Name

OTSUKA, Tadayoshi

Official Title

Professor(without tenure)

Affiliation

(Graduate School of Accountancy)

Contact Information

Mail Address

Mail Address
otsukata@aoni.waseda.jp

URL

Web Page URL

http://tyotsuka.cocolog-nifty.com/blog/

Grant-in-aids for Scientific Researcher Number
70732478

Sub-affiliation

Affiliated Institutes

保険規制問題研究所

研究所員 2014-

保険・共済総合研究所

研究所員 2017-

Educational background・Degree

Educational background

1977/04 -1981/03 Waseda University Faculty of Science Mathematics
2011/04 -2013/03 Musashi University Graduate School, Division of Economics Finance theory

Degree

PhD.(Economics) Coursework Musashi University Public finance/Public economy

Career

2014/04-2018/03Waseda Univ., Graduate School of CommerceAssistant Proferssor
2014/04-2016/03Osaka Univ., Graduate School of SciencePart-time Lecturerer
2003/04-2015/03Musashi Univ., School of EconomicsPart Time Lecturer

Academic Society Joined

Asia-Pacific Risk & Insurance Association Board of Governors

Japanese Society of Insurance Science

The Japanese Association of Risk, Insurance and Pensions

Institute of Actuaries of Japan

Research Field

Grants-in-Aid for Scientific Research classification

Social sciences / Management / Commerce

Mathematical and physical sciences / Mathematics / Foundations of mathematics/Applied mathematics

Social sciences / Economics / Public finance/Public economy

Paper

Projection of Healthy Life Expectation and Nursing Care Population

Tadayoshi Otsuka

Journal of Household Economics Peer Review Yes 49p.91 - 1112019/03-

Detail

ISSN:1341-7347

Consideration on Calculation Method of Healthy Life Expectancy and Unhealthy Period

Tadayoshi Otsuka

Journal of Household Economics Peer Review Yes 48p.15 - 322018/09-

Detail

ISSN:1341-7347

Growth Factors of the Life Insurance Business in JAPAN

OTSUKA, Tadayoshi

the WASEDA COMMERCIAL REVIEW Peer Review Yes (451, 452) p.25 - 562018/03-

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal) ISSN:0387-3404

Thought on the Life Insurance Premium Calculation Method that Does Not Contradict the Valuation of New Business Profitability

Tadayoshi Otsuka

Japanese Journal of Risk and Insurance Peer Review Yes 第13巻p.83 - 1222017/03-

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal)

Consideration on Factors of Growth and Regulation of Life Insurance Industry in Japan after World War Ⅱ

Tadayosi, Otsuka

JILI Jornal (196) p.119 - 1632016/09-

Detail

ISSN:1346-7190

Diversification of life insurance products and progress of rates liberalization in Korea

CHOI HwanSeok, Tadayoshi Otsuka

Japanese Journal of Risk and Insurance Peer Review Yes (12) p.61 - 722016/03-

破綻距離(DD)を用いた1990年代生保破綻の分析

茶野努・大塚忠義

「経済学研究」 九州大学経済学会 Peer Review Yes 80(5-6) p.197 - 2102014/03-

The Relation between Surrender Value and Premium of Life Insurance

Hokengakuzasshi (JOURNAL of INSURANCE SCIENCE) 2014(624) p.123 - 1482014/03-

CiNii

Detail

ISSN:0387-2939

Financial Soundness of Federation of Consumers Insurance Cooperatives

Hokengakuzasshi (JOURNAL of INSURANCE SCIENCE) 2013(621) p.621_49 - 621_682013/06-

CiNii

Detail

ISSN:0387-2939

ソルベンシーマージン(SM)比率の代替指標について -1997~2010年度における健全性分析-

大塚忠義

日本アクチュアリー会会報 (65-2) p.693 - 7132013/03-

生命保険における経済価値に基づく保険料計算方式に関する考察

大塚忠義

「生命保険論集」 生命保険文化センター (181) p.51 - 1022012/12-

ソルベンシーマージン(SM)比率の代替指標と生保破綻の分析

大塚忠義・茶野努

日本アクチュアリー会会報 (65-1) p.85 - 1082012/12-

銀行の窓口販売による変額年金市場の拡大と縮小に係る考察

大塚忠義

「保険学雑誌」 日本保険学会 (618) p.169 - 1882012/09-

Lecture And Oral

Consideration on healthy life expectancy and average nursing care period

OTSUKA, Tadayoshi, TANIGUCHI, Yutaka

(The Japanese Association of Risk, Insurance and Pensions)2017/12/02

Detail

National conferenceOral presentation(general)

