氏名

ウエダ コウゾウ

上田 晃三

職名

教授 (https://researchmap.jp/7000004949/)

所属

(政治経済学部)

連絡先

URL等

WebページURL

https://sites.google.com/site/kozoueda/

研究者番号
30708558

本属以外の学内所属

兼担

政治経済学術院(大学院経済学研究科)

社会科学総合学術院(大学院社会科学研究科)

学歴・学位

学位

博士 オックスフォード大学

論文

Aging and Deflation from a Fiscal Perspective

Katagiri, Mitsuru, Hideki Konishi, and Kozo Ueda

Journal of Monetary Economicsforthcoming2019年-

DOI

(A)symmetric Information Bubbles: Experimental Evidence

Yasushi Asako, Yukihiko Funaki, Kozo Ueda, and Nobuyuki Uto

Journal of Economic Dynamics and Control2019年-

DOI

Product Turnover and the Cost of Living Index: Quality vs. Fashion Effects

American Economic Journal: Macroeconomics11(2)p.310 - 3472019年-

DOI

Strategic Central Bank Communication: Discourse Analysis of the Bank of Japan's Monthly Report

Kawamura, Kohei, Yohei Kobashi, Masato Shizume, and Kozo Ueda

Journal of Economic Dynamics and Control100p.230 - 2502019年-

DOI

Short- and Long-Run Tradeoff of Monetary Easing

Koki Oikawa and Kozo Ueda

Journal of the Japanese and International Economies52p.189 - 2002019年-

DOI

The Optimal Inflation Rate under Schumpeterian Growth

Oikawa, Koki, and Kozo Ueda

Journal of Monetary Economics100p.114 - 1252018年-

DOI

Retailer Market Concentration, Buyer-size Discounts, and Inflation Dynamics

Japanese Economic Review査読有り69(1)p.101 - 1272018年-

DOI

Working Less and Bargain Hunting More: Macro Implications of Sales during Japan’s Lost Decades

Sudo, Nao, Kozo Ueda, Kota Watanabe, and Tsutomu Watanabe,

Journal of Money, Credit and Banking50(2-3)p.449 - 4782018年-

DOI

CHAINED CREDIT CONTRACTS AND FINANCIAL ACCELERATORS

Hirakata, Naohisa; Sudo, Nao; Ueda, Kozo

Economic Inquiry55(1)p.565 - 5792017年-

DOIScopus

詳細

ISSN:00952583

概要:© 2016 Western Economic Association InternationalSufficiently high net worth of financial intermediaries (FIs) is considered a necessary condition for financial and macroeconomic stability. In this paper, we explore why the net worth of FIs is important as compared to that of nonfinancial firms using a dynamic general equilibrium model, in which both FIs and nonfinancial firms rely on costly external debt. We find that an exogenous disruption of the FIs' net worth has a greater aggregate impact than does the same-sized disruption of the nonfinancial firms' net worth. The key reason is that the net worth of the FIs in the United States is small. (JEL E22, E44, G21).

Japan's financial crises and lost decades

Hirakata, Naohisa; Sudo, Nao; Takei, Ikuo; Ueda, Kozo

Japan and the World Economy40p.31 - 462016年-

DOIScopus

詳細

ISSN:09221425

概要:© 2016In this paper, we explore the role of financial intermediation malfunction in macroeconomic fluctuations in Japan. To this end we estimate, using Japanese data, a financial accelerator model in which the balance sheet conditions of entrepreneurs in a goods-producing sector and those of a financial intermediary affect macroeconomic activity. We find that shocks to the balance sheets of the two sectors have been quantitatively playing important role in macroeconomic fluctuations by affecting lending rates and aggregate investments. Their impacts are prominent in particular during financial crises. Shocks to the entrepreneurs’ balance sheets have played a key role in lowering investment in the bubble burst during the early 1990s and in the global financial crisis during the late 2000s. Shocks to the financial intermediaries’ balance sheets have persistently lowered investment throughout the 1990s.

Policy regime change against chronic deflation? Policy option under a long-term liquidity trap

Fujiwara, Ippei; Fujiwara, Ippei; Fujiwara, Ippei; Nakazono, Yoshiyuki; Ueda, Kozo

Journal of the Japanese and International Economies37p.59 - 812015年-

DOIScopus

詳細

ISSN:08891583

概要:© 2015 Elsevier Inc. The policy package known as Abenomics appears to have influenced the Japanese economy drastically, in particular, in the financial markets. In this paper, focusing on the aggressive monetary easing of Abenomics, the first arrow, we evaluate its role in guiding public perceptions on monetary policy stance through the management of expectations. In order to end chronic deflation, such as that which Japan has been suffering over the last two decades, policy regime change must be perceived by economic agents. Analysis using the QUICK survey system (QSS) monthly survey data shows that monetary policy reaction to inflation rates has been in a declining trend since the mid 2000s, implying intensified forward guidance well before Abenomics. However, Japan seems to have moved closer to a long-term liquidity trap, where even long-term bond yields are constrained by the zero lower bound. Consequently, no sizable difference in perceptions has been found before and after the introduction of Abenomics. Estimated changes in perceptions are not abrupt enough to satisfy "Sargent's (1982) criteria for regime change" termed by Eggertsson (2008). This poses a serious challenge to central banks: what is an effective policy option left under the long-term liquidity trap?

