氏名

ホソイ アツシ

細井 厚志

職名

准教授

所属

(基幹理工学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
hosoi@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.hosoi.amech.waseda.ac.jp/index.html

研究者番号
60424800

本属以外の学内所属

学内研究所等

熱エネルギー変換工学・数学融合研究所

研究所員 2017年-

各務記念材料技術研究所

兼任研究員 2017年-2018年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

学歴・学位

学位

博士(工学) 課程 早稲田大学 機械材料・材料力学

受賞

日本複合材料学会 林賞

2020年06月

日本機械学会 機械材料・材料加工部門 部門一般表彰 (優秀講演論文部門)

2017年09月

文部科学省 文部科学大臣表彰若手科学者賞

2017年04月

船井情報科学財団 船井学術賞

2017年04月

日本機械学会,日本機械学会奨励賞(研究)

2016年04月

日本機械学会 日本機械学会賞(論文)

2015年04月

日本機械学会 機械材料・材料加工部門 部門一般表彰 (優秀講演論文部門)

2014年09月

日本ばね学会 最優秀ポスター賞

2013年11月

日本材料学会複合材料部門 奨励賞

2013年05月

日本ばね学会 ベストインプレッション賞

2011年06月

日本複合材料学会 林学生賞

2007年10月

日本機械学会 三浦賞

2005年03月

研究分野

キーワード

材料力学、材料強度学、破壊力学、複合材料工学

科研費分類

工学 / 機械工学 / 機械材料・材料力学

研究シーズ

高機能化CNT細線の開発

シーズ分野:ナノ・材料

3Dナノ構造界面を有する異種材直接接合

シーズ分野:ものづくり技術

熱処理による金属材料の疲労き裂治癒

シーズ分野:ものづくり技術

論文

Evaluation of detailed transverse crack propagation toward thickness direction for CF/PEEK quasi-isotropic laminates under fatigue loading

Dai Tsunoda, Masahiro Kohara, Keita Noda, Atsushi Hosoi, Naoki Sugiura, Takahiro Hayashi, Hiroyuki Kawada

Mechanical Engineering Journalin press

DOI

Effect of the interfacial nanostructure on the interlaminar fracture toughness and damage mechanisms of directly bonded carbon fiber reinforced thermoplastics and aluminum

Hiroki Ota, Kristine Munk Jespersen, Kei Saito, Keita Wada, Kazuki Okamoto, Atsushi Hosoi, Hiroyuki Kawada

Composites Part A: Applied Science and Manufacturing139p.1061012020年-

DOI

Energy absorption mechanism of thermoplastic fiber-reinforced plastics under impact loading using Split-Hopkinson pressure-bar method

Ayuta Nambu, Shogo Adachi, Tomoya Yabu, Yuji Ishitsuka, Atushi Hosoi, Hiroyuki Kawada

Key Engineering Materials858p.47 - 532020年-

DOI

Experimental measurement of mode-I fracture toughness of dissimilar material joints with thermal residual stresses

Kristine Munk Jespersen, Hiroki Ota, Kazuki Harada, Atsushi Hosoi, Hiroyuki Kawada

Engineering Fracture Mechanics385p.1072492020年-

DOI

アルミニウム合金とCFRTP積層板の異種接合の強度と破壊形態に及ぼす表面ナノ構造の影響

和田啓汰,大田宙起,齋藤慧,クリスティーン ムンク イエスパーセン,細井厚志,川田宏之

日本複合材料学会誌46(4)p.162 - 1692020年-

Evaluation of strength degradation behavior and fatigue life prediction of plain-woven carbon-fiber-reinforced plastic laminates immersed in seawater

Shuhei Koshima, Shunsuke Yoneda, Norihiro Kajii, Atsushi Hosoi, Hiroyuki Kawada

Composites Part A: Applied Science and Manufacturing127p.1056452019年-

DOI

熱混酸処理を用いた黒鉛化無撚カーボンナノチューブ糸の官能基化および高強度化

奥茂洸一,髙橋祐衣,金太成,二川秀史,細井厚志,川田宏之

日本機械学会論文集85(874)p.19 - 000292019年-

DOI

The effect of nanospike structures on direct bonding strength properties between aluminum and carbon fiber reinforced thermoplastics

Hikaru Abe, Joon Cheol Chung, Takaaki Mori, Atsushi Hosoi, Kristine Munk Jespersen, Hiroyuki Kawada

Composites Part B: Engineering172p.26 - 322019年-

DOI

Mechanical properties and microstructural fracture behaviors of dry-spun SiC fibers

Tatsuya Kimura, Hinako Ozaki, Michimasa Uda, Yoshio Hasegawa, Akiko Koshizaka, Atsushi Hosoi, Hiroyuki Kawada

JSME Mechanical Engineering Journal6(3)p.18 - 005432019年-

DOI

無撚カーボンナノチューブ/ポリマー複合糸の機械的特性に及ぼすCNT間相互作用力の影響

金太成,林晏理,二川秀史,細井厚志,川田宏之

日本機械学会論文集85(872)p.18 - 004082019年-

DOI

海水浸漬における平織CFRP積層板の静的引張強度及び疲労強度劣化特性の評価

甲嶋秀平,梶井憲弘,細井厚志,川田宏之

日本機械学会論文集85(871)p.18 - 004352019年-

DOI

Direct exfoliation of layered materials in low-boiling point solvents using weak acid salts

Yoshihiko Arao, Jonathon D. Tanks, Masatoshi Kubouchi, Akira Ito, Atsushi Hosoi, Hiroyuki Kawada

Carbon142p.261 - 2682019年-

DOI

Fatigue life prediction for transverse crack initiation of CFRP cross-ply and quasi-isotropic laminates

Atsushi Hosoi, Hiroyuki Kawada

Materials11(7)p.11822018年-

DOI

Ex-situ X-ray computed tomography, tension clamp and in-situ transilluminated white light imaging data of non-crimp fabric based fibre composite under fatigue loading

Kristine M. Jespersen, Jens A. Glud, Jens Zangenberg, Atsushi Hosoi, Hiroyuki Kawada, Lars P. Mikkelsen

Data in Brief21p.228 - 2332018年-

DOI

一方向および擬似等方層間高靭性化厚肉CFRP積層板の面外方向疲労特性に及ぼす応力比の影響

新井智貴,福島槙一郎,世木選,細井厚志,川田宏之

日本機械学会論文集84(863)p.18 - 000392018年-

DOI

無撚カーボンナノチューブ糸の機械的特性に及ぼす黒鉛化の影響と強度発現機構

金太成,林晏理,二川秀史,白須圭一,山本剛,橋田俊之,細井厚志,川田宏之

日本機械学会論文集84(860)p.17 - 005852018年-

DOI

強化繊維径および界面特性を考慮したGF/PA射出成形材の引張強度予測

白木伶治,岡本彪,小澤憲人,金太成,平山紀夫,谷口憲彦,西脇剛史,細井厚志,川田宏之

日本機械学会論文集84(860)p.17 - 005822018年-

DOI

Uncovering the fatigue damage initiation and progression in uni-directional non-crimp fabric reinforced polyester composite

Kristine M. Jespersen, Jens A. Glud, Jens Zangenberg, Atsushi Hosoi, Hiroyuki Kawada, Lars P. Mikkelsen

