氏名

アオノ キミヒコ

青野 公彦

職名

教諭

所属

(高等学院)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
aonoya@waseda.jp

本属以外の学内所属

学内研究所等

ヨーロッパ文明史研究所

研究所員 2009年-2011年

ヨーロッパ文明史研究所

研究所員 2011年-2014年

ヨーロッパ文明史研究所

研究所員 2015年-2017年

学歴・学位

学歴

1980年04月-1984年03月 早稲田大学 第一文学部 史学科西洋史学専修 卒業
1984年04月-1987年03月 早稲田大学大学院 文学研究科 史学(西洋史) 修士課程修了
1987年04月-1993年03月 早稲田大学大学院 文学研究科 史学(西洋史) 博士課程単位取得満期退学

経歴

1992年04月-1996年03月1)早稲田大学高等学院非常勤講師(1992 年4月1日〜1996年3月31日)
1995年04月-2011年09月2)早稲田大学第一文学部(2007年度から文学部)非常勤講師(1995年4月1日〜2011年9月30日)、担当科目:「西洋史学演習」(1995〜2002年度)、「西欧史Ⅱ」(2003〜2006年度)、「西洋史概論」(2007年度)、「史学概論」(2008〜2011年度)
1995年10月-1997年03月3)桐蔭学園横浜大学法学部非常勤講師(1995年10月1日〜1997年3月31日)、担当科目:「歴史学」(1995〜1996年度)
1996年04月-4)早稲田大学高等学院教諭(1996年4月1日〜現在に至る)

所属学協会

史学会

日本西洋史学会

早稲田大学史学会

早稲田大学西洋史研究会

早稲田大学ヨーロッパ文明史研究所

早稲田大学ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所

奈良県立橿原考古学研究所友史会

丸山眞男手帖の会

沖縄国際平和研究所

研究分野

キーワード

西洋古代・中世史、カトリック教会史、公会議史、西欧大シスマ、ピサ公会議、コンスタンツ公会議、バーゼル公会議、公会議主義、教会改革、ナツィオ(国民)、ルネサンス期教皇権、世界史教育、歴史認識論、ヨーロッパ文明論

科研費分類

人文学 / 史学 / ヨーロッパ史・アメリカ史

研究テーマ履歴

コンスタンツ公会議(1414ー1418)における正統性の問題

個人研究

論文

教会改革とナツィオ(国民)——1418年のコンコルダートをめぐって——

青野公彦

森原隆編著『ヨーロッパエリート支配と政治文化』(成文堂) 所収p.77 - 922010年03月-

大シスマ(1378ー1417)と学識者——枢機卿フランチェスコ・ザバレッラの場合——

青野公彦

井内敏夫編著『ヨーロッパ史のなかのエリート——生成・機能・限界——』(太陽出版) 所収p.151 - 1692007年03月-

コンスタンツ教令「ハエク・サンクタ」のテキストについて

青野公彦

研究年誌(早稲田大学高等学院)(第51号)p.(49) - (65)2007年03月-

ヨハネス23世の正統性——ピサ派のジレンマをめぐって——

青野公彦

史観(早稲田大学史学会)(第143冊)p.49 - 652000年09月-

マルティヌス5世の正統性

青野公彦

研究年誌(早稲田大学高等学院)(第42号)p.93 - 1031998年03月-

教会法学の発展の中でみたピサ公会議(1409年)——二教皇の廃位と異端条項をめぐって——

青野公彦

研究年誌(早稲田大学高等学院)(第41号)p.67 - 761997年03月-

コンスタンツ公会議における「国民」の概念——1417年のフランスとイングランドの論争を中心に——

青野公彦

研究年誌(早稲田大学高等学院)(第39号)p.39 - 461995年03月-

コンスタンツ公会議における「国民」単位採決方法の導入について

青野公彦

文学研究科紀要 別冊 哲学・史学編(早稲田大学大学院)(別冊第17輯、1990年度)p.253 - 2611991年03月-

コンスタンツ教令「ハエク・サンクタ」の解釈について

青野公彦

西洋史論叢(早稲田大学西洋史研究会)(第9号)p.1 - 131987年12月-

コンスタンツ公会議における正統性の問題(修士論文概要)

