氏名

カンノ ヨシヒロ

菅野 由弘

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0053678/)

所属

(基幹理工学部)

プロフィール

東京藝術大学大学院修士課程作曲専攻修了。1979年「弦楽四重奏曲」がモナコ・プランス・ピエール作曲賞。1994年、電子音楽「時の鏡I —風の地平」がユネスコ主催IMC推薦作品、2002年「アウラ」でイタリア放送協会賞受賞。2012年日本文化藝術財団「創造する伝統賞」受賞。  音楽を創作する上で、音素材と表現方法は無限にある、という考え方を基本として、オーケストラ、室内楽などの洋楽器、雅楽や聲明などの日本の伝統的な楽器、コンピュータによる電子音楽素材の3つの柱を駆使して作曲活動を行っている。芸術音楽、実用音楽、付帯音楽を問わず、あらゆるジャンル、あらゆる楽器、あらゆる音の全てを音楽表現の対象としている。  作品は、国立劇場委嘱の雅楽、聲明、古代楽器のための「西行—光の道」(春秋社刊)、NHK交響楽団委嘱のオーケストラ「崩壊の神話」、NHK委嘱のオーケストラ、雅楽、能管、笙のための「蜘蛛」、国立劇場開場45周年記念新作声明「十牛図」、NHK邦楽技能者育成会委嘱の「日輪幻影」、尺八、箏、笙、ヴァイオリン、コンピュータ、映像のための「風の都市」、小川典子とミューザ川崎シンフォニーホール共同委嘱による「光の粒子」「水の粒子」「虹の粒子」のピアノのための3部作、ピアノ、トーイ・ピアノ、コンピュータのための「月夜の虹」、古代祝祭劇「太陽の記憶—卑弥呼」など。  他に、NHK大河ドラマ「炎立つ」、NHKスペシャル「マルチェロ・マストロヤンニのフィレンツェ・ルネサンス」、NHK金曜時代劇「新半七捕物帳」、NHK水曜ドラマの花束「ふたりでタンゴを」、NHK月曜ドラマシリーズ「蜜蜂の休暇」、NHK正月ドラマ「巌流島」「命捧げ候」、NHK震災特集ドラマ「カツオ」、押井守監督の「天使のたまご」の音楽など。他にNHK「新日曜名作座」をはじめ、ラジオドラマ多数。2013年4月から放送の「にっぽんの芸能」テーマ音楽とBGM現在放送中。

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
ykanno@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/ykanno/

研究者番号
90298141

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院基幹理工学研究科)

理工学術院(創造理工学部)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

理工学総合研究センター

兼任研究員 1989年-2006年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2006年-2018年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

学歴・学位

学歴

-1980年 東京芸術大学 音楽研究科 作曲

学位

修士(芸術学) 課程

所属学協会

日本音響学会

情報処理学会

音楽情報科学研究会 幹事

委員歴・役員歴(学外)

2007年-(社)日本作曲家協議会 常務理事

受賞

日本文化藝術財団「創造する伝統賞」

2012年03月

取材ガイド

カテゴリー
複合領域
専門分野
音楽、作曲、音楽情報科学
自己紹介コメント
作曲家として、NHK大河ドラマ「炎立つ」の音楽などを手がけ、また、芸術活動として、オーケストラなどの西洋音楽、日本の伝統音楽のための作品を多数作曲、発表している。また理工学部・表現工学科では、最新のコンピュータ音楽と音楽情報科学の研究を進めており、他の芸術分野、メディア系と呼ばれる表現にも精通している。
キーワード
芸術一般、放送番組、メディア表現一般

研究分野

キーワード

美学(含芸術諸学)

研究テーマ履歴

音楽と音響空間に関する研究

研究テーマのキーワード:音楽,音響空間、音楽芸術

個人研究

音楽の創作(作曲)

個人研究

コンピュータ音楽の研究

個人研究

日本の伝統音楽の研究

個人研究

論文

「不思議」ヴァイオリン、箏、キーボード、コンピュータ、井上有一の書によるモーション・グラフィックス、アコースティック音響コントロール

菅野由弘

UNAC TOKYO : U1-052006年01月-

「風の都市」ヴァイオリン、尺八、箏、笙、キーボード、コンピュータ、井上有一の書によるモーション・グラフィックス、アコースティック音響コントロール

菅野由弘

UNAC TOKYO : U1-052006年01月-

「砂上の楼閣」コントラバスと電子音響のための

菅野由弘

コンピュータ・ミュージック・ジャーナル(MIT Press)28(4)2004年02月-

「ミュージアム・グッズ 1」独走マリンバ、ティンパニと4人の打楽器奏者のための二重協奏曲

菅野由弘

キングレコード2003年12月-

邦楽器と現代作品

菅野由弘

日本音楽のちから(現代邦楽研究所編)/音楽之友社2001年03月-

現代の日本音楽 5 菅野由弘作品

菅野由弘

春秋社2001年01月-

"Fu-Shi-Gi" for Violin, Koto, Keyboard with Computer, Calligraphy Motion Graphics and Acoustic Control

