Name

TANIGAWA, Akio

Official Title

Professor

Affiliation

(School of Human Sciences)

Contact Information

Mail Address

Mail Address
tanigawa@waseda.jp

URL

Grant-in-aids for Scientific Researcher Number
40163620

Sub-affiliation

Sub-affiliation

Faculty of Human Sciences(Graduate School of Human Sciences)

Affiliated Institutes

人間総合研究センター

兼任研究員 1989-

アジア研究所

研究員 2007-2011

琉球・沖縄研究所

研究所員 2010-2011

琉球・沖縄研究所

研究所員 2011-2012

アジア研究所

研究員 2011-2012

會津記念博物館

兼任研究員 1989-2010

琉球・沖縄研究所

研究所員 2012-2013

アジア研究所

研究員 2012-2013

琉球・沖縄研究所

研究所員 2013-2014

アジア研究所

研究員 2013-2014

會津記念博物館

兼任研究員 2010-2011

アジア研究所

研究所員 2015-2015

琉球・沖縄研究所

研究所員 2014-2014

アジア研究所

研究員 2014-2014

琉球・沖縄研究所

研究所員 2015-2015

アジア研究所

研究所員 2016-

Educational background・Degree

Educational background

-1978 Waseda University Faculty of Education
-1987 Waseda University Graduate School, Division of Letters

Degree

(BLANK) Thesis Archaeology

Career

1982-1987Waseda University, Research Assistant
1987-1991Waseda University, Lecturer
1991-1996Waseda University, Assistant Professor

