氏名

チバ タクヤ

千葉 卓哉

職名

教授

所属

(人間科学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
takuya@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/takuya/index.html

研究者番号
40336152

本属以外の学内所属

兼担

人間科学学術院(大学院人間科学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

応用脳科学研究所

研究所員 2012年-2013年

応用脳科学研究所

研究所員 2014年-2019年

応用脳科学研究所

研究所員 2019年-

学歴・学位

学歴

-2001年 京都大学 医学研究科

学位

博士(医学) 課程

経歴

2014年04月-現在 早稲田大学人間科学学術院教授
2012年04月-2014年03月早稲田大学人間科学学術院准教授
2009年01月-2012年03月長崎大学大学院医歯薬学総合研究科准教授
2007年04月-2008年12月長崎大学大学院医歯薬学総合研究科助教
2003年08月-2005年04月The Scripps Research Institute, Reaearch associate
2002年04月-2007年03月長崎大学大学院医歯薬学総合研究科助手
2001年04月-2002年03月長崎大学医学部助手
2014年04月-東京都健康長寿医療センター研究所協力研究員

所属学協会

日本病理学会 学術評議員

日本抗加齢医学会 評議員

老化促進モデルマウス研究協議会 評議員

日本基礎老化学会

日本分子生物学会

日本神経化学会

受賞

第10回Euro Fed Lipid Congress 最優秀ポスター発表

2012年09月

平成22年度日本病理学会学術奨励賞

2011年04月

第28回角尾学術賞

2011年05月

平成21年度長崎県科学技術奨励賞

2010年03月

第32回日本基礎老化学会大会奨励賞

2009年06月

取材ガイド

カテゴリー
医歯薬学
専門分野
アンチエイジング、機能性食品、分子生物学
自己紹介コメント
アンチエイジング、特に食事カロリー制限による寿命延長、抗老化作用のメカニズムについて、分子生物学的な手法をもちいて研究を行っている。これまでに得られた成果を応用し、アンチエイジング医薬・食品の開発も行っている。(日本抗加齢医学会評議員、日本病理学会学術評議員)
キーワード
バイオベンチャー、産学連携

研究分野

キーワード

老化、アンチエイジング、生活習慣病、早老症、DNA損傷、放射線生物学

科研費分類

医歯薬学 / 基礎医学 / 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)

複合領域 / 生活科学 / 食生活学

医歯薬学 / 基礎医学 / 医化学一般

医歯薬学 / 基礎医学 / 実験病理学

共同研究希望テーマ

アンチエイジング関連

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:受託研究、共同研究

研究シーズ

アンチエイジング物質のスクリーニング技術

シーズ分野:ライフサイエンス

DNA損傷応答傷害と早老症

シーズ分野:ライフサイエンス

研究テーマ履歴

老化の分子機構

個人研究

論文

A key role for neuropeptide Y in lifespan extension and cancer suppression via dietary restriction.

Chiba T, Tamashiro Y, Park D, Kusudo T, Fujie R, Komatsu T, Kim SE, Park S, Hayashi H, Mori R, Yamashita H, Chung HY, Shimokawa I.

Sci Rep.4p.4517 - 45172014年-

Mechanisms of lifespan extension and preventive effects of calorie restriction on tumor development: Possible link between central neuroendocrine system and peripheral metabolic adaptation.

Chiba T, Dong K, Nishizono S, Shimokawa I.

J Phys Fitness Sports Med2(3)p.259 - 2662013年-

Caloric restriction-associated remodeling of rat white adipose tissue: effects on the growth hormone/insulin-like growth factor-1 axis, sterol regulatory element binding protein-1, and macrophage infiltration.

Chujo Y, Fujii N, Okita N, Konishi T, Narita T, Yamada A, Haruyama Y, Tashiro K, Chiba T, Shimokawa I, Higami Y.

Age35(4)p.1143 - 11562013年-

Protein Reporter Bioassay Systems for the Phenotypic Screening of Candidate Drugs: A Mouse Platform for Anti-aging Drug Screening

Chiba T, Tsuchiya T, Mori R, Shimokawa I

Sensorsp.1648 - 16562012年12月-

Caloric restriction-associated remodeling of rat white adipose tissue: effects on the growth hormone/insulin-like growth factor-1 axis, sterol regulatory element binding protein-1, and macrophage infiltration.

Chujo Y, Fujii N, Okita N, Konishi T, Narita T, Yamada A, Haruyama Y, Tashiro K, Chiba T, Shimokawa I, Higami Y

Age2012年05月-

Dbf4 is a direct downstream target of ATM and ATR to regulate the intra S-phase checkpoint

Lee AY*, Chiba T* (*equal contribution), Truong LN, Cheng AN, Do J, Cho MJ, Chen L, Wu X

J Biol Chem287(4)p.2531 - 25432012年-

Acute stress response modified by modest inhibition of growth hormone axis: a potential machinery of the anti-aging effect of calorie restriction

Komatsu T, Trindade LS, Chiba T, Hayashi H, Henmi Y, Ushiroda Y, Mori R, Shimokawa I

Mech Ageing Dev132(3)p.103 - 1092011年-

Modest inhibition of the growth hormone axis does not affect mitochondrial reactive oxygen species generation or redox state, unlike calorie restriction

Hayashida T, Komatsu Y, Henmi Y, Yanagihara-Ota K, Kim A, Chiba T, Goto S, Chung HY, Shimokawa I

Geriatr Gerontolp.496 - 5032011年-

Release of tumor necrosis factor-α from macrophages is mediated by small GTPase Rab37

Mori R, Ikematsu K, Kitaguchi T, Kim SE, Okamoto M, Chiba T, Miyawaki A, Shimokawa I, Tsuboi T

Eur J Immunol41p.3230 - 32392011年-

マクロファージからのサイトカイン分泌に関与する低分子量 G タンパク質 Rab ファミリーの機能解析.

