氏名

アヅマ レイナ

東 玲奈

職名

准教授 (https://researchmap.jp/read0209950/)

所属

(国際教養学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
r.azuma@waseda.jp

URL等

研究者番号
90434349

本属以外の学内所属

学内研究所等

応用脳科学研究所

研究所員 2014年-2019年

応用脳科学研究所

研究所員 2019年-

学歴・学位

学歴

1994年10月-1995年09月 ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン 脳科学部 心理学科
1995年10月-1999年12月 ケンブリッジ大学 生物学部 実験心理学科

学位

博士

論文

White matter microstructure in 22q11 deletion syndrome: a pilot diffusion tensor imaging and voxel-based morphometry study of children and adolescents

Sundram, Frederick;Campbell, Linda E.;Azuma, Rayna;Daly, Eileen;Bloemen, Oswald J. N.;Barker, Gareth J.;Chitnis, Xavier;Jones, Derek K.;van Amelsvoort, Therese;Murphy, Kieran C.;Murphy, Declan G. M.

JOURNAL OF NEURODEVELOPMENTAL DISORDERS2(2)p.77 - 922010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:1866-1947

An fMRI study of facial emotion processing in children and adolescents with 22q11.2 deletion syndrome.

Azuma Rayna;Deeley Quinton;Campbell Linda E;Daly Eileen M;Giampietro Vincent;Brammer Michael J;Murphy Kieran C;Murphy Declan Gm

An fMRI study of facial emotion processing in children and adolescents with 22q11.2 deletion syndrome.7(1)2015年-2015年

DOIWoS

詳細

ISSN:1866-1947

概要:BACKGROUND:22q11.2 deletion syndrome (22q11DS, velo-cardio-facial syndrome [VCFS]) is a genetic disorder associated with interstitial deletions of chromosome 22q11.2. In addition to high rates of neuropsychiatric disorders, children with 22q11DS have impairments of face processing, as well as IQ-independent deficits in visuoperceptual function and social and abstract reasoning. These face-processing deficits may contribute to the social impairments of 22q11DS. However, their neurobiological basis is poorly understood.;METHODS:We used event-related functional magnetic resonance imaging (fMRI) to examine neural responses when children with 22q11DS (aged 9-17 years) and healthy controls (aged 8-17 years) incidentally processed neutral expressions and mild (50%) and intense (100%) expressions of fear and disgust. We included 28 right-handed children and adolescents: 14 with 22q11DS and 14 healthy (including nine siblings) controls.;RESULTS:Within groups, contrasts showed that individuals significantly activated 'face responsive' areas when viewing neutral faces, including fusiform-extrastriate cortices. Further, within both groups, there was a significant positive linear trend in activation of fusiform-extrastriate cortices and cerebellum to increasing intensities of fear. There were, however, also between-group differences. Children with 22q11DS generally showed reduced activity as compared to controls in brain regions involved in social cognition and emotion processing across emotion types and intensities, including fusiform-extrastriate cortices, anterior cingulate cortex (Brodmann area (BA) 24/32), and superomedial prefrontal cortices (BA 6). Also, an exploratory correlation analysis showed that within 22q11DS children reduced activation was associated with behavioural impairment-social difficulties (measured using the Total Difficulties Score from the Strengths and Difficulties Questionnaire [SDQ]) were significantly negatively correlated with brain activity during fear and disgust processing (respectively) in the left precentral gyrus (BA 4) and in the left fusiform gyrus (FG, BA 19), right lingual gyrus (BA 18), and bilateral cerebellum.;CONCLUSIONS:Regions involved in face processing, including fusiform-extrastriate cortices, anterior cingulate gyri, and superomedial prefrontal cortices (BA 6), are activated by facial expressions of fearful, disgusted, and neutral expressions in children with 22q11DS but generally to a lesser degree than in controls. Hypoactivation in these regions may partly explain the social impairments of children with 22q11DS.

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

顔の感情表現認識に於ける脳機能の男女差

配分額:¥3075000

学内研究制度

特定課題研究

空間作業記憶における男女の脳機能差について

2006年度

研究成果概要:計画書にて記述の通り、英国ロンドン・キングスカレッジの精神医学研究所(IoP)にて収集してあった脳イメージデータを、IoP独自の脳データ解析プログラムを使用して解析した。 その結果、空間的作業記憶における脳機能の男女差およびに年齢...計画書にて記述の通り、英国ロンドン・キングスカレッジの精神医学研究所(IoP)にて収集してあった脳イメージデータを、IoP独自の脳データ解析プログラムを使用して解析した。 その結果、空間的作業記憶における脳機能の男女差およびに年齢の影響について以下のことが明らかになった。研究方法:  8歳から40歳までの健常者30人を対象に、機能的磁気共鳴映像法(fMRI)を用いて、空間的作業記憶課題中に於ける脳活動を記録した。被験者のうち半数の15人は男性(8歳から40歳、平均年齢19歳)、残りの15人は女性(9~34歳、平均年齢23歳)であった。この15人ずつのデータを比較することで、空間的作業記憶に於ける脳機能の男女差及び、加齢によるその機能の変化について調査した。結果: 男女両グループともに、空間作業記憶処理に係る脳部位(頭頂葉、後頭葉、後帯状回、運動前野、補足運動野など)の活動が見られたことから、課題・測定の妥当性が確認された。男女比較の結果、女性実験群に於いては、前頭部でより高い脳活動が観察されたのに対し、男性実験群は、頭頂・側頭・辺縁部にてより高い脳活動が見られた。さらに発達曲線に於いても統計的に有意な男女差が見られた。女性は加齢と共に前頭葉をより活動させるようになるのに対し、男性は加齢と共に頭頂・側頭葉をより活動させることが明らかになった。結論: 空間的作業記憶に係る脳機能、及びにその年齢による変化には、有意な男女差が見られる。この男女差の原因として、課題遂行時の方策を含む認知スタイルの違い(男性はより視覚空間の全体像を用いた方策を用いるの対し、女性はより言語解析的方策を用いるなど)や、生物学的な脳部位の発達過程そのものの違いなどが考えられる。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
First Year Seminar A 14国際教養学部2020春学期
Introduction to Psychology: Quantitative Approach 01国際教養学部2020春学期
Introduction to Psychology: Qualitative Approach 51国際教養学部2020秋学期
Cognitive Psychology国際教養学部2020春学期
Biological Psychology国際教養学部2020秋学期
Seminar on Mind and Body 01国際教養学部2020春学期
Seminar on Mind and Body 51国際教養学部2020秋学期