氏名

シバタ シゲノブ

柴田 重信

職名

教授

所属

(先進理工学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
shibatas@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://faculty.web.waseda.ac.jp/shibatas/index.html

研究者番号
10162629

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院先進理工学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

商学学術院(商学部)

学内研究所等

欧州バイオメディカルサイエンス研究所

研究所員 2009年-2011年

応用脳科学研究所

研究所員 2009年-2013年

欧州バイオメディカルサイエンス研究所

研究所員 2011年-2012年

欧州バイオメディカルグリーンサイエンス研究所

研究所員 2012年-2014年

ライフサポートイノベーション研究所

研究所員 2014年-2014年

規範科学総合研究所

研究所員 2015年-2019年

先進グリッド技術研究所

研究所員 2014年-2016年

欧州バイオメディカルグリーンサイエンス研究所

研究所員 2015年-2016年

グローバルバイオメディカルグリーンサイエンス研究所

研究所員 2016年-2017年

アクティヴ・エイジング研究所

研究所員 2013年-2017年

持続型食・農・バイオ研究所

プロジェクト研究所所長 2017年-2018年

グローバルバイオメディカルグリーンサイエンス研究所

研究所員 2017年-2018年

持続型食・農・バイオ研究所

研究所員 2014年-2018年

人間総合研究センター

兼任研究員 1989年-

スマートライフサイエンス研究所

研究所員 2014年-2019年

先進グリッド技術研究所

研究所員 2016年-2019年

早稲田バイオサイエンスシンガポール研究所

研究所員 2017年-

アクティヴ・エイジング研究所

研究所員 2018年-2022年

学際融合脳科学研究所

研究所員 2018年-

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

時間栄養学研究所

プロジェクト研究所所長 2019年-2021年

ヒューマンパフォーマンス研究所

研究所員 2019年-

規範科学総合研究所

研究所員 2019年-

学歴・学位

学歴

-1951年 九州大学 薬学部 薬学
-1956年 九州大学 薬学系研究科 薬学

学位

薬学博士 課程

薬学博士 九州大学

所属学協会

日本薬理学会 評義員

日本時間生物学会 事務局長

日本薬学会

日本神経精神薬理学会

Society research on biological Rhythms

日本神経科学会

Society for Research on Biological Rhythms

受賞

日本薬学会学術奨励賞

1994年

研究分野

キーワード

応用薬理学・医療系薬学

科研費分類

総合生物 / 神経科学 / 神経化学・神経薬理学

研究シーズ

研究テーマ履歴

体内時計に作用する薬物の研究

研究テーマのキーワード:生物時計,薬理学,創薬

個人研究

乱用性薬物の脳内作用機序解明

研究テーマのキーワード:乱用性薬物,覚醒剤,脳

国内共同研究

生体リズムの分子生物学的薬理学的研究

個人研究

向精神薬の薬理学的研究

個人研究

論文

Meal frequency patterns determine the phase of mouse peripheral circadian clocks.

Kuroda H, Tahara Y, Saito K, Ohnishi N, Kubo Y, Seo Y, Otsuka M, Fuse Y, Ohura Y, Hirao A, Shibata S.

Scientific Reports2p.7112012年09月-

DOI

Biological clock dysfunction exacerbates contact hypersensitivity in mice.

Takita E, Yokota S, Tahara Y, Hirao A, Aoki N, Nakamura Y, Nakao A, Shibata S.

Br J Dermatol.2012年07月-

DOI

Differential roles of breakfast only (one meal per day) and a bigger breakfast with a small dinner (two meals per day) in mice fed a high-fat diet with regard to induced obesity and lipid metabolism.

Fuse Y, Hirao A, Kuroda H, Otsuka M, Tahara Y, Shibata S.

J Circadian Rhythms.10(1)p.42012年05月-

In vivo monitoring of peripheral circadian clocks in the mouse.

Tahara Y, Kuroda H, Saito K, Nakajima Y, Kubo Y, Ohnishi N, Seo Y, Otsuka M, Fuse Y, Ohura Y, Komatsu T, Moriya Y, Okada S, Furutani N, Hirao A, Horikawa K, Kudo T, Shibata S.

Current Biology22(11)p.1029 - 10342012年06月-

DOI

Involvement of the stress kinase mitogen-activated protein kinase kinase 7 in the regulation of the mammalian circadian clock.

Uchida Y, Osaki T, Yamasaki T, Shimomura T, Hata S, Horikawa K, Shibata S, Todo T, Hirayama J, Nishina H.

J Biol Chem.287(11)p.8318 - 83262012年03月-

DOI

The Protective and Recovery Effects of Fish Oil Supplementation on Cedar Pollen-Induced Allergic Reactions in Mice.

Hirao A, Furutani N, Nagahama H, Itokawa M, Shibata S.

Food Nutrition and Sciences3p.40 - 472012年01月-

Tribromoethanol phase shifts the circadian rhythm of the liver clock in Per2::Luciferase knock-in mice; lack of dependence on anesthetic activity.

Kubo Y, Tahara Y, Hirao A, Shibata S.

J Pharmacol Exp Ther.340(3)p.698 - 7052012年03月-

時間栄養学

柴田重信、青木菜摘

G. I. Research20(5)2012年10月-

用語解説「時間栄養学」

柴田重信

栄養−評価と治療29(3)2012年08月-

体内時計を用いた理想的な食生活作りのために

平尾彰子、柴田重信

顕微鏡47(2)p.83 - 862012年-

暮らしの最前線90「時間栄養学の現状とこれから」

柴田重信

日本家政学会誌63(6)p.337 - 3412012年-

体内時計と食品成分(シリーズ 長寿の秘訣を時計遺伝子から探る)

柴田重信

FOODSTYLE2116(6)2012年06月-

時間栄養学

柴田重信

化学と生物2012年-

生体リズムと創薬

柴田重信

日本臨床薬理学会誌2012年-

概日リズムと肥満・生活習慣病「体内時計と栄養・食事の相互作用」

日本肥満学会誌2012年-

時計遺伝子と食事リズム−時間栄養学−

柴田重信

日本臨床栄養学会誌2012年-

Synthesis of new [6]-gingerol analog and its protective effect on the development of metabolic syndrome in high-fat diet-fed mice.

Okamoto M, Irii H, Tahara Y, Ishi H, Hirao A, Udagawa H, Hiramoto M, Yasuda K, Takanishi A, Shibata S, Shimizu I.

J. Medicinal Chemistry.54(18)p.6295 - 63042011年09月-

Dietary intake is associated with human chronotype as assessed by both morningness-eveningness score and preferred midpoint of sleep in young Japanese women.

Sato-Mito N, Shibata S, Sasaki S, Sato K.

Int J Food Sci Nutr.62(5)p.525 - 5322011年08月-

The midpoint of sleep is associated with dietary intake and dietary behavior among young Japanese women.

Sato-Mito N, Sasaki S, Murakami K, Okubo H, Takahashi Y, Shibata S, Yamada K, Sato K

Sleep Med12(3)p.289 - 2942011年03月-

Attenuated food anticipatory activity and abnormal circadian locomotor rhythms in Rgs16 knockdown mice.

Hayasaka N, Aoki K, Kinoshita S, Yamaguchi S, Wakefield JK, Tsuji-Kawahara S, Horikawa K, Ikegami H, Wakana S, Murakami T, Ramabhadran R, Miyazawa M, Shibata S.

PLoS One6(3)p.e176552011年03月-

The circadian clock gene Period2 regulates a time of day-dependent variation in cutanenous anaphylactic reaction.

Nakamura Y, Harama D, Shimokawa N, Hara M, Suzuki R, Tahara Y, Ishimaru K, Katoh R, Okumura K, Ogawa H, Shibata S, Nakao A.

Journal of Allergy and Clinical Immunology127(4)p.1038 - 10452011年04月-

Refeeding after fasting elicits insulin-dependent regulation of Per2 and Rev-erba with shifts in the liver clock.

Tahara Y, Otsuka M, Fuse Y, Hirao A, and Shibata S.

J Biological Rhythms26(3)p.230 - 2402011年06月-

体内時計の活用法

柴田重信

明治学院大学教養教育センター付属研究所年報(Synthesis 2009)p.29 - 372010年03月-

Time of day and nutrients in feeding govern daily expression rhythms of the gene for sterol regulatory element-binding protein (SREBP)-1 in the mouse liver.

Matsumoto E, Ishihara A, Tamai S, Nemoto A, Iwase K, Hiwasa T, Shibata S, Takiguchi M.

J Biol Chem.285p.33028 - 330362010年-

Cortical neurons from intrauterine growth retardation rats exhibit lower response to neurotrophin BDNF.

Ninomiya M, Numakawa T, Adachi N, Furuta M, Chiba S, Richards M, Shibata S, Kunugi H.

Neurosci Lett.476p.104 - 1092010年-

Prednisolone causes anxiety- and depression-like behaviors and altered expression of apoptotic genes in mice hippocampus.

Kajiyama Y, Iijima Y, Chiba S, Furuta M, Ninomiya M, Izumi A, Shibata S, Kunugi H.

Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry34p.159 - 1652010年-

Time-dependent inhibitory effect of lipopolysaccharide injection on Per1 and Per2 gene expression in the mouse heart and liver.

Yamamura Y, Yano I, Kudo T, Shibata S.

Chronobiol Int.27p.213 - 2322010年-

Combination of starvation interval and food volume determines the phase of liver circadian rhythm in Per2::Luc knock-in mice under two meals per day feeding.

Hirao A, Nagahama H, Tsuboi T, Hirao M, Tahara Y, Shibata S.

Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol.299p.G1045 - 10532010年-

Effects of medial hypothalamic lesions on feeding-induced entrainment of locomotor activity and liver Per2 expression in Per2::luc mice.

Tahara Y, Hirao A, Moriya T, Kudo T, Shibata S

J Biol Rhythms25(1)p.9 - 182010年-

DOI

Restricted feeding-induced entrainment of activity rhythm and peripheral clock rhythm

Shigenobu SHIBATA, Akiko HIRAO, Yu TAHARA

Sleep and Biological Rhythms8p.18 - 272010年-

DOI

Self-sustained circadian rhythm in cultured human mononuclear cells isolated from peripheral blood.

Ebisawa T, Numazawa K, Shimada H, Izutsu H, Sasaki T, Kato N, Tokunaga K, Mori A, Honma K, Honma S, Shibata S.

Neurosci Res66p.223 - 2272010年-

DOI

The role of GABAergic neuron on NMDA- and SP-induced phase delays in the suprachiasmatic nucleus neuronal activity rhythm in vitro.

Hamada T, Shibata S.

Neurosci Lett468p.344 - 3472010年-

DOI

A balanced diet is necessary for proper entrainment signals of the mouse liver clock

Hirao A, Tahara Y, Kimura I, Shibata S

PLoS ONE4(9)p.e69092009年-

DOI

The dorsomedial hypothalamic nucleus is not necessary for food anticipatory circadian rhythms of behavior, temperature or clock gene expression in mice.

Moriya T, Aida R, Kudo T, Akiyama M, Doi M, Hayasaka N.,Nkahata N, Mistlberger R, Okamura H, Shibata S

Eur J Neurosci29(7)p.1447 - 14602009年-

DOI

Effect of chronic ethanol exposure on the liver of Clock-mutant mice.

Kudo T, Tamagawa T, Shibata S.

J Circadian Rhythm72009年-

DOI

Food anticipation in Bmal1-/- and AAV-Bmal1 rescued mice: a reply to Fuller et al

Mistlberger RE, Buijs RM, Challet E, Escobar C, Landry GJ, Kalsbeek A, Pevet P, Shibata S.

J Circadian Rhythm72009年-

DOI

Standards of evidence in chronobiology: critical review of a report that restoration of Bmal1 expression in the dorsomedial hypothalamus is sufficient to restore circadian food anticipatory rhythms in Bmal1-/- mice.

Mistlberger RE, Buijs RM, Challet E, Escobar C, Landry GJ, Kalsbeek A, Pevet P, Shibata S.

J Circadian Rhythm72009年-

DOI

Gonadectomy reveals sex differences in circadian rhythms and suprachiasmatic nucleus androgen receptors in mice.

Iwahana E, Karatsoreos I, Shibata S, Silver R

Horm Behav53(3)p.422 - 4302008年-

DOI

Clock mutation facilitates accumulation of cholesterol in the liver of mice fed a cholesterol and/or cholic acid diet.

Kudo T, Kawashima M, Tamagawa T, Shibata S

Am J Physiol Endocrinol Metab294(1)p.E120 - 1302008年-

DOI

時間栄養学入門・夜遅い夕食と健康のQ&A

柴田重信

栄養と料理 2008年12月号74(12)p.81 - 862008年12月-

“体内時計の乱れ”がお腹に脂肪がつく原因だった

柴田重信

日経Health 2008年8月号2008年08月-

時間栄養における朝食の大切さ

柴田重信

Kellogg's Update(97)p.1 - 42008年04月-

睡眠覚醒のリズム

守屋孝洋、柴田重信

小児内科40(1)2008年01月-

セミナー 体内時計と健康(3)

柴田重信

臨床栄養112(3)2008年03月-2008年03月 

セミナー 体内時計と健康(2)

柴田重信

臨床栄養112(2)2008年02月-2008年03月 

セミナー 体内時計と健康(1)

柴田重信

臨床栄養112(1)2008年01月-2008年03月 

時刻・時間における体内時計機構の役割

柴田重信

動物心理学研究58(1)p.21 - 312008年-

DOI

体内時計と食

柴田重信

FFIジャーナル(食品・食品添加物研究誌)213(1)2008年-

生命現象に潜むリズムを解明

柴田重信

WIN WING(アズワン株式会社)2008年-

体内時計と食

柴田重信

キューピーニュース(406)2008年-

Circadian rhythms in the CNS and peripheral clock disorders: preface.

Shibata S

J Pharmacol Sci103(2)p.1332007年-

DOI

Circadian rhythms in the CNS and peripheral clock disorders: the circadian clock and hyperlipidemia.

Kudo T, Horikawa K, Shibata S

J Pharmacol Sci103(2)p.139 - 1432007年-

DOI

Differential effect of lithium on the circadian oscillator in young and old hamsters.

Iwahana E, Hamada T, Uchida A, Shibata S

Biochem Biophys Res Commun354p.752 - 7562007年-

DOI

Optimization of Dosing Schedule of Daily Inhalant Dexamethasone to Minimize Phase-shifting of Clock Gene Expression Rhythm in the Lungs of the Asthma Mouse Model.

Hayasaka N, Yaita T, Kuwaki T, Honma S, Honma KI, Kudo T, Shibata S

Endocrinology148(7)p.3316 - 33262007年-

DOI

Constant light housing during nursing causes human DSPS (delayed sleep phase syndrome) behaviour in Clock-mutant mice.

Wakatsuki Y, Kudo T, Shibata S

Eur J Neurosci25p.2413 - 24242007年-

DOI

PPARα is a potential therapeutic target of drugs to treat circadian rhythm sleep disorders.

Shirai H, Oishi K, Kudo T, Shibata S, Ishida N

Biochem Biophys Res Commun357p.679 - 6822007年-

DOI

Attenuating Effect of Clock Mutation on Triglyceride Contents in the ICR Mouse Liver under a High-Fat Diet.

Kudo T, Tamagawa T, Kawashima M, Mito N, Shibata S

J Biol Rhythms22(4)p.312 - 3232007年-

DOI

Multifactorial regulation of daily rhythms in expression of the metabolically responsive gene spot14 in the mouse liver.

Ishihara A, Matsumoto E, Horikawa K, Kudo T, Sakao E, Nemoto A, Iwase K, Sugiyama H, Tamura Y, Shibata S, Takiguchi M

J Biol Rhythms22(4)p.324 - 3342007年-

DOI

ORL1 receptor-mediated downregulation of mPER2 in the suprachiasmatic nucleus accelerates re-rentrainment of the circadian clock following a shift in the environmental light/dark cycle.

Miyakawa K, Uchida A, Shiraki T, Teshima K, Takeshima H, Shibata S

Neuropharmacology52(3)p.1055 - 10642007年-

DOI

朝食は体内時計にどのように影響するか?

柴田重信

栄養と料理 2007年4月号2007年04月-

Circadian Clock Mutation in Dams Disurupts Nursing Behavior and Growth of Pups.

Hoshino K, Wakatsuki Y, Iigo M, Shibata S

Endocrinology147(4)p.1916 - 19232006年-

DOI

朝日でリセット心と体「太陽の光をたっぷり浴びることで、体内時計を調節」

柴田重信

心の健康ニュース(312)2006年09月-

肝臓時計遺伝子発現系を利用した食品添加物の効能・副作用評価

柴田重信

第12回研究成果報告書(日本食品化学研究振興財団)2006年-

Inhibitory Action of 5-HT(1A) Agonist MKC-242 on Triazolam-Induced Phase Advances in Hamster Circadian Activity Rhythms.

Yokota S, Moriya T, Shibata S

J Pharmacol Sci98(1)p.103 - 1062005年-

DOI

Altered food-anticipatory activity rhythm in Cryptochrome- deficient mice.

Iijima M, Yamaguchi S, van der Horst GT, Bonnefont X, Okamura H, Shibata S

Neurosci Res52(2)p.166 - 1732005年-

DOI

Rapid damping of food-entrained circadian rhythm of Clock gene expression in clock-defective peripheral tissues under fasting conditions

Horikawa K, Minami Y, Iijima M, Akiyama M, Shibata S

Neuroscience134(1)p.335 - 3432005年-

DOI

Nonphotic entrainment of the circadian body temperature rhythm by the selective ORL1 receptor agonist W-212393 in rats.

Teshima K, Minoguchi M, Tounai S, Ashimori A, Eguchi J, Charles N Allen, Shibata S

Br J Pharmacol146(1)p.33 - 402005年-

DOI

Circadian rhythm study from anticipatory behavior to drug treatment.

Shibata S

Nihon Shinkei Seishin Yakurigaku Zasshi25(5)p.251 - 2582005年-

DOI

A role of nociceptin in the entrainment mechanism of the biological clock.

Teshima K, Shibata S

Nihon Shinkei Seishin Yakurigaku Zasshi25(5)p.203 - 2112005年-

DOI

生体リズムに関連した運動処方の開発とヒトへの応用

柴田重信

第7回(平成16年度)選定 宇宙環境利用に関する公募地上研究 研究成果報告書(概要版)2005年-

Reduced food anticipatory activity in genetically orexin (hypocretin) neuron-ablated mice.