森 亮一、間所 俊介、Kim Sang Eun、小松 利光、千葉 卓哉、坪井 貴司、下川 功

Biomedical Gerontology(35)p.33 - 362011年-

Development of Calorie Restriction Mimetics as Therapeutics for Metabolic, Inflammatory, and Neurodegenerative Diseases

Chiba T, Tsuchiya T, Komatsu T, Mori R, Hayashi H, Shimokawa I

Curr. Genomics.p.562 - 5672010年11月-

Down-regulation of hepatic AMP-activated protein kinase and up-regulation of CREB coactivator CRTC2 for gluconeogenesis under calorie-restrictedconditions at a young age

Trindade LS, Park S, Komatsu T, Yamaza H, Hayashi H, Mori R, Chiba T, Kuramoto K, Shimokawa I

Acta Medica Nagasakiensia, Aging Dis.1(2)p.89 - 1072010年10月-

Development of a bioassay to screen for chemicals mimicking the anti-aging effects of calorie restriction

Chiba T, Tsuchiya T, Komatsu T, Mori R, Hayashi H, Shimano H, Spindler SR, Shimokawa I

Biochem. Biophys. Res. Commun401(2)p.213 - 2182010年-

SIRT1 Regulates Thyroid-Stimulating Hormone Release by Enhancing PIP5Kc Activity through Deacetylation of Specific Lysine Residues in Mammals

Asai-Akieda S, Zaima N, Ikegami K, Kahyo T, Yao I, Hatanaka T, Iemura S, Sugiyama R, Yokozeki T, Eishi Y, Koike M, Ikeda K, Chiba T, Yamaza H, Shimokawa I, Song S, Matsuno A, Mizutani A, Sawabe M, Chao MV, Tanaka M, Kanaho Y, Natsume T, Sugimura H, Date Y, McBurney MW, Guarente L, Setou M

PLoS ONE5(7)2010年-

DOI

エイジングの分子機構とアンチエイジングの作用点

森 亮一、小松 利光、千葉 卓哉、下川 功

Diabetes Frontier21(1)p.26 - 312010年-

Divergent regulation of adipose tissue metabolism by calorie restriction and inhibition of growth hormone signaling

Park S, Komatsu T, Hayashi H, Trindade L, Yamaza H, Chiba T, Shimokawa I

Exp Gerontol44(10)p.646 - 6522009年-

Identification and characterization of an insulin receptor substrate 4-interacting protein in rat brain: implications for longevity

Chiba T, Inoue D, Mizuno A, Komatsu T, Fujita S, Kubota H, Guimarães M, Park S, Trindade L, Hayashida T, Hayashi H, Yamaza H, Higami Y, Shimokawa I

Neurobiol Aging30(3)p.474 - 4822009年-

Similar metabolic responses to calorie restriction in lean and obese Zucker rats

Chiba T, Komatsu T, Nakayama M, Adachi T, Tamashiro Y, Hayashi H, Yamaza H, Higami Y, Shimokawa I

Mol Cell Endocrinol309(1-2)p.17 - 252009年-

Neuropeptide Yによる代謝制御と抗老化作用 -ヒトへの応用に向けたCR mimetics開発の標的探索-

千葉卓哉、下川 功

基礎老化研究33(3)p.17 - 202009年-

カロリー制限による抗老化作用:代謝適応仮説とヒトへの応用の可能性

千葉卓哉、下川 功

アンチエイジング医学5(4)p.53 - 612009年-

Calorie restriction initiated at a young age activates the Akt/PKCζ/λ-Glut4 pathway in rat white adipose tissue in an insulin-independent manner

Park S, Komatsu T, Hayashi H, Yamaza H, Chiba T, Higami Y, Kuramoto K, Shimokawa I

AGE.30p.293 - 3022008年-

Calorie restriction minimizes activation of insulin signaling in response to glucose: potential involvement of the growth hormone-insulin-like growth factor 1 axis

Hayashi H, Yamaza H, Komatsu T, Park S, Chiba T, Higami Y, Nagayasu T, Shimokawa I

Exp Gerontol43(9)p.827 - 8322008年-

Insights from Calorie Restriction and Genetic Longevity Models

Shimokawa I, Chiba T, Yamaza H, Komatsu T

Mol Cells26(5)p.427 - 4352008年-

Manipulation of caloric content but not diet composition, attenuates the deficit in learning and memory of senescence-accelerated mouse strain P8

Komatsu T, Chiba T, Yamaza H, Yamashita K, Shimada A, Hoshiyama Y, Henmi T, Ohtani H, Higami Y, de Cabo R, Ingram DK, Shimokawa I

Exp Gerontol43(4)p.339 - 3462008年-

Pituitary growth hormone suppression reduces resistin expression and enhances insulin effectiveness: relationship with caloric restriction

Chiba T, Yamaza H, Komatsu T, Nakayama M, Fujita S, Hayashi H, Higami Y, Shimokawa I

Exp Gerontol43(6)p.595 - 6002008年-

カロリー制限と老化

千葉卓哉、山座治義、下川 功

Surgery Frontier15(2)p.36 - 402008年-

カロリー制限による寿命延長・抗老化機構−神経内分泌仮説に基づく代謝調節の重要性−

千葉卓哉、山座治義、下川 功

基礎老化研究32(3)p.15 - 202008年-

メタボリックシンドロームとカロリー制限:糖代謝を中心に

山座治義、千葉卓哉、下川 功

新しい眼科学25p.9 - 142008年-

Upregulation of cytochrome c oxidase subunit 6b1 (Cox6b1) and formation of mitochondrial supercomplexes: implication of Cox6b1 in the effect of calorie restriction

