最終更新日2017年02月01日

氏名

マツモト ジュン

松本 淳

職名

教授

所属人間科学学術院

(人間科学部)

連絡先

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/jmatsumoto/(研究室ホームページ)

研究者番号
70402394

本属以外の学内所属

兼担

人間科学学術院(大学院人間科学研究科)

人間科学学術院(人間科学部通信課程)

学歴・学位

学位

博士(理学) 課程 東京大学 環境動態解析

所属学協会

大気環境学会

エアロゾル学会

米国地球惑星連合

日本大気化学会

日本地球惑星科学連合

室内環境学会

日本分析化学会

日本化学会

委員歴・役員歴(学外)

2015年10月-自動車技術会大気環境技術・評価部門委員会 委員
2015年04月-日本学術会議環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP・DIVERSITAS合同分科会IGAC小委員会 委員
2015年09月-2015年09月大気環境学会第56回年会 実行委員会 企画委員長
2010年08月-2012年07月大気環境学会編集実務委員
2008年08月-2010年07月大気環境学会編集委員
2016年08月-大気環境学会AJAE誌編集委員

受賞

大気環境学会論文賞(原著論文)

2014年09月

大気環境学会論文賞(学術部門)

2011年09月

第69回分析化学討論会若手ポスター賞

2008年05月

大気環境学会論文賞

2007年09月

大気環境学会論文賞

2006年09月

取材ガイド

カテゴリー
環境学
専門分野
大気環境化学
自己紹介コメント
大気環境を化学(分子)の視点から研究しています。対流圏大気におけるオゾンや窒素酸化物の反応など、大気微量成分の挙動を研究しています。窒素酸化物の高感度分析といった新規計測手法の研究のほか、都市郊外大気の観測や室内実験も行い、大気環境現象の解明を目指します。 
キーワード
大気汚染物質の評価、環境計測、光化学オキシダント

研究分野

キーワード

大気環境化学、光化学オキシダント、窒素酸化物

科研費分類

環境学 / 環境解析学 / 環境動態解析

共同研究希望テーマ

植物から大気に放出される生物起源揮発性有機化合物BVOCsのオゾン反応性計測

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究

大気微量成分(NO2,NOx,O3,有機硝酸全量など)の観測研究

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究

気相中NO2の高感度・高速応答分析装置の活用

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究

研究テーマ履歴

2015年-2015年ポテンシャルオゾン直接測定に基づく正確かつ汎用的な光化学オキシダント評価の実現

個人研究

2015年-2015年生物起源揮発性有機化合物の大気放出量評価のためのオゾン反応性計測法の高感度化

個人研究

2014年-2014年ポテンシャルオゾン直接測定に基づく正確な光化学オキシダント評価の実現

個人研究

2014年-2014年所沢における大気中有機硝酸の観測に基づく光化学オキシダント評価の試み

個人研究

2012年-2013年大気質診断のための有機硝酸生成能の計測

個人研究

2012年-2012年所沢キャンパスにおける光化学オキシダント関連成分の挙動把握の試み

個人研究

2011年-2012年二次有機エアロゾル生成評価のための有機硝酸全量の計測

個人研究

2010年-2011年気相中の窒素酸化物と関連成分の多地点同時実時間分析による発生源の影響評価

個人研究

2009年-2010年エアロゾル前駆体評価のための大気ラジカル反応性の計測に関する研究

個人研究

2007年-2008年共鳴多光子イオン化法を用いた有害微量成分の実時間分析とその大気への影響の評価

個人研究

論文

Temperature dependence of rate constant for the gas-phase reaction of ozone with linalool

Matsumoto, Jun

Chemistry Letters45(9)p.1102 - 11042016年09月-2016年09月 

DOIScopus

詳細

ISSN:03667022

概要:© 2016 The Chemical Society of Japan.To determine the reaction rate coefficient of volatile organic compounds (VOCs) with ozone, the reduction of ozone through a flow-tube reactor was measured by a sensitive chemiluminescent detector. In this study, temperature dependence of the rate constant of ozone with linalool, k(T) = A exp(?B/T), was explored (T = 299-322 K). Consequently, temperature-dependent parameters A and B were experimentally determined as (1.6 ± 0.4) × 10-15 cm3 molecule-1 s-1 and 396 ± 26 K, respectively, for the first time. The rate constant of linalool + O3 reaction varied by 10% with changes in temperatures from 299 to 322 K.