Akiyama M, Yuasa T, Hayasaka N, Horikawa K, Sakurai T, Shibata S

Eur J Neurosci20(11)p.3054 - 30622004年-

DOI

Neural regulation of the hepatic Circadian rhythm.

Shibata S

Anat Rec280Ap.901 - 9092004年-

DOI

Phase-resetting response to (+)8-OH-DPAT, a serotonin 1A/7 receptor agonist, in the mouse in vivo.

Horikawa K, Shibata S

Neurosci Lett368(2)p.130 - 1342004年-

DOI

Night-time restricted feeding normalises clock genes and Pai-1 gene expression in the db/db mouse liver.

Kudo T, Akiyama M, Kuriyama K, Sudo M, Moriya T, Shibata S

Diabetologia47p.1425 - 14362004年-

DOI

Daily injection of insulin attenuated impairment of liver circadian clock oscillation in the streptozotocin-treated diabetic mouse

Kuriyama K, Sasahara K, Kudo T, Shibata S

FEBS Lett572p.206 - 2102004年-

DOI

Cholesterol diet enhances daily rhythm of Pai-1 mRNA in the mouse liver.

Kudo T, Nakayama E, Suzuki S, Akiyama M, Shibata S

Am J Physiol Endocrinol Metab287(4)p.E644 - E6512004年-

DOI

Effect of lithium on the circadian rhythms of locomotor activity and glycogen synthase kinase-3 protein expression in the mouse suprachiasmatic nuclei.

Iwahana E, Akiyama M, Miyakawa K, Uchida A, Kasahara J, Fukunaga K, Hamada T, Shibata S.

Eur J Neurosci19p.2281 - 22872004年-

DOI

The role of Clock in the plasticity of circadian entrainment.

Udo R, Hamada T, Horikawa K, Iwahana E, Miyakawa K, Otsuka K, Shibata S.

Biochem Biophys Res Commun318p.893 - 8982004年-

DOI

Melatonin modulates the light-induced sympathoexcitation and vagal suppression with participation of the suprachiasmitic nucleus in mice.

Mutoh T, Shibata S, Korf HW, Okamura H.

J Physiol547p.317 - 3322003年-

DOI

Facilitation of alpha-amino-3-hydroxy-5-methylisoxazole-4-propionate receptor transmission in the suprachiasmatic nucleus by aniracetam enhances photic responses of the biological clock in rodents.

Moriya T, Ikeda M, Teshima K, Hara R, Kuriyama K, Yoshioka T, Allen CN, Shibata S.

J Neurochem85p.978 - 9872003年-

DOI

MAP kinase-dependent induction of clock gene expression by adrenergic receptor activation.

Akiyama M, Minami Y, Kuriyama K, Shibata S.

FEBS Lett542p.109 - 1142003年-

DOI

Adregergic regulation of clock gene expression in the mouse liver.

Terazono H, Mutoh T, Yamaguchi S, Kobayashi M, Akiyama M, Udo R, Ohdo S, Okamura H, Shibata S.

Proc Natl Acad Sci USA100p.6795 - 68002003年-

DOI

Two-peaked synchronization in day/night expression rhythms of the fibrinogen gene cluster in the mouse liver.

Sakao E, Ishihara A, Horikawa K, Akiyama M, Arai M, Kato M, Seki N, Fukunaga K, Shimizu-Yabe A, Iwase K, Ohtsuka S, Sato T, Kohno Y, Shibata S, Takiguchi M.

J Biol Chem278p.30450 - 304572003年-

DOI

Constant Light Housing Attenuates Circadian Rhythms of mPer2 mRNA and mPER2 Protein Expression in the Suprachiasmatic Nucleus of Mice.

Sudo M, Sasahara K, Moriya T, Akiyama M, Hamada T, Shibata S.

Neuroscience121(2)p.493 - 4992003年-

DOI

Temporal anticipatory behavior and circadian clock.

浜田 俊幸、柴田重信

脳と神経55(1)p.26 - 332003年-

Gastrin-releasing peptide mediates photicentrainable signals to the dorsal subsets of the suprachiasmatic nucleus via Induction of Period gene in mice.

Aida R, Moriya T, Araki M, Akiyama M, Wada K, Wada E, Shibata S.

Mol Pharmacol61(1)p.26 - 342002年-

DOI

Motor discoordination in mutant mice lacking junctophilin type 3.

Nishi M, Hashimoto K, Kuriyama K, Komazaki S, Kano M, Shibata S, Takeshima H.

Biochem Biophys Res Commun292(2)p.318 - 3242002年-

DOI

Extended action of MKC-242, a selective 5-HT(1A) receptor agonist, on light-induced Per gene expression in the suprachiasmatic nucleus in mice.

Takahashi S, Yoshinobu Y, Aida R, Shimomura H, Akiyama M, Moriya T, Shibata S.

J Neurosci Res68(4)p.470 - 4782002年-

DOI

Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide produces a phase shift associated with induction of mPer expression in the mouse suprachiasmatic nucleus.

Minami Y, Furuno K, Akiyama M, Moriya T, Shibata S.

Neuroscience113(1)p.37 - 452002年-

DOI

Restricted feeding induces daily expression of clock genes and Pai-1 mRNA in the heart of Clock mutant mice.

Minami Y, Horikawa K, Akiyama M, Shibata S.

FEBS Lett526(1-3)p.115 - 1182002年-

DOI

Methamphetamine-induced, suprachiasmatic nucleus-independent circadian rhythms of activity and mPer gene expression in the striatum of the mouse.

Iijima M, Nikaido T, Akiyama M, Moriya T, Shibata S.

Eur J Neurosci16(5)p.921 - 9292002年-

DOI

Time-dependent effect of glutamate on long-term potentiation in the suprachiasmatic nucleus of rats.

Nisikawa Y, Shimazoe T, Shibata S, Watanabe S.

Jpn J Pharmacol90(2)p.201 - 2042002年-

DOI

Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase II-dependent long-term potentiation in the rat suprachiasmatic nucleus and its inhibition by melatonin.

Fukunaga K, Horikawa K, Shibata S, Takeuchi Y, Miyamoto E.

J Neurosci Res70(6)p.799 - 8072002年-

DOI

体内時計と疾患

島田和幸、柴田重信、前村浩二

現代医療34(6)2002年-

Additive effect of mPer1 and 2 antisense oligonucleotides on light-induced phase shift.

Wakamatsu H, Takahashi S, Moriya T, Inouye ST, Okamura H, Akiyama M, Shibata S.

Neuroreport12(1)p.127 - 1312001年-

DOI

View of a mouse clock gene ticking.

Yamaguchi S, Kobayashi M, Mitsui S, Ishida Y, van der Horst GT, Suzuki M, Shibata S, Okamura H.

Nature409p.6842001年02月-

DOI

Restricted feeding-induced activity rhythm is associated with expression rhythm of mPer1 and mPer2 mRNA in the cerebral cortex and hippocampus but not in the suprachiasmatic nucleus in mice.

Wakamatsu H, Yoshinobu Y, Aida R, Moriya T, Akiyama M, Shibata S.

Eur J Neurosci13(6)p.1190 - 11962001年-

DOI

Differential Daily Expression of Per1 and Per2 mRNA in the Suprachiasmatic Nucleus of Fetal and Early Postnatal Mice.

Shimomura H, Moriya T, Sudo M, Wakamatsu H, Akiyama M, Miyake Y, Shibata S.

Eur J Neurosci13(4)p.687 - 6932001年-

DOI

Sensitized increase of period gene expression in the mouse caudate/putamen caused by repeated injection of methamphetamine.

Nikaido T, Akiyama M, Moriya T, Shibata S.

Mol Pharmacol59(4)p.894 - 9002001年-

DOI

Restricted feeding entrains circadian clocks in the mouse liver without participation of suprachiasmatic nucleus.

Hara R, Wan K, Wakamatsu H, Aida R, Moriya T, Akiyama M, Shibata S.

Genes Cells6(3)p.269 - 2782001年-

DOI

Involvement of Calcium-calmodulin Protein Kinase but not of Mitogen-activated Protein Kinase in Light-induced Phase Delay and Per Gene Expression in the Suprachiasmatic Nucleus of Hamster.

Yokota S, Yamamoto M, Moriya T, Akiyama M, Fukunaga K, Miyamoto E, Shibata S.

J Neurochem77(2)p.618 - 6272001年-

DOI

Expression of the Per1 gene in the hamster: Brain atlas and circadian characteristics in the suprachiasmatic nucleus.

Yamamoto S, Shigeyoshi Y, Ishida Y, Fukuyama T, Yamaguchi S, Yagita K, Moriya T, Shibata S, Takashima N, Okamura H.

J Comp Neurol430(4)p.518 - 5322001年-

DOI

Calcium and pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide induced expression of circadian clock gene mPer1 in the mouse cerebellar granule cell culture.

Akiyama M, Minami Y, Nakajima T, Moriya T, Shibata S.

J Neurochem78(3)p.499 - 5082001年-

DOI

Physical and Inflammatory Stressors Elevate Circadian Clock Gene mPer1 mRNA Levels in the Paraventricular Nucleus of the Mouse.

Takahashi S, Yokota S, Hara R, Kobayashi T, Akiyama M, Moriya T, Shibata S.

Endocrinology142(11)p.4910 - 49172001年-

DOI

Circadian profile of Per Gene mRNA expression in the suprachiasmatic nucleus, paraventricular nucleus, and pineal body of aged rats.

Asai M, Yoshinobu Y, Kaneko S, Mori A, Nikaido T, Moriya T, Akiyama M, Shibata S.

J Neurosci Res66(6)p.1133 - 11392001年-

DOI

Visualization of mPer1 transcription in vitro: NMDA induces a rapid phase shift of mPer1 gene in cultured SCN.

Asai M, Yamaguchi S, Isejima H, Jonouchi M, Moriya T, Shibata S, Kobayashi M, Okamura H.

Curr Biol11(19)p.1524 - 15272001年-

DOI

時計遺伝子に対するベンゾジアゼピン受容体作用薬の影響

柴田重信

老年精神医学雑誌12(11)p.1344 - 13502001年11月-

東向き海外旅行における睡眠感悪化に対する出発前食事時間前進による軽減効果

駒田陽子, 山崎勝男,金本礼次郎,小林強,柴田重信

新薬と臨床50(8)p.780 - 7882001年-

ハムスター視交叉上核の時計遺伝子(per1およびper2)発現に対するブロチゾラムの抑制作用

柴田重信,横田伸一

新薬と臨床50(5)p.15 - 252001年-

視交叉上核における時計リセッティングのシグナル伝達

守屋孝洋,柴田重信

細胞工学20(6)p.828 - 8362001年06月-

光受容分子

秋山正志、柴田重信

臨床検査45p.640 - 6432001年-

視交叉上核と体内時計の同調機構

秋山正志、柴田重信

臨床神経科学19p.55 - 572001年-

概日リズムの薬理

柴田重信

神経研究の進歩45p.763 - 7742001年-

Postnatal development of a GABA deficit and disturbance of neural functions in mice lacking GAD65

Stork O, Ji F, Kaneko K, Stork S, Yoshinobu Y, Moriya T, Shibata S, Obata K.

Brain Res865(1)p.45 - 582000年-

DOI

Mutant mice lacking ryanodine receptor type 3 exhibit deficits of contextual fear conditioning and activation of calcium/calmodulin-dependent protein kinase II in the hippocampus.

Kouzu Y, Moriya T, Takeshima H, Yoshioka T, Shibata S.

Mol Brain Res76(1)p.142 - 1502000年-

DOI

Involvement of glial fibrillary acidic protein (GFAP) expressed in astroglial cells in circadian rhythm under constant lighting conditions in mice.

Moriya T, Yoshinobu Y, Kouzu Y, Katoh A, Gomi H, Ikeda M, Yoshioka T, Itohara S, Shibata S.

J Neurosci Res60(2)p.212 - 2182000年-

DOI

Nonphotic entrainment by 5-HT1A/7 receptor agonists accompanied by reduced Per1 and Per2 mRNA levels in the suprachiasmatic nuclei.

Horikawa K, Yokota S, Fuji K, Akiyama M, Moriya T, Okamura H, Shibata S.

J Neurosci20(15)p.5867 - 58732000年-

DOI

The 5' upstream region of mPer1 gene contains two promoters and is responsible for circadian oscillation.

Yamaguchi S, Mitsui S, Miyake S, Yan L, Onishi H, Yagita K, Suzuki M, Shibata S, Kobayashi M, Okamura H.

Curr Biol10(14)p.873 - 8762000年-

DOI

PLC beta 4-independent Ca2+ rise via muscarinic receptors in the mouse suprachiasmatic nucleus.

Ikeda M, Sugiyama T, Suzuki K, Moriya T, Shibata S, Katsuki M, Allen CN, Yoshioka T.

Neuroreport11(5)p.907 - 9122000年-

DOI

Close linkage between Calcium/ CalmodulinKinase II a/β and NMDA-2A receptors in the lateral amygdala and significance for retrieval of auditory fear conditioning

Moriya T, Kouzu Y, Shibata S, Kadotani H, Fukunaga K, Miyamoto E, Yoshioka T.

Eur J Neurosci12(9)p.3307 - 33142000年-

DOI

N-metyl-D-aspartate receptor subtype 2C is not involved in the circadian oscillation or photic entrainment of the biological clock in mice.

Moriya T, Takahashi S, Ikeda M, Suzuki-Yamashita K, Asai M, Kadotani H, Okamura H, Yoshioka T, Shibata S.

J Neurosci Res61(6)p.663 - 6732000年-

DOI

Administration of melatonin in drinking water promotes the phase advance of light-dark cycle in senescence-accelerated mice, SAMR1 but not SAMP8

Asai M, Ikeda M, Akiyama M, Oshima I, Shibata S.

Brain Res876(1-2)p.220 - 2242000年-

DOI

Correlative association between N-Methyl-D-Aspartate (NMDA) Receptor-Mediated Expression of Period Genes in the Suprachiasmatic Nucleus and Phase Shifts in Behavior with Photic Entrainment of Clock in Hamsters.

Moriya T, Horikawa K, Akiyama M, Shibata S.

Mol Pharmacol58(6)p.1554 - 15622000年-

DOI

Inhibitory action of brotizolam on circadian and light-induced per1 and per2 expression in the hamster suprachiasmatic nucleus.

Yokota SI, Horikawa K, Akiyama M, Moriya T, Ebihara S, Komuro G, Ohta T, Shibata S.

Br J Pharmacol131(8)p.1739 - 17472000年-

DOI

体内時計とくすり

柴田重信

脳213p.101 - 1072000年-

時刻認知と体内時計

柴田重信

脳の科学22p.543 - 5472000年-

時計遺伝子とリズム同調

守屋孝洋、柴田重信

神経研究の進歩44p.874 - 8822000年-

Inhibition of light-or glutamate-induced mPer1 expression represses the phase shifts into the mouse circadian locomotor and suprachiasmatic firing rhythms.

Akiyama M, Kouzu Y, Takahashi S, Wakamatsu H, Moriya T, Maetani M, Watanabe S, Tei H, Sakaki Y, Shibata S.

J Neurosci19(3)p.1115 - 11211999年-

DOI

Diurnal reguration of a DNA binding protein to the period repeat sequence in the SCN nuclear extract of rat brain.

Hamada T, Kako K, Wakamatsu H, Shibata S, Watanabe S, Ishida N.

Mol Brain Res65(2)p.211 - 2151999年-

DOI

Effects of prolyl endopeptidase inhibitors and neuropeptides on delayed neuronal death in rats.

Shishido Y, Furushiro M, Tanabe S, Shibata S, Hashimoto S, Yokokura T.

Eur J Pharmacol372(2)p.135 - 1421999年-

DOI

ZTTA, a prolyl endopeptidase inhibitor, potentiates the arginine-vasopressin-induced incorporation of [14C]leucine in rat amygdaloid and cortical slices.

Shishido Y, Tanaka T, Tanabe S, Furushiro M, Hashimoto S, Yokokura T, Shibata S, Watanabe S.

Pharm Res16(3)p.463 - 4651999年-

DOI

Involvement of glutamate release in substanceP-induced phase delays of suprachiasmatic neuron activity rhythm in vitro.

Hamada T, Yamanouchi S, Watanabe A, Shibata S, Watanabe S.

Brain Res836(1-2)p.190 - 1931999年-

DOI

Sensitization of methamphetamine-induced disorganization of daily locomotor activity rhythm in male rats.

Nikaido T, Moriya T, Takabayashi R, Akigama M, Shibata S.

Brain Res845(1)p.112 - 1161999年-

DOI

Modulation of mPer1 gene expression by anxiolytic drugs in mouse cerebellum.

Akiyama M, Kirihara T, Takahashi S, Minami Y, Yoshinobu Y, Moriya T, Shibata S.

Br J Pharmacol128(7)p.1616 - 16221999年-

DOI

Involvement of ryanodine receptor type 3 in dopamine release from the striatum: evidence from mutant mice lacking this receptor.

Wan K, Moriya T, Akiyama M, Takeshima H, Shibata S.

Biochem Biophys Res Commun266(2)p.588 - 5921999年-

DOI

Melatonin normalizes the re-entrainment of senescence accelerated mice (SAM) to a new light-dark cycle.

Shibata S, Asai M, Oshima I, Ikeda M, Yoshioka T.

Adv Exp Med Biol460p.261 - 2701999年-

DOI

創薬の視点に立った生体リズム

柴田重信

月刊薬事41p.214 - 2171999年-

生体リズムと薬物

柴田重信

日本神経精神薬理学雑誌19p.11 - 201999年-

概日リズムと細胞内信号系

守屋孝洋、柴田重信

生体の科学50p.200 - 2061999年-

心身の開放と脳内物質

柴田重信

体育の科学49(6月)p.448 - 4521999年06月-

体内時計とセロトニン

堀川和政、柴田重信

Molecular Medicine36p.1143 - 11491999年-

体内時計の分子基盤研究の競争

柴田重信

日本薬理学雑誌114p.2421999年-

体内時計と時間薬理学

柴田重信

日本薬剤師会雑誌51(12)p.1879 - 18851999年-

Effect of ZTTA, a prolylendopeptidase inhibitor, on memory impairment in a passive avoidance test of rats with basal forebrain lesions.