青野公彦

文学研究科紀要 哲学・史学編(早稲田大学大学院) (第33輯、1987年度)p.173 - 1751988年03月-

マキアヴェリと古代ローマ共和政(卒業論文概要)

青野公彦

史観(早稲田大学史学会)(第111冊)p.128 - 1311984年09月-

高大一貫教育を目指した高校教育と大学教育の連携

(共著)大井恒昭、青野公彦、五十嵐賢一、橘 孝博、中村良衛、牧 幸一、山岡幹雄、山中由也、山西廣司

研究年誌(早稲田大学高等学院)(第44号)p.(27) - (87)2000年03月-

書籍等出版物

新詳 世界史B 指導資料

帝国書院編集部  *青野担当項目:「教科書に込めた想い~世界史教育と多元主義の立場~」「化石人類についての最近の研究動向」「クロマニョン人の洞窟絵画」「農耕・牧畜の開始」「都市国家の成立」「青銅器の出現」「ギルガメシュ叙事詩」「ペルセポリス」「ハンムラビ法典」「エジプトの灌漑農業」「ピラミッド」「ヒクソスの民族系統」「アメンホテプ4世の宗教改革」「出エジプト伝承」「クノッソス宮殿」「エーゲ文明の衰退と暗黒時代」「ペイシストラトスの僭主政」「雄弁家ペリクレス」「イオニア学派」「ソフィスト」「マケドニア王国」「共和政と民主政」「ローマの民会」「グラックス兄弟の改革」「ローマの市民権」「帝政ローマと「帝国」概念」「高度な文明生活~ローマの都市生活~」「キリスト教の成立」「カラカラ帝の勅令(アントニヌス勅令)」「パルティア」「ササン朝ペルシア」「エチオピアのキリスト教徒」「メロエのピラミッド」「ケルト人」「ケルト独自のキリスト教文化」「ベネディクトゥス派の戒律」「クリュニー修道院」「クローヴィスの改宗」「トゥ―ル-ポワティエ間の戦い」「カールの戴冠」「カロリング=ルネサンス」「封建制」「東西両教会の分裂をめぐる問題」「中世の農村共同体」「中世都市と商業」「都市の自治」「聖人や聖遺物への崇敬」「異端審問」「托鉢修道会」「クレルモン教会会議」「十字軍国家」「民衆十字軍・少年十字軍」「シチリア王国の建国」「アヴィニョン教皇庁」「ゴシック様式」「ノルマンの征服」「ジャンヌ=ダルク裁判」「ドイツ騎士団とリトアニア-ポーランド王国」「レコンキスタの実像」「トレドでの翻訳活動」「大学」「コンスタンツ公会議」

帝国書院2018年 03月-

新詳 世界史B

(共著)川北稔、小杉泰、杉本淑彦、桃木至朗、指昭博、青野公彦、三田昌彦、清水和裕、吉澤誠一郎、山下範久、杉山清彦 *青野担当箇所:「序章 人類の出現」、「1章 オリエント世界と地中海世界の形成」、「2章 サハラ砂漠以南のアフリカ」、「9章 ヨーロッパ世界の形成」、「世界地図(世界観)の変遷 ①プトレマイオス地図 ②TО地図」 

