (69)

Procedia - Social and Behavioral Sciences 2p.260 - 2682010-

Behavioral development of infant holding and its laterality in relation to mothers’ handedness and child-care attitude.

Negayama, K., Kawai, M., Yamamoto, H., Tomiwa, K., Sakakihara,Y. & Japan Children's Study Group

Infant Behavior and Development 33p.68 - 782010/02-

Developmental trends in mother-infant interaction from 4-months to 42-months: Using an observation technique.

Kawai,M., Namba, K., Yato, Y., Negayama, K., Sogon, S., Yamamoto, H., & Japan Children's Study Group

Journal of Epidemiology 20p.S427 - S4342010-

子どもの身体は親にとって快か不快か: 身体接触・身体産生物・体臭への感情の日仏比較

根ヶ山光一・則松宏子

乳幼児医学・心理学研究 18p.103 - 1152009/12-

子別れの観点からみた保育と家族支援

根ヶ山光一

発達 118p.76 - 822009/04-

サルと遊び:動物行動学からみた遊び

根ヶ山光一

そだちの科学 12p.66 - 702009/04-

乳児における抱き行動とそのlaterality:母親による両手の関与・利き手との関連性

根ヶ山光一・河合優年・Japan Children's Study Group

発達心理学会第20回大会発表論文集 p.2432009/03-

乳幼児と保育者の相互作用の日英比較:食事場面に注目して

河原紀子・根ヶ山光一・広瀬美和・Niki Powers

発達心理学会第20回大会発表論文集 p.4182009/03-

子どもの事故:その心理と行動

根ヶ山光一

発達心理学会第20回大会発表論文集 p.472009/03-

Infant responses to maternal still-face at 4 and 9 months

Yato, Y., Kawai, M., Negayama, K., Sogon, S., Tomiwa,K., Yamamoto, H.

Infant Behavior and Development 31p.559 - 5692008/12-

家庭と保育園における乳幼児の行動比較:泣きを手がかりに

根ヶ山光一、河原紀子、福川須美、星順子

こども環境学研究 4(3) p.41 - 472008/12-

離島と都会の保育園・小学校における事故の比較

根ヶ山光一・河原紀子

日本心理学会第72回大会発表論文集 p.12232008/09-

虐待・反発性・子別れ

根ヶ山光一

子どもの虐待とネグレクト 10(2) p.214 - 2182008/08-

家庭型保育室と家庭における幼児の行動の試行的研究

福川須美・斎藤多江子・根ヶ山光一・河原紀子

日本保育学会第61回大会発表論文集 p.4262008/05-

両親の育児方針の一致が子どもの発達に与える影響について

難波久美子・矢藤優子・根ヶ山光一・荘厳舜哉・河合優年

日本発達心理学会第19回大会発表論文集 p.8142008/03-

「抱き」を通した母子相互作用についての研究:母親が感じる「抱きにくさ」に着目して

山形悦子・根ヶ山光一

日本発達心理学会第19回大会発表論文集 p.7862008/03-

家庭型保育室と家庭における幼児の行動の予備的研究(1):定常場面における泣き行動に注目して

根ヶ山光一・河原紀子・星順子・福川須美

日本発達心理学会第19回大会発表論文集 p.2152008/03-

家庭での自然観察によるつかまり歩きの縦断的発達研究

白神敬介・根ヶ山光一

発達心理学研究 19(4) p.375 - 3882008-

施設入所高齢者の給食における食事満足度

北林蒔子、本間健、根ヶ山光一

日本食生活学会誌 19(3) p.266 - 2722008-

Cross-cultural comparison of nursery staff’s tactile tactics to put children into sleep between Japan and Scotland.

Negayama, K., Kawahara, N. , Hirose, M. , & Powers, N.

ISSBD 2008-

Touches as young children’s regulation of their relationships after social conflict: Naturalistic observation at a nursery in Japan and UK

Hirose, M., Negayama, K.

ISSBD 2008-

乳幼児のオムツ交換場面における子どもと保育者の対立と調整:家庭と保育園の比較

村上八千世・根ケ山光一

保育学研究 45p.107 - 1142007/12-

子どもの攻撃性の背後にあるもの

根ケ山光一

児童心理 867p.43 - 492007/10-

発達行動学からみた子どもの食発達

根ケ山光一

小児看護 30(7) p.860 - 8652007/07-

乳幼児のオムツ交換における子と保育者の対立と調整:保育園と家庭の比較より

村上八千世・根ケ山光一

日本発達心理学会大18回大会発表論文集 p.3612007/03-

母子における抱きの発達と抱きにくさに関する研究(その2):母親の抱きに対する「意識」と抱きにくさに関する質問紙による分析

京野尚子・西川晶子・根ケ山光一・山形悦子・山口創

日本発達心理学会大18回大会発表論文集 p.7322007/03-

母子における抱きの発達と抱きにくさに関する研究(その1):双対尺度法を用いて

山形悦子・根ケ山光一・山口創・京野尚子・西川晶子

日本発達心理学会大18回大会発表論文集 p.7312007/03-

食事場面における乳幼児と保育者の対立と調整の発達的変容

河原紀子・根ケ山光一

日本発達心理学会大18回大会発表論文集 p.2552007/03-

保育園・学校における子どもの事故の実態:災害報告書資料の分析を通じて

根ヶ山光一

日本発達心理学会大18回大会発表論文集 p.2852007/03-

抱っこ研究の萌芽:どのように取り組むか

根ケ山光一

日本発達心理学会大18回大会発表論文集 p.2052007/03-

老人福祉施設入所高齢者の施設給食における食事の満足度

小山蒔子,本間健,下光輝一,根ヶ山光一

日本健康科学学会第23回学術大会抄録集 23p.3272007-

対人関係の基盤としての身体接触に関する発達的研究:(1)乳児における身体接触遊びの日英比較

根ケ山光一

日本心理学会第70回大会発表論文集 p.12332006/11-

Stillーface場面における母子の行動特性:4か月齢・9か月齢の縦断的変化

矢藤優子、河合優年、萱村俊哉、根ケ山光一、荘厳舜哉、富和清隆、山本初実

日本心理学会第70回大会発表論文集 p.11742006/11-

サルを通してヒトの子育てを理解する:「子別れ」からの子育て再考

根ケ山光一

日本霊長類学会第22回大会 2006/07-

'Mother-Infant Vocal Play In Japan And Scotland: Do Vowels Support The Expression And Perception Of Emotions In Early Communication?'

Powers, N. & Negayama, K.

ISSBD 2006 2006/07-

Development Of Cruising In The Home From A Viewpoint Of Ecological Psychology

Shiraga,K. & Negayama, K.

ISSBD 2006 2006/07-

Age Differences In Children's Immediate Reactions To A Big Earthquake

Negayama, K.

ISSBD 2006 2006/07-

家庭と保育園で1歳児の行動はどう切り替わるか:(2)食事場面における拒否・泣き・制止

河原紀子・根ヶ山光一・福川須美・土谷みち子

日本保育学会第58回大会発表論文集 p.938 - 9392006/05-

家庭と保育園で1歳児の行動はどう切り替わるか:(1)定常場面における泣き

根ヶ山光一・河原紀子・福川須美・土谷みち子

日本保育学会第58回大会発表論文集 p.936 - 9372006/05-

三項関係の舞台としての食

河原紀子・根ヶ山光一

日本発達心理学会第17回大会発表論文集 2006/03-

青年期と中年期におけるイヌの排出物に対する不快感

甲田菜穂子,根ヶ山光一

日本発達心理学会第17回大会発表論文集 p.3382006/03-

親の体臭に対する子どもの不快の発達的変化

根ヶ山光一

日本発達心理学会第17回大会発表論文集 p.4862006/03-

ベビーマッサージ場面における親子の行動の縦断的研究

篠沢薫,根ヶ山光一

日本発達心理学会第17回大会発表論文集 p.3392006/03-

乳児の歩行発達の生態心理学的研究:つかまり歩きに着目して

白神敬介,根ヶ山光一

日本発達心理学会第17回大会発表論文集 p.3992006/03-

0〜2歳児における積み木崩し行動の発達

武智勇人,根ヶ山光一

日本発達心理学会第17回大会発表論文集 p.6122006/03-

保育園0歳児クラスにおける乳児の泣き:保育士による観察記録を手がかりに

根ヶ山 光一・星三和子・土谷みち子・松永静子・汐見稔幸

保育学研究 43(2) p.65 - 722005/12-

動物看護師のイヌに対する不快感

甲田菜穂子・根ヶ山光一

第2回日本獣医内科学アカデミー総会抄録集 p.2242005/08-

動物の親子関係:霊長類の子別れを中心に

根ヶ山光一

研究年報(成長科学協会) 28p.357 - 3602005/08-

母子におけるくすぐり遊びとくすぐったさの発達

根ヶ山光一・山口創

小児保健研究 64(3) p.451 - 4602005/05-

赤ちゃんの泣きと保育環境・方法に関する研究(4):保育士による泣きへの対応と理由の解釈

根ヶ山光一・星三和子・松永静子・汐見稔幸

日本保育学会第58回大会発表論文集 p.592 - 5932005/05-

保育士による泣きへの対応と理由の解釈

根ヶ山光一・星三和子・松永静子・汐見稔幸

日本保育学会第58回大会発表論文集 p.S2 - S32005/05-

関係性のシステム間のダイナミックシフトを探る

根ヶ山光一

日本発達心理学会第16回大会発表論文集 2005/03-

泣きから今日の保育を検討する:(2)保育園現場における泣きの検討

根ヶ山光一

日本発達心理学会第16回大会発表論文集 2005/03-

保育士による泣きへの対応と理由の解釈

根ヶ山光一

日本保育学会第58回大会発表論文集 2005/03-

臨床発達心理士の専門性を考える:他の関連資格との比較から

根ヶ山光一

日本発達心理学会第16回大会発表論文集 2005/03-

離島の子育て

宮内 洋・菅野幸恵・請川滋大・岡本依子・根ヶ山 光一

財団法人明治安田こころの健康財団研究 助成論文集 39p.63 - 722004/11-

大人が用意する保育環境と子どもの能動性の関係

根ヶ山光一

発達科学研究教育センター 2004/09-

The develpment of young children’s regulation of their relationships and reconciliation after conflict

Hirose, M., & Negayama, K.

18th Biennial ISSBD Meeting 2004/08-

Cross-cultural comparison of physical/social constraint and support for feeding/weaning practice

Koichi Negayama・Norimatsu, H.・Bouville, J.-F.・Marguerite Barratt

28th International Congress of psychology (ICP2004) 2004/08-

Characterisitcs of breast feeding mothers in the US, Japan and France

Marguerite Barratt・Koichi Negayama・Norimatsu, H.・Bouville, J.-F.