Composites Part A: Applied Science and Manufacturing109p.481 - 4972018年-

DOI

電気めっき処理によるカーボンナノチューブ/銅複合配線の創製および許容電流評価

金太成,酒井貴広,星雄大,二川秀史,細井厚志,川田宏之

日本機械学会論文集84(857)p.17 - 003132018年-

DOI

高温環境下におけるクロスプライCFRTP積層板のトランスバースクラック発生及び累積挙動の評価

細井厚志, 寺内幹, 角田大, 木村達哉, 古挽彰, 川田宏之

日本機械学会論文集83(855)p.17 - 003122017年-

DOI

層間強化を有する厚肉CFRP積層板の面外方向及び面内トランスバー方向における疲労寿命の評価

世木選,新井智貴,福島槙一郎,細井厚志,藤田雄三,武田一朗,川田宏之

日本機械学会論文集83(851)p.16 - 006572017年-

DOI

射出成形ガラス長繊維強化ポリアミドの衝撃引張特性に及ぼす繊維径の影響

小澤憲人,金太成,角田大地,荒尾与史彦,谷口憲彦,西脇剛史,細井厚志,川田宏之

日本機械学会論文集82(839)p.15 - 006572016年-

DOI

CFRP円筒材のねじり疲労特性に及ぼす積層構成の影響

渡邉太一,里村圭介,木元尚紀,中村崇人,金太成,細井厚志,川田宏之

日本機械学会論文集82(839)p.16 - 000132016年-

DOI

CFRP円筒材の静的ねじり特性に及ぼす積層構成の影響

渡邉太一,里村圭介,木元尚紀,中村崇人,金太成,細井厚志,川田宏之

材料65(8)p.567 - 5722016年-

DOI

Microwave atomic force microscope: MG63 osteoblast-like cells analysis on nanometer scale

Lan Zhang, Yuanhui Song, Atsushi Hosoi, Yasuyuki Morita and Yang Ju

Microsystem Technologies22(3)p.603 - 6082016年-

DOI

Detection and quantitative evaluation of defects in glass fiber reinforced plastic laminates by microwaves

Atsushi Hosoi, Yuhei Yamaguchi, Yang Ju, Yasumoto Sato, Tsunaji Kitayama

Composite Structures128p.134 - 1442015年-

DOI

Prediction of initiation of transverse cracks in cross-ply CFRP laminates under fatigue loading by fatigue properties of unidirectional CFRP in 90° direction

Atsushi Hosoi, Shigeyoshi Sakuma, Yuzo Fujita and Hiroyuki Kawada

Composites Part A: Applied Science and Manufacturing68p.398 - 4052015年-

DOI

Fabrication of AFM probe with CuO nanowire formed by stress-induced method

Atsushi Hosoi, Hisataka Koto and Yang Ju

Microsystem Technologies20(12)p.2221 - 22292014年-

DOI

面外方向繰り返し荷重を受ける層間高靱性化CFRP積層板の疲労強度特性

重盛洸,細井厚志,藤田雄三,川田宏之

日本機械学会論文集80(812)p.SMM00872014年-

DOI

Growth of Cu2O flower/grass-like nano architectures and their photovoltaic effects

Lijiao Hu, Yang Ju, Mingji Chen,Atsushi Hosoi and Shigeo Arai,

Applied Surface Science305p.710 - 7152014年-

DOI

Growth of 3-D flower/grass-like metal oxide nanoarchitectures based on catalyst-assisted oxidation method

Lijiao Hu, Yang Ju and Atsushi Hosoi

Nanoscale Research Letters9p.1162014年-

DOI

tLyP-1-conjugated Au-Nanorod@SiO2 core-shell nanoparticles for tumor-targeted drug delivery and photothermal therapy

Baiyao Xu, Yang Ju, Yanbin Cui, Guanbin Song, Yuichi Iwase, Atsushi Hosoi and Yasuyuki Morita

Langmuir30(26)p.7789 - 77972014年-

DOI

層間高靱性化CFRPクロスプライ積層板の繰り返し荷重下におけるトランスバースクラック発生評価

川田宏之,曽我理昴,重盛洸,細井厚志,藤田雄三

日本機械学会論文集A編80(812)p.SMM00792014年-

DOI

Quantitative evaluation of the displacement distribution and stress intensity factor of fatigue cracks healed by a controlled high-density electric current field

Atsushi Hosoi, Takahiro Yano, Yasuyuki Morita and Yang Ju

Fatigue and Fracture of Engineering Materials and Structures37(9)p.1025 - 10332014年-

DOI

Carbon nanotube-Cu/parylene nanowire array electrical fasteners with high adhesion strength, Applied Physics Express

Yanbin Cui, Yang Ju, Peng Wang, Baiyao Xu, Naoki Kojima, Kazuma Ichioka and Atsushi Hoso

Applied Physics Express7(1)p.015102-1 - 42014年-

DOI

Mimicking a gecko’s foot with strong adhesive strength based on a spinnable vertically aligned carbon nanotube array

Yanbin Cui, Yang Ju, Baiyao Xu, Peng Wang, Naoki Kojima, Kazuma Ichioka and Atsushi Hosoi

RSC Advances4p.9056 - 90602014年-

DOI

Core-shell nanowire based electrical surface fastener used for room-temperature electronic packaging bonding

Peng Wang, Yang Ju and Atsushi Hosoi

Electronic Materials Letters10(2)p.503 - 5072014年-

DOI

Prediction of first transverse crack formation in cross-ply CFRP laminates under fatigue loading

Atsushi Hosoi, Ken Kurihara, Narumichi Sato and Hiroyuki Kawada

International Journal of the Institute of Materials Malaysia1(2)p.157 - 1642014年-

The surface condition effect of Cu2O flower/grass-like nano architectures grown on Cu foil and Cu film

Lijiao Hu, Yang Ju, Atsushi Hosoi and Yongpeng Tang

Nanoscale Research Letters8p.445-1 - 62013年-

DOI

Copper/parylene core/shell nanowire surface fastener used for room-temperature electrical bonding

Peng Wang, Yang Ju, Yanbin Cui and Atsushi Hosoi

Langmuir29(45)p.13909 - 139162013年-

DOI

Healing of fatigue crack by high-density electropulsing in austenitic stainless steel treated with the surface-activated pre-coating

Atsushi Hosoi, Kishi Tomoya and Yang Ju

Materials6(9)p.4213 - 42252013年-

DOI

Effect of high-density electric current on the microstructure and fatigue crack initiation of stainless steel

Yongpeng Tang, Atsushi Hosoi, Yuichi Iwase and Yang Ju

Materials Transactions54(11)p.2085 - 20922013年-

DOI

Restoration of fatigue damage in stainless steel by high-density electric current

Yongpeng Tang, Atsushi Hosoi, Yasuyuki Morita and Yang Ju,

International Journal of Fatigue56p.69 - 742013年-

DOI

疲労荷重下におけるCFRPクロスプライ積層板のトランスバースクラック発生に関する層厚さの影響

栗原謙,細井厚志,佐藤成道,川田宏之

日本機械学会論文集A編79(799)p.249 - 2652013年-

DOI

Room temperature bonding technique based on copper nanowire surface fastener

Peng Wang, Yang Ju, Mingji Chen, Atsushi Hosoi and Yuanhui Song

Applied Physics Express,6(3)p.035001-1 - 42013年-

DOI

Detection of delamination in GFRP and CFRP by microwaves with focusing mirror sensor

Atsushi Hosoi, Yuhei Yamaguchi, Yang Ju, Yasumoto Sato and Tsunaji Kitayama

Materials Science Forum750p.142 - 1462013年-

DOI

A study on spatial resolution of microwave atomic force microscope imaging affected by scanning speed

Lan Zhang, Atsushi Hosoi and Yang Ju

Materials Science Forum750p.200 - 2032013年-

DOI

Measurement of electrical properties of materials under the oxide layer by microwave-AFM probe

Lan Zhang, Yang Ju, Atsushi Hosoi and Akifumi Fujimoto

Microsystem Technologies18(44)p.1917 - 19222012年-

DOI

静的引張試験による疲労荷重下における[0m/90n]sクロスプライCFRP積層板に生じるトランスバースクラックの発生予測

細井厚志,高村啓吾,佐藤成道,川田宏之

日本機械学会論文集A編78(791)p.1000 - 10122012年-

DOI

Microwave atomic force microcopy: Quantitative measurement and characterization of electrical properties on the nanometer scale

Lan Zhang, Yang Ju, Atsushi Hosoi and Akifumi Fujimoto

Applied Physics Express5(4)p.016602-1 - 32012年-

DOI

Fatigue crack healing by a controlled high density electric current field

Atsushi Hosoi, Takatsugu Nagahama and Yang Ju

Material Science and Engineering: A533(30)p.38 - 422012年-

DOI

電磁波によるガラス繊維強化複合材層間はく離の検出性検討

佐藤康元,小倉夏樹,北山綱次,細井厚志,巨陽

非破壊検査61(6)p.286 - 2872012年-

疲労負荷下におけるクロスプライCFRP積層板のトランスバースクラック発生評価

高村啓吾,細井厚志,佐藤成道,川田宏之

日本機械学会論文集A編77(779)p.1123 - 11342011年-

DOI

Quantitative evaluation of fatigue damage growth in CFRP laminates that changes due to applied stress level