帝国書院2017年 03月-

新詳 世界史B 教授資料

帝国書院編集部  *青野担当項目:「教科書に込めた想い〜「東ヨーロッパ世界」は成り立つのか〜」「オランダの地理的環境」「化石人類についての最近の研究動向」「農耕・牧畜の開始」「都市国家の成立」「青銅器の出現」「ハンムラビ法典」「エジプトの灌漑農業」「ピラミッド」「ヒクソスの民族系統」「アメンホテプ4世の宗教改革」「出エジプト伝承」「エーゲ文明の衰退と暗黒時代」「ペイシストラトスの僭主政」「雄弁家ペリクレス」「イオニア学派」「ソフィスト」「マケドニア王国」「共和政と民主政」「ローマの民会」「グラックス兄弟の改革」「ローマの市民権」「帝政ローマと「帝国」概念」「高度な文明生活~ローマの都市生活~」「キリスト教の成立」「カラカラ帝の勅令(アントニヌス勅令)」「パルティア」「ササン朝ペルシア」「ケルト人」「ケルト独自のキリスト教文化」「東西教会の分裂」「ベネディクトゥス派の戒律」「クローヴィスの改宗」「カールの戴冠」「カロリング=ルネサンス」「封建制」「中世の農村共同体」「中世都市と商業」「都市の自治」「聖人や聖遺物への崇敬」「異端審問」「托鉢修道会」「クレルモン教会会議」「民衆十字軍・少年十字軍」「十字軍国家」「シチリア王国の建国」「ゴシック様式」「ノルマンの征服」「ジャンヌ=ダルク裁判」「ドイツ騎士団とリトアニア=ポーランド王国」「レコンキスタの実像」「トレドでの翻訳活動」「大学」「コンスタンツ公会議」

帝国書院2013年 03月-

新詳 世界史B

(共著)川北稔、小杉泰、杉本淑彦、桃木至朗、指昭博、青野公彦、三田昌彦、清水和裕、吉澤誠一郎、杉山清彦  *青野担当箇所:「世界史への扉 自然環境と人類のかかわり② 逆境からの挑戦(オランダの地理的環境)」、「序章 人類の出現」、「1章 オリエント世界と地中海世界の形成」、「8章 ヨーロッパ世界の形成」、「世界地図(世界観)の変遷 ①プトレマイオス地図 ②TO図」

帝国書院2012年 03月-

新詳 世界史B 教授資料

帝国書院編集部  *青野担当項目:「教科書に込めた想い〜自分の頭で考えることの難しさ〜」「化石人類についての最新の研究動向」「農耕・牧畜の開始」「都市国家の成立」「ハンムラビ法典」「エジプトの灌漑農耕」「ピラミッド」「アメンホテプ4世の宗教改革」「ビブロス」「出エジプト伝承」「エーゲ文明の衰退と暗黒時代」「ペイシストラトスの僭主政」「雄弁家ペリクレス」「イオニア学派」「ソフィスト」「マケドニア王国」「共和政と民主政」「グラックス兄弟の改革」「ローマの市民権」「帝政ローマと「帝国」概念」「キリスト教の成立」「カラカラ帝の勅令(アントニヌス勅令)」「ヨセフス『ユダヤ戦記』」「ケルト人」「東西教会の分離」「ベネディクトゥス派の戒律」「修道院の生活(アイルランドの修道制)」「クローヴィスの改宗」「カールの戴冠」「アルクインとカロリング=ルネサンス」「聖人・聖遺物崇敬」「異端審問」「托鉢修道会」「クレルモン教会会議」「少年十字軍」「両シチリア王国」「ノルマンの征服」「ジャンヌ=ダルク裁判」「ドイツ騎士団とリトアニア=ポーランド王国」「レコンキスタの実像」「トレドでの翻訳活動」「ゴシック様式の起源」「コンスタンツ公会議」

帝国書院2008年 03月-

新詳 世界史B

(共著)川北稔、重松伸司、小杉泰、杉本淑彦、桃木至朗、青野公彦、清水和裕、吉澤誠一郎、杉山清彦 *青野担当箇所:「序章 人類の出現」、「1章 オリエント世界と地中海世界の形成」、「8章 ヨーロッパ世界の形成」