Kim, Sang Eun; Mori, Ryoichi; Komatsu, Toshimitsu; Chiba, Takuya; Chiba, Takuya; Hayashi, Hiroko; Park, Seongjoon; Sugawa, Michiru D.; Sugawa, Michiru D.; Dencher, Norbert A.; Shimokawa, Isao

Age37(3)2015年06月-2015年06月 

DOIScopus

詳細

ISSN:01619152

概要:© 2015, American Aging Association. Calorie restriction (CR), a non-genetic intervention that promotes longevity in animals, may exert anti-aging effects by modulating mitochondrial function. Based on our prior mitochondrial proteome analysis, we focused on the potential roles of cytochrome c oxidase (Cox or Complex IV) subunit 6b1 on formation of mitochondrial supercomplexes comprised of Complex I, III, and IV. Blue native polyacrylamide gel electrophoresis followed by immunoblotting showed that the amount of Cox6b1 and the proportion of high molecular weight supercomplexes (SCs) comprised of Complexes I, III, and IV were increased in the liver of mice subjected to 30 % CR, compared with the liver of mice fed ad libitum. In in vitro experiments, in Cox6b1-overexpressing NIH3T3 (Cox6b1-3T3) cells, Cox6b1 was increased in the SC, III2IV1, and III2IV2 complexes and Cox was concomitantly recruited abundantly into the SC, compared with control (Con)-3T3 cells. The proportions of III2IV1, and III2IV2, relative to IV monomer were also increased in Cox6b1-3T3 cells. Cox6b1-3T3 cells showed increased oxygen consumption rates, Cox activity, and intracellular ATP concentrations, indicating enhanced mitochondrial respiration, compared with Con-3T3 cells. Despite the increased basal level of mitochondrial reactive oxygen species (ROS), cell viability after inducing oxidative stress was greater in Cox6b1-3T3 cells than in Con-3T3 cells, probably because of prompt activation of protective mechanisms, such as nuclear translocation of nuclear factor E2-related factor-2. These in vivo and in vitro studies show that Cox6b1 is involved in regulation of mitochondrial function by promoting the formation of SC, suggesting that Cox6b1 contributes to the anti-aging effects of CR.

我が国における機能性表示食品の動向と老化防止食品開発への展望

西園祥子、田中由樹子、王梓、大畑佳久、千葉卓哉

人間科学研究30(2)p.213 - 2192017年09月-2017年09月 

老化制御シグナルを標的としたアンチエイジング物質開発の可能性

王梓,大畑佳久,千葉卓哉

オレオサイエンス18(2)p.55 - 602018年02月-2018年02月 

Role of insulin and growth hormone/insulin-like growth factor-I signaling in lifespan extension: Rodent longevity models for studying aging and calorie restriction.

Chiba T, Yamaza H, Shimokawa I.

8(7)p.423 - 4282007年11月-

Identification of fasting-induced genes in the rat hypothalamus: relationship with neuroprotection.

Chiba T, Fujita S, Kubota H, Inoue D, Mizuno A, Komatsu T, Yamaza H, Higami Y, Shimokawa I.

1119p.216 - 2262007年11月-

ATR-mediated S-phase checkpoint prevents DNA rereplication in mammalian cells when the licensing control is disrupted.

Liu E, Alan YL, Chiba T, Olson E, Sun P, Wu X.

179(4)p.643 - 6572007年11月-

Down-regulation of AMP-activated protein kinase by calorie restriction in rat liver.

To K, Yamaza H, Komatsu T, Hayashida T, Hayashi H, Toyama H, Chiba T, Higami Y, Shimokawa I.

42(11)p.1063 - 10712007年11月-

Identification of differentially expressed genes in senescence-accelerated mouse testes by suppression subtractive hybridization analysis.

Chiba T, Yao J, Higami Y, Shimokawa I, Hosokawa M, Higuchi K.

18(2)p.105 - 1122007年02月-

Involvement of insulin-like growth factor-1 in the effect of caloric restriction: regulation of plasma adiponectin and leptin.

Yamaza H, Komatsu T, To K, Toyama H, Chiba T, Higami Y, Shimokawa I.

62(1)p.27 - 332007年01月-

Calorie restriction initiated at middle age improved glucose tolerance without affecting age-related insulin resistance in rat skeletal muscle.

Park S, Komatsu T, Hayashi H, Yamaza H, Chiba T, Higami Y, Kuramoto K, Shimokawa I.

41(9)p.837 - 8452006年09月-

Hepatic gene expression profile of lipid metabolism in rats: impact of caloric restriction and growth hormone/IGF-1 suppression.

Higami Y, Tsuchiya T, Chiba T, Yamaza H, Muraoka I, Hirose M, Komatsu T, Shimokawa I.

61(11)p.1099 - 11102006年11月-

Role of leptin signaling in the hypothalamus in the effect of calorie restriction.

Komatsu T, Chiba T, Yamaza H, To K, Toyama H, Higami Y, Shimokawa I. Role of

61(9)p.890 - 8982006年09月-

Acute stress response in calorie-restricted rats to lipopolysaccharide-induced inflammation.

Tsuchiya T, Higami Y, Komatsu T, Tanaka K, Honda S, Yamaza H, Chiba T, Ayabe H, Shimokawa I.

126(5)p.568 - 5792005年05月-

SV40 T antigen interacts with Nbs1 to disrupt DNA replication control.