Shishido Y, Furushiro M, Tanabe S, Taniguchi A, Hashimoto S, Yokokura T, Shibata S, Yamamoto T, Watanabe S.

Pharm Res15(12)p.1907 - 19101998年-

DOI

Potentiating action of MKC-242, a selective 5-HT1A receptor agonist, on the photic entrainment of the circadian activity rhythm in hamsters.

Moriya T, Yoshinobu Y, Ikeda M, Yokota S, Akiyama M, Shibata S.

Br J Pharmacol125(6)p.1281 - 12871998年-

DOI

NMDA induced glutamate release from a rat suprachiasmatic nucleus in vitro.

Hamada T, Sonoda R, Watanabe A, Ono M, Shibata S, Watanabe S.

Neurosci Lett256(2)p.93 - 961998年-

DOI

Methylcobalamine amplifies melatonin-induced circadian phase shifts by facilitation of melatonin synthesis in the rat pineal gland.

Ikeda M, Asai M, Moriya T, Sagara M, Inou? S, Shibata S.

Brain Res795(1-2)p.98 - 1041998年-

DOI

N-methyl-D-aspartate receptors are indispensable for the formation of long-term potentiation in the rat suprachiasmatic nucleus in vitro.

Nisikawa Y, Shimazoe T, Shibata S, Watanabe S.

Brain Res782(1-2)p.303 - 3051998年-

DOI

生体時計の生理学的,薬理学的,分子生物学的解析

秋山正志、守屋孝洋、柴田重信1998

日本薬理学雑誌112p.243 - 2501998年-

母児概日リズムの自律性と相互関係

三宅良明、長岡理明、内藤成美、大西美也子、田中均、佐藤和雄、村井一郎、柴田重信、渡辺恭良、大塚邦明

組織培養工学24p.19 - 231998年-

記憶と生物時計

柴田重信

科学68(2)p.160 - 1641998年02月-

光とメラトニン

柴田重信

ファルマシア34p.45 - 491998年-

Concurrent blockade of beta-adrenergic and muscarinic receptors suppresses synergitically long-term potentiation of population spikes in the rat hippocampal CA1 region.

Kobayashi M, Ohno M, Shibata S, Yamamoto T, Watanabe S.

Brain Res777(1-2)p.242 - 2461997年-

DOI

Z-321, a prolylendopeptidase inhibitor, augments the potentiation of synaptic transmission in rat hippocampal slices.

Miura N, Shibata S, Watanabe S.

Behav Brain Res83(1-2)p.213 - 2161997年-

DOI

The involvement of calmodulin and Ca/calmodulin-dependent protein kinaseII in the circadian rhythms controlled by the suprachiasmatic nucleus.

Fukushima T, Shimazoe T, Shibata S, Watanabe A, Ono M, Hamada T, Watanabe S.

Neurosci Lett227(1)p.45 - 481997年-

DOI

Decreased level of light-induced Fos expression in the suprachiasmatic nucleus of diabetic rats.

Yamanouchi S, Shimazoe T, Nagata S, Moriya T, Maetani M, Shibata S, Watanabe S, Miyasaka K, Kono A, Funakoshi A.

Neurosci Lett227(2)p.103 - 1061997年-

DOI

Light-induced resetting of a mammalian circadian clock is associated with rapid induction of the mPer1 transcript.

Shigeyoshi Y, Taguchi K, Yamamoto S, Takekida S, Yan L, Tei H, Moriya T, Shibata S, Loros JJ, Dunlap JC, Okamura H.

Cell91p.1043 - 10531997年-

DOI

視交叉上核におけるNMDA受容体と長期増強現象

守屋孝洋、柴田重信

ブレインサイエンス8(1)p.49 - 571997年-

概日リズムとセロトニン神経系

池田真行、柴田重信

Molecular Medicine34p.286 - 2931997年-

視交叉上核におけるリズム発振と同調の分子機構

秋山正志、柴田重信

日本時間生物学会会誌4p.22 - 321997年-

Nebracetam (WEB 1881 FU)—A Review of its Cytoprotective and Cholinomimetic Properties

Kohno Y, Shibata S.

CNS Drug Reviews2(1)p.1 - 201996年-

DOI

Effect of the non-competitive N-methyl-D-aspartate (NMDA) receptor antagonist MK-801 on food-anticipatory activity rhythm in rats.

Ono M, Shibata S, Minamoto Y, Watanabe S.

Physiol Behav59(4-5)p.585 - 5891996年-

DOI

Methamphetamine modifies the photic entraining responses in the rat suprachiasmatic nucleus via serotonin release.

Ono M, Watanabe A, Matsumoto Y, Fukushima T, Nishikawa Y, Moriya T, Shibata S, Watanabe S.

Neuroscience72(1)p.213 - 2241996年-

DOI

NG-nitro-L-arginine methyl ester attenuates the maintenance and expression of methamphetamine-induced behavioral sensitization and enhancement of striatal dopamine release.

Inoue T, Arai I, Shibata S, Watanabe S.

JPET277p.1424 - 14301996年-

DOI

Chronic administration of methamphetamine does not affect the suprachiasmatic nucleus-operated circadian pacemaker in rats.

Moriya T, Fukushima T, Shimazoe T, Shibata S, Watanabe S.

Neurosci Lett208(2)p.129 - 1321996年-

DOI

Positron-labeled antioxidant 6-deoxy-6-[18F]Fluoro-L-ascorbic acid: increased uptake in trnsient global ischemic rat brain.

Yamamoto F, Shibata S, Watanabe S, Masuda K, Maeda M.

Nuclear Medicine and Biology23(4)p.479 - 4861996年-

DOI

Enhancement of dopamine release from the striatum through metabotropic glutamate receptor activation in methamphetamine sensitized rats.

Arai I, Shimazoe T, Shibata S, Inoue H, Yoshimatsu A, Watanabe S.

Brain Res729(2)p.277 - 2801996年-

DOI

Adenosine A1-receptor agonist attenuates the light-induced phase shifts and fos expression in vivo and optic nerve stimulation-evoked field potentials in the suprachiasmatic nucleus in vitro.

Watanabe A, Moriya T, Nisikawa Y, Araki T, Hamada T, Shibata S, Watanabe S.

Brain Res740(1-2)p.329 - 3361996年-

DOI

Involvement of 5-HT1A receptor mechanisms in the inhibitory effects of methamphetamine on photic responses in the rodent suprachiasmatic nucleus.

Moriya T, Yamanouchi S, Fukushima T, Shimazoe T, Shibata S, Watanabe S.

Brain Res740(1-2)p.261 - 2671996年-

DOI

新規抗パーキンソン氏病薬Talipexoleの鎮静作用に関する脳波学的検討

河野康子、柴田重信、大野益男、渡辺繁紀

応用薬理51p.45 - 521996年-

体内時計を早めたり遅くしたりする薬

柴田重信

現代化学p.38 - 441996年03月-

光は替わる・・生体リズムと光

柴田重信、守屋孝洋

照明学会誌80p.28 - 321996年-

A role of sigma receptors on hypoxia/hypoglycemia-indiced decrease in CA1 presynaptic fiber spikes in rat hippocampal slices.

Shibata S, Yamamoto Y, Watanabe S.

Brain Res670(2)p.337 - 3411995年-

DOI

Long-term enhancement of dopamine release by high frequency tetanic stimulation via a N-methyl-D-aspartate-receptor-mediated pathway in rat striatum.

Ochi M, Inoue H, Koizumi S, Shibata S, Watanabe S.

Neuroscience66(1)p.29 - 361995年-

DOI

Glutathione protects hypoxic/hypoglycemic decreases in 2-deoxyglucose uptake and presynaptic spikes in hippocampal slices.

Shibata S, Tominaga K, Watanabe S.

Eur J Pharmacol273(1-2)p.191 - 1951995年-

DOI

Calcium channel blockers improve hypoxia/hypoglycemia-induced impairment of rat hippocampal 2-deoxyglucose uptake in vitro after ethanol withdrawal.

Shibata S, Shindou T, Tominaga K, Watanabe S.

Brain Res673(2)p.320 - 3241995年-

DOI

Atenuating effect of bifemelane on an impairment of mealtime-associated activity rhythm in old and MK-801-treated rats.

Shibata S, Ono M, Minamoto Y, Watanabe S.

Pharmacol BiochemBehav50(2)p.207 - 2101995年-

DOI

Attenuating effect of serotonin receptor antagonists on an impairment of mealtime-associated activity rhythm in old rats.

Shibata S, Ono M, Minamoto Y, Watanabe S.

Pharmacol BiochemBehav51(2-3)p.541 - 5441995年-

DOI

Attenuating effect of arecoline and physostigmine on an impairment of mealtime-associated activity rhythm in old rats.

Ono M, Minamoto Y, Shibata S, Watanabe S.

Physiol Behav57(1)p.189 - 1911995年-

DOI

NG-nitro-L-arginine protects against hypoxia/hypoglycemia-induced decrease in CA1 presynaptic spikes in rat hippocampal slices.

Shibata S, Yamamoto Y, Tanaka T, Watanabe S.

Eur J Pharmacol273(3)p.223 - 2281995年-

DOI

Involvement of dopamine, N-methyl-D-aspartate and sigma receptor mechanisms in methamphetamine-induced anticipatory rhythm in rats.

Shibata S, Ono M, Fukuhara N, Watanabe S.

JPET274(2)p.688 - 6941995年-

DOI

NG-nitro-L-arginine protects against hypoxia/ hypoglycemia-induced decrease in CA1 presynaptic spikes in rat hippocampal slices.

Shibata S, Yamamoto Y, Tanaka T, Watanabe S.

Eur J Pharmacol273(3)p.223 - 2281995年-

DOI

Effects of transient forebrain ischemia on long-term enhancement of dopamine release in rat striatal slices.

Inoue H, Ochi M, Shibata S, Watanabe S.

Brain Res671(1)p.95 - 991995年-

DOI

Increase in the septal vasopressin content by prolylendopeptidase inhibitors in rats.

Miura N, Shibata S, Watanabe S.

Neurosci Lett196(1-2)p.128 - 1301995年-

DOI

Circadian rhythm of spontaneous neuronal activity in the suprachiasmatic nucleus of old hamster in vitro.

Watanabe A, Shibata S, Watanabe S.

Brain Res695(2)p.237 - 2391995年-

DOI

Circadian changes in long-term potentiation of rat suprachiasmatic field potentials elicited by optic nerve stimulation in vitro.

Nishikawa Y, Shibata S, Watanabe S.

Brain Res695(2)p.158 - 1621995年-

DOI

Effect of a nitric oxide synthase inhibitor L-NAME on light-induced phase delay of circadian rhythm in wheel-running activity of golden hamster.

Watanabe A, Ono M, Shibata S, Watanabe S.

Neurosci Lett192(1)p.25 - 281995年-

DOI

Methylcobalamin attenuates the hypoxia/hypoglycemia- or glutamate-induced reduction in hippocampal fiber spikes in vitro.

Yamamoto Y, Shibata S, Hara C, Watanabe S.

Eur J Pharmacol281(3)p.335 - 3401995年-

DOI

光による体内時計リセットの情報伝達機構

柴田重信

蛋白質核酸酵素40(16)p.2408 - 24171995年-

GABAa receptor agonist muscimol can reset the phase of neuronal activity rhythm in the rat suprachiasmatic nucleus in vitro.

Tominaga K, Shibata S, Hamada T, Watanabe S.

Neurosci Lett166(1)p.81 - 841994年-

DOI

Protein-synthesis inhibitor blocks (R,S)-*-amino-3-hydroxy-5-methylisoxazole-4-propionic acid (AMPA)- or substance P-inducede phase shift of the circadian rhythm of neuronal activity in the rat suprachiasmatic nucleus in vitro.

Shibata S, Watanabe A, Hamada T, Watanabe S.

Neurosci Lett168(1-2)p.159 - 1621994年-

DOI

Effects of nitric oxide synthaseinhibittors on N-methyl-D-aspartate-induced phase delay of circadian rhythm of neuronal activity in the rat suprachiasmatic nucleus in vitro.

Watanabe A, Hamada T, Shibata S, Watanabe S.

Brain Res646(1)p.161 - 1641994年-

DOI

Aging impairs methamphetamine-induced running and anticipatory locomotor activity in rats.

Shibata S, Minamoto Y, Ono M, Watanabe S.

Neurosci Lett172(1-2)p.107 - 1101994年-

DOI

Facilitatory effect of vasopressin on the ischemic decrease of the CA1 presynaptic fiber spikes in rat hippocampal slices.

Tanaka T, Shishido Y, Shibata S, Watanabe S.

Brain Res644(2)p.343 - 3461994年-

DOI

Involvement of D1 dopamine receptor mechanism in hypoxia/hypoglycemia-induced impairment of CA1 presynaptic fiber spikes in rat hippocampal slices.

Yamamoto Y, Tanaka T, Shibata S, Watanabe S.

Brain Res665(1)p.151 - 1541994年-

DOI

Long-term enhancement of dopamine release by high frequency tetanic stimulation via a N-methyl-D-aspartate-receptor -mediated pathway in rat striatum.

Ochi M., Inoue H., Koizumi S, Shibata S, Watanabe S.

Neuroscience66p.29 - 361994年-

Facilitatory effect of somatostatin on lower uptake of 2-deoxyglucose of cerebral cortical and hippocampal slices in old rat.

Shibata S, Tanaka T, Watanabe S.

Eur J Pharmacol269(2)p.269 - 2721994年-

DOI

Phase advances of circadian rhythms in somatostatin depleted rats: effects of cysteamine on rhythms of locomotor activity and electrical discharge of the suprachiasmatic nucleus.

Fukuhara C, Hamada T, Shibata S, Watanabe S, Aoki K, Inouye SI.

J Comp Physiol A175(6)p.677 - 6851994年-

DOI

Involvement of vasoactive intestinal polypeptide in NMDA-induced phase delay of firing activity rhythm in the suprachiasmatic nucleus in vitro.

Shibata S, Ono M, Tominaga K, Hamada T, Watanabe A, Watanabe S.

Neurosci Biobehav Rev18(4)p.591 - 5951994年-

DOI

Facilitatory effect of olfactory bulbectomy on 2-deoxyglucose uptake in rat amygdala slices.

Shibata S, Watanabe S.

Brain Res665(1)p.147 - 1501994年-

DOI

N-methyl-D-aspartate induces phase shifts of the circadian rhythm of neuronal activity of the rat suprachiasmatic nucleus in vitro.

Shibata S, Watanabe A, Hamada T, Ono M, Watanabe S.

Am J Physiol267(2 Pt 2)p.R360 - R3641994年-

DOI

Calmodulin inhibitors produce phase shifts of circadian rhythms in vivo and in vitro.

Shibata S, Moore RY.

J Biol Rhythms9(1)p.27 - 411994年-

DOI

Age-related impairment of food-anticipatory locomotor activity rhythm in rats.

Shibata S, Minamoto Y, Ono M, Watanabe S.

Physiol Behav55(5)p.875 - 8781994年-

DOI

Neuroprotective effect of cholecystokininB receptor antagonists on ischemia-induced decrease in presynaptic fiber spikes in rat hippocampal slices.

Minamoto Y, Tanaka T, Shibata S, Watanabe S.

Neurosci Lett167(1-2)p.81 - 841994年-

DOI

A facilitatory role of vasopressin in hypoxia/hypoglycemia-induced impairment of dopamine release from rat striatal slices.

Ochi M, Koizumi S, Shibata S, Watanabe S.

Brain Res633(1-2)p.91 - 961994年-

DOI

Neurochemical organization of circadian rhythm in the suprachiasmatic nucleus, Neurosci. Res.,20,109-130,1994.

Inouye ST, Shibata S.

Neurosci Res20(2)p.109 - 1301994年-

DOI

サーカディアンリズムの体内時計としての視床下部視交叉上核

柴田重信、渡辺繁紀治療学、28、21-24、1994.

治療学28p.21 - 241994年-

哺乳動物におけるサーカディアンリズムの薬理

柴田重信、渡辺繁紀

薬学雑誌114(9)p.637 - 6541994年-

Neuropeptide Y and optic nerve stimulation affect circadian function of rat suprachiasmatic nucleus neurons in vitro.

Shibata S, Moore RY.

Brain Res615(1)p.95 - 1001993年-

DOI

A neuroprotective effect of histamine H1 receptor antagonist on ischemia-induced decrease in 2-deoxyglucose uptake in rat hippocampal slices.

Shibata S, Watanabe S.

Neurosci Lett151(2)p.138 - 1411993年-

DOI

Tetrodotoxin does not affect circadian rhythms in neuronal activity and metabolism in rodent suprachiasmatic nucleus in vitro.

Shibata S, Moore RY.

Brain Res606(2)p.259 - 2661993年-

DOI

Working memory deficits following muscarinic blockade combined with deplation of brain somatostatin in rats.

Ohno M, Shibata S, Yamamoto T, Watanabe S.

Brain Res610(2)p.348 - 3531993年-

DOI

Improving effect of acetylcholine receptor agonists on a deficit of 2-deoxyglucose uptake in cerebral cortical and hippocampal slices in aged and AF64A-treated rats.

Shibata S, Kodama K, Koga Y, Ueki S, Watanabe S.

Brain Res603(2)p.248 - 2541993年-

DOI

Facilitation of 2-deoxyglucose uptake in rat cortex and hippocampus slices by somatostatin is independent of cholinergic activity.

Shibata S, Koga Y, Hamada T, Watanabe S.

Eur J Pharmacol231(3)p.381 - 3881993年-

DOI

Effect of somatostatin on the circadian rhythms of firing and 2-deoxyglucose uptake in the rat suprachiasmatic slices.

Hamada T, Shibata S, Tsuneyoshi A, Tominaga K, Watanabe S.

Am J Physiol265(5 Pt 2)p.R1199 - R12041993年-

DOI

Facilitatory effect of phorbol ester on 2-deoxyglucose uptake in rat hippocampal slices.

Shibata S, Nakashio A, Ueki S, Watanabe S.

Eur J Pharmacol245(3)p.257 - 2611993年-

DOI

ペントアンスレン型複素環化合物の抗不安作用

今村孝史、野田敦子、柴田重信、渡辺繁紀、野田浩司、小野容子、後藤茂、井上善文

薬学雑誌113(5)p.400 - 4051993年-

Protective effect of minaprine against the abnormal changes of 2-deoxyglucose uptake by rat hippocampal slices induced by hypoxia/hypoglycemia.