Measuring Biogenic Volatile Organic Compounds (BVOCs) from Vegetation in Terms of Ozone Reactivity

Matsumoto, Jun

AEROSOL AND AIR QUALITY RESEARCH査読有り14(1)p.197 - 2062014年-2014年

DOIWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1680-8584

SOA 生成評価のための前駆体VOCs のラジカル反応性と全有機 硝酸量の計測

松本 淳

エアロゾル研究査読有り29(S1)p.47 - 542014年-2014年

DOICiNii

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0912-2834

概要:Volatile organic compounds, VOCs, are emitted from various sources into the atmosphere. Through the reactions of VOCs with atmospheric radicals (eg. daytime OH and nighttime NO3) and all-day O3, the formation of secondary organic aerosols, SOA, is common and therefore an important subject of study. To investigate the mechanisms of reactions in the atmosphere and to control SOAs effectively, it is essential to capture the behavior of emitted VOCs with consideration of their radical reactivity.Meanwhile, organic nitrates (ONs) like alkyl nitrates (ANs) and peroxyalkyl nitrates (PNs) have been focused upon as important intermediates for SOA. To investigate the mechanisms of SOA formation from VOCs, it is essential to capture the behavior of intermediates such as ONs. In this manuscript, tools for measuring (1) total radical reactivity of VOCs and (2) total particulate organic nitrates were developed as applications for present NO2 analyzers.

レーザー誘起蛍光法に基づく大気中ポテンシャルオゾンの測定

松本 淳

大気環境学会誌査読有り48(1)p.35 - 422013年01月-2013年01月 

DOICiNii

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:13414178

レーザー誘起蛍光法NO2計に基づくポテンシャルオゾン測定装置の改良と実大気観測試験

大気環境学会年会講演要旨集(53)2012年08月-2012年08月 

CiNii

詳細

掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

Comparison of N2O5 mixing ratios during NO3Comp 2007 in SAPHIR

H. Fuchs, W. R. Simpson, R. L. Apodaca, T. Brauers, R. C. Cohen, J. N. Crowley, H.-P. Dorn, W. P. Dube, J. L. Fry, R. Haseler, Y. Kajii, A. Kiendler-Scharr, I. Labazan, J. Matsumoto, T. F. Mentel, Y. Nakashima, F. Rohrer, A. W. Rollins, G. Schuster, R. Tillmann, A. Wahner, P. J. Wooldridge, and S. S. Brown

Atmospheric Measurement Techniques5(11)p.2763 - 27772012年11月-

DOI

Detailed analysis of diesel vehicle exhaust emissions: Nitrogen oxides, hydrocarbons and particulate size distributions

Yamada, H., Misawa, K., Suzuki, D., Tanaka, K., Matsumoto, J., Fujii, M., Tanaka, K.

Proceedings of the Combustion Institute33(2)p.2895 - 29022011年-

DOI

Kinetics of the Reactions of Ozone with 2,5-Dimethylfuran and its Atmospheric Implication

Jun Matsumoto

Chem. Lett.査読有り40(6)p.582 - 5832011年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

レーザー多光子イオン化法を用いたモード走行中自動車排気に関する個別成分のリアルタイム分析と OH ラジカル反応性の評価

松本 淳、三澤健太郎、石内俊一、林 俊一、藤井正明、田中光太郎、山田裕之、後藤雄一

大気環境学会誌45p.205 - 2112010年-

In Situ, Fast-response, Molecular-selective Methods for Measuring Emission Factors of Volatile Organic Compounds (VOCs) into the Atmosphere

Jun Matsumoto, Kentaro Misawa, Shun-ichi Ishiuchi, Masaaki Fujii

Chem. Lett.査読有り38p.74 - 752009年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Internal Mixing of Pollutants for Submicron Particles Observed during Springtime in Japan

Jun Matsumoto, Masahiro Narukawa, Kenshi Takahashi, Yutaka Matsumi, Akihiro Yabushita, Atsushi Shimizu, Ichiro Matsui and Nobuo Sugimoto

Asian J. Atmos. Env.3p.27 - 412009年-

Real-time Analysis of Benzene in Exhaust Gas from Driving Automobiles Using Jet-REMPI Method

Kentaro Misawa, Shun-ichi Ishiuchi, Masaaki Fujii, Jun Matsumoto, Koichi Tanaka, Jun Nakagawa Katsumi Endo, Shun-ichi Hayashi, Kotaro Tanaka, Hiroyuki Yamada Yuichi Goto

SAE Technical Paper Series2009-01-27402009年-

Simultaneous Measurements of Aromatic Hydrocarbons in Exhaust using Laser Ionization Method

Hiroyuki Yamada, Kentaro Misawa, Masaaki Fujii, Koichi Tanaka, Daisuke Suzuki, Jun Matsumoto, Kotaro Tanaka

SAE Technical Paper Series2009-01-27422009年-

Simultaneous measurements of the components of VOCs and PAHs in diesel exhaust gas using a laser ionization method

Kotaro Tanaka, Keitaro Watanabe, Hiroyuki Yamada, Yuichi Goto, Kentaro Misawa, Jun Matsumoto, Shunichi Ishiuchi, Masaaki Fujii, Koichi Tanaka, Katsumi Endo, Shunichi Hayashi

SAE Technical Paper Series2009-01-18422009年-

Development of Atmospheric NO Analyzer by Using a Laser-induced Fluorescence NO2 Detector