Wu X, Avni D, Chiba T, Yan F, Zhao Q, Lin Y, Heng H, Livingston D.

18(11)p.1305 - 13162004年06月-

Mouse testis transcriptome revealed using serial analysis of gene expression.

Yao J, Chiba T, Sakai J, Hirose K, Yamamoto M, Hada A, Kuramoto K, Higuchi K, Mori M.

15(6)p.433 - 4512004年06月-

Expression of DNase gamma during Fas-independent apoptotic DNA fragmentation in rodent hepatocytes.

Higami Y, Tsuchiya T, To K, Chiba T, Yamaza H, Shiokawa D, Tanuma S, Shimokawa I.

316(3)p.403 - 4072004年06月-

A transgenic dwarf rat model as a tool for the study of calorie restriction and aging.

Yamaza H, Komatsu T, Chiba T, Toyama H, To K, Higami Y, Shimokawa I.

39(2)p.269 - 2722004年02月-

Life span extension by reduction of the growth hormone-insulin-like growth factor-1 axis: relation to caloric restriction.

Shimokawa I, Higami Y, Tsuchiya T, Otani H, Komatsu T, Chiba T, Yamaza H.

17(9)p.1108 - 11092003年06月-

Effects of caloric restriction on gene expression in the arcuate nucleus.

Shimokawa I, Fukuyama T, Yanagihara-Outa K, Tomita M, Komatsu T, Higami Y, Tuchiya T, Chiba T, Yamaza Y.

24(1)p.117 - 1232003年01月-

Lifespan extension by caloric restriction: an aspect of energy metabolism.

Yamaza H, Chiba T, Higami Y, Shimokawa I.

59(4)p.325 - 3302002年11月-

Anti-aging effects of caloric restriction: Involvement of neuroendocrine adaptation by peripheral signaling.

Chiba T, Yamaza H, Higami Y, Shimokawa I.

59(4)p.317 - 3242002年11月-

Life span extension by reduction in growth hormone-insulin-like growth factor-1 axis in a transgenic rat model.

Shimokawa I, Higami Y, Utsuyama M, Tuchiya T, Komatsu T, Chiba T, Yamaza H.

160(6)p.2259 - 22652002年06月-

Extrahepatic expression of apolipoprotein A-II in mouse tissues: possible contribution to mouse senile amyloidosis.

Fu L, Matsuyama I, Chiba T, Xing Y, Korenaga T, Guo Z, Fu X, Nakayama J, Mori M, Higuchi K.

49(6)p.739 - 7482001年06月-

Transmission of mouse senile amyloidosis.

Xing Y, Nakamura A, Chiba T, Kogishi K, Matsushita T, Li F, Guo Z, Hosokawa M, Mori M, Higuchi K.

81(4)p.493 - 4992001年04月-

Wild type ApoA-II gene does not rescue senescence-accelerated mouse (SAMP1) from short life span and accelerated mortality.

Wang J, Matsushita T, Kogishi K, Xia C, Ohta A, Chiba T, Nakamura A, Kondo H, Mori M, Hosokawa M, Higuchi K.

55(9)p.B432 - B4392000年09月-

Serum lipid concentrations and mean life span are modulated by dietary polyunsaturated fatty acids in the senescence-accelerated mouse.

Umezawa M, Takeda T, Kogishi K, Higuchi K, Matushita T, Wang J, Chiba T, Hosokawa M.

130(2)p.221 - 2272000年02月-

Mouse senile amyloid deposition is suppressed by adenovirus-mediated overexpression of amyloid-resistant apolipoprotein A-II.

Chiba T, Kogishi K, Wang J, Xia C, Matsushita T, Miyazaki J, Saito I, Hosokawa M, Higuchi K.

155(4)p.1319 - 13251999年10月-

Genetic typing of the senescence-accelerated mouse (SAM) strains with microsatellite markers.

Xia C, Higuchi K, Shimizu M, Matsushita T, Kogishi K, Wang J, Chiba T, Festing MF, Hosokawa M

10(3)p.235 - 2381999年03月-

Identification of peak bone mass QTL in a spontaneously osteoporotic mouse strain.

Shimizu M, Higuchi K, Bennett B, Xia C, Tsuboyama T, Kasai S, Chiba T, Fujisawa H, Kogishi K, Kitado H, Kimoto M, Takeda N, Matsushita M, Okumura H, Serikawa T, Nakamura T, Johnson TE, Hosokawa M.

10(2)p.81 - 871999年02月-

Fibrilization in mouse senile amyloidosis is fibril conformation-dependent.

Higuchi K, Kogishi K, Wang J, Chen X, Chiba T, Matsushita T, Hoshii Y, Kawano H, Ishihara T, Yokota T, Hosokawa M.

78(12)p.1535 - 15421998年12月-

Accumulation of pro-apolipoprotein A-II in mouse senile amyloid fibrils.

Higuchi K, Kogishi K, Wang J, Xia C, Chiba T, Matsushita T, Hosokawa M.

325(3)p.653 - 6591997年04月-

書籍等出版物

カロリー制限摸倣物 老化・寿命のサイエンス (実験医学)

千葉卓哉、下川功

羊土社2013年-

Handbook on Immunosenescence, A transgenic dwarf rat strain as a tool for the study of immunosenescence in aging rats and the effect of calorie restriction.

Shimokawa I, Utsuyama M, Komatsu T, Yamaza H, Chiba T

Springer Science Business Media2009年-

Bioactive foods and chronic disease states: Food and longevity genes.