Atsushi Hosoi, Keigo Takamura, Narumichi Sato and Hiroyuki Kawada

International Journal of Fatigue33(6)p.781 - 7872011年-

DOI

Enhancement of sensitivity for the evaluation of electrical properties by modifying the nano structure of microwave AFM probe

Lan Zhang, Yang Ju, Atsushi Hosoi and Akifumi Fujimoto

Materials Science Forump.675 - 6772011年-

DOI

Structure modification of M-AFM probe for the measurement of local conductivity

Akifumi Fujimoto, Lang Zhang, Atsushi Hosoi and Yang Ju

Microsystem Technologies17(4)p.715 - 7202011年-

DOI

マイクロ波によるNi基合金溶接部表面の応力腐食割れの非破壊評価

天野智文,巨陽,細井厚志

日本機械学会論文集(B)編77(776)p.959 - 9632011年-

DOI

時間領域マイクロ波測定法による配管減肉の非破壊計測

天野智文,巨陽,細井厚志

日本機械学会論文集(B)編77(776)p.959 - 9632011年-

DOI

Microwave atomic force microscopy imaging for nanometer-scale electrical property characterization

Lan Zhang, Yang Ju, Atsushi Hosoi and Akifumi Fujimoto

Review of Scientific Instruments81(12)p.123708-1 - 42010年-

DOI

Nondestructive detection of defects in GFRP laminates by microwaves

Atsushi Hosoi, Yang Ju

Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering4(11)p.1711 - 17212010年-

DOI

Properties of M-AFM probe affected by nanostructural metal coatings

Atsushi Hosoi, Motohiro Hamada, Akifumi Fujimoto and Yang Ju

Microsystem Technologies16(7)p.1233 - 12372010年-

DOI

High-cycle fatigue characteristics of quasi-isotropic CFRP laminates (Initiation and propagation of delamination considering the interaction with transverse cracks)

Atsushi Hosoi, Narumichi Sato, Yasuyuki Kusumoto, Keita Fujiwara and Hiroyuki Kawada

International Journal of Fatigue32(1)p.29 - 362010年-

DOI

CFRP直交積層板におけるトランスバースクラック発生の温度依存性

川田宏之,小柳潤,細井厚志,梶原俊作,石岡義和,佐藤成道

材料システム28p.47 - 512010年-

Transverse crack growth behavior considering free-edge effect in quasi-isotropic CFRP laminates under high-cycle fatigue loading

Atsushi Hosoi, Yoshihiko Arao and Hiroyuki Kawada

Composites Science and Technology69(9)p.1388 - 13932009年-

DOI

Variations of fatigue damage growth in cross-ply and quasi-isotropic laminates under high-cycle fatigue loading

Atsushi Hosoi, Jiadi Shi, Narumichi Sato and Hiroyuki Kawada

ournal of Solid Mechanics and Materials Engineering3(2)p.138 - 1492009年-

DOI

Stress analysis of laminates of carbon fiber reinforced plastics, containing transverse cracks, considering free-edge effect and residual thermal stress

Atsushi Hosoi and Hiroyuki Kawada

Materials Science and Engineering A498(1-2)p.69 - 752008年-

DOI

High-cycle fatigue characteristics of quasi-isotropic CFRP laminates

Atsushi Hosoi, Yoshihiko Arao, Hirokazu Karasawa and Hiroyuki Kawada

Advanced Composite Materials16(2)p.151 - 1662007年-

DOI

Fatigue characteristic of quasi-isotropic CFRP laminates subjected to variable amplitude cyclic loading of two-stage loading

Atsushi Hosoi, Hiroyuki Kawada and Hiromichi Yoshino

International Journal of Fatigue28(10)p.1284 - 12892006年-

DOI

Long-term durability of polymer matrix composites under hostile environments

Hiroyuki Kawada, Akira Kobiki, Jun Koyanagi and Atsushi Hosoi

Materials Science and Engineering A412(1-2)p.159 - 1642005年-

DOI

書籍等出版物

接着・接合の支配要因と最適化技術(仮)

細井厚志他

S&T出版2020年 00月-

詳細

担当ページ数:in press

自己修復材料,自己組織化,形状記憶材料の開発と応用事例

細井厚志他

技術情報協会2020年 03月-

詳細

担当ページ数:133-140

シランカップリング剤の使い方と応用事例

細井厚志,Kristine Munk Jespersen他

サイエンス&テクノロジー2020年 03月-

詳細

担当ページ数:273-279

炭素繊維およびその繊維複合材料における分析試験,評価解析に関する最新事例集

細井厚志,川田宏之他

エヌ・ティー・エス2019年 06月-

詳細

担当ページ数:273-280

「金属疲労亀裂の治癒」,スマートマテリアル総覧 自己修復材料編

細井厚志他

日経BP社2018年 10月-

詳細

担当ページ数:315-316

樹脂/繊維複合材料の界面制御、成形加工と評価

細井厚志,川田宏之他

技術情報協会2018年 01月-

詳細

担当ページ数:252-257

高分子の残留応力対策

川田宏之,細井厚志他

技術情報協会2017年 02月-

詳細

担当ページ数:230-234

基礎からわかるFRP- 繊維強化プラスチックの基礎から実用まで -

細井厚志他

コロナ社2016年 04月-

詳細

担当ページ数:138-143

自動車,航空機,輸送機器における樹脂・プラスチック材料の技術資料集

細井厚志他

技術情報協会2015年 02月-

詳細

担当ページ数:79-83

CFRPの成形・加工・リサイクル技術最前線,生活用具から産業用途まで適用拡大を背景として

細井厚志他

エヌ・ティー・エス2015年 06月-

詳細

担当ページ数:273-278

炭素繊維およびCFRP/CFRTPの特性と製造・開発動向

細井厚志,川田宏之他

情報機構2015年 05月-

詳細

担当ページ数:111-120

最新材料の性能・評価技術 :プラスチック系材料および製品事例

川田宏之,細井厚志他 

産業技術サービスセンター2014年 05月-

詳細

担当ページ数:236-242

高分子における劣化・破壊現象の写真・データ事例集

細井厚志,川田宏之他

技術情報協会2014年 03月-

次世代自動車(EV・HV)に向けた自動車材料の樹脂化による車体軽量化-新材料開発・加工技術の事例とこれからの展開-

細井厚志,川田宏之他

技術情報協会2013年 02月-

詳細

担当ページ数:201-204

破壊力学大系-壊れない製品設計へ向けて-

川田宏之,細井厚志他

技術情報協会2012年 02月-

詳細

担当ページ数:478-482

講演・口頭発表等

Influence of long term seawater immersion on mechanical properties of carbon fiber/vinylester composites

Shuhei Koshima, Atsushi Hosoi, Hiroyuki Kawada

ASME 2017 International Mechanical Engineering Congress & Exposition,2017年11月03日

詳細

開催地:Tampa

概要: Paper No. IMECE2017-73226

Effect of test temperature on the energy absorption mechanism of injection molded FRTP

Shogo Adachi, Ryoji Shiraki, Tomoya Yabu, Yuji Ishitsuka, Atsushi Hosoi, Hiroyuki Kawada

ASME 2017 International Mechanical Engineering Congress & Exposition2017年11月03日

詳細

開催地:Tampa

概要: Paper no. IMECE2017-73220

Development of Cu/untwisted CNT composite with high ampacity and conductivity

Takahiro Sakai, Tae Sung Kim, Hidefumi Nikawa, Atsushi Hosoi and Hiroyuki Kawada

Proceedings of the 2017 International Conference on Materials & Processing2017年06月04日

詳細

開催地:Los Angeles

概要: Paper. No. ICMP2017-4419

Effect of 3D surface nanostructures on adhesion strength between CFRTP laminates and aluminum plates

