最終更新日2017年02月01日

氏名

ノグチ ハルコ

野口 晴子

職名

教授

所属政治経済学術院

(大学院政治学研究科)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
noguchi.haruko@gmail.com
メールアドレス(その他)
h.noguchi@waseda.jp

URL等

研究者番号
90329318

本属以外の学内所属

兼担

政治経済学術院(政治経済学部)

政治経済学術院(大学院経済学研究科)

政治経済学術院(大学院公共経営研究科)

理工学術院(大学院先進理工学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

ソーシャル&ヒューマン・キャピタル研究所

プロジェクト研究所所長 2017年-2021年

マニフェスト研究所

研究所員 2014年-

医療レギュラトリ―サイエンス研究所

研究所員 2013年-2015年

医療レギュラトリ―サイエンス研究所

研究所員 2015年-

ソーシャル&ヒューマン・キャピタル研究所

研究所員 2017年-

学歴・学位

学歴

-1988年 早稲田大学 政治経済学部 経済学科
-1990年 早稲田大学 経済学研究科
-1997年 ニューヨーク市立大学 経済学研究科

学位

経済学博士 課程 ニューヨーク市立大学

経歴

1992年12月-1995年09月Mount Sinai School of Medicine,NewYork, NY, USInternational Longevity Center, Department of Geriatrics,Research Assistant
1995年10月-1997年01月Mount Sinai School of Medicine, New York, NY, USInternational Longevity Center, Department of GeriatricsResearch Analyst (Economist)
1997年02月-1998年01月National Bureau of Economic Research及び Stanford University, Palo Alto, CA, USAを兼職Department of Public HealthResearch Analyst
1998年02月-2000年03月National Bureau of Economic Research及び Stanford University, Palo Alto, CA, USAを兼職Stanford Institute for Economic Policy ResearchResearch Analyst and Social Science Research Associate
2000年04月-2003年03月東洋英和女学院大学国際社会学部国際社会学科専任講師
2001年04月-2002年03月日本国際長寿センター(ILCJapan)非常勤研究員
2002年05月-Stanford University, Palo Alto, CA, USACenter for Health Policy/Center for Primary Care and Outcome ResearchAdjunct Researcher
2003年04月-2007年03月東洋英和女学院大学国際社会学部国際社会学科助教授
2003年04月-2004年03月内閣府経済社会総合研究所客員研究員
2004年04月-2005年03月内閣府経済社会総合研究所客員主任研究官
2005年06月-2006年03月独立行政法人経済産業研究所ファカルティ・フェロー
2006年04月-2007年03月一橋大学経済研究所客員助教授
2007年04月-2012年03月国立社会保障人口問題研究所社会保障基礎理論研究部第二室長
2007年04月-2010年03月東洋英和女学院大学国際社会学部国際社会学科非常勤講師
2009年04月-2013年03月一橋大学国際公共大学院特任教授
2011年10月-2014年03月東京大学医学部大学院・臨床疫学・経済学分野非常勤講師

所属学協会

日本経済学会

アメリカ経済学会

医療経済学会

国際医療経済学会

日本財政学会

日本公衆衛生学会

計量経済学会

委員歴・役員歴(学外)

2017年06月-2021年06月厚生労働省保険局「中央社会保険医療協議会」公益委員(再任)委員
2017年10月-2023年09月第24-25期 日本学術会議 連携会員
2017年10月-2018年09月一橋大学経済研究所一橋大学経済研究所運営委員会委員
2017年07月-2018年03月独立行政法人国際協力機構(JICA)社会保障分野課題別支援委員会「高齢化対策小委員会」
2017年06月-2018年03月足立区教育委員会足立区子ども施設指定管理者選定等審査委員
2017年06月-2018年03月国立社会保障・人口問題研究所第6回全国家庭動向調査 研究プロジェクト委員
2017年05月-2018年03月厚生労働省健康局ワクチン価格調査事業実施法人審査員会 委員
2017年04月-2018年03月東京都病院経営本部都立病院経営委員会 委員
2017年01月-2019年01月厚生労働省社会保障審議会臨時委員(統計分科会員)委員
2017年01月-2018年03月厚生労働省健康局「ワクチンの安定的な供給体制の確保のための備蓄プログラム整備事業実施法人選定審査委員会」委員「ワクチンの安定的な供給体制の確保のための備蓄プログラム整備事業実施法人選定審査委員会」委員
2016年11月-2018年10月厚生労働省「厚生労働統計の整備に関する検討会」厚生労働統計の整備に関する検討会構成員
2016年11月-2018年10月厚生労働省「診療報酬調査専門組織(医療機関等における消費税負担に関する分科会・本委員)「保険医療専門審査員
2016年11月-2018年11月厚生労働省「保険医療専門審査員」
2016年05月-一般社団法人日本経済学会代議員
2016年04月-2017年03月医療経済研究機構研究助成事業の審査ならびに採択
2016年04月-2017年03月独立行政法人 国際協力機構(JICA)社会保障分野課題別支援委員会「高齢化対策小委員会」委員(医療経済学・費用分析)
2016年04月-2017年03月国立社会保障・人口問題研究所第5回 全国家庭動向調査 プロジェクト委員
2016年03月-2017年03月厚生労働省医政局「医療従事者の需給に関する検討会」「理学療法士・作業療法士需給分科会」構成員
2016年02月-2016年02月足立区政策経営部 政策経営課 経営管理足立区審議会公募委員等選考面接員
2015年12月-厚生労働省「医療従事者の需給に関する検討会」構成員
2015年12月-2017年12月厚生労働省健康局・「厚生科学審議会・ワクチン分科会・研究開発生産・流通部会」委員
2015年10月-2017年09月一橋大学経済学研究所「運営委員会」委員
2015年08月-2017年03月足立区教育委員会「足立区子ども施設指定管理者選定等審査会」委員長
2015年06月-2017年03月独立行政法人国際協力機構・人間開発部・社会保障分野課題別支援委員会「高齢化対策小委員会」委員
2015年04月-2018年03月東京都病院経理本部「都立病院経営委員会」委員
2015年01月-2017年01月厚生労働省「社会保障審議会統計分科会」委員
2014年10月-厚生労働省・大臣官房統計情報部企画課統計企画調整室「厚生労働統計の整備に関する検討会」委員
2014年07月-2015年03月財務省財務総合政策研究所「持続可能な介護に関する研究会」委員
2014年06月-日本経済学会代議員
2014年04月-2016年03月足立区「区民評価委員会」会長
2014年04月-内閣府「官民競争入札等監理委員会」・「地方公共サービス小委員会」委員
2013年09月-医療経済学会理事
2013年06月-2017年06月厚生労働省保険局「中央社会保険医療協議会」公益委員
2009年10月-2014年09月川崎市「政策評価委員会」委員
2009年04月-2014年03月足立区「区民評価委員会委員」副会長
2009年04月-2010年03月内閣府「サービス産業のアウトプットおよびデフレーターの計測に関する国際比較について」委員
2007年11月-2008年03月内閣府「21世紀行財政システム構築に関する研究会」委員
2007年07月-2008年03月厚生労働省「医療サービスの質の向上のためのレセプト情報等の活用に関する検討会」委員
2005年05月-2009年03月足立区「区民評価委員会委員」分科会長
2004年06月-2005年03月足立区「子育て支援サービス利用者負担適正化審議会」会長
2002年04月-2003年03月内閣府物価政策課「保育サービス価格に関する研究会」委員
2001年10月-2002年03月内閣府物価政策課「介護サービス価格に関する研究会」委員
2000年04月-2002年03月国立社会保障・人口問題研究所「社会保障の改革動向に関する国際比較研究会」委員
2017年12月-2019年11月厚生労働省厚生科学審議会臨時委員臨時委員

取材ガイド

カテゴリー
社会科学
専門分野
医療経済学

研究分野

キーワード

医療経済学、ミクロ計量経済学を用いた実証研究、社会保障論

科研費分類

社会科学 / 経済学 / 経済政策

論文

地域包括ケアシステムの評価指標としての在宅期間-8年間の全国介護レセプトデータによる検討ー(査読あり)

植嶋大晃・高橋秀人・野口晴子・川村顕・松本吉夫・森山葉子・田宮菜奈子

厚生の指標査読有り2017年09月-2017年09月 

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Changes in mortality inequalities across occupations in Japan : A national register-based study of absolute and relative measures, 1980-2010.(reviewed)

Hirokazu Tanaka , Satoshi Toyokawa, Nanako Tamiya , Hideto Takahashi , Haruko Noguchi, Yasuki Kobayashi

BMJ査読有り7(9)2017年09月-2017年09月 

DOIScopus

詳細

掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

概要:© Article author(s) (or their employer(s) unless otherwise stated in the text of the article) 2017. All rights reserved. No commercial use is permitted unless otherwise expressly granted. Objective Changes in mortality inequalities across socioeconomic groups have been a substantial public health concern worldwide. We investigated changes in absolute/relative mortality inequalities across occupations, and the contribution of different diseases to inequalities in tandem with the restructuring of the Japanese economy. Methods Using complete Japanese national death registries from 5 year intervals (1980-2010), all cause and cause specific age standardised mortality rates (ASMR per 100 000 people standardised using the Japanese standard population in 1985, aged 30-59 years) across 12 occupations were computed. Absolute and relative inequalities were measured in ASMR differences (RDs) and ASMR ratios (RRs) among occupations in comparison with manufacturing workers (reference). We also estimated the changing contribution of different diseases by calculating the differences in ASMR change between 1995 and 2010 for occupations and reference. Results All cause ASMRs tended to decrease in both sexes over the three decades except for male managers (increased by 71% points, 1995-2010). RDs across occupations were reduced for both sexes (civil servants 233.5 to -1.9 for men; sales workers 63.3 to 4.5 for women) but RRs increased for some occupations (professional workers 1.38 to 1.70; service workers 2.35 to 3.73) for men and decreased for women from 1980 to 2010. Male relative inequalities widened among farmer, fishery and service workers, because the percentage declines were smaller in these occupations. Cerebrovascular disease and cancer were the main causes of the decrease in mortality inequalities among sexes but the incidence of suicide increased among men, thereby increasing sex related inequalities. Conclusions Absolute inequality trends in mortality across occupations decreased in both sexes, while relative inequality trends were heterogeneous in Japan. The main drivers of narrowing and widening mortality inequalities were cerebrovascular disease and suicide, respectively. Future public health efforts will benefit from eliminating residual inequalities in mortality by considering the contribution of the causes of death and socioeconomic status stratification.

Impact of Medical Subsidy Disqualification on children's Healthcare Utilization

Atsushi Miyawaki, Haruko Noguchi, Yasuki Kobayashi,

Social Science & Medicine査読有り191p.89 - 982017年09月-2017年09月 

DOIScopus

詳細

ISSN:02779536

概要:© 2017 Elsevier Ltd Financial support for children's medical expenses has been introduced in many countries. Limited work has been done on price elasticity in children's healthcare demand, especially in countries other than the United States. Moreover, it remains unclear how the effects of a change in the cost sharing rate on healthcare demand would differ by medical condition. We investigated the impact of an increase in the cost sharing rate on medical service utilization among school children as a whole and for each of nine common conditions, applying a difference-in-differences approach. The study period ranged from April 1, 2012, to March 30, 2014. Participants were elementary school children in an urban area who were eligible for National Health Insurance (a community-based public insurance) during the study period and who were enrolled in the 2nd, 3rd, or 4th grade in April 2013. We collected observations from 2896 persons and 69,504 (2896 × 24 months) person-months. When elementary school children were promoted to the 4th grade, they became disqualified for a municipal medical subsidy. The control group was the children promoted to the 2nd or the 3rd grade, who remained eligible for the subsidy. All data were obtained from health insurance claims. We identified the nine most common medical conditions among the subject children, and stratified the analyses by the condition diagnosed. We found that an increase in the cost sharing rate reduced outpatient service utilization as a whole. Also, we observed an increase in inpatient service utilization, not because of worsened health conditions, but rather due to substitution of inpatient service for outpatient service. The reductions in outpatient service were heterogeneous across medical conditions; declines were sharper for mild or chronic conditions. These findings may help to characterize how a change in cost sharing rate affects health outcomes in children.

Association of care recipients' care-need level with family caregiver participation in health check ups in Japan(reviewed)

Takehiro Sugiyama, Nanako Tamiya, Taeko Watanabe , Tomoko Wakui , Taiga Shibayama, Yoko Moriyama , Yui Yamaoka , Haruko Noguchi

Geriatrics & Gerontology International査読有り2017年08月-2017年08月 

DOI

Spillover Effect of Japanese Long-Term Care Insurance as an Employment Promotion Policy for Family Caregivers (reviewed)

Rong Fu, Haruko Noguchi , Akira Kawamura , Hideto Takahashi , Nanako Tamiya

Journal of Health Economics(forthcoming)査読有り2017年08月-2017年08月 

都道府県別にみた主たる家族介護者である中高年女性の就業および就業希望の状況-平成25年国民生活基礎調査から-(査読あり)

渡邊 多永子・Tamiya Nanako・野口 晴子・高橋 秀人

厚生の指標査読有り64(6)p.16 - 202017年08月-2017年08月 

中高年縦断調査を用いたソーシャル・キャピタル指標の作成と妥当性・信頼性の検討(査読あり)

相羽美幸・太刀川弘和・仲嶺真・高橋晶・野口晴子・高橋秀人・田宮菜奈子

第64巻 日本公衆衛生誌 第7号査読有り64(7)p.371 - 3832017年07月-2017年07月 

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Comprehensive assessment of risk factors for causespecific deaths among Japanese infants using linked Birth and Death data from Vital statistics in 2003-2010

Yui Yamaoka, Naho Morisaki, Haruko Noguchi, Hideto Takahashi, Nanako Tamiya

Journal of Epidemiology(forthcoming)査読有り2017年07月-2017年07月 

Retiring for better health? Evidence from health incestment behaviors in Japan

MengZhao, Yoshifumi Konishi, Haruko Noguchi

Japan and the World Ecomony査読有り42p.56 - 632017年06月-2017年06月 

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Does the Positive Relationship between Health and Marriage Reflect Protection or Selection? Evidence from Middle-Aged and Elderly Japanease(査読中)

Rong Fu, Haruko NOGUCHI

査読有り2017年05月-2017年05月 

Relation between Social Network and Mental Health among Middle-aged Adults in Japan: Evidence from a National Longitudinal Survey(reviewed)

Rong Fu, Haruko Noguchi, Hirokazu Tachikawa, Miyuki Aiba, Ryo Nakamine, Akira Kawamura, Hidetoshi Takahashi, Nanako Tamiya

Social Science & Medicine,査読有りforthcoming2017年02月-2017年02月 

link

Disability, poverty, and role of the basic livelihood security system on health services utilization among the elderly in South Korea (reviewed)

Boyoung J, Noguchi H, Kwon S, Itoe T, Tamiya N.

Social Science & Medicine,査読有りforthcomingp.175 - 1832017年02月-2017年02月 

DOIlinkScopus

詳細

ISSN:02779536

概要:© 2017 The AuthorsWith rapid aging, many of the elderly suffer from poverty and high healthcare needs. In Korea, there is a means-tested and non-contributory public assistance, the National Basic Livelihood Security System (NBLSS). The purpose of this study is to show older population's condition of disability and poverty, to evaluate the impact of NBLSS on health services utilization, and to examine the differential effect of the NBLSS by disability status among the elderly. This study used the Korea Welfare Panel Study data 2005–2014 with the final sample of 40,365, who were 65 years and older. The participants were divided into people with mild disability, severe disability, and without disability according to the Korean disability registration system. The income-level was defined to the low-income with NBLSS, the low-income without NBLSS, and the middle and high income, using the relative poverty line as a proxy of the low-income. The dependent variables were the number of outpatient visits and inpatient days, experience of home care services, total healthcare expenditure, and financial burden of healthcare expenditure. We performed Generalized Estimating Equations population-averaged model using the ten years of panel data. The result showed that within the same disability status, the low-income without NBLSS group used the least amount of inpatient care, but their financial burden of health expenditure was the highest among the three income groups. The regression model showed that if the elderly with severe disability were in the low-income without NBLSS, they reduced the outpatient and inpatient days; but their financial burden of healthcare became intensified. This study shows that the low-income elderly with disability but without adequate social protection are the most disadvantaged group. Policy is called for to mitigate the difficulties of this vulnerable population.

Impact of long-hours family caregiving on non-fatal coronary heart disease risk in middle-aged people: Results from a longitudinal nationwide survey in Japan (reviewed)

Atsushi Miyawaki, Tomio, Jun, Yasuki Kobayashi, Hideto Takahashi, Haruko Noguchi, Nanako Tamiya,

Geriatrics and Gerontology International査読有りFORTHCOMING2017年01月-2017年01月 

DOIlinkScopus

詳細

ISSN:14441586

概要:© 2017 The Authors.Aim: The effects of family caregiving, especially long-hours caregiving, on coronary heart disease (CHD) are debatable. We examined the impact of family caregiving on incident non-fatal CHD. Methods: We used data from the Longitudinal Survey of Middle-Aged and Elderly Persons from 2005 to 2010, a nationwide panel survey for Japanese people aged 50-59 years in 2005 (baseline). After we excluded non-respondents and people with missing key variables at baseline, 25 121 individuals without CHD, stroke or cancer were followed up for a mean of 4.6 years. The exposure was assessed at baseline by three indicators: (i) family caregiving; (ii) hours spent caregiving; and (iii) kinship type of care recipient. The non-fatal CHD incidence was identified according to questionnaire responses from 2006 to 2010. Results: Cox's proportional hazards analysis did not show a statistically significant association between family caregiving and incident non-fatal CHD (hazard ratio [HR] 1.13, 95% confidence interval [CI] 0.92-1.40). Caregivers who spent 20-69 h per week on care showed a statistically significant increased risk for non-fatal CHD (HR 1.78, 95% CI 1.23-2.58) compared with non-caregivers; whereas this increased risk was statistically significant only among women (HR 1.98, 95% CI 1.27-3.08), but not among men (HR 1.35, 95% CI 0.67-2.71). Kinship type of care recipient did not make a significant difference to the effects of family caregiving on incident non-fatal CHD. Conclusions: Long-hours family caregiving could be an independent risk factor for incident non-fatal CHD among middle-aged women in Japan.