Shimokawa I and Chiba T

2012年-

下川 功、千葉 卓哉、森 亮一

第7章 サーチュインと老化、寿命「レスベラトロールの基礎と応用」

シーエムシー出版2012年-

講演・口頭発表等

細胞周期制御因子Dbf4はDNA損傷に応答するチェックポイントタンパクとして機能している

第36回日本分子生物学会2013年12月03日

詳細

口頭発表(一般)

Neuropeptide Yは酸化ストレス耐性に関与しカロリー制限による寿命延長作用に重要である

第8回臨床ストレス 応答学会大会2013年11月15日

詳細

口頭発表(一般)

細胞周期制御因子Dbf4はDNA損傷に応答するチェックポイントタンパクとして機能している

第36回日本基礎老化学会2012年06月04日

詳細

口頭発表(一般)

Dbf4はATM/ATRによって直接制御されるチェックポイントタンパクとして機能している

第35回日本基礎老化学会2012年07月26日

詳細

口頭発表(一般)

皮膚創傷治癒過程における炎症反応特異的 microRNAの同定及び機能解析

第101回日本病理学会総会2012年04月26日

詳細

口頭発表(一般)

Dbf4はゲノム構造維持に重要なチェックポイントタンパクとして機能している

第101回日本病理学会総会2012年04月26日

詳細

口頭発表(一般)

皮膚創傷治癒過程における炎症反応特異的 microRNA の同定

第33回日本分子生物学会年会2011年12月13日

詳細

口頭発表(一般)

Neuropeptide Y knock outマウスはカロリー制限による寿命延長効果を示さない

第54回 日本神経化学会大会2011年09月26日

詳細

口頭発表(一般)

抗メタボリックシンドローム成分の探索に利用可能な生体センサー技術開発の試み

平成23年度日本農芸化学会西日本支部・中四国支部合同大会2011年09月16日

詳細

口頭発表(一般)

カロリー制限模倣医薬品(CRM : Calorie Restriction Mimetics)スクリーニング用トランジェニックマウス

創薬シーズ・基盤技術アライアンスネットワーク(DSANJ)疾患別商談会2011年08月30日

詳細

口頭発表(一般)

アンチエイジング物質の探索に利用可能な生体センサー技術の開発

第10回国際バイオEXPO2011年06月29日

詳細

口頭発表(一般)

抗老化生理活性物質の探索に利用可能生体センサー技術開発の試み

第34回日本基礎老化学会2011年06月17日

詳細

口頭発表(一般)

アンチエイジング物質の探索に利用可能な生体センサー技術の開発

第11回日本抗加齢医学会総会2011年05月27日

詳細

口頭発表(一般)

老化および老化関連疾患の発症に関与するシグナル伝達系の解析

角尾学術賞受賞講演2011年05月26日

詳細

口頭発表(一般)

Neuropeptide Yの欠損はカロリー制限による抗老化効果を減弱させる

第100回日本病理学会総会2011年04月28日

詳細

口頭発表(一般)

マクロファージにおける tumor necrosis factor-α の分泌は低分子量 G 蛋白質 Rab37 によって制御される

第100回日本病理学会総会2011年04月28日

詳細

口頭発表(一般)

マクロファージのサイトカイン分泌に関与する低分子量 G 蛋白質 Rab family の機能解析

第100回日本病理学会総会2011年04月28日

詳細

口頭発表(一般)

カロリー制限の抗腫瘍効果におけるFoxO1の役割

第100回日本病理学会総会2011年04月28日

詳細

口頭発表(一般)

組織における老化のバイオマーカーとしてのp16 (INK4a)、p21 (Cip1)

第100回日本病理学会総会2011年04月28日

詳細

口頭発表(一般)

アンチエイジング物質の効率的なスクリーニング方法

科学技術振興機構 九州横断4県合同(大分・熊本・佐賀・長崎)新技術説明会2010年12月14日

詳細

口頭発表(一般)

カロリー制限の寿命延長効果は neuropeptide Y の欠損によって減弱する

第33回日本分子生物学会年会2010年12月07日

詳細

口頭発表(一般)

抗老化生理活性物質の探索に利用可能な生体センサーの開発

平成22年度 日本栄養・食糧学会 九州・沖縄支部大会2010年09月24日

詳細

口頭発表(一般)

次世代シーケンサーを用いたカロリー制限及び肥満マウス血漿中に存在する microRNA の網羅的同定

第2回RNAi 研究会2010年08月27日

詳細

口頭発表(一般)

Neuropeptide Y (NPY) ノックアウトマウスに対するカロリー制限の効果:寿命およびストレス応答解析

第33回日本基礎老化学会2010年06月17日

詳細

口頭発表(一般)

次世代シーケンサーを用いたカロリー制限及び肥満マウス血漿中に存在する microRNA の網羅的同定

第33回日本基礎老化学会2010年06月17日

詳細

口頭発表(一般)

カロリー制限の抗老化作用におけるFoxO1転写因子の役割

第10回日本抗加齢医学会総会2010年06月11日

詳細

口頭発表(一般)

Neuropeptide Y はカロリー制限の抗老化作用において主要な役割を担っている

第99回日本病理学会総会2010年04月27日

詳細

口頭発表(一般)

カロリー制限による代謝の変化におけるneuropeptide Yの重要性
詳細

口頭発表(一般)

カロリー制限による抗老化作用におけるneuropeptide Yの重要性

第32回日本分子生物学会年会2009年12月09日

詳細

口頭発表(一般)

老化と関連する新規インスリンシグナル関連分子WDR6の機能解析

慢性疾患・リハビリテイション研究振興財団研究発表会2009年12月05日

詳細

口頭発表(一般)

Neuropeptide Yはカロリー制限時の代謝制御に関与している

第9回日本分子生物学会春季シンポジウム2009年05月11日

詳細

口頭発表(一般)

