氏名

モリヤ カズヨシ

守屋 和佳

職名

准教授 (https://researchmap.jp/read0144763/)

所属

(教育学部)

連絡先

住所・電話番号・fax番号

住所
〒169-8050東京都 新宿区 西早稲田1−6−1

URL等

WebページURL

http://www.waseda.jp/sem-paleobiology/index.html(研究室のウェブサイト)

http://www.waseda.jp/prj-edu-earthsci/index_j.html(地球科学専修のウェブサイト)

研究者番号
60447662
ORCID ID
0000-0003-2017-7025

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院創造理工学研究科)

学歴・学位

学歴

-1997年 早稲田大学 教育学部 理学科・地学専修
-1999年 早稲田大学 理工学研究科 資源及材料工学専攻
-2002年 東京大学 理学系研究科 地球惑星科学専攻

学位

博士(理学) 課程 東京大学

所属学協会

地球環境史学会

東京地学協会

日本古生物学会

日本進化学会

日本堆積学会

日本地球惑星科学連合

日本地質学会

American Geophysical Union

Cushman Foundation for Foraminiferal Research

European Geoscience Union

Geochemical Society

Geological Society of America

Palaeontological Association

Paleontological Society

委員歴・役員歴(学外)

2000年-2002年日本地質学会院生ページ編集担当
2009年-2011年日本古生物学会将来計画委員
2011年-2012年日本地質学会選挙管理委員
2015年10月-2017年06月日本古生物学会庶務幹事
2015年06月-2015年12月日本地球惑星科学連合キャリアパス委員
2016年01月-日本地球惑星科学連合ダイバーシティ推進委員
2016年04月-2018年03月地球環境史学会評議員
2016年04月-2018年03月地球環境史学会行事担当幹事
2016年12月-東京地学協会表彰委員
2017年06月-日本古生物学会評議員
2017年06月-2019年06月日本古生物学会常務委員(和文誌編集委員長)
2018年06月-日本地球惑星科学連合地球生命科学セクションサイエンスボード
2019年06月-日本古生物学会常務委員(庶務担当)

研究分野

キーワード

進化古生物学・古海洋学、温室地球時代・地球温暖化、安定同位体古生態学、アンモナイト・有孔虫

科研費分類

数物系科学 / 地球惑星科学 / 層位・古生物学

論文

Characterizing photosymbiosis in modern planktonic foraminifera

Takagi, H., Kimoto, K., Fujiki, T., Saito, H., Schmidt, C., Kucera, M., and Moriya, K.

Biogeoscience Discussion2019年-

DOI

Taxonomic relationships and paleoecological signi cance of two exceptionally large lower jaws of Late Cretaceous ammonoids from Japan

Tanabe, K., Misaki, A., Ikeda, T., Izukura, M., and Moriya, K.

Paleontological Research査読有り23(2)p.152 - 1652019年04月-

DOI

Perspective on the response of marine calcifiers to global warming and ocean acidification—Behavior of corals and foraminifera in a high CO2 world “hot house”

Kawahata, H., Fujitak K., Iguchi, A., Inoue, M., Iwasaki, S., Kuroyanagi, A., Maeda, A., Manaka, T., Moriya, K., Takagi, H., Toyofuku, T., Yoshimura, T. and Suzuki, A.

Progress in Earth and Planetary Science査読有り62019年01月-

DOI

Late Maastrichtian carbon isotope stratigraphy and cyclostratigraphy of the Newfoundland Margin (Site U1403, IODP Leg 342)

Batenburg, S., Friedrich, O., Moriya, K., Voigt, S., Cournède, C., Moebius, I., Blum, P., Bornemann, A., Fiebig, J., Hasegawa, T., Hull, P.M., Norris, R.D., Röhl, U., Sexton, P.F., Westerhold, T., Wilson, P.A.

Newsletters on Stratigraphy査読有り51(2)p.245 - 2602018年-

DOI

Effect of nutritional condition on photosymbiotic consortium of cultured Globigerinoides sacculifer (Rhizaria, Foraminifera)

Takagi, Haruka; Takagi, Haruka; Kimoto, Katsunori; Fujiki, Tetsuichi; Moriya, Kazuyoshi

Symbiosis査読有り76(1)p.25 - 392018年-

DOIScopus

詳細

ISSN:03345114

概要:© 2017 The Author(s) Several foraminifers found in warm and low-nutrient ocean surface water have photosynthetic algae as endosymbionts (photosymbiosis). To understand the trophic interactions, we studied Globigerinoides sacculifer, a spinose planktic foraminifer that has a dinoflagellate endosymbiont. We controlled two nutritional factors, feeding and inorganic nutrients in the seawater. The growth of the host and the symbionts and the photophysiological parameters were monitored under four experimental conditions. The results demonstrated that the holobionts primarily relied on phagotrophy for growth. The foraminifers grew considerably, and the chlorophyll a content per foraminifer, which is an indicator of the symbiont population, increased in the fed groups, but not in the unfed groups. The nutrient-rich seawater used for some of the cultures made no difference in either the growth or photophysiology of the holobionts. These observations indicated that the symbionts mainly utilized metabolites from the hosts for photosynthesis rather than inorganic nutrients in the seawater. Additionally, we observed that the symbionts in the starved hosts maintained their photosynthetic capability for at least 12 days, and that the hosts maintained at least some symbionts until gametogenesis was achieved. This suggests that the hosts have to retain the symbionts as an energy source for reproduction. The symbionts may also play an indispensable role in the metabolic activities of the hosts including waste transport or essential compound synthesis. Overall, our results revealed a novel mode of photosymbiosis in planktic foraminifers which contrasts with that found in benthic photosymbiotic foraminifers and corals.