Kodama K, Shibata S, Ueki S.

Jpn J.Pharmacol.60p.33 - 381992年-

Effects of inhibitory and excitatory drugs on the metabolic rhythm of the hamster suprachiasmatic nucleus in vitro.

Tominaga K, Shibata S, Ueki S, Watanabe S.

Eur.J.Pharmacol.217p.79 - 841992年-

Excitatory effect of N-methyl-D-aspartate and kainate receptor on the 2-deoxyglucose uptake in the rat suprachiasmatic nucleus in vitro.

Shibata S, Tominaga K, Hamada T, Watanabe S.

Neurosci.Lett.139p.83 - 861992年-

An in vitro circadian rhythm of protein synthesis in the rat suprachiasmatic nucleus under tissue culture conditions.

Shibata S, Hamada T, Tominaga K, Watanabe S.

Brain Res.584p.251 - 2561992年-

Phase-resetting effect of 8-OH-DPAT, a serotonin1A receptor agonist, on the circadian rhythm of firing rate in the rat suprachiasmatic nuclei in vitro.

Shibata S, Tsuneyoshi A, Hamada T, Tominaga K, Watanabe S.

Brain Res.582p.353 - 3561992年-

Neuroprotective effect of WEB1881FU (Nebracetam) on an ischemia-induced deficit of glucose uptake in rat hippocampal and cerebral cortical slices and CA1 field potential in hippocampal slices.

Shibata S, Kagami-ishi Y, Ueki S, Watanabe S.

Jpn J.Pharmacol.58p.243 - 2501992年-

Neuroprotective effect of protein kinase C inhibitors on oxygen/glucose free-induced decrease in 2-deoxyglucose uptake and CA1 field potential in rat hippocampal slices.

Shibata S, Tominaga K, Kagami-ishi Y, Watanabe S.

Brain Res.594p.290 - 2941992年-

Assessment of the role of adrenoceptor function in ischemia-induced impairment of 2-deoxyglucose uptake and CA1 field potential in rat hippocampal slices.

Shibata S, Kodama K, Tominaga K, Ueki S, Watanabe S.

Eur J Pharmacol221(2-3)p.255 - 2601992年-

DOI

Effect of muscarinic cholinergic drugs on ischemia-induced decreases in glucose uptake and CA1 field potentials in rat hippocampus slices.

Shibata S, Kodama K, Tominaga K, Tanaka T, Watanabe S.

Eur J Pharmacol221(1)p.113 - 1191992年-

DOI

Effect of substance P on circadian rhythms of firing activity and the 2-deoxyglucose uptake in the rat suprachiasmatic nucleus in vitro.

Shibata S, Tsuneyoshi A, Hamada T, Tominaga K, Watanabe S.

Brain Res597(2)p.257 - 2631992年-

DOI

Ischemia-induced impairment of 2-deoxyglucose uptake and CA1 field potentials in rat hippocampal slices: protection by 5-HT1A receptor agonists and 5-HT2 receptor antagonists.

Shibata S, Kagami-Ishi Y, Tominaga K, Kodama K, Ueki S, Watanabe S.

Eur J Pharmacol229(1)p.21 - 291992年-

DOI

Neuroprotective effect of 5-HT3 receptor antagonist on ischemia-induced decrease in CA1 field potential in rat hippocampal slices.

Kagami Y, Shigenobu S, Watanabe S.

Eur J Pharmacol224(1)p.51 - 561992年-

DOI

Morphological and functional development of the suprachiasmatic nucleus in transplanted fetal hypothalamus.

Aguilar-Roblero R, Shibata S, Speh JC, Drucker-Coli'n R, Moore RY.

Brain Res580(1-2)p.288 - 2961992年-

DOI

A neuroprotective effect of adenosine A1-receptor agonists on ischemia-induced decrease in 2-deoxyglucose uptake in rat hippocampal slices.

Tominaga K, Shibata S, Watanabe S.

Neurosci Lett145(1)p.67 - 701992年-

DOI

Effects of 5-HT1A receptor agonists on the circadian rhythm of wheel-running activity in hamsters.

Tominaga K, Shibata S, Ueki S, Watanabe S.

Eur J Pharmacol214(1)p.79 - 841992年-

DOI

生物のサーカディアンリズム:高等動物

柴田重信、富永恵子

化学と生物29p.124 - 1311991年-

哺乳動物の脳内神経機構とサーカディアンリズム

柴田重信、富永恵子

薬学雑誌111p.270 - 2831991年-

In vitro視交叉上核の電気活動およびdeoxyglucose uptake代謝活性リズムについて、神経研究の進歩、34、19-28、1990.

柴田重信、富永恵子

神経研究の進歩34p.19 - 281990年-

攻撃行動と脳内アミン

植木昭和、柴田重信

代謝25p.39 - 471988年-

視交叉上核ニューロンの機能分化

大村裕、柴田重信

神経研究の進歩29p.58 - 701985年-

視交叉上核と食欲中枢との神経生理学的関係

大村裕、柴田重信

蛋白質核酸酵素27p.391 - 4031982年-

書籍等出版物

イラストで徹底理解するシグナル伝達キーワード事典「サーカディアンシグナリング」

堀川和政、柴田重信

羊土社2012年 08月-

詳細

ISBN:978-4758120333

時間生物学「概日リズムと代謝」

柴田重信

化学同人2012年 03月-

詳細

ISBN:978-4759815023

体内時計の科学と産業応用 第12章「体内時計が栄養・食物摂取に及ぼす効果」

柴田重信

CMC出版2011年 05月-

詳細

ISBN:978-4781303406

体内時計の科学と産業応用 第11章「食品の体内時計に対する効果」

平尾彰子、柴田重信

CMC出版2011年 05月-

詳細

ISBN:978-478130340-6

実践行動薬理学  pp27-35「概日リズム評価法」

田原 優、柴田重信

金芳堂2010年 03月-

詳細

ISBN:978-4765314107

時間栄養学

香川靖雄、柴田重信、小田裕昭、加藤秀夫、堀江修一、榛葉繁紀

女子栄養大学出版部2009年 02月-

詳細

ISBN:978-4789554336

Memory and Sleep[Encyclopedia of Neuroscience]

Shibata S

Springer publication2009年 02月-

詳細

ISBN:978-3540237356

時間生物学事典

柴田重信(分担)

朝倉書店2008年 05月-

詳細

ISBN:978-4254171303

生物物理学ハンドブック

柴田重信(分担)

朝倉書店2007年 05月-

詳細

ISBN:978-4254171228

生物学的反応 時間薬理学の体内時計「リウマチ病セミナー15」

柴田重信(前田晃、小松原良雄、福田眞輔、吉川秀樹、志水正敏、塩沢俊一、村田紀和、佐伯行彦、西林保朗 編)

永井書店2005年 01月-

詳細

ISBN:978-4815917074

時計遺伝子の分子生物学 P.139-146

柴田重信(岡村均、深田吉孝 編)

シュプリンガーフェアラーク東京2004年 04月-

詳細

ISBN:978-4431710233

女と男の人間科学

柴田重信(山内兄人 編)

コロナ社2003年 12月-

詳細

ISBN:978-4339078381

ニューロシグナリングから知識工学への展開 第8章「脳のリズム」

柴田重信(共著)

コロナ社2002年-

詳細

ISBN:978-4-339-07835-0

Per gene expression and circdian entrainment by photic,non-photic and daily scheduled feeding, In, Zeitogebers, entrainment and masking of the circadian system

Shibata,S., Horikawa,K., Yokota,S., Fuji,K., Akiyama,M., Yoshinobu,Y., Wakamatsu,H., Moriya, T. "jointly worked"

Hokkaido Univ. Press2001年-

「時間薬理学」創薬の視点に立った生体リズム 14-22

柴田重信、秋山正志(共著)

朝倉書店2001年-

詳細

ISBN:978-4254340112

「生物時計の分子生物学」細胞内情報伝達

柴田重信、守屋孝洋(共著)

シュプリンガー・フェアラーク東京1999年-

詳細

ISBN:978-4431708148

「生体リズムと精神疾患 (生物学的精神医学)」時計機構の老化

柴田重信、浜田俊幸(共著)

学会出版センター1997年-

詳細

ISBN:978-4762208430

Neurotransmitter interaction in the suprachiasmatic nucleus clock function. Evolution of circadian clock

Shibata,S., Hamada,T., Watanabe,A., Ono,M. and Watanabe,S. "jointly worked"

Hokkaido Univ. Press1994年-

詳細

ISBN:ISBN4-8329-0205-9

Circadian rhythm of suprachiasmatic nucleus neurons and its effects on feeding. In [New functional aspects of the suprachiasmatic nucleus of the hypothalamus]

Oomura,Y., Shibata,S. "jointly worked"

JohonLibbey Press, London1993年-

詳細

ISBN:978-0861963294

Role of 5-HT1A receptor mechanism in the circadian systems: assessed by wheel-running behavior, 2-deoxyglucose uptake and firing discharge in the rodent suprachiasmatic nuclei. In [New functional aspects of the suprachiasmatic nucleus of the hypothalamus]

Shibata,S., Tominaga,K., Hamada,T., Tsuneyoshi,A., Watanabe,S. "jointly worked"

JohonLibbey Press, London1993年-

詳細

ISBN:978-0861963294

Developmental anatomy of the circadian system. In [Development of circadian rhythmicity and photoperiodism in mammals]

Moore,RY., Shibata,S., Bernstein ME "jointly worked"

Perinatology Press1990年-

詳細

ISBN:978-0916859428

特集・サーカディアンリズム−基礎から臨床へ−「精神医学(31巻1)」

高橋三郎、井上慎一、高橋清久、本間研一、柴田重信ほか(共著)

医学書院1989年-

Neurophysiological and neurochemical studies of rodent suprachiasmatic nucleus in vitro. Circadian clocks and ecology

Shibata, S., Moore,RY. "jointly worked"

Hokkaido Univ. press1989年-

詳細

ISBN:ISBN4-8329-0203-2

「医薬品の開発 第8巻」薬物の作用機構 抗うつ薬

植木昭和、柴田重信(共著)

廣川書店1989年-

詳細

ISBN:978-4567390804

うつ病と脳内アミンーラットのmuricideについての研究「続 脳の生体警告 不安・不快機構」

植木昭和、藤原道弘、山本経之、片岡泰文、柴田重信、岩崎克典(共著)

東京大学出版1987年-

詳細

ISBN:978-4130601177

Electrphysiological bases for rhythmic activity in the suprachiasmatic nucleus of the rat: an in vitro study. Emotions, neuronal and humoral control

Sugimori,M., Shibata,S., Oomura Y."jointly worked"

Japan Scientific Society press- S Karger press1986年-

Observations of suprachiasmatic neuronal activity in relation to circadian clocks and zeitgebers

Shibata,S., Oomura,Y."jointly worked"

Hokkaido Univ. Press1985年-

Circadian rhythm of suprachiasmatic nucleus neurons and its control to feeding centers in the rat hypothalamus.

Oomura,Y., Shibata,S., Kita,H."jointly worked"

Pergamon Press, Oxford and New York1982年-

詳細

ISBN:978-0080279770

講演・口頭発表等

栄養指導に生かせる時間栄養学

平成24年度メタボリックシンドローム予防のための健康セミナー2013年02月24日

詳細

口頭発表(一般)

時間遺伝子と食餌リズム

味の素㈱東京支社 第19回「食と健康セミナー」2013年02月23日

詳細

口頭発表(一般)

「早寝早起き朝ごはん」のサイエンス

農林水産省「平成24年度食育実践活動推進事業」シニア食育講座「すこやかシニアのための食生活講座」2013年02月11日

詳細

口頭発表(一般)

時計遺伝子と食事のリズム

給食施設栄養管理研修会2013年01月25日

詳細

口頭発表(一般)

シフトワークモデルマウスの様態観察と時間栄養学的治療法の確立

第35回日本分子生物学会年会2012年12月13日

詳細

ポスター発表

シフトワークモデルマウスの様態観察と時間栄養学的治療法の確立

第35回日本分子生物学会年会2012年12月13日

詳細

口頭発表(一般)

マウス体内時計遺伝子をリセットする食餌内容の研究

㈶飯島記念食品科学振興財団 第25回学術講演会2012年11月22日

詳細

口頭発表(一般)

時間薬理学・時間栄養学の視点の生活習慣病

平成24年度メタボリックシンドローム予防のための健康セミナー2012年11月10日

詳細

口頭発表(一般)

時間栄養学 −食の内容から食べ方まで−

第20回日本植物油協会 植物油栄養懇話会2012年11月09日

詳細

口頭発表(一般)

体内時計と栄養

第6回順天堂Kampo先端治療研究会2012年11月07日

詳細

口頭発表(一般)

時間栄養学〜免疫・炎症から代謝障害まで〜

第5回基礎と臨床を結ぶ分子病態研究会2012年10月27日

詳細

口頭発表(一般)

マウス絶食性脂肪肝はAChE阻害剤により増強する

第127回日本薬理学会関東部会2012年10月20日

詳細

口頭発表(一般)

時間栄養学と肥満・代謝障害

第33回日本肥満学会2012年10月12日

詳細

口頭発表(一般)

時間栄養学 〜早寝早起き朝ごはんを科学する〜

平成24年度中原区栄養士・養護教諭等研修会2012年10月10日

詳細

口頭発表(一般)

インビボとインビトロで調べた末梢時計の相違と特徴

第19回日本時間生物学会学術大会2012年09月15日

詳細

口頭発表(一般)

イン・ビボ イメージングを用いた老齢マウス末梢時計遺伝子発現の様態観測

第19回日本時間生物学会学術大会2012年09月15日

詳細

ポスター発表

マウス絶食性の脂肪肝における体内時計遺伝子の関与

第19回日本時間生物学会学術大会2012年09月15日

詳細

ポスター発表

GPR120遺伝子発現リズムとインスリン分泌に魚油が及ぼす影響

第19回日本時間生物学会学術大会2012年09月15日

詳細

ポスター発表

魚油摂取時のマウス肝臓の位相後退作用においてGPR120を介した新しい経路の確立

第19回日本時間生物学会学術大会2012年09月15日

詳細

ポスター発表

漬物がマウス肝臓体内時計遺伝子に与える影響

第19回日本時間生物学会学術大会2012年09月15日

詳細

ポスター発表

1週間リズム(Infradian rhythm)での光, 運動, 高脂肪食によるマウスの体重に与える影響

第19回日本時間生物学会学術大会2012年09月15日

詳細

ポスター発表

視床下部内側基底部において制限給餌に伴って発現量が変化する遺伝子群の検出

第19回日本時間生物学会学術大会2012年09月15日

詳細

ポスター発表

高脂肪食の摂食時刻・持続時間の体重や脂肪および末梢時計リズムへの影響

第19回日本時間生物学会学術大会2012年09月15日

詳細

ポスター発表

マウス絶食性の脂肪肝における絶食の内容ならびにタイミングの効果

第19回日本時間生物学会学術大会2012年09月15日

詳細

ポスター発表

食餌による末梢時計同調の臓器間の差に関する研究

第19回日本時間生物学会学術大会2012年09月15日

詳細

ポスター発表

シフトワークモデルのマウス体重増加及び行動リズムの乱れに与える効果

第19回日本時間生物学会学術大会2012年09月15日

詳細

ポスター発表

食物アレルゲン摂取タイミングの違いがアレルギー症状に及ぼす影響

第19回日本時間生物学会学術大会2012年09月15日

詳細

ポスター発表

生体リズムの応用と時間健康科学

睡眠健康指導士 草津上級講座 睡眠学教育講座2012年08月04日

詳細

口頭発表(一般)

体内時計と栄養や健康・生活習慣病などとの関係について

平成24年度公益社団法人宮崎県栄養士会生涯学習研修会2012年07月29日

詳細

口頭発表(一般)

「時計遺伝子と食事のリズム」

第42回栄養学連続講義(夏期セミナー)2012年07月28日

詳細

口頭発表(一般)

『喫煙と消化器系「マウス潰瘍性大腸炎に対する喫煙やニコチンの時間薬理学的作用機構解明」』

第27回平成23年度助成研究発表会(公益財団法人喫煙科学研究財団)2012年07月18日

詳細

口頭発表(一般)

「マウスを用いた時間栄養学視点からの塩分摂取と排泄機構の研究」

第24回平成23年度助成研究発表会(公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団)2012年07月18日

詳細

口頭発表(一般)

『生体リズム研究と時間治療の最前線「時間栄養学」』

医療薬学フォーラム2012 第20回クリニカルファーマーシーシンポジウム2012年07月14日

詳細

口頭発表(一般)

『食と睡眠とリズム「時間栄養学の視点からより良いライフスタイルを考える」』

日本睡眠学会第37回定期学術集会2012年06月28日

詳細

口頭発表(一般)

「時計遺伝子と時計栄養学」

平成24年度生涯学習研修会2012年06月16日

詳細

口頭発表(一般)

「時間栄養学−細胞から動物」

食品ニューティノロジー研究会(2012年6月例会)2012年06月14日

詳細

口頭発表(一般)

「食事と時計遺伝子」

第32回東京成長ホルモン成長因子セミナー2012年05月25日

詳細

口頭発表(一般)

『時間栄養セミナー 長寿の秘訣を時計栄養から探る「時間栄養と食品成分の関係を知って健康維持に役立てる」』

第17回国際食品素材/添加物展・会議2012年05月25日

詳細

口頭発表(一般)

「魚油がマウス体内時計位相変動に与える新規パスウェイの構築」

第66回日本栄養・食糧大会2012年05月19日

詳細

口頭発表(一般)

「マウスやMEF細胞の体内時計周期に対する[6]-gingerolの作用」

第66回日本栄養・食糧大会2012年05月19日

詳細

口頭発表(一般)

「マウスの肝臓脂肪蓄積に対する低アミノ酸食と朝食・夕食の摂餌時刻の効果」

第66回日本栄養・食糧大会2012年05月19日

詳細

口頭発表(一般)

「理想的な1週間の生活リズムの追究−マウスの体重及び摂食量による評価−」

第66回日本栄養・食糧大会2012年05月19日

詳細

口頭発表(一般)

「Clock変異マウスの食塩の嗜好性と含塩食物摂取が代謝機能に及ぼす影響」

第66回日本栄養・食糧大会2012年05月19日

詳細

口頭発表(一般)