Research interests Career

Archaeological Study on Early Modern City Edo

Current Research Theme Keywords:City,Material Culture

Individual research allowance

Paper

古代の新嘗祭に関する一考察

古代探叢/早稲田大学出版部 p.537 - 5521980/10-

大殿祭考

学術研究 32p.1 - 181983/12-

近世墓塔の形態分類と編年について

早稲田大学大学院文学研究科紀要別冊 10p.175 - 1861984/01-

古代の狩猟伝承について

学術研究 33p.15 - 281984/12-

古代天皇巡幸伝説考

古代探叢II/早稲田大学出版部 p.477 - 4971985/12-

近世墓標の類型

考古学ジャーナル 288p.26 - 301988/03-

近世墓標の変遷と家意識

史観 121p.2 - 161989/09-

江戸の考古学の方法をめぐって

江戸のくらし/新宿区立新宿歴史博物館 p.94 - 1021990/10-

江戸の墓地の発掘-身分・階層の表徴としての墓-

甦る江戸/新人物往来社 p.79 - 1111991/04-

地下に埋もれた民俗資料

月刊文化財 (11月号) p.20 - 251991/11-

考古学からみた近世都市江戸

史潮 新32p.25 - 451993/03-

江戸の相撲と玩具

相撲の宇宙論/平凡社 p.223 - 2551993/11-

江戸の墓の埋葬施設と副葬品

江戸遺跡研究会第9回大会江戸時代の墓と墓制 p.125 - 1401996/02-

江戸及び周辺村落における墓制の変遷

帝京大学山梨文化財研究所シンポジウム報告集「中世」から「近世」へ/名著出版 p.135 - 1581996/02-

仏教考古学の世界

日本の仏教/法蔵館 5p.121 - 1311996/04-

江戸の墓

考古学がわかる/朝日新聞社 1997/06-

江戸の近世墓と六道銭

近世の出土銭Ⅰ-論考篇-/兵庫埋蔵銭調査会 p.173 - 1821997/10-

発掘された江戸の庭園

日本造園学会誌ランドスケープ研究 61(3) p.218 - 2221998/01-

瑞聖寺出土の伊達家の胞衣桶について

港区文化財調査集録 (4) p.18 - 221998/03-

江戸の生活史と考古学

民衆史研究会シンポジウム 生活史の魅力と可能性 1998/11-

近世都市江戸の考古学の課題

発掘が語る千代田の歴史/千代田区教育委員会 p.44 - 491998/12-

江戸の生活史と考古学

民衆史研究 57p.39 - 541999/05-

江戸の火葬墓

歴史と建築のあいだ/古今書院 2001/11-

近世墓標の普及の様相

ヒューマンサイエンス 14(1) p.22 - 312001/11-

江戸の胞衣納めと乳幼児の葬法

母性と父性の人間科学/コロナ社 2001/12-

江戸の相撲玩具

文明のクロスロード Museum Kyusyu 19(4) p.53 - 572003/02-

発掘された江戸の町

第10回安芸まほろばフォーラム 近世宿場町の景観と流通 2003/11-

江戸の墓の埋葬施設と副葬品

墓と葬送の江戸時代/吉川弘文館 2004/08-

都市における遺構の保存と活用

第165回江戸東京フォーラム よみがえれ江戸遺跡 2004/12-

江戸と周辺村落の墓制

多摩のあゆみ (117) p.8 - 172005/02-

江戸の大名屋敷の考古学と尾張藩邸

尾張藩への誘い/新宿歴史博物館 2006/10-

Excavating Edo's Cemeteries : Graves as Indicaors of Status and Class

Japanese Journal of Religious Stdies 19(2・3) p.271 - 2971992/06-

Work ・Software ・ Teaching Material ・ Field Work etc.

Excavation of Early Modern City Edo

Field Work1984-

Excavation of Hachiman-jinja site on Toshimamura in Tokyo

Field Work1994-

Excavation of Todoyamamae site on Maruyamamachi in Chiba

Field Work1995-

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

Conflict between individual and groups on the System of Funeral and Grave in Contemporary Japan

2012/-0-2016/-0

Allocation Class:¥17680000

Research Classification:

The study for northern trade of Middle Ages and early modern times and infiltration of Ezochi

2010/-0-2014/-0

Allocation Class:¥38740000

Research Classification:

The fundamental study for social system and changes in population during the Edo period indicated by gravestones and old documents for demography

Allocation Class:¥14170000

Research Classification:

A Comparative Study of 'Nationalism' and 'Essentialism' in Archaeological Representation

Allocation Class:¥7600000

Research Classification:

COMPARATIVE ARCHAEOLOGY OF THE DEVELOPMENT AND URBANIZATION OF ANCIENT SOCIETIES

Allocation Class:¥7900000

Research Classification:

Archaeological Study of Cremation Graves in Early Modern

Allocation Class:¥3100000

Research Classification:

Research of The Military Viceroy's of the Western Region (Xiyu duhufu) at Han Dynasty.

Allocation Class:¥15300000

Research Classification:

A Syunthetic Study of Yarukhoto old group tombs at Tunrufann region in Xinjiang, China

Allocation Class:¥9200000

Research Classification:

Study of Graves in Early Modern City Edo and the Surrounding Villages

Allocation Class:¥2000000

On-campus Research System

Special Research Project

近世の葬具に関する考古学的研究

2018

Research Results Outline:本研究は、近世の寺院・墓地などの遺跡から出土した葬具の考古学的研究である。近世都市江戸の寺院・墓地などの主要な遺跡出土の葬具を集成した。これは、A. 本研究は、近世の寺院・墓地などの遺跡から出土した葬具の考古学的研究である。近世都市江戸の寺院・墓地などの主要な遺跡出土の葬具を集成した。これは、A. 枕飾り、B. 納棺、C. 葬列、D. 埋葬. E. 供養という一連の葬送儀礼において用いられたもの...本研究は、近世の寺院・墓地などの遺跡から出土した葬具の考古学的研究である。近世都市江戸の寺院・墓地などの主要な遺跡出土の葬具を集成した。これは、A. 枕飾り、B. 納棺、C. 葬列、D. 埋葬. E. 供養という一連の葬送儀礼において用いられたものであり、近世都市江戸の葬送儀礼の復元を行うことが可能であるという見通しを得た。また、狛江市泉龍寺の位牌の調査データを整理した。位牌型式の変遷は、①16世紀末から18世紀中葉の雲形位牌が主体を占める時期、②18世紀後葉から江戸時代の終わり頃までの札形位牌が増加しつつ、雲形位牌、廟所形位牌が併存する時期、③明治時代以降の札形位牌が主体となる時期に区分できることがわかった。