Hikaru Abe, Jooncheol Chung, Takaaki Mori, Atsushi Hosoi and Hiroyuki Kawada

The 2017 International Conference on Materials & Processing2017年06月04日

詳細

開催地:Los Angeles

概要: Poster No. ICMP2017-4412 (Certificate of Merit for Excellent Poster Presentation of the Conference)

Life prediction by simulation of transverse crack initiation in CFRTP laminates under fatigue loading

Atsushi Hosoi, Taichi Watanabe, Akiya Ozeki, Motoki Terauchi,Akira Kobiki and Hiroyuki Kawada

Proceedings of the 29th Symposium of the International Committee on Aeronautical Fatigue and Structural Integrity2017年06月05日

詳細

開催地:Nagoya

概要: Paper No. W22

Strengthening of untwisted carbon nanotube yarn by graphitization treatment

Taesung Kim, Anri Hayashi, Hidefumi Nikawa, Atsushi Hosoi and Hiroyuki Kawada

Proceedings of 2016 M&M International Symposium for Young Researchers2016年08月10日

詳細

開催地:New York

Development of untwisted carbon nanotube yarn with high strength by heat treatment

Taesung Kim, Hidefumi Nikawa, Atsushi Hosoi and Hiroyuki Kawada

Proceedings of 17th European Conference on Composite Materials2016年06月26日

詳細

開催地:Munich

概要: Paper no. MON-2_NAP_2.06-06

Fatigue life prediction of thick CFRP laminates with toughened interlaminar layers in the out-of-plane direction at different stress ratios

Atsushi Hosoi, Shiwon Tsuge, Sen Seki, Yuzo Fujita, Ichiro Taketa and Hiroyuki Kawada

Proceedings of 17th European Conference on Composite Materials2016年06月26日

詳細

開催地:Munich

概要: Paper no. PO_3-27

Evaluation of transverse crack initiation in CFRTS and CFRTP laminates under fatigue loading

Atsushi Hosoi, Taichi Watanabe, Akira Kobiki, Masahiro Kotani and Hiroyuki Kawada

Advancements in Theoretical and Applied Plasticity招待有り2016年01月03日

詳細

開催地:Hawaii

概要: Proceedings of PLASTIcITY 2016: 22nd International Symposium Plasticity and its Current Applications, pp.109-111.

Processing of CNT/Polymer-matrix composite using liquid phase plasma and solvent-displacement method

Tae Sung Kim, Saeko Nomura, Yoshihiro Tanaka, Hidenobu Anzai, Ryoichi Hanaoka, Sumitaka Terasaka, Atsushi Hosoi and Hiroyuki Kawada

Proceedings of ASME 2015 International Mechanical Engineering Congress & Exposition2015年11月15日

詳細

開催地:Houston

概要: Paper no. IMECE2015- 54059

Prediction of transverse crack initiation in cross-ply CFRTP laminates in low and high cycle fatigue loadings

Atsushi Hosoi, Taichi Watanabe, Akira Kobiki, Masahiro Kotani and Hiroyuki Kawada

Proceedings of the 14th Japanese-European Symposium on Composite Materials2015年09月16日

詳細

開催地:Kanazawa

Improvement of mechanical properties in untwisted CNT yarn by PAA/DMSO densification treatment

Tae Sung Kim, Kaoru Sugano, Atsushi Hosoi and Hiroyuki Kawada

Proceedings of The 4th Asian Symposium on Materials and Processing 20152015年08月05日

詳細

開催地:Lombok Island

Effect of stress ratio on fatigue characteristics in the out-of-plane direction of thick CFRP laminates with toughened interlaminar

Atsushi Hosoi, Shigeyoshi Sakuma, Yuzo Fujita, Ichiro Taketa and Hiroyuki Kawada

Proceedings of the 20th International Conference on Composite Materials2015年07月19日

詳細

開催地:Copenhagen

Strain rate dependent tensile properties of injection molded long glass fiber reinforced thermoplastics

Taesung Kim, Yoshihiko Arao, Norihiko Taniguchi, Tsuyoshi Nishiwaki, Norio Hirayama, Atsushi Hosoi and Hiroyuki Kawada

Proceedings of the 20th International Conference on Composite Materials2015年07月19日

詳細

開催地:Copenhagen

Mechanical properties of densified untwisted carbon nanotube yarn / epoxy composites

Risa Yoshizaki, Kim Tae, Sung, Atsushi Hosoi and Hiroyuki Kawada

Proceedings of the 10th ASME Manufacturing Science and Engineering Conference MSEC20152015年06月08日

詳細

開催地:North Carolina

Evaluation of transverse crack initiation in cross-ply and quasi-isotropic CFRP laminates under fatigue loading

Atsushi Hosoi, Yuzo Fujita and Hiroyuki Kawada

Proceedings of the 28th Symposium of the International Committee on Aeronautical Fatigue and Structural Integrity2015年06月01日

詳細

開催地:Helsinki

Evaluation of transverse crack initiation in cross-ply CFRTP laminates under fatigue loading

Atsushi Hosoi, Taro Fukui, Akira Kobiki, Masahiro Kotani and Hiroyuki Kawada

Proceedings of the 6th International Conference of Fatigue of Composite2015年03月25日

詳細

開催地:Paris

概要: Paper no. ICFC2015-6

Evaluation of out-of-plane fatigue properties of unidirectional and quasi-isotropic thick CFRP laminates with interlaminar toughened layers

Atsushi Hosoi, Shigeyoshi Sakuma, Ko Shigemori, Yuzo Fujita, Ichiro Taketa and Hiroyuki Kawada

ASME 2014 International Mechanical Engineering Congress & Exposition2014年11月14日

詳細

開催地:Montreal

概要: Paper no. IMECE2014-40661

Prediction of transverse crack initiation in [0m/90n]S cross-ply CFRP laminates under fatigue loading using S-N diagram of unidirectional CFRP in 90° direction

Atsushi Hosoi, Shigeyoshi Sakuma, Yuzo Fujita and Hiroyuki Kawada

Proceedings of 11th International Conference on Durability Analysis of Composite Systems2014年09月15日

詳細

開催地:Tokyo

概要: Paper No. Or12

Nondestructive and noncontact measurement of wall thinning location in metal pipeline by microwaves

Fumiya Inukai, Atsushi Hosoi and Yang Ju

Proceedings of the 5th US/Japan NDT Symposium ASNT/JSNDI2014年06月17日

詳細

開催地:Hawaii

Evaluation of the depth distribution of thermal fatigue cracks on the metal surface using microwaves

Kohei Nohara, Atsushi Hosoi and Yang Ju

Proceedings of the 5th US/Japan NDT Symposium ASNT/JSNDI2014年06月17日

詳細

開催地:Hawaii

Microwave AFM: MG63 osteoblast-like Cells Analysis on Nanometer Scale

Yang Ju, Lan Zhang, Yuanhui Song and Atsushi Hosoi

Proceedings of Symposium on Design, Test, Integration and Packaging of MEMS/MOEMS 20142014年04月01日

詳細

開催地:Cannes Côte d’Azur

Growth of 3D flower/grass-like metal oxide nano architectures based on catalyst assisted oxidation

Lijiao Hu, Yang Ju and Atsushi Hosoi

Proceedings of the International Conference on Small Science2013年12月15日

詳細

開催地:Las Vegas

Nondestructive evaluation of wall thinning in metal pipes by microwaves and restoration of fatigue damage in stainless steel using high-density pulse current

Yang Ju, Atsushi Hosoi, Fumiya Inukai and Yuichi Iwase

Proceedings of Joint Symposium on Reliability Engineering & Fracture Mechanics 27, pp. 207-2122013年11月21日

詳細

開催地:Kumamoto

Detection and evaluation of defects in GFRP laminates backed by free space with microwave reflectometry

Yuhei Yamaguchi, Atsushi Hosoi, Yang Ju, Yasumoto Sato and Tsunaji Kitayama

Proceedings of 13th Japan International SAMPE Symposium and Exhibition2013年11月11日