「時計遺伝子と食・栄養・エネルギー代謝」

神戸市医師会学術講演会2012年05月12日

詳細

口頭発表(一般)

「インビボイメージングによるマスス給餌性末梢時計同調への給餌回数・間隔・量の要因分析」

第89回日本生理学会大会2012年03月31日

詳細

ポスター発表

「マウスにおける水、スクロース、食塩入りスクロース飲水の選択行動に対する概日時計障害の影響

第89回日本生理学会大会2012年03月30日

詳細

ポスター発表

「マウスにおける概日リズムと接触性過敏症の関係」

第89回日本生理学会大会2012年03月30日

詳細

ポスター発表

「体内時計と重金属毒性」

第89回日本生理学会大会2012年03月29日

詳細

ポスター発表

「栄養学・食事学の立場から−時間栄養と時間食事」

第89回日本生理学会大会2012年03月29日

詳細

口頭発表(一般)

『食品の機能性を時間生物学的視点から考える「マウス体内時計と食・栄養の相互作用」』

日本農芸化学会2012年度大会2012年03月25日

詳細

口頭発表(一般)

「マウス肝臓時計遺伝子リセットに魚油が与える影響」

日本農芸化学会2012年度大会2012年03月

詳細

ポスター発表

「体内時計と時間栄養(食事)学」

関東信越国立病院管理栄養士協議会大会2012年03月17日

詳細

口頭発表(一般)

「食と時間栄養学」

第1回機能性食品化学プロゼクトシンポジウム2012年03月17日

詳細

口頭発表(一般)

「体内時計と健康」

創立30周年記念講演会(NHKエンジニアリングサービス)2012年03月05日

詳細

口頭発表(一般)

「時間栄養学から考える朝食の重要性−体内時計の仕組みと食事のリズム−」

若い世代の食育フォーラム〜朝食の重要性について考えよう〜2012年02月15日

詳細

口頭発表(一般)

「睡眠・栄養・体内時計」(特別講演)

第14回睡眠指導士初級養成講座2012年01月22日

詳細

口頭発表(一般)

「時間栄養学と生活習慣病の予防」(特別講演)

平成23年度いばらき食育推進大会2012年01月19日

詳細

口頭発表(一般)

『生体リズムと創薬「時間薬理学の到達点」』

第32回日本臨床薬理学会年会2011年12月01日

詳細

口頭発表(一般)

「輝度と色調を変えたテレビの視聴が唾液中のメラトニンとコルチゾールに及ぼす影響」

第18回日本時間生物学会学術大会2011年11月25日

詳細

口頭発表(一般)

「時間依存的な摂餌パターンの変化に伴う脂肪肝の発生メカニズム解明」

第18回日本時間生物学会学術大会2011年11月24日

詳細

ポスター発表

「魚油がマウス体内時計位相後退作用に及ぼすメカニズムの解明」

第18回日本時間生物学会学術大会2011年11月24日

詳細

ポスター発表

「リモネンやリナロールの匂い刺激がマウスの時計遺伝子発現に及ぼす影響」

第18回日本時間生物学会学術大会2011年11月24日

詳細

ポスター発表

「リモネンとレモン果汁の同時摂取による時計遺伝子発現量への影響」

第18回日本時間生物学会学術大会2011年11月24日

詳細

ポスター発表

「カフェインが体内時計周期に与える影響とその機序解明」

第18回日本時間生物学会学術大会2011年11月24日

詳細

ポスター発表

「アデノシン・P2Y受容体の体内時計機構における役割解明」

第18回日本時間生物学会学術大会2011年11月24日

詳細

ポスター発表

「時計遺伝子と食事のリズム−時間栄養学−」

第33回日本臨床栄養学会総会2011年10月29日

詳細

口頭発表(一般)

『精神神経疾患と生体リズム「生体リズムに対する抗精神病薬の影響」』(シンポジウム)

第41回日本神経精神薬理学会2011年10月27日

詳細

口頭発表(一般)

『食事と体内時計「体内時計の仕組みと食事のリズム」』(特別講演)

群馬県栄養士会研修会2011年10月23日

詳細

口頭発表(一般)

「薬の効き方・使い方を学ぶ薬理学のいろは」

EWE三月会講演会2011年09月26日

詳細

口頭発表(一般)

「時間栄養学の視点から」

第87回日本栄養・食糧学会関東支部大会シンポジウム2011年07月03日

詳細

口頭発表(一般)

「マウス組織において魚油がスギ花粉のアレルギー症状に与える影響」

第65回日本栄養・食糧学会大会2011年05月15日

詳細

口頭発表(一般)

「各澱粉含有食がマウス肝臓に及ぼす体内時計リセット効果」

第65回日本栄養・食糧学会大会2011年05月15日

詳細

ポスター発表

「食事と体内時計」

AACC International 日本支部例会2011年04月21日

詳細

口頭発表(一般)

低アミノ酸食による脂肪肝と体内時計の関係

第6回環境生理学プレコングレス2011年03月27日

詳細

口頭発表(一般)

「時間栄養学 〜体内時計と食事のリズム〜」

多摩区栄養士研修会2011年02月08日

詳細

口頭発表(一般)

『くらしの中の糖尿病「生活リズムと体内時計」』

第9回糖尿病市民セミナー・東京2011年02月06日

詳細

口頭発表(一般)

「時計遺伝子と食餌リズム」

第13回脂質・栄養シンポジウム2011年01月29日

詳細

口頭発表(一般)

現代生活の「時計」と「休息」・「からだとこころの健康の実践:時間栄養学の考え方」

早稲田大学教育総合研究所 教育最前線講演会シリーズXI2010年12月11日

詳細

口頭発表(一般)

マウス体内時計と食・栄養の相互作用

第17回日本時間生物学会学術大会2010年11月20日

詳細

口頭発表(一般)

麻酔薬が時計遺伝子発現リズムに与える影響

第17回日本時間生物学会学術大会2010年11月21日

詳細

ポスター発表

アドレナリン受容体の刺激がPer2リズム周期に与える影響

第17回日本時間生物学会学術大会2010年11月21日

詳細

ポスター発表

マウス末梢時計の給餌性リズム同調におけるスターチの影響

第17回日本時間生物学会学術大会2010年11月21日

詳細

ポスター発表

マウスにおけるスギ花粉監査時間の変化がアレルギー反応に与える影響

第17回日本時間生物学会学術大会2010年11月21日

詳細

ポスター発表

インビボ・イメージングによるマウス末梢時計測定法確率と末梢時計の中枢制御

第17回日本時間生物学会学術大会2010年11月21日

詳細

ポスター発表

子どもの脳の発達に不可欠な睡眠とそのリズム

第2回神戸市民講座「赤ちゃんから、お母さんと社会へのメッセージ」2010年10月16日

詳細

口頭発表(一般)

体内時計と食・栄養科学

第57回日本食品科学工学会2010年09月

詳細

口頭発表(一般)

インビボ・イメージングによるマウス体内時計測定法と視交叉上核破壊による末梢時計への影響

BMB2010 日本分子生物学会・日本生化学会合同大会2010年07月

詳細

口頭発表(一般)

リズム障害と生活習慣病

日本睡眠学会第35回定期学術集会2010年07月

詳細

口頭発表(一般)

エイジングとアンチエイジングに対する体内時計の関わり

私立大学戦略的基盤形成研究支援事業 第2回学術講演会「エイジングに伴う生体機能変化とアンチエイジング戦略」 近畿大学アンチエイジングセンター2010年06月

詳細

口頭発表(一般)

時計遺伝子と時間栄養学

平成22年度茨城県栄養士会特別講演会2010年05月

詳細

口頭発表(一般)

時間栄養学の視点からのマウス体内時計研究

第87回日本生理学会大会2010年05月

詳細

口頭発表(一般)

運動がマウスの生態リズム位相および代謝関連の遺伝子発現に与える影響

第87回日本生理学会大会2010年05月

詳細

ポスター発表

概日リズムとアトピー性皮膚炎の関係

第87回日本生理学会大会2010年05月

詳細

ポスター発表

高GI食がもたらすマウス肝臓時計遺伝子発現への効果

第64回日本栄養・食糧学会大会2010年05月

詳細

口頭発表(一般)

十全大補湯がマウスの時計遺伝子及び代謝関連遺伝子に与える効果

第64回日本栄養・食糧学会大会2010年05月

詳細

口頭発表(一般)

食餌の成分・タイミングの相違がマウスの体重・体脂肪量ならびに遺伝子発現に及ぼす影響

第64回日本栄養・食糧学会大会2010年05月

詳細

口頭発表(一般)

体内時計研究の基礎から応用

山梨大学?早稲田大学連携事業セミナー2010年04月

詳細

口頭発表(一般)

バランスのとれた高GI食がマウス肝臓時計遺伝子に与える影響

日本農芸化学会2010年度大会2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

体内時計オーバービュー

日本薬学会第130年会シンポジウム「体内時計を利用した創薬から治療戦略まで」2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

リズム障害の基礎と応用

第5回関東睡眠談話会特別講演2010年02月

詳細

口頭発表(一般)

体内時計とメタボリックシンドローム

朝日生命成人病研究所 126回分泌セミナー2010年02月

詳細

口頭発表(一般)

体内時計と食・栄養

ATI(新世代研究所) 時を計る研究会2009年12月

詳細

口頭発表(一般)

体内時計と食・栄養の関わり

第3回ニュートリズム検討会2009年09月

詳細

口頭発表(一般)

体内時計が生命科学研究にどのように役立つのか?

学術シンポジウム:“山梨大学・早稲田大学:国私立大学間連携による医学・理工学に精通した先端生命科学分野の国際的研究者の育成”2009年02月

詳細

口頭発表(一般)

体内時計と栄養の観点から見た食育〜親が変われば子供が変われる生活リズム〜

東京都多摩立川保健所 食育研究会2009年01月

詳細

口頭発表(一般)

食事の量やタイミングの相違がマウスの体重・脂肪増加に及ぼす影響

第63回日本栄養・食糧学会大会2009年05月

詳細

口頭発表(一般)

給餌によるマウス肝臓時計遺伝子発現リズムに対する餌の量とタイミングの効果

第63回日本栄養・食糧学会大会2009年05月

詳細

口頭発表(一般)

給餌性体内時計リズム形成における交感神経作用薬の作用

第63回日本栄養・食糧学会大会2009年05月

詳細

口頭発表(一般)

子供の脳の発達に不可欠な睡眠とそのリズム

(財)パブリックヘルスリサーチセンター 市民講座「赤ちゃんからお母さんと社会へのメッセージ」2008年12月

詳細

口頭発表(一般)

食事や食品成分による時計遺伝子発現リズムの制御機構

(社)日本食品科学工学会関東支部 平成20年度大会2008年11月

詳細

口頭発表(一般)

早寝早起き朝ごはんのサイエンス

早稲田電気工学会 三月会9月定例会2008年09月

詳細

口頭発表(一般)

ニコチン投与性の新規リズム形成と人への応用

喫煙科学研究財団 第23回助成研究発表会2008年07月

詳細

口頭発表(一般)

食事と体内時計

(社)島根県栄養士会 生涯学習研修会2008年05月

詳細

口頭発表(一般)

分子モデルによる哺乳類の概日リズムのロバスト性解析

早稲田電気工学会 三月会9月定例会2008年05月

詳細

口頭発表(一般)

食事と体内時計

千葉県病院栄養士協議会 平成20年度研修会2008年04月

詳細

口頭発表(一般)

給餌性リズム形成における朝食の意味

第85回日本生理学会大会シンポジウム2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

システム生命科学による医・理・工学の先端研究

東京女子医科大学・早稲田大学ジョイントシンポジウム「医・理・工融合研究の新しい連携のかたち」2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

食事と体内時計

(社)広島県栄養士会 平成20年度研修会2008年02月

詳細

口頭発表(一般)

体内時計と食と栄養

講演会「早寝早起き朝ごはん」で心と体の活力を高めよう!2008年01月

詳細

口頭発表(一般)

朝食と時間生物学

APACPHケロッグランチセッション(日本ケロッグ)2007年11月

詳細

口頭発表(一般)

時間生物学から見た向精神薬の薬理作用

日本睡眠学会第32回定期学術集会・第14回日本時間生物学会学術大会 合同大会2007年11月

詳細

口頭発表(一般)

体内時計を活用した健康法−マウスからヒトまで

第8回日本健康支援学会年次学術集会2007年02月

詳細

口頭発表(一般)

時計遺伝子の概日リズムに対する光と食事の作用

講演会「早寝早起き朝ごはん」はなぜ健康によいのか?2007年01月

詳細

口頭発表(一般)

制限給餌誘発性リズムの振動体としての視床下部背内側核の役割

第57回日本薬理学会北部会2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

外から見た薬学

平成18年度九大薬友会関東支部総会2006年05月

詳細

口頭発表(一般)

発達期の光環境条件によるClock遺伝子一部欠損マウスのDSPS(delayed sleep phase syndrome)発現・特別講演

第83回日本生理学会大会サテライト企画 第2回環境生理学プレコングレス2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

高脂肪食におけるICR系クロックミュータントマウス脂肪組織への影響

第83回日本生理学会大会2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

生体リズムに対する運動の効果

第83回日本生理学会大会2006年03月

詳細

ポスター発表

高脂血症・肥満における体内時計の役割

第79回日本薬理学会年会シンポジウム「体内時計遺伝子が持つ多彩な機能—疾病発現から治療薬まで」2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

体内時計変異マウスの子育て行動

早稲田大学人間総合研究センター学術フロンティア「脳機能の性差形成機構」公開シンポジウム2006年01月

詳細

口頭発表(一般)

体内時計研究 −時刻認知から薬物治療−

脳の医学・生物学研究会 第39回研究会2005年07月

詳細

口頭発表(一般)

老化と睡眠・リズム

早稲田大学人間総合研究センター「生活の質」土曜講座 高齢者のこころとからだ 第243回2005年01月

詳細

口頭発表(一般)

マウス視交叉上核スライス標本の発火リズムに対するグレリンの効果

第80回日本生理学会年会2003年03月

詳細

ポスター発表

体内時計の分子から生理・薬理機能解明へ

第76回日本薬理学会第80回日本生理学会(共同開催)シンポジウム2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

遺伝子発現と治療薬からみた体内時計研究

第9回日本時間生物学会学術大会シンポジウム2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

感情障害治療薬と体内時計遺伝子発現

第9回日本時間生物学会学術大会シンポジウム2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

概日リズム発振におけるClock遺伝子変異の影響

第9回日本時間生物学会学術大会2002年11月

詳細

ポスター発表

ストレプトゾトシン投与マウスの肝臓におけるPER2発現リズム

第9回日本時間生物学会学術大会2002年11月

詳細

ポスター発表

時間薬理をめざした体内時計研究

第23回日本臨床薬理学会イブニングセミナー「第3回 時間薬理・治療を考える会」2002年12月

詳細

口頭発表(一般)

リズム同調の分子・薬理機構

日本疾患モデル学会第18回総会 シンポジウム「時計遺伝子とその異常」2001年11月

詳細

口頭発表(一般)

オレキシンおよびオレキシン受容体発現に対する制限給餌の影響

第8回日本時間生物学会学術大会2001年11月

詳細

ポスター発表

生体時計リズム

第24回日本神経科学・第44回日本神経化学合同大会シンポジウム「リズムとゆらぎの神経科学」2001年09月

詳細

口頭発表(一般)

記憶・学習関連行動の神経科学的基盤

第74回日本薬理学会年会2001年03月

詳細

口頭発表(一般)

生体リズム階層性と同調機構で

第6回慢性疲労症候群(CFS)研究会2001年02月

詳細

口頭発表(一般)

グルタミン酸受容体を介した光による時計遺伝子ピリオドの発現上昇と体内時計のリセットについて

第73回日本薬理学会年会

詳細

ポスター発表

生体リズムと病気:創薬の視点に立った生体リズム

日本薬学会第120年会

詳細

口頭発表(一般)

マウスにおける恒明状態での行動リズム異常と時計遺伝子の発現リズムについて

第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会合同大会2000年09月

詳細

ポスター発表

マウス視交叉上核におけるPeriod遺伝子発現リズムの胎生期・生後発達

第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会合同大会2000年09月

詳細

ポスター発表

PACAPのマウス体内時計の同調機構に及ぼす影響

第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会合同大会2000年09月

詳細

ポスター発表

GRP受容体遺伝子欠損マウスの体内時計の光同調低下

第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会合同大会2000年09月

詳細

ポスター発表

体内時計をリセットする光と光以外の同調因子の作用機構

第73回日本生化学会2000年10月

詳細

ポスター発表

時刻学習と体内時計機構

第7回日本時間生物学会学術大会2000年11月

詳細

口頭発表(一般)

時計遺伝子発現からみた給餌性リズム形成におけるグルコースの関与

第7回日本時間生物学会学術大会2000年11月

詳細

ポスター発表

ラット視交叉上核におけるLTPの情報伝達系とメラトニンによる調節

第7回日本時間生物学会学術大会2000年11月

詳細

ポスター発表

短時間作動型睡眠導入薬ブロチゾラムのハムスターの輪回し行動リズムとSNC内での Period mRNA の発現に対する効果

第7回日本時間生物学会学術大会2000年11月

詳細

ポスター発表

脳のリズム

シンポジウム“ニューロシグナリングから知識工学への展開”2000年11月

詳細

口頭発表(一般)

体内時計階層構造システムから見た生体恒常性維持

[総合脳]公募班研究成果報告会2000年12月

詳細

口頭発表(一般)

NMDA受容体遺伝子欠損マウスにおける音恐怖条件づけ学習とCaMKIIの活性化

第72回日本薬理学会年会

詳細

ポスター発表

げっ歯類体内時計の光同調に対するアニラセタムの増強作用

第72回日本薬理学会年会

詳細

ポスター発表

室傍核や扁桃体の時計遺伝子mPer1,mPer2 mRNAは ストレス負荷により誘発される

第72回日本薬理学会年会

詳細

ポスター発表

社会的ストレス誘発性マウス高体温に対するDR4004の効果

第72回日本薬理学会年会

詳細

ポスター発表

体内時計遺伝子と高次脳機能

日本組織細胞化学会第40回記念総会・学術集会

詳細

口頭発表(一般)

ラット視交叉上核へのPer antisenseoligonucleotide投与

第6回日本時間生物学会学術大会1999年11月

詳細

口頭発表(一般)