Cross-cultural comparison of physical/social constraint and support for feeding/weaning practice (ICP2004) 2004/08-

The influence of sources of information on mother’s feeding style: Data from France, Japan, and US

Norimatsu, H.・Bouville, J.-F.・Marguerite Barratt・Koichi Negayama

Cross-cultural comparison of physical/social constraint and support for feeding/weaning practice (ICP2004) 2004/08-

なぜ小学生は学校のトイレで排便できないのか?

村上八千世・根ヶ山光一

学校保健研究 46(3) p.303 - 3102004/08-

動物の親子関係:霊長類の子別れを中心に

根ヶ山光一

心を伝え合う親子関係:コミュニケーションの不思議 (財団法人 成長科学協会 心の発達研究委員会 第17回公開シンポジウム) 2004/06-

母から子への攻撃性:発達行動学からの考察

根ヶ山光一

子どもの心とからだ(日本小児心身医学会雑誌) 13(1) 2004/06-

わが国と海外の育児行動の違い

根ヶ山光一

子育て支援セミナー 2004/05-

保育園における乳児の泣き行動:(1)保育士による泣きへの対応とその解釈

根ヶ山光一・星三和子・志村洋子・保坂佳一・松永静子・汐見稔幸

第4回日本赤ちゃん学会学術集会発表抄録集 352004/04-

保育園における乳児の泣き行動:(2)乳児保育室の環境条件と泣き行動

志村洋子・星三和子・根ヶ山光一・保坂佳一・松永静子・汐見稔幸

第4回日本赤ちゃん学会学術集会発表抄録集 352004/04-

Japan-France-US comparison of infant feeding and weaning: (1) Demographic analyses.

Barratt, M., Negayama, K., Norimatsu, H., & Bouville, J.-F.

日・米・仏の母親にける哺乳・離乳の選択とその支援・制限要因の比較研究 (平成12-14年度科学研究費補助金(基盤B)研究成果報告書(代表:根ヶ山光一) p.3 - 112004/03-

Japan-France-US comparison of infant feeding and weaning:(3) Weaning.

Negayama, K., Norimatsu, H., Barratt, M., &Bouville, J.-F.)

日・米・仏の母親にける哺乳・離乳の選択とその支援・制限要因の比較研究 (平成12-14年度科学研究費補助金(基盤B)研究成果報告書(代表:根ヶ山光一) p.28 - 722004/03-

Japan-France-US comparison of infant feeding and weaning: (2) Mother's choice of feeding-reasons and sources of information.

Norimatsu, H., Bouville, J.-F., Negayama, K., & Barratt, M.

日・米・仏の母親にける哺乳・離乳の選択とその支援・制限要因の比較研究 (平成12-14年度科学研究費補助金(基盤B)研究成果報告書(代表:根ヶ山光一) p.12 - 272004/03-

子どものいざこざの調整・仲直り行動の発達:2.身体接触

広瀬美和・根ヶ山光一

日本発達心理学会第15回大会発表論文集 582004/03-

基礎研究領域から臨床発達に迫る

根ヶ山光一

日本発達心理学会第15回大会発表論文集 S222004/03-

泣きから今日の保育を検証する:(1)泣きとは何か

根ヶ山光一

日本発達心理学会第15回大会発表論文集 S1252004/03-

食行動にみるサルの子別れ,ヒトの子別れ

根ヶ山光一

乳児保育と赤ちゃん学 1p.18 - 212004/03-

日本における哺乳・離乳の選択とその支援・制限要因:(1)母親における実践と意識についての全国調査から

根ヶ山光一

日・米・仏の母親にける哺乳・離乳の選択とその支援・制限要因の比較研究 (平成12-14年度科学研究費補助金(基盤B)研究成果報告書(代表:根ヶ山光一) p.75 - 892004/03-

日本における哺乳・離乳の選択とその支援・制限要因:(2)保健センターにおける指導の実態調査

根ヶ山光一・高橋万由美

日・米・仏の母親にける哺乳・離乳の選択とその支援・制限要因の比較研究 (平成12-14年度科学研究費補助金(基盤B)研究成果報告書(代表:根ヶ山光一) p.90 - 1062004/03-

母乳哺育:語りにみる感情と身体

根ヶ山多嘉子・根ヶ山光一

日本発達心理学会第15回大会発表論文集 4362004/03-

母乳哺育において夫は支援要因か,制限要因か:夫婦の性的関係性の視点から

根ヶ山多嘉子・根ヶ山光一

日・米・仏の母親にける哺乳・離乳の選択とその支援・制限要因の比較研究 (平成12-14年度科学研究費補助金(基盤B)研究成果報告書(代表:根ヶ山光一) p.165 - 1732004/03-

子どものトイレ行動に見るからかい行動・羞恥心の発達:トイレ空間の環境条件による変化

村上八千世・根ヶ山光一

日本発達心理学会第15回大会発表論文集 2132004/03-

「チンパンジーの認知と行動の発達」を読んで

根ヶ山光一

霊長類研究 2004-

人間の「つながり」と「へだたり」を考える

根ヶ山光一

人間総合研究センター 2003/12-

Cross-cultural comparison of infant feeding and weaning

Negayama, K.

INTERNATIONAL CONFERENCE OF MATERNAL AND CHILD HEALTH 2003/11-

子どもの食

根ヶ山光一

所沢市教育委員会 2003/11-

子どもにおけるいざこざの調整・仲直り行動の発達:(1)保育園の自然観察的研究

広瀬美和・根ヶ山光一

日本心理学会第67回大会発表論文集 11822003/09-

母から子への攻撃性:発達行動学からの考察

根ヶ山光一

日本小児心身医学会 2003/09-

母子における「身」と自他性

根ヶ山光一

日本心理学会第67回大会 2003/09-

棒の長さ知覚課題におけるダイナミックタッチの発達的研究

清水武・根ヶ山光一

発達心理学研究 14(2) p.113 - 1232003/08-

胎動に対する語りにみられる妊娠期の主観的な母子関係:胎動日記における胎児への意味づけ

岡本依子・菅野幸恵・根ヶ山光一

発達心理学研究 14(1) p.64 - 762003/04-

子どものいざこざの調整・仲直り行動の発達 1.横断的研究

広瀬美和・根ヶ山光一

日本発達心理学会第14回大会発表論文集 2542003/03-

「ゆらぎ」ある育児の中の乳離れ

根ヶ山光一

育児通信 90p.2 - 32003/03-

子育てにおけるストレス管理:母乳哺育・離乳との関連で

根ヶ山光一

ストレス科学研究 18p.27 - 322003/03-

母親による授乳様式の選択とその縦断的変化の検討

根ヶ山光一

日本発達心理学会第14回大会発表論文集 S1202003/03-

哺乳・離乳の選択とその支援・制限要因の検討 (その1)母親における実践と意識についての全国調査から

根ヶ山光一

日本発達心理学会第14回大会発表論文集 2992003/03-

哺乳・離乳の選択とその支援・制限要因の検討 (その5)乳房にかかわるセクシュアリティの変容に基づいて

根ヶ山多嘉子・根ヶ山光一

日本発達心理学会第14回大会発表論文集 3032003/03-

「タッチケア」研究(2)対児感情と家庭実践の縦断的検討

西川晶子・根ヶ山光一

日本発達心理学会第14回大会発表論文集 3102003/03-

水野・竹下論文へのコメント

根ヶ山光一

心理学評論 45(3) p.365 - 3662003/02-

霊長類を通してみたヒト乳幼児の母子関係:反発性の視点から

根ヶ山光一

心理学評論 45(3) p.399 - 4102003/02-

事故と迷子から空間認知の発達を考える

根ヶ山光一

日本心理学会第66回大会発表論文集 S442002/09-

行為における身体と空間・モノの関連性について

川野健治・根ヶ山光一

日本心理学会第66回大会発表論文集 S272002/09-

Parental perception of contact with children's bodies and bodily products: A JapaneseFrench comparison.

Negayama, K. & Norimatsu, H.

17th Biennial ISSBD Meeting 2002/08-

身体接触と間主観性:くすぐり遊びの考察から

根ヶ山光一

日本発達心理学会第13回大会発表論文集 S642002/03-

臨床発達心理学における地域と大学の連携を考える

根ヶ山光一

日本発達心理学会第13回大会発表論文集 S142002/03-

「タッチケア」研究(1)予報

西川晶子・根ヶ山光一

日本発達心理学会第13回大会発表論文集 1032002/03-

子どもの攻撃性を理解する

根ヶ山光一

小児医学5学会連合 2001/09-

子どもの身体から発せられるものへの親による嫌悪の発達的変化

根ヶ山光一

ヒューマンサイエンス 13p.2 - 132001/03-

発達と身体資源(2)「親子関係の長期的変化における「身体接触」の変容」(子の身体およびその産生物に対する嫌悪の発達)

根ヶ山光一

日本発達心理学会第12回大会発表論文集 S692001/03-

母親による子どものモノ環境の調整(荘厳舜哉企画:発達環境を巡るサブ文化の影響)

根ヶ山光一

発達心理学会第12回大会発表論文集 S752001/03-

子どもがモノに接する際の母親による調整について

川野健治・根ヶ山光一

日本発達心理学会第12回大会発表論文集 2762001/03-

子どもがモノに接触する際の母親による調整

川野健治・根ヶ山光一

ヒューマンサイエンス 13p.23 - 362001/03-

母子の「抱き」における母親の抱き方と乳幼児の「抱かれ行動」の発達

西條剛央・根ヶ山光一

小児保健研究 60p.82 - 902001/01-

「くすぐり遊び」における母親と赤ちゃんの間主観性

根ヶ山光一

安田生命外国人講師招聘講座シンポジウム「クリエイティブな赤ちゃんのこころの世界:間主観性の発達」 2000/12-

コミュニケーションとしての食

根ヶ山光一

日本心理学会第64回大会発表論文集 S562000/11-

子どもにおける障害物回避行動の発達に関する実験的研究

根ヶ山光一

発達心理学研究 11p.122 - 1312000/11-

Weaning and mother-child relationship in Japan with a focus on Dan-nyu (mother-initiated sudden cessation of breast-feeding)

Negayama, K.

Abstracts of the 16th Biennial Meetings of ISSBD 2932000/07-

Transition to motherhood during pregnancy:Narrative about fetal movement

Okamoto, Y., Sugano, Y., & Negayama, K.

Abstracts of the 16th Biennial Meetings of ISSBD 2582000/07-

比較行動学からみた文化心理学

根ヶ山光一

心理学評論 43p.109 - 1182000/07-

Development of parental aversion to offspring's bodily products: A new approach to parent-offspring relationships.

Negayama, K.

Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development,1998-1999, 22p.51 - 582000/03-

Feeding as a communication between mother and infant in Japan and Scotland.

Negayama, K.

Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development 22p.59 - 682000/03-

ヒトの家族と子育ての特質

根ヶ山光一

日本発達心理学会第11回大会 2000/03-

離乳の発達行動学的研究:親子間におけるその主導性の分析を中心に

根ヶ山光一

科学研究費補助金(基盤C)成果報告書/文部省 2000/03-

母性と父性の学際的検討の試み,緒言

根ヶ山光一

ヒューマンサイエンス 12p.1 - 21999/10-

Development of reactions to pain of inoculation in children and their mothers.

Negayama, K.

International Journal of Behavioral Development 23p.731 - 7461999/09-

大人が用意する「モノ」環境は子どもの発達をいかに規定するか

根ヶ山光一

日本心理学会第63回大会発表論文集 1999/09-

家庭における母子の隔たりと行動の対応に関する研究

根ヶ山光一

発達心理学会第10回大会発表論文集 1999/03-

柔らかい方法によって観察される社会・情緒的発達の世界

根ヶ山光一

日本発達心理学会第11回大会 1999/03-

胎動に対する語りに見られる妊娠期の母子関係(2)-胎動日記における母親の感情の変遷-

根ヶ山光一

発達心理学会第10回大会発表論文集 2521999/03-

乳児の食行動に対する母親の共感的開口に関する実験的研究

根ヶ山光一

発達心理学会第10回大会発表論文集 1331999/03-

発達と身体資源(1)胎児・乳幼児と母親の身体

根ヶ山光一・川野健治

発達心理学会第10回大会発表論文集 1251999/03-

コミュニケーションと子の自立

根ヶ山光一

日本発達心理学会1998年度公開シンポジウム 1998/12-

身体と母子関係

根ヶ山光一

日本心理学会第62回大会発表論文集 S641998/10-

性とペアレンティング:母性と父性の比較

根ヶ山光一

人間総合研究センター 1998/10-

Development of parental aversion to offspring's body products: a new approach to parent-offspring relationships.

Negayama, K.

Abstracts of the 14th Biennial Meetings of ISSBD 1998/07-

Feeding as a communication between mother and infant in Japan and Scotland.

Negayama, K.

Abstracts of the 14th Biennial Meetings of ISSBD 1998/07-

胎動に対する語りにみられる妊娠期の母子相互作用:胎動日記における胎児ボディ・イメージとcommunicability

岡本依子・菅野幸恵・根ヶ山光一

日本発達心理学会第9回大会発表論文集 5021998/03-

親による子どもの身体産生物への不快感からみた親子の分離

根ヶ山光一

日本発達心理学会第9回大会発表論文集 S51998/03-

母親と乳児におけるくすぐり遊びの発現に関する発達行動学的研究

根ヶ山光一・山口創

日本発達心理学会第9回大会発表論文集 2111998/03-

離乳という母子関係

根ヶ山光一

行動科学/日本行動科学学会 36(1月2日) p.1 - 111997/12-

子どもの身体性刺激に対する親の不快感情からみた子別れの心理機制

根ヶ山光一

日本心理学会第61回大会発表論文集 2351997/09-

子どもにおける空間対処能力からみた自立の発達に関する基礎的研究

根ヶ山光一

科学研究費補助金(基盤C)研究成果報告書/文部省 1997/03-

子どもの顔におけるかわいらしさの縦断的発達変化に関する研究

根ヶ山光一

人間科学部紀要/人間科学部 10p.61 - 681997/03-

子どもの事故行動

根ヶ山光一

日本発達心理学会第8回発表論文集/日本発達心理学会 1111997/03-

動物行動研究は発達心理学に何を示唆しうるか:「こども」とは何かの考察を通じて

根ヶ山光一

日本発達心理学会第8回発表論文集/日本発達心理学会 S41997/03-

離乳と母子関係:桶谷式断乳とラ・レーチェ・リーグ式卒乳の比較

根ヶ山光一

行動科学 36p.1 - 111997-

サルの母子関係

根ヶ山光一

日本心理学会第60回大会発表論文集/日本心理学会 S1061996/09-

A cross-cultural study of mother-infant interaction in Japan and Korea:

Negayama, K.

Abstracts of the 14th Biennial Meetings of ISSBD/国際行動発達学会 2501996/08-

親ばなれ・子ばなれの心理:自立性の生涯発達

根ヶ山光一

児童心理/金子書房 662p.1 - 101996/06-

青少年の健康な心身発達に及ぼす食行動の影響についての基礎的研究

根ヶ山光一

マツダ財団研究報告書/マツダ財団 9p.1 - 121996/04-

実生活場面における母子関係の日韓比較-医療機関での予防接種場面の観察と家庭での日常生活場面の観察・質問紙調査から

根ヶ山光一

日韓乳幼児における母子相互作用の比較文化研究(代表:藤永保,平成5〜7年度科学研究費(国際比較研究)研究成果報告書) p.23 - 401996/03-

突発的な危機に対し子どもはとっさにどう反応するか

根ヶ山光一

日本発達心理学会第7回大会発表論文集 1661996/03-

サルの子別れ・ヒトの子別れ

根ヶ山光一

青少年問題/青少年問題研究会 43p.26 - 311996/02-

食嗜好の獲得に関する行動発達学的研究

根ヶ山光一

浦上食品・食文化振興財団研究助成報告書/浦上食品・食文化振興財団 5p.57 - 751996-

サルとヒトの子育て・子別れ

根ヶ山光一

平成4〜6年度家庭教育研究セミナー・国際セミナー報告書/国立婦人教育会館 p.55 - 591995/11-

意欲とエソロジー

根ヶ山光一

現代のエスプリ/至文堂 333p.138 - 1461995/04-

About cultural variation in child and adult interaction during everyday activities.

Negayama, K.

Abstracts of the 16th Biennial Meetings of ISSBD 1994/07-

Fathers' participation in the lives of their 4 month-old infants: The United States and Japan

Barratt, M., Negayama, K. & Minami, T.

Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development/Faculty of Education, Hokkaido University 18p.1 - 111994-1995

The social environments of early infancy in Japan and the United States.

Barratt,M.S. , Negayama, K., & Minami, T.

Early Development and Parenting 2p.51 - 641993-

Weaning in Japan: a longitudinal study of mother and child behaviours during milk- and solid-feeding

Negayama, K.

Early Development and Parenting/Wiley 2p.29 - 371993-

飼育ニホンザルの死児に対する母親行動についての事例研究

根ヶ山光一

武庫川女子大学紀要 38p.133 - 1401991-

霊長類における母子関係の進化

根ヶ山光一

心理学評論 32p.21 - 411989-

幼稚園児の身体図式に関する実験的研究

根ヶ山光一・伊藤俊彦・森下活二

武庫川女子大学紀要 37p.137 - 1431989-

飼育カニクイザルの母性行動に及ぼす子の行動の効果:麻酔によるその実験的分析

根ヶ山光一

霊長類研究 4p.1 - 101988-

Basic behavioral profiles among adult of the Arashiyama A troop and the Arashiyama B troop

Negayama, K.,Ando,Hara, Kamada, Kondo-Ikemura, Koyama,Nakamichi,Yoshida

Research reports of the Arashiyama West and East groups of Japanese monkeys p.1 - 171988-

Early mother-infant relationships of the Arashiyama A and B troops in summer.

Negayama, K.

Research reports of the Arashiyama West and East groups of Japanese monkeys p.67 - 741988-

初期母子関係:摂餌との関連において

根ヶ山光一

ニホンザルの生涯発達に関する比較行動学的研究(科学研究費補助金報告書) p.2 - 151986-

親子の関係: 親と子の対立

根ヶ山光一

こころの科学 8p.40 - 461986-

隔離飼育ニホンザルにおける日周期活動性の発達

根ヶ山光一・近藤清美

武庫川女子大学紀要人間関係コース編 2p.33 - 421986-

Behavior of Japanese monkey (Macaca fuscata) mother and neonate at parturition

Negayama, K., Negayama, T., & Kondo, K.

International Journal of Primatology/Plenum 7p.365 - 3781986-

An experimental study on developmental changes of maternal discrimination of infants in crab-eating monkeys (Macaca fascicularis).

Negayama, K. & Honjo, S.

Developmental Psychobiology/Wiley 19p.49 - 561986-

繁殖システムの中における人類の父親性

根ヶ山光一

青年心理 51p.118 - 1221985-

Affective determinants of occurrence of copulatory behavior in isolation-reared Japanese monkeys.

Itoigawa,N., Negayama, K. & Kondo,K.

Proceedings of the XXIII International Congress of Psychology of the Union of Psychological Science, 5p.337 - 3461985-

死んだ子ザルへの母ザルの反応・・・ニホンザルの母性行動を考える

根ヶ山光一

モンキー 191/192p.28 - 341984-

霊長類における子育ての中の攻撃

根ヶ山光一

異常行動研究会誌 23p.36 - 451984-

餌付けニホンザル集団におけるロコモーションの個体発達

根ヶ山光一

ロコモーションの個体発達と系統発達に関する総合的研究 p.45 - 511984-

Development of locomotor behaviour in infant Japanese macaques (Macaca fuscata)

Negayama, K.

Annales des Sciences Naturelles, Zoologie/Masson 5p.169 - 1801984-

初期母子関係について考える

根ヶ山光一

助産婦雑誌 37p.245 - 2471983-

Experimental study on sexual behavior between mother and son in Japanese monkeys (Macaca fuscata).

Itoigawa,N., Negayama, K. & Kondo,K.

Primates 22p.494 - 5021981-

成体ニホンザルオスの攻撃行動に関する実験的研究

根ヶ山光一

動物心理学年報 31p.103 - 1111981-

コンフリクトとフラストレーション

根ヶ山光一

現代の心理学(小林出版) p.60 - 651981-

Maternal aggression to its offspring in Japanese monkeys

Negayama, K.

Journal of Human Evolution/Academic Press 10p.523 - 5271981/07-

霊長類における攻撃行動とその個体発達

根ヶ山光一

大阪大学人間科学部紀要 5p.293 - 3161979-

隔離飼育霊長類の常同行動

根ヶ山光一

心理学評論 21p.19 - 371979-

隔離飼育成体ニホンザルの攻撃行動

根ヶ山光一

動物心理学年報 27p.33 - 411977-

Developmental problems concerning children’s oral functions, based on a questionnaire administered to dentists and guardians  

Tamura, F

Pediatric Dental Journal Peer Review Yes 2020-

Early development of maternal holding of infants and mother's perceived difficulty in holding: A longitudinal study

Peer Review Yes 79(4) p.314 - 3212020/07-2020/07

PRIMARY SCHOOL STUDENTS’ ACCIDENTS AND TEACHERES’ RESPONSES IN REMOTE ISLANDS AND URBAN CITY: FROM AN ANALYSIS OF ACCIDENT REPORTS

Peer Review Yes 16(1) p.118 - 1232020/08-

MOTHER-INFANT PHYSICAL CONTACT PLAY AT HOME: LONGITUDINAL COMPARISON OF JAPAN AND SCOTLAND

2020/12-2020/12

Books And Publication

M.Koyasu, S.Iwatate, &K. Negayama, (Eds.) Frontiers in developmental psychology research: Japanese perspectives. (Child-rearing (“Kosodate”) in Japan with special reference to mother-child mutual negativity)

Negayama, K.