Yoshihiro Kanno

UNAC TOKYO: U1-052006年01月-

"City of Wind" for Violin, Shakuhachi, Sho, Koto, Keyboard with Computer, Calligraphy Motion Graphics and Acoustic Control

Yoshihiro Kanno

UNAC TOKYO: U1-052006年01月-

"A Tower on the Sand" for double bass and tape

Yoshihiro Kanno

Computer Music Journal(MIT Press)28(4)2004年02月-

"Museum Goods 1" double concerto for Marimba solo, Timpani solo and 4Percussionist

Yoshihiro Kanno

King Records: KICC-4322003年12月-

音響〜音と響き,そして音楽 : 作曲家の視点=聴点から(<小特集>音楽音響と音楽関連産業)

菅野 由弘

日本音響学会誌72(1)p.49 - 562015年12月-2015年12月 

CiNii

詳細

ISSN:03694232

書籍等出版物

「西行‐光の道」雅楽、聲明、伶楽のための

菅野由弘

春秋社2001年-

Saigyo -Procession of Light

Yoshihiro Kanno

SHUNJUSHA EDITION, TOKYO2001年-

CD「光・水・虹...」菅野由弘ピアノ作品集

菅野由弘(単著)

BISレコード2015年 02月-

詳細

音声

作品・ソフトウェア・教材・フィールドワーク等

「月夜の虹」ピアノ、トー・ピアノとコンピュータのための

芸術活動2012年12月-

「風韻の舞」三十絃箏のための

芸術活動2012年11月-

「空の迷宮」ピアノとパイプオルガンのための

芸術活動2012年05月-

聲明「十牛図」鎮魂と再生への祈り〜心の四十五声〜(国立劇場委嘱作品)

芸術活動2011年09月-

「星曲線」ヴァイオリン、ピアノとコンピュータのための

芸術活動2011年02月-

「虹の粒子」---ピアノと歌舞伎オルゴールのために

芸術活動2011年02月-

「水の粒子」---ピアノと明珍火箸のための

芸術活動2010年02月-

「光の粒子」---ピアノと南部鈴のための

芸術活動2009年02月-

「不思議」ヴァイオリン、箏、キーボード、コンピュータ、井上有一の書によるモーション・グラフィックス、アコースティック音響コントロール

芸術活動2005年09月-

「風の都市」ヴァイオリン、尺八、箏、笙、キーボード、コンピュータ、井上有一の書によるモーション・グラフィックス、アコースティック音響コントロール

芸術活動2005年09月-

「砂上の楼閣」コントラバスと電子音響のための

芸術活動2004年03月-

「ミュージアム・グッズ 1」独走マリンバ、ティンパニと4人の打楽器奏者のための二重協奏曲

芸術活動2003年06月-

「石の門」ピアノのための

芸術活動2003年03月-

菅野由弘作品集 III「崩壊の神話」CD

芸術活動1999年-

崩壊の神話-オーケストラのための (NHK交響楽団委嘱作品)

芸術活動1995年-

「不思議」ヴァイオリン、箏、キーボード、コンピュータ、井上有一の書によるモーション・グラフィックス、アコースティック音響コントロール

芸術活動2005年09月-

「風の都市」ヴァイオリン、尺八、箏、笙、キーボード、コンピュータ、井上有一の書によるモーション・グラフィックス、アコースティック音響コントロール

芸術活動2005年09月-

「砂上の楼閣」コントラバスと電子音響のための

芸術活動2004年03月-

「ミュージアム・グッズ 1」独走マリンバ、ティンパニと4人の打楽器奏者のための二重協奏曲

芸術活動2003年06月-

「石の門」ピアノのための

芸術活動2003年-

菅野由弘作品集 III「崩壊の神話」CD

芸術活動1999年-

虚空星響-聲明とコンピュータのための音楽 (CD-COCO-80097)

芸術活動1996年-

崩壊の神話-オーケストラのための (NHK交響楽団委嘱作品)

芸術活動1995年-

西行-光の道 雅楽.聲明と正倉院の復元楽器のための音楽(国立劇場委嘱作品)