沖縄八重山諸島における玉類の考古学的研究

1996

Research Results Outline: 沖縄本島のグスク時代及び先島地方の12~15世紀の遺跡から、石製・ガラス製の勾玉・丸玉・小玉などの玉類が出土する。しかしながら、こうした玉類の考古学 沖縄本島のグスク時代及び先島地方の12~15世紀の遺跡から、石製・ガラス製の勾玉・丸玉・小玉などの玉類が出土する。しかしながら、こうした玉類の考古学的研究は現在までほとんど手つかずの状態にある。先島地方に限って見ても、下地馨によって勾玉に関する民... 沖縄本島のグスク時代及び先島地方の12~15世紀の遺跡から、石製・ガラス製の勾玉・丸玉・小玉などの玉類が出土する。しかしながら、こうした玉類の考古学的研究は現在までほとんど手つかずの状態にある。先島地方に限って見ても、下地馨によって勾玉に関する民俗資料・文献史料とともに、勾玉の形態・石質等に言及されたことがあったが、その後は白木原和美が問題にしているのみである。したがって、沖縄の玉類の考古学的研究は、製作技法の観察、石材の同定、ガラスの成分分析など基礎的な研究からスタートしなければならない状況にある。 こうした現状を踏まえて、本研究では、沖縄先島地方のなかの八重山諸島出土の玉類について、基礎的な考古学的研究を行なった。実施した作業は以下のとおりである。 1.これまでの発掘調査によって出土した玉類の集成およびその観察・実測・写真撮影 2.伝世資料の観察・実測・写真撮影 3.採集資料の観察・実測・写真撮影 4.ガラス製勾玉・丸玉・小玉の成分分析 5.石製勾玉の石材同定 上述の作業を通して、いくつかの成果を得ることができた。まず第一に、石垣市教育委員会保管の発掘調査によって出土した玉類のなかに、未成品が含まれていたことが判明した。これは、ビロースク遺跡及び山原貝塚出土の勾玉で穿孔前のもので、形態からも明らかに未成品と考えられる。このことは石垣島で石製勾玉の製作が行われていたことを示している。 また、ガラス製玉類の成分分析及び石製勾玉の石材同定を実施したが、現段階では対比資料が乏しいため、早急に結論を得ることは難しい。今後の資料の増加を待つことにしたい。

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Studies of Material CultureSchool of Human Sciences2019spring semester
ArchaeologySchool of Human Sciences2019fall semester
Seminar I (Material Culture)School of Human Sciences2019spring semester
Seminar II (Material Culture)School of Human Sciences2019fall semester
Introduction to Human Sciences 01School of Human Sciences (Correspondence Course)2019summer quarter
Introduction to Human Sciences 02School of Human Sciences (Correspondence Course)2019summer quarter
Introduction to Human Sciences 03School of Human Sciences (Correspondence Course)2019summer quarter
Introduction to Human Sciences 04School of Human Sciences (Correspondence Course)2019summer quarter
Introduction to Human Sciences 05School of Human Sciences (Correspondence Course)2019summer quarter
Introduction to Human Sciences 06School of Human Sciences (Correspondence Course)2019summer quarter
Introduction to Human Sciences 07School of Human Sciences (Correspondence Course)2019summer quarter
Archaeology 01School of Human Sciences (Correspondence Course)2019fall semester
Archaeology 02School of Human Sciences (Correspondence Course)2019fall semester
Material Culture AGraduate School of Human Sciences2019spring semester
Material Culture BGraduate School of Human Sciences2019fall semester
Material Culture(1) AGraduate School of Human Sciences2019spring semester
Material Culture(1) BGraduate School of Human Sciences2019fall semester
Material Culture(2) AGraduate School of Human Sciences2019spring semester
Material Culture(2) BGraduate School of Human Sciences2019fall semester
Theory and Method of ArchaeologyGraduate School of Human Sciences2019spring quarter
Historic ArchaeologyGraduate School of Human Sciences2019winter quarter
Material Culture(D) AGraduate School of Human Sciences2019spring semester
Material Culture(D) BGraduate School of Human Sciences2019fall semester

Waseda Course Channel Video Service

Course TitleFacultyPublication Year