Hituzi_syobo2016/07-

Detali

Total Number of Pages:269Responsible Number of Pages:19-32

震災直後の避難に伴う家族と子どもの心理(震災後に考える:東日本大震災と向き合う92の分析と提言 所収)(総ページ1003)Pp311-322.

根ヶ山光一・平田修三・石島このみ・持田隆平・白石優子

早稲田大学出版部2015/07-

避難家族と子どもたちの適応:地域との関係を踏まえて(震災後に考える:東日本大震災と向き合う92の分析と提言 所収)(総ページ1003)Pp323−334..

平田修三・石島このみ・持田隆平・白石優子・根ヶ山光一

早稲田大学出版部2015/03-

無藤隆・子安増生編「発達心理学Ⅱ」P376 (成人期と子別れ,pp.136-141)

根ケ山光一

東京大学出版会2013/09-

辻内琢也編著 『ガジュマル的支援のすすめ:東日本大震災と人間科学①』P132(震災避難家族の支援:かささぎプロジェクトの活動、pp.17-39)

平田修三・石島このみ・持田隆平・根ヶ山光一

早稲田大学出版部2013/05-

子どもと食 P302

根ヶ山光一・外山紀子・河原紀子

東京大学出版会2013/04-

アロマザリングの島の子どもたち:多良間島子別れフィールドノート 総頁192

根ヶ山光一

新曜社2012/12-

発達の基礎:身体・認知・情動 P322 (対人関係の基盤としての身体接触,pp.119-130)

根ヶ山光一・仲真紀子(編)

新曜社2012/09-

高石恭子編「子別れのための子育て」(発達行動学からみた子別れ pp.56-82)総頁275

根ヶ山光一

平凡社2012/04-

秦野悦子・山崎晃(編著)保育のなかでの臨床発達支援(子どもの発達する時間としての乳幼児期と保育,35-42)

根ケ山光一

ミネルヴァ書房2011/03-

菊地章夫・二宮克美・堀毛一也・斎藤耕二 編著 社会化の心理学/ハンドブック(乳児の社会的能力,61-74)

根ヶ山光一

川島書店2010/11-

根ケ山光一・柏木惠子編著「ヒトの子育ての進化と文化:アロマザリングの役割を考える」(人間の子育てを理解する窓としてのアロマザリング,1-8)

根ケ山光一・柏木惠子

有斐閣2010/07-

根ケ山光一・柏木惠子編著「ヒトの子育ての進化と文化:アロマザリングの役割を考える」(子別れとアロマザリング,55-70)

根ケ山光一

有斐閣2010/07-

根ケ山光一・柏木惠子編著「ヒトの子育ての進化と文化:アロマザリングの役割を考える」(保育園におけるアロマザリング,185-200)

河原紀子・根ケ山光一

有斐閣2010/07-

ヒトの子育ての進化と文化:アロマザリングの役割を考える(303頁)

根ヶ山光一・柏木惠子

有斐閣2010/07-

三宅和夫・高橋惠子 編著 縦断研究の挑戦:発達を理解するために(母子交渉と発達:短期縦断研究の結果から見えてくるもの、71-88)

河合優年・矢藤優子・難波久美子・根ヶ山光一・荘厳舜哉

金子書房2009-

繁多進編 子育て支援に活きる心理学:実践のための基礎知識(子別れの心理学と子育て支援、141-151)

根ヶ山光一

新曜社2009-

南徹弘編 発達心理学(子どもの発達と親:子どもの就寝と子別れについて,144-158)

根ケ山光一

朝倉書店2007/05-

<子別れ>としての子育て

根ヶ山光一

日本放送出版協会2006/04-

中島義明・根ヶ山光一編 「環境」人間科学 (環境とヒトの行動,75-85)

根ヶ山光一

朝倉書店2006-

自閉症の子どもたち(分担翻訳)

C.Trevarthen他

ミネルヴァ書房2005/06-

根ヶ山光一・川野健治編 身体から発達を問う:衣食住のなかのからだとこころ(食べる・排泄する,pp.21-36)

根ヶ山光一

新曜社2003/03-

身体から発達を問う:衣食住のなかのからだとこころ

根ヶ山光一・川野健治

新曜社2003/03-

発達行動学の視座:<個>の自立発達の人間科学的探究

根ヶ山光一

金子書房2002/10-

母性と父性の人間科学

根ヶ山光一編

コロナ社2001/12-

牧野順四郎・南徹弘・小山高正・田中みどり・加藤克紀編 社会性の比較発達心理学(母子分離と子の自立,173-187)

根ヶ山光一

アートアンドブレーン社2001/03-

田島信元・西野泰広編 発達研究の技法(比較観察法,123-126)

根ヶ山光一

福村出版2000/04-

東洋・柏木惠子編 社会と家族の心理学(母親と子の結合と分離:アタッチメント理論の検討を通して,23-45)

根ヶ山光一

ミネルヴァ書房1999-

竹中晃二編 健康スポーツの心理学(心理発達におよぼす身体活動の影響,116-124)

根ヶ山光一

大修館書店1998/04-

糸魚川直祐・南徹弘編 サルとヒトのエソロジー(離乳と子の自立,134-147)

根ヶ山光一

培風館1998-

今田純雄編 食行動の心理学(行動発達の観点から,41-63)

根ヶ山光一

培風館1997/12-

東洋・北山忍・柏木恵子編 文化心理学(親子関係と自立:日英比較を中心に,160-179)

根ヶ山光一

東京大学出版会1997/11-

中島義明・今田純雄編 食べる:食行動の心理学(老年期の食行動,132-145)

根ヶ山光一

朝倉書店1996/09-

中島義明・今田純雄編 食べる:食行動の心理学(離乳期までの食行動,66-78)

根ヶ山光一

朝倉書店1996/09-

河合優年編 看護実践のための心理学(人の生活空間と心理,84-92)

根ヶ山光一

メディカ出版1996-

子別れの心理学

根ヶ山光一・鈴木晶夫

福村出版1995/04-

異常行動研究会編 ノンバーバル行動の実験的研究(霊長類の母子関係と行動発達,121-137)

根ヶ山光一

川島書店1993-

吉川左紀子・中村真・益谷真編 顔と心(顔から年齢を知る、88-106)

根ヶ山光一

サイエンス社1993-

荘厳舜哉・根ヶ山光一編 行動の発達を科学する(発達からみた行動の意味,10-26)

根ヶ山光一

福村出版1990-

糸魚川直祐編 ヒューマンエソロジー(子育ての論理,59-75)

根ヶ山光一

福村出版1989-

繁殖行動と適応戦略(母子関係と繁殖,128-191)

糸魚川直祐・藤井尚教・根ヶ山光一

東海大学出版会1987-

岡野恒也編 霊長類心理学I(剥奪飼育と行動変容:行動傷害の発生,191-237)

根ヶ山光一

ブレーン出版1983-

関・澤田編 現代の心理学(コンフリクトとフラストレーション、60-65)

根ヶ山光一

小林出版1981-

Lecture And Oral

Micro-analysis of interactive feeding behaviours between Japanese mothers and their infants at 6 and 9 months of age (Koichi Negayama, Noriko Kawahara, Keiko Momose, & Konomi Ishijima)

14th WAIMH World Congress (Edinburgh)2014/06/17

Detail

Poster presentation

Feeding as mother-infant communication in Japan and Scotland (Negayama, K.)

16th European Conference on Developmental Psychology (Lausanne, Swiss)2013/09/05

Detail

Oral presentation(general)

Kinematic development of infant-mother interactions during specific tasks (Kaliarntas KT, Ishijima K, Momose K, Murphy AJ, Kawahara N, Negayama K, Delafield-Butt J.)

22nd Annual Meeting of the European Society for Movement Analysis in Adults and Children (ESMAC2013)2013/09

Detail

Poster presentation

Kowakare as an adaptive side of negativity: a suggestion from Japanese mother-infant relationship

British Psychological Society Developmental Section Annual Conference 20122012/09/07

Mother-infant companionship mediated by touch and its cross-cultural comparison.

International Association of Infant Massage2010/10

Touches as young children’s regulation of their relationships after conflicts at day nursery in Japan and UK(Hirose, M. , Negayama, K., Kawahara, N. , & Powers, N.)

ISSBD2008/07

Detail

Poster presentation

Cross-cultural comparison of nursery staff’s tactile tactics to put children into sleep between Japan and Scotland ( Negayama, K., Kawahara, N. , Hirose, M. , & Powers, N.)

ISSBD2008/07

Detail

Poster presentation

Mother-child inter-body relationship: Cross-cultural studies of interactions during play, sleep and infant massage

The Guild of Infant and Child Massage International Conference2009/03

Negativity as an important component of mother-infant negotiation dynamics

Negayama, K.

ICP2016Invitation Yes2016/07/26

Development of mother-infant synchrony and dissynchrony in feeding and its cultural comparison

Negayama, Koichi

Synchrony as the foundation of cognitive and social development: Mother-infant co-mqnipulation of time structure2016/07/28

Comparison of Japanese children's social experience after day nursery between a remote island and urban areas

Negayama, K. & Kawahara, N.

ISSBD20182018/07/16

Detail

Venue:Gold Coast, Australia

Work ・Software ・ Teaching Material ・ Field Work etc.

Study on mother-infant relationship in Edinburgh, U. K.

1991-

Comparative study of mother-child relationship between Japan and Korea

1993-

Follow-up study of solid-feeding

1993-

Study of Sudden-weaning

1993-

Study of mother-child separation with respect to house structure

1993-

Cross-Cultural Comparison of Tickling Play in Japan and Britain

Field Work2001-

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

Study of allomothering in a solitary island: Focusing on Moriane

2013/-0-2016/-0

Allocation Class:¥13650000

Research Classification:

Influence of "Guidelines for breast/formula feeding and weaning" (Guidance) on the practice of feeding.

