氏名

アサノ トヨミ

浅野 豊美

職名

教授

所属

(政治経済学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
toasano@waseda.jp

URL等

研究者番号
60308244

本属以外の学内所属

兼担

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

東アジア国際関係研究所

研究所員 2016年-2017年

東アジア国際関係研究所

研究所員 2017年-

国際和解学研究所

プロジェクト研究所所長 2018年-2021年

台湾研究所

研究所員 2015年-2018年

台湾研究所

研究所員 2018年-

国際和解学研究所

研究所員 2018年-

所属学協会

国際政治学会 

日本台湾学会

受賞

第25回大平正芳記念賞

2009年06月

第38回吉田茂賞

2009年03月

取材ガイド

カテゴリー
社会科学
専門分野
日本政治史、東アジア国際関係
自己紹介コメント
明治以来の帝国日本の形成から、その敗戦・解体を経て現代に至る日本周辺地域をめぐる国際政治史を、東アジアの地域形成の試みと挫折、変質、日米特殊関係による再編成過程としてとらえ、沖縄・台湾・韓国についての「歴史」にまつわる問題を包括的に研究。
キーワード
帝国、ナショナリズム、日本政治

研究分野

キーワード

東アジア国際関係史

科研費分類

社会科学 / 政治学 / 政治学

研究テーマ履歴

東アジアにおける主権と国民の法的形成と展開

個人研究

論文

日本帝国最後の再編—「アジア諸民族の解放」と朝鮮・台湾統治

研究シリーズ/早稲田大学社会科学研究所35,pp247-2961996年08月-

近代日本植民地台湾における条約改正—居留地と法典導入

台湾史研究/台湾史研究会14,pp.61-841997年10月-

戦中戦後の朝河貫一—自由主義の衰退と再生をめぐる戦後構想—

甦る朝河貫一/朝河貫一研究会pp.205-2191998年01月-

マーク・ピーティ著/植民地(二十世紀の日本シリーズ第4巻)

読売新聞社1996年12月-

「慰安婦」関係文献目録

ぎょうせい1997年10月-

教養部学術講演-渡邉昭夫「テロリズムによって世界の安全保障はどう変わったか」に関する報告

中京大学教養論叢42(4)p.659 - 7122002年05月-2002年05月 

CiNii

詳細

ISSN:02867982

アメリカ施政下沖縄への日本政府関与拡大に関する基本資料 (1) : 島ぐるみ闘争と那覇日本政府南方連絡事務所文書

文化科学研究15(2)p.21 - 352004年03月-2004年03月 

CiNii

詳細

ISSN:09156461

脱植民地化をめぐる国際政治経済史としての賠償問題 (戦後システムの形成における日米特殊関係 - 東アジアとヨーロッパ)

名古屋大學法政論集260p.9 - 382015年02月-2015年02月 

CiNii

詳細

ISSN:04395905

概要:本論文は、平成23-26年度科学研究費補助金基盤研究(A)(課題番号23243026)「日米特殊関係による東アジア地域再編の政治経済史研究」の助成を受けた研究成果の一部である。