Koji Miyazaki, Jun Matsumoto, Shungo Kato, and Yoshizumi Kajii

Atmos. Environ.42p.7812 - 78202008年-

Real-time and direct analysis of pollutants in exhaust gas utilizing resonance enhanced multi-photon ionization (1) - monitoring system for real gas sample -

Jun Matsumoto, Kentaro Misawa, Yohei Yamato, Saori Mae, Shun-ichi Ishiuchi, Masaaki Fujii, Koichi Tanaka, Tetsuya Suzuki, Shun-ichi Hayashi, Hiroyuki Yamada, and Yuichi Goto

Review of Automotive Engineering29p.119 - 1212008年-

Real-time and direct analysis of pollutants in exhaust gas utilizing resonance enhanced multi-photon ionization (2) - variations of emissions under test driving modes -

Kentaro Misawa, Jun Matsumoto, Yohei Yamato, Saori Mae, Shun-ichi Ishiuchi, Masaaki Fujii, Koichi Tanaka, Tetsuya Suzuki, Shun-ichi Hayashi, Hiroyuki Yamada, and Yuichi Goto

Review of Automotive Engineering29p.123 - 1252008年-

Real-time and direct measurement of pollutants in exhaust gas utilizing supersonic jet / resonance enhanced multi-photon ionization

Kentaro Misawa, Jun Matsumoto, Yohei Yamato, Saori Mae, Shun-ichi Ishiuchi, Masaaki Fujii, Koichi Tanaka, Tetsuya Suzuki, Shun-ichi Hayashi, Hiroyuki Yamada, and Yuichi Goto

SAE Technical Papers Series2008-01-07612008年-

Resonance Enhanced Multi-photon Ionization Spectroscopy of the S1-S0 Transition of Benzo[e]pyrene

Kentaro Misawa, Jun Matsumoto, Norihiro Tsuji, Youichi Matsuzaki, Shun-ichi Hayashi, Masaaki Fujii

Chem. Lett.37p.1280 - 12812008年-

Single particle analysis of secondary organic aerosols formed from 1,4-cyclohexadiene ozonolysis using a laser-ionization single-particle aerosol mass spectrometer

M. Narukawa, Y. Matsumi, J. Matsumoto, K. Takahashi, A. Yabushita, K. Sato, T. Imamura

Bull. Chem. Soc. Jpn.81p.120 - 1262008年-

NO2 検出器を用いた大気中 NO 測定システムの開発

宮崎洸治, 松本淳, 加藤俊吾, 梶井克純

大気環境学会誌43p.112 - 1182008年-

CiNii

超高感度レーザー分析の最前線=分子選択的リアルタイム高感度分析=

三澤健太郎、松本淳、石内俊一、藤井正明、林俊一

光アライアンス19p.48 - 522008年-

Diurnal variations in H2O2, O3, PAN, HNO3 and aldehyde concentrations and NO/NO2 ratios at Rishiri Island, Japan: Potential influence from iodine chemistry

Yugo Kanaya, Hiroshi Tanimoto, Jun Matsumoto, Hiroshi Furutani, Shigeru Hashimoto, Yuichi Komazaki, Shigeru Tanaka, Yoko Yokouchi, Shungo Kato, Yoshizumi Kajii,and Hajime Akimoto

Sci. Total Environ.376p.185 - 1972007年-

Real-time analysis of secondary organic aerosol particles formed from cyclohexene ozonolysis using a laser-ionization single-particle aerosol spectrometer

M. Narukawa, Y. Matsumi, J. Matsumoto, K. Takahashi, A. Yabushita, K. Sato, T. Imamura

Anal. Sci.23p.507 - 5122007年-

共鳴多光子イオン化法を用いたオンサイト・リアルタイム質量分析

松本淳, 三澤健太郎, 石内俊一, 鈴木哲也, 林俊一, 藤井正明

真空50p.241 - 2452007年-

Examination on photostationary state of NOx in the urban atmosphere in Japan

Jun Matsumoto, Naohiro Kosugi, Ayaka Nishiyama, Ryoko Isozaki, Yasuhiro Sadanaga, Shungo Kato, Hiroshi Bandow, and Yoshizumi Kajii

Atmos. Environ.40p.3230 - 32392006年-

Measurement of total OH reactivity by laser-induced pump and probe technique-comprehensive observations in the urban atmosphere of Tokyo

Ayako Yoshino, Yasuhiro Sadanaga, Keisuke Watanabe, Shungo Kato, Yuko Miyakawa, Jun Matsumoto, Yoshizumi Kajii

Atmos. Environ.40p.7869 - 78812006年-

Nocturnal sink of NOx via NO3 and N2O5 in the outflow from a source area in Japan

Jun Matsumoto, Kousuke Imagawa, Hidekazu Imai, Naohiro Kosugi, Masumi Ideguchi, Shungo Kato, Yoshizumi Kajii

Atmos. Environ.40p.6294 - 63022006年-

Scavenging of pollutant acid substances by Asian mineral dust particles

Jun Matsumoto, Kenshi Takahashi, Yutaka Matsumi, Akihiro Yabushita, Atsushi Shimizu, Ichiro Matsui, and Nobuo Sugimoto