詳細

開催地:Nagoya

概要: Paper no. 1904

Core-shell nanowire based electrical surface fastener used for room-temperature electronic packaging bonding

Peng Wang, Yang Ju and Atsushi Hosoi

Proceedings of the 15th International Conference on Electronic Materials and Packaging2013年09月07日

詳細

開催地:Soul

概要: Paper no. ADP-0225-1-5

Growth of grass like architectures on Si substrate and its mechanism study

Lijiao Hu, Yang Ju and Atsushi Hosoi

Proceedings of 13th International Conference of Fracture2013年06月19日

詳細

開催地:Beijing

概要: Paper no. S30-003

Core-shell nanowire surface fastener used for mechanical and electrical room temperature bonding

Peng Wang, Yang Ju and Atsushi Hosoi

Proceedings of 13th International Conference of Fracture2013年06月19日

詳細

開催地:Beijing

概要: Paper no. S30-016

Healing of fatigue crack treated with surface-activated pre-coating method by controlling high-density electric current

Atsushi Hosoi, Tomoya Kishi and Yang Ju

Proceedings of 13th International Conference of Fracture2013年06月17日

詳細

開催地:Beijing

概要: Paper no. S18-003

Effect of fiber volume fraction on first transverse crack formation in cross-ply CFRP laminates under fatigue loading

Atsushi Hosoi, Ko Shigemori, Yuzo Fujita and Hiroyuki Kawada

Proceedings of the 27th Symposium of the International Committee on Aeronautical Fatigue and Structural Integrity Vol. 2, pp. 925-9352013年06月07日

詳細

開催地:Jerusalem

Fabrication of AFM probe with CuO nanowire formed by stress-induced method

Atsushi Hosoi, Hisataka Koto and Yang Ju

Proceedings of Symposium on Design, Test, Integration and Packaging of MEMS/MOEMS2013年04月16日

詳細

開催地:Barcelona

概要: pp. 113-119

Prediction of first transverse crack formation in cross-ply CFRP laminates under fatigue loading

Atsushi Hosoi, Ken Kurihara, Narumichi Sato and Hiroyuki Kawada

Proceedings of 8th Asian-Australian Conference on Composite Materials2012年11月08日

詳細

開催地:Kuala Lumpur

概要: Paper no. O-FRA-027

Nondestructive inspection of damages in CFRP and GFRP laminates by microwaves

Yang Ju, Yuhei Yamaguchi, Atsushi Hosoi, Yasumoto Sato and Tsunaji Kitayama

Innovation of high performance composites for low-carbon and energy saving2012年09月08日

詳細

開催地:Chengdu

概要: pp. 240-243

Room temperature electrical bonding technique based on titled copper nanowire fastener with anisotropic adhesion properties

Peng Wang, Yang Ju, Atsushi Hosoi and Yuanhui Song

Proceedings of IEEE 12th International Conference on Nanotechnology2012年08月22日

詳細

開催地:Birmingham

概要: Paper no. 8684, in CD-ROM

Study on spatial resolution of microwave atomic force microscope imaging affected by scanning speed

Lang Zhang, Atsushi Hosoi and Yang Ju

Proceedings of the 8th International Forum on Advanced Materials Science and Technology2012年08月04日

詳細

開催地:Fukuoka

概要: Paper no. 4A-OS10-05

Detection of delmaination in GFRP and CFRP by microwaves with focusing mirror sensor

Atsushi Hosoi, Yuhei Yamaguchi, Yang Ju, Yasumoto Sato and Tsunaji Kitayama

Proceedings of the 8th International Forum on Advanced Materials Science and Technology2012年08月04日

詳細

開催地:Fukuoka

概要: Paper no. 4A-OS06-01

Effect of high density electric current on recovery of strain caused by fatigue loading

Yongpeng Tang, Atsushi Hosoi, Yasuyuki Morita and Yang Ju

Proceedings of Asian Pacific Conference on Fracture and Strength-Mechanics and Materials 20122012年05月14日

詳細

開催地:Busan

概要: pp. 88-89

Imaging the nano-structure materials utilizing microwave-AFM

Lan Zhang, Yang Ju, Atsushi Hosoi and Akifumi Fujimoto

Proceedings of the JSME/ASME 2011 International Conference on Materials and Processing2011年06月15日

詳細

開催地:Corvallis,Oregon

概要: Paper no. ICMP2011-51081

Measurement of electrical properties of materials under the oxide layer by microwave-AFM probe

Lan Zhang, Yang Ju, Atsushi Hosoi and Akifumi Fujimoto

Proceedings of Symposium on Design, Test, Integration and Packaging of MEMS/MOEMS2011年05月11日

詳細

開催地:Aix-en Provence

概要: pp. 355-358

Evaluation of transverse crack initiation in cross-ply CFRP laminates under high-cycle fatigue loading

Keigo Takamura, Atsushi Hosoi, Narumichi Sato and Hiroyuki Kawada

Proceedings of the 7th Asian-Australasian Conference on Composite Materials2010年11月16日

詳細

開催地:Taipei

概要: paper no. TUE-SE11-04

Effect of high density electric current field on fatigue cracks in stainless steel

Atsushi Hosoi, Takatsugu Nagahama and Yang Ju

Proceedings of ASME 2010 International Mechanical Engineering Congress & Exposition2010年11月18日

詳細

開催地:Vancouver

概要: paper no. IMECE2010-37819, in CD-ROM

Prediction of transverse crack initiation of CFRP laminates under fatigue loading

Atsushi Hosoi, Keigo Takamura, Narumichi Sato and Hiroyuki Kawada

Proceedings of the 5th International Conference on Fatigue of Composites2010年10月17日

詳細

開催地:Nanjing

概要: pp. 203-210

Enhancement of sensitivity for the evaluation of electrical properties by modifying the nano structure of microwave AFM probe

Lan Zhang, Yang Ju, Atsushi Hosoi and Akifumi Fujimoto

Abstracts of the 7th International Forum on Advanced Material Science and Technology2010年06月25日

詳細

開催地:Dalian

概要: p. 128

Measurement of SCC on the surface of Ni-base alloys by a microwave microscope

Yang Ju, Tomofumi Amano and Atsushi Hosoi

Proceedings of the Forth Japan-US Symposium on Emerging NDE Capabilities for a Safer World2010年06月08日

詳細

開催地:Hawaii

概要: pp. 111-117

Structure modification of M-AFM probe for the measurement of local conductivity

Akifumi Fujimoto, Lan Zhang, Atsushi Hosoi and Yang Ju

Proceedings of Symposium on Design, Test, Integration and Packaging of MEMS/MOEMS2010年05月05日

詳細

開催地:Seville

概要: pp. 22-26

Nondestructive detection of defects in GFRP laminates by microwaves

Atsushi Hosoi and Yang Ju

Proceedings of the 2010 M&M International Symposium for Young Researchers2010年03月01日

詳細

開催地:Pasadena, CA

概要: Paper no. 702 in CD-ROM

Development of a nanostructural AFM probe for propagating microwave signals

Atsushi Hosoi, Motohiro Hamada, Akifumi Fujimoto and Yang Ju

Abstracts of nanotoday 2009 conference2009年08月02日

詳細

開催地:Biopolis

概要: pp. 41

Optimization of the tip of microwave AFM probe

Yang Ju, Motohiro Hamada, Atsushi Hosoi, Akifumi Fujimoto

The ASME 2009 InterPACK Conference2009年07月19日

詳細

開催地:San Francisco, California

概要: Paper no. 89252 in CD-ROM,

Properties of M-AFM probe affected by nanostructural metal coatings, Collection on Papers Presented at the Symposium on Design

Atsushi Hosoi, Motohiro Hamada, Akifumi Fujimoto and Yang Ju

Test, Integration & Packaging of MEMS/MOEMS2009年04月01日

詳細

開催地:Rome

概要: pp. 197-201

Variations of fatigue damage growth in cross-ply and quasi-isotropic laminates under high-cycle fatigue loading

Atsushi Hosoi, Narumichi Sato, Jiadi Shi and Hiroyuki Kawada

International Conference on Materials and Processing 20082008年10月09日

詳細

開催地:Evanston

概要: Paper no. 72359, In CD-ROM

Characteristics of local and edge delamination growth under high-cycle fatigue loadings with cross-ply and quasi-isotropic CFRP laminates