東京の開発とともに歩んだ化石―東京産のトウキョウホタテ―

守屋和佳

化石査読有り(102)p.1 - 22017年-

温室地球時代における海洋環境変動

守屋和佳

化石査読有り(102)p.31 - 422017年-

Maastrichtian carbon isotope stratigraphy and cyclostratigraphy of the Newfoundland Margin (Site U1403, IODP Leg 342)

Friedrich, O., Batenburg, S.J., Moriya, K., Voigt, S., Cournède, C., Möbius, I., Blum, P., Bornemann, A., Fiebig, J., Hasegawa, T., Hull, P.M., Norris, R.D., Röhl, U., Westerhold, T., Wilson, P.A., and IODP Expedition 342 Scientists

Climate of the Past Discussion査読有り2016年05月-

DOI

Data report: relative abundance of benthic foraminiferal morphotypes across the Eocene/Oligocene and Oligocene/Miocene boundaries (IODP Expedition 342 Site U1406, North Atlantic). in Norris, R.D., Wilson, P.A., Blum, P., and the Expedition 342 Scientists eds., Proceedings of the Integrated Ocean Drilling Program, 342. College Station, TX (Integrated Ocean Drilling Program).

Moriya, K. and Friedrich, O.

Proceedings of the Integrated Ocean Drilling Program, 3422016年-

DOI

Individual migration pathways of modern planktic foraminifers: Chamber-by-chamber assessment of stable isotopes

Takagi, H., Moriya, K., Ishimura, T., Suzuki, A., Kawahata, H., and Hirano, H.

Paleontological Research査読有り20(3)p.268 - 2842016年-

DOI

Ontogenetic dynamics of photosymbiosis in cultured planktic foraminifers revealed by fast repetition rate fluorometry

Takagi, H., Kimoto, K., Fujiki, T., Kurasawa, A., Moriya, K., and Hirano, H.

Marine Micropaleontology査読有り122p.44 - 522016年-

DOI

Evolution of habitat depth in the Jurassic–Cretaceous ammonoids

Moriya, K.

Proceedings of the National Academy of Science of the United States of America112(51)p.15540 - 155412015年-

DOI

Exploring photosymbiotic ecology of planktic foraminifers from chamber-by-chamber isotopic history of individual foraminifers

Takagi, H., Kimoto, K., Fujiki, T., Kurasawa, A., Moriya, K., and Hirano, H.

Paleobiology査読有り41(1)p.108 - 1212015年-

DOIWoS

Phospholipid-derived fatty acids and quinones as markers for bacterial biomass and community structure in marine sediments

Kunihiro, T., Veuger, B., Vasquez-Cardenas, D., Pozzato, L., Le Guitton, M., Moriya, K., Kuwae, M., Omori, K., Boschker, H.T.S., and van Oevelen, D.

PLOS ONE査読有り9(4)p.e962192014年-

DOI

Resolving Eocene time and palaeoceanography in exceptional detail: an update on IODP Expedition 342, Newfoundland Ridge

Pincelli M. Hull, Philip F. Sexton, Richard D. Norris, Paul A. Wilson, Peter Blum, Claudia Agnini, Slah Boulila, Paul R. Bown, Helen Coxall, Oliver Friedrich, Rosanna Greenop, Sandra Kirtland Turner, Wendy E.C. Kordesch, Diederik Liebrand, Hiroki Matsui, Kazuyoshi Moriya, Hiroshi Nishi, Bradley N. Opdyke, Heiko Pälike, Donald Penman, Ursula Röhl, Richard Smith, Thomas Westerhold, Yuhji Yamamoto, and James C. Zachos

Rendiconti Online Societa Geologica Italiana31p.115 - 1162014年-

DOI

Evolution of the neodymium isotopic signature of neritic seawater on a northwestern Pacific margin: new constrains on possible end-members for the composition of deep-water masses in the Late Cretaceous ocean

Moiroud, M., Pucéat, E., Donnadieu, Y., Bayon, G., Moriya, K., Deconinck, J.-F., and Boyet, M.

Chemical Geology査読有り356p.160 - 1702013年-

DOIWoS

Stable carbon and oxygen isotope analyses of carbonate using a continuous flow isotope ratio mass spectrometry

Moriya, K., Goto, A.S., Hasegawa, T.