Geophys. Res. Lett.33p.L078162006年-

DOI

レーザー誘起蛍光法を用いた窒素酸化物のpptレベルでの大気計測

梶井克純、松本 淳

レーザー研究34p.295 - 2992006年-

都市郊外地域のオキシダント生成能の評価

梶井克純, 吉野彩子, 渡邉敬祐, 定永靖宗, 松本淳, 西田哲, 加藤俊吾

大気環境学会誌41p.259 - 2672006年-

Development of a measurement system of nitrate radical and dinitrogen pentoxide using a thermal conversion/laser-induced fluorescence

J. Matsumoto, H. Imai, N. Kosugi, and Y. Kajii

Rev. Sci. Instrum.76p.0641012005年-

DOI

In situ measurement of N2O5 in the urban atmosphere by thermal decomposition / laser-induced fluorescence technique

Jun Matsumoto, Hidekazu Imai, Naohiro Kosugi, and Yoshizumi Kajii

Atmos. Environ.39p.6802 - 68112005年-

Methods for Preparing Standard Nitrate Radical (NO3) Gas to Calibrate the LIF-based Instrument for Measurements in the Atmosphere

Jun Matsumoto, Hidekazu Imai, Naohiro Kosugi, and Yoshizumi Kajii

Chem. Lett.34p.1214 - 12152005年-

DOI

OH ラジカル寿命観測による都市大気質の診断

吉野 彩子、定永 靖宗、渡邉 敬祐、吉岡 篤史、加藤 俊吾、宮川 祐子、林 一郎、市川 雅子、松本 淳、西山 綾香、秋山 成樹、梶井 克純

大気環境学会誌40p.9 - 202005年-

レーザー誘起蛍光法による NO3/N2O5 測定装置の開発と冬季夜間大気中の窒素酸化物による大気酸性化の評価

小杉 如央、今井 秀和、松本 淳、加藤 俊吾、梶井 克純

大気環境学会誌40p.95 - 1032005年-

レーザー誘起蛍光法による大気中 NO3/N2O5 測定装置

松本 淳、小杉 如央、今井 秀和、梶井 克純

分光研究54p.23 - 312005年-

Development of a Measurement System of Peroxy Radicals Using a Chemical Amplification / Laser-Induced Fluorescence Technique

Y. Sadanaga, J. Matsumoto, K. Sakurai, R. Isozaki, S. Kato, T. Nomaguchi, H. Bandow, and Y. Kajii

Rev. Sci. Instrum.75p.864 - 8722004年-

The importance of NO2 and volatile organic compounds in the urban air from the viewpoint of the OH reactivity

Y. Sadanaga, A. Yoshino, S. Kato, A. Yoshioka, K. Watanabe, Y. Miyakawa, I. Hayashi, M. Ichikawa, J. Matsumoto, A. Nishiyama, N. Akiyama, Y. Kanaya, and Y. Kajii

Geophys. Res. Lett.31p.L081022004年-

DOI

Improved analyzer for nitrogen dioxide by laser-induced fluorescence technique

J. Matsumoto and Y. Kajii

Atmos. Environ.37p.4847 - 48512003年-

Measurement of NO2 by Photolysis Conversion Technique During TRACE-P

K. Nakamura, Y. Kondo, G. Chen, J. H. Crawford, N. Takegawa, M. Koike, K. Kita, Y. Miyazaki, R. E. Shetter, B.L. Lefer, M. Avery, and J. Matsumoto

J. Geophys. Res.108p.47522003年-

Photochemical reactions in the urban air: Recent understandings of radical chemistry

Y. Sadanaga, J. Matsumoto, and Y. Kajii

J. Photochem. Photobiol. C: Photochem. Rev.4p.85 - 1042003年-

Implications of iodine chemistry for daytime HO2 levels at Rishiri Island

Y. Kanaya, Y. Yokouchi, J. Matsumoto, K. Nakamura, S. Kato, H. Tanimoto, H. Furutani, K. Toyota, and H. Akimoto

Geophys. Res. Lett.29p.12122002年-

Nighttime variations in HO2 radical mixing ratios at Rishiri Island observed with elevated monoterpene mixing ratios

Y. Kanaya, K. Nakamura, S.Kato, J. Matsumoto, H. Tanimoto, and H. Akimoto

Atmos. Environ.36p.49292002年-

Photochemical ozone production at a subtropical island of Okinawa, Japan: Implications from simultaneous observations of HO2 radical and NOx

Y. Kanaya, J. Matsumoto, and H. Akimoto

J. Geophys. Res.107p.43682002年-

Seasonal cycles of ozone and oxidized nitrogen species in northeast Asia 1. Impact of regional climatology and photochemistry observed during RISOTTO 1999-2000

