氏名

ホンイデン シンイチ

本位田 真一

職名

教授(任期付)

所属

(国際理工学センター)

本属以外の学内所属

学内研究所等

グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所

研究所員 2018年-

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

学歴・学位

学位

博士

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

想定に漏れた環境変化にしなやかに耐える実行時モデルフレームワーク

2018年-0月-2022年-0月

配分額:¥16640000

研究種別:

保証付き多段階システムモデルの柔軟・継続的な洗練・進化

2017年-0月-2021年-0月

配分額:¥14300000

研究種別:

しなやかなシステムを実現するマルチビュー実行時モデルフレームワーク

2017年-0月-2022年-0月

配分額:¥43940000

研究種別:

プロジェクトマネジメントの手法を用いた電気自動車のドライバの運行支援

2016年-0月-2018年-0月

配分額:¥3380000

研究種別:

想定に漏れた環境変化に耐えるソフトウェアを実現する実行時モデル更新技術

2016年-0月-2018年-0月

配分額:¥3380000

研究種別:

実行時ゴールモデル追跡による想定外の検出

2015年-0月-2017年-0月

配分額:¥3250000

研究種別:

センサネットワークにおけるセンサデータの自己修復に関する研究

2014年-0月-2017年-0月

配分額:¥4420000

研究種別:

想定外に備えた空間制御ソフトウェアの分析・設計・検証手法

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥44850000

研究種別:

ユビキタス・アプリケーション開発を支援するマルチエージェントミドルウェアの研究

配分額:¥19110000

研究種別:

モデル検査による設計モデル検証プロセスの研究

配分額:¥4160000

研究種別:

オープン無線センサーネットワークのためのミドルウェアに関する研究

配分額:¥42510000

研究種別:

不特定多数の計算機を利用したサービス提供のためのソフトウェア開発方法論と支援環境

配分額:¥45630000

研究種別:

進化型エージェントアーキテクチャによる組織構造に基づいたセキュリティの実現

配分額:¥3300000

研究種別:

ネットワーク分散知識システムのための知識共生モデルの構築に関する研究

配分額:¥15000000

研究種別:

仕様/環境の変化に対応するソフトウェアのためのエージェント指向開発方法論の構築

学内研究制度

特定課題研究

保証を伴うしなやかなシステムを実現する制御理論融合自己適応ソフトウェアシステ ム

2018年度共同研究者:鄭顕志

研究成果概要:制御理論とソフトウェア工学技術を融合した自己適応ソフトウェア開発方法論を構築し、さらに不確かなオープン環境下におけるソフトウェアシステムの品質保証を可能とするソフトウェアアーキテクチャの構築を目指している。その具体化への足がかり...制御理論とソフトウェア工学技術を融合した自己適応ソフトウェア開発方法論を構築し、さらに不確かなオープン環境下におけるソフトウェアシステムの品質保証を可能とするソフトウェアアーキテクチャの構築を目指している。その具体化への足がかりとして、代表的なマルチエージェントプラットフォームであるJADEを利用して、自己適応システムを実現するプラットフォームの設計、実装し、 制御理論を扱うための機能拡張を行った。また、制御理論による自己適応システムを実現するプラットフォーム上で動作するサンプルアプリケーションを開発し、ソフトウェアアーキテクチャの有用性を確認した。

体感品質に基づいたユビキタスサービスの開発を支援するフレームワークの検討

2018年度共同研究者:鄭顕志

研究成果概要:大型の外部資金が獲得できた場合の最終的な目標は、視覚・聴覚によるユーザ体感への影響に基づく機器管理システムと、使用できる機器に応じて体感品質を最大化するようサービスフローを変更するサービスモデルフレームワークを提案し、それらを統合...大型の外部資金が獲得できた場合の最終的な目標は、視覚・聴覚によるユーザ体感への影響に基づく機器管理システムと、使用できる機器に応じて体感品質を最大化するようサービスフローを変更するサービスモデルフレームワークを提案し、それらを統合したユビキタスサービスフレームワークを開発することで、高品質なユビキタスサービスの開発コストを低減することである。それを見据えて、本特定課題研究助成費において、実施項目1では,視覚・聴覚効果に基づく機器管理システムの概要を検討し、実施項目2では体感品質を最大化するサービスフロー切替えに対応したサービスモデルフレームワークの構築手法を検討した。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
卒業論文A基幹理工学部2019通年
卒業論文A  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019通年
卒業論文B基幹理工学部2019通年
卒業論文B  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019通年
プロジェクト研究A基幹理工学部2019春学期
プロジェクト研究B基幹理工学部2019秋学期
卒業論文A基幹理工学部2019通年
卒業論文A  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019通年
卒業論文B基幹理工学部2019通年
卒業論文B  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019通年
プロジェクト研究A基幹理工学部2019春学期
プロジェクト研究B基幹理工学部2019秋学期
Research Project B基幹理工学部2019春学期
Research Project B基幹理工学部2019春学期
Research Project B 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
Research Project B 【S Grade】基幹理工学部2019春学期
Research Project C基幹理工学部2019秋学期
Research Project C基幹理工学部2019秋学期
Research Project C 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019秋学期
Research Project C 【S Grade】基幹理工学部2019秋学期
Research Project A基幹理工学部2019秋学期
Research Project A基幹理工学部2019秋学期
Research Project D基幹理工学部2019春学期
Research Project D基幹理工学部2019春学期
Computer Science and Communications Engineering Laboratory A基幹理工学部2019秋学期
Computer Science and Engineering Laboratory基幹理工学部2019秋学期
Computer Science and Engineering Laboratory基幹理工学部2019秋学期
Computer Science and Communications Engineering Laboratory A [S Grade]基幹理工学部2019秋学期
Algorithms and Data Structures基幹理工学部2019春学期
Algorithms and Data Structures基幹理工学部2019春学期
Algorithms and Data Structures基幹理工学部2019春学期
Algorithms and Data Structures基幹理工学部2019春学期
Algorithms and Data Structures基幹理工学部2019春学期
Introduction to Computers and Networks基幹理工学部2019春学期
修士論文(情報・通信)大学院基幹理工学研究科2019通年
Research on Autonomous Agent System大学院基幹理工学研究科2019通年
自律エージェント工学研究大学院基幹理工学研究科2019通年
Special Laboratory A in Computer Science and Communications Engineering大学院基幹理工学研究科2019春学期
情報理工・情報通信特別実験A大学院基幹理工学研究科2019春学期
Special Laboratory B in Computer Science and Communications Engineering大学院基幹理工学研究科2019秋学期
情報理工・情報通信特別実験B大学院基幹理工学研究科2019秋学期
Autonomous Agent System大学院基幹理工学研究科2019秋学期
自律エージェントシステム特論大学院基幹理工学研究科2019秋学期
Seminar on Autonomous Agent System A大学院基幹理工学研究科2019春学期
自律エージェントシステム演習A大学院基幹理工学研究科2019春学期
Seminar on Autonomous Agent System B大学院基幹理工学研究科2019秋学期
自律エージェントシステム演習B大学院基幹理工学研究科2019秋学期
Seminar on Autonomous Agent System C大学院基幹理工学研究科2019春学期
自律エージェントシステム演習C大学院基幹理工学研究科2019春学期
Seminar on Autonomous Agent System D大学院基幹理工学研究科2019秋学期
自律エージェントシステム演習D大学院基幹理工学研究科2019秋学期
Master's Thesis (Department of Computer Science and Communications Engineering)大学院基幹理工学研究科2019通年
自律エージェント工学研究大学院基幹理工学研究科2019通年