Science Report of Kanazawa University56p.45 - 582013年-

link

The motion decoupled delivery system: A new deployment system for downhole tools is tested at the New Jersey margin

Flemings, P.B., Polito, P.J., Pettigrew, T.L., Iturrino, G.J., Meissner, E., Aduddell, R., Brooks, D.L., Hetmaniak, C., Huey, D., Germaine, J.T., and the IODP Expedition 342 Scientists

Scientific Drilling15p.51 - 562013年-

DOI

IODP Expedition 330: Drilling the Louisville Seamount Trail in the SW Pacific

Koppers, A.A.P., Yamazaki, T., Geldmacher, J., and the IODP Expedition 330 Scientific Party

Scientific Drilling15p.11 - 222013年-

DOI

Limited latitudinal mantle plume motion for the Louisville hotspot

Koppers, A.A.P., Yamazaki, T., Geldmacher, J., Gee, J.S., Pressling, N., Hoshi, H., Anderson, L., Beier, C., Buchs, D.M., Chen, L-H., Cohen, B.E., Deschamps, F., Dorais, M.J., Ebuna, D., Ehmann, S., Fitton, J.G., Fulton, P.M., Ganbat, E., Hamelin, C., Hanyu, T., Kalnins, L., Kell, J., Machida, S., Mahoney, J.J., Moriya, K., Nichols, A.R.L., Rausch, S., Sano, S-i., Sylvan, J.B., and Williams, R.

Nature Geoscience査読有り5p.911 - 9172012年-

DOIWoS

Development of the Cretaceous greenhouse climate and the oceanic thermal structure

Moriya, K.

Paleontological Research査読有り15(2)p.77 - 882011年-

DOIWoS

Prevailing oxic environments in the Pacific Ocean during the mid-Cretaceous Oceanic Anoxic Event 2

Takashima, R., Nishi, H., Yamanaka, T., Tomosugi, T., Fernando, A.G., Tanabe, K., Moriya, K., Kawabe, F. and Hayashi, K.

Nature Communications査読有り22011年-

DOI

Calcareous nannofossil biostratigraphic study of forearc basin sediments: Lower to Upper Cretaceous Budden Canyon Formation (Great Valley Group), northern California, USA

Fernando, A.G.S., Nishi, H., Tanabe, K., Moriya, K., Iba, Y., Kodama, K., Murphy, M., and Okada, H.

Island Arc査読有り20p.346 - 3702011年-

DOI

High resolution carbon isotope stratigraphy across the Cenomanian/Turonian boundary in the Tappu area, Hokkaido, Japan: correlation with world reference sections

Hasegawa, T., Seo, S., Moriya, K., Tominaga, Y., Nemoto, T., Naruse, T.

Science Report of Kanazawa University54p.49 - 622010年-

link

Paleoenvironmental changes across the Mid Cenomanian Event in the tropical Atlantic Ocean (Demerara Rise, ODP Leg 207) inferred from benthic foraminiferal assemblages

Friedrich, O. Erbacher, J., Wilson, P.A., Moriya, K. and Mutterlose, J.

Marine Micropaleontology査読有り71p.28 - 402009年-

DOI

Fault model of the 2007 Noto Hanto earthquake estimation from coseismic deformation obtained by the distribution of littoral organisms and GPS: Implication for neotectonics in the northwestern Noto Peninsula

Hiramatsu, Y., Moriya, K., Kamiya, T., Kato, M., and Nishimura, T.

Earth Planets Space査読有り60p.903 - 9132008年-

DOI

Warm saline intermediate waters in the Cretaceous tropical Atlantic Ocean

Friedrich, O., Erbacher, J., Moriya, K., Wilson, P.A. and Kuhnert, H.

Nature Geoscience査読有り1p.453 - 4572008年-

DOI

白亜紀中期・セノマニアン/チューロニアン境界の絶滅事変時における有孔虫化石群組成の超高解像度解析

守屋和佳,長谷川卓,成瀬貴洋,瀬尾草平,根本俊文,鈴木崇章,森本このみ

地学雑誌査読有り117(5)p.878 - 8882008年-

DOI

生物源炭酸塩の続成変質過程-地質時代の古水温復元に向けて-

守屋和佳

月刊地球30p.329 - 3372008年-

link

Testing for ice-sheets during the mid-Cretaceous greenhouse using glassy foraminiferal calcite from the mid-Cenomanian tropics on Demerara Rise

Moriya, K., Wilson, P.A., Friedrich, O., Erbacher, J., and Kawahata, H.

Geology査読有り35p.615 - 6182007年-

DOI

Tropical warming and intermittent cooling during Cenomanian/Turonian Oceanic Anoxic Event (OAE2): Sea surface temperature records from the equatorial Atlantic

Forster, A., Schouten, S., Moriya, K., Wilson, P.A., and Sinninghe Damsté, J.S.

Paleoceanography査読有り22p.PA12192007年-

DOI

Seasonal temperature fluctuation in the high northern latitudes during Cretaceous: Isotopic evidence from Albian and Coniacian shallow-water invertebrates of the Talovka River Basin, Koryak Upland

Zakharov, Y.D., Smyshlyaeva, O.P., Ignatiev, A.V., Velivtskaya, T.A., Tanabe, K., Shigeta, Y., Maeda, H., Afanasyeva, T.B., Popov, A.M., Golozubov, V.V., Kolyada, A.A. and Moriya, K.

Cretaceous Research査読有り26p.113 - 1322005年-

DOI

Geology and stratigraphy of the Cretaceous forearc basin sediments in Hokkaido, Japan. –Cretaceous environmental events in the Northwest Pacific margin–

Takashima, R., Kawabe, F., Nishi, H., Moriya, K., Wani, R. and Ando, H.