Does the Positive Relationship between Health and Marriage Reflect Protection or Selection? Evidence from Middle-Aged and Elderly Japanese

Rong Fu, Haruko Noguchi

Review of Economics of the Household(forthcoming)査読有り2017年-2017年

The relationship between raising a child with a disability and the mental health of mothers compared to raising a child without disability in japan (reviewed)

Yui Yamaoka, Nanako Tamiya, Nobuyuki Izumida, Akira Kawamura, Hideto Takahashi, Haruko Noguchi,

SSM - Population Health査読有り2p.542 - 5482016年12月-2016年12月 

link

詳細

概要:© 2016 The AuthorsObjective Previous studies conducted in Japan targeted only mothers who cared for children with disabilities, and lacked reference subjects, such as mothers of children without disabilities. The aim of this study was to examine the association between raising one or two children with a disability and maternal psychological distress compared to mothers of children without a disability, and to assess differences among partnered mothers living with grandparent(s), partnered mothers without grandparent(s), and single mothers. Methods This study utilized data from the Comprehensive Survey of Living Conditions (CSLC) in 2010. We merged the data of the children (aged six and over), mothers, and fathers. This study obtained 33,739 study subjects as a triad of a child (33,110 children without disabilities and 629 children with disabilities), mother, and father. The Japanese version of Kessler 6 (K6) was used to assess the psychological distress of mothers. Multivariate logistic regression was performed to assess the independent association of a child with a disability on maternal psychological distress after controlling for the basic characteristics of the children, mothers, and households. Results This study reported that raising one or two children with disabilities was significantly related to maternal psychological distress (odds ratio: 1.72 for one child, 2.85 for two children) compared to mothers of children without disability. After stratifying the analyses by family structure, significant associations remained among mothers in two-parent families but not for mothers in three-generation families and single mothers due to a small number of children with disabilities in these families. Conclusions This study reported the significant association between raising a child with a disability and maternal psychological distress in comparison to mothers of children without disabilities. Attention should be paid to not only single mothers, but also partnered mothers in two-parent families who have a child with a disability. It is important for health professionals to focus on the mental health of every mother of a child with a disability and to assess their needs for psychological support.

全国介護レセプトを用いた経口移行者実態把握の試み(査読あり)

川村顕・田宮菜奈子・泉田信行・植嶋大晃・高橋秀人・野口晴子

厚生の指標査読有り63(15)p.29 - 362016年12月-2016年12月 

A Revisit to the Grossman Model with Endogenous Health Depreciation (reviewed)

Rong Fu, Haruko NOGUCHI, Koichi SUGA

Economics Bulletin査読有り36(4)p.2405 - 24122016年12月-2016年12月 

link

Relation of depression with health behaviors and social conditions of dependent community-dwelling older persons in the Republic of Chile (reviewed)

Sandoval Garrido, Felipe Alfonso; Sandoval Garrido, Felipe Alfonso; Nanako Tamiya, Peter Lloyd-Sherlock, Haruko Noguchi,

International Psychogeriatrics査読有り28(12)p.542 - 5482016年12月-2016年12月 

DOIScopus

詳細

ISSN:10416102

概要:Copyright © International Psychogeriatric Association 2016Background:: Depressive symptoms are a leading cause of disability and emotional suffering, particularly in old age. However, evidence on depression and old age in developing countries remains largely ignored. The aim of this study was to examine the relation between health behavior and social conditions with depression among dependent community-dwelling older persons in the Republic of Chile. Methods:: This is a cross-sectional and inferential study, using nationally representative secondary data. Two models used logistic regression on 640 dependent community-dwelling older persons from all over Chile, who personally answered a depression assessment, excluding those taking antidepressants. The geriatric depression scale (GDS-15) was used as outcome. The first model aims at any kind of depression (GDS 5>). The second aims at severe depression (GDS 10>). As exposure, we used the health behavior and social conditions of the older persons. Socio-demographic and physical conditions were used as adjustment. Results:: 44.5% of the older persons presented depressive symptoms. Among them, 11% had severe depression. Logistic regression showed that significant detrimental factors for being depressed in both models were visiting the doctor five times or over because of acute diseases, feeling uncomfortable with their living arrangement, and feeling discriminated. On the other hand, every additional day of physical exercise and living alone had a beneficial and detrimental effect only in model one. Conclusion:: Analyses on ways to support older persons living alone and the promotion of physical exercise to avoid depression are needed, along with a deeper understanding of the comfort with their living arrangement. Finally, ways to address the discrimination among older persons should be further explored.

人的資本の蓄積過程を模索するために-「個」・「世代」を超えて-(査読なし)

野口晴子

医療経済研究28(1)p.1 - 22016年10月-2016年10月 

The Impact of Leisure and Social Activities on Activities of Daily Living of Middle-Aged Adults: Evidence from a National Longitudinal Survey in Japan (reviewed)

Takafumi Monma, Fumi Takeda, Haruko Noguchi, Hideto Takahashi,Nanako Tamiya,

PLoS One査読有り11(10)2016年10月-2016年10月 

ScopusWoS

詳細

ISSN:1932-6203

概要:Copyright © 2016 Monma et al.This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited.This study investigated the effects of leisure and social activities on the ability of middleaged adults to maintain activities of daily living (ADL), and whether performing these activities alone or with others contributed to the ability to perform ADL. The study used nationally representative longitudinal data of 22,770 adults in Japan, aged 50-59 years, who did not have limitations in performing ADL at the beginning of the 5-year survey period. The study considered six activity categories: two leisure activities ("hobbies or cultural activities" and "exercise or sports") and four social activities ("community events," "support for children," "support for elderly individuals," and "other social activities"). Multiple logistic regression analysis was used to examine the relation between participation in these categories at baseline and difficulties in ADL at the 5-year follow-up. The association between the extent of social interaction during these activities ("by oneself," "with others," or "both") and difficulties in ADL was also investigated. The analysis yielded significant negative correlations between "exercise or sports" and difficulties in ADL for both men and women, and between "hobbies or cultural activities" and difficulties in ADL for women. However, these significant relationships occurred only when activities were conducted "with others." The present findings might help prevent deterioration in middle-aged adults' performance of ADL in Japan.

Short- and Long-Term Effects of Surcharge and Anti-Smoking Policy on Tobacco Consumption: A Lesson from Nationally Representative Household Survey in Taiwan (under review)

Annjhih Hsiao, Haruko Noguchi

under review査読有り2016年08月-2016年08月 

Age and sex differences of risk factors of activity limitations in Japanese older adults (reviewed)

Takafumi Monma,Fumi Takeda,Haruko Noguchi, Nanako Tamiya,

Geriatrics and Gerontology International査読有り16(6)p.670 - 6782016年06月-2016年06月 

DOIScopus

詳細

ISSN:14441586

概要:© 2016 Japan Geriatrics Society..Aim: The objective of the present study was to verify how socioeconomic and physical/mental health status would be associated with activity limitations by age and sex among older adults, using nationally representative cross-sectional data in Japan. Methods: The present study focused on 8373 older adults aged 65 years or older extracted from the Comprehensive Survey of Living Conditions conducted in 2007 by the Japanese Ministry of Health, Labor and Welfare. Univariate and multiple logistic regression analyses and population-attributable risk were applied to validate the relationships of socioeconomic and physical/mental health status with activity limitations among the total population, and by age groups (young-old or old-old) and sex. Results: Mental health showed the highest odds ratio and population-attributable risk in the total population. In addition, low back pain was associated with activity limitations regardless of age and sex. Other musculoskeletal diseases, such as arthropathy and osteoporosis, were related to activity limitations for women, regardless of age, whereas cardiovascular diseases, including angina pectoris/myocardial infarction and cerebral stroke, were associated with activity limitations for men in any age group. There were no statistically significant correlations between socioeconomic status and activity limitations in any groups. Conclusion: Mental health was the most important factor of activity limitations in Japanese older adults. Furthermore, low back pain regardless of age and sex, other musculoskeletal diseases only for women and cardiovascular diseases mainly for men could also be significant risk factors to activity limitations. Therefore, preventive approaches of activity limitations considering sex differences are important for older adults in Japan.

Spillover Effect of Japanese Long-Term Care Insurance as an Employment Promotion Policy for Family Caregivers (under review)

Rong Fu, Haruko Noguchi, Akira Kawamura, Hideto Takahashi, and Nanako Tamiya

査読中査読有り2016年05月-2016年05月 

Election, Implementation, and Social Capital in SchoolBased Management: Evidence from a Randomized Field Experiment on the COGES Project in Burkina Faso(under review)

Yasuyuki Sawada, Takeshi Aida, Andrew S Griffen, Eiji Kozuka, Haruko Noguchi, Yasuyuki Todo

JICA Working Paper1202016年05月-2016年05月 

Budget systems and expenditure for national health insurance and nursing care insurance (under review)

川村顕・野口晴子

査読中査読有り2016年03月-2016年03月 

Does Marriage Make Us Healthier? Evidence from the Middle-Aged and Older Japanese (under review)

Rong Fu, Haruko Noguchi

査読中査読有り2016年03月-2016年03月 

Does marriage make us healthier? Inter-country comparative evidence from China, Japan, and Korea (reviewed)

Rong Fu, Haruko Noguchi

PLOS ONE査読有り2016年02月-2016年02月 

PubMedDOI

詳細

概要:© 2016 Fu, Noguchi. Objectives: This study focuses on East Asian countries and investigates the difference in the marriage premium on the health-marriage protection effect (MPE) between younger and older generations and the intra-couple education concordance effect (ECE) on the health of married individuals. This study used inter-country comparative data from China, Japan, and Korea. Methods: This study focused on individuals (n = 7,938) in China, Japan, and Korea who were sampled from the 2010 East Asian Social Survey. To investigate MPE and ECE, four health indicators were utilized: a physical and mental components summary (PCS and MCS), self-rated health status (Dself), and happiness level (Dhappy). Ordinary least squares regression was conducted by country- and gender-specific subsamples. Results: We found that the MPE on PCS, MCS, and Dself was more significant for the older generation than for the younger generation in both China and Japan, whereas the results were inconclusive in Korea. With regard to the ECE on happiness (Dhappy), for both men and women, couples tend to be happier when both the husband and the wife are well educated ("higher balanced marriage") compared to couples with a lower level of educational achievement ("lower balanced marriage"). Significant benefits from a "higher balanced marriage" on MCS and Dself were observed for women only. In contrast, no statistically significant differences in health status were observed between "higher balanced marriage" couples and couples with different levels of educational achievements ("upward marriage" or "downward marriage"). Conclusions: This study found that (1) the MPE was more significant for the older generation, and (2) the health gap, particularly the happiness gap, between higher- and lower-balanced married couples was significant. The inter-country comparative findings are useful to explain how the role of marriage (and therefore of family) on health has been diluted due to the progress of industrialization and modernization.

介護予防事業の身体的・精神的健康に対する効果に関する実証分析:網走市における高齢者サロンを事例として(査読あり)

今堀 まゆみ・泉田 信行・白瀬 由美香・野口 晴子

日本公衆衛生雑誌査読有り63(11)p.675 - 6812016年-2016年

CiNii

詳細

ISSN:0546-1766

概要:

目的 本稿では,介護予防事業に参加している高齢者の属性を明らかにし,介護予防事業の一環として北海道網走市が実施している高齢者サロンが,高齢者の身体的・精神的な健康を改善するという仮説の検証を行う。

方法 本稿では,当該自治体において2013年と2014年の 2 月 1 日に実施された「高齢者の生活と健康に関する調査」の個票を用いる。網走市の介護予防事業(通称「ふれあいの家」事業)の参加者のうち,協力が得られ,かつ当該調査に対し,2013年と2014年の両年に回答した者を参加群(N=157)とする。非参加群は,網走市在住の65歳以上高齢者から無作為抽出した者のうち,同じく当該調査に両年とも回答をした者(N=252人)とする。分析方法は,参加群・非参加群間での選択バイアスを調整するため,傾向スコア法を用いた。共変量は,2013年の性別・年齢・同居家族の有無・配偶者の有無・就労の有無・1 カ月の生活費・最短の「ふれあいの家」までの距離・主観的健康感・老研式活動能力指標・K6・通院の有無とした。アウトカムは,2014年における,主観的健康感・老研式活動能力指標・K6・通院の有無である。

結果 ベースラインである2013年の基本属性を見ると,非参加群と比べ,参加群では,「ふれあいの家」までの距離が近く,年齢層が高い女性が多い。また,1 カ月の生活費が 2 万円ほど高い傾向にある。しかし,同居家族の有無や配偶者の有無については,両群で有意差はなかった。なお,健康指標に関しては,参加群の方が非参加群より健康的であることがわかった。傾向スコア法による推定の結果,介護予防事業は,参加群の方が非参加群と比べ,2014年における K6 が1.713ポイント改善していることから,網走市における当該事業が,参加者の精神面での健康には寄与していることが明らかになった。

結論 本稿が得た結果から,網走市における,コミュニティの構成員を主体とする介護予防事業には一定の効果があることがわかった。これは,社会参加によって築かれた近隣住民との良好な関係が精神面で良い影響を与えているのかもしれない。他方,身体的な健康に対する効果については観察されなかったが,本稿の観察期間は 2 年間と極めて短期間であり,また,当該介護事業が住民主体の活動であることから,中・長期的な専門家による介入と経過観察が必要である可能性が示唆された。

Mental health of parents as caregivers of children with disabilities: based on Japanese nationwide survey (reviewed)

Yui Yamaoka, Nanako Tamiya, Yoko Moriyama, Felipe Sandoval, Haruko Noguchi

PLOS ONE査読有り2015年12月-2015年12月 

link

詳細

概要:The number of children with disability is increasing gradually in Japan. Previous researches in other countries have reported that parents as caregivers (CGs) of children with disability have mental health problems, but the actual situation has not been examined nationwide in Japan so far. The aim of this study was to evaluate the association between mental health of CGs who had children with disability and characteristics of children, CGs, and household based on the nation-wide survey. This study utilized data from 2010 Comprehensive Survey of the Living Conditions, and defined children with disability aged 6 to 17. Individual data of children and CGs were linked, and 549 pairs of them were extracted. The Japanese version of Kessler 6 (K6) was used to assess mental health status of caregiver, scored 5 and over represented to general psychological distress. Logistic regression was used to evaluate the associations of interest. The almost half (44.4%) of CGs had psychological distress (k6 score; 5 +) in nationwide, and 8.9% of CGs might have serious mental illness (K6 score; 13+). After adjusting covariates of child, CG, and household factors, CG having a current symptom (OR, 95% CI: 3.26, 1.97–5.39), CG's activity restriction (OR, 95% CI: 2.95, 1.38–6.32), low social support (OR, 95%CI: 9.31, 1.85–46.8), three generation family (OR, 95% CI: 0.49, 0.26–0.92), and lower 25% tile group of monthly household expenditure (OR, 95% CI:1.92, 1.05–3.54), were significantly associated with psychological distress of CGs. This study encourages health care providers to pay more attentions toward parent's mental health, especially for in case of having low social support, and lower income family. Further research should examine the detailed information of child's disease and disability, medical service use, and quality and quantity of social support in nationwide to straighten the system for supporting services of both children with disabilities and their CGs.

How possibly Do leisure and social activities impact mental health of middle-Aged adults in Japan?: An evidence from a national longitudinal survey (reviewed)

Fumi Takeda, Haruko Noguchi,Takafumi Monma, Nanako Tamiya,

PLOS ONE査読有り10(10)2015年11月-2015年11月 

link

詳細

概要:© 2015 Takeda et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited. Objectives This study aimed to investigate longitudinal relations between leisure and social activities and mental health status, considering the presence or absence of other persons in the activity as an additional variable, among middle-Aged adults in Japan. This study used nationally representative data in Japan with a five-year follow-up period. Methods This study focused on 16,642 middle-Aged adults, age 50-59 at baseline, from a population- based, six-year panel survey conducted by the Japanese Ministry of Health, Labour and Welfare. To investigate the relations between two leisure activities ('hobbies or cultural activities' and 'exercise or sports') and four social activities ('community events', 'support for children', 'support for elderly individuals' and 'other social activities') at baseline and mental health status at follow-up, multiple logistic regression analysis was used. We also used multiple logistic regression analysis to investigate the association between ways of participating in these activities ('by oneself', 'with others', or 'both' (both 'by oneself' and 'with others')) at baseline and mental health status at follow-up. Results Involvement in both leisure activity categories, but not in social activities, was significantly and positively related to mental health status in both men and women. Furthermore, in men, both 'hobbies or cultural activities' and 'exercise or sports' were significantly related to mental health status only when conducted 'with others'. In women, the effects of 'hobbies or cultural activities' on mental health status were no differences regardless of the ways of participating, while the result of 'exercise or sports' was same as that in men. Conclusions Leisure activities appear to benefit mental health status among this age group, whereas specific social activities do not. Moreover, participation in leisure activities would be effective especially if others are present. These findings should be useful for preventing the deterioration of mental health status in middle-Aged adults in Japan.

How does the Price Regulation Policy Impact on Patient–Nurse Ratios and the Length of Hospital Stays in Japanese Hospitals? (reviewed)

Haruko Noguchi

Asian Economic Policy Review査読有り10(2)p.301 - 3232015年07月-2015年07月 

DOIlink

詳細

概要:This study examines how the 2000 and 2006 revisions of the fee-for-service system have affected patient–nurse ratios and the average length of hospital stays in Japan. The empirical results show that hospitals are quite responsive to changes in price policy. The fee revisions have certainly achieved the policy objectives of reducing patient–nurse ratios and the length of hospital stays. As a result, hospitals have responded by greatly increasing the number of expensive beds for acute care. However, this was not exactly predicted by the Japanese government, which has aimed to reallocate health-care resources, such as beds, to subacute or long-term care.