カロリー制限によるFoxO転写因子の役割

第98回日本病理学会総会2009年05月01日

詳細

口頭発表(一般)

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

新規エネルギー代謝関連分子WDR6の機能解析

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥3770000

研究種別:

老化関連疾患の予防効果が期待される機能性食品成分の評価系構築とその応用

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥19110000

研究種別:

老化に伴う疾患の発症及び進行を抑制する物質の単離とその作用機序の解明

2012年-0月-2014年-0月

配分額:¥3900000

研究種別:

カロリー制限によるミトコンドリアレトログレードシグナルを介した老化制御機構の解明

2010年-0月-2014年-0月

配分額:¥18330000

研究種別:

新規インスリンシグナル分子WDR6を介する細胞内情報伝達経路の同定とその機能解析

配分額:¥4290000

研究種別:

カロリー制限の抗老化機構:Neuropeptide Yと受容体サブタイプの解析

配分額:¥4550000

研究種別:

カロリー制限によるSREBP1/LXRを介した細胞傷害・炎症抑制および代謝の変化

配分額:¥4550000

研究種別:

Dbf4/Cdc7によるS期チェックポイント制御機構の解明

配分額:¥3500000

研究種別:

ほ乳類における老化制御機構:インスリン/IGF-1抑制とカロリー制限との相違

配分額:¥7700000

学内研究制度

特定課題研究

インスリンシグナルによる老化制御機構の解明:時空間的イメージング解析を利用して

2012年度

研究成果概要:インスリンシグナル系による老化制御機構に重要な役割をもつ転写因子複合体の機能解明、およびその活性化分子を明らかにするため、以下の研究を行った。1.In vitroスクリーニング系の確立抗老化に関与する転写因子が結合し、転写を活性化...インスリンシグナル系による老化制御機構に重要な役割をもつ転写因子複合体の機能解明、およびその活性化分子を明らかにするため、以下の研究を行った。1.In vitroスクリーニング系の確立抗老化に関与する転写因子が結合し、転写を活性化させると示唆されるDNA配列である、DFCR-RE(モチーフ2)を直列に5個結合させ、分泌型アルカリフォスファターゼ(SEAP)の上流に組み込み、さらに選択用のpuromycin耐性遺伝子を導入したコンストラクトを作製した。マウス肝臓由来培養細胞であるTLR2細胞(SV40形質転換細胞)にこのプラスミドをトランスフェクトし、構成的発現細胞株を3系統樹立した。あわせてネガティブコントロール用として、別のDFCR-RE配列(モチーフ5)についても、同様に3系統の細胞株を樹立した。SEAPの発現量をもとに、それぞれ1系統の細胞株を選択し、以下の実験を行った。2.確立した細胞株をもちいたスクリーニング東京大学創薬オープンイノベーションセンターより化合物ライブラリーの提供を受け(36種類)、上記の細胞系をもちいたスクリーニングを行った。36化合物をそれぞれ1μMの濃度で細胞の培地に添加し、0, 24, 48, 72時間後に培養上清を採取し、アッセイキットをもちいてSEAP活性を測定した。この結果をもとに化合物を選択し、さらに以下の解析を行った。3.スクリーニング系の最適化上記の実験で決定したポジティブコントロールとして期待される化合物をもちいて、培養液中に濃度、処理時間を変化させて添加し、培地中に分泌されたSEAPの活性を測定した。その結果、化合物番号5番について期待されるSEAP活性の変化は見られたものの、統計的な有意差は見られなかった。4.HNF-4/PGC-1の結合促進および転写活性化の解析上記の化合物番号5番をもちいた実験について、PGC-1の発現およびHNF-4/PGC-1複合体の形成変化について、それぞれウエスタンブロット、免疫沈降法をもちいて解析した。その結果、PGC-1の発現は化合物の添加に対して濃度依存的な上昇が見られたものの、複合体形成の明らかな増加は見られなかった。以上の結果から、化合物添加前のレポーター発現がより低いコンストラクトが必要であることが示唆された。現在、あらたなレポータープラスミドの作製を行っている。

新規インスリンシグナル分子を標的とした老化疾患研究モデルマウス開発と分子病態解析

2013年度

研究成果概要:実験動物に対して与える餌の量を制限すること(カロリー制限)、およびインスリンシグナル系の減弱により、寿命の延長や老化関連疾患の発症が抑制されることが知られている。我々はこれまでに、脳の視床下部で高発現している新規遺伝子、WD re...実験動物に対して与える餌の量を制限すること(カロリー制限)、およびインスリンシグナル系の減弱により、寿命の延長や老化関連疾患の発症が抑制されることが知られている。我々はこれまでに、脳の視床下部で高発現している新規遺伝子、WD repeat protein 6 (WDR6)が、インスリンシグナル系の分子として摂食行動やエネルギー代謝などに関連している可能性を明らかにした。本研究では、全身性および脳特異的WDR6ノックアウトマウスの作製を行った。また、得られたマウスの摂食行動など、表現型解析に関する基礎的な研究を行った。 これまでに、Cre-loxPシステムをもちいたWDR6ノックインマウスを作製しており、当該キメラマウスをCreを全身性に発現するCAG-Creマウスと交配させ、ヘテロノックアウトマウスを作製した。その後、ヘテロ同士の交配によりホモノックアウトマウスを作製した。得られたマウスの遺伝子型の分離比は概ね野生型:ヘテロ:ホモ、1:2:1であり、メンデル遺伝の法則に従っていた。また、ホモ同士の交配によっても仔マウスが得られたことから、WDR6ノックアウトマウスは胎生致死でなく、また生殖細胞系にも異常が見られないことが示唆された。脳特異的WDR6ノックアウトマウスは、タモキシフェンによって神経細胞においてのみCreの発現が誘導されるNestin-CreERTマウスとの交配により行った。現在、ハウスの繁殖と交配を継続して行っている。 全身性WDR6ノックアウトマウスの野生型、ヘテロ、ホモの遺伝子判定は、尾部から抽出したゲノムDNAをもちいて行った。得られたマウスの肝臓より、RNAを抽出し、WDR6の遺伝子発現をRT-PCR法により解析した。その結果、RNAレベルにおいても目的とした標的遺伝子組換えが起こっていることが示唆された。今後は、インスリン受容体基質-4(IRS-4)、およびliver kinase B1(LKB1)などの代謝関連タンパク質とWDR6の相互作用を、免疫沈降法をもちいて解析し、WDR6ノックアウトによるタンパク質-タンパク質間の結合への影響を解析する。現在までのところ、若齢においては遺伝子型による摂食行動に対する明確な違いは認められていない。今後も、これらのマウスの飼育を老齢まで継続するとともに、糖・脂質代謝の変化、さらに酸化ストレスなどに対する耐性等を解析する予定である。これらの研究を通じて、WDR6ノックアウトマウスを新たな老化疾患研究モデル動物として確立することを目指す。