Micro Price Dynamics under Japan's Lost Decades

Asian Economic Policy Review9(1)p.44 - 642014年-

DOI

The Boy Who Cried Bubble: Public Warnings against Riding Bubbles

Economic Inquiry52(3)p.1137 - 11522014年-

DOI

The Fiscal Multiplier and Spillover in a Global Liquidity Trap

Journal of Economic Dynamics and Control37(7)p.1264 - 12832013年-

DOI

Capital Injection, Monetary Policy, and Financial Accelerators

International Journal of Central Banking9(2)p.101 - 1452013年-

Policy Commitment and Market Expectations: Lessons Learned from Survey Based Evidence under Japan's Quantitative Easing Policy

Japan and the World Economy25-26p.102 - 1132013年-

DOI

Banking Globalization and International Business Cycles: Cross-Border Chained Credit Contracts and Financial Accelerators

Journal of International Economics86(1)p.1 - 162012年-

DOI

Do Banking Shocks Matter for the U.S. Economy?

Journal of Economic Dynamics and Control35(12)p.2042 - 20632011年-

DOI

Determinants of Households' Inflation Expectations in Japan and the United States

Journal of the Japanese and International Economies24(4)p.503 - 5182010年-

DOI

Central Bank Communication and Multiple Equilibria

International Journal of Central Banking6(3)p.145 - 1672010年-

Estimating a Dynamic Stochastic General Equilibrium Model for Japan

Journal of the Japanese and International Economies22(4)p.476 - 5022008年-

DOI

Eliminating a Deflationary Trap through Superinertial Interest Rate Rules

Economics Letters100(1)p.119 - 1222008年-

DOI

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

対話型中央銀行制度の設計

2018年-0月-2023年-0月

配分額:¥187850000

研究種別:

対話型中央銀行制度の設計

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥42770000

研究種別:

少子高齢化下での財政政策と物価・金融政策への影響

2014年-0月-2018年-0月

配分額:¥3770000

研究種別:

低金利・少子高齢化下での財政政策と物価への影響

2013年-0月-2015年-0月

配分額:¥2600000

研究種別:

デフレ下における、財の新陳代謝と企業の価格設定行動(国際共同研究強化)

配分額:¥14950000

研究種別:

名目金利のゼロ制約、および、行動経済学要素を取り込んだ非線形マクロモデルの推計

2019年-0月-2024年-0月

配分額:¥17030000

学内研究制度

特定課題研究

低金利・少子高齢化下での財政政策と物価への影響

2013年度

研究成果概要:本研究では、失われた10年(20年)の背景について、「物価水準の財政理論(Fiscal Theory of Price Level、以下FTPL)」を基礎として、人口動態と財政政策に着目しながら、一つの視座を提供する。FTPLは、...本研究では、失われた10年(20年)の背景について、「物価水準の財政理論(Fiscal Theory of Price Level、以下FTPL)」を基礎として、人口動態と財政政策に着目しながら、一つの視座を提供する。FTPLは、Sargent and Wallace (1981), Leeper (1991), Sims (1994), and Woodford (1995)らによって発展してきた理論であり、金融政策ではなく、財政政策が物価水準を決定するメカニズムを明らかにする。例えば、財政赤字の拡大は物価水準を上昇させる。これは、財政赤字の拡大によって、家計にかかる税負担が減ることで、富効果によって家計消費が増加し、物価水準が上昇するからである。 FTPLを用いることで、本研究では、財政政策が物価に与える影響について理論的に分析し、わが国経済についての含意を考察する。同理論は、金融政策をパッシブと捉える点で、名目金利のゼロ制約に直面したわが国経済の現況と整合的である。具体的には、わが国経済をより良く捉えるモデルを構築するため、FTPLを以下の2点で改良する。第1に、世代重複モデルに変更する。これまでの研究は無期限期間モデルを用いることが多い中、本研究では、若年・老年世代を明示的に分け、人口動態が財政政策や物価に与える影響を考察するために、FTPLを世代重複モデルに応用する。第2の改良は、財政政策の内生化である。政治経済学的手法を用いて、政府は、若年と老年世代の効用の和を最大化するように、税金と国債発行額を内生的に決定するとする。この際、政府は、自身の政策が物価に与える影響も考慮に入れる。一方、政府支出は外生とする。 こうした改良を施すことで、「少子高齢化が財政政策を通じてデフレを生む」という結果を導いた。少子高齢化が進むと、老年世代の割合が大きくなるため、彼らが政府に与える影響も相対的に大きくなる。老年世代は、自身が若年の時に購入した国債の実質価値を増大させるために、物価下落を選好する。したがって、政府は若年世代に課す税金を増やすような政策を選択し、デフレが生じることになる。こうした結論は、財政赤字がインフレを生むという、標準的なFTPLから得られる結論とは対照的である。