アメリカ施政下沖縄への日本政府関与拡大に関する基本資料 (2) : 島ぐるみ闘争と那覇日本政府南方連絡事務所文書

文化科学研究16(1)p.7 - 222004年12月-2004年12月 

CiNii

詳細

ISSN:09156461

日韓国交正常化の際のヒトと法人の請求権--分離に伴う企業清算を中心に

中京企業研究(31)p.69 - 872009年12月-2009年12月 

CiNii

詳細

ISSN:13488848

木村 幹著『日韓歴史認識問題とは何か—歴史教科書・「慰安婦」・ポピュリズム』

浅野 豊美

アジア研究62(2)p.72 - 772016年-2016年

CiNii

詳細

ISSN:0044-9237

書籍等出版物

漁業領土

浅野豊美 [ほか] 編集・解説

現代史料出2015年-2015年

LINK

詳細

ISBN:9784877853198

文化財・宣伝世論・声明謝罪

浅野豊美 [ほか] 編集・解説

現代史料出2015年-2015年

LINK

詳細

ISBN:9784877853181

会談経緯・基本関係

浅野豊美 [ほか] 編集・解説

現代史料出2015年-2015年

LINK

詳細

ISBN:9784877853174

韓国動静・米国仲介

浅野豊美 [ほか] 編集・解説

現代史料出2015年-2015年

LINK

詳細

ISBN:9784877853167

在日法的地位・北朝鮮・外務省省内準備

浅野豊美 [ほか] 編集・解説

現代史料出2015年-2015年

LINK

詳細

ISBN:9784877853150

経済協力・貿易

浅野豊美 [ほか] 編集・解説

現代史料出2015年-2015年

LINK

詳細

ISBN:9784877853143

請求権

浅野豊美 [ほか] 編集・解説

現代史料出2015年-2015年

LINK

詳細

ISBN:9784877853136

代表間対話・本会議・条約実施

浅野豊美 [ほか] 編集・解説

現代史料出2015年-2015年

LINK

詳細

ISBN:9784877853129

外務省省内準備・省庁間折衝・漁業領土・経済協力・貿易・船舶

浅野豊美 [ほか] 編集・解説

現代史料出2013年-2013年

LINK

詳細

ISBN:9784877852849

在日法的地位・文化財・韓国動静・宣伝世論

浅野豊美 [ほか] 編集・解説

現代史料出2013年-2013年

LINK

詳細

ISBN:9784877852832

米国仲介・首脳会談・会談経緯・本会議・基本関係

浅野豊美 [ほか] 編集・解説

現代史料出2013年-2013年

LINK

詳細

ISBN:9784877852825

請求権

浅野豊美 [ほか] 編集・解説

現代史料出2013年-2013年

LINK

詳細

ISBN:9784877852818

代表間対話

浅野豊美 [ほか] 編集・解説

現代史料出2013年-2013年

LINK

詳細

ISBN:9784877852801

戦後日本の賠償問題と東アジア地域再編 : 請求権と歴史認識問題の起源

浅野豊美編著

慈学社出2013年-2013年

LINK

詳細

ISBN:9784903425801

戦後日本の賠償問題と東アジア地域再編 : 請求権と歴史認識問題の起源

浅野豊美編著

中京大学企業研究2013年-2013年

LINK

在日法的地位・漁業・領土・経済協力

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2012年-2012年

LINK

詳細

ISBN:9784877852641

貿易・船舶・基本関係

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2012年-2012年

LINK

詳細

ISBN:9784877852634

請求権・文化財

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2012年-2012年

LINK

詳細

ISBN:9784877852627

宣伝世論・韓国動静・声明謝罪・会談経緯

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2012年-2012年

LINK

詳細

ISBN:9784877852610

外務省省内準備・省庁間折衝・本会議

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2012年-2012年

LINK

詳細

ISBN:9784877852603

米国仲介・台湾等仲介

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2012年-2012年

LINK

詳細

ISBN:9784877852597

代表間対話

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2012年-2012年

LINK

詳細

ISBN:9784877852580

植民地 : 20世紀日本 帝国50年の興亡

マーク・ピーティー著 ; 浅野豊美訳

慈学社出2012年-2012年

LINK

詳細

ISBN:9784903425788

脱植民地化編

李鍾元, 木宮正史, 浅野豊美編著 ; [太田修ほか著]

法政大学出版2011年-2011年

LINK

詳細

ISBN:9784588377082

東アジア冷戦編

李鍾元, 木宮正史, 浅野豊美編著 ; [張博珍ほか著]