長寿遺伝子サーチュインのゲノム保護作用による発ガン予防:機能性食品によるその制御

2016年度

研究成果概要: カロリー制限(calorie restriction: CR)は、実験動物の老化を遅らせ、寿命を延長させる最も確実な介入方法である。その抗老化作用に関連するシグナル伝達系はまだ不明な点が多いが、サーチュインと呼ばれる長寿遺伝子の... カロリー制限(calorie restriction: CR)は、実験動物の老化を遅らせ、寿命を延長させる最も確実な介入方法である。その抗老化作用に関連するシグナル伝達系はまだ不明な点が多いが、サーチュインと呼ばれる長寿遺伝子の関与が示唆されている。そこで本研究では、サーチュインを活性化させる植物由来成分であるレスベラトロールをマウスの餌に混ぜ、ドキソルビシンによって誘導される酸化ストレスによるDNA損傷に対する保護作用を解析した。 その結果、CRによる脂質代謝関連遺伝子の発現上昇は、ドキソルビシン投与によって抑制され、レスベラトロールを投与されたマウスにおいても同様にそれらの遺伝子の発現上昇は見られなかった。しかし、レスベラトロールを投与したマウスはサーチュイン遺伝子の発現が上昇し、このことが通常食を投与したマウスと比較して酸化ストレス耐性が亢進したことと関連があると示唆された。

機能性食品成分の抗老化効果に関する総合的研究

2016年度

研究成果概要: カロリー制限(CR)は、実験動物の老化を遅らせ、寿命を延長させる最も確実な介入方法である。その抗老化作用に関連するシグナル伝達系はまだ不明な点が多いが、酸化ストレスの抑制が重要であることが示唆されている。そこで本研究では、培養細... カロリー制限(CR)は、実験動物の老化を遅らせ、寿命を延長させる最も確実な介入方法である。その抗老化作用に関連するシグナル伝達系はまだ不明な点が多いが、酸化ストレスの抑制が重要であることが示唆されている。そこで本研究では、培養細胞に紫外線(UV)を照射して酸化ストレスを誘導し、食品由来成分であるタウリン(Tau)がその酸化ストレスの蓄積を軽減するかを解析した。 その結果、UV処理細胞と比べ、Tau + UV処理細胞では酸化ストレスが抑制されていることが示唆された。タンパク質レベルでは、チェックポイントタンパクであるp-Chk1がUV未処理の細胞に比べ、UV処理細胞において発現が亢進した。タウリン処理はこのChk1のリン酸化を低下させたことからも、タウリンによる酸化ストレス抑制作用が示唆された。これらの結果から、タウリンがCRの抗老化作用を一部模倣することが可能であると示唆された。

健康寿命の延伸に寄与する食品成分の探索とその作用機序の解明

2017年度

研究成果概要:カロリー制限(CR)は抗老化・抗酸化作用を誘導し健康寿命を延伸することが様々な生物で報告されている。そのためCRと同様の効果を持つCR模倣物の研究が広く行われている。本研究ではタウリンがCR模倣物として機能し、寿命の延伸にも関わる...カロリー制限(CR)は抗老化・抗酸化作用を誘導し健康寿命を延伸することが様々な生物で報告されている。そのためCRと同様の効果を持つCR模倣物の研究が広く行われている。本研究ではタウリンがCR模倣物として機能し、寿命の延伸にも関わるのではないかと考え解析を行った。培養細胞を用いた解析から、UV照射によるDNA損傷応答が、タウリンの添加によって減弱することが示唆された。この結果は、タウリン処理によって酸化ストレスの誘導が軽減されたことを示唆している。したがって、タウリンが新たなCR模倣物の候補となる可能性があり、今後の更なる検討が必要であると思われる。

機能性食品成分の抗酸化および抗老化効果に関する研究

2017年度

研究成果概要: 摂取カロリーを70%に抑えるカロリー制限(CR)は、実験動物の老化を遅らせ、寿命を延長させる最も確実な介入方法である。しかし、ヒトに対するCRを長期間実施することは難しく、CRと同様の効果を有するCR模倣物の研究が注目されている... 摂取カロリーを70%に抑えるカロリー制限(CR)は、実験動物の老化を遅らせ、寿命を延長させる最も確実な介入方法である。しかし、ヒトに対するCRを長期間実施することは難しく、CRと同様の効果を有するCR模倣物の研究が注目されている。本研究ではタウリンがCR模倣物として機能すると考え解析を行った。 酸化ストレスを負荷したマウスにタウリン混餌食を与えた結果、抗酸化に関わる遺伝子の発現が上昇した。タンパク質発現の解析を行ったところ、酸化ストレスマーカーの発現がタウリン食によって低下していた。さらにDNA損傷マーカーやアポトーシスマーカーの発現にも影響を与えていた。これの結果から、タウリンの摂取が抗酸化、さらには抗老化に有利に働く可能性が強く示唆された。