H. Tanimoto, H. Furutani, S. Kato, J. Matsumoto, Y. Makide and H. Akimoto

J. Geophys. Res.107p.47472002年-

ポッケルス効果による高精度光路制御〜多成分同時測定への応用〜

松本 淳、梶井 克純

分光研究51p.16 - 172002年-

Behavior of OH and HO2 radicals during the Observations at a Remote Island of Okinawa (ORION99) field campaign 2. Comparison between observations and calculations

Y. Kanaya, J. Matsumoto, S. Kato, and H. Akimoto

J. Geophys. Res.106p.24209 - 242232001年-

Direct measurement of NO2 in the marine atmosphere by laser-induced fluorescence technique

J. Matsumoto, J. Hirokawa, H. Akimoto, and Y. Kajii

Atmos. Environ.35p.2803 - 28142001年-

Daytime HO2 concentrations at Oki Island, Japan, in summer 1998: Comparison between measurement and theory

Y. Kanaya, Y. Sadanaga, J. Matsumoto, U. K. Sharma, J. Hirokawa, Y. Kajii, and H. Akimoto

J. Geophys. Res.105p.24205 - 242222000年-

Nighttime observation of the HO2 radical by an LIF instrument at Oki island, Japan, and its possible origins

Y. Kanaya, Y. Sadanaga, J. Matsumoto, U. K. Sharma, J. Hirokawa, Y. Kajii, and H. Akimoto

Geophys. Res. Lett.26p.2179 - 21821999年-

Seasonal variation of carbon monoxide at remote sites in Japan

D. Narita, P. Pochanart, J. Matsumoto, K. Someno, H. Tanimoto, J. Hirokawa, Y. Kajii, H. Akimoto, M. Nakao, T. Katsuno, and Y. Kinjo

Chemosphere : Global Change Science1p.137 - 1441999年-

Analysis of optical absorption spectra of transition metal cluster ions by the spin-polarized DV-Xa method

S. Minemoto, K. Takahashi, J. Matsumoto, M. Iseda, A. Terasaki, H. Imoto, and T. Kondow

Z. Phys. D.40p.13 - 161997年-

Temperature Dependence of Rate Constant for the Gas-phase Reaction of Ozone with Linalool

Matsumoto, Jun

CHEMISTRY LETTERS45(9)p.1102 - 11042016年-2016年

DOIWoS

詳細

ISSN:0366-7022

Temperature Dependence of Rate Constant for the Gas-phase Reaction of Ozone with Linalool

Matsumoto Jun

Chemistry Letters45(9)p.1102 - 11042016年-2016年

CiNii

詳細

概要:

To determine the reaction rate coefficient of volatile organic compounds (VOCs) with ozone, the reduction of ozone through a flow-tube reactor was measured by a sensitive chemiluminescent detector. In this study, temperature dependence of the rate constant of ozone with linalool, k(T) = A exp(−B/T), was explored (T = 299–322 K). Consequently, temperature-dependent parameters A and B were experimentally determined as (1.6 ± 0.4) × 10−15 cm3 molecule−1 s−1 and 396 ± 26 K, respectively, for the first time. The rate constant of linalool + O3 reaction varied by 10% with changes in temperatures from 299 to 322 K.

書籍等出版物

はじめての大気環境化学

松本 淳

コロナ社2015年 04月-

詳細

ISBN:978-4-339-06636-4

講演・口頭発表等

生物起源揮発性有機化合物のオゾン反応性全量としての測定装置の改良と気相反応研究への応用

松本 淳

IGAC20162016年09月29日

詳細

国際会議口頭発表(一般)

大気中OxとNOxの秒単位での連続同時観測に基づく個々のNOx放出イベントでのNO2/NOx比の測定

Jun Matsumoto

13th International Conference on Atmospheric Sciences and Applications to Air Quality (ASAAQ13)2015年11月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:神戸

生物起源揮発性有機化合物BVOCsのオゾン反応性計測

Jun Matsumoto

1st OH Reactivity Specialists Uniting Meeting (ORSUM), Mainz, Germany招待有り2014年10月15日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Mainz

実大気中のOxとNOxの同時リアルタイム測定に基づく東京郊外でのNOx放出特性の把握

Jun Matsumoto

AGU Fall Meeting 20132013年12月10日

詳細

国際会議ポスター発表開催地:San Francisco

二次有機エアロゾル評価のための有機硝酸全量の測定

Jun Matsumoto

International Symposium on Aerosols in East Asia and Their Impacts on Plants and Human Health2012年11月30日

詳細

国際会議ポスター発表開催地:Koganei

生物起源揮発性有機化合物のオゾン反応性全量としての包括分析装置

Jun Matsumoto

AGU Fall Meeting 20112011年12月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:San Francisco

VUV−SPI−TOFMS法を用いた環境たばこ煙成分のリアルタイム同時多成分分析

Jun Matsumoto, Kentaro Misawa, Shun-ichi Ishiuchi, Masaaki Fujii

IUPAC ICAS20112011年05月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Kyoto

排出ガス試料のOH反応性全量の決定へのNOx分析装置の応用

Jun Matsumoto

Pacifichem 20102010年12月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:Honolulu