Growth Factor of the Life Insurance Businss in Japan

OTUKA, Tadayoshi

The 21st APRIA Annual Conference(Asia Pacific Risk & Insurance Association)2017/08/01

Detail

International conferenceOral presentation(general)Venue:Poznan

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

Building the economic value-based pricing methodology in life insurance

2014/-0-2016/-0

Allocation Class:¥2080000

On-campus Research System

Special Research Project

健康寿命と平均要介護期間の算定方法に係る考察およびそれらの将来推計

2018

Research Results Outline: 超高齢化社会を迎えるなか、高齢者が健康状態を維持しつつ天寿を全うできるのか、それとも不健康な状態で延命するのか、関心が高まっている。健康寿命は健康状 超高齢化社会を迎えるなか、高齢者が健康状態を維持しつつ天寿を全うできるのか、それとも不健康な状態で延命するのか、関心が高まっている。健康寿命は健康状態の維持を示す代表的な指標であり、その延伸が目標として掲げられている。 本研究では、国立社会保障・... 超高齢化社会を迎えるなか、高齢者が健康状態を維持しつつ天寿を全うできるのか、それとも不健康な状態で延命するのか、関心が高まっている。健康寿命は健康状態の維持を示す代表的な指標であり、その延伸が目標として掲げられている。 本研究では、国立社会保障・人口問題研究所の将来人口推計を活用して健康寿命および要介護者数の将来推定を行った。その結果、健康寿命の延びは平均寿命の進展より小さいことが認められた。また、2065年の要介護者数は男性610万人、女性915万人と2015年の要介護者数の男性でおよそ3倍、女性は2倍になると推計された。このことから、超高齢化社会とは、健常者より要介護者の方が多い社会となる恐れがある。

生命保険における収益性とリスクのバランスを考慮するプライシングに関する考察

2014

Research Results Outline: 生命保険の保険料算出方法は収支相等の原則と大数の法則を基礎としている。しかし、収支相等の原則のもとでは、現在の金融環境、保険市場の変化に対して適切な 生命保険の保険料算出方法は収支相等の原則と大数の法則を基礎としている。しかし、収支相等の原則のもとでは、現在の金融環境、保険市場の変化に対して適切な対応がとれているとはいえない。また、ソルベンシーマージン比率には、自己資本のみに焦点をあて責任準備... 生命保険の保険料算出方法は収支相等の原則と大数の法則を基礎としている。しかし、収支相等の原則のもとでは、現在の金融環境、保険市場の変化に対して適切な対応がとれているとはいえない。また、ソルベンシーマージン比率には、自己資本のみに焦点をあて責任準備金の十分性を検証していないという問題がある。 これらの問題は、経済価値基準によって資産および負債を評価することによって解決することが期待できる。すなわち、トータルバランスシートアプローチによって責任準備金と自己資本を合わせて支払能力の大きさを測ることができる。また、市場整合的な責任準備金により保険負債に含まれる保守性を明示することが可能となる

生命保険における経済価値に基づくソルベンシー規制と総合リスク管理に係る考察

2015

Research Results Outline: 収支相等の原則とは収入総額と支出総額が相等しくなるように保険料を定める原則である。しかし、保険料や責任準備金を期待値と保守部分に明示的に分解すること 収支相等の原則とは収入総額と支出総額が相等しくなるように保険料を定める原則である。しかし、保険料や責任準備金を期待値と保守部分に明示的に分解することができないという問題がある。また、ソルベンシーマージン比率は保険会社に対する自己資本比率であるが、... 収支相等の原則とは収入総額と支出総額が相等しくなるように保険料を定める原則である。しかし、保険料や責任準備金を期待値と保守部分に明示的に分解することができないという問題がある。また、ソルベンシーマージン比率は保険会社に対する自己資本比率であるが、比率算出に使用する法定財務諸表が会計や税務の要請から経済的な実態を十分に表わしていないという問題がある。  これらの問題は、経済価値に基づいて評価した資産、負債および資本をもとに財務健全性を測定するソルベンシーマージン規制によって解決することが期待できる。また、トータルバランスシートアプローチによって自己資本を評価することにより、責任準備金と自己資本を合わせて支払能力の大きさを測ることができる。