2011/-0-2014/-0

Allocation Class:¥3380000

Research Classification:

Tau analysis of mother-infant interaction with bodily contact by a motion-capture system

2011/-0-2014/-0

Allocation Class:¥3510000

Research Classification:

A Cohort Study Examining Genetic and Environmental Factors on Infants and Its Effect on Social Behavior in Childhood

2009/-0-2014/-0

Allocation Class:¥42640000

Research Classification:

Different aspects of development in children's eating : with a special attention to caregiver-child conflict and negotiation

Allocation Class:¥20800000

Research Classification:

Study of life-span development in bodily contact as a basis of inter-personal relationships

2004-2006

Allocation Class:¥20020000

Research Classification:

Comparative study of facilitating and restricting factors of milk-feeding and weaning among mothers in Japan, United States, and France

Allocation Class:¥10700000

Research Classification:

Developmental study of weaning : An analysis of its initiative between mothers and offspring

Allocation Class:¥1900000

Research Classification:

Preliminary study on development of autonomy in terms of children's abilities in spatial coping.

Allocation Class:¥2000000

Research Classification:

A cross-cultural Study of mother-infant interaction in Japan and Korea

Allocation Class:¥11100000

Research Classification:

How worries about radiation exposure influence psychological health and development

2014/-0-2017/-0

Allocation Class:¥15860000

On-campus Research System

Special Research Project

震災で別離した親子の支援:アロマザリングとしての里親制度に注目して

2011

Research Results Outline: 地震に伴う原発事故により母子が関東に避難し父親が現地に残留した分離家族に対し,父母への面接・スカイプ機器貸与・子どものビデオ記録などを通じて家族を繋 地震に伴う原発事故により母子が関東に避難し父親が現地に残留した分離家族に対し,父母への面接・スカイプ機器貸与・子どものビデオ記録などを通じて家族を繋ぐ「かささぎプロジェクト」を立ち上げ支援を行ってきた。 家族の人間関係の特徴は,空間的な住まい方に... 地震に伴う原発事故により母子が関東に避難し父親が現地に残留した分離家族に対し,父母への面接・スカイプ機器貸与・子どものビデオ記録などを通じて家族を繋ぐ「かささぎプロジェクト」を立ち上げ支援を行ってきた。 家族の人間関係の特徴は,空間的な住まい方に反映される(根ヶ山,2007)。事故発生直後に多くの家族がとった母子の実家等への避難と父親の残留という選択には,母親の里帰り出産や父親の単身赴任,あるいは父母子の就寝形態などにその例が見られるような日本的な家族の特性が反映されていた。 避難家族の生活は,時系列にそっていえば,①「生存」を確保する(とりあえず被曝を避けるため,雨露をしのげる場所に移る),② 「生活」の基盤を整える(ひとまず切迫した危機を乗り越え,自律的な環境を確保するとともに,避難者のネットワークを作る),③「人生」を展望する(安定的職業と定住地を確定し,将来を見通した生活形態に入る)に分類できよう。 現在は②から③への移行期として,生活形態の再組織化の兆しがみえるとともに,地域ネットワークからの孤立化や分離の常態化によるストレスや疎遠状態の固定化など,新たな課題も出てきている段階である。とくに③の問題は,家族の分離状態の固定化,地域のネットワークの形成不全と孤立,それと裏腹の子どもの自立の阻害と母子の過剰な結合,終の棲家の確定困難とアイデンティティの浮遊状態の継続など,人生に対する実存的不安定を生みかねないという意味で深刻である。 災害に際して家族集団がとる行動は,極めて短期間のうちに刻々と変化する。自治体から緊急貸与された住宅はいずれ引き払わねばならず,今の地域に根を下ろすという見通しを持ち得ないという事情が,母子の地域でのネットワーク開拓を阻害している。また福島へ回帰することももはやありえないという。子どもも母親も,ともに新旧いずれのネットワークにも組み込まれないまま地域での孤立化を深めかねないと案じられる。また分離の常態化による父親のストレスと孤立化もこれからの大きな懸念材料となるであろう。 今後社会一般の関心の風化も予想されるところであるが,むしろ生活が安定した後に問題が表面化する可能性もある。避難家族の抱える上記のような問題はまさに憲法25条がうたう「生存権」という基本的人権が脅かされた状態である。私たちは家族が求めるニーズを絶えずヒアリングし,柔軟にかつ継続して長期にわたり支援を続けると同時に,このような基本的人権の危機に対して避難家族だけではなく彼らを取り巻く人々にも働きかけて行く必要がある。

沖縄離島におけるアロマザリングとしての「ネエネエヤ」の総合的研究

2011

Research Results Outline: 多良間島に古くから存在するが急速にさびれ消滅しつつある「守姉」(現地の言葉でムリ゜アニ,もしくはムレネエネエと呼ばれる,少女が乳幼児の世話を任される 多良間島に古くから存在するが急速にさびれ消滅しつつある「守姉」(現地の言葉でムリ゜アニ,もしくはムレネエネエと呼ばれる,少女が乳幼児の世話を任される独特の風習)について,行動観察と質問紙,インタビューによりその実態の一端を明らかにした。 まず行動... 多良間島に古くから存在するが急速にさびれ消滅しつつある「守姉」(現地の言葉でムリ゜アニ,もしくはムレネエネエと呼ばれる,少女が乳幼児の世話を任される独特の風習)について,行動観察と質問紙,インタビューによりその実態の一端を明らかにした。 まず行動観察としては,島にかろうじて残存する守姉3ケースについて,その少女の乳幼児への世話の様子を1時間にわたりビデオカメラで観察した。子どもの遊び相手というに近い関わりであったが,その間乳幼児はその少女に全面的に任され,乳幼児もすっかりその守姉になついて,その世話の間母親はその乳幼児の周囲から全く離れていた。 また,高齢者の島民を中心に,かつて自分が幼かった頃それをした・された体験についてインタビューした。その結果,守姉とは小学生くらいの女の子が,血縁のないもしくは遠縁の親から頼まれて,その赤ん坊の親代わりとなること,少なくとも3歳までは続けられ,その後も一緒に遊んだり世話をしたりして子守りをすること,しかもそれがある一時の助っ人というのではなく,その赤ん坊がずっと大きくなってもその特異的な親しい関係が維持されること,その子どもが長じて結婚するとき式に招待されたり,また壮年になっても交流をもち続け,生涯のかけがえないつながりとなることなどがわかった。守姉と子どもの二者関係にとどまらず,それぞれの家族同士が親類づきあいにも匹敵するような関係に入る。守姉の母親は「ムリ゜アンナ」と呼ばれ,守姉とともに赤ん坊の世話に関わる。いわば家族ぐるみで赤ん坊を育てていくのであり,島のネットワークの維持発展に重要な役割を果たしていた。 60歳前後27名の方に対して守姉の経験に関する簡単な質問紙調査を試行的に行った。まず,自分の子ども時代に守姉をしてもらったことがあるかどうかを尋ねたところ,1名を除いて回答があり,そのうちの15名57.7%もの人があると答えていた。今から半世紀ほど前の多良間島では,生まれてくる子どものなんと6割ほどは母親のほか守姉に(も)育ててもらった経験があった。そしてそのうちの11名,73.3%の人はその守姉に感謝の気持ちを抱いている。27名中女性は11名で,そのうち自ら守姉をしたことがあるかという質問に回答をくれたのが7名,そのうちの4名は経験ありと答えている。当時守姉はするにしろされるにしろ過半数の子どもが関わっていたわけで,ごく当たり前の光景であったことがわかった。 守姉を自身が始めた年齢は早くて7歳,遅くて11歳ということであったから,やはり小学校の中学年あたりから行うもののようだ。一生の間に1人とか2人とか,ごく少人数の世話をするようで,次々と何人も世話の相手を替えていくようなことはしない。 守姉は,少女にとっては赤ん坊に向けられたある種人形遊びのような行動で,それが島の大人の生活にとっても有用だとして許容されかつ重宝され,長い時間のなかで地域のネットワーク作りにも積極的に活用されるようになった風習であろう。今後とも注目していきたい風習である。今や風前の灯火の状況であり,この研究を手始めに研究プロジェクトを立ち上げてグループで集中的に研究していきたい。

沖縄離島における多様なアロマザリングとその時代変化の研究

2012

Research Results Outline:沖縄県多良間島において,守姉に関する聞き取り調査と心理テストを行った。まず島民の戸別訪問による調査では,年配の方における守姉体験の豊富な語りが聴取され沖縄県多良間島において,守姉に関する聞き取り調査と心理テストを行った。まず島民の戸別訪問による調査では,年配の方における守姉体験の豊富な語りが聴取されたのに対し,若年層ではその形骸化が顕著であり,保育所の設置がその結果をもたらしていると認識されてい...沖縄県多良間島において,守姉に関する聞き取り調査と心理テストを行った。まず島民の戸別訪問による調査では,年配の方における守姉体験の豊富な語りが聴取されたのに対し,若年層ではその形骸化が顕著であり,保育所の設置がその結果をもたらしていると認識されていた。ただし普段の子どもたちの遊び行動の中に守姉的な要素がふんだんに含まれ,育児風土としてなすたれているわけではないことが示された。 地域の保育所を介して、園児の保護者(母親)に対し,妊娠中や出産前後のようす、日常の子育て、あるいは守姉の有無や縁組の仕方や守姉と子どもとの関係などについて1時間程度のインタビューを行った。妊娠中、産褥期、それ以後のすべての時期を通して、島内、あるいは島外(主として出産が行われる宮古島)に暮らす親族が多くの面で援助機能を果たしていること、また島内では親族にかぎらず隣近所にすむ住人どうしでの子どもの見守りが自然に行われていることがわかり、開かれた雰囲気のなかで子どもたちが生き生きと育つようすが確認された。子どもに守姉がいるという人もいたが、前の世代のそれほど濃密な関係ではなく、しかし特別な間柄であるという意識は、親も子も持っていることが示唆された。 「守姉」の心理学的意義を明らかにするために、「守姉」を持っていた50歳以上の成人8名を対象に、1)成人愛着面接と、2)高橋(1997)の親密な関係のネットワークを調べる質問紙(ARS)、3)ドール・ロケーション・テスト(DLT)を行った。その結果、「守姉」は、アタッチメント表象に組み込まれていなかったが、心理的距離としては親に対する以上に近い存在と認識していた。また、親に対するアタッチメント表象が、多くの方で曖昧であったが、その場合、祖母や親戚の女性など、親に代わる対象にアタッチメント表象を持っていた。親が労働で忙しい状況で、アロマザリングがアタッチメント表象に果たす役割が示唆された。 幼稚園児を対象とする調査では、幼稚園児15名に、高橋(1997)が作成したPARTを用いて、親密な関係のネットワークを調べるとともに、役割取得検査によって社会的発達について調べた。その結果、多良間島の子ども達では、親や友達以外の様々な対象が親密な関係のネットワークに含まれていた。特に、きょうだいや祖父母、同居していない親族が、困った場面やものを教わる場面で対象として多く含まれ、高橋(1997)が首都圏で行った「母親タイプ」「友達タイプ」の二分法には当てはまらないタイプが出現した。また、役割取得検査では、年齢に比して高いレベルにある子どもが多くいた。