レーザー多光子イオン化質量分析計を用いた環境たばこ煙成分のリアルタイム分析

Jun Matsumoto, Kentaro Misawa, Masaaki Fujii

Pacifichem 20102010年12月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Honolulu

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:挑戦的萌芽研究

大気質診断のための有機硝酸生成能の計測

2012年-2013年

研究分野:環境動態解析

配分額:¥3900000

研究種別:新学術領域研究(研究領域提案型)

二次有機エアロゾル生成評価のための有機硝酸全量の計測

2011年-2012年

研究分野:東アジアにおけるエアロゾルの植物・人間系へのインパクト

配分額:¥7020000

研究種別:若手研究(B)

気相中の窒素酸化物と関連成分の多地点同時実時間分析による発生源の影響評価

2010年-2011年

研究分野:環境動態解析

配分額:¥4030000

研究種別:新学術領域研究(研究領域提案型)

エアロゾル前駆体評価のための大気ラジカル反応性の計測に関する研究

2009年-2010年

研究分野:東アジアにおけるエアロゾルの植物・人間系へのインパクト

配分額:¥6760000

研究種別:若手研究(B)

共鳴多光子イオン化法を用いた有害微量成分の実時間分析とその大気への影響の評価

2007年-2008年

研究分野:環境動態解析

配分額:¥3690000

研究資金の受入れ状況

実施形態:共同研究

名古屋大学太陽地球環境研究所 共同研究2012年04月-2018年03月

学内研究制度

特定課題研究

生物起源揮発性有機化合物の大気放出量評価のためのオゾン反応性計測法の高感度化

2015年度

研究成果概要:A unique system that uses the total reactivity withozone (RO3) has been developed for measuring biogenic volatile o...A unique system that uses the total reactivity withozone (RO3) has been developed for measuring biogenic volatile organiccompounds (BVOCs) emitted from vegetation into the atmosphere. However, thesensitivity of the prototype of RO3 analyzer was insufficient for measuringambient atmosphere in the forests. In this study, the improvement of RO3analyzer was explored, especially focused on the improvement of thefast-response chemiluminescent ozone analyzer, CLD-O3. Consequently, thesensitivity of CLD-O3 was achieved. However, the noises were still large atpresent. The upper limit of quantifiable ozone ratio ([O3(VOC)]/[O3(VOC=0)] wasnot improved drastically. As a next step, continuing improvement of analyzers,including reduction of noises by cooling the photomultiplier of CLD-O3, isessential.

所沢キャンパスにおける光化学オキシダント関連成分の挙動把握の試み

2012年度

研究成果概要:①研究の背景と目的: 国内では大気中の光化学オキシダント(主にオゾン)の濃度上昇傾向が報告され、その挙動把握と対策が急務であり、オゾンとその前駆体(窒素酸化物や揮発性有機化合物)の挙動把握が重要である。最近特に、植生など自然発生源...①研究の背景と目的: 国内では大気中の光化学オキシダント(主にオゾン)の濃度上昇傾向が報告され、その挙動把握と対策が急務であり、オゾンとその前駆体(窒素酸化物や揮発性有機化合物)の挙動把握が重要である。最近特に、植生など自然発生源からの放出成分が、自動車排ガスなど人為放出成分と共存する際の挙動が注目されている。代表者はこれまでに、オゾン・窒素酸化物・揮発性有機化合物の高度観測法を研究・開発してきた。代表者が着任後に大気環境研究を始めるにあたり、本拠となる所沢におけるオゾンと関連成分の動態把握がまず必要となる。そこで本研究では、これまでの経験や機器を活用し、所沢の大気中オゾンやその前駆体の観測を実施し、大気微量成分の基本的な特性の把握を目指す。特にオゾンについて、可能な範囲で連続的に観測を続け、各季節ごとに典型的な日変化を把握する。本研究は、所沢という地理的条件を最大限に活用し、都市と自然が共存する郊外地域にて大気観測を実施して、光化学オキシダントの挙動を解明を進めつつ、今後の大気環境研究を進めるうえでの基盤を確立する点が、特に有意義である。②研究の方法:(2-1)大気観測の実施・・・所有する計測装置を活用し、大気中のオゾンを自動連続観測した。測定器は研究室内に設置して安定に運転しつつ、大気試料をテフロン配管と継手を経由して屋外から測定器まで導入した。データは、ロガーや既存PCを活用して取得・記録した。(2-2)観測結果の解析・・・本研究で得られた観測データに関して、(a)オゾン日変化パターン、(b)オゾンの季節変動、(c)近隣の公開データとの比較、(d)大気光化学反応の検証、について解析した。以上を通して、所沢キャンパスでのオゾンを中心とする大気化学的状況の初期的な把握を目指した。③研究の結果と考察:(3-1)大気観測概況・・・2012年6月20日から3月18日まで、所沢キャンパス100号館実験室の外気について、オゾン濃度の自動連続測定を実施した。観測では1分間隔でデータを記録しつづけた。得られた「生」の1分値データは約38.7万点であったが、いくつかの欠測期間や不具合(夏期の停電1日間、年度末の実験棟屋外補修工事に伴う試料採取不可、等)を考慮して異常値等を除外して解析した結果、60分平均値としての正味の測定データ数は6070点であった。工事等に左右されない安定的な連続観測の実現は、今後改善すべき課題である。(3-2)観測結果概況・・・観測期間を通して、日中(午後2時頃)にピークを持ち、夜間(特に冬季)に低濃度になる、都市郊外大気に典型的なオゾン濃度の日変化パターンを実験的に確認した。日射が強く光化学活性の高い「夏季」には、「秋季」「冬季」と比較して、日中オゾン濃度の最大値が高かった。なお、本研究では、一般的にオゾン濃度が高い「春季」は、観測していないためデータを得られなかった。所沢キャンパスが、東京近郊の都市郊外大気でのオゾン研究に十分適用可能であることを示唆した。近隣の公開データ(環境省「そらまめ君」、1時間値)と所沢キャンパスのオゾン観測結果を比較したところ、最寄の「所沢北野」観測局と本観測結果は、全体的によく一致した(60分値での相関係数0.90、回帰直線・・・公開データ=0.95x早大観測値+1.5ppbv)。また、周辺の観測局(「東大和」「狭山」「入間」「中富」)などとも比較的良い相関・一致を示し、所沢キャンパス周辺10km程度までの範囲ではオゾンは似た挙動を示すことも確認された。これら観測局の中で中心に位置する所沢キャンパスは、近隣のオゾン現象を調べるのに適していることが示された。なお、本研究では、窒素酸化物NOxの観測は準備が間に合わなかったため、オゾンとNOxの同時観測と相関解析などは、今後の課題である。