Cretaceous Research査読有り25p.365 - 3902004年-

DOI

Early-Late Cretaceous climate of the northern high latitudes: Results from brachiopod and mollusk oxygen and carbon isotope ratios, Koryak Upland and Alaska

Zakharov, Y.D., Ignatiev, A.V., Smyshlyaeva, O.P., Tanabe, K., Shigeta, Y., Maeda, H., Afanasyeva, T.B., Popov, A.M., Golozubov, V.V., Bolotsky, Y.L. and Moriya, K.

Journal of Geological Society of Thailand2004p.11 - 342004年-

Upper Albian to Lower Cenomanian biostratigraphy in the Oyubari area, Hokkaido, Japan: toward a Cretaceous biochronology for the North Pacific

Kawabe, F., Takashima, R., Wani, R., Nishi, H. and Moriya, K.

Acta Geologica Polonica査読有り53p.81 - 912003年-

link

Demersal habitat of Late Cretaceous ammonoids: Evidence from oxygen isotopes for the Campanian (Late Cretaceous) northwestern Pacific thermal structure

Moriya, K., Nishi, H., Kawahata, H., Tanabe, K. and Takayanagi, Y.

Geology査読有り31p.167 - 1702003年-

DOI

Planktonic foraminiferal zonation in the Cretaceous Yezo Group, Central Hokkaido, Japan

Nishi, H., Takashima, R., Hatsugai, T., Saito, T., Moriya, K., Ennyu, A. and Sakai, T.

Journal of Asian Earth Sciences査読有り21p.867 - 8862003年-

DOI

アンモナイトに記録された太古の古環境を読む

守屋和佳

地質ニュース575p.48 - 532002年-

link

Age calibration of megafossil biochronology based on Early Campanian planktonic foraminifera from Hokkaido, Japan

Moriya, K., Nishi, H. and Tanabe, K.

Paleontological Research査読有り5p.277 - 2822001年-

DOIlink

北海道築別地域の白亜系層序

守屋和佳・平野弘道

地質学雑誌査読有り107p.199 - 2142001年-

DOI

Palaeozoic and Mesozoic carbon-isotopic macrorhythms and macrocycles of solar activity

Zakharov, Y.D., Ignatiev, A.V., Boriskina, N.G., Velivetskaya, T.A., Smyshlyaeva, O.P., Tanabe, K., Shigeta, Y., Maeda, H., Popov, A.M., Golozubov, V.V., Afanasyeva, T.B. and Moriya, K.

Albertiana25p.35 - 352001年-

link

書籍等出版物

地球・環境・資源―地球と人類の共生をめざして― 第2版

高木秀雄・山﨑淳司・円城寺守・小笠原義秀・太田亨・守屋和佳・内田悦夫・大河内博・香村一夫(共著)

共立出版2019年 03月-

詳細

総ページ数:205担当ページ数:109-130ISBN:978-4-320-04734-1

Isotope signature of ammonoid shells. in Klug, C., Korn, D., De Beats, K., Kruta, I., and Mapes, R.H. eds., Ammonoid Paleobiology: From anatomy to ecology

Moriya, K.

Springer2015年-

LINK

詳細

担当ページ数:793-836ISBN:978-94-017-9629-3

Proceedings of the Integrated Ocean Drilling Program, 342

Norris, R.D., Wilson, P.A., Blum, P., and the Expedition 342 Sientists

Integrated Ocean Drilling Program2014年-

LINK

Paleogene Newfoundland sediment drifts. IODP Preliminary Report, 342

Expedition 342 Scientists

Integrated Ocean Drilling Program2012年-

LINK

Proceedings of the Integrated Ocean Drilling Program, 330

Koppers, A.A.P., Yamazaki, T., Geldmacher, J., and the Expedition 330 Scientists

Integrated Ocean Drilling Program Management International, Inc.2012年-

LINK

Louisville Seamount Trail: implications for geodynamic mantle flow models and the geochemical evolution of primary hotspots. IODP Preliminary Report, 330

Expedition 330 Scientists

Integrated Ocean Drilling Program Management International, Inc.2011年-

LINK

古生物学事典(第2版)

日本古生物学会

朝倉書店2010年-

LINK

能登半島の地形・地質構造と能登半島地震の断層運動.金沢大学能登半島地震学術調査部会編,過疎・超高齢化地域での震災に関する総合的調査研究~金沢大学 平成19年度能登半島地震学術調査報告書~

平松良浩,石渡 明,守屋和佳,河野芳輝,神谷隆宏,加藤道雄

金沢大学2008年-

LINK

Cretaceous oceanic anoxia events in the Japanese islands. in Lee, Y.I., Paik, I.S., Cheong, D.K., Huh, M., and Lee, Y.U. eds., Paleoclimates in Asia during the Cretaceous: Their variations, causes, and biotic and environmental responses.

Moriya, K., and Hasegawa, T.

International Geoscience Programme Project 5072007年-

Database of Cretaceous ammonite specimens registered in the Department of historical geology and paleontology of the University Museum, University of Tokyo. The University Museum, The University of Tokyo Material Report, No. 37

Tanabe, K., Ito, Y., Moriya, K. and Sasaki, T.