Atsushi Hosoi, Jiadi Shi and Hiroyuki Kawada

Seminar on Composite Materials for Future Problem 20082008年07月09日

詳細

開催地:Tokyo,

概要: pp. 2-9

High-cycle fatigue characteristics of quasi-isotropic CFRP laminates (Initiation and propagation of delamination considering the interaction with transverse cracks)

Atsushi Hosoi, Keiichi Nagata, Yasuyuki Kusumoto, Keita Fujiwara and Hiroyuki Kawada

Proceedings of the 4th International Conference on Fatigue of Composites2007年09月26日

詳細

開催地:Kaiserslautern

概要: Paper no. ICFC4-13

Interaction between transverse cracks and edge delamination considering free-edge effects in composite laminates

Atsushi Hosoi , Shinako Yagi, Keiichi Nagata and Hiroyuki Kawada

Proceedings of 16th International Conference on Composite Materials2007年07月08日

詳細

開催地:Kyoto

概要: Paper No. WeIA1-04ge-222837, In CD-ROM

Stress analysis of cracked laminates considering free-edge effect and residual thermal stress

Atsushi Hosoi and Hiroyuki Kawada

Abstract of Korea-Japan Young Researchers Workshop on Composite Materials 20072007年03月02日

詳細

開催地:Tokyo

概要: pp.14-15

Stress analysis of CFRP laminates containing transverse cracks considering free-edge effect and residual thermal

Atsushi Hosoi and Hiroyuki Kawada

Book of Abstracts of the 2nd International Conference on Recent Advances in Composite Materials2007年02月20日

詳細

開催地:New Delhi

概要: pp.27

High-cycle fatigue characteristic of quasi-isotropic CFRP laminates containing open hole

Atsushi Hosoi, Keiichi Nagata, Yasuhiro Sakamoto and Hiroyuki Kawada

Proceedings of China-Japan Joint Conference on Composite Materials2006年08月06日

詳細

開催地:Dunhuang

概要: pp.223-230

Transverse crack growth behavior considering free-edge effect in quasi-isotropic CFRP laminates under high-cycle fatigue loading

Atsushi Hosoi, Yoshihiko Arao and Hiroyuki Kawada

the 12th European Conference on Composite Materials2006年08月29日

詳細

開催地:Biarritz

概要: Paper no. 131, in CD-ROM

Transverse crack growth behavior in quasi-isotropic CFRP laminates under high-cycle fatigue

Atsushi Hosoi, Yoshihiko Arao and Hiroyuki Kawada

Abstracts of Doshisha Univ./ KAIST/ Nihon Univ./ T.I.T./ Waseda Univ. Student Joint Workshop on Composite Materials2006年02月27日

詳細

開催地:Tokyo

概要: pp.21-22

Damage mechanics characterization of high-cycle fatigue in quasi-isotropic CFRP laminates

Atsushi Hosoi, Hirokazu Karasawa and Hiroyuki Kawada

Proceedings of Society for Experimental Mechanics (SEM) Annual Conference and Exposition2005年06月07日

詳細

開催地:Portland

概要: Paper no.125 in CD-ROM

Long-term durability of polymer matrix composites under hostile environments

Hiroyuki Kawada, Akira Kobiki, Jun Koyanagi and Atsushi Hosoi

Proceedings of International Conference on Recent Advances in Composite Materials2004年12月17日

詳細

開催地:Varanasi

Fatigue characteristic of quasi-isotropic CFRP laminates subjected to amplitude cyclic loading of two-stage

Atsushi Hosoi,Hiroyuki Kawada and Hiromichi Yoshino

Book of Extended Abstracts of Third International Conference on Fatigue of Composites2004年09月13日

詳細

開催地:Kyoto

概要: pp.19-20

作品・ソフトウェア・教材・フィールドワーク等

AFMによるCFRP積層板の端面観察

細井厚志

2018年-

詳細

発表場所:強化プラスチックス 2018年4月号 in press

CFRTPとアルミニウムの接着技術 (特集 自動車の軽量化とマルチマテリアル技術の進展 ; 接合編)

細井 厚志, 川田 宏之

2017年-

詳細

発表場所:工業材料 2017年12月号 p.57-59

厚肉CFRP積層板の面外方向の疲労特性評価

細井厚志,川田宏之

2017年-

詳細

発表場所:強化プラスチックス 2017年10月号63(10), 485-489.

マイクロ波原子間力顕微鏡の開発

巨陽,細井厚志

-2015年

詳細

発表場所:非破壊検査 64巻(7), 314-318.

マイクロ波を用いた非破壊検査

巨陽,細井厚志

2013年-

詳細

発表場所:静電気学会誌 Vol.37, No.2(電磁界を応用した非破壊検査)

CAF2013報告 : 航空機疲労・構造健全性の研究開発動向(トピックス)

武田展雄,町田茂,岡田孝雄,細井厚志

2013年-

詳細

発表場所:日本航空宇宙学会誌,2013, 61(11), 377-379.

マイクロ波による繊維強化プラスチック積層板の非破壊評価-層間剥離の検出-

細井厚志,巨陽,佐藤康元,北山綱次

2012年-

詳細

発表場所:検査技術 2012年9月号

マイクロ波を利用した非破壊検査の適用と最新事例

巨陽,細井厚志

2012年-

詳細

発表場所:非破壊検査フォーラム(FNDI)非破壊検査技術の最前線 品質確保のためのNDT技術 2012,pp13-19

マイクロ波による繊維強化高分子基複合材料の非破壊評価

細井厚志,巨陽

2011年-

詳細

発表場所:非破壊検査,2011, 60(10), 566-571.

マイクロ波による物性評価と欠陥検出

巨陽,細井厚志

2010年-

詳細

発表場所:「非破壊検査」第59巻(5), 227-230.

マイクロ波を利用した探傷技術と材料評価への適用

巨陽,細井厚志

2009年-

詳細

発表場所:検査技術 2009年12月号14(12), 1-7.

マイクロ波を利用した最新事例と今後の課題

巨陽,細井厚志

2009年-

詳細

発表場所:検査機器ニュース 第1166号,2009年7月20日,pp.10-12.

特許

整理番号:2042

樹脂金属接合体の製造方法及び樹脂金属接合体(日本)

細井 厚志, 川田 宏之, 丁 埈澈, 岡本 和起, 阿部 暉

特願2018- 53610、特開2019-166638

整理番号:2074

繊維強化熱可塑性樹脂プリプレグ及び成形体(日本)

川田 宏之, 細井 厚志

特願2018-124471

整理番号:2315

酸化銅ナノワイヤおよびその製造方法(日本)

細井 厚志, 川田 宏之, 柳澤 一星, 松永 光広, 土肥 優希

特願2020- 43036

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

原子拡散誘起による金属疲労き裂治癒技術の開発と治癒メカニズムの解明

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥4940000

研究種別:基盤研究(B)

CNT析出強化階層型複合材料の創成と界面評価および衝撃・疲労特性

2012年-2014年

研究分野:機械材料・材料力学

配分額:¥18070000

研究種別:

超高品質単結晶金属ナノワイヤの創製および1次元ナノ材料の電子輸送機構の解明

2011年-1月-2014年-0月

配分額:¥24830000

研究種別:

高密度電子流衝突を利用した金属原子再配列・再結合による疲労損傷治癒

2011年-0月-2014年-0月

配分額:¥25220000

研究種別:

高密度電流場制御による金属材料の疲労き裂治癒手法の開発と評価

配分額:¥4550000

研究種別:

生体マイクロ波原子間力顕微鏡の開発及び細胞活性の非侵襲計測

配分額:¥48100000

研究種別:

先進複合材料の超高サイクル疲労における長期耐久性評価

配分額:¥2000000

研究種別:

金属表面のナノ空間構造体の創製と異種材料直接接着技術への展開

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥17940000

研究種別:

革新的合成法による無撚CNT繊維強化複合材料の創成と高強度化

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥17810000

研究種別:

