氏名

サイトウ ヒロユキ

齋藤 敬之

職名

助教

所属

(文学部)

連絡先

URL等

WebページURL

https://researchmap.jp/h.saito/(Researchmap)

研究者番号
20822977

本属以外の学内所属

学内研究所等

ヨーロッパ文明史研究所

研究所員 2018年-

学歴・学位

学歴

2013年10月-2018年03月 ドレスデン工科大学 哲学部 歴史学科 近世史講座(博士候補生)
2010年09月-2011年08月 ライプツィヒ大学 大学間協定による交換留学
2010年04月-2018年07月 早稲田大学 大学院文学研究科 博士後期課程 西洋史学コース
2008年04月-2010年03月 早稲田大学 大学院教育学研究科 修士課程 社会科教育専攻
2004年04月-2008年03月 早稲田大学 第一文学部 総合人文学科 西洋史学専修

学位

Dr. phil. ドレスデン工科大学

修士(教育学) 早稲田大学

学士(文学) 早稲田大学

所属学協会

史学会

日本西洋史学会

日本ハンザ史研究会

比較都市史研究会

早稲田大学西洋史研究会

研究分野

キーワード

近世ドイツ史、犯罪史、歴史犯罪研究、都市史、暴力の歴史、ザクセン、ライプツィヒ

科研費分類

人文学 / 史学 / ヨーロッパ史・アメリカ史

論文

近世都市ライプツィヒにおける治安維持人員の行動とそれに対する認識

齋藤敬之

史観査読有り180p.68 - 832019年03月-

CiNiilink

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0386-9350

Jugendliche Gewaltkultur und soziale Kontrolle in der frühneuzeitlichen Stadt: Das Beispiel Leipzig ca. 1570-1650

SAITO, Hiroyuki

博士学位請求論文(ドレスデン工科大学哲学部)2019年02月-

link

詳細

掲載種別:学位論文(博士)

概要:2018年1月提出、2018年3月審査及び口頭試問終了 論文評価:magna cum laude 口頭試問評価:magna cum laude 総合評価:magna cum laude 2019年2月リポジトリサーバーQucosaにて公開

近世都市の刑事裁判における「請願」を通じた戦略的関与:ライプツィヒにおける暴力事件を例に

齋藤敬之

西洋史論叢査読有り38p.79 - 932016年12月-

CiNii

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0388-2586

都市社会におけるコミュニケーションとしての暴力:近世大学都市ライプツィヒにおける学生の暴力行為に関する予備的考察

齋藤敬之

比較都市史研究査読有り33(1)p.11 - 282014年06月-

CiNiilink

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0287-1637

暴力事件はいかにして処理されたか―15世紀ライプツィヒのウアフェーデ台帳の分析を中心に―

齋藤敬之

早稲田大学大学院文学研究科紀要 第4分冊査読有り59p.63 - 762014年02月-

CiNiilink

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:1341-7541

近世都市における治安維持の担い手:16世紀後半ライプツィヒのよそ者対策を例に

齋藤敬之

西洋史論叢査読有り34p.47 - 592012年12月-

CiNii

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0388-2586

15世紀後半ライプツィヒにおける都市内平和・治安維持政策の進展:ポリツァイ案件を中心に

齋藤敬之

比較都市史研究査読有り31(2)p.43 - 582012年12月-

CiNiilink

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0287-1637

近世都市ポリツァイ条令に見られる「取締の選別」―アウクスブルクの酒房団体と参事会刑罰官を中心に

齋藤敬之

西洋史論叢32p.71 - 852010年12月-

CiNii

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:03882586

講演・口頭発表等

近世ドイツ都市の裁判記録に関する史料批判的一考察:暴力の社会的意義や認識の解明を目指して

齋藤敬之

日本西洋史学会第69回大会(日本西洋史学会)2019年05月19日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:静岡大学

中近世ドイツ犯罪史研究における暴力:研究動向の紹介

齋藤敬之

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所第二十六回研究会(ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所)2019年05月11日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:早稲田大学