The University of Tokyo2000年-

LINK

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(A)(一般)

NADWの初期発達史:太平洋流入仮説の提唱から検証まで

2014年-2018年

研究分野:層位・古生物学

研究種別:特別研究員奨励費

後期白亜紀を通じた北太平洋海洋構の変革とアンモナイト類の古生物地理ダイナミクス

2003年-2005年

研究種別:

浮遊性有孔虫1個体の個体発生を通じた安定同位体変動から光共生進化史を読み解く

2012年-0月-2014年-0月

配分額:¥3770000

研究種別:

白亜紀OAE2における海底溶存酸素のグローバル・シーソー振動の解明

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥17680000

研究種別:

氷室地球と温室地球の海洋環境に対する軟体動物の生活史形質の応答様式の精密解析

2011年-0月-2014年-0月

配分額:¥20670000

研究種別:

数十年スケールのイワシ資源量動態と中世温暖期に資源量低下を招いた機構の解明

2010年-0月-2014年-0月

配分額:¥18980000

研究種別:

急潮予報システムの構築と生態影響評価への戦略的運用

2009年-0月-2013年-0月

配分額:¥45500000

研究種別:

白亜紀海洋無酸素事変に対する顕著な負のフィードバック:南西太平洋域の証拠

配分額:¥12610000

研究種別:

分子化石の「ノアの箱舟」:石灰質ノジュールのシェルター効果が守る古環境情報

配分額:¥3200000

研究種別:

同位体解剖学を用いた後期白亜紀アンモナイト類の繁殖生態の解明

配分額:¥3590000

研究種別:

気候ジャンプ時における海水温の季節変動幅の時系列変動と大陸氷床形成のタイミング

2016年-0月-2020年-0月

配分額:¥17810000

研究種別:

温室地球と氷室地球の分岐点:カナダ太平洋岸白亜系の水温変動記録から探る

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥16120000

研究種別:

白亜紀軟体動物頭足類の進化古生物学的研究

2014年-0月-2017年-0月

配分額:¥4680000

研究種別:

NADWの初期発達史:太平洋流入仮説の提唱から検証まで

2014年-0月-2018年-0月

配分額:¥40950000

研究種別:

地球気候の本質的理解に向けた温室地球時代の海水温季節変動動態の解析

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥17550000

研究資金の受入れ状況

提供機関:財団法人日本科学協会制度名:海外発表促進助成

Distributions of crenarchaeal membrane lipids and TEX86 thermometry in the modern enclosed shallow coastal anoxic ocean2013年-2013年

代表

提供機関:三井物産環境基金制度名:研究助成

古細菌膜脂質組成に基づく海水温指標の確立と瀬戸内海の温暖化史の解明2009年-2011年

提供機関:藤原ナチュラルヒストリー財団制度名:学術研究助成

幼殻の酸素同位体比分析を用いた後期白亜紀アンモナイト類の幼生生態の解明2008年-2008年

提供機関:東京地学協会制度名:研究・調査助成

白亜紀中期・セノマニアン/チューロニアン境界の絶滅事変時における有孔虫化石群組成の超高解像度解析2007年-2007年

提供機関:大和日英基金制度名:奨励研究

Long- and short-term fluctuation of equatorial Atlantic sea surface temperatures during the Cretaceous greenhouse interval2006年-2006年

提供機関:日本科学協会制度名:海外発表促進助成

Vertical thermostructure of Late Cretaceous (Campanian) northwestern Pacific: Implications for ammonoid paleoecology2002年-2002年

提供機関:財団法人深田地質研究所制度名:深田研究助成

後期白亜紀北西太平洋における海洋温度構の復元2002年-2002年

提供機関:日本科学協会制度名:笹川科学研究助成

環境変化との関係から見た上部白亜系蝦夷層群における生物相の変遷の解明1999年-1999年

学内研究制度

特定課題研究

魚歯化石のネオジム同位体比による後期白亜紀の北太平洋における海洋循環系変革の解明

2010年度

研究成果概要: 本研究は,後期白亜紀(10~8千万年前)の地層から産出する魚歯化石のネオジム同位体組成を解析し,白亜紀の北太平洋の海洋循環を明らかにすることを最終目的としている.本助成では,上記の研究の基礎情報となる,北海道北西部に分布する白亜... 本研究は,後期白亜紀(10~8千万年前)の地層から産出する魚歯化石のネオジム同位体組成を解析し,白亜紀の北太平洋の海洋循環を明らかにすることを最終目的としている.本助成では,上記の研究の基礎情報となる,北海道北西部に分布する白亜系,蝦夷層群の地質調査,および各層準から産出する化石の産出頻度の調査を行った. 調査は,北海道雨竜郡幌加内町,および北海道苫前郡古丹別町で行った.両地域は三頭山,小平蘂岳,羽幌山,白地畑山,およびピッシリ山と続く尾根によって境されているが,後期白亜紀の地層が広く分布する地域である.幌加内町には主に10~9千万年前の地層が分布し,古丹別町には9~8千万年前の地層が分布している. これらの地域に分布する蝦夷層群は下位より日陰の沢層,佐久層,および羽幌川層の3層に区分される.日陰の沢層,および佐久層は主に,海底扇状地や海底谷の堆積物と想定され,浅海の大陸棚よりもやや深い地点であったと類推される.一方,古丹別地域に分布する羽幌川層は大陸棚上,および海底三角州の堆積物であると考えられる.従って,両地域に分布する蝦夷層群はおおむね上方に浅海化する層序をもつ. これらの地層のうち,泥岩ないし,砂質泥岩部から岩石試料を約1Kg採取し,これらを実験室で泥化,洗浄することで,堆積物中に保存された魚歯化石を含む(微)化石を抽出した.さらに,抽出した化石の堆積岩試料200gあたりの総個体数を計測し,これを層準ごとに比較することで,各層準における生物量の概要を解析した.その結果,日陰の沢層,および羽幌川層では200g中に含まれる化石が1000個体を超える層準がしばしば認められるのに対し,佐久層では1000個体を超えることはまれであった.佐久層中には,白亜紀の中でも大きな絶滅イベントとして知られているCenomanian/Turonian境界が存在することから,今後はこれらの生物量の概算と当時の古環境の変遷についての研究を展開する.