革新的応力場制御による高秩序ナノ空間構造体の創製と展開

2017年-0月-2022年-0月

配分額:¥209300000

研究種別:

単層カーボンナノチューブシートフレキシブル透明導電膜の創製

2015年-0月-2017年-0月

配分額:¥3900000

研究種別:

高密度化無撚CNT糸を用いた革新的超軽量高強度複合材料の開発

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥16770000

研究種別:

自己組織化金属ナノワイヤ面ファスナーの創製と電子輸送・ナノ力学機構の解明

2014年-0月-2017年-0月

配分額:¥36270000

研究種別:

電子風力場制御による金属疲労損傷治癒技術の開発と金属原子再配列・再結合機構の解明

2019年-0月-2021年-0月

配分額:¥6370000

研究種別:

超音波疲労試験法を活用した炭素繊維強化エポキシ積層板の超高サイクル疲労特性の解明

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥4420000

研究種別:

溶媒可溶性グラフェンを利用した高強度・高耐久性ナノコンポジットの創出

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥17550000

学内研究制度

特定課題研究

バイオミメティクスに基づくCFRP-金属の革新的ナノ構造界面接合技術の創成

2014年度

研究成果概要:本研究ではポーラスアルミナと熱可塑性樹脂を用いた接合方法の開発を目的とし,陽極酸化処理を用いてアルミニウム板表面にナノオーダーのポーラス構造を有するポーラスアルミナを作製した.その後,ホットプレス成形により接合を行った.試験には純...本研究ではポーラスアルミナと熱可塑性樹脂を用いた接合方法の開発を目的とし,陽極酸化処理を用いてアルミニウム板表面にナノオーダーのポーラス構造を有するポーラスアルミナを作製した.その後,ホットプレス成形により接合を行った.試験には純アルミニウムのA1050を使用し,酸化皮膜のポーラス構造作製は陽極酸化処理を用いて行った.その後,ホットプレスにより熱可塑性樹脂/アルミニウム板を接合し,接合時の加熱条件の違いによる接合状態の違いについて調査した.結果として,接合温度が200°Cの試験片では試験機への取り付け時に接合部が剥がれることなく試験を行うことができ,試験可能なせん断力を有していることが確認された.

エレクトロンインパクトによる高秩序原子再配列・再結合機構の解明と金属疲労の超回復

2014年度

研究成果概要: 高密度パルス電流を印加することで,材料の疲労寿命が増加することが報告されているが,電流印加が疲労寿命及び転位構造に影響を与えるメカニズムは明らかになっていない.そこで,本研究では疲労損傷を付与したステンレス鋼内の転位の電流印加前... 高密度パルス電流を印加することで,材料の疲労寿命が増加することが報告されているが,電流印加が疲労寿命及び転位構造に影響を与えるメカニズムは明らかになっていない.そこで,本研究では疲労損傷を付与したステンレス鋼内の転位の電流印加前後の様子を観察し,転位構造変化の支配因子の特定及びそのメカニズムを解明することを目的とした.電流印加による転位の挙動を調査した結果,電流印加方向に転位が移動することが観察された.また,電流印加方向を反転させると,転位の移動方向も反転することから,転位移動の主な原因は電子風力であることが明らかとなった.この電流印加による転位の移動が疲労寿命に影響を与えていると推測される.

金属疲労き裂の自己治癒技術の開発と治癒メカニズムの解明

2014年度

研究成果概要:これまで,電流印加によるき裂修復方法を提案してきた.しかし,き裂進展遅延効果は30%程度であり十分な効果があるとは言えない.その原因として電流印加時に生じた引張残留応力がき裂の進展力を増加させ,電流印加のき裂面接合の効果を低減させ...これまで,電流印加によるき裂修復方法を提案してきた.しかし,き裂進展遅延効果は30%程度であり十分な効果があるとは言えない.その原因として電流印加時に生じた引張残留応力がき裂の進展力を増加させ,電流印加のき裂面接合の効果を低減させていることが考えられる.そこで,本研究では電流印加によるき裂修復後,熱処理を施すことでき裂修復効果を向上することを目的とした.適切な熱処理を行うことでき裂治癒後に生じた引張残留応力の除去やき裂面間の金属原子の固相拡散を促進させ,格段にき裂面接合強度を発現させることに成功した.本技術により,健全材料と比較し約70%の強度回復を実現した.

熱可塑性炭素繊維強化プラスチックにおける疲労損傷発生機構の解明と損傷発生寿命予測

2015年度

研究成果概要: これまで,疲労負荷を受けるクロスプライCFRP積層板のトランスバースクラックの発生寿命予測するH-kモデルを提案してきた.しかし,いずれの研究もエポキシ系樹脂を母材とした熱硬化性CFRPを対象にしており,熱可塑性樹脂を母材とした... これまで,疲労負荷を受けるクロスプライCFRP積層板のトランスバースクラックの発生寿命予測するH-kモデルを提案してきた.しかし,いずれの研究もエポキシ系樹脂を母材とした熱硬化性CFRPを対象にしており,熱可塑性樹脂を母材としたCFRTPにおいて本理論が適用できるかは明らかとなっていない.そこで本研究では,CFRTP積層板の疲労特性,特にトランスバースクラックの発生挙動について実験,解析的に評価することを目的とした.CFRTP積層板ではCF/epoxyと比較してトランスバースクラックの発生・進展挙動に差異があることが確認された.また,CFRTPにおいてH-kモデルの適用を試みたところ,実験結果と解析結果は良い一致を示し,提案したH-kモデルの有効性が示された.

CFRTPとアルミニウム合金のバイオインスパイアードナノ構造界面接合技術の創製

2016年度

研究成果概要:アルミニウム合金表面にナノスパイク構造を作製し,炭素繊維強化熱可塑性プラスチックとの直接接合技術の開発を行った.陽極酸化処理及びエッチングによりアルミニウム合金表面にナノスパイク構造を作製した.引張せん断試験の結果,ナノスパイク構...アルミニウム合金表面にナノスパイク構造を作製し,炭素繊維強化熱可塑性プラスチックとの直接接合技術の開発を行った.陽極酸化処理及びエッチングによりアルミニウム合金表面にナノスパイク構造を作製した.引張せん断試験の結果,ナノスパイク構造を有することにより接着強度が向上した.ナノスパイク表面にシランカップリング処理を施すことによって,さらに接着強度が向上した.走査型電子顕微鏡を用いた破面観察では各ナノスパイク構造部で樹脂が引き伸ばされたような痕がみられ,き裂進展を抑制する効果があることが示唆された.

海洋構造用CFRPの生物付着防止材料の開発と海水環境疲労寿命予測技術の構築

2017年度共同研究者:須賀健雄

研究成果概要:高い比強度,比剛性,耐腐食性を持つ炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の海水環境下での長期耐久性評価の必要性が高まっている.そこで本研究では,長期海水浸漬時におけるCFRPの劣化挙動評価及び劣化メカニズムの解明,寿命予測を定量的に...高い比強度,比剛性,耐腐食性を持つ炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の海水環境下での長期耐久性評価の必要性が高まっている.そこで本研究では,長期海水浸漬時におけるCFRPの劣化挙動評価及び劣化メカニズムの解明,寿命予測を定量的に行うことを目的とした.長期間海水に浸漬させたCFRPに対して様々な荷重条件のもと疲労試験を実施したところ,疲労寿命は大幅に低下していた.これは,海水浸漬によって繊維/樹脂界面の劣化によって界面強度が低下し,これに起因して強化繊維の荷重分担が出来なくなったことが原因である示唆された.また,これらの結果をもとに等寿命線図を作成し,海洋構造物における疲労寿命予測及び安全設計領域の評価を行った.