所沢における大気中有機硝酸の観測に基づく光化学オキシダント評価の試み

2014年度

研究成果概要:大気光化学反応での有機硝酸 ANs(RONO2)生成経路への分岐は光化学オキシダント Ox の生成を抑制するので、Ox 挙動の正しい把握のためにはANs 挙動も重要である。そこで本研究では、高確度 NO2 計 CAPS-NO2を活...大気光化学反応での有機硝酸 ANs(RONO2)生成経路への分岐は光化学オキシダント Ox の生成を抑制するので、Ox 挙動の正しい把握のためにはANs 挙動も重要である。そこで本研究では、高確度 NO2 計 CAPS-NO2を活用し、汎用的かつ高確度な ANs 全量計を構築した。性能評価の結果、ANs 検出下限 0.3 ppbv を得た。さらに、所沢キャンパスにて実大気中ANs 全量の連続測定を試みた結果、ANs の日変化の捕捉に成功し、装置の実用性を確認した。さらに観測結果を解析したところ、日ごとのANs 生成分岐比 11 – 32 % を得た。今後の国内での観測例の蓄積が期待される。

ポテンシャルオゾン直接測定に基づく正確な光化学オキシダント評価の実現

2014年度

研究成果概要:光化学オキシダント(対流圏オゾンO3)は依然重要な大気汚染問題である。ポテンシャルオゾンPO(= O3 + NO2) を考えるとO3の複雑な反応挙動を単純化できる。本研究では、高確度な汎用 NO2 計に基づく秒単位での PO, N...光化学オキシダント(対流圏オゾンO3)は依然重要な大気汚染問題である。ポテンシャルオゾンPO(= O3 + NO2) を考えるとO3の複雑な反応挙動を単純化できる。本研究では、高確度な汎用 NO2 計に基づく秒単位での PO, NOx 直接同時測定法を確立した。さらに、都市郊外における実大気観測も試みた。その結果、延べ34日にわたって実大気観測を実施し、実大気PO, NOx の同時高速測定に基づく排ガスNO2/NOx 比の評価にも成功した。今回実現した実大気観測に基づく排ガスNO2/NOx 比の実状把握は、今後の光化学オキシダント現象の解明に向けた足掛かりとなる、と期待される。

ポテンシャルオゾン直接測定に基づく正確かつ汎用的な光化学オキシダント評価の実現

2015年度

研究成果概要:Photochemical oxidant (tropospheric ozone, O3) isstill important. Total oxidants (called as ‘potential ozone’ in Ja...Photochemical oxidant (tropospheric ozone, O3) isstill important. Total oxidants (called as ‘potential ozone’ in Japan, PO=NO2+O3)are convenient to simply recognize the behavior of ozone. In this study, utilizingaccurate and versatile NO2 analyzers, CAPS-NO2, (1) construction of a portableNO2 analyzer and a test of moving observation of exhaust gas nearby emissionsources were conducted. Moving observation of NO2 was successful for 25minutes. In a parking area, exhaust gases emitted from automobiles intoatmosphere were directly monitored. (2) Simultaneous observation of PO, NOx, and/orNO2 at two sites was explored. The first site (a ‘laboratory’ in the university)was 100 m away from another site (an ‘office’ room). The laboratory is closerto a parking area than the office. Consequently, it was confirmed that theambient air outside the laboratory be representative in the university.Additionally, it was also confirmed that observation at the laboratory bedesirable to capture exhaust gases from the parking area. The portable analyzerand procedures for simultaneous observation at two sites are expected as newtools for capturing the atmospheric impact of exhaust gases. In order toexplore the actual situations of exhaust gases, observation of real atmosphereis essential.