現世海洋におけるTEX86の年変動動態の解明と瀬戸内海の海水温温暖化記録の解析

2010年度

研究成果概要: 本研究は,遠洋の海底堆積物中に保存され,外洋の海洋表層の古水温代理指標として利用可能なTEX86(TEtraether indeX of 86 carbon atoms)古水温計を,より生物量も多く,環境の変化が激しい浅海域にも... 本研究は,遠洋の海底堆積物中に保存され,外洋の海洋表層の古水温代理指標として利用可能なTEX86(TEtraether indeX of 86 carbon atoms)古水温計を,より生物量も多く,環境の変化が激しい浅海域にも適用することを目的としている.TEX86は,海洋中に生息する古細菌の細胞膜の膜脂質の分子構造が,その生息水温に応じて変化することを利用した古水温指標であるが,浅海域においては,未だに野外での実際の観測,適用例がない.そこで,本研究では,浅海の基礎的物理情報を得ることを主眼に,現場観測を主に行った. 具体的な研究対象には,本邦の閉鎖性浅海域である瀬戸内海の別府湾を設定し,平成22年4月,6月,7月,9月,11月,および平成23年3月の計6回の海洋観測を実施した.これらの観測から,別府湾では,冬から春にかけて水塊の鉛直混合が活発になり,水温,塩分,および溶存酸素濃度などが海洋表層から海底までほぼ一定の値をとることが判明した.また,観測した各月の水柱中の各深度から採取した海水試料の分析から,水柱中のクロロフィルa濃度は3月に極大となることがわかった. 一方,夏から秋にかけては,表層水の温度が上昇することにより,水柱中に明瞭な温度躍層が発達し,表~中層水に対して底層水が隔離される現象が観測された.また,底層水が隔離されることに伴い,海底の有機物の酸化により底層水中の溶存酸素が消費され,底層水が無酸素状態になることが明らかになった.さらに,この温度躍層では,極めて高い濁度が観測され,底層の還元水塊から溶出した元素が酸化されることにより,多量の粒子形成が起きていると推測される. 本研究により,瀬戸内海・別府湾の水塊構造の季節変動が明らかになった.今後は現場海水のTEX86分析を行い,本研究による観測結果と対比することで,浅海域でのTEX86古水温計の確立を目指す.

Nd同位体比による温室時代の海洋循環:表層水記録から失われた深層水記録を読み解く

2011年度

研究成果概要:本研究では,北海道に分布する白亜系から得られる魚歯化石のネオジム同位体比 (143Nd/144Nd)記録の変動史を解析する.これにより,白亜紀に唯一の大洋であったにもかかわらす...本研究では,北海道に分布する白亜系から得られる魚歯化石のネオジム同位体比 (143Nd/144Nd)記録の変動史を解析する.これにより,白亜紀に唯一の大洋であったにもかかわらず,未だに海洋の熱塩循環の詳細については明らかになっていない南北太平洋における海洋表層循環系の変遷を明らかにする.また,白亜紀中期までの太平洋には,汎世界的な分布を持つ海棲動物が分布していたにもかかわらず,白亜紀後期には北太平洋域に独自の海棲動物区が成立することから,この間に海洋 循環の大変革があったと推測できる,そこで,特にこの海棲動物区の変革が起きるおよそ 8千 5百万年前 に着目し,白亜紀の海洋循環の変革と当時の生物多様性変動の関係の解明を最終目標とする.本年度は北海道に分布する蝦夷層群のなかでも,チューロニアン期~カンパニアン期(約9000万年前~8000万年前)を対象として予察的な解析を行った.蝦夷層群から泥質堆積物試料を採取し,それらを分解・洗浄した後,その残渣から有孔虫化石や魚歯化石を抽出した.泥質堆積物は約30地点(30層準)から採取し,大局的な層位学的な変化を追跡することを目的とした.採取された魚歯化石は,フランス,ブルゴーニュ大学のPucéat博士と共同で,ブルゴーニュ大学において分析した.解析の結果,チューロニアン期~コニアシアン期の後期(約9000万年前~8700万年前)においては,Nd同位体比はやや高い値を示すのに対し,コニアシアン期後期からカンパニアン期にかけてはNd同位体比が低くなることが明らかになった.今回の分析に用いた魚歯化石は水柱中の中~底層付近に棲息するグループであるが,試料を採取した地点の古水深は400m以浅と考えられることから,得られたNd同位体比は,白亜紀の北西太平洋の水柱における亜表層~上部中層の情報を示していると考えられる.すなわち,本研究から,白亜紀後期の北西太平洋の海洋表層~亜表層水のソースの転換が起きていたことが推測される.