芸術活動1995年-

「星座」ピアノ、バヤントチェロのための

菅野由弘

芸術活動2013年11月-

詳細

発表場所:東京

「アンドロメダ銀河」ピアノ4手連弾のための

菅野由弘

芸術活動2014年01月-

詳細

発表場所:東京

「梨花一枝」箏唄のための

菅野由弘

芸術活動2014年11月-

詳細

発表場所:東京

「風の迷宮」サックス、ピアノ、ドラムス、ベース、コンピュータのための

菅野由弘

芸術活動2014年11月-

詳細

発表場所:横浜

太陽の記憶「卑弥呼」

菅野由弘

芸術活動2014年11月-

Cat in the Box「猫はしばしば箱に潜る」プリペア—ド・ピアノ4手連弾と2台のトーイ・ピアノのための

菅野由弘

芸術活動2015年10月-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

音楽の作曲・演奏・信号の数理モデルを融合する音楽音響情報処理の研究

2014年-0月-2017年-0月

配分額:¥42640000

学内研究制度

特定課題研究

音のサブリミナル効果確認のための基礎研究

1998年度

研究成果概要: 音楽や映像に、表面上は認識できない情報を織り込んで、視聴者にメッセージを送る「サブリミナル効果」が存在するとされる情報が流布し始め、商品化され、あるいは放送されたりし始めている。それらは、可成りの市場を持ち、実際に収益を上げてい... 音楽や映像に、表面上は認識できない情報を織り込んで、視聴者にメッセージを送る「サブリミナル効果」が存在するとされる情報が流布し始め、商品化され、あるいは放送されたりし始めている。それらは、可成りの市場を持ち、実際に収益を上げている会社も見られる。が、実際に効果があるのか、本当にサブリミナル効果が認識されるのかどうかに関しては、ほとんど研究されていないのが現状であるので、98年度より、その調査を開始した。調査方法は、まず、サブリミナルメッセージを織り込んだ音楽を作成、そのメッセージが実際に伝わるかどうかを、被験者にサブリミナルメッセージが入った音楽と、入っていない音楽(音楽そのものは全くおなじ曲を使用)を聞かせ、アンケート調査を実施する方法で確かめようとした。現在まで実施した500人ほどの被験者による調査では、本当の「サブリミナル効果」なのか、暗示による心理的効果なのか判別しがたい結果となっている。また、本研究を進める内に、「サブリミナル効果」よりも、音楽そのものの表現が人の心理に与える影響の大きさの方がクローズアップされる結果となっている。 このような結果から今後は、音楽の「サブリミナル効果」と「心理的影響」の両面からその効果を確かめる必要が出てきた。「サブリミナル効果」そのものの信憑性を問うべく始められた研究だが、これに「心理的影響」調査を加えることにより、さらに実体に迫ることが出来るものと思われる。肯定にせよ否定にせよ、より精密な調査が必要とされる段階であり、まだ結果と言われる程のものは得られていない。

音楽のサブリミナル効果と心理的影響調査

1999年度

研究成果概要: 音楽や映像に、表からは認識できない情報を織り込んで、視聴者にメッセージを送る「サブリミナル効果」そのものの信憑性を問うべく研究調査を開始、約500人ほどの被験者による調査を行ったが、本当の「サブリミナル効果」なのか、音楽そのもの... 音楽や映像に、表からは認識できない情報を織り込んで、視聴者にメッセージを送る「サブリミナル効果」そのものの信憑性を問うべく研究調査を開始、約500人ほどの被験者による調査を行ったが、本当の「サブリミナル効果」なのか、音楽そのものの心理的効果なのか判別しがたい結果となった。このことから、まず「音楽の心理に与える影響」調査を行い、そのあとに「サブリミナル効果」否定の方向に進めるための、音楽のソフト制作を行い、その一部をCD-ROMの形で出版、より広範な調査が可能となった。このCD-ROMは、市販品のためサブリミナル効果は織り込まれていないが、一般商品ではあり得ない「遠隔調転調」や木の音から鐘の音へ、といった「音色変化」も盛り込まれ、また一般の写真集との違和感のないドッキングにより、より自然な形でのアンケート調査が可能になっている。