生命保険における均衡理論に基づく保険料計算原理の構築

2016

Research Results Outline: 伝統的な保険料計算方法は収支相等の原則と大数の法則を基礎としている。これは供給者の理論であり、需要者の効用について考慮していない。 提案する計算原理 伝統的な保険料計算方法は収支相等の原則と大数の法則を基礎としている。これは供給者の理論であり、需要者の効用について考慮していない。 提案する計算原理はこれを改め均衡価格理論に基づくものとする。また、収支相等の原則には利益項目が含まれていないため、... 伝統的な保険料計算方法は収支相等の原則と大数の法則を基礎としている。これは供給者の理論であり、需要者の効用について考慮していない。 提案する計算原理はこれを改め均衡価格理論に基づくものとする。また、収支相等の原則には利益項目が含まれていないため、実務では発生率にマージンを加えることにより利益を計上している。しかし、この手法ではリスクと収益性の関係は整合的とはいえない。 このために発生する問題を計量化し問題解決の必要性を示すとともに、実務で活用可能な計算手法として、保険契約を保有するために必要なコストを費用と認識し、それらを明示的に加算する方式を提案した。

生命保険のリスク引受けに必要な資本コストを含んだ保険料計算原理の確立

2017

Research Results Outline: 現在用いられているプロフィットマージンを暗黙的に計算前提に含める保険料計算方式がもつ問題を解消する新たな計算方式を提言する。現行方式では収益率はセル 現在用いられているプロフィットマージンを暗黙的に計算前提に含める保険料計算方式がもつ問題を解消する新たな計算方式を提言する。現行方式では収益率はセル(性年齢、保険期間)毎に異なり、新契約団体全体の収益率はセルの加重平均となる。このため、新契約分布... 現在用いられているプロフィットマージンを暗黙的に計算前提に含める保険料計算方式がもつ問題を解消する新たな計算方式を提言する。現行方式では収益率はセル(性年齢、保険期間)毎に異なり、新契約団体全体の収益率はセルの加重平均となる。このため、新契約分布が想定と異なると、新契約目標は達成したが利益は目標に達しないということが起こる。 提案する保険料計算方式は、「収支相等の原則」を拡大し、保険契約を保有するために必要なコストを費用と認識し、それらを明示的に加算する方式である。保険料に加算されたプロフィットマージンと収益指標中の内部留保額を整合させることによってすべてのセルの収益率を等しくなることを目指す。 

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Life Insurance IIASchool of Commerce2019spring semester
Life Insurance IIBSchool of Commerce2019fall semester
Mathematical StatisticsGraduate School of Accountancy2019fall semester
Theory and Practice of Life InsuranceGraduate School of Accountancy2019spring semester
Enterprise Risk ManagementGraduate School of Accountancy2019fall semester
Pricing and Valuation of LifeGraduate School of Accountancy2019fall quarter
Topics in Actuarial ScienceGraduate School of Accountancy2019spring semester
Workshop: Actuarial ScienceGraduate School of Accountancy2019spring semester
Research Seminar: Actuarial Science AGraduate School of Accountancy2019spring semester
Research Seminar: Actuarial Science BGraduate School of Accountancy2019fall semester
Master's Thesis: Actuarial ScienceGraduate School of Accountancy2019full year
Research Seminar: Actuarial Science IGraduate School of Accountancy2019fall semester
Research Seminar: Actuarial Science IIGraduate School of Accountancy2019spring semester
Research Seminar: Actuarial Science IIIGraduate School of Accountancy2019fall semester
Research Paper: Actuarial ScienceGraduate School of Accountancy2019fall semester
Topics in Mathematical Sciecne CGraduate School of Fundamental Science and Engineering2019spring semester