小学生における集団の統合化過程:震災避難児の人形劇づくり活動を通じて

2013

Research Results Outline:本研究は,2011年3月11日に発生した地震とそれにともなう津波・原発事故によって,自宅を離れることを余儀なくされ,関東に逃れてこられた家族の支援活動本研究は,2011年3月11日に発生した地震とそれにともなう津波・原発事故によって,自宅を離れることを余儀なくされ,関東に逃れてこられた家族の支援活動の一環として,都内で人形劇活動を続けてきているNPOの協力のもとで行った子ども達の人形劇づくり活動...本研究は,2011年3月11日に発生した地震とそれにともなう津波・原発事故によって,自宅を離れることを余儀なくされ,関東に逃れてこられた家族の支援活動の一環として,都内で人形劇活動を続けてきているNPOの協力のもとで行った子ども達の人形劇づくり活動を通じて,子ども達の相互作用の変化や集団形成過程を明らかにしようとしたものである。我々の呼びかけに応じて参加したのはあわせて4家族8人の子ども達であった。子ども達は通常は親に伴われて参加し,子どもは人形劇づくり,親はその傍らでインタビューと育児相談という2焦点活動を行った。参加を呼びかけ「劇団」を結成した当初は,子ども達は親の方を頻繁に振り返るなど不安な様子がありありと見て取れ,親も子どものことが気になって見つめるというように,親子が分離しがたい状況であった。しかし劇団名を相談したり出し物のストーリーを考えたりするなかで自発的にリーダーシップをとる子どもが出てきて,徐々に求心性と自我関与度が高まっていった。それは子ども達が相互に下の名前で呼び合うという行動に象徴的に表れていた。そして,練習場での練習だけではなく,自宅においても自発的に練習することも見られた。子ども達のなかに一人障害児がいたが,その児童も含めて皆熱心に練習に取り組み,相互的な効果を生んでいた。最後に練馬区で行われる人形劇祭に参加し自分たちの演目を無事上首尾に上演したことは,子ども達とその親にとって大変充足的な体験となった。どの子どももほとんど一度も休むこともなく,今後も参加し続けたいという意見表明があったため,第二次の取り組みへと歩を進めているところである。この過酷な時期(私達のもう一つのアンケート調査では,関東避難家族のなかに高いストレスを抱えている子どもが一定数いるという結果が得られている)に我々が行った支援がこの子ども達と避難家族に何をもたらしたかについては,さらに長期にわたって追跡調査を行う必要がある。

母親が感じる乳児の「抱きにくさ」の行動学的解明

2015Collaborator:石島このみ

Research Results Outline:母親の抱き下ろし・抱き上げの発達的変化について,6組の母子を対象に,生後1.5か月,3か月,5か月,7か月の4時点において,家庭訪問してビデオ撮影を行母親の抱き下ろし・抱き上げの発達的変化について,6組の母子を対象に,生後1.5か月,3か月,5か月,7か月の4時点において,家庭訪問してビデオ撮影を行った。その際母親の手足と胴体数か所,子どもの手足と肩にマーカーを装着し,携行型のモーションキャプチ...母親の抱き下ろし・抱き上げの発達的変化について,6組の母子を対象に,生後1.5か月,3か月,5か月,7か月の4時点において,家庭訪問してビデオ撮影を行った。その際母親の手足と胴体数か所,子どもの手足と肩にマーカーを装着し,携行型のモーションキャプチャシステムによって行動の軌跡を記録した。それらは可能な場合には,父親や育児未経験の学生にも同様の試行をした。ああわせて,デンバー式発達検査によって運動や社会性などの発達を調べるとともに,グレーティング視力検査によって視力の検査を行った。またエジンバラうつ尺度と独自に開発した抱きの質問紙による調査を行った。それらの結果を総合して検討する予定である。

離島の多様なアロマザリングネットワークにおける子どもと大人の共生

2016Collaborator:小島康生

Research Results Outline: 多良間島の母親に対する哺乳・離乳に関する質問紙調査と子どもに対する空間認知の調査が行われた。まず哺乳・離乳の調査では,東京・大阪に比べて多良間島の母 多良間島の母親に対する哺乳・離乳に関する質問紙調査と子どもに対する空間認知の調査が行われた。まず哺乳・離乳の調査では,東京・大阪に比べて多良間島の母親が,より親主導的な離乳観をもっていることや,その実施に際しての情報源として公的なサービスよりも親... 多良間島の母親に対する哺乳・離乳に関する質問紙調査と子どもに対する空間認知の調査が行われた。まず哺乳・離乳の調査では,東京・大阪に比べて多良間島の母親が,より親主導的な離乳観をもっていることや,その実施に際しての情報源として公的なサービスよりも親や親戚などの私的なアロマザーを重視していることがわかった。また子どもの空間認知の調査では,小学1〜3年生に集落の千都を描いてもらったところ,かなり正確な地図を描くことができた。都会の小学生と違って,多良間島の子どもたちは,自分の足でさまざまな場所を行き来するといった経験が,リアルな知覚環境の発達に影響しているものと考えられた。

母親の哺乳・離乳に関する選択の実態とその要因の時代変化を把握するための全国調査

2016

Research Results Outline:2012年に全国47都道府県市部郡部218か所における3歳児健診で母親を対象に実施した哺乳・離乳に関する調査を,同じ対象地域に同じ質問紙によって2012012年に全国47都道府県市部郡部218か所における3歳児健診で母親を対象に実施した哺乳・離乳に関する調査を,同じ対象地域に同じ質問紙によって2017年に再度調査した(現在も回収継続中)。母乳終了平均月齢±SDは2012年が13.23±8.55か...2012年に全国47都道府県市部郡部218か所における3歳児健診で母親を対象に実施した哺乳・離乳に関する調査を,同じ対象地域に同じ質問紙によって2017年に再度調査した(現在も回収継続中)。母乳終了平均月齢±SDは2012年が13.23±8.55か月,2017年が13.94±8.28か月であり,両時期間に有意差はなかった。両時期間における母乳イメージと人工乳イメージの11項目にわたる質問からは,2012年から2017年にかけて一貫して母乳のイメージが相対的に低下し,人工乳のイメージが逆に上昇していることがわかった。母乳をやめた最大の原因を出具合とした母親は2012年に多く,母の仕事とした人は2017年に多かった。このように2012年に比べて2017年は,母乳志向性がやや弱まっていた。

離島の多様なアロマザリングネットワークにおける子どもと大人の共生

2017Collaborator:小島康生

Research Results Outline:1.   多良間村立の老人ホーム収容者に個別にインタビューを行い,往時に自分の子ども以外の子どもに母乳を与えた経験がある1.   多良間村立の老人ホーム収容者に個別にインタビューを行い,往時に自分の子ども以外の子どもに母乳を与えた経験があるかどうかを調べたところ,沖縄の本土復帰までは多くの女性が他の母親の乳児に哺乳していた。2.&nbs...1.   多良間村立の老人ホーム収容者に個別にインタビューを行い,往時に自分の子ども以外の子どもに母乳を与えた経験があるかどうかを調べたところ,沖縄の本土復帰までは多くの女性が他の母親の乳児に哺乳していた。2.  多良間村立保育所に入園する1歳2か月の子どもを,保育園で入園初日から4日間追跡調査したところ,ほとんど泣きが発現しなかった。3.  都会(武蔵野市)と多良間村で,子育て世代が周囲にどの程度「大事な人」が取り巻いているかを質問紙によって調べたところ,周囲に親しい人がたくさんいた。4.  3~10歳程度までの子どもに対し,集落の各所の写真の場所がわかるか調査したところ,加齢と共におおむね成績は向上した。

哺乳・離乳に関する全国調査(第5次)の分析

2017

Research Results Outline:日本全国で行われる3歳児健診の場を利用して,健診に子どもを連れてきた母親に質問紙を渡し,帰宅してから記入後に返信用封筒で送り返してもらうという方法で,日本全国で行われる3歳児健診の場を利用して,健診に子どもを連れてきた母親に質問紙を渡し,帰宅してから記入後に返信用封筒で送り返してもらうという方法で,633名の母親に、母乳哺育の実施に関する第5次調査を行った。その結果を2012年実施の第4次調査(...日本全国で行われる3歳児健診の場を利用して,健診に子どもを連れてきた母親に質問紙を渡し,帰宅してから記入後に返信用封筒で送り返してもらうという方法で,633名の母親に、母乳哺育の実施に関する第5次調査を行った。その結果を2012年実施の第4次調査(1428名)の結果と比較したところ,母乳哺育の期間に有意な増加が認められた(第4次:平均13.23か月;第5次:14.08か月)。しかし人工乳の哺乳期間には有意差はなかった。ただし人工乳を与えた人は第5次で有意に増加しており,また産後赤ん坊が初めて口にするものを医師が決めたとする人が減り,逆に自分で決めたとする人が増えるなど,母親が自分の考えで育児する傾向が第5次に増加していた。また母乳をやめる理由としては,母乳の出具合を理由とする人が減少し,仕事を理由に挙げる人が増加していた。

離島の高齢者における子育ての回想についての研究

2018Collaborator:外山紀子, 石島このみ, 小島康生

Research Results Outline:沖縄県宮古郡多良間村の高齢者に、過去の育児についてインタビューした。その結果、当時の子育てが貧困の中で苦労しつつ行われたこと、子どもの世話を自分だけで沖縄県宮古郡多良間村の高齢者に、過去の育児についてインタビューした。その結果、当時の子育てが貧困の中で苦労しつつ行われたこと、子どもの世話を自分だけではなく子のきょうだいやオバア、守姉などに助けられながら行っていたこと、乳母行動(出生直後の新生児に...沖縄県宮古郡多良間村の高齢者に、過去の育児についてインタビューした。その結果、当時の子育てが貧困の中で苦労しつつ行われたこと、子どもの世話を自分だけではなく子のきょうだいやオバア、守姉などに助けられながら行っていたこと、乳母行動(出生直後の新生児に対して母親以外の女性が母親に代わって授乳を行うという一種のアロマザリング)が、本土復帰時点で41歳以上の年齢の女性は全員(86〜95歳5名)その実施体験者であった。おそらく本土復帰にともなう子育て環境の都市化が、育児に変化をもたらしたことを示す好例であろう。