Age and sex differences of risk factors of activity limitations in Japanese older adults (reviewed)

Takafumi Monma, Fumi Takeda, Haruko Noguchi, Nanako Tamiya,

Geriatrics & Gerontology International査読有り2015年06月-2015年06月 

DOIlink

詳細

概要:Aim: The objective of the present study was to verify how socioeconomic and physical/mental health status would be associated with activity limitations by age and sex among older adults, using nationally representative crosssectional data in Japan. Methods: The present study focused on 8373 older adults aged 65 years or older extracted from the Comprehensive Survey of Living Conditions conducted in 2007 by the Japanese Ministry of Health, Labor and Welfare. Univariate and multiple logistic regression analyses and population-attributable risk were applied to validate the relationships of socioeconomic and physical/mental health status with activity limitations among the total population, and by age groups (young-old or old-old) and sex. Results: Mental health showed the highest odds ratio and population-attributable risk in the total population. In addition, low back pain was associated with activity limitations regardless of age and sex. Other musculoskeletal diseases, such as arthropathy and osteoporosis, were related to activity limitations for women, regardless of age, whereas cardiovascular diseases, including angina pectoris/myocardial infarction and cerebral stroke, were associated with activity limitations for men in any age group. There were no statistically significant correlations between socioeconomic status and activity limitations in any groups. Conclusion: Mental health was the most important factor of activity limitations in Japanese older adults. Furthermore, low back pain regardless of age and sex, other musculoskeletal diseases only for women and cardiovascular diseases mainly for men could also be significant risk factors to activity limitations. Therefore, preventive approaches of activity limitations considering sex differences are important for older adults in Japan

Exploring the causal relationship between hospital length of stay and re-hospitalization among Japanese AMI patients (reviewed)

Satoshi Shimizutani, Hiroyuki Yamada, Haruko Noguchi, Yuichiro Masuda, Masafumi Kazuya

Applied Economics査読有り47(22)p.2307 - 23252015年01月-2015年01月 

link

論考:NDBの活用の現状、課題、提言(査読なし)

野口晴子

月刊『統計』65(10)p.34 - 402014年10月-2014年10月 

Descriptive analysis of service use covered by long-term care insurance in Japan - based on population-based claims data (reviewed)

Nanako Tamiya,Masayo Kashiwagi,Hideto Takahashi, and Haruko Noguchi

BMC Health Services Research査読有り14(Suppl 2)p.1252014年07月-2014年07月 

DOIlink

対談:データを活かした医療政策を-20年後の社会を見据えて(査読なし)

西内啓・野口晴子

経済セミナー(特集 医療・健康と経済学)676p.10 - 232014年02月-2014年02月 

就業と健康-観察(非実験)データによる推定の問題点とは(査読なし)

野口晴子

季刊家計経済研究WINTER(101)p.42 - 502014年01月-2014年01月 

その政策,ホントに有効ですか? : 地域の子育て支援策を事例として (特集 新入生歓迎シンポジウム) 査読なし

野口晴子

早稻田政治經濟學雑誌386p.17 - 232013年10月-2013年10月 

詳細

ISSN:0287-7007

パネル討論:医療・介護資源の空間的偏在と地域住民のインセンティブ(第17回厚生政策セミナー地域の多様性と社会保障の持続可能性)(査読なし)

野口 晴子

季刊社会保障研究49(1)p.93 - 1032013年06月-2013年06月 

Relation between Mental Health Status and Psychosocial Stressors among Pregnant and Puerperium Women in Japan: From the Perspective of Working Status. International Journal of Public Health Science (reviewed)

Fumi Takeda, Nanako Tamiya, Haruko Noguchi, Takafumi Monma

International Journal of Public Health Science査読有り1(2)p.37 - 482012年12月-2012年12月 

link

詳細

ISSN:2252-8806

概要:Mental health problems during pregnancy and postpartum periods are one of the alarming health issues among women in Japan. This study analyzed data on the Japanese version of the Kessler 6 (K6), specific psychosocial stressors, and working status of pregnant and puerperium women (n=1126) from respondents in the Comprehensive Survey of People’s Living Conditions (CSPLC) conducted in 2007 by Ministry of Health, Labour and Welfare in Japan. Multiple logistic analyses showed the significant associations between mental health and psychosocial stressors: “family relationship,” “pregnancy and birth,” and “incomes/ family budgets/ debts”, regardless of “employed” or “unemployed”. After stratified by working status, whereas “one’s job” stressor had an association with mental health only for employed females, stressors for “one’s disease/long -term care” and “housework” had associations only for unemployed ones. For employed women, the primary factor for mental health was “family relationship” stressor. Although mental health status measured by K6 was not different between employed or unemployed female population, primary stressors related mental health was revealed to differ with working status. Especially, “family relationship” stressor was the highest risk factor of mental health in employed women. More importantly, the results provided evidence on the differences in associations between mental health and specific psychosocial stressors by working status. Psychosocial risk assessments and interventions on working status among pregnant and puerperium women should be imperative to pay attention for social politics.

Scale development of health status for secondary data analysis 3 using a nationally representative survey (reviewed)

Akihiro Nishi, Haruko Noguchi, Hideki Hashimoto, Nanako Tamiya

Environmental Health and Preventive Medicine査読有り17(3)p.252 - 2572012年05月-2012年05月 

link

詳細

概要:Objectives Scale development of health-related quality of life (HRQOL) measures, including physical and mental health measures, among public datasets from Japan is needed for comparative studies on health conditions among different age, gender, and socio-economic subgroups. Multi-attributable scales of continuous/discrete variables on HRQOL could be more flexible for different kinds of epidemiologic and socio-econometric studies rather than single-item measures. The objectives of this study were to create multi-dimensional scales for physical, mental, and summary health measures and to describe the age-related trends of these scales in Japan. Methods We utilized data from the 2007 Comprehensive Survey of the Living Conditions of People on Health and Welfare (LCPHW: Kokumin Seikatsu Kiso Chosa) (n = 383,745) to measure physical health (0 = worst score, 16 = best score) by summarizing four items: general health status, bedridden status/mobility, self-care/usual activities, and pain (0 = worst score, 4 = best score for each item). Mental health was measured using a Japanese version of K6 (0 = worst score, 4 = best score, modified from original version in which 24 = worst score and 0 = best score). We then created a summary health scale using the simple sum of physical and mental health (0 = worst score, 20 = best score). The reliability and validity of the scales were evaluated and their age-related trends described. Results The internal consistency reliability of the physical and summary health scales was not sufficiently high (Cronbach’s α = 0.64 and 0.67, respectively) and the age-related trend was smooth and monotonous. The internal consistency reliability of the mental health scale (K6) was high (Cronbach’s α = 0.90), while the age-related trend peaked at age 65–74 years. Conclusions While K6 was a measure with high reliability for describing mental health, use of the physical and summary health scale in the Japanese population requires further discussion. Additional validation tests of the summary scales also need to be performed, in which our methodology is applied to other data sets that include strict diagnostic results based on a structural interview.

隣接病院の廃止・休止が地域の病院の受入れ患者数に与える影響 (査読中)

鎌倉安男・泉田信行・野口晴子

国立社会保障・人口問題研究所ディスカッション・ペーパー・シリーズ査読有りNo.2011-J042012年04月-2012年04月 

link

Health benefits of reduced patient cost sharing in Japan (reviewed)

Akihiro Nishi, J Michael McWilliams, Haruko Noguchi, Hideki Hashimoto, Nanako Tamiya, Ichiro Kawachi

Bulletin of the World Health Organization査読有り90p.426 - 435A2012年02月-2012年02月 

link

詳細

概要:Objective To assess the effect on out-of-pocket medical spending and physical and mental health of Japan’s reduction in health-care cost sharing from 30% to 10% when people turn 70 years of age. Methods Study data came from a 2007 nationally-representative cross-sectional survey of 10 293 adults aged 64 to 75 years. Physical health was assessed using a 16-point scale based on self-reported data on general health, mobility, self-care, activities of daily living and pain. Mental health was assessed using a 24-point scale based on the Kessler-6 instrument for nonspecific psychological distress. The effect of reduced cost sharing was estimated using a regression discontinuity design. Findings For adults aged 70 to 75 years whose income made them ineligible for reduced cost sharing, neither out-of-pocket spending nor health outcomes differed from the values expected on the basis of the trend observed in 64- to 69-year-olds. However, for eligible adults aged 70 to 75 years, out-of-pocket spending was significantly lower (P<0.001) and mental health was significantly better (P<0.001) than expected. These differences emerged abruptly at the age of 70 years. Moreover, the mental health benefits were similar in individuals who were and were not using health-care services (P=0.502 for interaction). The improvement in physical health after the age of 70 years in adults eligible for reduced cost-sharing tended to be greater than in non-eligible adults (P=0.084). Conclusion Reduced cost sharing was associated with lower out-of-pocket medical spending and improved mental health in older Japanese adults.

ヘルスサービスリサーチ(15):ヘルスサービスリサーチに対する計量経済学的手法の応用—観察(非実験)データの可能性を探る—(査読なし)

野口晴子

日本公衆衛生雑誌58(10)p.903 - 9082011年10月-2011年10月 

教育への投資は健康を改善するか?山田直志教授追悼記念講演 2011年9月19日 医療経済学会第6回研究大会 (翻訳) 査読なし

Michael Grossman (translated by Haruko Noguchi)

医療経済研究23(1)p.21 - 382011年10月-2011年10月 

link

Cost containment and quality of care in Japan: is there a trade-off? (reviewed)

Hideki Hashimoto(co-lead author), Naoki Ikegami(co-lead author), Kenji Shibuya, Nobuyuki Izumida, Haruko Noguchi, Hideo Yasunaga, Hiroaki Miyata, Jose M Acuin, and Michael R Reich

The Lancet査読有り378(9797)p.1174 - 11822011年09月-2011年09月 

DOIlink

詳細

概要:Japan's health indices such as life expectancy at birth are among the best in the world. However, at 8·5% the proportion of gross domestic product spent on health is 20th among Organisation for Economic Co-operation and Development countries in 2008 and half as much as that in the USA. Costs have been contained by the nationally uniform fee schedule, in which the global revision rate is set first and item-by-item revisions are then made. Although the structural and process dimensions of quality seem to be poor, the characteristics of the health-care system are primarily attributable to how physicians and hospitals have developed in the country, and not to the cost-containment policy. However, outcomes such as postsurgical mortality rates are as good as those reported for other developed countries. Japan's basic policy has been a combination of tight control of the conditions of payment, but a laissez-faire approach to how services are delivered; this combination has led to a scarcity of professional governance and accountability. In view of the structural problems facing the health-care system, the balance should be shifted towards increased freedom of payment conditions by simplification of reimbursement rules, but tightened control of service delivery by strengthening of regional health planning, both of which should be supported through public monitoring of providers' performance. Japan's experience of good health and low cost suggests that the priority in health policy should initially be improvement of access and prevention of impoverishment from health care, after which efficiency and quality of services should then be pursued. This is the third in a Series of six papers about Japan's universal health care at 50 years

Population ageing and wellbeing: lessons from Japan's long-term care insurance policy (reviewed)

Nanako Tamiya (co-lead author), Haruko Noguchi (co-lead author), Akihiro Nishi, Michael R Reich, Naoki Ikegami, Hideki Hashimoto, Kenji Shibuya, Ichiro Kawachi, John Creighton Campbell

Lancet査読有り378(9797)p.1183 - 11922011年09月-2011年09月 

DOI

書評:津谷典子・樋口美雄編『人口減少と日本経済—労働・年金・医療制度のゆくえ』(査読なし)

野口晴子

人口問題研究67(1)p.98 - 982011年03月-2011年03月 

The Determinants of Exit from Institutions and the Price Elasticity of Institutional Care: Evidence from Japanese Micro-level Data (reviewed)

Haruko Noguchi, Satoshi Shimizutani

Journal of the Japanese and International Economies査読有り25(2)p.131 - 1422011年03月-2011年03月 

link

医療資源の偏在が受診行動範囲、診療日数、医療費に与える影響について〜国民健康保険レセプトデータに基づく実証的検証〜(査読なし)

野口晴子

季刊社会保障研究46(3)p.217 - 2342010年12月-2010年12月 

link

中高齢者の健康状態と労働参加(査読なし)

濱秋純或・野口晴子

日本労働研究雑誌52(8)p.5 - 242010年08月-2010年08月 

詳細

ISSN:0386992X

診療の医学的・経済的側面に対するDPC導入によるマネジメント改善効果の実証的検証(査読なし)

野口晴子・泉田信行・堀口裕正・康永 秀生

医療と社会20(1)p.35 - 552010年04月-2010年04月 

link

地域住民の受診動向、医療連携の現状分析:中頓別町国民健康保険病院と旭川医科大学病院を事例として(査読あり)

住友和弘・泉田信行・野口晴子・菊池潤・長谷部直幸

旭川医科大学研究フォーラム査読有り10(1)p.64 - 752010年03月-2010年03月 

link

詳細

ISSN:1346-0102

Supplier density and at-home care use in Japan: Evidence from a micro-level survey on long-term care receivers (reviewed)

Haruko Noguchi, Satoshi Shimizutani

Japan and the World Economy査読有り21(4)p.365 - 3722009年12月-2009年12月 

link

詳細

概要:Following the introduction of the long-term care insurance scheme and deregulation of the market for at-home care services, Japan experienced a substantial increase in expenditure on care for the elderly. Using household-level survey data, we empirically examine whether the increase in care expenditure is associated with supplier density springing from the rise in the number of care providers following deregulation. We provide weak evidence that supplier density in the at-home care market is positively correlated with probability to use care or expenditure on care. Moreover, we find no link between the share of for-profit providers and the demand for at-home care services.

Do Work-Life Balance Policies and Workplace Flexibility Matter? - An Empirical Analysis for Female Reinstatement Choice after the First Childbirth (refereed)(reviewed)

Haruko Noguchi

The Japanese Journal of Social Security Policy査読有り8(1)p.1 - 192009年08月-2009年08月 

link

Private Health Insurance and Hospitalization Under Japanese National Health Insurance (reviewed)

Tetsuji Yamada, Chia-Ching Chen, Tadashi Yamada, Haruko Noguchi, Matthew Miller

The Open Economics Journal査読有り2p.61 - 702009年06月-2009年06月 

DOI

詳細

概要:We empirically examine how the decision to purchase private health insurance and hospitalization are made based on labor income, socio-demographic factors, and private health insurance. The increase in household labor income and wealth has a positive effect on purchasing private health insurance. This suggests a supplementary effect for public health insurance under the strict control of a two-tier healthcare coverage system. Our results support the hypothesis that moral hazard presents for the costs paid to private health insurance by households. A strong positive association with the risk of hospitalization causes individuals to change their health behavior after purchasing private health insurance leading to lower costs in the ill health status and acquire less preventive measures. Thus, moral hazard exists in Japanese health insurance market. Unlike the previous study, adverse selection based on our results is not negligible in the case of hospitalization in Japan. The positive effect indicates that the higher the risk of illness with households, the more insurance policies a household possesses. The results support our hypotheses that the decision to purchase health insurance in case of death in an insured household in a hospital is attributed to the initial health stock of the household. This means that households purchase private health insurance when there is a high probability of hospitalization with claimed insuWe empirically examine how the decision to purchase private health insurance and hospitalization are made based on labor income, socio-demographic factors, and private health insurance. The increase in household labor income and wealth has a positive effect on purchasing private health insurance. This suggests a supplementary effect for public health insurance under the strict control of a two-tier healthcare coverage system. Our results support the hypothesis that moral hazard presents for the costs paid to private health insurance by households. A strong positive association with the risk of hospitalization causes individuals to change their health behavior after purchasing private health insurance leading to lower costs in the ill health status and acquire less preventive measures. Thus, moral hazard exists in Japanese health insurance market. Unlike the previous study, adverse selection based on our results is not negligible in the case of hospitalization in Japan. The positive effect indicates that the higher the risk of illness with households, the more insurance policies a household possesses. The results support our hypotheses that the decision to purchase health insurance in case of death in an insured household in a hospital is attributed to the initial health stock of the household. This means that households purchase private health insurance when there is a high probability of hospitalization with claimed insurance on death. The benefits from private health insurance policies for hospitalization provide incentives for individuals to purchase health insurance that are a reflection of adverse selection against private health insurance. rance on death. The benefits from private health insurance policies for hospitalization provide incentives for individuals to purchase health insurance that are a reflection of adverse selection against private health insurance.

The Influence of Economic Incentives and Regulatory Factors on the Adoption of Treatment Technologies: A Case Study of Technologies Uesed to Treatment Attacks(reviewed)

The Technological Change in Health Care(TECH) Investigators (Haruko Noguchi as a team member)

Health Economics査読有り18p.1114 - 11322008年10月-2008年10月 

DOI

詳細

概要:The Technological Change in Health Care Research Network collected unique patient-level data on three procedures for treatment of heart attack patients (catheterization, coronary artery bypass grafts and percutaneous transluminal coronary angioplasty) for 17 countries over a 15-year period to examine the impact of economic and institutional factors on technology adoption. Specific institutional factors are shown to be important to the uptake of these technologies. Health-care systems characterized as public contract systems and reimbursement systems have higher adoption rates than public-integrated health-care systems. Central control of funding of investments is negatively associated with adoption rates and the impact is of the same magnitude as the overall health-care system classification. GDP per capita also has a strong role in initial adoption. The impact of income and institutional characteristics on the utilization rates of the three procedures diminishes over time.

世帯の経済資源が出産・育児期における女性の心理的健康に与える影響について:「消費生活に関するパネル調査」を用いた実証分析(査読なし)

野口晴子

経済研究59(3)p.209 - 2272008年07月-2008年07月 

Regional Variations in Medical Expenditure and Hospitalization Days for Heart Attack Patients in Japan: Evidence from the Tokai Acute Myocardial Study (TAMIS)(reviewed)

Haruko Noguchi, Satoshi Shimizutani, Yuichiro Masuda.

International Journal of Health Care Finance and Economics査読有り8p.123 - 1442008年01月-2008年01月 

DOIlink

詳細

概要:In Japan, the use of percutaneous transluminal coronary angioplasty (PTCA) for the treatment of acute myocardial infarction (AMI) is extraordinarily frequent, resulting in large medical expenditure. Using chart-based data and exploiting regional variations, we explore what factors explain the frequent use of PTCA, employing propensity score matching to estimate the average treatment effects on hospital expenditure and hospital days. We find that the probability of receiving PTCA is affected by the density of medical resources in a region. Moreover, expenditure is higher for treated patients while there are no significant differences in hospitalization days, implying that the frequent use of PTCA is economically motivated.

The socialization of at-home elderly care and female labor market participation: Micro-level evidence from Japan(reviewed)

Satoshi Shimizutani, Wataru Suzuki, Haruko Noguchi

Japan and the World Economy査読有り20(1)p.82 - 962008年01月-2008年01月 

DOIlink

詳細

概要:This study takes advantage of the introduction of Japan's public long-term care insurance scheme in 2000 as a unique natural experiment to evaluate how the socialization of long-term care affects female labor participation. Our difference-in-differences estimates suggest that the introduction of the scheme had no effect on female labor market participation in 2001, but a large and positive effect in 2002. The new long-term care scheme raised the probability that female caregivers were employed by 8 percentage points and, on average, the number of days per week and hours per day worked by female caregivers by 10–20 percent age points.

企業による多様な「家庭と仕事の両立支援策」が夫婦の出生行動に与える影響:労働組合を対象とした調査の結果から(査読なし)

野口晴子

季刊社会保障研究43(3)p.244 - 2602007年12月-

Nonprofit Wage Premium in the Japanese Child Care Market: Evidence from Employer-Employee Matched Data (reviewed)

Haruko Noguchi, Satoshi Shimizutani, and Wataru Suzuki

Applied Economics Letters査読有り1080p.1089 - 10922007年10月-2007年10月 

link

Non-Profit Status, Earnings Premium and Quality of Care Evidence from Micro-Level Data on Home Helpers and Staff Nurses in Japanese Nursing Home Industry (reviewed)

Haruko Noguchi, Satoshi Shimizutani

Journal of the Japanese and International Economies査読有り21(1)p.106 - 1202007年03月-2007年03月 

link

Impacts of the revision of national ltc insurance system in April of 2006 on health, demand for care, and economic status among the aged and caregivers(under review)

Haruko Noguchi, Yuko Ueno, Shigeru Sugihara, Isao Igarashi, Koichi Kawabuchi

2007年03月-2007年03月 

link

Asymmetric Information and Heterogeneous Preferences in a Health Care Market(under review)

Shigeru Sugihara, Isao Igarashi, Tomoyuki Takura, Haruko Noguchi, Yuko Ueno, Koichi Kawabuchi

2007年03月-2007年03月 

link

インクルーシブな舞踊教育における複合的な感性情報の活用」(査読あり)

西洋子・服部元史・野口晴子・吉川京子

じんもんこん2006論文集査読有りp.181 - 1862006年12月-2006年12月 

Do Non-Profit Operators Provide Higher Quality of Care? (reviewed)

Haruko Noguchi, Satoshi Shimizutani.