法政大学出版2011年-2011年

LINK

詳細

ISBN:9784588377075

北送・抑留者相互釈放問題

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2011年-2011年

LINK

詳細

ISBN:9784877852696

第5次韓日会談予備会談

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2011年-2011年

LINK

詳細

ISBN:9784877852689

第4次韓日会談

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2011年-2011年

LINK

詳細

ISBN:9784877852672

第4次韓日会談予備交渉

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2011年-2011年

LINK

詳細

ISBN:9784877852665

外務省広報・日韓問題懇談会・漁業委員会資料

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2011年-2011年

LINK

詳細

ISBN:9784877852566

極秘日韓関係アジア局執務月報

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2011年-2011年

LINK

詳細

ISBN:9784877852559

韓国側会談白書・国会議事・米国評価資料

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2011年-2011年

LINK

詳細

ISBN:9784877852542

基本関係及請求権規定集・外務省公表集

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2011年-2011年

LINK

詳細

ISBN:9784877852535

委員名簿・条約正文・第一次会談秘密会議記録

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2011年-2011年

LINK

詳細

ISBN:9784877852528

日韓国交正常化交渉の記録

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2011年-2011年

LINK

詳細

ISBN:9784877852511

韓国側資料

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2010年-2010年

LINK

詳細

ISBN:9784877852443

漁業問題

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2010年-2010年

LINK

詳細

ISBN:9784877852436

船舶問題

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2010年-2010年

LINK

詳細

ISBN:9784877852429

請求権問題

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2010年-2010年

LINK

詳細

ISBN:9784877852412

在日・法的地位問題

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2010年-2010年

LINK

詳細

ISBN:9784877852405

本会議・基本関係・代表間対話

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2010年-2010年

LINK

詳細

ISBN:9784877852399

外務省省内準備・省庁間折衝

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2010年-2010年

LINK

詳細

ISBN:9784877852382

会談経緯・対米折衝・講和会議

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2010年-2010年

LINK

詳細

ISBN:9784877852375

講和条約研究資料

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2010年-2010年

LINK

詳細

ISBN:9784877852108

講和条約の研究

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2010年-2010年

LINK

詳細

ISBN:9784877852092

対日賠償関係

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2010年-2010年

LINK

詳細

ISBN:9784877852085

日誌・年表

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2010年-2010年

LINK

詳細

ISBN:9784877852078

日韓会談問題別経緯・重要資料集

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2010年-2010年

LINK

詳細

ISBN:9784877852061

日韓国交正常化問題資料

浅野豊美, 吉澤文寿, 李東俊編集・解説

現代史料出2010年-2010年

LINK

詳細

ISBN:9784877852054

満洲国関係・蒙疆政府関係資料

浅野豊美編集・解説

龍溪書2009年-2009年

LINK

詳細

ISBN:9784844754855

帝国日本の植民地法制 : 法域統合と帝国秩序

浅野豊美著

名古屋大学出版2008年-2008年

LINK

詳細

ISBN:9784815805852

南洋群島と帝国・国際秩序

浅野豊美編集

慈学社出2007年-2007年

LINK

詳細

ISBN:9784903425153

南洋群島と帝国・国際秩序

中京大学社会科学研究所国際関係から見た植民地帝国日本研究プロジェクト編

中京大学社会科学研究2007年-2007年

LINK

南方軍政監部資料

浅野豊美解題

龍溪書2006年-2006年

LINK

詳細

ISBN:484475484X

国境を越える歴史認識 : 日中対話の試み

劉傑, 三谷博, 楊大慶編

東京大学出版2006年-2006年

LINK

詳細

ISBN:9784130230537

「帝国」編成の系譜

酒井哲哉責任編集

岩波書2006年-2006年

LINK

詳細

ISBN:4000112511

故郷へ : 帝国の解体・米軍が見た日本人と朝鮮人の引揚げ

浅野豊美監修・解説 ; 明田川融訳

現代史料出2005年-2005年

LINK

詳細

ISBN:4877851356

司法資料一般

浅野豊美解題

龍溪書2005年-2005年

LINK

詳細

ISBN:484475453X

植民地帝国日本の法的展開

浅野豊美, 松田利彦編

信山社出2004年-2004年

LINK

詳細

ISBN:4797252782

植民地帝国日本の法的構造

浅野豊美, 松田利彦編

信山社出2004年-2004年

LINK

詳細

ISBN:4797252774

植民地 : 帝国50年の興亡

マーク・ピーティー著 ; 浅野豊美訳

読売新聞1996年-1996年

LINK

詳細

ISBN:4643960280

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

戦後日本によるアジア経済協力の起源-世界平和維持費用としての賠償と日米特殊関係

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥3900000

研究種別:

日米特殊関係による東アジア地域再編の政治経済史研究

2011年-1月-2015年-0月

配分額:¥23400000

研究種別:

「政府間和解」と歴史問題に関する基盤的研究―戦争賠償の再検討を中心に―

2010年-0月-2014年-0月

配分額:¥17160000

研究種別:

朝鮮半島から見た戦後東アジア地域秩序の形成と変容-新たな地域像を求めて

2010年-0月-2014年-0月

配分額:¥45630000

研究種別:

植民地大学の総合的研究--制度・機能・遺産

配分額:¥24960000

研究種別:

韓国の保護と併合に関する総合的研究

配分額:¥52260000

研究種別:

韓国政府公開資料による日韓基本条約の国際共同研究-脱植民地化論理と冷戦論理の交錯

配分額:¥45240000

研究種別:

伊藤博文と韓国統治-日本の近代化経験と帝国の形成-

配分額:¥17860000

研究種別:

口述記録と文書記録を基礎とした現代日韓関係史研究の再構築

配分額:¥3690000

研究種別:基盤研究(B)

オーラル・ヒストリーの手法を用いた第二次大戦と脱植民地化過程の再検討

2005年-2008年

研究分野:国際関係論

配分額:¥14900000

研究種別:基盤研究(B)

脱植民地化プロセスとしての戦後日本の対アジア外交の展開と国内制約要因

2003年-2006年

研究分野:国際関係論

配分額:¥5100000

研究種別:基盤研究(A)

沖縄戦と米国の沖縄占領に関する総合的研究

2002年-2005年

研究分野:政治学

配分額:¥27560000

研究種別:奨励研究(A)

国際関係の視点からみた日本植民地法制度の形成と展開に関する構造的研究

2001年-2002年

研究分野:日本史

配分額:¥2000000

研究種別:

和解学の創成-正義ある和解を求めて

2017年-0月-2022年-0月

研究種別:

戦争と植民地をめぐる和解文化と記憶イメージ

2017年-0月-2022年-0月

配分額:¥38350000

研究種別:

和解学創成へむけての全体調整と国際連携

2017年-0月-2022年-0月

配分額:¥39390000

研究種別:

世界システムの転換点としての1970年代―石油危機の衝撃

2017年-0月-2022年-0月

配分額:¥42900000

研究種別:

日ソ戦争および戦後の引揚・抑留に関する総合的研究

2017年-0月-2021年-0月

配分額:¥35880000

研究種別:

90年代日韓歴史認識問題に関わるオーラルヒストリー調査研究

2016年-0月-2021年-0月

配分額:¥13650000

研究種別:

日韓国交正常化以後の請求権および歴史認識問題の展開過程の検証

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥11440000

研究種別:

東アジアにおける歴史和解のための総合的研究

2015年-0月-2019年-0月

配分額:¥38480000

研究種別:

東アジアにおける資本主義形成に関する研究-1930年代~1960年代を中心に-

2014年-0月-2017年-0月

配分額:¥17550000

研究種別:

多極化する世界への文際的歴史像の探求

2013年-1月-2017年-0月

配分額:¥36140000

研究種別:

北米大陸へのアジア系移民の戦後的展開-帝国解体・内戦に伴うヒトの移動

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥1500000

研究種別:

サンフランシスコ講和体制の再検討

2014年-0月-2017年-0月

配分額:¥15210000

学内研究制度

特定課題研究

植民地における領事裁判権制度の廃止と日本帝国の法的形成及び展開

1998年度

研究成果概要: 満州国国籍法の制定は、民族自決に立脚した分離独立という建前を維持するため、その前提となる「住民」を定義するために必要とされていた。しかし在満日本人が日本国籍離脱を嫌っていたため、二重国籍を法制化せざるを得ない状況が生まれていた。... 満州国国籍法の制定は、民族自決に立脚した分離独立という建前を維持するため、その前提となる「住民」を定義するために必要とされていた。しかし在満日本人が日本国籍離脱を嫌っていたため、二重国籍を法制化せざるを得ない状況が生まれていた。しかしこの二重国籍状態の法制化は、在満日本人をして権利に関しては満州国民と同じ完全な私権公権を享有させる反面、義務に関しては治外法権ゆえに免税特権を持ち警察権や司法権の外に置き、一切の国家的義務から除外することとなり、満州国の独立とはなはだ矛盾した事態を生じさせるものであった。 つまり、満州国の独立のためには、自決すべき住民を定義するために国籍法が必要である反面、その制定は独立の虚構を国際社会に名実ともに暴露することとなるというジレンマ状態が存在していた。これが満州国に対して日本との間で治外法権廃止に関する条約を締結するという国家構造の転換を行わざるを得なかった構造的な原因であった。 また、奉天とハルピンにはイギリス領事館があり、その資料が重要であることが判明した為、ロンドンでの調査を急遽行った結果、日満間の治外法権廃止には国際関係的な要因も働いていたことがわかった。一九三五年前後、日本の外務省ではイギリスの満州国承認の可能性が真剣に検討されており、日本が治外法権を撤廃する以前にイギリスが満州国を承認すると満州国はイギリス人の治外法権をみとめざるを得なくなってしまうこととなるため、その以前の段階で日満間の治外法権廃止を早急に進める必要に迫られていたことが判明した。 つまり、満州国の国家構造の根本的転換を意図した治外法権の廃止は、国民を定義するための国籍法制定の必要という国内的事情と、イギリスによる満州国承認の可能性という国際的要因とを背景として行われたものであった。しかし、そうした既存の国際秩序を前提とした満州国育成は、最終的には行き詰まったことが、国籍法の制定が最後まで行われなかったことからわかる。満州国の国籍問題は、日中戦争後に、「東亜新秩序」を掲げざるを得なくなる構造的な理由までも示唆しているのである。

