Name

MUNAKATA, Kazushige

Official Title

Professor

Affiliation

(School of Humanities and Social Sciences)

Contact Information

URL

Grant-in-aids for Scientific Researcher Number
90157727

Sub-affiliation

Sub-affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences(Graduate School of Letters, Arts and Sciences)

Faculty of Political Science and Economics(School of Political Science and Economics)

Affiliated Institutes

現代政治経済研究所

兼任研究員 1989-

国際日本文学・文化研究所

研究所員 2009-2013

国際言語文化研究所

研究所員 2013-

Educational background・Degree

Educational background

-1985 Waseda University Graduate School, Division of Letters

Research Field

Grants-in-Aid for Scientific Research classification

Humanities / Literature / Japanese literature

Paper

子規という急行列車

宗像和重

国文学 49(4) p.28 - 352004/03-

鴎外・明治四一年三月一七日-上田敏宛書簡から-

宗像和重

森鴎外研究 (9) p.52 - 672002/09-

遠くへ、そして一人に-「城崎にて」私注-

宗像和重

国文学 47(5) p.13 - 192002/04-

プランゲ文庫データベースと近代文学研究-武者小路実篤、志賀直哉の新出資料を中心に-

宗像和重

Intelligence(インテリジェンス) (1) p.17 - 252002/03-

「時と紙筆とを費やす者」—太田豊太郎の手記をめぐって

国文学研究/早稲田大学国文学会 1271999/03-

解題

徳田秋声全集/八木書店 151999/03-

馬場孤蝶—「わたしの孤蝶先生」

国文学/学燈社 44;41999/03-

『ある青年の夢』—「大正」なるもの

国文学解釈と鑑賞/至文堂 64;21999/02-

後記

志賀直哉全集/岩波書店 31999/02-

『一葉全集』という書物

季刊文学/岩波書店 10;11999/01-

後記

志賀直哉全集/岩波書店 11998/12-

共鳴するリズム

徳田秋声全集/八木書店 131998/11-

「あなたがきらいです」—教科書のなかの現代詩

早稲田文学/早稲田文学会 23;51998/09-

大正文芸書の魅力を語る

早稲田学報/早稲田大学校友会 52;71998/09-

解題

徳田秋声全集第11巻/八木書店 1998/03-

高校生の現代文(高等学校教科書)