Hitotsubashi Journal of Economics査読有り47(1)p.125 - 1352006年07月-2006年07月 

link

The diffusion of medical technology, local conditions, and technology re-invention; a comparative case study on coronary stenting(reviewed)

Hideki Hashimoto, Haruko Noguchi, Paul Heidenreich, Olga Saynina, Abigail Moreland, Shunichi Miyazaki, Shunya Ikeda, Yoshihiro Kaneko, Naoki Ikegami

Health Policy査読有りEpub ahead of print2006年02月-2006年02月 

DOIlink

詳細

概要:Innovation of medical technology is a major driving force behind the increase in medical expenditures in developed countries. Previous studies identified that the diffusion of medical technology varied across countries according to the characteristics of regulatory policy and payment systems. Based on Roger's diffusion of innovation theory, this study purported to see how local practice norms, the evolving nature of diffusing technology, and local clinical needs in addition to differences in politico-economic systems would affect the process of innovation diffusion. Taking a case of coronary stenting, an innovative therapeutic technology in early 1990s, we provided a case study of hospital-based data between two teaching high-tech hospitals in Japan and the US for discussion. Stenting began to be widely used in both countries when complementary new technology modified its clinical efficacy, but the diffusion process still differed between the two hospitals due to (1) distinctive payment systems for hospitals and physicians, (2) practice norms in favor of percutaneous intervention rather than bypass surgery that was shaped by payment incentives and cultural attitudes, and (3) local patient's clinical characteristics that the technology had to be tailored for. The case study described the diffusion of stent technology as a dynamic process between patients, physicians, hospitals, health care systems, and technology under global and local conditions.

Comparison of medical treatments for the dying in a hospice and a geriatric hospital in Japan (reviewed)

Yuichiro Masuda, Haruko Noguchi, Masafumi Kuzuya, Akira Inoue, Yoshihisa Hirakawa, Akihisa Iguchi, and Kazumasa Uemura

Journal of palliative medicine査読有り9(1)p.152 - 1602006年01月-2006年01月 

PubMedlink

詳細

概要:Context: Most older adults who die in Japan do so in the hospital without receiving hospice or palliative care. While there are some hospices in Japan, little is known about the care they provide to the elderly. Objective: To clarify how the care of dying patients differs in a hospice and a geriatric hospital in Japan. Design: Cohort study. Setting: A hospice and a geriatric hospital in Japan. Participants: One hundred ninety-one inpatients aged 65 or older. Main outcome: Areas of our interest: (1) gender and age; (2) primary disease(s) and cause of death; (3) observed symptoms/conditions and medical treatment or care conducted within 48 hours prior to death; (4) the actual topics leading to disclosure; and (5) whether or not advance directives had been given. Results: The X2 test determined that there were statistically significant differences between a geriatric hospital and a hospice, with respect to mean age, diagnoses on admission, primary cause of death, symptoms/conditions, and the practice of medical interventions. However, controlling for patient characteristics and assuming a bivariate distribution between the probabilities of choosing a facility and of undergoing a medical procedure, we found that patients at the hospice were more likely to undergo treatment with opioids, urethral catheter, and oral medicine; such patients were less likely to undergo oxygen inhalation, total parenteral nutrition, and other intravenous drips. Conclusion: The hospice examined in this study was similar to the approach regarding medical treatments observed at the geriatric hospital.

保育者としての身体的感性を育てる教育:授業での身体表現の体験による“共振”の形成とその段階の変化(査読あり)

西洋子・野口晴子

保育学研究査読有り43(2)p.156 - 1652005年12月-2005年12月 

沖縄県における保育サービスの質及び供給効率性の定量的評価:ミクロデータによる検証(査読あり)

清水谷諭・野口晴子

経済分析査読有り177p.25 - 462005年12月-

指定管理者制度における受託団体のサービスの質と経営効率性:ミクロデータによる事業主体別分析(査読中)

前中 康志・野口 晴子

経済財政分析ディスカッション・ペーパー査読有りDP05/22005年07月-2005年07月 

Supplier-Induced Demand in Japan's At-home Care Industry: Evidence from Micro-level Survey on Care Receivers(under review)

Haruko Noguchi and Satoshi Shimizutani

査読有り1482005年06月-2005年06月 

link

保育士の賃金決定要因と賃金プロファイル:ミクロデータによる検証 (査読あり)

清水谷諭・野口晴子

経済分析査読有り175p.33 - 492005年03月-2005年03月 

Nonprofit and for-profit providers in Japan’s at-home care industry: evidence on quality of service and household choice(reviewed)

Haruko Noguchi, Satoshi Shimizutani

Economic Bulletin9(3)p.1 - 132005年03月-2005年03月 

link

精神科入院患者を対象とするダンス療法での身体的コミュニケーションとその評価尺度の開発(査読あり)

西洋子・野口晴子

東洋英和女学院大学・人文・社会科学論集査読有り22p.1 - 162005年03月-2005年03月 

詳細

ISSN:0915-7794

長時間介護はなぜ解消しないのか?--要介護者世帯への介護サービス利用調査による検証(査読あり)

清水谷諭・野口晴子

経済分析査読有り175p.1 - 322005年03月-2005年03月 

詳細

ISSN:04534727

要介護者世帯調査に基づく在宅介護サービスの将来需要予測-2003年度データによる再推計-(査読中)

清水谷諭・野口晴子

ESRI Discussion Paper Series1282005年02月-2005年02月 

link

経皮的冠動脈形成術(PTCA)実施後の急性心筋梗塞疾患患者に対する治療選択と治療成績の定量的検証:「ESRI・急性心筋梗塞患者データ2003」による実証分析結果(査読あり)

野口晴子・清水谷諭・茅野真男

日本経済研究査読有り49p.86 - 1162004年04月-2004年04月 

link

沖縄県における保育士賃金の決定要因:経営主体別の賃金プロファイルと非営利賃金プレミアムのミクロデータによる検証(査読あり)

清水谷諭・野口晴子

ESRI Discussion Paper Series査読有り992004年04月-2004年04月 

link

Outsourcing At-home Elderly Care and Female Labor Supply : Micro-level evidence from Japan’s Unique Experience(査読中)

Satoshi Shimizutani, Wataru Suzuki, Haruko Noguchi

ESRI Discussion Paper Series査読有り932004年04月-2004年04月 

link

東洋英和女学院大学卒業生のライフコースについて(査読あり)

有田富美子・野口晴子・林文・三尾稔

東洋英和女学院大学・人文・社会科学論集査読有り21p.41 - 1262004年03月-2004年03月 

link

介護労働市場における非営利賃金プレミアム--ミクロデータによる検証(査読あり)

清水谷諭・野口晴子

日本経済研究査読有り48p.1 - 172004年03月-2004年03月 

link

詳細

ISSN:02855925

保育サービスの利用は女性労働供給をどの程度刺激するか?-ミクロデータによる検証-(査読中)

清水谷諭・野口晴子

ESRI Discussion Paper Series892004年03月-2004年03月 

link

保育者としての身体的感性の育成:授業での身体表現の経験による“共振”の段階の変化(査読あり)

西洋子・野口晴子

東洋英和女学院大学・人文・社会科学論集査読有り20p.13 - 292004年02月-2004年02月 

保育サービス需要の価格弾力性と潜在需要推計-仮想市場法(CVM)によるアプローチ-(査読中)

清水谷諭・野口晴子

ESRI Discussion Paper Series査読有り832003年12月-2003年12月 

link

Is Non-Profit Status a signal of Better Quality ? Micro-Level Evidence from Japan’s At-home care industry(査読中)

Haruko Noguchi, Satoshi Shimizutani

ESRI Discussion Paper Series査読有り802003年11月-2003年11月 

link

保育サービス供給の効率性-ミクロデータによる費用関数の推計-(査読あり)

清水谷諭・野口晴子

ESRI Discussion Paper Series査読有り572003年08月-2003年08月 

link

Quality of Child Care in Japan: Evidence from Micro-level Data (under review)

Satoshi Shimizutani, Haruko Noguchi

ESRI Discussion Paper Series査読有り542003年08月-2003年08月 

link

Wage Determinants and Age Profiles in the Japanese Child Care Industry : Evidence from Employee-level Data(under review)

Haruko Noguchi , Satoshi Shimizutani, Wataru Suzuki

ESRI Discussion Paper Series査読有り332003年05月-2003年05月 

link

The Determinants of Nursing Home Exit and the Price Elasticity of Institutional Care: Evidence from Micro-level Data(under review)

Satoshi Shimizutani, Haruko Noguchi

ESRI Discussion Paper Series査読有り242002年12月-2002年12月 

link

Earnings and Quality Differentials in For-Profit versus Nonprofit Long-Term Care(under review)

Satoshi Shimizutani, Haruko Noguchi

ESRI Discussion Paper Series査読有り172002年12月-2002年12月 

link

Association of Renal Insufficiency with Treatment and Outcomes after Myocardial Infarction in Elderly Patients (reviewed)

Michael G. Shlipak, MD, MPH; Paul A. Heidenreich, MD, MS; Haruko Noguchi, PhD; Glenn M. Chertow, MD, MPH; Warren S. Browner, MD, MPH; and Mark B. McClellan, MD, PhD

Annals of Internal Medicine査読有り137(7)p.615 - 6162002年10月-2002年10月 

DOIlink

書評:井伊雅子、大日康史著 『医療サービス需要の経済分析』(査読なし)

野口晴子

季刊社会保障研究38(2)p.175 - 1782002年09月-2002年09月 

保健医療行政がEBMに対して果たすべき役割(査読なし)

野口晴子

EBMジャーナル3(4)p.79 - 852002年07月-2002年07月 

身体表現における“共振する身体”へのプロセスII(査読あり)

西洋子・野口晴子・柴眞理子

舞踊學査読有り25p.512002年-2002年

DOI

詳細

ISSN:0911-4017

Japanese Health Care Services and Asymmetric Information(no reviewed)

Tetsuji YAMADA, Tadashi YAMADA, Chang-Gun KIM, Haruko NOGUCHI, and I-Ming CHIU

国際政治K額研究 第8号(8)p.1 - 182001年10月-2001年10月 

公的に収集された医療情報の研究者への提供に関する一考: 米国での個票データ管理と運営の事例から学ぶこと(査読なし)

野口晴子・金子能宏・開原成充・Jeffery Geppert・Mark B McClellan

社会保険旬報2097p.6 - 172001年05月-2001年05月 

Technological Change Around The World : Evidence From Heart Attack Care – Supply side incentives to curtail health care spending are closely linked with trends in the use of costly treatments(reviewed)

The Technological Change in Health Care (TECH) Research Network (Haruko Noguchi as a team member)

Health Affairs査読有り20(3)p.25 - 422001年05月-2001年05月 

link

Comparison of the effects of angiotensin converting –enzyme inhibitors and beta blockers on survival in elderly patients with reduced left ventricular function after myocardial infarction(reviewed)

Michael G Shilipak, Warren S Browner, Haruko Noguchi, Barry Massie, Craig D Frances, Mark B McCellan

American Journal of Medicine査読有り110(6)p.425 - 4332001年04月-

link

Does physician specialty affect the survival of elderly patients with myocardial infarction? (reviewed)

Craig D Frances, Michael G Shilipak, Haruko Noguchi, Paul A Heidernreich, Mark B McCellan

Health Service Research査読有り35(5 Pt2)p.1093 - 11162000年12月-2000年12月 

link

Are We Inhibited? Renal Insufficiency Should Not Preclude the Use of ACE Inhibitors for Patients with Acute MI and Depressed Left Ventricular Function(reviewed)

Craig D Frances, Haruko Noguchi, Warren S Browner, Bassie B, Barry Massie, Mark B McCellan

Archives Internal Medicine査読有り160(17)p.2645 - 26502000年09月-2000年09月 

link

米国のヘルスケア・リフォーム:その後(査読なし)

野口晴子

医療と社会9(3)p.15 - 321999年11月-1999年11月 

DOIlink

Medical Services and Imperfect Information in Japan(under review)

Tetsuji Yamada, TadashiYamada, Chang-Gun Kim, Haruko Noguchi

Institute of Policy and Planning Sciences (IPPS) discussion paper series査読有り839p.1 - 321999年11月-1999年11月 

Technological Change in Heart Disease Treatment : Does High Tech Mean Low Value?(reviewed)

Mark B McCellan, Haruko Noguchi

American Economic Review査読有り88(2)p.90 - 961998年05月-1998年05月 

link

Effectiveness of Government Policy: An Experience of the Japanese Managed National Health Care System (under review)

Tetsuji Yamada, Tadashi Yamada, Chang Gun Kim, Haruko Noguchi

NBER Working Paper査読有り47861994年06月-1994年06月 

link

中高年者縦断調査を用いたソーシャル・キャピタル指標の作成と妥当性・信頼性の検討

相羽 美幸;太刀川 弘和;仲嶺 真;高橋 晶;野口 晴子;高橋 秀人;田宮 菜奈子

日本公衆衛生雑誌64(7)p.371 - 3832017年-2017年

CiNii

詳細

ISSN:0546-1766

概要:

目的 ソーシャル・キャピタル(SC)は,2つの下位要素(下位要素1:構造的フォーマル,構造的インフォーマル,認知的;下位要素2:結合型,橋渡し型)から構成される。本研究では,中高年者縦断調査のデータから,SCの指標を作成し,その妥当性と信頼性を検証した。

方法 中高年者縦断調査の調査票から,SCを測定している調査項目を抽出した。調査対象者は第1回調査(2005年)時点で50~59歳の男女を全国から層化無作為抽出した。第6回調査からSCの項目内容が変更されたため,本研究では第1回(n=34,240)と第2回(n=32,285)のデータをPhase1,第6回(n=26,220)と第7回(n=25,321)のデータをPhase2として抽出した。下位要素1の構造的フォーマル指標は,6種類の活動において「町内会・自治会」および「NPO・公益法人団体」の選択された数をカウントして算出した。構造的インフォーマル指標は,「家族や友人と」および「同僚と」の選択された数をカウントして算出した。認知的指標は,社会参加活動(Phase2では地域行事,高齢者支援,その他の社会参加活動)の満足度を用いた。下位要素2の結合型指標は,6種類の活動において「家族や友人と」,「同僚と」,「町内会・自治会」の選択された数をカウントして算出した。橋渡し型指標は,「NPO・公益法人団体」の選択された数をカウントして算出した。

結果 内容的妥当性として,専門家による合議の上,SCの構成要素に基づき,抽出された項目を下位要素に分類した。その結果,中高年者縦断調査の調査票は,各下位要素をすべて測定可能な項目で構成されていた。SCを独立変数,各健康指標を従属変数とした階層線形モデルを用いて収束的妥当性を検討した。その結果,個人レベルのすべてのSC指標が主観的健康感に有意な正の影響を及ぼしていた。一方,脳卒中については,集団レベルの認知的指標と構造的フォーマル指標が有意な抑制的影響を及ぼしていた。心臓病とがんについては,個人レベルと集団レベルのどちらも有意な影響がみられなかった。信頼性の検討のために,Phase1(第1回—第2回)とPhase2(第6回—第7回)においてマルチレベル相関分析を行った結果,相関係数は0.392-0.999であった。

結論 内容的妥当性の検証の結果,中高年縦断調査を用いて指標を作成することの妥当性が確認された。階層線形モデルにより収束的妥当性が部分的に確認され,マルチレベル相関分析により集団レベルにおいて十分な再検査信頼性が確認された。

Spillover effect of Japanese long-term care insurance as an employment promotion policy for family caregivers

Fu, Rong; Noguchi, Haruko; Noguchi, Haruko; Noguchi, Haruko; Kawamura, Akira; Kawamura, Akira; Takahashi, Hideto; Takahashi, Hideto; Tamiya, Nanako; Tamiya, Nanako

Journal of Health Economics56p.103 - 1122017年12月-2017年12月 

DOIScopus

詳細

ISSN:01676296

概要:© 2017 Elsevier B.V. We evaluate a spillover effect of the Japanese public long-term care insurance (LTCI) as a policy to stimulate family caregivers’ labor force participation. Using nationally representative data from 1995 to 2013, we apply difference-in-difference propensity score matching to investigate the spillover effect in two periods: before and after the introduction of the LTCI in 2000 and before and after its major amendment in 2006. Our results show that the LTCI introduction has significant and positive spillover effects on family caregivers’ labor force participation and the effects vary by gender and age. In contrast, the LTCI amendment is found to have generally negative spillover effects on their labor force participation. We draw attention to these spillover effects, as expanding labor market supply to sustain the economy would be a priority for Japan and other rapidly aging countries in the coming decades.

書籍等出版物

就労促進策としての公的介護保険(週刊社会保障)

野口晴子(その他)

株式会社 法研 「週刊社会保障」2017年 11月-2017年 11月

詳細

その他総ページ数:2担当ページ数:26-27

【書籍の1章(第4章)】日本における行政データの活用を模索する:介護レセプトデータを中心に」 『現代経済学の潮流2017』

野口晴子、(編者:井伊雅子、原千秋、細野薫、松島斉)(分担執筆)

東洋経済新報社2017年 08月-2017年 08月

詳細

単行本(一般書)総ページ数:309担当ページ数:99-126ISBN:978-4-492-31501-9

医療資源の偏在と高齢者の生活圏

野口晴子(分担執筆)

株式会社 法研2017年 08月-2017年 08月

詳細

単行本(一般書)総ページ数:2担当ページ数:26-27

統計で見るがん患者の就労状況

野口晴子(分担執筆)

週刊社会保障2017年 06月-2017年 06月

ソーシャルネットワークと健康

野口晴子(分担執筆)

週刊社会保障 (時事評論)2017年 03月-2017年 03月

ヘルス・エコノミクスへの誘い

週刊社会保障2017年 01月-2017年 01月

詳細

総ページ数:2担当ページ数:32-33

社会厚生から考える薬価改定

野口晴子(その他)

週刊社会保障2016年 10月-2016年 10月

政策科学の地平-フィールド実験の可能性を問う-

野口晴子(分担執筆)

週刊社会保障2016年 08月-2016年 08月

詳細

単行本(学術書)担当ページ数:34-35

統計で見る訪問介護のすがた

野口晴子(共著)

週刊社会保障2016年 05月-2016年 05月

詳細

単行本(学術書)担当ページ数:32-33

2016年度診療報酬改定を振り返って

野口晴子(共著)

週刊社会保障2016年 03月-2016年 03月

詳細

単行本(学術書)担当ページ数:34-35

【書籍の一章】訪問介護事業所の経営主体による差異に関する一考察―「介護サービス施設・事業所調査」の個票を用いた定量分析結果から. 加藤久和・財務省財務総合政策研究所編『超高齢社会の介護制度―持続可能な制度・負担・地域の構築』第8章

野口晴子(分担執筆)

株式会社中央経済社2015年 12月-2015年 12月

何がエビデンスか?-「根拠」に対する合意形成の必要性ー

野口晴子(単著)

週刊社会保障2015年 12月-2015年 12月

詳細

単行本(学術書)担当ページ数:30-31

NDBの現状と課題―「科学的根拠に基づく政策」をめざしてー

野口晴子(共著)

週刊社会保障2015年 10月-2015年 10月

詳細

単行本(学術書)担当ページ数:40-41

マイナンバー制度ー私たちが真の受益者となるためにー

野口晴子(共著)

週刊社会保障2015年 07月-2015年 07月

詳細

単行本(学術書)担当ページ数:32-33

【書籍の一章】低体重出生:原因と帰結. 北村行信編『応用ミクロ計量経済学Ⅱ』第1部第1章

川口大司・野口晴子(分担執筆)

日本評論社2014年 03月-2014年 03月

「ほとんど無害」な計量経済学 : 応用経済学のための実証分析ガイド

ヨシュア・アングリスト, ヨーン・シュテファン・ピスケ著 ; 大森義明 [ほか] 訳

NTT出版2013年-2013年

LINK

詳細

ISBN:9784757122512;

新たなリスクと社会保障:生涯を通じた支援策の構築

井堀 利宏・金子 能宏・野口 晴子編(共編著)

東京大学出版会2012年 10月-2012年 10月

【書籍の一章】新生児の体重はなぜ減少しているのか. 井堀利宏・金子能宏・野口晴子編.『新たなリスクと社会保障:生涯を通じた支援策の構築』第1部第1章

川口大司・野口晴子(分担執筆)

東京大学出版会2012年 10月-2012年 10月

【書籍の一章】序章:新たなリスクを見すえた政策的エビデンス. 井堀 利宏・金子 能宏・野口晴子編『新たなリスクと社会保障:生涯を通じた支援策の構築』序章

井堀利宏・金子能宏・野口晴子(分担執筆)

東京大学出版会2012年 10月-2012年 10月

【書籍の一章】DPC導入と診療の効率化.松田晋也・伏見清秀編『診療情報による医療評価:DPCデータから見る医療の質』第8章.