瀬戸内海での水柱有機物の三位一体解析による古水温代理指標の構築と温暖化記録の解析

2011年度

研究成果概要:TEX86は,海洋性古細菌であるCrenarchaeotaの膜脂質中の五員環数の変化に基づく古水温代理指標で,最近約10年間で活発に用いられるようになった(Schouten et al., 2002 and others).この代...TEX86は,海洋性古細菌であるCrenarchaeotaの膜脂質中の五員環数の変化に基づく古水温代理指標で,最近約10年間で活発に用いられるようになった(Schouten et al., 2002 and others).この代理指標は,元来,外洋域の海底表層堆積物のTEX86値と,その場の表層海水温の年平均値との相関関係から導かれた経験式に基づくものであるが(Kim et al., 2008; 2010),海洋性古細菌の培養実験からも,膜脂質中の五員環数と培養水温との間に相関関係が確認されている(Wuchter et al., 2004; Schouten et al, 2007).現世の外洋域における水柱中の粒子状有機物の分析から,海底表層に堆積する古細菌の膜脂質は水深約100mで生合成されたものと考えられている(Wuchter et al., 2005).また,実際に堆積物を用いた古水温推定の際に用いられる,堆積物中の古細菌膜脂質中のイソプレノイド骨格の分子組成は,堆積後も保存され得ることが示唆されている(Takano et al, 2010).しかし,この古水温指標は,これまで外洋域を対象として提唱・使用されてきた指標であり,生物量も豊富で地球温暖化に伴う環境改変の影響を著しく受けると予想される浅海域については研究の対象となってこなかった.TEX86は,海洋性古細菌であるCrenarchaeotaの膜脂質中の五員環数の変化に基づく古水温代理指標で,最近約10年間で活発に用いられるようになった(Schouten et al., 2002 and others).この代理指標は,元来,外洋域の海底表層堆積物のTEX86値と,その場の表層海水温の年平均値との相関関係から導かれた経験式に基づくものであるが(Kim et al., 2008; 2010),海洋性古細菌の培養実験からも,膜脂質中の五員環数と培養水温との間に相関関係が確認されている(Wuchter et al., 2004; Schouten et al, 2007).現世の外洋域における水柱中の粒子状有機物の分析から,海底表層に堆積する古細菌の膜脂質は水深約100mで生合成されたものと考えられている(Wuchter et al., 2005).また,実際に堆積物を用いた古水温推定の際に用いられる,堆積物中の古細菌膜脂質中のイソプレノイド骨格の分子組成は,堆積後も保存され得ることが示唆されている(Takano et al, 2010).しかし,この古水温指標は,これまで外洋域を対象として提唱・使用されてきた指標であり,生物量も豊富で地球温暖化に伴う環境改変の影響を著しく受けると予想される浅海域については研究の対象となってこなかった.

地球温暖化将来予測にむけた始新世/漸新世境界における海洋表層・底層水温変動の解析

2015年度

研究成果概要: 本研究では,古第三紀始新世/漸新世境界(EOT)において,カナダ・ニューファンドランド島沖の深海底堆積物から産出した浮遊性有孔虫化石の炭素・酸素同位体比分析を行い,南極氷床の最初の形成時における海洋環境変動の記録を解析した.酸素... 本研究では,古第三紀始新世/漸新世境界(EOT)において,カナダ・ニューファンドランド島沖の深海底堆積物から産出した浮遊性有孔虫化石の炭素・酸素同位体比分析を行い,南極氷床の最初の形成時における海洋環境変動の記録を解析した.酸素同位体比には,EOTの前後において約1.5 ‰の増加が認められ,これは,太平洋におけるこれまでの研究で明らかになっている変化量と同等であった.一方,炭素同位体比についてはETOの前後で約1.0 ‰程度の変化は認められるものの,変動パターンは太平洋とは大きく異なることが明らかになった.

気候ジャンプ時における大陸氷床形成動態と海水温の季節変動幅の超高時間解像度解析

2015年度

研究成果概要: 本研究では,古第三紀始新世/漸新世境界(EOT)において,カナダ・ニューファンドランド島沖の深海底堆積物から産出した浮遊性有孔虫化石の炭素・酸素同位体比分析を行い,南極氷床の最初の形成時における海洋環境変動の記録を解析した.酸素... 本研究では,古第三紀始新世/漸新世境界(EOT)において,カナダ・ニューファンドランド島沖の深海底堆積物から産出した浮遊性有孔虫化石の炭素・酸素同位体比分析を行い,南極氷床の最初の形成時における海洋環境変動の記録を解析した.酸素同位体比の変動パターンから推測される海水温の季節的な変動幅には,周期的な変動が認められ,始新世よりも漸新世でその変動幅が大きいことが示された.

