氏名

イノウエ ノリユキ

井上 典之

職名

教授 (https://researchmap.jp/7000019620)

所属

(人間科学部)

プロフィール

教育心理学者として認知・発達心理学的な方法論をベースに様々な教育・学習心理に関する研究を行ってきました。これまでに論文を発表してきた研究テーマとしては、問題解決型の授業を行うために必要な教師の専門技能・認知プロセスについての研究、教育システム開発・改善のためのフレームワークとしてのアクションリサーチの研究、心理学的アプローチによる数学的志向・問題解決についての研究、日米の教育における文化的認識論の研究などがあります。高等学校での数学教師としての経験や、コロンビア大学で学んだピアジェ心理学、クリニカル・インタビュー法、問題解決タスクを使った研究手法、そしてアメリカの大学で教師教育に携わる中で研究して来たアクション・リサーチの方法論などが研究のルーツとなっています。これらの研究テーマにご興味のある方、いつでもご連絡下さい。

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
n.inoue@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒359-1192埼玉県 所沢市三ヶ島2-579-15

URL等

WebページURL

https://ninouehomepage.wixsite.com/main/prof-inoue

研究者番号
90805623

本属以外の学内所属

兼担

人間科学学術院(大学院人間科学研究科)

人間科学学術院(人間科学部通信課程)

教育・総合科学学術院(教育学部)

学歴・学位

学位

Ph.D. コロンビア大学 (Columbia University)

M.A. コロンビア大学 (Columbia University)

M.Ed. ハーバード大学 (Harvard University)

受賞

フルブライト・スカラーシップ

1992年授与機関:JUSEC (Fulbright Japan)

最優秀教授賞

2014年授与機関:University of San Diego

研究分野

キーワード

教育心理学、教育研究手法、アクションリサーチ、教師の専門技能発達、非認知能力の発達、数学教育、国際教育

論文

Deconstructing teacher expertise for inquiry-based teaching: Looking into consensus building pedagogy in Japanese classrooms

Inoue, N., Asada, T., Maeda, N., & Nakamura, S.

Teaching and Teacher Education査読有り77p.366 - 3772019年-

Bringing life to educational psychology through cross-cultural experiences. In K. Keith (Ed.), Culture across the curriculum: A psychology teacher's handbook. Cambridge, UK: Cambridge University Press.


Inoue, N.

2018年-

The role of subjectivity in teacher expertise development: Mindfully embracing the “black sheep” of educational research.

Inoue, N.

International Journal for Transformative Research3p.16 - 232016年-

Educational epistemology, culture and history: Response to Joan Walton.

Inoue, N.

International Journal for Transformative Research3p.29 - 322016年-

Developing soft skills in action research: A cross-cultural approach with East-Asian epistemology.

Inoue, N.

Sage Handbook of Action Research (3rd edition).2015年-

Learning to overcome epistemological challenges: A case of a cross-cultural action research exchange program between the United States and Japan.

Inoue, N.

Action Research13p.154 - 1692015年-

Creation and initial validation of the motivation belief inventory: Measuring leaders’ beliefs about employee motivation using for motivation theories.

Facer, D. C., Gallaway, F., Inoue, N., & Zigarmi, D

Journal of Business Administration Research3p.1 - 182014年-

Reflective practice and motion sickness: Thoughts on the first North American Action Research Study Day.

Lowell, R., Inoue, N. & Getz, C.

Educational Action Research22p.251 - 2692014年-

Social and personal development

Inoue, N.

Educational psychology reader: The art and science of how people learnp.251 - 1692014年-

Achievement motivation, assimilation, decenter, locus of control, schema, Yin and Yang.

Inoue. N.

In K. D. Keith (Ed.), Encyclopedia of cross-cultural psychology. Hoboken, NJ: Wiley/Blackwell.2013年-

米国の教師教育の動向とその指向性が示唆する教育研究のあり方の文化的考察

井上 典之

日本教科教育学会誌34p.87 - 942013年-

Omoi vs. thinking in action research.

Inoue, N.

The California School Counselor142011年-

You asked open-ended questions, and now what?: Understanding the nature of stumbling blocks in mathematical inquiry lessons.

Inoue, N. & Buczynski, S.

Mathematics Educator20p.10 - 132011年-

Lost in translation: L2 learners' struggle to communicate cultural meanings of L1-specific expressions.

Inoue, N. & Molina, S.

CATESOL Journal22p.10 - 232011年-

Zen and the art of neriage: Facilitating consensus building in mathematics inquiry lessons through lesson study.