離島におけるアロマザリングの空間的広がりと時間的つながりの研究

2018Collaborator:小島康生, 外山紀子, 石島このみ, 宮内洋, 川田学

Research Results Outline: 沖縄県多良間島において複数のアロマザリングシステムのネットワークの中で子どもがどのように発達するか調査した。まず幼稚園児が降園後どこで過ごすか、また 沖縄県多良間島において複数のアロマザリングシステムのネットワークの中で子どもがどのように発達するか調査した。まず幼稚園児が降園後どこで過ごすか、また小学生を対象に、集落の各所を撮影した写真がどこであるかが答えられるか,個別実験を行った。その結果、... 沖縄県多良間島において複数のアロマザリングシステムのネットワークの中で子どもがどのように発達するか調査した。まず幼稚園児が降園後どこで過ごすか、また小学生を対象に、集落の各所を撮影した写真がどこであるかが答えられるか,個別実験を行った。その結果、多良間の子どもたちは地域に豊かなネットワークを形づくり、面的な広がりのなかで行動していることがわかった。さらに多良間島と関東において育児中の保護者を対象に、どのようなソーシャルネットワークのなかで育児を行っているかコンボイモデルの聞き取りによって明らかにした。その結果、多良間の保護者は関東地区より豊かなネットワークを有している傾向が示唆された。

離島と都市地域の保育園児の登園場面における母親からアロマザーへの移行

2018Collaborator:小島康生, 外山紀子, 石島このみ

Research Results Outline: 本研究は,離島(沖縄県宮古郡多良間村)と都市部(東京都及び埼玉県)における1歳前後の保育園新入園の場面をビデオカメラにより連日行動観察することによっ 本研究は,離島(沖縄県宮古郡多良間村)と都市部(東京都及び埼玉県)における1歳前後の保育園新入園の場面をビデオカメラにより連日行動観察することによって,子どもの場面移行における適応過程を比較することが目的であった。またそれと対応させる目的で,保育... 本研究は,離島(沖縄県宮古郡多良間村)と都市部(東京都及び埼玉県)における1歳前後の保育園新入園の場面をビデオカメラにより連日行動観察することによって,子どもの場面移行における適応過程を比較することが目的であった。またそれと対応させる目的で,保育園での日常の送り迎え場面を観察した。都市部の新入園場面では、子どもは新入園時の分離に際して激しく泣き、またその泣きは長期にわたって持続した。一方多良間島での新入園場面はほとんど泣きが見られず分離がスムーズに行われた。日常の見送り場面でも、関東は親が園舎内まで同行するが多良間島では親は園の玄関口で子と別れる傾向が大きく,分離的であった。

子どもの顔におけるかわいらしさの発達的変化に関する実験研究

1996

Research Results Outline: 本研究は、コンピュータによる画像処理を用いて、さまざまな月齢の乳幼児の正面向き無表情の顔写真から、0~2、3~5、6~8、9~11、12~14、15 本研究は、コンピュータによる画像処理を用いて、さまざまな月齢の乳幼児の正面向き無表情の顔写真から、0~2、3~5、6~8、9~11、12~14、15~17、25~27か月齢のそれぞれの「平均顔」を作り、それを高齢者男女29人(平均59.9歳)、平... 本研究は、コンピュータによる画像処理を用いて、さまざまな月齢の乳幼児の正面向き無表情の顔写真から、0~2、3~5、6~8、9~11、12~14、15~17、25~27か月齢のそれぞれの「平均顔」を作り、それを高齢者男女29人(平均59.9歳)、平均3.8(SD=1.1)か月齢の乳児を育児中の父母93人(平均30.1歳)、大学生男女102人(平均20.5歳)、計224人に提示して、それぞれの顔の月齢・かわいらしさの相対評価・かわいらしさの絶対評価などを行ってもらった。 まず月齢の相対評価の全体的傾向からは、父母と学生が正確に月齢変化を読みとっているのに対し、高齢者の評価にはとくに最年少の顔に対する過大評価が見受けられた。かわいらしさの相対評価からは、全体を通じて、最年少の顔がもっともかわいくなく、その後かわいらしさが増して、最後に再びかわいらしさが減じるという変化が指摘された。詳細にみると、育児中の父母にはほぼその子どもの月齢に相当する3~5か月齢の顔についてかわいいという評価が高まる傾向があった。 次にかわいらしさの絶対評価(5段階)をもとに、各顔について世代(3水準)と性(2水準)による2要因分散分析を行ったところ、特に生後半年までの2つの顔について性の主効果が有意で、母親の方が父親よりもかわいらしさを強く感じていた。世代の主効果は3~5か月齢の顔で父母>大学生、25~27か月齢の顔で高齢者>父母・大学生という有意差としてみられた。交互作用はいすれも有意でなかった。 育児中の父母を比較したところ、最年長の2つの顔を除くすべての顔でかわいらしさの強さには母親>父親という差が有意もしくはほぼ有意であったのに対し、大学生では最年少の2つの顔に女子学生>男子学生という有意な差がみられるのみであった。最後に、育児中の父親による親行動の頻度とかわいらしさの絶対評価との相関をとってみると、おむつ換え(尿)や遊びとの正の対応関係が比較的強くみられた。このように、顔のかわいらしさはそれを見る側の性や年齢によって異なることが明らかにされた。

父親・母親における子との一体感の発達行動学的研究:離乳食場面における共感反応の発現を通じて

1997

Research Results Outline:本研究は、親から子への食供給場面において、親が子の摂食と同時に摂食様行動を自らの口唇部に浮かべるという共感反応の発現が父親と母親で異なるかを調べ、それ本研究は、親から子への食供給場面において、親が子の摂食と同時に摂食様行動を自らの口唇部に浮かべるという共感反応の発現が父親と母親で異なるかを調べ、それによって子との一体感の性差を測ることを目的とした。21組の父親(平均33.5歳)・母親(平均29....本研究は、親から子への食供給場面において、親が子の摂食と同時に摂食様行動を自らの口唇部に浮かべるという共感反応の発現が父親と母親で異なるかを調べ、それによって子との一体感の性差を測ることを目的とした。21組の父親(平均33.5歳)・母親(平均29.0歳)による乳児(7~10か月齢、平均7.4か月齢)への離乳食供給場面が家庭でビデオ撮影された。撮影は、父および母それぞれがあらかじめ定められた順序にしたがって、(1)自分自身(父または母)による乳児への食供給、(2)もう一方の親(母または父)の食供給下での近傍(乳児から約0.5m分離)および(3)遠隔(約1.5m分離)からの傍観、の3条件の距離において、最低5匙の供給に対して行われた。その映像から、父・母が(1)(2)(3)それぞれにおいてどの程度共感反応を発現させるかが分析された。その結果、共感反応は(1)では父親の62.9%、母親の71.4%、(2)ではそれぞれ28.6%と32.4%、(3)では15.7%と22.4%の供給に対して発現しており、とくに自ら供給する事態で多発することがわかった。父母間にはいずれの条件も有意差はなかった。場面差については、反復測定分散分析によれば父母ともに有意であり、とくに(1)と他の条件間での落差が大きかった。その傾向は、共感反応のうちでも大きく口が動く明瞭な行動により顕著だった。母親の母乳哺育期間・子の出生順位と母親の共感反応には有意な対応がなかった。一方、父親の普段の育児参加について、おむつ換え・入浴・散歩・寝かしつけ・給食の5項目にわたって尋ねた結果を共感反応の頻度と相関させたところ、有意な対応はほとんどなく、入浴とのみ有意な正の対応が見られた。日頃の食供給の経験の多寡は共感反応に影響しなかった。なお、子の性と距離条件の2要因分散分析からは、子の性の主効果は父・母ともに有意でなかったが、母親の明瞭な共感反応においてのみ、女児ではほぼ(1)に集中していたのに男児には(2)でも見られるという有意な交互作用が指摘できた。このように、共感反応を指標にしたところ、父親と母親の間では一体感に大きな差はないことが明らかにされた。

親による子供の排泄物への感情と行動の発達的変化

1999

Research Results Outline: 親子の分離過程を離乳期における子どもの身体性への親の感情の変化という側面から検討することを目的として、4歳未満の乳幼児の母親・父親(276名)に対し 親子の分離過程を離乳期における子どもの身体性への親の感情の変化という側面から検討することを目的として、4歳未満の乳幼児の母親・父親(276名)に対し、親による子どもの排泄物などの身体性刺激に対する快・不快感情の強度や彼らの育児観などを質問紙によっ... 親子の分離過程を離乳期における子どもの身体性への親の感情の変化という側面から検討することを目的として、4歳未満の乳幼児の母親・父親(276名)に対し、親による子どもの排泄物などの身体性刺激に対する快・不快感情の強度や彼らの育児観などを質問紙によって尋ねた。その結果、子どもの身体から排出されるさまざまな老廃物は、とくに3歳になると親からはっきりと嫌悪されること、また大便だけは早くも0歳と1歳以降との間に嫌悪感の顕著な増加が見られることなどが明らかとなり、親子の心理的分離がそのような節目を経て段階的に進行するとともに、親によるこれらの嫌悪感情が離乳と関連するものであることが示唆された。そのような嫌悪感のあり方はおおむね親の性別を超えて共通であったが、なかには差の見られる部分があり、差があったものの中では一貫して父親がより嫌悪的であった。大便への不快と養育行動の頻度との間には、母親には有意な対応が見られなかったが、父親の場合、おむつ換え・寝かしつけ・授乳を多数回行う者にはその嫌悪感が少ないという結果が得られた。 また因子分析によって親の育児観の構造を明らかにし、それと大便への嫌悪感との対応を調べたところ、父親の場合は献身性の因子、母親の場合は一体感の因子において、それぞれ有意な負の相関が得られ、子どもの身体性に対する関与の特徴には親の性による差が存在することが明らかにされた。一方、子どもの性別はこの年齢段階では親の嫌悪感にほとんど差をもたらさなかった。さらに、家庭において1歳過ぎまでの子ども(0,1か月齢,6,7か月齢,12,13か月齢あわせて42人,横断的研究)の日常育児場面をビデオにより撮影し、その中にみられる子どもの排泄物処理、すなわち「おむつ換え」時の母親の行動を分析することによって、親における子どもの身体産生物への感情の発達的変化を実際の生活の中で確認した。

身体から発せられる匂いによって思春期の親子関係はいかに規定されるか

2002

Research Results Outline: 体臭が親子関係の発達的変化といかに関連するかについて,発達行動学の立場から検討を行った.具体的には,小学生・中学生・高校生・大学生(年齢のレンジ=9 体臭が親子関係の発達的変化といかに関連するかについて,発達行動学の立場から検討を行った.具体的には,小学生・中学生・高校生・大学生(年齢のレンジ=9〜23歳,平均14.4歳,SD3.0)1028名とその保護者(子の年齢レンジ4... 体臭が親子関係の発達的変化といかに関連するかについて,発達行動学の立場から検討を行った.具体的には,小学生・中学生・高校生・大学生(年齢のレンジ=9〜23歳,平均14.4歳,SD3.0)1028名とその保護者(子の年齢レンジ4〜18歳,平均12.5歳,SD2.6)に対する質問紙調査を行った.身体各部に対して,親・子がそれぞれ自分の匂いと子ども・親の匂いについてどのように快・不快感情を持っているかを評定してもらったところ,身体各部のなかでもとくに口・足の裏・脇の下,頭髪の匂いを不快に感じており,それは自分自身の匂いも相手の匂いも同様であることがわかった.さらに,父親の匂いが子から強く拒否される傾向がある一方で,母親の匂いに対しては子からの拒否が非常に軽微であり,その不快度は子が自分自身の身体の匂いに対して感じる不快感よりもはるかに低いという興味深い結果を得た.そこで,年齢を10〜13歳,14〜17歳,18〜23歳の3群に大別したうえで,男女別に父親と自分の体臭が「臭う」「強い」「気になる」か否かを比較したところ,女子における「父親の体臭が気になる」に関してのみ年齢の上昇とともにその程度が高まる傾向が見られた.そういう発達傾向は自分の体臭に対しては見られなかった.一方において,父親の体臭が気になる男子は年齢に関係なく父親との関係がよくないという有意な対応があったが,女子と父親の間にはそういう関連性は確認できなかった.また親から子の体臭への感情について,子の年齢を12歳までと13歳以上に2分割して,その発達的傾向を調べたところ,親・子のいかなる性の組み合わせにおいても有意な変化が認められず,体臭による親子の反発性の発達的変化は,親から子へよりも子から親へという方向において顕在化する可能性が強く示唆された.ただし,親から子への感情については,事例数が必ずしも十分でないため,今後さらにデータを補充し,発達的な傾向を詳細に検討する必要がある.

