氏名

クノ マサカズ

久野 正和

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0141156/)

所属

(教育学部)

連絡先

URL等

研究者番号
00453621

本属以外の学内所属

兼担

教育・総合科学学術院(大学院教育学研究科)

学歴・学位

学歴

-2001年 東京大学 人文社会系研究科 欧米系文化研究専攻
-2007年 ハーバード大学 言語学科 言語学

学位

博士 課程 ハーバード大学 言語学

修士 課程 東京大学

論文

Generalized Search and Cyclic Derivation by Phase

Takaomi Kato, Masakazu Kuno, Hiroki Narita, Mihoko Zushi, and Naoki Fukui

Sophia Linguistica2014年03月-

Feature Inheritance and Cyclicity of Derivation

Masakazu Kuno

Microvariation, Minority Languages, Minimalism and Meaning2013年10月-

Toward Localizing Agree and Internal Merge

Masakazu Kuno

Proceedings of the 15th Seoul International Conference on Generative Grammar2013年08月-

-To in Japanese as an NPI Scalar Focus Particle

Masakazu Kuno, Takaomi Kato, and Hiroki Narita

Proceedings of the 13th Tokyo Conference on Psycholinguistics2012年12月-

生成文法は意味をどのように捉えているのか

久野正和

「言語」セレクション第1巻2012年04月-

Phases, cyclicity and feature percolation

Masakazu Kuno

Universals and variation2012年02月-

Separating Feature Interpretability from Feature Values: Evidence from Negative Concord in Japanese

Masakazu Kuno

Generative Grammar in Geneva72011年12月-

On the Role of Heads in the Syntactic Computation

Masakazu Kuno

Proceedings of the 13th Seoul International Conference in Generative Grammar2011年08月-

否定一致表現の構成要素と認可の方略

久野正和

否定と言語理論2010年06月-

Scope of Negation and Negative Polarity Items in Japanese

Masakazu Kuno

English Linguistics 262009年11月-

Negative Concord as Feature Sharing

Masakazu Kuno

Romance Languages and Linguistic Theory 20062009年09月-

生成文法は意味をどのように捉えているのか

久野正和

月刊『言語』2008年11月-

Negation, Focus, and Negative Concord in Japanese

Masakazu Kuno

University of Toronto Working Papers in Linguistics2008年04月-

自然科学としての理論言語学:普遍文法を探る研究の成果と展望

久野正和、加藤孝臣、吉野朋子

第2回上智大学研究機構Festival論集2007年09月-

On the Ambiguity of n-words in French

Masakazu Kuno

Romance Languages and Linguistic Theory 20052007年09月-

On the Structure and the Distribution of Negative Concord Items in Slavic

Masakazu Kuno

Proceedings of the 15th Formal Approaches to Slavic Linguistics2007年05月-

Symmetry in Syntax

Masakazu Kuno

Minimalist Essays2006年11月-

Emergence of Bipolar Items in Romance

Masakazu Kuno

Proceedings of the Seventh Tokyo Conference on Psycholinguistics2006年11月-

How is Reconstruction Constrained?

Masakazu Kuno

Penn Working Papers in Linguistics 292006年09月-

Where is Negation Expressed?

The World of Linguistics Research2005年09月-

Reconstruction Obeys Minimality: A Representational Theory of Grammar

Masakazu Kuno

Linguistic Research 222004年03月-

On the Correlation Between Scope Reconstruction and the Proper Binding Condition: A Case Study with Scrambling in Japanese and German

Masakazu Kuno

Proceedings of the 11th Japanese/ Korean Linguistics2003年05月-

Japanese Scrambling as Pure Merge

Masakazu Kuno

Linguistic Research 212003年03月-

How Large Can Small Clauses be?

Masakazu Kuno

Proceedings of the Third Tokyo Conference on Psycholinguistics2002年11月-

On the Lack of Superiority Effect in Scrambling Languages

Masakazu Kuno

Linguistic Research 202002年03月-

On the Structure of Finite Small Clauses in Japanese

Masakazu Kuno

Proceedings of the 16th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation2002年01月-

Why does Movement Sometimes Leave a Trace and Sometimes Not?

Masakazu Kuno

Proceedings of the Second Tokyo Conference on Psycholinguistics2001年11月-

On the Correlation Between Scope Reconstruction and the Proper Binding Condition: A Case Study with Scrambling in Japanese and German

Masakazu Kuno

Linguistic Research 192001年03月-

Economy and Scope: A Modification of Hornstein’s A-movement Approach

Masakazu Kuno

Linguistic Research 192001年03月-

講演・口頭発表等

自然科学としての理論言語学:普遍文法を探る研究の成果と展望

第2回上智大学研究機構Festival2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

生成生物言語学に基づくヒトの言語能力の設計・発達・進化の統合的研究

2011年-0月-2014年-0月

配分額:¥51480000

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
英語上級コミュニケーション 50 α教育学部2019春学期
英語上級コミュニケーション 50 β教育学部2019秋学期
英米文学語学演習I-1 J教育学部2019春学期
英米文学語学演習I-2 J教育学部2019秋学期
英米文学語学演習II-1 J教育学部2019春学期
英米文学語学演習II-2 J教育学部2019秋学期
言語学入門教育学部2019春学期
第一言語獲得入門教育学部2019春学期
第一言語獲得研究教育学部2019秋学期
英語(Academic Reading & Presentation 1)大学院教育学研究科2019春学期
英語(Academic Reading & Presentation 2)大学院教育学研究科2019秋学期
英語学研究指導(M-1)(久野)大学院教育学研究科2019春学期
英語学研究指導(M-2)(久野)大学院教育学研究科2019秋学期
英語学演習(M1-1)(久野)大学院教育学研究科2019春学期
英語学演習(M1-2)(久野)大学院教育学研究科2019秋学期
英語学演習(M2-1)(久野)大学院教育学研究科2019春学期
英語学演習(M2-2)(久野)大学院教育学研究科2019秋学期
英語学特論V-1(統語論特殊講義 1)大学院教育学研究科2019春学期
英語学特論V-2(統語論特殊講義 2)大学院教育学研究科2019秋学期
言語学特論(生成文法特殊講義 1)大学院教育学研究科2019春学期
言語学特論(生成文法特殊講義 2)大学院教育学研究科2019秋学期
英語科内容学研究指導(D-1)(久野)大学院教育学研究科2019春学期
英語科内容学研究指導(D-2)(久野)大学院教育学研究科2019秋学期
英語学研究演習(D-1)(久野)大学院教育学研究科2019春学期
英語学研究演習(D-2)(久野)大学院教育学研究科2019秋学期