メタンフェタミンの薬理作用とmPer遺伝子発現

第6回日本時間生物学会学術大会1999年11月

詳細

口頭発表(一般)

ラット、マウスの老齢動物における Period mRNA発現パターンの加齢による変化

第6回日本時間生物学会学術大会1999年11月

詳細

口頭発表(一般)

光刺激による概日リズムの位相変化に伴ったハムスター Period mRNAの発現分布

第6回日本時間生物学会学術大会1999年11月

詳細

ポスター発表

光刺激によってSCN内で発現増強されるPeriod mRNAに対するCaMキナーゼII

第6回日本時間生物学会学術大会1999年11月

詳細

ポスター発表

制限給餌におけるSCN非依存的給餌性リズムと 遺伝子の発現様式の解析

第6回日本時間生物学会学術大会1999年11月

詳細

ポスター発表

マウスにおける周期的制限給餌による肝臓Period mRNA発現への影響について

第6回日本時間生物学会学術大会1999年11月

詳細

ポスター発表

ストレスによるmPer遺伝子発現調節

第6回日本時間生物学会学術大会1999年11月

詳細

ポスター発表

マウス小脳顆粒細胞培養系におけるmPer遺伝子発現調節

第6回日本時間生物学会学術大会1999年11月

詳細

ポスター発表

マウスSCNにおけるmCry1 mRNAの発現と行動リズムについて

第6回日本時間生物学会学術大会1999年11月

詳細

ポスター発表

NMDAR2欠損による扁桃体ニューロンのアゴニスト感受性の変化

第22回日本神経科学プログラム集

詳細

ポスター発表

体内時計の光同調シグナル系に対するAMPA受容体活性促進薬アニラセタムの増強効果

第22回日本神経科学プログラム集

詳細

ポスター発表

体内時計リセットの学習/記憶から見た側面

第22回日本神経科学プログラム集

詳細

ポスター発表

マウス小脳顆粒細胞培養系におけるmPer遺伝子発現の調節

第22回日本神経科学プログラム集

詳細

ポスター発表

ラット行動リズムにおけるrPer1 antisenseoligonucleotide投与の影響

第22回日本神経科学プログラム集

詳細

ポスター発表

糖尿病モデルOtsuka Long Evans Tokushima Fatty(OLETF)ラットの体内時計機能異常

第5回日本時間生物学会学術大会1998年11月

詳細

口頭発表(一般)

グルタミン酸による視交叉上核神経活動の位相変化に対するmPer1アンチセンスオリゴヌクレオチドの効果

第5回日本時間生物学会学術大会1998年11月

詳細

口頭発表(一般)

メタンフェタミン惹起性予知行動リズムと mPer遺伝子

第5回日本時間生物学会学術大会1998年11月

詳細

口頭発表(一般)

ラットの行動リズムにおけるrat per1 antisense oligonucleotide投与の影響

第5回日本時間生物学会学術大会1998年11月

詳細

口頭発表(一般)

Ryanodine receptor type3(RyR3) ノックアウトマウスの行動リズム解析

第5回日本時間生物学会学術大会1998年11月

詳細

口頭発表(一般)

Triazolamにより誘発されるハムスターの輪回し行動リズムの 位相前進作用に対するMKC-242の効果

第5回日本時間生物学会学術大会1998年11月

詳細

口頭発表(一般)

mPer1-3 antisenseoligonucleotideのマウスサーカディアンリズムに対する作用

第5回日本時間生物学会学術大会1998年11月

詳細

ポスター発表

メラトニン、メチルコバラミンの飲水投与による明暗サイクルの連続アドヴァンスに対する再同調促進作用 −行動リズムならびにmPer1 mRNA発現による評価−

第5回日本時間生物学会学術大会1998年11月

詳細

ポスター発表

周期的制限給餌性リズムにおけるmPer遺伝子群の関与

第5回日本時間生物学会学術大会1998年11月

詳細

ポスター発表

マウス小脳に発現するmPer遺伝子に対する抑制薬の作用

第5回日本時間生物学会学術大会1998年11月

詳細

ポスター発表

光刺激で誘導される哺乳類per遺伝子ホモログの相互作用解析

第5回日本時間生物学会学術大会1998年11月

詳細

ポスター発表

薬物による概日リズムの位相変化に 伴ったげっ歯類mRNAの発現動態

第5回日本時間生物学会学術大会1998年11月

詳細

ポスター発表

NMDAレセプターノックアウトマウスを用いた恐怖条件学習と扁桃体におけるCaMKIIの燐酸化

第21回日本神経科学プログラム集

詳細

ポスター発表

音恐怖条件づけ関連神経核におけるCa2+応答

第21回日本神経科学プログラム集

詳細

ポスター発表

mper1遺伝子とmper2遺伝子のアンチセンスは光によるマウスの概日性運動リズムの位相変化を抑制する

第21回日本神経科学プログラム集

詳細

ポスター発表

哺乳類体内時計の光同調経路におけるカルモヂュリンキナーゼIIの役割について

第21回日本神経科学プログラム集

詳細

ポスター発表

海馬や小脳に発現する体内時計遺伝子mperに対する 覚醒薬ならびに抑制薬の作用

第28回日本神経精神薬理学会プログラム集

詳細

ポスター発表

遺伝子アンチセンスによる マウス概日性活動リズムの位相変化の抑制

第28回日本神経精神薬理学会プログラム集

詳細

ポスター発表

サーカディアンリズムの研究:創薬から治療薬へ

第4回日本時間生物学会学術大会シンポジウム1997年11月

詳細

口頭発表(一般)

ラット新生仔概日リズム形成に対するD1-DopamineとMelatoninの同調因子としての影響

第4回日本時間生物学会学術大会1997年11月

詳細

口頭発表(一般)

アストログリア特異的に発現するGlial Fibrillary Acidic Protein(GFAP)の概日リズムにおける役割について

第4回日本時間生物学会学術大会1997年11月

詳細

口頭発表(一般)

カルシウムイメージング法を用いた視交叉上核NMDA受容体の機能解析

第4回日本時間生物学会学術大会1997年11月

詳細

口頭発表(一般)

NMDA受容体サブタイプノックアウト動物に対する制限給餌同調の効果

第4回日本時間生物学会学術大会1997年11月

詳細

口頭発表(一般)

体内時計におけるNMDA受容体サブタイプの役割

第4回日本時間生物学会学術大会1997年11月

詳細

口頭発表(一般)

恒暗条件化のハムスター輪回しリズムに対するR(+)8-OHDPATのarousal型位相変化

第4回日本時間生物学会学術大会1997年11月

詳細

口頭発表(一般)

体内時計の光同調に対する新規セロトニン1A受容体アゴニストMKC242の増強作用

日本薬理学雑誌

詳細

ポスター発表

活動促進状態時のメラトニンの抑制作用

日本薬理学雑誌

詳細

ポスター発表

k-opioid receptor agonistのサーカディアンリズム光同調に対する抑制作用

日本薬理学雑誌

詳細

ポスター発表

SAMP8のサーカディアンリズムの特徴とメラトニン飲水投与の効果

老化促進モデルマウス研究協議会抄録集

詳細

口頭発表(一般)

生体の時計機構とその異常に関する研究

ヒューマンサイエンス基礎研究事業、 官民共同プロジェクト研究報告

詳細

口頭発表(一般)

NMDA受容体と時刻認知学習

総合研究大学院大学研究会発表原稿集、 生体の時間秩序発現機構

詳細

口頭発表(一般)

老齢ラットにおけるSCNからのVIP遊離に対するメラトニンの影響

第3回日本時間生物学会学術大会1996年11月

詳細

口頭発表(一般)

視交叉上核における2つの長期増強現象

第3回日本時間生物学会学術大会1996年11月

詳細

口頭発表(一般)

老化促進マウス(SMAP-8)の自発運動のサーカディアンリズムに対する薬物の作用

第3回日本時間生物学会学術大会1996年11月

詳細

口頭発表(一般)

Glial Fibrillary Acidic Protein(GFAP)遺伝子欠損マウスの行動リズム研究

第3回日本時間生物学会学術大会1996年11月

詳細

口頭発表(一般)

視神経刺激及び高濃度KClによる視交叉上核からのVIP遊離と加齢による影響

第2回日本時間生物学会学術大会1995年11月

詳細

口頭発表(一般)

視交叉上核における長期増強現象

第2回日本時間生物学会学術大会1995年11月

詳細

口頭発表(一般)

神経伝達物質と老化

日本時間生物学会第1回設立記念学術集会1994年10月

詳細

口頭発表(一般)

光同調入力経路の網膜−視床下部路におけるGABA神経の役割

日本時間生物学会第1回設立記念学術集会1994年10月

詳細

口頭発表(一般)

視交叉上核(SCN)への光情報入力に於ける一酸化窒素(NO)合成の関与について

日本時間生物学会第1回設立記念学術集会1994年10月

詳細

口頭発表(一般)

ラット視交叉上核への光入力に対するメタンフェタミンの抑制作用

日本時間生物学会第1回設立記念学術集会1994年10月

詳細

口頭発表(一般)

ラット視交叉上核神経活動のサーカディアンリズムに対するNMDAの作用−NOの関与について−

第10回生物リズム研究会1993年11月

詳細

口頭発表(一般)

ラット視交叉上核のVIP遊離における興奮性神経入力の役割

第10回生物リズム研究会1993年11月

詳細

口頭発表(一般)

ラット網膜視床下部路の伝達物質:培養神経組織を用いた薬物位相反応曲線による解析

第9回生物リズム研究会・臨床時間生物学研究会・合同シンポジウム1992年09月

詳細

口頭発表(一般)

制限給餌によるラットの予知行動−老化、NMDA受容体拮抗薬の影響

第9回生物リズム研究会1992年09月

詳細

口頭発表(一般)

特許

整理番号:2100

概日リズム変調及びそれに起因する症状の予防又は改善用の内服剤並びに飲食品組成物(日本)

柴田 重信

特願2018-153937、特開2020- 29407

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:挑戦的萌芽研究

ロボット技術を用いた新たな向精神薬in vivoスクリーニング系の開発

2012年-2013年

研究分野:精神神経科学

配分額:¥3770000

研究種別:

マウスを用いた時間運動学の確立

2011年-0月-2013年-0月

配分額:¥3770000

研究種別:

体内時計を考慮した健康志向の食餌と運動処方のマウスモデル開発

2011年-0月-2014年-0月

配分額:¥18590000

研究種別:

時間栄養学の構築と応用研究

配分額:¥3100000

研究種別:

マウス体内時計への同調因子としての朝ご飯(ブレイクファスト)の役割解明

配分額:¥19890000

研究種別:

マウスの体内時計をリセットする食餌のパターン解析

配分額:¥2900000

研究種別:

スケルトン型同調刺激に対する体内時計遺伝子発現応答機構

配分額:¥15950000

研究種別:

入眠のタイミングを司る物質の同定と新規入眠薬の開発

配分額:¥2900000

研究種別:

体内時計研究成果の生活習慣病研究への応用展開

配分額:¥13200000

研究種別:

体内時計の分子・生理機構

配分額:¥2200000

研究種別:

生物時計の障害と関連した気分・行動・睡眠障害の発現機構とその治療

配分額:¥13800000

研究種別:

光によるマスキング現象の解明と新規睡眠薬の開発

配分額:¥3300000

研究種別:

睡眠―覚醒リズムの分子基盤解明と新規睡眠薬の開発

配分額:¥14200000

研究種別:

時計遺伝子利用による分子時間薬理学研究の新展開

配分額:¥2000000

研究種別:

概日リズムの分子機構:時計遺伝子の機能

配分額:¥10400000

研究種別:特定領域研究(A)

体内時計階層構造システムから見た生体恒常性維持機構

1999年-2000年

配分額:¥6000000

研究種別:

生体時計の分子機構

配分額:¥76500000

研究種別:

時計遺伝子発現による体内時計生理機構の解明

配分額:¥56200000

研究種別:特定領域研究(A)

体内時計を視点とした情動行動機構解明

1999年-1999年

配分額:¥1600000

研究種別:特定領域研究(A)

シナップス可塑性の観点から見た体内時計への光入力

1998年-1998年

配分額:¥1500000

研究種別:基盤研究(B)

神経-グリア複合体としての視交叉上核の時計機構

1997年-1998年

研究分野:環境生理学(含体力医学・栄養生理学)

配分額:¥2200000

研究種別:国際学術研究

生物リズムの分子・細胞機構

1997年-1998年

配分額:¥8800000

研究種別:総合研究(B)

生物振動の発生とその多元的展開:生体機能の時間的組織化と複雑系

1995年-1995年

研究分野:環境生理学(含体力医学・栄養生理学)

配分額:¥3000000

研究種別:一般研究(C)

シナプス可塑性を指標としたパーキンソン氏病モデル動物の作成と改善薬の開発研究

1995年-1996年

研究分野:生物系薬学

配分額:¥2300000

研究種別:国際学術研究

生物学的測時機構の系統的解析

1993年-1995年

配分額:¥12000000

研究種別:一般研究(C)

痴呆モデルとしての時刻認知障害モデルの作製と改善する薬の開発に関する研究

1993年-1994年

研究分野:応用薬理学・医療系薬学

配分額:¥2100000

研究種別:一般研究(C)

概日リズム異常動物モデルの作製と改善する薬物の開発に関する研究

1991年-1992年

研究分野:応用薬理学・医療系薬学

配分額:¥2100000

研究種別:一般研究(B)

痴呆に関する薬理学的研究

1988年-1989年

研究分野:応用薬理学・医療系薬学

配分額:¥6500000

研究種別:一般研究(B)

向精神薬の作用機構における中枢伝達物質の役割に関する研究

1985年-1987年

研究分野:薬理学一般

配分額:¥6700000

研究種別:

週間リズムの視点の運動科学・栄養科学による肥満予防

2015年-0月-2017年-0月

配分額:¥3510000

研究種別:

時間栄養学を視点とした機能性食品成分の探索と応用研究

2014年-0月-2019年-0月

配分額:¥116870000

研究種別:

時間栄養学を視点とした機能性食品成分の探索

2014年-0月-2015年-0月

配分額:¥18200000

研究種別:

唾液中のバイオマーカーを指標としたストレスー体内時計ー疾病の相互関係の解明

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥4940000

研究種別:

ライフステージ別の体内時計応用の健康科学研究

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥45500000

研究種別:

時間栄養学に基づくアンチエージングへの挑戦

2019年-0月-2021年-0月

配分額:¥6500000

研究資金の受入れ状況

提供機関:文部科学省

ニューロンにおけるシグナリング機構1998年-2002年

学内研究制度

特定課題研究

老化による体内時計への光同調低下の神経機構解明

1996年度

研究成果概要: 外界の光刺激は動物の体内時計をリセットするが、光同調が老化により減弱している可能性がある。視交叉上核シナプスの長期増強現象をはじめとする可塑的変化に老化の影響があるか否かについて研究することは、外界の光刺激による同調の神経機構そ... 外界の光刺激は動物の体内時計をリセットするが、光同調が老化により減弱している可能性がある。視交叉上核シナプスの長期増強現象をはじめとする可塑的変化に老化の影響があるか否かについて研究することは、外界の光刺激による同調の神経機構そのものを理解する上にも、また老化による同調性の低下のメカニズムを理解するにも重要なことだと考えられる。  光刺激の情報は視交叉上核のVIP ニューロンに伝達されると考えられている。そこで視交叉上核からのVIP遊離を指標として、視神経刺激がこの遊離を増大させるか否かについて調べた。また、VIP遊離に対する老化の影響について調べ、視交叉上核シナプス伝達の老化による低下をVIP遊離という物質的背景についても調べた。視神経刺激により視交叉上核からのVIP遊離は増大した。VIP遊離の増大は視神経刺激の強度と周波数に比例して増大した。すなわち、0.9mA、20Hzの電気刺激によりVIPの遊離量は基礎遊離量に対して約130-150%に増大した。老齢動物の視交叉上核からのVIPの基礎遊離は若齢群とほぼ同程度であった。しかしながら、視神経刺激や高濃度KClによるVIPの遊離増強は減弱した。視交叉上核のシナプス機構を反映すると考えられる長期増強現象に対する老化の影響を調べた。視神経刺激により視交叉上核から記録される電場電位の大きさは時刻依存性に高頻度刺激(100Hz、1秒間)により増大した。明期に高頻度刺激を行うと電場電位の大きさは刺激後60-120分後には刺激前の約200%に増大した。またこの増大現象は刺激直後には現れず、ゆるやかなカーブを示した。以上の結果、シナプス伝達機構が老化により低下することが明らかとなりこの低下は老齢動物の光同調性の低下に関連するものと考えられた。このようなシナプス伝達の低下を改善する薬物が見つかれば、これは老化による光同調の低下を軽減させうるものと考えられる。

動物サーカディアンリズムに対するストレス負荷の影響

1997年度

研究成果概要:ストレスが蔓延する現代社会では、心身症、うつ病、神経症などストレス性疾患が増大している。これらの疾患には睡眠障害を始めとするリズム性の異常も多い。したがって、本研究はこのようなリズム異常に関わる疾患の発症の原因を探る目的の一つとし...ストレスが蔓延する現代社会では、心身症、うつ病、神経症などストレス性疾患が増大している。これらの疾患には睡眠障害を始めとするリズム性の異常も多い。したがって、本研究はこのようなリズム異常に関わる疾患の発症の原因を探る目的の一つとして、ストレスの光同調に対する影響について調べた。ハムスターを恒暗条件飼育し、フリーランリズムが出現してきたらサーカディアンタイム(CT)(CT12を輪回し行動の開始時刻とする)の13や20に光照射を行った。光照射のみをCT13やCT20行ったハムスターの位相後退や前進はそれぞれ74分と149分であった。拘束ハムスターに光照射すると位相後退も前進もいづれもその大きさが有意に低下した。 以前フットショックストレスを経験したハムスターは対照群に比較してCT13やCT20の光照射によるそれぞれ位相後退や前進が少なかった。フットショックストレスのみを負荷した群(stress)とフットショックストレスも光照射も与えなかった群(control)の視交差上核内FOS免疫陽性細胞数はそれぞれ平均19と21で有り、両群間に全く差は認められなかった。すなわち、フットショックストレスは視交差上核の細胞にFOSを出現させないことがわかった。一方、光照射した群では光照射しない群より、FOS免疫陽性細胞数(45)が有意に増大した。この光照射によるFOS免疫陽性細胞数の増加はフットショックストレスの併用により有意に低下し(19.7)、無処置群やストレスのみの処置群の値に近づいた。 本研究において、物理的な拘束ストレスでも、また無条件恐怖刺激や条件恐怖刺激といったフットショックストレスでも、光照射によるハムスターの輪回しリズムの位相変化を抑制することが明らかとなった。また、フットショックストレスは光刺激による視交差上核内FOS免疫陽性細胞数の増大を抑制した。光同調時にストレスによるセロトニン神経の活性化が起こり、結果として光同調を低下させたものと考えられる。発表論文:柴田重信、光とメラトニン、ファルマシア34、45、1998池田真行、柴田重信、概日リズムとセロトニン神経系、Molecular Medicine,34,286,1997