野口晴子・泉田信行・堀口裕正・康永秀生(分担執筆)

東京大学出版会2012年 09月-2012年 09月

【書籍の一章】成人期の就業と健康. 西村周三監修・国立社会保障・人口問題研究所編『日本社会の生活不安』第3章

野口晴子(分担執筆)

慶應義塾大学出版会2012年 03月-2012年 03月

【書籍の一章】勤労世代のセーフティ・ネットとは. 西村周三監修・国立社会保障・人口問題研究所編『日本社会の生活不安』終章

野口晴子(分担執筆)

慶応義塾大学出版会2012年 03月-2012年 03月

日本社会の生活不安 : 自助・共助・公助の新たなかたち

国立社会保障・人口問題研究所編

国立社会保障・人口問題研究所2012年-2012年

LINK

【書籍の一章】医療需要の実証分析. 橋本英樹・泉田信行編『医療経済学』第5章.

野口晴子(分担執筆)

東京大学出版会2011年 10月-2011年 10月

【書籍の一章】両立支援と出生率−労働組合への調査から−.樋口美雄・府川哲夫編『ワークライフバランスと家族形成:少子社会を変える働き方を考える』第12章

野口晴子(分担執筆)

東京大学出版会2011年 01月-2011年 01月

【書籍の一章】終章:両立支援策への示唆ー少子社会を超えてー. 樋口美雄・府川哲夫編『ワークライフバランスと家族形成:少子社会を変える働き方を考える』終章

府川哲夫・野口晴子・樋口美雄(分担執筆)

東京大学出版会2011年 01月-2011年 01月

ワーク・ライフ・バランスと家族形成 : 少子社会を変える働き方

樋口美雄・府川哲夫編

東京大学出版会2011年-2011年

LINK

詳細

ISBN:9784130511346;

情報化がもたらす医療の将来:第3回ナショナルデータベース、社会保障カード、市民・患者からみた情報化(対談・エッセイ)

野口晴子(共著)

月間基金2010年 01月-2010年 01月

詳細

担当ページ数:14-19

【書籍の一章】女性の就労支援と児童福祉. 宮島洋・西村周三・京極高宣編『社会保障と経済 1-企業と労働』、第8章

野口晴子(分担執筆)

東京大学出版会2009年 12月-2009年 12月

高齢者が暮らしやすい生活空間とは

野口晴子(共著)

経済セミナー2009年 07月-2009年 07月

詳細

単行本(学術書)担当ページ数:40-47

【書籍の一章】医療経済学から見る子どもの「健康」とは:日本の母子健康政策の主軸である「健やか親子21」に対する理論的・実証的検証. 与那覇恵子・林文編『多角的にみた家族:社会・文化・福祉』pp.113-146

野口晴子(分担執筆)

鼎書房2008年 05月-2008年 05月

【a chapter of book】 The Quality of Health Care : A the United States – Japan Comparison of Treatment and Outcomes for Heart Attack Patients. ed by David A. Wise and Naohiro Yashiro, "Health Care Issues in the United States and Japan" Chapter 7: pp.165-193.

Haruko Noguchi, Yuichiro Masuda, Masafumi Kuzuya,Akihiko Iguchi, Jeffery Geppert, Mark McClellan(分担執筆)

The University of Michigan Press, Ann Arbor2006年 11月-2006年 11月

LINK

【a chapter of textbook】 The foreign-born labor and education : Foreign-born workers in U.S. Economy. ed. by Yuko Takeshita, Seiji Yamaoka, Sippel, Taku Suzuki, “The Bridge of English Language Across the World : The International & Multicultural Perspectices Book 2” Chapter 12: pp. 68-74.

Haruko Noguchi(分担執筆)

松柏社2006年 11月-2006年 11月

【書籍の一章】アメリカで働くということ:「多様性」というビジョンのなかで「マイノリティ」として生きる. 竹下裕子、石川卓編『叢書・〈知〉の森6-多文化と自文化:国際コミュニケーションの時代』第Ⅲ部第2章.

野口晴子(分担執筆)

森話社2005年 09月-2005年 09月

介護・保育サービス市場の経済分析 : ミクロデータによる実態解明と政策提言

清水谷諭・野口晴子(共著)

東洋経済新報社2004年 06月-2004年 06月

LINK

詳細

ISBN:4492313419

【書籍の一章】 医療サービスの「質」の計測と評価プロセスに関する一考察:急性心筋梗塞を事例とした日米比較研究. 鴇田忠彦・近藤健文編『ヘルスリサーチの新展開:保険・医療の質と効率の向上を求めて』第2部第6章

野口晴子・益田雄一郎(分担執筆)

東洋経済新報社2003年 11月-2003年 11月

医療経済学における統計学の役割

野口晴子(共著)

経済セミナー2003年 11月-2003年 11月

詳細

単行本(学術書)担当ページ数:28-33

【書籍の一章】公共経済学の視点から考える教育空間のバリア・フリー化. 東洋英和女学院大学・連携授業プロジェクト編『連携授業プロジェクト:共生を多角的に考える』63-72.

野口晴子(分担執筆)

風日社2003年 03月-2003年 03月

【a chapter of book】 Acute Myocardial Infarction Treatment in Japan- the Seven Hospital Pilot Study. ed. by Mark B McCellan and Kessler D. “Technological Change in Health Care: A Global Analysis of Heart Attack”. Chapter 8: pp. 156-183

Aki Yoshikawa, Haruko Noguchi, Saburo Ide,Akihiro Koike, Toru Maruyama, Naoto Uemura, Akinori Urae, Tsuruhiko Nambu

The University of Michigan Press, Ann Arbor2003年 01月-2003年 01月

【書籍の一章】経済学からみた高齢者医療. 井口昭久編『これからの老年学:サイエンスから介護まで(第一版)』第6部第2章:pp. 316-321.

野口晴子

名古屋大学出版会2000年 05月-2000年 05月

講演・口頭発表等

Patient Cost-sharing and Health Care Utilization among Children

Hitoshi Shigeoka(サイモンフレーザー大学経済学部助教授)

現代政治経済研究所セミナー((共催)Wish 研究所、現代政治経済研究所)招待有り2017年11月29日

詳細

セミナー開催地:早稲田大学

グローバルな連携から世界トップレベルと肩を並べる人材育成のために(シンポジスト)

野口晴子

高度データ関連人材育成プログラムキックオフシンポジウム(高度データ関連人材育成コンソーシアム)招待有り2017年11月27日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

低体重出生-原因と帰結-

野口 晴子

日本学術会議主催学術フォーラム(日本学術会議事務局)招待有り2017年10月22日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:日本学術会議講堂

Japan's Challenge to Aging : Demographic Trend, Health Determinants, and Public Polities

Haruko Noguchi

Mirai Project(スウェーデン・ルンド大学他大共同)招待有り2017年10月17日

詳細

国際会議口頭発表(基調)開催地:Sweden

Does Marriage Make Us Healtier?-Evidence from Japanese Elderly-

Rong FU, (co-author : Haruko Noguchi, Koichi Suga)

Mirai Project(Lund Univ.and Waseda Univ.)2017年10月16日

詳細

ポスター発表

The duration difference of exercise or sports activities by presence of others among middle-aged adults in Japan

Monma T, Takeda F, Noguchi H, Takahashi H, Tamiya N

The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT)2017年09月27日

詳細

国際会議ポスター発表開催地:茨城県(つくば市)

Boundary phase of healthy life expectancy by municipality and its related factors in Japan

Jin X, Tamiya N, Jeon B, Kawamura A, Takahashi H, Noguchi H

The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT)2017年09月27日

詳細

開催地:茨城県つくば市

Boundary phase of healthy life expectancy by municipality and its related factors in Japan

Watanabe T , Tamiya N, Kawamura A, Takahashi H, Noguchi H

The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT)2017年09月27日

詳細

ポスター発表

Sampling design of register-based long-term care insurance datasets

Jeon B, Nanako T, Takahashi H, Jin X, Noguchi H

The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba(CGAT)2017年09月27日

詳細

ポスター発表

The Impact of non-monetary economy in India-Turning urban wastage into a rural resource

Anshu Gupta

Social Innovation Seminar(早稲田大学ソーシャル&ヒューマン・キャピタル研究所(重点領域研究にて招聘))招待有り2017年09月07日

詳細

国内会議セミナー開催地:早稲田大学9号館558室

医療経済研究の「これから」-今後有望な研究テーマ-

野口 晴子

医療経済学会 第12回研究大会 招待有り2017年09月02日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

所得が高齢者の医療費・介護費に与える影響

今堀まゆみ・野口晴子・泉田信行

第12回医療経済学会研究大会2017年09月02日

詳細

国内会議口頭発表(一般)

What determines surgeons' efficiency in the operation rooms?-Surgical panel data analysis of a Japanease large-scale hospital-

Yuichi Watanabe, Haruko Noguchi

第12回医療経済学会研究大会2017年09月02日

詳細

国内会議口頭発表(一般)

Does Income Affect Medical And Nursing Care Expenditure For Elderly?-Evidence From Health Care Systems in Japan

Mayumi Imahori (co-author: Haruko Noguchi)

iHEA 2017, income/inequality(U.S.A)2017年07月11日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Boston

Moral Hazard in The Long-Term Care Market : Evidence From Japanese Claims Data

Rong Fu, ( co-author: Haruko Noguchi)

iHEA Long Term Care, Informal Care, Costs2017年07月10日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Boston

What Determines Surgeons' Efficiency in The Operating Rooms?-Surgical Panel Data Analysis OF A Japanese Large-Scale Hospital

Yuichi Watanabe(co-authors : Haruko Noguchi, Yoshinori Nakata)

iHEA 2017, Topics in Health Care Supply 22017年07月10日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Boston

Do Preventive Long-Term Care Service Reduce Future Expenditures? : A Case Study Of Public Long-Term Care Insurance System In Japan

Akira Kawamura (co-authors : Haruko Noguchi, Rong Fu)

12th World Congress in Health Economics Revolutions in the Economics of Health Systems iHEA 2017 Boston2017年07月10日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:BOSTON

Pay-For-Performance And Selective Referral In Long-Term Care

Shinya Sugawara( co-authors : Toshiaki Iizuka, Haruko Noguchi)

12th World Congress in Health Economics Revolutions in the Economics of Health Systems2017年07月10日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:BOSTON

A health system research: comparison of formal and informal time of long-term care for the frail elderly in Japanese community

Sato M, Tamiya N, Ito T, Tsutsumi M, Takahashi H, Noguchi

The 8th Annual Conference of Japan Primary Care Association, Takamatsu,2017年05月13日

詳細

口頭発表(一般)開催地:香川県(高松市)

Spillover Effect of Japanese Long-Term Care Insurance as an Employment Promotion Policy for Caregivers

野口晴子(Authors : Rong FU, Haruko NOGUCHI, Akira KAWAMURA, Hideto TAKAHASHI, Nanako TAMIYA)

コロンビア大学日本経済経営研究所 Japan Economic Seminar(伊藤隆敏教授)招待有り2017年02月10日

詳細

口頭発表(招待・特別)開催地:ニューヨーク市

医療(健康)経済学から日本の医療を考える~応用計量経済学の視点からのアプローチ~

野口晴子

日本医師会(日本医師会)招待有り2016年12月

詳細

国内会議セミナー

Factors Asscocciated to Self-Perceived Discrimination Among Community-Dwelling Older Adults in Chile

Felipe Sandoval Garrido, Nanako Tamiya, Haruko Noguchi,

The 2016 Gerontological Society of America (GSA), New Orleans, U.S.A.2016年11月16日

詳細

国際会議ポスター発表開催地:NEW ORLEANS

日本の医療における価格政策(診療報酬点数制度)と医療供給体制について

野口晴子

復旦大学日本研究センター第26回年次国際シンポジウム「日本の社会保障制度及び関連産業の発展」(復旦大学)招待有り2016年11月05日

詳細

国際会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:上海

全国介護給付費実態調査を用いた訪問診療を3か月以上継続できる要員の研究

植嶋大晃・高橋秀人・川村顕・松本吉央・野口晴子・森山葉子・田宮菜奈子

第75回日本公衆衛生学会、京都大会2016年10月28日

レセプトデータを用いた在宅期間の指標化―観察期間による打ち切りに関する検討―

高橋秀人・植嶋大晃・田宮菜奈子・川村顕・野口晴子・松本吉央

第75回日本公衆衛生学会、京都大会2016年10月28日

介護予防給付の介護費用における効果―全国介護レセプトを用いて

川村顕・田宮菜奈子・泉田信行・高橋秀人・野口晴子

第75回日本公衆衛生学会、京都大会2016年10月28日

詳細

国内会議

病院死亡高齢者の入院期間の時系列推移の検討

泉田信行・田宮菜奈子・川村顕・野口晴子

第75回日本公衆衛生学会、京都大会2016年10月28日

詳細

国内会議

高齢者の活動制限に関連する要員―健康寿命の長い地域と短い地域の相違

門間貴史・武田文・野口晴子・高橋秀人・田宮菜奈子

第75回日本公衆衛生学会、京都大会2016年10月28日

重度要介護認定者の在宅期間の指標化に向けた全国介護レセプトデータによる予備的検討

植嶋大晃・高橋秀人・川村顕・松本吉央・野口晴子・森山葉子・田宮菜奈子

第75回日本公衆衛生学会2016年10月28日

詳細

国内会議口頭発表(一般)

2006年介護保険制度改正の費用に対する影響について:介護レセによる定量的検証

野口晴子

第75回日本公衆衛生学会総会(大阪大学大学院医学系研究科公衆衛生学 磯 博康教授)2016年10月27日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:大阪

Facility factors associated with care level deterioration in mursing homes

JIN, Xueying, Nanako TAMIIYA, Boyoung JEON, Akira KAWAMURA, Felipe SANDOVAL, Hideto TAKAHASHI, Haruko NOGUCHI,

the 75th Japanese Society of Public Health(Kyoto)2016年10月27日

詳細

国内会議ポスター発表

全国介護給付費実態調査を用いた訪問診療を3か月以上継続できる要員の研究

阿部計大・小林廉毅・川村顕・野口晴子・高橋秀人・田宮菜奈子

第75回日本公衆衛生学会、京都大会2016年10月27日

詳細

国内会議口頭発表(一般)

脳血管障害による重度要介護者における在宅療養の特徴―国民生活基礎調査データより

伊藤智子・田宮菜奈子・野口晴子・高橋秀人

第75回日本公衆衛生学会、京都大会2016年10月27日

失われた20年」における職業別男性死亡率とその格差の拡大:1975-2010年の変遷

田中宏和・豊川智之・田宮菜奈子・高橋秀人・野口晴子・小林廉毅

第75回日本公衆衛生学会、京都大会2016年10月26日

介護報酬レセプトを用いた在宅介護サービスによるフォーマルケア時間の推計

佐藤幹也・田宮菜奈子・堤円香・伊藤智子・高橋秀人・野口晴子

第75回日本公衆衛生学会、京都大会2016年10月26日

詳細

国内会議

家族内介護者の冠動脈疾患発症リスク

宮脇敦士・冨尾淳・小林廉毅・高橋秀人・野口晴子・田宮菜奈子

第75回日本公衆衛生学会、京都大会2016年10月26日

高齢者の活動制限に関連する要因―健康寿命の長い地域と短い地域の相違

門間貴史、武田文、野口晴子、高橋秀人、田宮菜奈子

第75回日本公衆衛生学会総会2016年10月26日

詳細

国内会議開催地:大阪

重度介護認定者の在宅期間の指標化に向けた全国介護レセプトデータによる予備的検討

植嶋大晃、伊藤智子、川村顕、松本吉央、野口晴子、森山葉子、田宮菜奈子

第75回日本公衆衛生学会総会2016年10月26日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:大阪

地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ:「戦略研究」の研究成果と社会実装

田宮菜奈子、高橋秀人、野口晴子、石崎達郎、谷原真一、杉山雄大

第75回日本公衆衛生学会総会2016年10月26日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:大阪

基金事業における都道府県の事業選択

野口晴子

日本財政学会 第73回大会(京都産業大学 菅原宏太教授)2016年10月23日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:京都産業大学

介護予防サービス利用は要介護状態移行後の介護支出を軽減するか?-全国介護レセプトデータを用いた検証ー

川村顕・野口晴子

日本財政学会 第73回大会(京都産業大学菅原宏太教授)2016年10月22日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:京都産業大学

Predictors for Long-term Care Cost among Cerebrovascular Disease Patients at Home

41. Ito T, Tamiya N, Noguchi H, Takahashi H, Ichikawa E, Matsumura A

The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT)2016年09月19日

詳細

口頭発表(一般)開催地:茨城県つくば市

Resident- and Facilitiy-level characteristics associated with care level deterioration in Long term care health facility for the elderly in Japan

Jin X, Tamiya N, Jeon B, Kawamura A, Takahashi H, Noguchi H

The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT)2016年09月19日

詳細

口頭発表(一般)開催地:茨城県つくば市

The Relationship Between Types of Daily Living Assistance for Elderly and Long Hours of Informal Care