国際関係からみた近代日本植民地法制度の形成と展開に関する構造的研究

1999年度

研究成果概要: 近代日本の植民地支配の起源と展開について、国際関係的要因を中心として分析した。従来の研究では、帝国的膨張の起源と展開は、中心にある日本の社会構造的矛盾の発現としてのみ理解されていた。つまり、帝国の中心にある何らかの要因に従い、沖... 近代日本の植民地支配の起源と展開について、国際関係的要因を中心として分析した。従来の研究では、帝国的膨張の起源と展開は、中心にある日本の社会構造的矛盾の発現としてのみ理解されていた。つまり、帝国の中心にある何らかの要因に従い、沖縄と北海道→台湾→南樺太→朝鮮→満洲→大東亜という順で同心円的膨張を行ったと位置付けられてきた。しかし、分析の結果、日本帝国の起源は、居留地制度という西欧国際システムと東アジア世界との境界面に作られた制度、特にその根本原理となっていた治外法権という慣行と深く結びついており、それを巧みに利用して帝国の内部の法秩序を作り上げていることがわかった。帝国の膨張の契機、そして帝国内政の構造も、少なくとも日本帝国の場合、東アジアの国際秩序、特に治外法権制度を抜きにしては、理解できない。 第二に、帝国の統治の特徴である「同化政策」を法の下の平等と文化的同一化という二つの政策を組み合わせたものとして理解する従来の分析枠組みに対し問題点を指摘し、新たな枠組みを、文化と法制との関係を焦点に提示した。問題は、「個人」が存在していない旧慣世界の共同体社会から、日本人としての意識を有する「個人」を析出させるのが、同化政策の一般的目的であった点に着目すべきという点にあった。こここから、法の下の平等という観念を公法私法を区別しない一般的法制全体に投影してはならず、法制の構造は前述した国際関係的要因をも交えつつ、公法と私法を分けて、しかも法域ごとに論じていかねばならないことを主張した。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
グローバル史 01政治経済学部2019秋学期
日本政治史 01政治経済学部2019秋学期
政治学演習 I (浅野豊美)政治経済学部2019春学期
政治学演習 II (浅野豊美)政治経済学部2019秋学期
政治学演習 III (浅野豊美)政治経済学部2019春学期
政治学演習 IV (浅野豊美)政治経済学部2019秋学期
政治学演習論文 (浅野豊美)政治経済学部2019春学期
政治学演習論文 (浅野豊美)政治経済学部2019秋学期
Japanese Political History 01政治経済学部2019秋学期
日本政治史専門研究セミナーA(PS,J:浅野豊美)大学院政治学研究科2019春学期
日本政治史専門研究セミナーB(PS,J:浅野豊美)大学院政治学研究科2019秋学期
日本政治史(PS,J:浅野豊美)大学院政治学研究科2019春学期
日本政治史専門研究セミナー(博士:浅野豊美)大学院政治学研究科2019春学期
日本政治史専門研究セミナー(博士:浅野豊美)大学院政治学研究科2019秋学期
日本政治史(浅野豊美)大学院経済学研究科2019春学期
帝国思想と台湾 1グローバルエデュケーションセンター2019秋クォーター

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度