氏名

ナガシマ イク

永島 育

職名

助手

所属

(文学部)

学歴・学位

学位

修士

論文

Japanese 'oriental history' , the history of turks and translations of old turkic inscriptions

2017年12月-

アブデュルハミト二世と世紀転換期のオスマン帝国:ヒジャーズ鉄道を中心に

2014年09月-

学内研究制度

特定課題研究

日本陸軍将校の見たオスマン帝国陸軍:両国陸軍組織の比較

2019年度

研究成果概要:本研究課題ではイスタンブルに滞在してオスマン陸軍を観察する機会を得た日本陸軍将校の報告書(宮内省文書館、東京大学図書館、神戸大学図書館蔵)とオスマン帝国の公文書(オスマン文書館蔵;イスタンブル)を基本史料として、日本陸軍との比較を...本研究課題ではイスタンブルに滞在してオスマン陸軍を観察する機会を得た日本陸軍将校の報告書(宮内省文書館、東京大学図書館、神戸大学図書館蔵)とオスマン帝国の公文書(オスマン文書館蔵;イスタンブル)を基本史料として、日本陸軍との比較をしながらオスマン陸軍組織の特性の抽出を試みた。日本陸軍将校のオスマン陸軍への評価は極めて低かったが、オスマン語史料からオスマン陸軍の姿を再構築すると、兵員配置の不均衡、統帥機関の乱立という組織的不効率を抱えていたことが判明した。研究成果は2020年に「日本陸軍将校の見たオスマン陸軍とその実態」”OttomanMilitary Organization and the Japanese Military Reports (1878-1908),” GlobalPerspectives on Japan, 2, 127-150.として論文化して発表した。