Ueshima H, Tamiya N, Takahashi H, Noguchi H

The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT)2016年09月19日

詳細

口頭発表(一般)開催地:茨城県つくば市

日本における行政データの活用を模索する‐介護レセプトデータを中心に‐

野口晴子

日本経済学会2016秋季大会(船木由喜彦教授)招待有り2016年09月10日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:早稲田大学

Effects of Pay-for-Performance on the Quality of Long term Care in Japan

菅原慎矢・飯塚敏晃・野口晴子

医療経済学会第11回研究大会2016年09月03日

詳細

国内会議口頭発表(一般)

Spillover Effect of Japanese Long-Term Care Insurance as an Employment Promotion Policy for Caregivers

Rong Fu, Haruko Noguchi, Akira Kawamura, Hideto Takahashi, Nanako Tamiya

医療経済学会第11回研究大会2016年09月03日

詳細

国内会議口頭発表(一般)

介護予防サービス利用は要介護状態移行後の介護支出を軽減するか?-全国介護レセプトデータを用いた検証

川村顕・野口晴子・富蓉・泉田信行

医療経済学会第11回研究大会2016年09月03日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:早稲田大学

介護予防サービス利用は要介護状態移行後の介護支出を軽減するか?-全国介護レセプトデータを用いた検証死亡前の医療サービスの利用パターンの分析

今堀まゆみ・泉田信行・野口晴子

医療経済学会第11回研究大会2016年09月03日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:早稲田大学

Disability, Poverty, and Role of the Basic Livelihood Security System on Health Services Utilization among the Elderly in South Korea

Boyoung JEON, Haruko Noguchi, Soonman Kwon, Tomoko Ito, Nanako Tamiya

医療経済学会第11回研究大会2016年09月03日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:早稲田大学

レセプトデータを用いた乳幼児医療費助成対象者拡大効果の分析

泉田信行・野口晴子

医療経済学会第11回研究大会2016年09月03日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:早稲田大学

Use of rehabilitation care services and the reduction of long-term care spending using Japanese national long term care insurance claim data

Felipe Sandoval・野口晴子・川村顕・田宮菜奈子

医療経済学会第11回研究大会2016年09月03日

詳細

国内会議開催地:早稲田大学

Disability, Poverty, and Role of the Basic Livelihood Security System on Health Services Utilization among the Elderly in South Korea

Jeon B, Noguchi H, Kwon S, Ito T, Tamiya N

医療経済学会第 11 回研究大会2016年09月03日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京(早稲田大学)

Use of rehabilitation care services and the reduction of long-term care spending using Japanese national long term care insurance claim data

Sandoval F, Noguchi H, Kawamura A, Tamiya N

医療経済学会第 11 回研究大会2016年09月03日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京(早稲田大学)

全国介護給付費実態調査を用いた訪問診療と併用される介護サービスの記述研究

阿部計大、小林康毅、川村顕、野口晴子、高橋秀人、田宮菜奈子

第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会(山田 隆司(台東区立台東病院 管理者))2016年06月11日

詳細

開催地:東京

Depression among Older Caregivers Living in Households Affected by HIV in a Rural District of South Africa

Felipe Sandoval, Nanako Tamiya, Haruko Noguch

第30回 日本国際保健医療学会学術大会(ポスター発表)(Kazuko KIMURA, PhD Prof. of Kanazawa Univ.)2015年11月21日

詳細

国内会議ポスター発表開催地:石川県金沢市

全国介護保険レセプトを用いた介護老人福祉施設における看取りの現状の検討

泉田信行・田宮菜奈子・森山葉子・野口晴子

第74回日本公衆衛生学会(長崎)(青柳 清 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科公衆衛生分野教授)2015年11月06日

詳細

国内会議

家族介護が女性の就労に与える影響

渡邊多永子・田宮菜奈子・山岡祐衣・森山葉子・野口晴子・中村文明・豊川智之・小林廉毅

第74回日本公衆衛生学会(長崎)(青柳 潔教授(長崎大学))2015年11月05日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:長崎県

在宅高齢者の短期入所(ショートステイ)利用有無と特別養護老人ホーム入所との関連

森山葉子・田宮菜奈子・川村顕・山岡祐衣・野口晴子

第74回日本公衆衛生学会(長崎)(日本公衆衛生学会(長崎))2015年11月04日

詳細

国内会議口頭発表(一般)

やまい・疾病とこころの病気のリスク

佐藤幹也・田宮菜奈子・森山葉子・野口晴子

第74回日本公衆衛生学会(長崎)(青柳 潔教授 (長崎大学))2015年11月04日

詳細

国内会議口頭発表(一般)

障害を持つ子どもを育てるということ―母親の精神的健康と就労機会との関連

山岡祐衣・田宮菜奈子・森山葉子・野口晴子

第74回日本公衆衛生学会(長崎)(青柳 潔教授(長崎大学))2015年11月04日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:長崎県

症状・悩み・受療疾患とこころの不調のリスク

佐藤幹也・田宮菜奈子・森山葉子・野口晴子

第74回日本公衆衛生学会学術総会(青柳 潔教授(長崎大学))2015年11月04日

The Elderly and Child Care: The Relation between Informal Care Provision and Major Depressive Disorder among Rural Elderly People in South Africa 

Felipe Sandoval, Nanako Tamiya, Haruko Noguchi

第5回日独国際会議 (口演英語) (筑波大学)2015年10月23日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:東京

How does employment affect old persons’ health status in Japan

Haruko Noguchi

International Association of Gerontology and Geriatrics(IAGG)(International Association of Gerontology and Geriatrics(IAGG))2015年10月21日

詳細

国際会議口頭発表(一般)

The Relationship of Care and Depressive Symptoms on Older People in South Africa

Felipe Sandoval, Nanako Tamiya, Haruko Noguchi

第3回CGAT国際会議 (ポスター発表) 2015年09月30日

詳細

国内会議ポスター発表開催地:茨城県つくば市

Depression among Older Caregivers Living Households Affected by HIV in a Rural District of South Africa

Felipe Sandoval, Nanako Tamiya, Haruko Noguchi

第3回CGAT国際会議2015年09月30日

詳細

開催地:つくば市

医療経済から日本の医療を考える

野口晴子

第11回日本病院総合診療医学会学術総会招待有り2015年09月04日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:奈良県立医科大学

Does marriage make us healthier? Inter-country Comparable Evidence from China, Japan, and Korea

Rong Fu, Haruko Noguchi

International Health Economics Association(International Health Economics Association)2015年07月15日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Milan

Does preventive long-term care works? : An evidence from micro-based data in a small city in japan

Mayumi Imahori, Nobuyuki Izumida, Yumika Shirase, Haruko Noguchi

International Health Economics Association(International Health Economics Association)2015年07月14日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Milan

New Challenges of Health Care Beyond Universal System From Japanese Experience

Haruko Noguchi (Session Organizer)

International Health Economics Association(International Health Economics Association)2015年07月14日

詳細

国際会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:Milan

Mental health of caregivers with disabled children and related characteristics: based on the nation-wide survey 

Yui Yamaoka, Nanako Tamiya, Haruko Noguchi 

第5回日本疫学会学術総会2015年01月23日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:愛知県名古屋市

震災前後における東北地方の居宅介護サービス利用者の要介護度重度化等の実態

泉田信行・田宮菜奈子・野口晴子

第73回日本公衆衛生学会総会 (武藤 孝司(独協医科大学公衆衛生学講座 教授))2014年11月07日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:栃木県宇都宮市

被介護者の要介護度と同居主介護者の健診受診率との関連 

杉山雄大・田宮菜奈子・涌井智子・柴山大賀・森山葉子・山岡祐衣・野口晴子

第73回日本公衆衛生学会総会 (武藤 孝司教授 (独協医科大学公衆衛生学口座))2014年11月07日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:栃木県宇都宮市

高齢者の慢性腰痛における代替医療の現状

阿部智一・森山葉子・田宮菜奈子・野口晴子

第73回日本公衆衛生学会総会(武藤 孝司教授(独協医科大学))2014年11月07日

詳細

開催地:栃木県宇都宮市

地方自治体による政策の肺炎球菌ワクチン接種率に与える効果に関する実証的研究

杉山洋子・野口晴子

第73回日本公衆衛生学会総会 (武藤 孝司教授(独協医科大学))2014年11月07日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:栃木県宇都宮市

介護老人福祉施設における軽度要介護者の入所中止政策に向けてー性別にみた実態把握

田宮菜奈子・高橋秀人・麻生英樹・柏木聖代・佐藤幹也・泉田信行・森山葉子・松本吉央・野口晴子

第73回日本公衆衛生学会総会 (武藤 孝司教授(独協医科大学) )2014年11月05日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:栃木県宇都宮市

わが国の一人あたり介護サービス利用点 数-全国「介護給付費調査」の個票データより-

高橋秀人・田宮菜奈子・麻生英樹・森山葉子・泉田信行・野口晴子・柏木聖代・佐藤幹也・松本吉央・馬恩博

第73回日本公衆衛生学会総会 (武藤 孝司教授(独協医科大学))2014年11月05日

詳細

開催地:栃木県宇都宮市

通所介護の介護報酬に係る政策と在宅介護サービス利用状況との関連について 

佐藤幹也・田宮菜奈子・麻生英樹・柏木聖代・泉田信行・森山葉子・高橋秀人・松本吉央・野口晴子

第73回日本公衆衛生学会総会(武藤 孝司教授(独協医科大学))2014年11月05日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:栃木県宇都宮市

支給限度額の範囲内での訪問看護の利用実態:全国介護レセプトによる分析から

柏木聖代・田宮菜奈子・野口晴子

第73回日本公衆衛生学会総会 (武藤 孝司教授(独協医科大学))2014年11月05日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:栃木県宇都宮市

Age and Gender Differences in Relationships Among Sociodemographics, Disease, Psychosocial Stressors, and Mental Health in Older Japanese Adults

Takefumi Monma, Fumi Takeda, Nanako Tamiya, Haruko Noguchi

2014年07月16日

詳細

口頭発表(一般)

Descriptive analysis of service use covered by long-term care insurance in Japan- based on population- based claims data

Tamiya, Nanako, Masayo Kashiwagi, Hideto Tkahashi, Haruko Noguchi

BMC Health Services Research: Evidence-based practice, King's College, London UK2014年07月01日

詳細

開催地:横浜

Japan’s response to ageing: Challenges in socializing informal care with a tradition of family care

Haruko Noguchi

The 1st International Workshop on Aging in Africa: Perspective and Promotion from Public Health and Ethnology”2014年03月06日

詳細

口頭発表(一般)開催地:Kwale

震災が介護サービス利用・要介護度の推移等に与えた影響

泉田信行・野口晴子・田宮菜奈子

The 1st CGAT International Conference2014年01月24日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:茨城県つくば市筑波大学

The Impact of Health Problems on Income of Elderly in Japan

Junya HAMAAKI, Haruko NOGUCHI

9th World Congress on Health Economics, Sydney Australia2013年07月08日

詳細

口頭発表(一般)

居宅介護支援事業所の開設法人とケアプランのサービス種類数・総単位数との関連.

柏木聖代・田宮菜奈子・高橋秀人・菊池潤・佐藤幹也・伊藤智子・野口晴子

第71回日本公衆衛生学会総会(原田規章教授(山口大学))2012年10月26日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:山口

医療・介護資源の空間的偏在と 地域住民のインセンティブ

野口晴子

国立社会保障・人口問題研究所 第17回厚生政策セミナー2012年10月22日

詳細

口頭発表(一般)開催地:東京

Empirical evaluation of the impact of long-term care insurance in Japan

Haruko Noguchi

2012年09月03日

詳細

口頭発表(一般)開催地:Taipei

機能訓練事業利用者と介護保険サービスとの関係

松田智行・田宮菜奈子・柏木聖代・加藤剛平・野口晴子.

第47回日本理学療法学術大会2012年08月27日

詳細

開催地:神戸

Does Retirement Affect Health Behavior? Evidence from Longitudinal Data in Japan

Moe KONISHI, Haruko NOGUCHI

2012年度日本経済学会春季大会,北海道大学、北海道2012年06月24日

詳細

口頭発表(一般)

日本における健康余命の実態と中高齢者の就労に対する影響に関する分析

泉田信行・野口晴子・菊池潤・田宮菜奈子

2012年度日本人口学会、東京大学駒場キャンパス、東京2012年06月03日

詳細

口頭発表(一般)

中高齢者の健康と就労

濱秋純哉・野口晴子

2011年度日本経済学会秋季大会,筑波大学、茨城2011年10月30日

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Does cost sharing strategy affect child health care use?;A debate on Japan’s municipality-based program;

西晃弘・野口晴子・泉田信行

日本財政学会、成城大学、東京2011年10月23日

詳細

口頭発表(一般)

Relation of Allocation of Medical Resources and Demand for Health Care in Japan

Haruko NOGUCHI, Nobuyuki IZUMIDA

日本財政学会、成城大学、東京2011年10月22日

詳細

口頭発表(一般)

介護保険制度導入前後におけるサービス利用の推移―IADL自立者に着目して

松田智行・田宮菜奈子・柏木聖代・加藤剛平・野口晴子

第70回日本公衆衛生学会総会(本橋 豊教授(秋田大学))2011年10月21日

詳細

開催地:秋田市

Geographical Mobility of Patients by Types of Health Care Institutions and Implication on Medical Zoning Policy

Haruko Noguchi

医療経済学会、法政大学、東京2011年09月18日

詳細

口頭発表(一般)

Health Effects on Labor Participation by the Elderly

Junya Hamaaki, Haruko Noguchi

The 8th International Health Economics Association2011年07月13日

詳細

口頭発表(一般)

Explaining Japan’s paradox: Best health indices and low costs

Hideki Hashimoto (co-lead author), Naoki Ikegami(co-lead author), Kenji Shibuya, Nobuyuki Izumida, Haruko Noguchi, Hideo Yasunaga, Hiroaki Miyata, Jose M Acuin, and Michael R Reich.

2011年07月11日

詳細

口頭発表(一般)

Japan’s response to ageing: Challenges in socializing informal care with a tradition of family care

Haruko Noguchi

Symposium on Evolving Asian Society and Establishing Sustainable Social Security Net, Joint Program between Economic Research Institute for ASEAN, Harvard University, Asia Vision 21 and Central Institute Economic Management, Hanoi, Viet Nam招待有り2010年10月26日

詳細

口頭発表(一般)開催地:Hanoi

「家庭と仕事の両立支援策」の出生率と出生後の就業に与える影響について:2007年における労働組合を対象とした調査の結果から

野口晴子

労働経済学コンファレンス、東京国際フォーラム2009年11月14日

詳細

口頭発表(一般)開催地:東京

静岡県X市における患者の受診行動と医療費に与える影響について〜過去4年間における国民健康保険レセプトデータに基づく実証分析〜

野口晴子

日本財政学会、明治学院大学、東京2009年10月18日

詳細

口頭発表(一般)開催地:明治学院大学

Does Health Status Matter to People’s Retirement Decision in Japan?: An Evaluation of Justification Hypothesis and Measurement Errors Using a Unique Micro-Based Data in Japan

濱秋純哉・野口晴子

2009 Fall Meeting of Japan Economic Association2009年10月10日

詳細

口頭発表(一般)

Demand, Social Costs and Accessibility, for Medical Care and Long-Term Care in Aging Society

Haruko Noguchi (Session Organizer)

The 7th World Congress of International Health Economics Association (IHEA)2009年07月13日

詳細

シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)開催地:Beijing

Does Health Status Matter to People’s Retirement Decision in Japan?: An Evaluation of Justification Hypothesis and Measurement Errors Using a Unique Micro-Based Data in Japan

Junya Hamaaki, Haruko Noguchi

The 7th World Congress of International Health Economics Association (IHEA)2009年07月13日

詳細

口頭発表(一般)開催地:Beijing

医療資源の偏在が北海道中頓別町における患者の受診行動と医療費に与える影響について:過去5年間における国民健康保険レセプトデータに基づく実証分析

野口晴子

「大規模個票データを使った医療データの分析・統計分析手法」に関するシンポジウム」、東京大学山上会館、東京2009年03月04日

詳細

口頭発表(一般)

医療資源の偏在が北海道中頓別町における患者の受診行動と医療費に与える影響について:過去5年間における国民健康保険レセプトデータに基づく実証分析

野口晴子

日本財政学会2008年10月25日

詳細

口頭発表(一般)開催地:京都大学、京都

Impacts of the Revision of National Long-Term Care Insurance System in April of 2006 on the Aged and Caregivers

2nd Biennial Conference of the American Society of Health Economists2008年06月28日

詳細

口頭発表(一般)開催地:Duke University

保育者と身体性III:共振と共感の関連性から

西洋子・服部元史・野口晴子・吉川京子

じんもんこん(人文科学とコンピュータシンポジウム)2007年12月16日

詳細

口頭発表(一般)開催地:同志社大学、京都

The impact of home-modification service on the functional prognosis and formal care use under the Japanese Long-term Care Insurance System

Hideki Hashimoto, Haruko Noguchi, Eiji Yano

The 6th World Congress of International Health Economics Association (IHEA)2007年07月08日

詳細

口頭発表(一般)開催地:Copenhagen

Impacts of the Revision of National Long-Term Care Insurance System in April of 2006 on the Aged and Caregivers

Haruko Noguchi, Yuko Ueno, Shigeru Sugihara, Isao Igarashi, Koichi Kawabuchi

Tokyo Meeting for ESRI International Collaboration Projects 20062007年03月07日

詳細

口頭発表(一般)開催地:Economic and Social Research Institute, Cabinet of Japan, Tokyo

Asymmetric Information and Heterogeneous Preferences in a Health Care Market

Shigeru Sugihara, Isao Igarashi, Tomoyuki Takura, Haruko Noguchi, Yuko Ueno, Koichi Kawabuchi

Tokyo Meeting for ESRI International Collaboration Projects 20062007年03月07日

詳細

開催地:Economic and Social Research Institute, Cabinet of Japan, Tokyo.

「インクルーシブな舞踊教育における複合的な感性情報の活用」

西洋子・服部元史・野口晴子・吉川京子

日本保育学会第60回大会2006年12月16日

詳細

口頭発表(一般)開催地:十文字学園女子短期大学、埼玉

データから見るわが国の高齢者像の実態

市村英彦・清水谷諭・野口晴子

RIETI政策シンポジウム日本の年金制度改革:16年度改正の評価と新たな改革の方向性、セッション4:「年金制度が及ぼす雇用への影響と高齢者の実像」2005年12月15日

詳細

口頭発表(一般)開催地:経団連会館、東京

沖縄県における保育サービスの費用関数の推計

清水谷諭・野口晴子

日本経済学会2004年度春季大会2004年06月13日

詳細

口頭発表(一般)開催地:明治学院大学、東京

医療の質の計測に関する一考察:急性心筋梗塞(Acute Myocardial Infarction: AMI)を事例として

野口晴子

第68回日本循環器学会総会、ラウンドテーブルディスカッション「今後の保険診療の問題点と対策」招待有り2004年03月27日

詳細

口頭発表(一般)開催地:東京

長時間介護はなぜ解消しないのか?:要介護者世帯への介護サービス利用調査による検証−

清水谷諭・野口晴子

医療経済学研究会議2003年12月19日

詳細

口頭発表(一般)開催地:京都

Quality of Child Care in Japan: Evidence from Micro-level Data

Satoshi Shimizutani, Haruko Noguchi.