角川書店 1998/03-

〈声〉の復権、〈翼〉の獲得

国語科通信/角川書店 1011998/02-

鴎外とドイツ・「文づかひ」

国文学/学燈社 43;11998/01-

制度としての原稿用紙

季刊文学/岩波書店 9;11998/01-

太宰治—作品研究案内「斜陽」—

国文学解釈と鑑賞/至文堂 1998/01-

近代日本文学全集最新事情

国語教室/大修館書店 1997/11-

徳田秋声全集第1期全18巻

八木書店 1997/11-

岩野泡鳴『毒薬を飲む女』

国文学/学燈社 42;121997/10-

「舞姫」注釈

季刊文学/岩波書店 8;31997/07-

立松和平—作品と作者—

月刊国語教育/東京法令出版株式会社 17;41997/06-

解説・解題

岩野泡鳴全集別巻/臨川書店 1997/04-

河馬に噛まれる-笑顔の本願

国文学 42;31997/02-

雑誌「日本主義」のこと

岩野泡鳴全集第13巻/臨川書店 1997/02-

「群像」総目次3

群像 51;121996/12-

解説・解題

岩野泡鳴全集第13巻/臨川書店 1996/12-

「群像」総目次2

群像 51;111996/11-

「群像」総目次1

群像 51;101996/10-

解説

白百合(復刻版別冊)/臨川書店 1996/10-

「立松和平」「三田誠広」

国文学 41;101996/08-

解題

中上健次全集第15巻/集英社 1996/08-

注解

芥川龍之介全集第9巻/岩波書店 1996/07-

「夏目漱石」「森鴎外」ほか

別冊歴史読本 21;241996/06-

解題

中上健次全集第13巻/集英社 1996/06-

森鴎外という歴史

井伏鱒二(東郷克美他編)/双文社出版 1996/06-

解題・校異

中上健次全集第11巻/集英社 1996/04-

略年譜・主要参考文献・主要著作目録

坪内逍遥(新潮日本文学アルバム)/新潮社 1996/04-

解題・校異

中上健次全集/集英社 第8巻1996/01-

解説・解題

岩野泡鳴全集/臨川書店 第7巻1995/12-

解題・校異

中上健次全集/集英社 第4巻1995/10-

解題

紅葉全集/岩波書店 第12巻1995/09-

「平凡」と「非凡」-『平凡人の手紙』をめぐって

有島武郎の作品(下)(有島武郎研究会編)/右文書院 1995/08-

解題・校異

中上健次全集/集英社 第5巻1995/07-

「階級」と「ハビトゥス」-『宣言一つ』をめぐって

有島武郎と社会(有島武郎研究会編)/右文書院 1995/05-

解説

定本花袋全集/臨川書店 第25巻1995/05-

解説・解題

岩野泡鳴全集/臨川書店 第4巻1995/04-

Books And Publication

投書家時代の森鴎外-草創期活字メディアを舞台に-

宗像和重

岩波書店2004/07-

編年体大正文学全集別巻 大正文学年表・年鑑

宗像和重・山本芳明共編

ゆまに書房2003/08-

全集の本文

宗像和重

岩波講座 文学1 テクストとは何か2003/05-

新日本古典文学大系明治編 正岡子規集

金井景子・宗像和重・勝原晴希校注

岩波書店2003/03-

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

Comprehensive Research Concerning Western Textual Scholarship: Towards a Critical Reception into the Humanities in Japan

2011/-1-2016/-0

Allocation Class:¥31200000

Research Classification:

Generation research of the literary text by image-database-izing of a Taro Tominaga autograph manuscript

2011/-0-2014/-0

Allocation Class:¥5200000

Research Classification:

A Comprehensive Study on Censorship during the Occupation Period in Japan through the Analysis of Literature and Media

Allocation Class:¥4290000

Research Classification:

Japan-France joint research on discourse fromation of Japanese literature

2009/-0-2013/-0

Allocation Class:¥35880000

Research Classification:

Reciprocal Interactions Between Censorship and Literature in Occupation period General Interest Magazines

Allocation Class:¥3840000

Research Classification:

Synthetic research on the publication publishing house and literature of the Taisho and Showa term of the centering on Kinseido

Allocation Class:¥3600000

Research Classification:

Research for establishing scholarly editing in Japanese modern literature

2015/-0-2018/-0

Allocation Class:¥3380000

On-campus Research System

Special Research Project

日本近代文学における本文の生成と異同、及び校訂に関する研究

2013

Research Results Outline: 本研究は、近代文学における本文の生成とその異同を、肉筆の原稿類から活字媒体への一体的な考察としてとりあげることを目標とし、とくに個人全集を中心とした 本研究は、近代文学における本文の生成とその異同を、肉筆の原稿類から活字媒体への一体的な考察としてとりあげることを目標とし、とくに個人全集を中心とした本文校訂の問題を広く視野に入れて検討を加えることをめざした。この観点から、一つは現在編集に従事して... 本研究は、近代文学における本文の生成とその異同を、肉筆の原稿類から活字媒体への一体的な考察としてとりあげることを目標とし、とくに個人全集を中心とした本文校訂の問題を広く視野に入れて検討を加えることをめざした。この観点から、一つは現在編集に従事している『山田美妙集』(臨川書店刊)収録の小説・評論類を主な対象とし、その草稿・原稿類、初出雑誌・新聞、初刊の単行本および流布本等を調査・検討し、その異同の実態を詳しく記録することに努めた。その際、草稿・原稿類については早稲田大学図書館本間文庫、日本近代文学館塩田良平文庫所蔵において資料の閲覧と調査をおこない、新聞・雑誌・単行本等の活字資料については、早稲田大学図書館、日本近代文学館、国立国会図書館等の所蔵資料を利用した。これらを通して、美妙の本文の生成過程をより詳細に確認できただけでなく、きわめて判読しにくい美妙の原稿が活字化されていく過程において、その翻読・編集に果たした編集者の役割の大きさについての新たな知見を得た。 あわせて、日本近代文学館所蔵の宇野浩二の草稿・原稿類にも着目し、その初期と晩年における文体や作風の大きな変化が、病気を契機とした原稿執筆の具体的な様態の違い、――すなわち四百字詰原稿用紙から二百字詰原稿用紙へ、一気呵成に書き流す執筆から一語一語に対する著しい停滞と拘泥へといった変化と密接に結びついていることを、明らかにすることができた。このことは、近代文学の本文が作者の身体性と深く結びついていることを示唆するとともに、一方ではその文体を考察するうえで、作者の個人的な閲歴や生活経験をどこまで参照すべきかという問題をも、提起しているように思われる。さらに、こうした草稿・原稿類の調査を通して、個々の作家の原稿のみならず、近代文学においていわゆる「原稿用紙」が使用されるその歴史的な経緯と流通の種々相についても考察する契機を得たが、この点については、今回十分に検討できなかった単行本の重版における紙型の問題などとあわせて、今後の課題としてさらに研究を継続したい。