Inoue, N.

Journal of Mathematics Teacher Education14p.5 - 232011年-

A cross-cultural approach to deconstructing cognitive processes in the mathematics classroom.

Inoue, N.

In K. D. Keith (Ed.), Cross-cultural psychology: A Contemporary reader (pp. 198–209). Hoboken, NJ:2010年-

Developing a policy for an international experience requirement in a graduate teacher education program: A cautionary tale.

Buczynski, S., Inoue, N., Lattimer, H., & Alexandrowicz, V.

Teaching Education21p.33 - 462010年-

Rehearsing to teach: Content-specific deconstruction of instructional explanations in pre-service teacher trainings.

Inoue. N.

Journal of Education for Teaching35p.47 - 602009年-

The issue of reality in word problem solving.

Inoue, N.

In B. Greer & L. Verschaffel (Eds.), Words and worlds: Modelling verbal descriptions of situations. New Directions in Mathematics and Science Education (pp.195-209). Rotterdam, Netherlands: Sense Publisher.2009年-

Minimalism as a guiding principle: Linking mathematical learning to everyday knowledge.

Inoue, N.

Mathematical Thinking and Learning10p.1 - 322008年-

Why face a challenge?: The reason behind intrinsically motivated students' spontaneous choice of challenging tasks.

Individual Differences and Learning17p.251 - 2592007年-

The realistic reasons behind unrealistic solutions: The role of interpretive activity in word problem solving.

Inoue, N.

Learning and Instruction15p.69 - 832005年-

Young children doing mathematics: Observation of everyday activities.

Ginsburg, H.P., Inoue, N., & Seo, K.

In J. V. Copley (Ed.), Mathematics in the Early Years. Reston, VA: National Council of Teachers of Mathematics.1999年-

書籍等出版物

Beyond actions: Psychology of action research for mindful educational improvement.

Inoue, N.

New York: Peter Lang Publishing2015年-

Mirrors of the mind: An introduction of mindful ways of thinking education

Inoue, N.

New York: Peter Lang Publishing2012年-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(B)

児童の非認知能力の促進を目的とした授業研究の国際的展開

2019年-2020年

配分額:¥5330000

研究種別:

児童の非認知能力の促進を目的とした授業研究の国際的展開

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥5330000

学内研究制度

特定課題研究

教師の専門技能発達のための批判的内省の内容・意味の研究

2017年度

研究成果概要:このプロジェクトでは教師の専門技能発達のために不可欠と考えられている教師の批判的省察 (criticalreflection)の性質をより深く理解するために申請者が米国の大学の教員養成プログラムにおいて収集し...このプロジェクトでは教師の専門技能発達のために不可欠と考えられている教師の批判的省察 (criticalreflection)の性質をより深く理解するために申請者が米国の大学の教員養成プログラムにおいて収集したデータの分析を行い、2017年 8 月にコペンハーゲンで行われたヨーロッパ教育学会(European Conferenceon Educational Research)で研究結果の発表を行なった。現在学会で得られたフィードバックをベースに、欧米の学会誌に研究内容を投稿する準備を行なっている。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
教職実践演習(中・高) AP(所沢)教育学部2019秋学期
人間科学概論 01人間科学部2019秋クォーター
人間科学概論 02人間科学部2019秋クォーター
人間情報科学概論人間科学部2019春クォーター
教えることの科学人間科学部2019春学期
教育イノベーション論人間科学部2019秋学期
Intercultural Study 01人間科学部2019春季集中
専門ゼミI(教育システム開発論)人間科学部2019春学期
専門ゼミII(教育システム開発論)人間科学部2019秋学期
人間情報科学概論 01人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
教えることの科学 01人間科学部(通信教育課程)2019秋学期
教育システム開発論研究指導 A大学院人間科学研究科2019春学期
教育システム開発論研究指導 B大学院人間科学研究科2019秋学期
教育システム開発論ゼミ(1) A大学院人間科学研究科2019春学期
教育システム開発論ゼミ(1) B大学院人間科学研究科2019秋学期
教育システム開発論ゼミ(2) A大学院人間科学研究科2019春学期
教育システム開発論ゼミ(2) B大学院人間科学研究科2019秋学期
教育システム開発特論大学院人間科学研究科2019春学期
Global Study 01大学院人間科学研究科2019春季集中
教育システム開発論研究指導(D) A大学院人間科学研究科2019春学期
教育システム開発論研究指導(D) B大学院人間科学研究科2019秋学期

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度