2003 Fall Meeting of Japan Economic Association2003年10月13日

詳細

口頭発表(一般)開催地:Meiji University, Tokyo

Wage Determinants and Age Profiles in the Japanese Child Care Industry: Evidence from Employee-level Data

Haruko Noguchi , Satoshi Shimizutani, Wataru Suzuki

2003 Fall Meeting of Japan Economic Association2003年10月13日

詳細

口頭発表(一般)開催地:Meiji University, Tokyo

The Quality of Health Care: a the United-States-Japan Comparison of Treatment and Outcomes for Heart Attack Patients

Haruko Noguchi, Yuichiro Masuda, Masafumi Kuzuya,Akihiko Iguchi, Jeffery Geppert, Mark McClellan

National Bureau of Economic Research-Japan Center for Economic Research Conference2003年05月11日

詳細

口頭発表(一般)開催地:Nikko

Part I: Are Non-profit Earnings Differentials Observed in Japan?: Evidence from Micro-Level Data in Japanese Nursing Homes; Part II: Quality Differential in For-Profit versus Nonprofit Long-Term Care: Evidence from Micro-Level Data

Satoshi Shimizutani, Haruko Noguchi.

Health Economics Conference2002年12月13日

詳細

口頭発表(一般)開催地:Kyoto

医療施設の「治療の質」に関する日米比較研究:急性心筋梗塞患者に対する治療および治療成績を一例とした実証的研究

野口晴子

「第9回ファイザーヘルスリサーチフォーラム:変革期の保険・医療・福祉を考える−発展への示唆−」招待有り2002年11月09日

詳細

口頭発表(一般)開催地:東京

The impact of increased coronary stent use on treatment trajectory and outcomes

Haruko Noguchi

Outcomes Research/Health Service Research section of ISIM meeting2002年05月28日

詳細

口頭発表(一般)開催地:Kyoto

Economic status of older women in Japan

Haruko Noguchi

NGO World Forum on Ageing-Second World General Assembly of the United Nations, Parque Ferial Juan Carlos I Feria de Madrid (IFEMA).2002年04月08日

詳細

口頭発表(一般)開催地:Madrid

身体表現における‘共振する身体’へのプロセスII

西洋子・野口晴子・柴眞理子

平成13年度/秋季第52回舞踏大会2001年12月08日

詳細

口頭発表(一般)開催地:学習院女子大学、東京

Effects of Renal Insufficiency on Treatment and Survival after Myocardial Infarction in the Elderly

Michael G. Shlipak, Paul A. Heidenreich, Haruko Noguchi, Warren S. Browner, Mark B. McClellan

2000年11月11日

詳細

口頭発表(一般)開催地:New Orleans, LA.

Integrating Randomized and Observational Evidence on Medical Treatment Effects

Jeffery Geppert, Haruko Noguchi, Mark McClellan

The 58th Annual Meeting of Japan Society of Public Health1999年10月12日

詳細

口頭発表(一般)開催地:Beppu, Ooita

Integrating Randomized and Observational Evidence on Medical Teatment Effect

Jeffery Geppert, Haruko Noguchi, Mark McClellan

The Annual Meeting of the American Economic Association1999年01月03日

詳細

口頭発表(一般)開催地:New York, NY

Validity and Interpretation of Treatment Effect Estimates Using Observational Data: Treatment of Heart Attacks in the Elderly

Mark McClellan and Haruko Noguchi

The 1997 International Conference on Health Policy Research sponsored by the Health Policy Statistics Section of the American Statistical Association1997年12月07日

詳細

口頭発表(一般)開催地:Crystal City, VA

Efficiency and Costs in Hospitals in Japan: A Stochastic Frontier Approach

1997年01月07日

詳細

口頭発表(一般)開催地:New Orleans, LA

U.S. - Japan Collaborative Effort: Study of Long-Term Care Data Comparability

Charlotte Muller, Mariann Fahs, Haruko Noguchi,Jianjin Ling

Gerontological Health Section, American Public Health Association1996年11月10日

詳細

口頭発表(一般)開催地:New York, NY

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:循環器

費用対効果分析の観点からの労働精算性及びマクロ経済に対する効果に関する実証分析

2017年04月-2019年03月

配分額:¥9100000

研究種別:

子どもの人的資本の蓄積メカニズムに関する実証研究-足立区の挑戦から学ぶこと―

2016年04月-2020年03月

配分額:¥8500000

研究種別:

高齢者に対するコミュニティーケアに関する国際比較研究―根拠ある政策立案に向けて―(研究代表者:野口晴子)

2015年04月-2017年03月

研究種別:基盤研究(B)

日本の若手・女性経済研究者の現状と課題分析

2013年-2015年

研究分野:財政・公共経済

配分額:¥16640000

研究資金の受入れ状況

提供機関:(AMED) 国立研究開発法人日本医療研究開発機構制度名:平成28年度日本医療研究開発機構「医療のデジタル革命実現プロジェクト」

新たなエビデンス創出のための次世代NDBデータ研究基盤構築に関する研究(満武班)2017年01月-2018年03月

分担

提供機関:厚生労働省(あいち小児医療センター)制度名:厚労科研

乳幼児健康診査に関する疫学的・医療経済学的検討に関する研究(山崎班)2017年04月-2020年03月

分担

提供機関:国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED・田宮菜奈子班)制度名:AMED

医療介護情報の連結する方法の検証とロジックの構築及び医療介護の地域差分析:効果的な医療-介護の二次データ活用システム構築のためのヘルスサービス2017年04月-2019年03月

分担

提供機関:厚労科研(筑波大学)制度名:政策

真のエイジング・イン・プレイス実現に向けた包括的実証研究(田宮菜奈子班)2016年04月-2019年03月

提供機関:国立社会保障・人口問題研究所

文部科学省科学研究費基盤研究(B)「超高齢・人口減少社会において多様な生活者を支える医療保障の持続性を目指す実証研究」(研究代表者:泉田信行)2015年04月-2018年03月

分担

提供機関:文部科学省制度名:基盤(B)

超高齢・人口減社会において多様な生活者を支える医療保障の持続性を目指す実証研究(研究代表者:泉田信行)2015年04月-2018年03月

分担

提供機関:厚労科研(筑波大学)制度名:政策

地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ二次データ活用システム構築による多角的エビデンス創出拠ー(田宮菜奈子班)2015年-2016年

実施形態:共同研究

厚生労働科学研究費「高齢化社会を見据えた持続可能なUHCとグローバル・ヘルス・ガバナンス」(研究代表者:渋谷健司)2014年-2016年
厚生労働科学研究費「健康医療研究分野における大規模データの分析及び基盤整備に関する研究」(研究代表者:田宮菜奈子)2014年-2017年

分担

実施形態:共同研究

公益財団法人清明会研究助成「中・高齢期における慢性期・急性期疾患の発症による厚生損失の定量的評価」(研究代表者:野口晴子)2013年-2014年

提供機関:文部科学省(東洋英和女子大学)実施形態:共同研究

文部科学省科学研究費基盤研究(B)「創造的な身体表現活動での共振創出に関する研究」(研究代表者:西洋子)2013年-2015年

提供機関:科学研究費助成事業(国立社会保障・人口問題研究所)制度名:科学研究費助成事業(基盤研究(C))

日本における家族の変容に関する多角的実証研究―「環調査的分析」の試み(代表者:釜野さおり)2013年-2015年
詳細

概要:本研究の目的は、家族に関する既存の調査データを活用した研究促進に貢献すべく、調査項目や結果のデータベースを構築し、自らもそれらを活用して異なる調査間で比較検討できる分析を行うことである。データ資源活用の土台を構築し、複数のデータセットを用いた分析(「環調査的分析」)を通して、家族についての知見を深め、新たな分析軸の創出を目指す。この目的に向けた研究実施計画には、①家族に関する量的調査の項目の整理とデータベースの構築、②先行研究の系統的レビュー、③環調査的分析が可能なトピックの抽出と分析、④環調査的分析を踏まえての調査項目についてのヒアリング、⑤家族研究についての総合的考察が含まれる。 平成25年度は、①について、全国家族調査、現代核家族調査、日本版総合社会調査、老研―ミシガン大学全国高齢者パネル調査、社会階層と社会移動全国調査(SSM調査)、中高年パネル調査、東大・壮年パネル調査をはじめとする調査をサーベイし、調査方法、回収率、対象者、テーマ別質問文と選択肢を一覧にまとめ、データベースの構築に着手した。②については、夫婦間の勢力関係、世代間関係(全般・母娘関係)、ジェンダー・家族に関する意識について、先行研究の系統的レビューを開始した。母娘関係の先行研究レビューを含む論文を発表し、ジェンダー・家族に関する意識についてのレビューを部分的に用いた学会発表を行った。また、次年度以降に③を実施する準備として、各種個票データの利用申請を行い、入手した。

実施形態:共同研究

文部科学省・科学研究費助成事業(科学研究費補助金(基盤研究(B))「「学際的アプローチによる医療・介護サービスの利用・機能に関する制度横断的分析」(研究代表者:泉田信行)2012年-2014年

実施形態:共同研究

厚生労働科学研究費補助金・政策科学総合研究事業「縦断調査を用いた生活の質向上に資する少子化対策の研究」(研究代表者:吉田崇)2012年-2014年

実施形態:共同研究

文部科学省・科学研究費助成事業(科学研究費補助金(基盤研究(A))「医療・介護・福祉の融合−現場発ヘルスサービスリサーチによる地域包括ケアの実現」(研究代表者:田宮菜奈子)2012年-2014年

実施形態:共同研究

厚生労働科学研究費補助金・地球規模保健課題推進「グローバルエイジングへの国境なき挑戦—経験の共有と尊重を支える」」(研究代表者:田宮菜奈子)2012年-2014年

実施形態:共同研究

厚生労働科学研究費補助金・地球規模保健課題推進「先進国高齢者パネル調査の国際比較研究を通じた高齢化対応政策の提案」(研究代表者:橋本英樹)2012年-2014年

実施形態:共同研究

文部科学省・科学研究費助成事業(科学研究費補助金(基盤研究(A))「幼少期における人的資本形成と中高齢者の健康格差の関連」(研究代表者:橋本英樹)2012年-2016年

実施形態:共同研究

文部科学省・科学研究費助成事業(科学研究費補助金(基盤研究(B))「「養子の経済分析:歴史データを用いた日米における養子制度の実証研究」(研究代表者:森口千晶)2012年-2014年

実施形態:共同研究

国立社会保障・人口問題研究所・一般会計プロジェクト「人口構造・世帯構造の変化に伴う新たなニーズに対する社会保障政策の効果測定に関する理論的・実証的研究」(委員長:小塩隆士)2012年-2014年

提供機関:科学研究費助成事業(筑波大学)制度名:科学研究費助成事業(基盤研究(A))

医療・介護・福祉の融合―現場発ヘルスサービスリサーチによる地域包括ケアの実現2012年-2014年
詳細

概要:大学と医療・介護現場を両輪としたPDCAサイクルを軸として、地域包括ケアの実現に向けた各現場・地域と共同による研究を推進した。現場との共同研究事業としては、以下3つを進めた。1、平成25年度もこれまでに引き続き、つくば市高齢福祉課との協同でニーズ調査を行い、調査票の質問項目を設計し、調査を進めた。また、前回のニーズ調査データを用いて、高齢者のボランティアに関連する要因分析を英語論文として国際誌に発表し、また、幸福度に関連する要因分析、居宅介護支援専門員の就業意向に関する分析等を学会発表した。2、つくば医師会の事例検討会へ引き続き定期的に参加し、検討した事例やその解決策をデータとして保存するデータベース作成を担い、それに向けた提示事例を入力するフォーマット作りを大学のノウハウを用いて行った。3、文京区医師会との連携のもと、主治医意見書を閲覧し行った実態調査から、かかりつけ医機能を担う地域の医師に比べ、大病院の医師が書く主治医意見書の記載内容が十分ではないことを明らかにし、国際学会での発表および、論文投稿をした。全国規模のビッグデータや種々の調査データを用いた学術的研究としては、主に以下の3つを進めた。1、老人保健施設協会の協力のもと、施設ケアにおけるスタッフの数や取組態度とその効果に関わるアウトカム評価を英語論文として国際に発表した。2、介護給付費実績調査および国民生活基礎調査の全国データを用いて、高齢者介護における実態把握に向けた種々の分析を行った。3、法医学との協同研究では、日本公衆衛生学会において引き続き自由集会を開催し、幅広い参加者との意見交換を行った。 いずれも医療・介護・福祉を融合した地域包括ケア実現に向けた、現場と大学による協同研究およびその根拠となるデータ分析であり、具体的な解決策を示す意義ある研究活動を行った。

提供機関:文部科学省 (代表班:東京大学)制度名:基盤研究(A)

幼少期における人的資本形成と中高齢者の健康格差の関連(研究代表者:橋本英樹)2012年-2016年
詳細

概要:既存パネルデータ(くらしと健康調査)を用いて、2009年データで聴取された幼少期の対象者の親の職業と、対象者の脚長(身長から座高を引いたもの)との間にはおおかた予想どおりの関係(自営業・未就労の親を持ったものでは脚長が短い)は見られたものの、有意にはいたらなかった。脚長を幼少期の人的資本の代理変数として用いることの妥当性を確認できなかったことから、次年度に予定される第4回調査において、想起法で測定できる幼少期の人的資本形成の項目について、小学校などでの成績・身体並びに社会的活動の活発さや交友関係など、検討する必要があると考えられた。なお、既存パネルデータを用いて、地理的特性と社会的健康資本の関係について地理空間情報システムを用いた検討を行うことについては、既存パネルデータの所有元の研究者から、地点の同定に伴い、公開データのconfidentiality保護が十分保たれるかどうか、検討が必要との判断が下されたため、現在pendingの状態である。

提供機関:科学研究費助成事業(一橋大学)制度名:科学研究費助成事業(基盤研究(B))

養子の経済分析:日米の歴史データを用いた実証研究2012年-2014年
詳細

概要:本研究では「家族の経済学」の枠組みを用い日米の歴史データを駆使した養子の実証分析を行う。本研究は、①アメリカにおける養子縁組の長期的変遷、②同国における実子・養子の人的資本形成の比較、③日本における養子縁組の長期的変遷、の3プロジェクトから構成される。平成25年度の研究成果は次の通りである。 第1プロジェクトでは、平成24年度に作成した1880~1930年と2000年のアメリカ国勢調査個票の養子データセットを用いて実証分析を行った。第2プロジェクトの短期的分析に当たる実子・養子の教育水準の比較も行い、20世紀初期と終期では両者の関係が逆転したなどの新たな知見を導いた。これらの結果を論文にまとめ、国内や韓国で研究発表を行い、高く評価を受けた。成果の一部はすでに査読付き学術誌に掲載されている(森口 2014)。 第2プロジェクトでは、海外研究協力者のJohn Parman氏と共に、アメリカ国勢調査の1910年と1940年の個票を用いたパネルデータの構築を進めた。およそ2000人の養子について連結作業を完了し、兄弟についてのデータ収集に着手した。また、連結されたデータを用いて成人期の養子の属性を実子と比較し、初期の分析結果を全米経済史学会の2015年度大会のセッションに投稿し受諾された。 第3プロジェクトでは、研究分担者の野口晴子氏と共に、司法統計年報・戸籍事件簿・人口統計・社会福祉施設調査などの政府統計からデータを収集・入力し、1950~2013年の都道府県別パネルデータを構築した。図を作成して都道府県別の趨勢の比較も行った。また、スタンフォード大学アジア太平洋研究所に招かれて日米の養子制度に関する講演を行い、さらに国内では養子縁組に携わる実務家・ジャーナリスト・編集者も招いて『養子制度と児童福祉の比較史』のシンポジウムを開催し、自らはアメリカの養子制度についての報告を行った。

提供機関:科学研究費助成事業(国立社会保障・人口問題研究所)制度名:科学研究費助成事業(基盤研究(B))

学際的アプローチによる医療・介護サービスの利用・機能に関する制度横断的分析(研究代表者:泉田信行)2012年-2014年
詳細

概要:昨年度は一昨年度に引き続き、レセプトデータの収集と自治体における調査の実施を行ってきた。レセプトデータの収集については現状の2自治体の他、1カ所の新規の協力自治体を獲得した。これらのレセプトデータを用いて、分析が進められ、国民健康保険制度において保険料を未納する個人の医療サービス利用の実態についての論文を刊行することができた。 ある自治体において一昨年度から行われている高齢者に対するアンケートについては、前回回答者に調査票を送付した。回答率が9割近くという高い回答率が得られた。このデータを用いて、高齢者が集まって行う会食の健康に対する効果についての分析を行っている。既に今年度の報告が確定している。 また、同じ地域においてアンケート調査に先行して高齢者に対するインタビュー調査行われていた。そのデータを質的に分析することにより、3件の学会報告が行われた。これらの報告内容については一部学術誌に投稿中およびその準備を行っている段階である。 公的統計を用いた分析も進められている。 昨年度は8件の学会報告と1件の論文刊行が行われた。また、適宜外部研究者を招へいし、最新の研究知見を報告していただく研究班会議を開催することができた。今年度は個人単位での学会報告を進めるだけではなく、本研究班の研究テーマにかかわるセッションを企画・実施するなどにより、より幅広い研究者の層に成果を普及していきたい。一般への成果の普及についても、まずは自治体から提供いただいたデータについての分析結果を当該自治体へフィードバックすることなどをはじめとして鋭意進めていきたい。

文部科学研究費補助金「団塊(ベビー・ブーマー)世代の引退過程の国際比較と社会保障の効果的配分研究」(研究代表者:西村幸満)2011年-2013年

提供機関:科学研究費助成事業(国立社会保障・人口問題研究所)制度名:科学研究費助成事業(基盤研究(C))

団塊(ベビー・ブーマー)世代の引退過程の国際比較と社会保障の効率的配分研究2011年-2013年

分担

詳細

概要:「団塊の世代」という日本のベビー・ブーマー(以下、BB)は、人口規模の大きさから戦後一貫して文化的・思想的異質性を強調されてきた。欧米(主に米)が消費の担い手としたのと対照的である。世代の特殊性・異質性を過度な強調は、引退過程にも見られた。本研究は、BB世代の引退過程に注目し、就業分布、健康・介護要因が前後の世代と比較して異なるかを検証した。結果から判断すると、BB世代が特殊な傾向をもつとはいえないが、人口規模の大きさによる社会的な対応は避けられない。法改正による就業延長が規模の効果を吸収したようにみえるが、そもそも引退パターンも前世代と変わらないため、法改正の効果と認めることはできなかった。

実施形態:共同研究

厚生労働科学研究費補助金・政策科学総合研究事業「中高齢世帯における医療・介護サービスアクセスの公平性に関する研究」(研究代表者:橋本英樹)2010年-2011年

実施形態:共同研究

厚生労働科学研究費補助金・政策科学総合研究事業「所得水準と健康水準の関係の実態解明とそれを踏まえた医療・介護保障制度・所得保障制度のあり方に関する研究」(研究代表者:泉田信行).2010年-2011年

実施形態:共同研究

厚生労働科学研究費補助金長寿科学総合研究事業「介護保険の総合的政策評価ベンチマークシステムの開発」(研究代表者:近藤克則)2010年-2012年

実施形態:共同研究

厚生労働科学研究費補助金・政策科学総合研究事業「我が国の保健医療制度に関する包括的実証研究」(研究代表者:渋谷健司).2010年-2012年

実施形態:共同研究

国立社会保障・人口問題研究所・一般会計プロジェクト「家計の経済資源・人的資源と社会保障の機能の関連性に関する実証的研究」(委員長:井堀利宏)2009年-2011年

実施形態:共同研究

厚生労働科学研究費補助金・政策科学総合研究事業「子育て世帯のセーフティーネットに関する総合的研究」(研究代表者:大石亜希子)2009年-2010年

実施形態:共同研究

厚生労働科学研究費補助金・長寿科学総合研究事業「社会保障と労働市場政策:格差社会のセイフティネットの構造」(研究代表者:神林龍).2008年-2008年

提供機関:科学研究費助成事業(東京大学)制度名:科学研究費助成事業(基盤研究(A))

大規模個票データを使った医療情報分析・政策評価の研究2008年-2011年

分担

詳細

概要:本研究では,まず,大規模な患者の個票データの分析を行うためのモデル開発についての研究を行った。次いで,開発されたモデルを使い,白内障や糖尿病などの傷病について,在院日数,診療報酬等に影響を当たる要因や病院ごとの差異などについて,東京医科歯科大学医療経済学分野によって収集されているデータ・ベースを用いて分析した。さらに,その結果に基づき,医療政策の評価や医療資源の有効利用についての分析を行った。

実施形態:共同研究

厚生労働科学研究費補助金・長寿科学総合研究事業「社会経済的格差と高齢者の健康、医療介護資源利用に関する検討」(研究代表者:橋本英樹)2007年-2008年

実施形態:共同研究

厚生労働科学研究費補助金「社会保障の制度横断的な機能評価に関するシミュレーション分析」(研究代表者:府川哲夫)2007年-2007年

実施形態:共同研究

厚生労働科学研究費補助金「所得・資産・消費と社会保険料・税の関係に着目した社会保障の給付と負担の在り方に関する研究」(研究代表者:金子能宏)2007年-2008年

実施形態:共同研究

厚生労働科学研究費補助金「医療・介護制度における適切な提供体制の構築と費用適正化に関する実証的研究」(研究代表者:泉田信行)2007年-2009年

実施形態:共同研究

国立社会保障・人口問題研究所・一般会計プロジェクト「職場・家庭・地域環境と少子化との関連性に関する理論的・実証的研究」(委員長:樋口美雄)2007年-2008年
厚生労働科学研究費・長寿科学総合研究事業「社会的経済格差と高齢者の健康、生活習慣、医療介護資源利用に関する検討」(研究代表者:橋本英樹)2007年-2009年

提供機関:科学研究費助成事業(東洋英和女学院大学)制度名:科学研究費助成事業(基盤研究(C))

舞踊創作学習での複合的な感性情報の活用〜インクルーシブな舞踊教育の充実を目指して2007年-2008年

分担

詳細

概要:舞踊創作の学習において, さまざまに差異のある多様な人々が, 即興的に表現を展開するようなインクルーシブな学習場面では, 個々の表現特性を包摂しつつ共同表現によるつながり感が生まれる支援が重要であるという認識から, イメージと運動の双方を含んだ抽象的な3CGを用いた学習支援を検討した. 200名を対象とする運動・感情評定調査の結果より, 本研究で制作した3種類のCGのイメージ特性・運動特性は, ほどよい広がり保ちつつ特定の領域に収束傾向をみせることが確認され, 約300名の幼児, 児童・生徒を対象に教育現場での実践を試みた結果, 表現創出支援として有効であることが実証された.

実施形態:共同研究

厚生労働科学研究費補助金・子ども家庭総合研究事業「新しい時代に即応した乳幼児健診のあり方に関する研究」(研究代表者:高野陽)2005年-2007年

実施形態:共同研究

厚生労働科学研究費補助金・政策科学推進研究事業「社会保障の改革動向に関する国際共同研究」(研究代表者:池上直己)2002年-

実施形態:共同研究

厚生労働省循環器病研究委託費「循環器病政策医療ネットワークにおける医療の質的評価に関する研究」(研究代表者:矢野周作)2002年-2003年

実施形態:共同研究

厚生労働科学研究費補助金・政策科学推進研究事業「介護サービスの利用に伴う高齢者の経済負担に関する実証研究−立案された介護サービス計画の経済学的検討」(研究代表者:遠藤英俊)2002年-2004年

実施形態:その他

厚生労働科学研究費補助金・政策科学推進研究事業「要介護状態に応じた介護サービスに関する実証研究:立案された介護サービス計画の質の評価に関する研究」(研究代表者:遠藤英俊(2002-2003)/植村和正(2004))2002年-2004年

実施形態:共同研究

内閣府国民生活局物価政策課「保育サービス価格に関する研究会」」(委員長:八代尚弘)2002年-2002年

実施形態:その他

(財)ファイザーヘルスリサーチ振興財団2001年-2002年

実施形態:共同研究

公益信託日本動脈硬化予防研究基金(研究代表者:葛谷雅文)2001年-2002年

実施形態:共同研究

内閣府国民生活局物価政策課「介護サービス価格に関する研究会」(委員長:西村周三)2001年-2001年

実施形態:その他

(財)松下国際財団1999年-2000年

実施形態:その他

現Center for Medicare and Medicaid Program:米国保健財政庁1996年-1998年

提供機関:厚労科研(国立社会保障・人口問題研究所)制度名:政策

医療及び介護の総合的な確保に資する基金の効果的な活用のための持続的な評価と計画への反映のあり方に関する研究(泉田信行班)

学内研究制度

特定課題研究

慢性期・急性期疾患の発症による厚生損失の定量的評価

2012年度共同研究者:濱秋純哉

研究成果概要:Research outcome outline: The main object ofthis study is to investigate the relationship between individuals’ heal...Research outcome outline: The main object ofthis study is to investigate the relationship between individuals’ healthstatus and labor participation among middle-aged and elderly males in Japanusing a unique panel dataset. Our analysis focuses on three types of healthindicators based on respondents’ medical history in the three years precedingthe survey. To adjust for the potential endogeneity ofthese health variables, we use individuals’ body mass index at age 30 and theirparents’ medical history as instrumental variables. Our empirical resultsshow that a deterioration in health increases the probability of not workingand being retired and, moreover, tends to decrease individuals’ average workinghours per week. Further, splitting our sample, we find that the work status ofmales aged 60 or over is significantly more likely to be affected by having oneadditional illness and suffering from a lifestyle disease than that of under 60s.※当該研究成果は、一橋大学機関リポジトリのtechnical report(https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/25586/1/DP599.pdf)として2013年3月に公表された後、2013年7月にオーストラリア・シドニーで開催された国際医療経済学会(International Health Economics Association: iHEA)にて口頭発表された。

子どもの人的資本蓄積過程における社会的・経済的決定要因に関する研究

2015年度

研究成果概要:本研究では,子どもの人的資本(human capital)の蓄積過程における複雑な因果関係に対処し,出生前から幼少期にかけての子どもの学力と健康を決定する諸要因を特定するため,(1) 教育経済学・医療経済学・公衆衛生学等の実証研究...本研究では,子どもの人的資本(human capital)の蓄積過程における複雑な因果関係に対処し,出生前から幼少期にかけての子どもの学力と健康を決定する諸要因を特定するため,(1) 教育経済学・医療経済学・公衆衛生学等の実証研究を中心とした先行研究に対するシステマティック・レビュー,(2) 全国47都道府県・1,718市区町村を対象として,出生前後の自治体施策(不妊治療助成事業・乳幼児医療費助成制度・子ども・子育て支援法第59 条による13 事業等)に関するアンケート調査の一部実施,(3)厚生労働省による既存の集計データに対する二次利用申請を行い,自治体ごとの集計情報での分析を行った.

住民参加型行政評価の効果に関する定性・定量分析‐足立区区民評価委員会の挑戦‐

2016年度

研究成果概要:本研究では,地域における公衆衛生・保健政策,及び,教育政策の効果について,十数年間にわたり区民による行政評価を実施してきた足立区をフィールドとして,評価に関わった区民・学識経験者・行政官等のステークホルダーを対象とした聞き取り調査...本研究では,地域における公衆衛生・保健政策,及び,教育政策の効果について,十数年間にわたり区民による行政評価を実施してきた足立区をフィールドとして,評価に関わった区民・学識経験者・行政官等のステークホルダーを対象とした聞き取り調査を計画・実施すると共に,国内外のデータを用いて地域や自治体独自の政策効果に対する定量分析を行い,科学的エビデンスに基づく政策評価,及び,政策提言を行った.今後,特定基盤Bを基盤とする本研究をシーズとして2016年度に収集したデータ・情報をテキストマイニングの手法を用いて解析を行い,その成果を書籍してまとめ出版することを計画している.

主な学内支援制度

重点領域研究「持続可能な社会における社会厚生の在り方に関する実証研究(代表)

2017年04月-2022年03月

海外研究活動

研究課題名: バングラディシュ国チャンドプール県のエクラスプール村での調査活動

2017年09月-2017年09月

機関: (協力)スグラミン銀行グラミンコミュニケーションズ グローバルコミュニケーションセンター(バングラディシュ)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
医療経済学 01政治経済学部2017春学期
医療経済学(ジャーナリズム・野口晴子)大学院政治学研究科2017秋学期
基礎経済学(J,PM・野口晴子)大学院政治学研究科2017秋学期
医療経済学(J,PM・野口晴子)大学院政治学研究科2017秋学期
公共経済学専門研究セミナーB(PM・野口晴子)大学院政治学研究科2017秋学期
医療経済学研究指導A(野口晴子)大学院経済学研究科2017春学期
医療経済学研究指導B(野口晴子)大学院経済学研究科2017
ジャーナリストのための経済学入門II(野口晴子)大学院経済学研究科2017秋学期
医療経済学(野口晴子)大学院経済学研究科2017秋学期
医療経済学研究指導(演習)A(野口晴子)大学院経済学研究科2017春学期
医療経済学研究指導(演習)B(野口晴子)大学院経済学研究科2017秋学期
医療レギュラトリーサイエンス演習大学院先進理工学研究科2017冬クォーター
ディベートで学ぶ現代医療最前線と医療問題グローバルエデュケーションセンター2017冬クォーター
地域医療学概論グローバルエデュケーションセンター2017夏季集中
インターンシップ実習 01(行政)グローバルエデュケーションセンター2017秋学期

教育内容・方法の工夫

東洋英和女学院大学・連携授業プロジェクト「連携授業プロジェクト:共生を多角的に考える」

2001年04月-2007年03月

詳細

概要:「共生」に関する連携プロジェクト(東洋英和女学院大学):公共経済学を社会全体の厚生にとってよりよい状態を目指すための分析道具を提供する学問として位置づけ、同じ社会に属するメンバーが、対立する利害や価値基準を抱えながら、どう生きていくかというコンテクストの中での「共生」を問う。

東洋英和女学院大学「ライフスタイルの実証分析」

2002年04月-2007年03月

詳細

概要:東洋英和女学院大学卒業生の追跡調査を教材としたライフスタイルの実証分析(東洋英和女学院大学):女性のライフスタイルが多様化する社会状況を踏まえ、卒業生に対し、就職履歴・結婚・育児・介護などの全数調査を同学で初めて実施し、これを教材として社会学・経済学の面から学生とともに実証分析を行った。本プロジェクトは、在学生の将来設計及び就職活動に寄与すると同時に、2007年度におけるカリキュラム改革及び現在に至るまでの教育方針の検討資料として活用された。

東洋英和女学院大学「World of English」

2006年04月-

詳細

概要:World of English(東洋英和女学院大学):言語に関わらず、異文化、多文化の人々とのコミュニケーションには摩擦や誤解が生じる可能性があり、それを最小限に抑えるためには、相手の文化的背景を知り、差異を認識することにより、円滑な伝え合いを実践する必要がある。本プロジェクトでは、政治・経済・国際関係等さまざまな専門分野における異なった背景の人々と共に、日本国内を含めた国際社会における異文化との向き合い方を考えることを目標とする。

作成した教科書・教材・参考書

【書籍の一章】竹下裕子・山岡清二、Patricia Sippel、鈴木卓編『The Bridge of English Language Across the World: The International & Multicultural Perspectives Book 2』、Chapter 12:68-74、松柏社

2006年11月

詳細

概要:Noguchi H “The foreign-born labor and education: Foreign-born workers in U.S. Economy”

【書籍の一章】竹下裕子・石川卓編『叢書・<知>の森6‐多文化と自文化:国際コミュニケーションの時代』、第Ⅲ部第2章:198-219、森話社

2005年09月

詳細

概要:野口晴子「アメリカで働くということ:「多様性」というヴィジョンのなかで「マイノリティ」として生きる」

【書籍の一章】連携授業プロジェクト編『連携授業プロジェクト:共生を多角的に考える』、63-72、風日社

2003年03月

詳細

概要:野口晴子「公共経済学の視点から考える教育空間のバリア・フリー化」、

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

医療経済論(その2)(@大阪府看護協会)

2017年10月

詳細

概要:公益社団法人 大阪府看護協会主催の2017年度認定看護管理者教育課程セカンドレベル講義を行う。

医療経済学(@奈良県立医科大学)

2017年08月

詳細

概要:奈良県立医科大学にて医療経済学講義を行う。

医療経済論(@大阪府看護協会)

2017年07月

詳細

概要:公益社団法人大阪府看護協会にて2017年度 認定看護管理者教育課程におけるセカンドレベル講義を行う。

コスト分析の結果

2016年08月

詳細

概要:2016年度JICAの国別研修タイ「高齢者福祉行政」に係る講義

ワールド・オブ・イングリッシュ@東洋英和女学院大学(講義分担担当者として参加)

2006年04月

詳細

概要:言語に関わらず、異文化、多文化の人々とのコミュニケーションには摩擦や誤解が生じる可能性があり、それを最小限に抑えるためには、相手の文化的背景を知り、差異を認識することにより、円滑な伝え合いを実践する必要がある。本プロジェクトでは、政治・経済・国際関係等さまざまな専門分野における異なった背景の人々と共に、日本国内を含めた国際社会における異文化との向き合い方を考えることを目標とする。

東洋英和女学院大学卒業生の追跡調査を教材としたライフスタイルの実証分析@東洋英和女学院大学(講義分担担当者として参加)

2002年04月

詳細

概要:女性のライフスタイルが多様化する社会状況を踏まえ、卒業生に対し、就職履歴・結婚・育児・介護などの全数調査を同学で初めて実施し、これを教材として社会学・経済学の面から学生とともに実証分析を行った。本

公共経済学の視点から考える教育空間のバリア・フリー化@東洋英和女学院大学(講義分担担当者として参加)

2001年04月

詳細

概要:「共生」に関する連携プロジェクト(東洋英和女学院大学):公共経済学を社会全体の厚生にとってよりよい状態を目指すための分析道具を提供する学問として位置づけ、同じ社会に属するメンバーが、対立する利害や価値基準を抱えながら、どう生きていくかというコンテクストの中での「共生」を問う。

その他教育活動

H29年度 日本保健師連絡協議会幹事会「医療経済学」講義

2017年09月16日-2017年09月16日

詳細

概要:日本保健師連絡協議会6団体役員 約20名に 医療経済学の観点からの講義を行う。

講師招聘「医療政策の動向について」

2017年07月04日-2017年07月04日

詳細

概要:厚生労働省保険局医療課医療指導観察室長 平子哲夫先生をお招きし授業時間に「医療政策の動向について」ご講義を賜った。 *牛丸聡先生のゼミ生も聴講

講師招聘「地域医療」

2017年06月27日-2017年06月27日

詳細

概要:高知大学医学部家庭医療学講座教授の阿波谷敏英先生をお招きし、授業時間に外部講師として「地域医療」に関するご講義をいただいた。

講師招聘「がんと生きる」

2017年06月13日-2017年06月13日

詳細

概要:一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパン,一般社団法人 全国がん患者団体連合会理事長の 天野慎介先生を招聘し、授業時間に外部講師としてご講義をいただきました。

社会貢献活動

2017年度認定看護管理者教育課程セカンドレベルの講義「医療経済論」(我が国における社会保障と医療経済)(後期授業)

役割:講師2017年10月-2017年10月

主催者・媒体名:公益社団法人 大阪府看護協会

場所・掲載箇所:大阪府看護協会 桃谷センター

平成29年度日本保健師連絡協議会幹事会 講義

役割:講師2017年09月-2017年09月

主催者・媒体名:日本保健師連絡協議会

場所・掲載箇所:日本看護協会

詳細

種別:出前授業対象:学術団体

2017年度認定看護管理者教育課程セカンドレベル講義「医療経済論」(我が国における社会保障と医療経済)

役割:講師2017年07月-2017年07月

主催者・媒体名:公益社団法人 大阪府看護協会

場所・掲載箇所:大阪府看護協会桃谷センター

(シンポジウム)先進国で暮らす私たちは「社会福祉の転換期」にどう立ち向かうのか

役割:コメンテーター2017年06月-2017年06月

主催者・媒体名:W-BRIDGE/ 重点領域研究機構(共催)

場所・掲載箇所:早稲田大学 26号館

「医療(健康)経済学から日本の医療を考える~応用計量経済学の視点からのアプローチ~

役割:講師2016年12月-2016年12月

主催者・媒体名:日本医師会

イベント・番組・雑誌名:役員勉強会

場所・掲載箇所:日本医師会会館

詳細

種別:講演会対象:学術団体

対談:データを活かした医療政策を:20年後の社会を見据えて:西内啓×野口晴子

2013年12月-

主催者・媒体名:経済セミナー

イベント・番組・雑誌名:経済セミナー

詳細

概要:対談:データを活かした医療政策を:20年後の社会を見据えて:西内啓×野口晴子

インタビュー:連載第19回女性経済学者を訪ねて:社会の矛盾に医療経済学で迫る 野口晴子さん

2013年01月-

主催者・媒体名:経済セミナー

イベント・番組・雑誌名:経済セミナー

詳細

概要:インタビュー:連載第19回女性経済学者を訪ねて:社会の矛盾に医療経済学で迫る 野口晴子さん

特集 隠居ノベーション マクロ編「定年」がなくなる

2012年09月-

主催者・媒体名:日経ビジネス

イベント・番組・雑誌名:日経ビジネス

詳細

概要:特集 隠居ノベーション マクロ編「定年」がなくなる