日本近代文学における本文の生成と異同、及び校訂に関する研究

2014

Research Results Outline: 本研究は、近代文学における本文の生成と異同の諸相を検討し、いわゆる本文校訂の実態とそのありかたについて総合的に考察することを課題としている。本年度は 本研究は、近代文学における本文の生成と異同の諸相を検討し、いわゆる本文校訂の実態とそのありかたについて総合的に考察することを課題としている。本年度は、昨年度に引き続き、早稲田大学図書館や、日本近代文学館所蔵の原稿類を中心として調査を進めたが、とく... 本研究は、近代文学における本文の生成と異同の諸相を検討し、いわゆる本文校訂の実態とそのありかたについて総合的に考察することを課題としている。本年度は、昨年度に引き続き、早稲田大学図書館や、日本近代文学館所蔵の原稿類を中心として調査を進めたが、とくに明治の作家山田美妙、および大正・昭和期の作家宇野浩二の原稿を対象として、それぞれの創作様態の特色と活字本文への課程を詳しく検討・分析した。この研究成果の一端は、編集・校訂を担当した『山田美妙集』第10巻(2015年4月、臨川書店)の本文校訂、および編集・執筆を担当した日本近代文学館編『近代文学草稿・原稿研究事典』(2015年2月、八木書店)等に反映された。

森鴎外を中心とする国語国字問題に関する研究

1996

Research Results Outline: 本研究は、明治・大正の国語国字問題を、森鴎外とのかかわりを中心に考察しようとするものである。 幕末からの国語国字問題については、たとえば時枝誠記に「 本研究は、明治・大正の国語国字問題を、森鴎外とのかかわりを中心に考察しようとするものである。 幕末からの国語国字問題については、たとえば時枝誠記に「外国模倣の皮相な改革論は、日清戦争後次第に衰へて、もっと実際的な、可能性のある国語の問題を考へるや... 本研究は、明治・大正の国語国字問題を、森鴎外とのかかわりを中心に考察しようとするものである。 幕末からの国語国字問題については、たとえば時枝誠記に「外国模倣の皮相な改革論は、日清戦争後次第に衰へて、もっと実際的な、可能性のある国語の問題を考へるやうになって、ここに問題は、文字改良論から、仮名遣改訂、文体改良、言文一致、標準語、方言等の問題に転向して行った」という要約がある。鴎外が、こうした国語国字問題に少なからぬ関心をいだいていたこと、とりわけ仮名遣改訂をめぐる問題については、歴史的仮名遣を支持する立場から、強力な論陣を張ったことなどについては、従来からよく知られているであろう。 ただ一方で、晩年の鴎外が会長に就任した臨時国語調査会が、その没後に仮名遣を表音式に改訂する「仮名遣改訂案」を発表したこととや、これについて、「もし博士が健在で、この案の制定に参加されたら、決してこの案に反対されなかったであろう」という見方もあることに、注目したい。鴎外における仮名遣問題の難しさと重要性がここにあるわけで、この問題を検討することは、晩年の鴎外を理解する大きな鍵であるとともに、近代における国語国字問題の理解の上でも、不可欠であると考える。 本研究では、そのような立場から、第一に鴎外関係の資料の収集を通して、鴎外における国語(仮名遣)問題への発言と、彼の表記そのものを確認することに努めた。また第二に、近代の国語国字問題の資料の収集を通して、その実情を確認することに努めた。これらを通して、「洋行帰りの保守主義者」としての従来の理解を、時代とのかかわりにおいて再検討する端緒が開かれたが、問題が大きく多岐に渡るので、今後その一つ一つを個別に解明することで、本研究のテーマの全体像に迫る予定であることをお断りしたい。

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Core Lecture 5School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
Core Lecture 6(RE)School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Modern Literature and CultureSchool of Culture, Media and Society2019fall semester
Modern Literature and CultureSchool of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Reading KuzushijiSchool of Culture, Media and Society2019spring semester
Reading KuzushijiSchool of Humanities and Social Sciences2019spring semester
History of Japanese Literature 5 (Modern Literature)School of Culture, Media and Society2019spring semester
History of Japanese Literature 5 (Modern Literature)School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
Seminar in Japanese Studies 7 B (Modern Literature )School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
Seminar in Japanese Studies 8 B (Classical Literature)School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Japanese Studies Seminar (Graduation Thesis) spring (MUNAKATA, Kazushige)School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
Japanese Studies Seminar (Graduation Thesis) fall (MUNAKATA, Kazushige)School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Japanese Literature: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
Japanese Literature: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
Japanese Literature: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester
Japanese Literature: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester
Japanese Literature 10Graduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester
Basic Lecture of Japanese Language and LiteratureGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
Japanese Literature 11-1 A: SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
Japanese Literature 11-2 A: SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester
Japanese Literature 11-1 B: SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
Japanese Literature 11-2 B: SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester
History of Japanese Literature 2Graduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester
Japanese Literature 11-1: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
Japanese Literature 11-2: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester