氏名

アキヤマ ケイ

秋山 圭

職名

講師(任期付)

所属

(スポーツ科学部)

プロフィール

専門分野:アスレティックトレーニング,ストレングス&コンディショニング,パフォーマンス分析,測定評価

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
k-akiyama@aoni.waseda.jp

学歴・学位

学歴

2005年04月-2009年03月 早稲田大学 スポーツ科学部 スポーツ医科学科
2009年04月-2011年03月 早稲田大学 スポーツ科学研究科 修士課程
2012年04月-2015年03月 早稲田大学 スポーツ科学研究科 博士後期課程

学位

博士(スポーツ科学)

経歴

2011年-2014年日本スポーツ振興センター国立スポーツ科学センタースポーツ科学研究部測定技術者
2014年-2016年日本スポーツ振興センター国立スポーツ科学センタースポーツ科学研究部契約研究員
2016年-2019年日本体育大学ハイパフォーマンスセンター助教

所属学協会

日本臨床スポーツ医学会

日本アスレティックトレーニング学会

日本靴医学会

日本体育学会

全日本鍼灸学会

委員歴・役員歴(学外)

2018年-公益財団法人 日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学)
2018年-公益財団法人 日本スケート連盟 スピードスケート科学スタッフ・ストレングス&コンディショニングコーチ

論文

The relation between physical qualities and activity profiles in men’s lacrosse players

K Akiyama, T Sasaki, M Mashiko.

Gazzetta Medica Italianain press

運動再開に向けて指導者が注意すべきこと : 理論編

細川 由梨, 阿久澤 弘, 秋山 圭

コーチング・クリニック34(7)p.45 - 472020年07月-

The effect of pads on foot morphology in athletes with medial tibial stress syndrome.

K Akiyama

Journal of back and musculoskeletal rehabilitation33(3)p.495 - 4992020年05月-

The relationship between shot velocity and physical characteristics of lacrosse players.

K Akiyama, D Yamamoto

The Journal of sports medicine and physical fitness59(9)p.1472 - 14782019年09月-

Elite Male Lacrosse Players' Match Activity Profile.

K Akiyama, T Sasaki, M Mashiko.

Journal of sports science & medicine18(2)p.290 - 2942019年06月-

フィットネスチェックから球技系スポーツ選手の試合中における走能力を推定する

秋山圭

日本体育大学体育研究所雑誌42p.36 - 372018年03月-

日本体育大学NASSパフォーマンス分析サポートに関する取り組み

秋山圭, 富永梨沙子, 菊池直樹, 大石健二, 大本洋嗣

日本体育大学体育研究所雑誌41p.11 - 152017年03月-

パフォーマンス分析サポート フィットネスチェックサポート

秋山圭, 富永梨沙子, 菊池直樹, 大石健二, 大本洋嗣

日本体育大学体育研究所雑誌42p.24 - 262017年03月-

Shear Modulus of the Lower Leg Muscles in Patients with Medial Tibial Stress Syndrome

Kei Akiyama, Ryota Akagi, Kuniaki Hirayama, Norikazu Hirose, Hideyuki Takahashi, Toru Fukubayshi

Ultrasound in Medicine & Biology42(8)p.1779 - 17832016年08月-

一流ジュニアアスリートにおける足部形態の縦断変化に関するパイロットスタディ

秋山圭

靴の医学29(2)p.58 - 622016年03月-

Analysis of the talocrural and subtalar joint motions in patients with medial tibial stress syndrome

Kei Akiyama, Byungjoo Noh, Mako Fukano, Shumpei Miyakawa, Norikazu Hirose, Toru Fukubayashi

Journal of Foot and Ankle Research2015年07月-

Structural deformation of longitudinal arches during running in soccer players with medial tibial stress syndrome

Byungjoo Noh, Akihiko Masunari, Kei Akiyama, Mako Fukano, Toru Fukubayashi, Shumpei Miyakawa

European Journal of Sport Science15(2)p.173 - 1812015年02月-

脛骨内側ストレス症候群を有した選手における足部の特徴

秋山圭, 広瀬統一, 福林徹

日本臨床スポーツ医学会誌23(1)p.25 - 322015年01月-

ランニングシューズのタイプの相違が踵からの着地動作における踵部脂肪体厚に及ぼす影響

秋山圭, 深野真子, 福林徹

Journal of Training Science for Exercise and Sport25(4)p.277 - 2822014年10月-

Muscle Hardness Of Lower Leg In Subjects With Medial Tibial Stress Syndrome

Kei Akiyama, Ryota Akagi, Kuniaki Hirayama, Hideyuki Takahashi, Yuichi Hirano

Medicine and Science in Sports and Exercise46(5)p.2052014年05月-

シューズ着用および裸足条件におけるランニング動作中の距腿関節および距骨下関節の運動解析

秋山圭, 深野真子, 福林徹

靴の医学27(2)p.59 - 642014年03月-

片脚着地時における踵部脂肪体厚変化

秋山圭, 深野真子, 福林徹

日本臨床スポーツ医学会誌21(3)p.664 - 6692013年08月-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:若手研究(B)

シンスプリントに有効な足底板データの構築

2017年-2020年

研究分野:スポーツ科学

研究資金の受入れ状況

提供機関:NSCAジャパン制度名:ストレングス&コンディショニング研究助成

フィットネスチェックからラクロス選手の試合中における走能力を推定する2016年07月-

提供機関:NSCAジャパン制度名:ストレングス&コンディショニング研究助成

高校生脛骨内側ストレス症候群に対する傷害予防トレーニングが足関節筋力に及ぼす影響2015年07月-

学内研究制度

特定課題研究

ラクロス選手における体力テストと試合中の走能力の関係

2019年度

研究成果概要:BACKGROUND: This study was designed toquantify the relationship between the relation between physical tests and gam...BACKGROUND: This study was designed toquantify the relationship between the relation between physical tests and gameactivity.METHODS: we measured physical ability (20m dash, 50 m dash, proagility shuttle, 12 minutes test, agility T-test). Then,we investigated the activity profiles of 24 men’s lacrosse players [attack(AT): 5, midfield (MD): 13, defense (DF): 6] using a global positioning system(GPS) and a player acceleration apparatus to determine their movement andphysiological load.RESULTS: The study revealed that in 13matches (n = 302), top speed was significantly correlated with the 20 m dash,the 50 m dash, and the proagility shuttle (statistical significance: 0.05%).Distance, walk distance, and jog distance for the AT and DF groups weresignificantly greater than those of the MD group, but the MD group’s top speedand sprint distance were the highest. Multiple-comparison tests showed that topspeed, run distance, and sprint distance in the third and fourth quarters weresignificantly smaller than in the first quarter.CONCLUSIONS: The development of physicalqualities likely helps improve the in-game performance of lacrosse players.Particularly, an intermittent method congruent with exercise patterns in actualcompetitions should be used in training, and this study is useful in developingtraining programs for game tactics according to positional characteristics.

男子ラクロスにおいて役割の異なる 2 つの MF ポジションの運動負荷の違い

2020年度

研究成果概要:本研究はラクロス選手のMFのポジションを役割の違いで2つに分けた(フルフィールドミッドフィルダー:FFMFとハーフミッドフィルダー:HMF)際に出場時間や運動負荷に差が見られるか検討を行った.対象者は男子ラクロス日本代表に選ばれた...本研究はラクロス選手のMFのポジションを役割の違いで2つに分けた(フルフィールドミッドフィルダー:FFMFとハーフミッドフィルダー:HMF)際に出場時間や運動負荷に差が見られるか検討を行った.対象者は男子ラクロス日本代表に選ばれた32人のMFのラクロス選手(HMF:19人,FFMF:13人)を対象として実験を行った.データは5試合の国際試合に関して,心拍計・加速度計が同期されているGPS装置を各選手の胸部に装着して取得した. 分析項目は心拍数,出場時間,休息時間,最高速度,スピード区間毎の走行距離(歩行(0–7.19 km/h), ジョギング(7.2–14.39 km/h), ランニング(14.4–21.59 km/h), スプリント(≧21.6 km/h)),加速度のゾーン毎の発揮回数(低強度 (0–1.99 m/s2)の加速度と減速度の回数, 中強度 (2.0–3.99 m/s2) の加速度と減速度の回数, 高強度 (≧4.0 m/s2) の加速度と減速度の回数)とした.結果は1play当たりと総playの出場時間において,HMFはFFMFに比べて有意に少なかった.総playの走行距離と出場回数において,HMFはFFMFに比べて有意に少なかった.総playの加速度の回数において低強度の加・減速度,中強度の加・減速度,高強度の加・減速度の回数において,HMFはFFMFに比べて有意に少なかった.以上より, HMFに必要な試合中のコンディショニングレベルはFFMFに比べて低回数のハイパワー発揮能力が必要であることが明らかとなった.

シンスプリントに有効な足底板データの構築

2020年度

研究成果概要:本研究は脛骨内側ストレス症候群(以下,MTSS)を有した選手を対象とし、インソールによる静止立位時における足部形態の変化について検討することを目的とした。MTSS群患者20名および健常者20名を対象とし、静止立位時の3次元足部形態...本研究は脛骨内側ストレス症候群(以下,MTSS)を有した選手を対象とし、インソールによる静止立位時における足部形態の変化について検討することを目的とした。MTSS群患者20名および健常者20名を対象とし、静止立位時の3次元足部形態計測を行った。解析の結果、MTSS群においてno supportに比べてsupportはThumb side angle, Calcaneal angle, archheight, arch height ratioに有意差が生じた。健常群においてnosupportに比べてsupportはarch heightに有意差が生じた。さらにMTSS群と健常群の間でThumb side angle, Calcaneal angle, arch height ratioに有意差が生じた.本研究によって足底板による脛骨内側ストレス症候群患者の足部形態の変化を客観的に抽出することが可能となった。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
スポーツ教養演習I 07スポーツ科学部2021春学期
スポーツ教養演習II 07スポーツ科学部2021秋学期
スポーツ英語D:文献(トレーナー) 04スポーツ科学部2021秋学期
情報処理 03スポーツ科学部2021春学期
情報処理 14スポーツ科学部2021秋学期
論文作成技法 03大学院スポーツ科学研究科2021春学期
スポーツ科学演習 07大学院スポーツ科学研究科2021春学期

社会貢献活動

公益財団法人埼玉県スポ ーツ協会アスリートサポート

2020年10月-

一般社団法人日本ラクロス協会 男子 ユース フィジカルコーチ

2020年04月-

早稲田大学ラクロス部男子 フィジカルコーチ

2020年-

ISUワールドカップ スピードスケート競技会 長野大会

2019年11月-

東京都トップアスリート発掘・育成事業

2019年-

主催者・媒体名:東京都体育協会

ISUワールドカップ スピードスケート競技会 帯広大会

2018年11月-

第13回FILラクロス男子世界選手権大会

2018年07月-

場所・掲載箇所:ネタニヤ・イスラエル