帝国書院2007年 03月-

講演・口頭発表等

(口頭発表)15世紀の教会改革——コンスタンツ・バーゼル両公会議の比較を通して——

青野公彦

日本西洋史学会 第60回大会(別府大学)2010年05月

(司会)第3部 合評会:甚野尚志著『十二世紀ルネサンスの精神』を読む

著者:甚野尚志、コメンテーター:鈴木喜晴・小田内隆、司会:青野公彦

早稲田大学西洋史研究会 第54回大会2009年07月

(口頭発表)コンスタンツ公会議(1414ー1418)における改革問題

青野公彦

早稲田大学西洋史研究会 第51回大会2007年12月

(口頭発表)教会大分裂(シスマ)と枢機卿団のナショナリティ

青野公彦

早稲田大学ヨーロッパ文明史研究所 2003年度 第2回研究会2003年06月

(口頭発表)ピサ公会議(1409年)における二教皇の廃位と異端条項

青野公彦

早稲田大学西洋史研究会 第26回大会1995年06月

(口頭発表)コンスタンツ公会議における「国民」概念について——1417年のフランスとイングランドの論争を中心に——

青野公彦

ヨーロッパ中・近世国制史研究会 第17回例会(明治大学)1994年10月

(口頭発表)ヨハネス23世の正統性——ピサ派のジレンマをめぐって——

青野公彦

日本西洋史学会 第42回大会(東京大学)1992年05月

(口頭発表)コンスタンツ公会議における正統性の問題

青野公彦

早稲田大学西洋史研究会 第10回大会1987年06月

学内研究制度

主な学内支援制度

特別研究期間 研究成果報告書(『学術年鑑』2009年度 Web ) 研究課題:西欧中世後期における改革公会議に関する研究、および、高校世界史教科書改訂のための現地調査

2009年04月-2010年03月

作成した教科書・教材・参考書

世界史 Q and A:「中世南フランスの社会と異端カタリ派」「アヴィニョン教皇庁の実態」(『世界史のしおり』No.71 付録〔高校教科書補正資料2017〕、帝国書院)

2017年04月

物を通して見る世界史:古代ギリシア人と聖なる樹木オリーヴ(『世界史のしおり』No.68、帝国書院)

2016年04月

世界史 Q and A〔2015増補版〕:「ヒクソスの民族系統」「クローヴィスの改宗」「十分の一税の算出方法」「中世南フランスの社会と異端カタリ派」「アヴィニョン教皇庁の実態」(『世界史のしおり』No.65 付録、帝国書院)

2015年04月

世界史 Q and A〔増補版〕:「ヒクソスの民族系統」「クローヴィスの改宗」「十分の一税の算出方法」「中世南フランスの社会と異端カタリ派」「アヴィニョン教皇庁の実態」(『世界史のしおり』No.59 付録、帝国書院)

2013年05月

世界史 Q and A:「ヒクソスの民族系統」「クローヴィスの改宗」「十分の一税の算出方法」「アヴィニョン教皇庁の実態」(『世界史のしおり』No.56 付録、帝国書院)

2012年05月

この教科書に込めた想い~自分の頭で考えることの難しさ~(『世界史のしおり』No.46 世界史B特集号、帝国書院)〔訂正版〕

2010年05月

この教科書に込めた想い~自分の頭で考えることの難しさ~(『世界史のしおり』No.34 世界史B特集号、帝国書院)

2007年05月

その他教育活動

早稲田大学国際教育センター(のち留学センター)主催「帰国生予備教育課程」のコーディネーターおよび日本史を担当

2001年04月01日-2008年03月31日

詳細

概要:帰国入学生のための学部入学前教育プログラム

(分担執筆)『継承そして創造〜五十年の軌跡—未来に向けて〜』(早稲田大学高等学院五十周年記念誌)

1999年11月01日-

社会貢献活動

(講演)古代の伝承と考古学から見た日本人論~日本人の形成過程を探る~

役割:講師2019年06月-

主催者・媒体名:早稲田大学校友会 千代田稲門会

イベント・番組・雑誌名:2019年度総会・講演会

場所・掲載箇所:ホテルグランドパレス

(講演)アルジェリア事件とイスラーム世界の今後のゆくえ

役割:講師2013年06月-

主催者・媒体名:早稲田大学校友会 足立稲門会

イベント・番組・雑誌名:第15回定時総会 第二部:講演

場所・掲載箇所:東京マリアージュ

(コラム)えび茶ゾーン

役割:寄稿2001年07月-

主催者・媒体名:早稲田大学学生部

イベント・番組・雑誌名:早稲田ウィークリー 第939号(2001年7月5日)

場所・掲載箇所:p.1