古水温の季節変動幅,化石有孔虫の個体群動態の解析に向けた個体別同位体測定法の評価

2015年度

研究成果概要: 海洋の混合層中に生息する浮遊性有孔虫は,多くの種が月齢周期で繁殖を行うことが知られている.浮遊性有孔虫は,炭酸カルシウムの殻体を形成しながら成長することから,理論的には,その殻体には,約1ヶ月間の海洋環境が記録されることとなる.... 海洋の混合層中に生息する浮遊性有孔虫は,多くの種が月齢周期で繁殖を行うことが知られている.浮遊性有孔虫は,炭酸カルシウムの殻体を形成しながら成長することから,理論的には,その殻体には,約1ヶ月間の海洋環境が記録されることとなる.しかし,この仮説の検証は未だに行われていない.そこで,相模湾で採取された現生浮遊性有孔虫殻体の炭素・酸素同位体比を1個体毎に分析し,現場の海水温,海水の酸素同位体比,海水中の全炭酸の炭素同位体比と比較することで,有孔虫殻体に記録される海洋環境の再現性を検証した.その結果,混合層に生息する浮遊性有孔虫からは,現場の海洋環境をよく反映した記録を得ることができた.

古水温の季節変動幅,化石有孔虫の個体群動態の解析に向けた個体別同位体測定法の評価

2017年度

研究成果概要: 本研究では,現生浮遊性有孔虫殻体の1個体ごとの炭素・酸素同位体比(δ13C・δ18O)分析から,海水温の季節変動幅,各種の有孔虫の個体群動態,各種の詳細な生息水深を再現する解析手法を開発し,浮遊性有孔虫化石群に適用するための新指... 本研究では,現生浮遊性有孔虫殻体の1個体ごとの炭素・酸素同位体比(δ13C・δ18O)分析から,海水温の季節変動幅,各種の有孔虫の個体群動態,各種の詳細な生息水深を再現する解析手法を開発し,浮遊性有孔虫化石群に適用するための新指標の確立を目的とした.2017年10月に,真鶴湾においてプランクトンネットを用いた浮遊性生物の採集を行い,現生浮遊性有孔虫を採取した.同時に,それらの遺骸殻が堆積している海底の柱状コア堆積物も採取し,含まれている浮遊性有孔虫化石を抽出した.これらの現生浮遊性有孔虫の殻体のδ13C・δ18O分析を行うことにより,殻体に残される海水温記録の解読を行う.

殻体の酸素同位体比分析を用いたアンモナイト類の幼生生態の解明

2009年度

研究成果概要:本研究では,白亜紀の海洋中できわめて多様に反映していた頭足類の幼期の生態を明らかにするために,炭酸カルシウム殻体の酸素同位体比分析を行い,個体の成長に伴う生息水深の変化を議論した.本研究では当初,アンモナイト類を主な対象として研究...本研究では,白亜紀の海洋中できわめて多様に反映していた頭足類の幼期の生態を明らかにするために,炭酸カルシウム殻体の酸素同位体比分析を行い,個体の成長に伴う生息水深の変化を議論した.本研究では当初,アンモナイト類を主な対象として研究を行うことを予定していたが,きわめて保存良好でこれまでの産出報告例も少ないオウムガイ類の殻体を用いることが可能になったことから,主としてこのオウムガイ類の殻体分析を行った.分析には,アメリカ・テネシー州・マクネアリー郡に分布する白亜系カンパニアン階~マーストリヒチアン階(Repley Formation)から産出した,現生のオウムガイ類と同じオウムガイ科(Nautilidae)に属する,Eutrephoceras dekayiのきわめて保存良好な個体を用いた.試料を採取した地点は,白亜紀のWestern Interior Basinの一部に相当し,大陸海上の浅海域であったと考えられる.分析に用いた個体は,直径約5 cmの若年期の個体である.測定には真珠層のみを用い,炭酸塩試料は成長後期(adoral)から成長初期(adapical)に向けて,マイクロドリル(直径300 μm)を用いて約1 mm間隔で切削した.また,分析に用いた標本と同時に産出した浮遊性有孔虫Rugoglobigerina rugosaについても酸素同位体比分析をおこなった.浮遊性有孔虫の酸素同位体比分析から算出された古海水温は,約28 ℃であった.E. dekayiの酸素同位体比分析から得られた殻体形成水温は,およそ16 ℃で,分析した区間を通じてほぼ一定であった.本研究で明らかになったE. dekayiの殻体形成水温が約16 ℃で,浮遊性有孔虫から得られた当時の海洋の表層付近の海水温が約28 ℃であったことを考慮すると,E. dekayiはほぼ海底付近に生息していたと考えることができる.

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
地質学入門-地球の歴史教育学部2019秋学期
地史学実験I教育学部2019春学期
地史学実験II教育学部2019秋学期
地球科学演習教育学部2019春学期
地球科学実習教育学部2019夏季集中
進化古生物学基礎演習教育学部2019秋学期
進化古生物学演習教育学部2019通年
古生物学I教育学部2019春学期
古生物学II教育学部2019秋学期
地質調査実習教育学部2019通年
修士論文(地球資源)大学院創造理工学研究科2019通年
進化古生物学研究大学院創造理工学研究科2019通年
進化古生物学特論大学院創造理工学研究科2019春学期
進化古生物学演習A大学院創造理工学研究科2019春学期
進化古生物学演習B大学院創造理工学研究科2019秋学期
進化古生物学演習C大学院創造理工学研究科2019春学期
進化古生物学演習D大学院創造理工学研究科2019秋学期
進化古生物学研究大学院創造理工学研究科2019通年
地質学特別演習大学院創造理工学研究科2019通年