時計遺伝子利用による分子時間薬理学研究の新展開

2001年度

研究成果概要:臨床的に心筋梗塞の発症時間が午前中に多いことが知られているが、その詳細なメカニズムについては分かっていない。ところで、血液凝固―線溶系にプラスミンが深く関わっているが、プラスミノーゲンアクチベータインヒビター1(PAI-1)の活性...臨床的に心筋梗塞の発症時間が午前中に多いことが知られているが、その詳細なメカニズムについては分かっていない。ところで、血液凝固―線溶系にプラスミンが深く関わっているが、プラスミノーゲンアクチベータインヒビター1(PAI-1)の活性化はプラスミンの産生を低下させ血液の粘性を高めると考えられる。PAI-1の遺伝子発現には明瞭な日内リズムがあり、人の場合明け方に、夜行性動物の場合夕方に発現量が増大する。このような研究から、PAI-1遺伝子発現が体内時計遺伝子の制御下にある可能性が強く示唆される。(1)正常マウスならびに時計遺伝子clockの欠損マウスを用いて、心臓におけるPAI-1発現のサーカディアンリズムについて調べた。(2)制限給餌時のPAI-1遺伝子発現リズムの変化を調べた。さらに、(3)時間薬理学的見地から、アドレナリン投与や不動、絶食ストレスさらにトレッドミル、強制水泳などをPAI-1遺伝子発現が高い時刻と低い時刻に処置し、PAI-1発現にどのような影響を及ぼすかについて調べた。(1)PAI-1遺伝子発現は夜間の始めをピークとする日内リズムが見られ、clockのミュータント動物ではそのリズムの振幅が消失していた。(2)給餌時刻を昼間に設定することにより心臓のmPer遺伝子発現のピークも昼間に移行したが、それと同時にPAI-1遺伝子発現も昼間にピークが来た。(3)アドレナリンの投与はいずれの時間帯もとくに発現が低い時間帯でPAI-1遺伝子発現を増大させたが、既に発現が高い時刻でも、それ以上に発現を増大させた。また、不動ストレス、絶食ストレスでも同様な結果を得たが、運動刺激はなんら影響を及ぼさなかった。PAI-1遺伝子発現は一部体内時計の支配下にある可能性が示唆された。また臨床的に、心筋梗塞のリスクファクターが高い時刻においては交感神経の活性化やストレスに対して注意する必要性が強く示唆された。

時刻認知の学習・記憶形成における時計遺伝子の働き解明

2005年度

研究成果概要:本研究では時遺伝子が予知行動形成にどのようにかかわるかを明らかにすることを研究の第一目標に掲げた。 Cry1/Cry2(無周期)、mPer2(短周期)、Clock(長周期)の時計遺伝子ミュータントマウスが、それぞれ、給餌サイクルの...本研究では時遺伝子が予知行動形成にどのようにかかわるかを明らかにすることを研究の第一目標に掲げた。 Cry1/Cry2(無周期)、mPer2(短周期)、Clock(長周期)の時計遺伝子ミュータントマウスが、それぞれ、給餌サイクルの周期(22-28時間)を変えた刺激に反応して予知行動を形成するか否か調べこととした。面白いことに、それぞれのミュータントのフリーラン周期に応じて、mPer2ミュータントでは短周期の給餌リズムに同調し、Clockミュータントでは長周期に同調する傾向が見られた。そこで、Clockミュータントで26時間周期に対して予知行動形成が完成した動物を用いて、この動物の脳を6時間間隔で摘出し、mPer2やClock以外のBmal1, mPer1,などの遺伝子発現変動リズムを調べた。さらに、体内時計の下流遺伝子である、Dbp ,E4bp4などの遺伝子発現についても調べた。その結果、Clockミュータントで予知行動に同調したマウスでは、肝臓や、大脳皮質の時計遺伝子の位相が、26時間周期に合っていた。一方、Wildマウスでは24時間周期の給餌提示に合いやすく、その結果、肝臓や大脳皮質の時計遺伝子発現リズムも24時間周期を示した。一方、Cry1/Cry2のミュータントマウスでも、予知行動が出現するようであれば、予知行動リズム形成にかかわる時計遺伝子は先に述べた従来の時計遺伝子とは異なった遺伝子発現を伴う可能性がある。実験結果では、Cry1/Cry2のミュータントマウスでは予知行動が減弱され、また不安定になる傾向にあったが、阻害されなかった。以上の結果、従来の時計遺伝子も予知行動リズム形成にかかわっていることが明らかになったが、その関与は弱いものと思われる。なぜなら、ほとんど無周期を示すCry1/Cry2のミュータントマウスでもリズム形成は可能であったからである。

時刻認知の予知行動形成における時計遺伝子の働き解明

2004年度

研究成果概要:マウスやラットに毎日一定時刻の給餌を行うと、動物は餌を得られる時刻に先立って、2-3時間前より活動量が高くなる。このような行動は毎日決まった時間に出現することから、予知行動リズムという。予知行動リズムは給餌時間を24時間よりずれた...マウスやラットに毎日一定時刻の給餌を行うと、動物は餌を得られる時刻に先立って、2-3時間前より活動量が高くなる。このような行動は毎日決まった時間に出現することから、予知行動リズムという。予知行動リズムは給餌時間を24時間よりずれた周期で行うと形成できないことから、このリズム形成には体内時計がかかわっていることが想定される。ところで、最近の研究から数多くの体内時計遺伝子が見出されてきているが、特にCry1とCry2遺伝子の同時ノックアウトは、恒暗条件下に飼育するとリズム性を失うことが知られている。このようにリズム性を失った状態でも予知行動リズムが形成されるか否かについては興味が持たれる。なぜなら、給餌性リズム形成に従来から知られている時計遺伝子が関与するのか、あるいは違った分子がかかわっているのかを明らかにすることができるからである。Cry1/Cry2のダブルノックアウト動物を、正常明暗状態出飼育し、もしくは、恒暗条件にし、視交叉上核に基づくリズム性をなくした状態で、あるいは、視交叉上核を電気破壊し、視交叉上核性のリズムを完全に止めた状態で、給餌制限した。給餌制限による餌の獲得量には、Wild群と差は見られなかった。ところが、上の3条件のいずれの実験においても、強弱は存在するものの、給餌制限による予知行動リズムが形成できた。したがって、このリズム形成には本質的にはCry分子を中心とする負の制御機構は必要ないことがわかった。つまり、給餌性の予知行動リズム形成には視交叉上核を中心とした体内時計システムとは異なったシステムが存在する可能性が指摘できた。しかしながら、Wildに比較すると形成が遅くかつ、不安定なものであった。したがって、正常な予知行動リズム形成には、Cryの時計遺伝子も少なからず、寄与していると結論した。

情動制御におけるオレキシン神経の役割解明

2005年度

研究成果概要:オレキシン神経は覚醒・睡眠や摂食行動にかかわっていることが広く知られている。先の研究で、オレキシン神経欠損マウスは、給餌制限に伴う予知行動リズム形成が減弱することが報告されている。予知行動リズムは視交差上核を破壊しても影響されない...オレキシン神経は覚醒・睡眠や摂食行動にかかわっていることが広く知られている。先の研究で、オレキシン神経欠損マウスは、給餌制限に伴う予知行動リズム形成が減弱することが報告されている。予知行動リズムは視交差上核を破壊しても影響されないことから、視交差上核の機能を伴わないリズムとして知られている。このようなリズムの他の一つとして、メタンフェタミン(MA)性リズムが知られている。MAを飲水中に添加し与えると、マウスやラットは明暗環境下にもかかわらず、24時間周期より長いリズム示すことが知られている。先に述べたようにオレキシン神経は覚醒に深く関与する分子であるので、MAのリズム形成に影響を及ぼす可能性が考えられる。オレキシン神経欠損マウスにMAを0.005%で飲水投与を行なったところ、対照マウスに比較して、MAリズム形成が顕著に障害された。また、オレキシン欠損マウスは、MAの急性投与による行動量の上昇も低下していた。さらにMAを飲水投与したときの行動量の増大も減弱していた。ところで、オレキシン神経が、DA神経の起始核である中脳被蓋野に促進性に投射していることがわかっているので、オレキシン神経欠損マウスのMAリズム形成障害はDA神経の機能低下に基づく可能性が指摘できる。そこで、中脳被蓋野のDA神経を6-OHDAで破壊し、MAを飲水投与させた。その結果、破壊マウスは、対照群に比較して、リズム形成が非常に悪かった。MAによるリズム形成を確認した後、マウスの線条体や側座核のTH(DA産生の律速酵素)の発現量を免疫組織化学で調べた。6-OHDA破壊マウスの側座核のTHの発現量は著明に低下していた。以上の結果をまとめると、オレキシン神経は中脳被蓋野―側座核のDA神経の活性化を通してMA性リズム形成に関与していることが明らかとなった。

内外環境変化に対するマウス体内時計の適応応答

2005年度

研究成果概要:不登校や自閉症といった疾病に体内時計異常に基づく睡眠障害が出ることがよく知られている。時計遺伝子ミュータントマウスの母親と子供を用いて、内外環境変動が体内時計のリズム形成にどのように働くかについて調べた。本研究では特にリズムの発達...不登校や自閉症といった疾病に体内時計異常に基づく睡眠障害が出ることがよく知られている。時計遺伝子ミュータントマウスの母親と子供を用いて、内外環境変動が体内時計のリズム形成にどのように働くかについて調べた。本研究では特にリズムの発達障害に対する内的環境変動として、(1)母親の体内時計異常が子供の体内時計発達にどのような影響を及ぼすか点と、外的環境変動として、(2)子供の飼育環境の光環境を恒常明や恒常暗にすることが子供の体内時計の発達にどのような影響を及ぼすかを調べた。WildとClockミュータントの母親を用い、仔マウスの入れ替え実験を行い、その後、成長した後これらのマウスの行動リズム障害を調べた。その結果、母親の体内時計に異常があると、母性行動や授乳行動リズムに異常が生じ、その結果、仔マウスの発達やリズム形成に障害が出てくることが明らかとなった。また、母性行動形成にかかわるホルモンとして知られている、プロラクチンの分泌リズムを調べたところ、Clockの母親は分泌量の低下とリズムの平坦化が認められた。このように母親のリズムが不調だと子育てに影響することが明白になった。つぎに、仔マウスを恒常明や恒常暗で飼育した。その結果、Wildマウスではいずれの飼育条件下でも、行動リズム形成にはなんらの影響も受けなかった、Clockミュータントの仔マウスは、離乳までの時期に恒常明飼育を受けると、行動開始位相に遅れが出ることが判明した。つまり、Clock遺伝子の異常に外的要因として発達期の光環境が影響すると、睡眠相後退症候群(DSPS)のマウスモデルができることがわかった。このようなマウスに臨床的にも使用されているメラトニンを投与するするとDSPS状態が改善された。

マウス体内時計遺伝子発現リズムの組織・器官特異的同調刺激の解明

2006年度

研究成果概要:体内時計遺伝子は、中心時計の視交差上核のみに発現するのみならず、大脳皮質などの脳部位さらに、末梢臓器の肺や肝臓にも発現することが知られている。ところで視交差上核の主時計、大脳皮質の脳時計、末梢臓器の末梢時計が、同一の情報シグナルで...体内時計遺伝子は、中心時計の視交差上核のみに発現するのみならず、大脳皮質などの脳部位さらに、末梢臓器の肺や肝臓にも発現することが知られている。ところで視交差上核の主時計、大脳皮質の脳時計、末梢臓器の末梢時計が、同一の情報シグナルで同調されるのか、あるいは部位特異的な同調機構で同調されるのかを明らかにすることは、リズム不調の疾病やその薬物開発に重要な意味となる。主時計の視交差上核は外界の光刺激で同調されることは良く知られている。しかしながら、光照射を行っても直ちに大脳皮質や肝臓などの体内時計発振は同調されないことがわかった。すなわち、主時計以外の時計では、どのような生体シグナルが同調として働くか不明なままである。本研究から大脳皮質はメタンフェタミンやニコチンなどの覚醒刺激を起こす薬剤で同調されやすいことがわかった。実際、毎日一定時刻にメタンフェタミンを腹腔内投与したり、ニコチンを噴霧して与えた場合、大脳皮質や線条体の時計遺伝子発現リズムは同調され、腹腔内投与や噴霧投与の時刻依存的なピーク時刻が出現した。一方、末梢臓器に発現するリズムは大きく2つの因子で同調されることがわかった。すなわち、食事のシグナルとステロイドホルモンのシグナルでの同調である。食事時刻を変えると、視交差上核を破壊していても、肝臓や肺ではその時刻依存的リズムのピーク位相が出現した。また、肝臓や肺では、副腎皮質ステロイドホルモンを毎日1回噴霧投与すると、これでも同調されることがわかった。一方、大脳皮質ではステロイドホルモンでは同調されなかった。以上の実験成績をまとめると、大脳皮質の時計は覚醒刺激が同調因子となり、末梢臓器では食事やそれにともない変化する副腎皮質ステロイドホルモンが同調因子となることが判明した。

マウス時計遺伝子群のドパミン神経制御機構

2006年度

研究成果概要:本研究は2つの視点から成り立っている。ひとつは体内時計がドパミン神経の発現機構に影響を及ぼすかという視点である。もうひとつはドパミン神経の活性化が体内時計の同調因子となりうるかという視点である。まず前者の例として、ドパミン活性の指...本研究は2つの視点から成り立っている。ひとつは体内時計がドパミン神経の発現機構に影響を及ぼすかという視点である。もうひとつはドパミン神経の活性化が体内時計の同調因子となりうるかという視点である。まず前者の例として、ドパミン活性の指標としてドパミントランスポーター(DT)の発現リズムを調べた。その結果、ドパミン神経の豊富な線条体領域で、顕著なDTのmRNAリズムが認められた。特に夜間の活動期に高値を示した。体内時計のミュータント動物であるClock-/-, mPer2-/-のマウスでは、このようなリズムが消失した。以上の結果は、体内時計がドパミンの神経活性にリズム性の影響を及ぼすことを示している。次にドパミン神経の活性化や不活性化が体内時計に及ぼす影響について調べた。メタンフェタミンを飲水投与して出現するメタンフェタミン性リズムは線条体の6-OHDAによるドパミン破壊や熱凝固破壊により消失した。このことはこのリズム形成はドパミン神経が重要な役割を演じていることを意味する。次に線条体のドパミン神経細胞の起始核である黒質の破壊によってもメタンフェタミン性のリズムは消失した。このことは黒質―線条体のドパミン神経が正常でないと、メタンフェタミン性のリズム形成が起こらないことを意味した。次にオレキシン神経が破壊され、覚醒レベルが低下したマウスを用いてメタンフェタミン性のリズム形成を調べると、リズム形成が低下していた。このマウスの線条体のDTの発現を調べると低下し、メタンフェタミン投与によっても影響されなくなってしまった。以上の結果をまとめると、体内時計とドパミン神経は非常に密接な関係があり、メタンフェタミン性リズムがヒトの睡眠覚醒リズムを反映していることを考えると、黒質―線条体ドパミン神経系の睡眠リズムの形成に重要な脳部位といえる。

マウス中枢神経時計遺伝子発現に対するドパミン制御機構

2007年度

研究成果概要:体内時計に関わる時計遺伝子は脳に広く発現することが知られている。ドパミン神経の起始核である黒質や中脳被蓋野にも時計遺伝子が発現し、ドパミンの時間機能に関わっていることが知られている。ドパミン神経は報酬系に関わっているため、覚醒剤や...体内時計に関わる時計遺伝子は脳に広く発現することが知られている。ドパミン神経の起始核である黒質や中脳被蓋野にも時計遺伝子が発現し、ドパミンの時間機能に関わっていることが知られている。ドパミン神経は報酬系に関わっているため、覚醒剤やコカインの依存性さらにアルコールやニコチンの依存性にも時計機構が関与する可能性がある。そこで今回、時計遺伝子が変異を起こしているPer2ミュータントとClockミュータントを用いて、覚醒剤のメタンフェタミンに対する作用を調べた。その結果、Per2ミュータントのメタンフェタミンに対する行動量増加作用や、依存性に関わるsensitizationについてはワイルドマウスと同程度であり、Per2変異の影響は小さかった。つぎに同様の実験をClock変異マウスを用いて行った。その結果Per2変異マウスと同様にメタンフェタミンの作用にClock変異の影響は見られなかった。次にドパミン神経の活性に関わるドパミントランスポーターの遺伝子発現について調べた。その結果、トランスポーターの遺伝子発現には顕著なリズムが認められ、Per2変異マウスではリズム性が減弱していた。そこでメタンフェタミンのドパミントランスポーターの作用発現に対する作用を日内リズムの観点から調べた。このトランスポーターの発現が低い昼間にメタンフェタミンを投与すると顕著な遺伝子発現の増大が認められ、逆にトランスポーターの基礎発現量が高い時刻にメタンフェタミンを投与しても殆ど影響されなかった。以上の結果、メタンフェタミンの作用には投与時刻による作用の違いが出る可能性が強く示唆された。そこで、Per2遺伝子欠損マウスとワイルドマウスに昼間と夜間にメタンフェタミンを投与すると、ワイルドマウスでは明らかに昼間の投与が顕著であったが、夜間の活動期では作用が弱く、このような昼夜差は欠損マウスでは認められなかった。以上、体内時計はドパミン神経に作用する薬物の昼夜差に積極的に関与することが明らかとなった。