少子高齢化下での財政政策と物価・金融政策への影響

2016年度

研究成果概要:本研究では、低金利・少子高齢化のもとでの財政政策とその物価、金融政策への影響について明らかにすることを目的とする。この目的のため、物価水準の財政理論(Fiscal Theory of Price Level)を基礎としたモデルを世...本研究では、低金利・少子高齢化のもとでの財政政策とその物価、金融政策への影響について明らかにすることを目的とする。この目的のため、物価水準の財政理論(Fiscal Theory of Price Level)を基礎としたモデルを世代重複モデルの利用および財政政策の内生化という2点で改良した。昨年度、これまで作成してきた論文を改定し外部査読誌に投稿したが、本年度も依然としてその結果を待つ状態にある。こうした中、一橋大学での学内セミナー、および、一橋大学が主催した政策フォーラムで報告した。

少子高齢化下での財政政策と物価・金融政策への影響

2014年度

研究成果概要:本研究では、少子高齢化のもとでの財政政策と物価・金融政策への影響について明らかにすることを目的とする。今年度は、まず、これまでの分析を大幅に改良した。読みやすさをはかるために、論文の構成を抜本的に見直したほか、現実のデータ、特に過...本研究では、少子高齢化のもとでの財政政策と物価・金融政策への影響について明らかにすることを目的とする。今年度は、まず、これまでの分析を大幅に改良した。読みやすさをはかるために、論文の構成を抜本的に見直したほか、現実のデータ、特に過去40年の人口動態と各時点での予測値や、世代別投票参加率に関するデータなどを収集し、それに基づき、人口動態変化の物価・財政への影響をシミュレーションした。

少子高齢化下での財政政策と物価・金融政策への影響

2015年度

研究成果概要:本研究では、低金利・少子高齢化のもとでの財政政策とその物価、金融政策への影響について明らかにすることを目的とする。この目的のため、物価水準の財政理論(Fiscal Theory of Price Level)を基礎としたモデルを世...本研究では、低金利・少子高齢化のもとでの財政政策とその物価、金融政策への影響について明らかにすることを目的とする。この目的のため、物価水準の財政理論(Fiscal Theory of Price Level)を基礎としたモデルを世代重複モデルの利用および財政政策の内生化という2点で改良した。本年度は、これまでの論文を改定した後、外部査読誌に投稿した。同時にドイツなどでの学会で報告した。本論文は、2015年5月、英国の雑誌「Economist」にも紹介された。

プロダクトサイクルと長期デフレ

2017年度

研究成果概要: 本研究では、わが国経済が長期のデフレ状態から脱し持続的な成長パスに復するための処方箋を得ることを最終的な目標とする。この目的のため、具体的には、(1)理論・実証の双方から、(2)財の新陳代謝(入れ替え)と企業の価格設定行動を考慮... 本研究では、わが国経済が長期のデフレ状態から脱し持続的な成長パスに復するための処方箋を得ることを最終的な目標とする。この目的のため、具体的には、(1)理論・実証の双方から、(2)財の新陳代謝(入れ替え)と企業の価格設定行動を考慮した分析を行う。 財の頻繁な新陳代謝は、わが国のデフレ、及び、企業の価格設定行動にどのような含意をもつのだろうか。新陳代謝を考慮すると、望ましい金融政策はどのように規定されるのか。実証と理論の双方のアプローチで、これらの問いに答えるのが本研究の狙いである。 本年度中の成果として、2つの研究を同時に進めた。第1に、財の頻繁な新陳代謝について、小売店のスキャナーデータを用いた分析を進めた。第2に、財の新陳代謝が企業の規模の成長や縮小につながるメカニズムを考慮した理論モデルを構築した。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
理論経済学研究指導A(上田晃三)大学院経済学研究科2019春学期
理論経済学研究指導B(上田晃三)大学院経済学研究科2019秋学期