海外研究活動

研究課題名: 音楽作品作曲、CD製作、新作発表と、それに伴う音響信号処理研究

2014年04月-2015年03月

機関: ギルドホール音楽院(英国)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
科学と芸術基幹理工学部2020秋学期
科学と芸術創造理工学部2020秋学期
科学と芸術先進理工学部2020秋学期
音と音楽の表現領域基幹理工学部2020春学期
音と音楽の表現領域創造理工学部2020春学期
音と音楽の表現領域先進理工学部2020春学期
生活空間の文化基幹理工学部2020春学期
生活空間の文化創造理工学部2020春学期
生活空間の文化先進理工学部2020春学期
音楽論基幹理工学部2020秋学期
音楽論創造理工学部2020秋学期
音楽論先進理工学部2020秋学期
境界領域アート論基幹理工学部2020秋学期
境界領域アート論創造理工学部2020秋学期
境界領域アート論先進理工学部2020秋学期
音楽表現基礎基幹理工学部2020秋学期
音楽表現基礎  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020秋学期
キャリアデザインA 18前再基幹理工学部2020春学期
キャリアデザインA基幹理工学部2020春学期
キャリアデザインA 18前再 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020春学期
キャリアデザインA 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020春学期
キャリアデザインB 18前再基幹理工学部2020秋学期
キャリアデザインB基幹理工学部2020秋学期
キャリアデザインB 18前再 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020秋学期
キャリアデザインB 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020秋学期
プロジェクト学習1基幹理工学部2020通年
プロジェクト学習1 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020通年
プロジェクト学習2基幹理工学部2020通年
プロジェクト学習2 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020通年
卒業論文・制作基幹理工学部2020通年
卒業論文・制作 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020通年
インターメディア作曲I基幹理工学部2020春学期
インターメディア作曲I基幹理工学部2020春学期
インターメディア作曲I創造理工学部2020春学期
インターメディア作曲I先進理工学部2020春学期
インターメディア作曲II基幹理工学部2020秋学期
インターメディア作曲II基幹理工学部2020秋学期
インターメディア作曲II創造理工学部2020秋学期
インターメディア作曲II先進理工学部2020秋学期
Research Project B基幹理工学部2020春学期
Research Project B 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020春学期
Research Project C基幹理工学部2020秋学期
Research Project C 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020秋学期
Research Project D基幹理工学部2020春学期
Intermedia Art and Science Laboratory A基幹理工学部2020秋学期
Research Project A基幹理工学部2020秋学期
修士論文(表現)大学院基幹理工学研究科2020通年
Research on Intermedia Music Study大学院基幹理工学研究科2020通年
音楽情報科学研究大学院基幹理工学研究科2020通年
音楽情報科学特論大学院基幹理工学研究科2020春学期
Seminar on Intermedia Music Study A大学院基幹理工学研究科2020春学期
音楽情報科学演習A大学院基幹理工学研究科2020春学期
Seminar on Intermedia Music Study B大学院基幹理工学研究科2020秋学期
音楽情報科学演習B大学院基幹理工学研究科2020秋学期
Seminar on Intermedia Music Study C大学院基幹理工学研究科2020春学期
音楽情報科学演習C大学院基幹理工学研究科2020春学期
Seminar on Intermedia Music Study D大学院基幹理工学研究科2020秋学期
音楽情報科学演習D大学院基幹理工学研究科2020秋学期
Master's Thesis (Department of Intermedia Studies)大学院基幹理工学研究科2020通年
音楽情報科学研究大学院基幹理工学研究科2020通年
表現工学上級演習A大学院基幹理工学研究科2020春学期
表現工学上級演習B大学院基幹理工学研究科2020秋学期

教育内容・方法の工夫

「境界領域アート論」における美術館鑑賞

詳細

概要:授業「境界領域アート論」では、ほぼ3回に1回は、マルチメディアを応用した「境界領域」にあるアート作品や、コンサートに出かけて行き、実際のエキジビションに肌で触れて参加させる活動を行っている。それを教室に持ち帰り、ディスカッションしながら、アート・シーンを考えさせている。

「音と音楽の表現領域」におけるコンサート開催

詳細

概要:授業「音と音楽の表現領域」は、教室での授業のほかに、半期の2-4回、大隈講堂コンサートを開催している。これは、学生を、生の音楽に触れさせる事を目的としており、可能な限り、一級の演奏家を招聘している。

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

インターカレッジ・コンピュータ音楽コンサート
詳細

概要:コンピュータ音楽表現の教育を行っている、芸術系、および工学系の、全国18大学で組織する「インターカレッジ」では、毎年12月に学生の作品を持ち寄るコンサートを行っている。芸術系と工学系の学生が交わることにより、表現の幅を広げる事を目的とし、情報処理学会・音楽情報科学研究会の中のワーキンググループとして、学会併設コンサートの色彩も持つ。何よりも、同じ志を持ち、目的意識の違う学生同士の交流は、何物にも代え難い成果を上げているものと自負している。なお、2003年から菅野が代表を務め、現在に至っている。