マウス皮膚の時計遺伝子発現に対する環境刺激応答

2008年度

研究成果概要:時計遺伝子の発現パターンの解析により、時計遺伝子は、中心時計である視交叉上核のみならず脳や末梢臓器に発現することがわかった。すなわち体内時計はシステムとして成り立っており、それぞれの臓器に発現している時計遺伝子が、ローカル時計とし...時計遺伝子の発現パターンの解析により、時計遺伝子は、中心時計である視交叉上核のみならず脳や末梢臓器に発現することがわかった。すなわち体内時計はシステムとして成り立っており、それぞれの臓器に発現している時計遺伝子が、ローカル時計として機能している可能性が指摘された。今回、マウスの皮膚に発現する時計遺伝子の機能を探る目的で、皮膚に対する温度刺激の応答性について、サーカディアンリズムの観点から調べた。(1)まず、皮膚に発現するPer1とPer2遺伝子発現リズムを調べた。その結果、顕著なリズムを示し、昼間低く、夜間高いという、これまでに知られていた肝臓のリズムパターンと類似したパターンを示すことが判明した。(2)次にマウスを37℃と41℃に30分間温浴させ、その後皮膚の時計遺伝子発現を調べた。Per1遺伝子発現は温度依存的に低下したが、Per2遺伝子発現には変化はみられなかった。したがって、Per1遺伝子発現の一過性の低下が同調刺激になる可能性が指摘された。そこで次に毎日の一定時刻の温度刺激が体内時計を同調させるか否かについて調べた。(3)Per2::luciferaseノックインマウスあるいはBmal1::luciferaseのトランスゼニックマウスを用いて、皮膚や肝臓のluciferaseによる生物発光リズムの位相を測定することで、温度刺激が位相変容作用を示すか否かについて調べた。1日を4等分して、朝、昼、夕方、夜間のいずれかに、マウスを41℃で温浴を30分行わせ、この操作を5日間行った。その後、マウスの皮膚や肝臓を取り出し、ルミサイクルという装置を用いて、生物発光リズムを調べた。その結果、朝や夜間に温浴させたマウスの時計遺伝子発現リズム位相が前進していた。すなわち人に外挿すると、夕方から就寝にかけて風呂に入る習慣がついている人は、夜型から朝型に移せる可能性が示唆された。

アレルギー発症モデルマウスにおける体内時計の役割解明

2010年度

研究成果概要:アレルギー疾患に体内時計がどのように関わっているかを明らかにする研究を行った。アレルギー症状としての花粉症や喘息は早朝から午前中にかけて症状が悪化する事が知られている。また、アレルギー性の痒みは夜間の寝る前に起こりやすいことも知ら...アレルギー疾患に体内時計がどのように関わっているかを明らかにする研究を行った。アレルギー症状としての花粉症や喘息は早朝から午前中にかけて症状が悪化する事が知られている。また、アレルギー性の痒みは夜間の寝る前に起こりやすいことも知られている。そこで、マウスを用いて、種々のアレルギー反応に体内時計がどのように関わっているかを、ヒスタミンによる皮膚透過性反応を指標にアレルギー反応について調べた。皮膚透過性反応にはリズムが見られ、夜間の初めは反応が小さく、夜間の後半から昼間にかけては強いことが分かった。次に時計遺伝子であるPer2遺伝子の変異マウスを用いて同様の実験を行ったところ、いずれの時間帯でも、透過性反応が強かった。血中のコーチコステロンのリズムならびに含量を測定したところ、ワイルドマウスでは、夜間の始めに血中のコーチコステロンの濃度が増大する一方、変異マウスはそのような増大が見られず、1日中同じ値であった。一方、IgE受容体感受性や発現量を調べた結果、両者に差は見られなかった。また、ヒスタミン分泌細胞である肥満細胞を培養し、両者のリズム性のヒスタミン分泌能を調べたところ、両者に差は見られなかった。以上の結果から、痒みのリズムを引き起こす原因は副腎皮質ホルモン分泌リズムに依存し、体内時計の異常は、コーチコステロンリズムの医異常を引き起こし、痒みを増大させる可能性が指摘された。 卵白アルブミン(OVA)の感作により、鼻炎モデルや喘息モデルが作られている。そこで、感作時間が異なることで、アレルギー反応が増大するか否かについて調べた。1日を4等分して、朝、昼、夕、夜にOVAを注射し、血中のIgE量を測定した。その結果、夕方感作が一番IgEの増大が小さいことが分かった。先に述べたようにコーチコステロンの可能性を検証するために、副腎摘出やデキサメサゾン投与下のIgEを測定すると、仮説通り、感作にも副腎皮質を介したリズムがあることが分かった。

食物アレルギー発症・寛容におけるマウス体内時計の役割解明

2012年度

研究成果概要:[背景・目的]日本をはじめとする先進国では,食物アレルギーを発症する人が急増しており,食物アレルギーは食品安全上重要な課題となっている。アレルギーと体内時計には深い関わりがあると示唆されており,例えば喘息では,夜から早朝にかけて副...[背景・目的]日本をはじめとする先進国では,食物アレルギーを発症する人が急増しており,食物アレルギーは食品安全上重要な課題となっている。アレルギーと体内時計には深い関わりがあると示唆されており,例えば喘息では,夜から早朝にかけて副交感神経の亢進、交感神経の低下により,症状が悪化しやすいという時間生物学的特徴がある。しかし,食物アレルギーと時間との関連についてはあまり分かっていない。そこでマウスを用いて,食物抗原摂取時間の違いによりアレルギー症状に差が出るのかを検証した。また,症状の程度が時間により異なる原因について,体内時計が腸管防御機構にどのような影響を与えているのかを調べた。[方法] マウスの腹腔内にOVAを暴露し, ELISAによりOVA特異的IgEが産生され,感作されていることを確認した。6時間の絶食を経て,早朝に相当するZT9もしくは夕方に相当するZT21に,OVA80mgを含む水溶液を経口投与し,30-60分後に症状を観察した。症状は便と,経口投与前後での体重変化で評価した。3日後に2度目の投与をし,症状を観察した。観察後,腸間膜リンパ節を採取し培養を行った。細胞数を揃えOVAで再刺激をし,72時間後培養液を回収した。その後,上清中のIL-5およびIL-13をELISAにより測定した。もう一つの実験として,抗原の血中移入量が時間により異なるのかを調べた。抗原は腸から血液,リンパ管を経てリンパ器官へ移入し,免疫反応を起こす。そのため,血中の抗原量を測定するのは免疫反応の起こりやすさを推測するのに有効だと考えた。感作をしていないマウスに,先の実験同様6時間の絶食を経て,ZT9かZT21にOVA80mgを含む水溶液を経口投与し,30分後採血した。血清中のOVA量はELISAにより測定した。[結果]便は状態に応じてスコア化した。異常がない・便をしない場合は0,軟便である場合は1,下痢便である場合は2,下痢便で排便量も多くお尻が汚れている場合は3でスコア化した。ZT21群に比べてZT9群で便スコアが有意に高くなった。排便量が多い程体重は減少するはずであるが,便の状態と相関して体重が減少していることが確認できた。体重変化においてもZT9群で有意に体重が減少する結果となり,症状はZT9で悪化することが分かった。培養液中のIL-5とIL-13は,どちらもZT9群で多いという結果が得られた。抗原の血中移入量に関しても,ZT9群で有意に多いという結果が得られた。[考察]ZT9で症状が悪化した原因として,腸間膜リンパ節の培養実験から,IL-5やIL-13を分泌するTh2細胞がZT9で活性化するため,ということが示唆された。便スコアとの関係を見ると,分泌量は便スコアに依存していることが分かる。このことから,Th2細胞の働き具合は症状の程度を左右する要因の1つであると考えた。 また,抗原血中移入量がZT9で多いため,免疫反応が起こりやすくなり,これも症状が悪化する原因の1つだと考えられる。

食欲と脂肪蓄積の時間栄養学的アプローチ研究

2013年度

研究成果概要:脂肪代謝の時間栄養学的研究ということで、まず、脂肪の血中動態を指標に、時間栄養学的な研究を、次に特定の脂肪酸を含有する脂肪が体内時計の位相に形成に影響する可能性について調べた。脂質としては、DHA,EPAの含量が高い魚油、脂肪の吸...脂肪代謝の時間栄養学的研究ということで、まず、脂肪の血中動態を指標に、時間栄養学的な研究を、次に特定の脂肪酸を含有する脂肪が体内時計の位相に形成に影響する可能性について調べた。脂質としては、DHA,EPAの含量が高い魚油、脂肪の吸収が速やかで燃焼効果が高いとされている中鎖脂肪酸の脂質、およびラードをそれぞれ0.1ml経口投与した。投与時刻のタイミングは、マウスにとっての朝、昼、夕、夜中とした。また投与後、0.5,  1, 1.5, および3時間後に血中の脂肪量を測定した。その結果、中鎖脂肪酸の中性脂肪(TG)は投与後いずれの時間でも血中濃度は低いままであった。また、投与タイミングでも、中鎖脂肪酸のTGはいずれの時刻でも血中濃度が大きく変動することはなかった。一方で、ラードの投与群は、1時間後をピークとするカーブが得られた。時間軸に対する中濃度下面積(AUC)を求めると、投与タイミングで大きく異なっていた。夜中から朝にかけてのラードの投与はAUCを大きくはしなかった。一方、昼、夕方投与は、AUCの値が大きくなることがわかった。この違いは、体内時計影響を強く受けていることに起因すると考えられる。夜中や朝は、マウスの摂食活動は低いところであるので、摂食した脂肪はエネルギーとして優先的に使われ、そのために血中のTGは低かったものと考えられる。一方、昼や夕方はマウスの摂食行動は盛んな時期なので、追加で投与した脂肪は使われないために血中に多く残った可能性が考えられる。また、魚油のAUC変化はラードと類似していることがわかった。以上のことをヒトの食生活あてはめて考察すると、朝食時の脂質は代謝される可能性があり、肥満になりにくいが、夕食時の脂質は代謝されにくく、脂肪蓄積回され、肥満を助長する可能性が示唆された。次にDHAとEPAを多く含む魚油の体内時計促進効果について調べた。その結果、大豆油に比較して魚油は体内時計のリセット効果が強いことがわかった。また、この作用にはGLP-1の分泌促進が関わっている可能性が示唆された。

週間リズムの視点での運動科学・栄養科学

2013年度

研究成果概要:食事・栄養と体内時計の関係を調べる学問を時間栄養学と称している。ところで、ヒトは1週間を単位として生活している。つまり、平日と週末という考え方、5日と2日の組み合わせによる行動とも捉えられる。このようリズムを週間リズムと呼ぶことに...食事・栄養と体内時計の関係を調べる学問を時間栄養学と称している。ところで、ヒトは1週間を単位として生活している。つまり、平日と週末という考え方、5日と2日の組み合わせによる行動とも捉えられる。このようリズムを週間リズムと呼ぶことにする。最近研究では平日と週末で睡眠時間の差が大きいほど、つまり、週末に寝だめする傾向の人は肥満症状を呈しやすいこと、また大学生を対象とした研究では成績が振るわないことがわかってきた。このように週間リズムの不調は社会的な時差ボケ状態になることが予想される。今回、マウスでこのようなモデルを作成した。高脂肪食を与える実験を行った。5日高脂肪食+2日普通食、2日高脂肪食+5日普通食、7日高脂肪食、7日普通食とした。その結果、5日高脂肪+2日普通食群では摂食パターンや体重変化に顕著な影響が見られた。5日の高脂肪食時には体重が増加し、次の2日の普通食日には摂食低下と体重減少が認められ、次の月曜日にリバンドの摂食増大が見られた。したがって、体重変化は7日高脂肪食群と差が見られなかった。次に自発的な輪回し運動において、7日運動なし、5日運動+2日なし、2日運動+5日なし、および7日なしの4群を作製した。高脂肪食による肥満に対して運動の抑制効果は弱かった。次に、先に認められた、5日高脂肪食+2日普通食のグループで、5日の高脂肪食時にのみ、輪回し運動を組み合わせる実験を行った。すなわち、運動の高肥満効果が期待できることと、運動が摂食抑制を引き起こす可能性が考えられた。高脂肪食と運動の組み合わせは、リバンド性の体重増加を顕著に抑制したが、摂食そのものリバンドは抑制できなかった。以上、食事性の週間リズム形成はマウスの系でも可能であること、また、週間リズムにはリバンド性の影響が強く出ることがわかった。運動はリバンド性の食欲は抑制できなかったが、体重増加は抑制できたので、ヒトの食生活改善に部分的役立つ知見であると考えられた。

週間リズムの視点の運動科学・栄養科学研究

2014年度

研究成果概要:体内時計の研究成果の出口として、日内リズムと食・栄養の関係がわかり、メタボリックシンドロームの予防に「時間栄養学」の研究が進んできた。そこで、マウスを用いて週間リズムに焦点を当てた研究を展開した。先進国では、weekday(平日)...体内時計の研究成果の出口として、日内リズムと食・栄養の関係がわかり、メタボリックシンドロームの予防に「時間栄養学」の研究が進んできた。そこで、マウスを用いて週間リズムに焦点を当てた研究を展開した。先進国では、weekday(平日) とweekend(週末)の過ごし方が異なり、平日は短睡眠になり、週末は長睡眠となり、社会的時差ボケ状態になっている。マウスを用いて週間リズムが、生体のエネルギー代謝に、どのように影響を及ぼすかについて調べた結果、平日と週末が6時間異なるモデルでは、夜型化が進み、体内時計が遅れ、かつ肥満になった。現在3時間異なるモデルの作成を行ったり、これを改善する食パターンを提案する予定である。

社会的時差ボケマウスモデルの作成とヒトへの応用研究

2017年度

研究成果概要:ヒトの場合、平日は起床が早いが休日は起床が遅く、睡眠負債を解消しようとしている。これに合わせて、マウスでは2日間(ヒトの土日)は明暗周期の位相を3あるいは6時間遅くし、次の5日間(ヒトの月曜から金曜)は明暗環境を元の位相に戻した。...ヒトの場合、平日は起床が早いが休日は起床が遅く、睡眠負債を解消しようとしている。これに合わせて、マウスでは2日間(ヒトの土日)は明暗周期の位相を3あるいは6時間遅くし、次の5日間(ヒトの月曜から金曜)は明暗環境を元の位相に戻した。その結果、活動リズムの位相は2日間の明暗後退で大きく後退し、次の位相前進刺激に対しては反応が弱く、十分に元の位置に戻すことはできなかった。また、中枢の視交叉上核の時計はより速やかに位相が戻る傾向が見られたが、末梢時計の時計遺伝子発現リズムの位相は遅れ、乖離状態が見られた。今回の研究により、ヒトに見られる特徴を有した社会的時差ボケモデルマウスが完成した。

海外研究活動

研究課題名: 体内時計の研究 時間栄養学と時間運動学の研究の研究動向調査

2015年06月-2015年08月

機関: ニース大学(フランス)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
電気・情報生命工学フロンティア先進理工学部2020春学期
電気・情報生命工学フロンティア  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020春学期
電気・情報生命工学実験A先進理工学部2020秋学期
電気・情報生命工学実験A  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020秋学期
電気・情報生命工学実験C先進理工学部2020秋学期
電気・情報生命工学実験C  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020秋学期
プロジェクト研究A先進理工学部2020春学期
プロジェクト研究A  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020春学期
プロジェクト研究B先進理工学部2020秋学期
プロジェクト研究B  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020秋学期
卒業研究A先進理工学部2020春学期
卒業研究A  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020春学期
卒業研究B先進理工学部2020秋学期
卒業研究B (春学期)先進理工学部2020春学期
卒業研究B  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020秋学期
卒業研究B (春学期)  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020春学期
薬理学A先進理工学部2020秋学期
薬理学B先進理工学部2020春学期
生理学先進理工学部2020春学期
時間生物学先進理工学部2020集中講義(春学期)
Graduation Thesis A先進理工学部2020秋学期
Graduation Thesis B先進理工学部2020春学期
Chemistry and Bioscience Laboratory先進理工学部2020秋クォーター
Chemistry and Bioscience Laboratory先進理工学部2020秋クォーター
Chemistry and Bioscience Laboratory [S Grade]先進理工学部2020秋クォーター
Chemistry and Bioscience Laboratory [S Grade]先進理工学部2020秋クォーター
Current Topics in Biosciences先進理工学部2020秋学期
Current Topics in Biosciences [S Grade]先進理工学部2020秋学期
Advanced Bioscience Seminar先進理工学部2020秋学期
Pharmacology先進理工学部2020秋クォーター
修士論文(電生)大学院先進理工学研究科2020通年
Research on Pharmacology大学院先進理工学研究科2020通年
薬理学研究大学院先進理工学研究科2020通年
構造生物学研究大学院先進理工学研究科2020通年
時間栄養・薬理学特論大学院先進理工学研究科2020秋学期
薬理学・毒物学大学院先進理工学研究科2020秋学期
ゲノム創薬科学大学院先進理工学研究科2020集中講義(秋学期)
環境生理学特論大学院先進理工学研究科2020集中講義(春学期)
時間生物学大学院先進理工学研究科2020集中講義(春学期)
Advanced Seminar A大学院先進理工学研究科2020春学期
特別演習A大学院先進理工学研究科2020春学期
Advanced Seminar B大学院先進理工学研究科2020秋学期
特別演習B大学院先進理工学研究科2020秋学期
Seminar on Pharmacology A大学院先進理工学研究科2020春学期
薬理学演習A大学院先進理工学研究科2020春学期
Seminar on Pharmacology B大学院先進理工学研究科2020秋学期
薬理学演習B大学院先進理工学研究科2020秋学期
Seminar on Pharmacology C大学院先進理工学研究科2020春学期
薬理学演習C大学院先進理工学研究科2020春学期
Seminar on Pharmacology D大学院先進理工学研究科2020秋学期
薬理学演習D大学院先進理工学研究科2020秋学期
Master's Thesis (Department of Electrical Engineering and Bioscience)大学院先進理工学研究科2020通年
薬理学研究大学院先進理工学研究科2020通年
構造生物学研究大学院先進理工学研究科2020通年
先進健康科学計画研究大学院先進理工学研究科2020春学期
先進健康科学セミナー I大学院先進理工学研究科2020通年
先進健康科学セミナーII大学院先進理工学研究科2020通年
先進健康科学セミナーIII大学院先進理工学研究科2020通年
実践プレゼンテーション特論 I大学院先進理工学研究科2020通年
実践プレゼンテーション特論II大学院先進理工学研究科2020通年
実地研修研究特論大学院先進理工学研究科2020通年