所沢の森林における大気試料のオゾン反応性測定の試み

2016年度

研究成果概要:A unique system that uses the total reactivity withozone (RO3) has been developed for measuring biogenic volatile o...A unique system that uses the total reactivity withozone (RO3) has been developed for measuring biogenic volatile organic compounds(BVOCs) emitted from vegetation into the atmosphere. However, the sensitivity ofthe RO3 analyzer was insufficient for measuring the atmosphere in the forests.Recently, the sensitivity of the ozone monitor in the analyzer has beenimproved. In this study, further improvement of the analyzer was explored. As aresult of reduction of noises in the detector, the detection limit of RO3analyzer reached 0.2 x 10-4 s-1 (S/N = 3, 60-s average). After the improvement,a practical test for measuring RO3 in the forest was conducted at Tokorozawa insummer. Consequently, it was experimentally confirmed that coexisting NO can becritical as interference of measurement. This issue remains to be solved. Meanwhile,as another application of improved RO3 analyzer, temperature dependence of ratecoefficients of the reaction linalool+O3 was experimentally determinedsuccessfully. The RO3 analyzer is promising for kinetic studies of BVOCs+O3reactions.

森林大気のオゾン反応性計測に基づく植物由来揮発性有機化合物の動態解析

2016年度

研究成果概要:A unique system that uses the totalreactivity with ozone (RO3) has been developed for measuring biogenic volatileor...A unique system that uses the totalreactivity with ozone (RO3) has been developed for measuring biogenic volatileorganic compounds (BVOCs) emitted from vegetation into the atmosphere. However,the sensitivity of the RO3 analyzer was insufficient for measuring the atmospherein the forests. Recently, the sensitivity of the ozone monitor in the analyzerhas been improved. In this study, further improvement of the analyzer wasexplored. As a result of reduction of noises in the detector, the detectionlimit of RO3 analyzer reached 0.2 x 10-4 s-1 (S/N = 3, 60-s average). After theimprovement, a practical test for measuring RO3 in the forest was conducted atTokorozawa in summer. Consequently, it was experimentally confirmed that coexistingNO can be critical as interference of measurement. This issue remains to besolved. Additionally, in order to realize a versatile procedure for measuring RO3in the forests, combination of sampling and RO3 analysis was challenged. Atpresent, the signal of BVOCs as RO3 was preliminarily captured. It wasindicated that the sampling procedure be promising.

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
基礎ゼミ 14人間科学部2017春学期
基礎ゼミ 15人間科学部2017春学期
基礎ゼミ 16人間科学部2017春学期
大気環境観測実習人間科学部2017春クォーター
環境化学人間科学部2017春学期
大気環境計測論人間科学部2017秋学期
専門ゼミI(大気環境科学)人間科学部2017春学期
専門ゼミII(大気環境科学)人間科学部2017秋学期
大気環境科学研究指導 A大学院人間科学研究科2017春学期
大気環境科学研究指導 B大学院人間科学研究科2017秋学期
大気環境科学ゼミ(1) A大学院人間科学研究科2017春学期
大気環境科学ゼミ(1) B大学院人間科学研究科2017秋学期
大気環境科学ゼミ(1) C大学院人間科学研究科2017春学期
大気環境科学ゼミ(1) D大学院人間科学研究科2017秋学期
大気環境科学ゼミ(2) A大学院人間科学研究科2017春学期
大気環境科学ゼミ(2) B大学院人間科学研究科2017秋学期
大気環境科学ゼミ(2) C大学院人間科学研究科2017春学期
大気環境科学ゼミ(2) D大学院人間科学研究科2017秋学期
局地環境観測実習大学院人間科学研究科2017集中講義(春学期)
大気環境科学特論大学院人間科学研究科2017秋クォーター
大気環境科学研究指導(D) A大学院人間科学研究科2017春学期
大気環境科学研究指導(D) B大学院人間科学研究科2017秋学期

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度

作成した教科書・教材・参考書

はじめての大気環境化学

2015年04月

詳細

概要:光化学オキシダントを中心に成層圏オゾン・気候変動・酸性雨・浮遊粒子状物質・室内空気汚染の話題も取り上げ,その歴史的経緯・発生メカニズム・分析・処理・考え方など化学の基礎をふまえながら例題や練習問題を交え平易に解説。 出版社 コロナ社rISBN 978-4-339-06636-4