近世ライプツィヒ都市裁判所の記録"Strafakten"の分析と利用可能性について

齋藤敬之

歴史学研究会ヨーロッパ中近世史合同部会4月例会(歴史学研究会ヨーロッパ中近世史合同部会)2019年04月20日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:早稲田大学

近世ドイツ都市社会における暴力と名誉の関係―ライプツィヒの事例から―

齋藤敬之

第86回京都大学西洋史読書会大会(京都大学文学部西洋史学専修)招待有り2018年11月03日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:京都大学

【コメンテーター】早稲田大学ヨーロッパ文明史研究所共同成果論文集合評会『ヨーロッパの政治文化史 統合・分裂・戦争』

齋藤敬之

早稲田大学西洋史研究会第72回大会(早稲田大学西洋史研究会(共催:早稲田大学ヨーロッパ文明史研究所))2018年07月14日

詳細

国内会議開催地:早稲田大学

Supplikationen vor Gericht als Schnittpunkt der sozialen Kontrolle: Zusammenarbeit der Kontrollträger?

齋藤敬之

Dresdner Frühneuzeitgespräche(Lehrstuhl für Geschichte der Frühen Neuzeit, TU Dresden)2016年01月15日

詳細

開催地:ドレスデン

Jugendliche Gewaltkultur und soziale Kontrolle in der frühneuzeitlichen Stadt: Das Beispiel Leipzig, ca. 1580-1650

齋藤敬之

4. Kolloquium zu Kriminalität und Strafjustiz – Schwerpunktthema Gewalt2015年09月10日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:ミュンヘン

Jugendliche Devianz in der frühneuzeitlichen Stadt: Das Beispiel Leipzig, ca. 1580–1650

齋藤敬之

Dresdner Frühneuzeitgespräche(Lehrstuhl für Geschichte der Frühen Neuzeit, TU Dresden)2015年01月16日

詳細

開催地:ドレスデン

Die Aufrechterhaltung des Stadtfriedens und die Devianz in der Universitätsstadt Leipzig im Zeitraum zwischen 1550–1618

齋藤敬之

Dresdner Frühneuzeitgespräche(Lehrstuhl für Geschichte der Frühen Neuzeit, TU Dresden)2013年11月15日

詳細

開催地:ドレスデン

ウアフェーデ台帳から見る15世紀ライプツィヒにおける「犯罪行為」―暴力行為を中心に―

齋藤敬之

2012年度早稲田大学史学会大会(早稲田大学史学会)2012年10月06日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:早稲田大学

16世紀後半ライプツィヒにおける治安維持ツール―「通告義務(Meldepflicht)」に注目して―

齋藤敬之

日本西洋史学会第62回大会(日本西洋史学会)2012年05月20日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:明治大学

近世都市におけるよそ者(Fremde)対策について―ライプツィヒの事例から―

齋藤敬之

比較都市史研究会第414回例会2012年04月21日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:早稲田大学

15世紀後半ライプツィヒにおける治安維持制度の構築―ポリツァイの観点から―

齋藤敬之

歴史学研究会ヨーロッパ中近世史合同部会11月例会2011年11月20日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:早稲田大学

近世都市における「取締」―アウクスブルクのポリツァイ条令を通じて―

齋藤敬之

早稲田大学西洋史研究会第56回大会(早稲田大学西洋史研究会)2010年07月10日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:早稲田大学

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:若手研究

近世ドイツ都市社会における暴力と名誉の関係及びその変化に関する実証的研究

2019年04月-2022年03月

研究分野:ヨーロッパ史およびアメリカ史関連

社会貢献活動

PhD & ポスドクのための研究留学説明・面談会

役割:パネリスト2019年05月-

主催者・媒体名:Research in Germany

イベント・番組・雑誌名:PhD & ポスドクのための研究留学説明・面談会

場所・掲載箇所:ドイツ文化会館

詳細

種別:セミナー・ワークショップ対象:大学院生

URL:https://www.daad.jp/ja/2019/03/07/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E7%A0%94%E7%A9%B6%E7%95%99%E5%AD%A6/