乳幼児の生活場面移行とそれにともなう行動調整

2004Collaborator:河原紀子

Research Results Outline:研究費の額を考慮し,保育園・家庭の縦断的観察という研究の構想を,保育園での縦断観察と家庭・保育園での1回のみの比較観察に切り替えて実施した。0~1歳群研究費の額を考慮し,保育園・家庭の縦断的観察という研究の構想を,保育園での縦断観察と家庭・保育園での1回のみの比較観察に切り替えて実施した。0~1歳群5名,2~3歳群7名,合計12名の子どもを対象に,3か月に1回,「食」「着脱衣」「排泄」「睡眠」 ...研究費の額を考慮し,保育園・家庭の縦断的観察という研究の構想を,保育園での縦断観察と家庭・保育園での1回のみの比較観察に切り替えて実施した。0~1歳群5名,2~3歳群7名,合計12名の子どもを対象に,3か月に1回,「食」「着脱衣」「排泄」「睡眠」 の各場面を含む約3時間の保育園における生活場面の観察を行った。(家庭は1事例のみ3時間程度の観察データを収集した。)子どもの「食」「着脱衣」行動におけるおおよその自立プロセスとその発達過程で生じる子どもとおとなの葛藤・対立についての予備的分析を行った。その結果,まず,食行動における子どもの自立のプロセスは,9か月から1歳ごろまでは食べさせてもらうか手づかみが中心であるが,1歳3か月からスプーンやフォークを使い始め,2歳以降はほぼ一人で食べられるようになった。次に,着脱衣については,9か月から1歳6か月ごろまではほぼ全面的におとなが行うが,1歳9か月ごろから自分でしようとし始め,2歳9か月から3歳までには一人で可能になった。これらの自立行動の発達過程における子どもと大人の葛藤・対立の特徴は,9か月から1歳9か月までは①おとなの促し・要求行動に対する子どもの拒否,②子どもの要求行動に対するおとなの非受容,③おとなの援助・手伝いに対する子どもの拒否を特徴とするが,2歳から3歳までには,①②③に加えて,④おとなに共有されない子どもの“こだわり” ⑤子どものつもり・みたてのズレ,などが加わることが特徴であった。 さらに,保育園と家庭の両場面において同一の子ども10名を1~数時間ビデオ観察した。結果の詳細な分析はこれからの課題であるが,泣きの頻度・原因・それへの対応など両場面間で大きく異なり,子どもにおける両場面への対応の差異は1歳を超えたばかりの子どもにも見られる特徴であることがわかった。今後はさらに事例数を増やすとともに正規の分析に着手する。

食発達と養育者-子ども関係についての総合的検討

2007Collaborator:河原 紀子, 外山 紀子

Research Results Outline: (1)これまで2次にわたって行われてきた哺乳・離乳の全国調査に続く第3次調査を行うために,哺乳・離乳の実態と食行動発達,離乳食や通常の食事の内容とそ (1)これまで2次にわたって行われてきた哺乳・離乳の全国調査に続く第3次調査を行うために,哺乳・離乳の実態と食行動発達,離乳食や通常の食事の内容とそれを支える親の価値観や育児態度,などについて38項目の質問紙を作成した。全都道府県の市部と郡部それ... (1)これまで2次にわたって行われてきた哺乳・離乳の全国調査に続く第3次調査を行うために,哺乳・離乳の実態と食行動発達,離乳食や通常の食事の内容とそれを支える親の価値観や育児態度,などについて38項目の質問紙を作成した。全都道府県の市部と郡部それぞれから,中央値付近の人口をもつ4自治体を4カ所選び,保健センターで行われる3歳児健診の場で母親に,原則一度だけの配布をお願いし,回答を郵送で回収した。最終的に5499通の質問紙を配り,現時点で655通の回答を得ており(現在も回収継続中),これまでに330通の入力を済ませた。 それによれば,母乳はほぼ全員に近い母親が与えており,その平均終了月齢は11.05か月であった。それは5年前の第2次調査に比べてほぼ1か月の後傾である。人工栄養の終了時期にはそのような後傾は認められず,この5年間における母乳に対する許容度の高まりが確認された。そのことは,母乳に対してそれが自然で,子どもの成長・健康に良いからという理由の高まりにも現れていた。一方で母乳完了の理由として「母乳の出」を挙げる母親が減少し,代わって子の母乳離れや月齢を挙げる母親が増加していた。これらは厚生労働省が母乳期間の長期化を容認する離乳指導の方針を強めてきたことの効果であろうと考察された。 (2)乳幼児の母親が,子育ての情報をどこに求め,その情報をどのように利用しているかを検討するために,小平市健康センターの1歳半健診を訪れた母親に質問紙調査を実施した(64枚回収,回収率27.9%)。その結果,離乳の進め方のみならず,子どもの叱り方,子育て中のいらいら解消まで,母親の多くがインターネットを介して情報を集めていること,祖父母からの情報は信頼のおけるものとは考えられていないことが示された。また子どもが1歳になった直後から3ヶ月に1度,母子の食事場面の縦断的観察を行った。観察時に,子ども観,子育て観,子どもの食に関する悩みとその解決方法についてインタビューを行った。

居住空間における子どもの「居場所」に関する発達行動学的検討

2007Collaborator:河原 紀子, 福川 須美, 星 順子

Research Results Outline: 「保育園」と「家庭」という子どもの生活にとって重要な意味をもつ2つのシステムに注目し,その間を往復する子どもが,その場面移行に伴ってどのような行動の 「保育園」と「家庭」という子どもの生活にとって重要な意味をもつ2つのシステムに注目し,その間を往復する子どもが,その場面移行に伴ってどのような行動の調整を行いつつそれに適応しているか,あるいはそれがどう発達するかを通じて,居住空間における子どもの... 「保育園」と「家庭」という子どもの生活にとって重要な意味をもつ2つのシステムに注目し,その間を往復する子どもが,その場面移行に伴ってどのような行動の調整を行いつつそれに適応しているか,あるいはそれがどう発達するかを通じて,居住空間における子どもの居場所とは何かを検討した。本研究では特に(1)一般の住宅において子どもと血縁のない保育士がひとりもしくは少人数で数人以内の子どもを世話する「家庭型保育室」という場面における子どもの行動を定常場面と食事場面で追跡することと,(2)離島での地域に埋め込まれた保育における家庭と保育園の場面移行に焦点化して調査した。 家庭型保育室の観察では,家庭型保育室に2か月齢から通う幼児2名(第3子の男児と第2子の女児)を対象に、保育室と家庭のそれぞれで1歳半ばから2歳半ばまで3か月ごとに,保育室と家庭において各1回半日間、対象児の様子をデジタルビデオカメラにより自然観察した。観察データのうち定常場面と食場面を分析した。結果は両場面ともに,家庭型保育室が通常の保育園と家庭で園児が見せる行動特徴を混合して生起させる場面であることを示していた。通常の保育園では多数の子どもと少数の保育士という構成が子どもに「公的」行動を促したのに対し、家庭型保育室は、養育者との濃密な接触と子どもの少なさにおいて家庭的な要素ももちつつ、非血縁の専門家のスキルに基づく育児が与えられるという意味で,子どもにとっては独自な居場所であることが示唆された。 また先島諸島における保育園の散歩時及び降園時前後に園児を追跡観察・活動量測定した予備的調査の結果からは,離島の保育が地域に埋め込まれ,周囲の人々の生活と自然に融合し,保育園児にとって地域が意味ある居場所として機能していることが示唆された。今後はそれらの成果をふまえ,さらに家庭・保育園・地域における大人と子どもの共生の姿を明らかにしたい。

Foreign Countries Research Activity

Research Project Title: allocareの文化比較

2010/04-2011/03

Affiliation: Stirling大学(イギリス)

Research Project Title: 親子関係と子どもの自立に関する発達行動学的研究

2001/05-2001/07

Affiliation: エディンバラ大学(イギリス)

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Method of Behavioral ObservationSchool of Human Sciences2020spring quarter
Behavioral DevelopmentSchool of Human Sciences2020fall semester
Seminar I (Study of Behavioral Development)School of Human Sciences2020spring semester
Seminar II (Study of Behavioral Development)School of Human Sciences2020fall semester
Seminar in PsychologySchool of Human Sciences2020spring
Studies in Cross-Cultural Childrearing (CHS Advanced Seminar)School of Culture, Media and Society2020spring semester
Behavioral DevelopmentSchool of Human Sciences (Online Degree Program)2020fall semester
Ethology of Human Development AGraduate School of Human Sciences2020spring semester
Ethology of Human Development BGraduate School of Human Sciences2020fall semester
Ethology of Human Development(1) AGraduate School of Human Sciences2020spring semester
Ethology of Human Development(1) BGraduate School of Human Sciences2020fall semester
Ethology of Human Development(2) AGraduate School of Human Sciences2020spring semester
Ethology of Human Development(2) BGraduate School of Human Sciences2020fall semester
Ethology of Human DevelopmentGraduate School of Human Sciences2020spring quarter
Life EnvironmentGraduate School of Human Sciences2020an intensive course(fall)
Ethology of Human Development(D) AGraduate School of Human Sciences2020spring semester
Ethology of Human Development(D) BGraduate School of Human Sciences2020fall semester

Waseda Course Channel Video Service

Course TitleFacultyPublication Year