老化関連疾患の予防効果が期待される機能性食品成分の評価系構築とその応用

2015年度

研究成果概要: 本研究では、タウリンのカロリー制限模倣効果について解析を行った。実験1では4週齢のラットに2週間タウリン含有食を与え、体重、血液生化学などのバイオマーカを解析した。実験2ではマウスにタウリン添加食を与え、3-ニトロプロピオン酸投... 本研究では、タウリンのカロリー制限模倣効果について解析を行った。実験1では4週齢のラットに2週間タウリン含有食を与え、体重、血液生化学などのバイオマーカを解析した。実験2ではマウスにタウリン添加食を与え、3-ニトロプロピオン酸投与による酸化ストレス耐性を解析した。実験1において、血清および肝臓コレステロール濃度はタウリンの添加量に依存して低下した。また、肝臓中性脂肪濃度がタウリンの添加量依存的に低下した。実験2では、タウリン添加によって酸化ストレス誘導後の生存率を上昇させることが示された。これらの結果から、タウリンはカロリー制限模倣物となる可能性を持つと考えられた。

農産品由来成分の抗加齢機能性評価およびその作用機序解析

2016年度

研究成果概要: カロリー制限(CR)は、実験動物の老化を遅らせ、寿命を延長させる最も確実な介入方法である。その抗老化作用には、摂食促進の作用を持つニューロペプチドY (NPY)の発現亢進が重要であり、NPYの活性化がCRを行った際の体内シグナル... カロリー制限(CR)は、実験動物の老化を遅らせ、寿命を延長させる最も確実な介入方法である。その抗老化作用には、摂食促進の作用を持つニューロペプチドY (NPY)の発現亢進が重要であり、NPYの活性化がCRを行った際の体内シグナル伝達を模倣、または増幅可能なことが示唆されている。そこで本研究では、NPY発現亢進作用が知られている六君子湯に着目し、マウスに六君子湯を混ぜた餌を投与し、酸化ストレスに対する耐性および生体応答を解析した。 その結果、六君子湯がNPYの発現亢進を介し、肝臓ではCRの(1)抗酸化能を上昇させる効果、(2)酸化ストレスに応答し細胞周期を停止させる効果、(3)アポトーシスを誘導する効果、(4)ミトコンドリア機能を改善する効果を模倣または増幅可能なことが示唆された。

機能性食品成分の細胞保護作用に関する研究

2018年度

研究成果概要:本研究では培養細胞を用いてタウリンの抗酸化効果に関して検証した。COS1細胞に対してタウリン含有培養液で培養した後にUV照射に由来する酸化ストレスに対する応答について解析した。その結果、UV照射による活性酸素の発生量の低下がタウリ...本研究では培養細胞を用いてタウリンの抗酸化効果に関して検証した。COS1細胞に対してタウリン含有培養液で培養した後にUV照射に由来する酸化ストレスに対する応答について解析した。その結果、UV照射による活性酸素の発生量の低下がタウリン添加によって確認された。さらにミトコンドリアの膜電位の状態の解析を行った結果、UV照射を行っても、タウリン処理によってミトコンドリアへのダメージが軽減されることが示唆された。これらの結果から、タウリンは細胞に対する酸化ストレス傷害を減弱させる作用をもつ可能性が示唆された。

海外研究活動

研究課題名: 老化関連疾患の発症メカニズムおよび治療法に関する基礎研究

2018年03月-2019年03月

機関: スクリプス研究所(米国)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
人間科学概論 01人間科学部2019秋クォーター
人間科学概論 02人間科学部2019秋クォーター
健康福祉科学概論人間科学部2019夏クォーター
ライフサイエンス研究法A人間科学部2019秋クォーター
ライフサイエンス研究法B人間科学部2019冬クォーター
解剖学人間科学部2019春クォーター
エイジングサイエンス人間科学部2019秋学期
免疫学人間科学部2019夏季集中
ライフサイエンス入門A(遺伝子と物質)人間科学部2019春学期
専門ゼミI(アンチエイジング医科学)人間科学部2019春学期
専門ゼミII(アンチエイジング医科学)人間科学部2019秋学期
健康福祉医学概論人間科学部2019秋学期
健康福祉科学概論 01人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
健康福祉科学概論 02人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
健康福祉科学概論 03人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
寿命・老化の医科学 01人間科学部(通信教育課程)2019秋学期
基礎老化学研究指導 A大学院人間科学研究科2019春学期
基礎老化学研究指導 B大学院人間科学研究科2019秋学期
基礎老化学ゼミ(1) A大学院人間科学研究科2019春学期
基礎老化学ゼミ(1) B大学院人間科学研究科2019秋学期
基礎老化学ゼミ(2) A大学院人間科学研究科2019春学期
基礎老化学ゼミ(2) B大学院人間科学研究科2019秋学期
健康・生命医科学基礎大学院人間科学研究科2019秋クォーター
老化機構・加齢制御学特論大学院人間科学研究科2019秋クォーター
基礎老化学研究指導(D) A大学院人間科学研究科2019春学期
基礎老化学研究指導(D) B大学院人間科学研究科2019秋学期

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度