氏名

トモゾエ タイキ

友添 太貴

職名

助手

所属

(文化構想学部)

学歴・学位

学位

修士

論文

死の曙を越えて-横光利一「花園の思想」と同時代フランス映画-

採録決定済

横光利一と平林初之輔-「科学」の視点から-

2018年03月-

横光利一の「挑戦」-「青い石を拾ってから」「青い大尉」論-

2017年03月-

学内研究制度

特定課題研究

横光利一の経済学受容に関する総合的研究

2019年度

研究成果概要:本研究では、これまでほとんど指摘されてこなかった横光利一の経済学受容を長編小説「寝園」「家族会議」の分析を通して明らかにした。従来、横光の経済学受容はマルクスに限られたものとされてきたが、横光が京都帝国大学経済学会の学術雑誌『経済...本研究では、これまでほとんど指摘されてこなかった横光利一の経済学受容を長編小説「寝園」「家族会議」の分析を通して明らかにした。従来、横光の経済学受容はマルクスに限られたものとされてきたが、横光が京都帝国大学経済学会の学術雑誌『経済論叢』を定期的に目にしていたことを明らかにし、その経済学受容が1930〜35年頃までのプロレタリア文学と新興芸術派(とりわけ久野豊彦)に象徴される、文学に経済学を取り込むことが盛んに議論されていた時代相に対する批評性を持つものであったことを明らかにした。