超音波疲労試験によるCFRP積層板のギガサイクル疲労強度特性評価

2018年度

研究成果概要:層間高靭性化クロスプライCFRP積層板のギガサイクル領域におけるトランスバースクラック発生評価を行った.周波数20kHzでの超音波疲労試験を実施した結果,本研究で行った応力範囲においてはトランスバースクラック発生における疲労限は確...層間高靭性化クロスプライCFRP積層板のギガサイクル領域におけるトランスバースクラック発生評価を行った.周波数20kHzでの超音波疲労試験を実施した結果,本研究で行った応力範囲においてはトランスバースクラック発生における疲労限は確認されなかった.また,Modified Walker modelにより評価すると,20 kHzの超音波疲労試験で取得したギガサイクル疲労におけるトランスバースクラック発生寿命は,5 Hzの油圧疲労試験で取得した低サイクル域の疲労寿命と同一の直線上に存在することが確認された.試験片中央部よりも下部において大きな温度上昇およびクラックが観察され,曲げモードの混在や金属タブ接着が影響を及ぼしている可能性が示唆された.

海洋構造用CFRPの生物付着防止材料の開発と海水環境疲労特性評価技術の構築

2018年度

研究成果概要:本研究では,長期間海水浸漬させた平織CFRP積層板の強度低下挙動の評価,劣化メカニズムの解明を目的とした.試験結果より,引張-引張疲労強度及び引張-圧縮疲労強度は,海水浸漬によって低サイクルで疲労強度は低下していたが,高サイクル域...本研究では,長期間海水浸漬させた平織CFRP積層板の強度低下挙動の評価,劣化メカニズムの解明を目的とした.試験結果より,引張-引張疲労強度及び引張-圧縮疲労強度は,海水浸漬によって低サイクルで疲労強度は低下していたが,高サイクル域では収束した.一方,圧縮-圧縮疲労強度は,全領域で疲労強度は低下した.実験で得た結果からEpaarachchi and Clausenの疲労寿命予測モデルを用いて,長期疲労海水浸漬時における疲労寿命予測を行った.その結果,疲労寿命予測曲線は,各条件で実験値と良い一致を示し,長期海水浸漬によって,構成基材の劣化が収束傾向となり,同様の破壊メカニズムを有したことが示唆された. 

ギガサイクル疲労におけるCFRP積層板のトランスバースクラック発生評価

2019年度

研究成果概要:炭素繊維強化プラスチック(CarbonFiber Reinforced Plastics : CFRPs)は優れた比強度と比剛性を有する複合材料である.今後はさらなる軽量化のニーズから超高サイクル域での使用が想定される回転部材への...炭素繊維強化プラスチック(CarbonFiber Reinforced Plastics : CFRPs)は優れた比強度と比剛性を有する複合材料である.今後はさらなる軽量化のニーズから超高サイクル域での使用が想定される回転部材への適用が期待されている.本研究では,超音波疲労試験による超高サイクル域におけるトランスバースクラック発生寿命評価を目的とした.繰返し数N=103~107サイクルおよびN=108~109サイクルの疲労特性をそれぞれ油圧疲労試験および超音波疲労試験により取得した.高サイクル域ではS-N曲線は線形的な下降を示したが,超高サイクル域ではタブ付近のみにクラックが発生する試験片が多く観察された.また,90°層応力σ90°max=44MPa以下の応力レベルでは全ての試験片でクラックが発生せず,S-N曲線の傾きが緩やかとなることが確認された.

ナノ空間構造を有する金属と炭素繊維強化熱可塑性プラスチックの直接接着技術の開発

2019年度

研究成果概要:車体重量の軽量化のために,高い比強度・比剛性を有し,優れたリサイクル性がありプレス成型が可能な炭素繊維強化熱可塑性プラスチック(CFRTPs)を適材適所に用いたマルチマテリアル化が期待されている.一方,層間破壊靱性を評価する際に単...車体重量の軽量化のために,高い比強度・比剛性を有し,優れたリサイクル性がありプレス成型が可能な炭素繊維強化熱可塑性プラスチック(CFRTPs)を適材適所に用いたマルチマテリアル化が期待されている.一方,層間破壊靱性を評価する際に単純モード破壊が生じず混合モードになることことが課題となっている.そこで本研究では,混合モード曲げ(MMB)試験においてモードⅠ及びモードⅡを独立して算出できることを応用し,試験片中央に一定の荷重をかけながら試験片端部で二重片持梁(DCB)試験を行うことで純粋なモードⅠ破壊を発生させることを試みた.新規に試験機を作製し,一定荷重を加えながらDCB試験を行えることを確認した.また,端部ノッチ付き曲げ(ENF)試験でモードⅡ破壊を評価する際,熱残留応力を考慮した層間破壊靱性を評価することができた.

炭素繊維複合材料とアルミニウム合金の生体模倣ナノ界面接合技術の開発と力学的評価

2017年度

研究成果概要:アルミニウム合金A5052を用い,陽極酸化処理及びエッチング処理を施すことでA5052板表面にナノ構造を作製し,作製した表面ナノ構造が炭素繊維強化熱可塑性プラスチック(CFRTP)との接着強度特性に及ぼす影響を評価することを目的と...アルミニウム合金A5052を用い,陽極酸化処理及びエッチング処理を施すことでA5052板表面にナノ構造を作製し,作製した表面ナノ構造が炭素繊維強化熱可塑性プラスチック(CFRTP)との接着強度特性に及ぼす影響を評価することを目的とした.陽極酸化処理とエッチング処理条件を変化させることによって,アルミニウム合金表面にトンネル形状のナノ構造と針状のナノ構造を創製することに成功した.この2種類の表面構造を有するアルミニウム合金とナノ構造を有さない圧延まま材のアルミニウム合金のそれぞれをCFRTPとホットプレスにより直接接着し,引張せん断試験を行った.その結果,トンネル形状を有する試験片の接着強度が最も高くなることが分かった.

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
機械科学と航空宇宙技術 15前再基幹理工学部2020春学期
機械科学と航空宇宙技術 15前再 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020春学期
材料の力学1基幹理工学部2020春学期
材料の力学1  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020春学期
機械材料学基幹理工学部2020春学期
機械材料学  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020春学期
材料の力学2基幹理工学部2020秋学期
材料の力学2  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020秋学期
機械科学・航空実験1基幹理工学部2020春学期
機械科学・航空実験1  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020春学期
機械科学・航空実験2基幹理工学部2020秋学期
機械科学・航空実験2  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020秋学期
ゼミナール 15前再基幹理工学部2020通年
ゼミナール 15前再  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020通年
卒業論文基幹理工学部2020通年
卒業論文  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020通年
航空材料学基幹理工学部2020秋学期
弾性力学基幹理工学部2020春学期
破壊力学基幹理工学部2020秋学期
Strength of Materials A基幹理工学部2020秋クォーター
Strength of Materials B基幹理工学部2020冬クォーター
Engineering Materials A基幹理工学部2020春クォーター
Engineering Materials B基幹理工学部2020夏クォーター
Applied Mechanics and Aerospace Engineering Laboratory A基幹理工学部2020春クォーター
Applied Mechanics and Aerospace Engineering Laboratory B基幹理工学部2020夏クォーター
修士論文(機械科学)大学院基幹理工学研究科2020通年
修士論文(材料)大学院基幹理工学研究科2020通年
材料強度学研究大学院基幹理工学研究科2020通年
複合材料工学特論大学院基幹理工学研究科2020春学期
複合材料工学特論大学院基幹理工学研究科2020春学期
材料強度学演習A大学院基幹理工学研究科2020春学期
材料強度学演習B大学院基幹理工学研究科2020秋学期
材料強度学演習C大学院基幹理工学研究科2020春学期
材料強度学演習D大学院基幹理工学研究科2020秋学期
材料強度学研究大学院基幹理工学研究科2020通年
材料の数理モデリング特論A大学院基幹理工学研究科2020秋クォーター
材料の数理モデリング特論B大学院基幹理工学研究科2020冬クォーター
材料強度学演習A大学院基幹理工学研究科2020春学期
材料強度学演習B大学院基幹理工学研究科2020秋学期
材料強度学演習C大学院基幹理工学研究科2020春学期
材料強度学演習D大学院基幹理工学研究科2020秋学期
材料強度学研究大学院基幹理工学研究科2020通年
機械科学演習A大学院基幹理工学研究科2020春学期
機械科学演習B大学院基幹理工学研究科2020秋学期
材料強度学研究大学院基幹理工学研究科2020通年