氏名

アキヤマ ケイ

秋山 圭

職名

助教

所属

(スポーツ科学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
k-akiyama@aoni.waseda.jp

学歴・学位

学歴

2005年04月-2009年03月 早稲田大学 スポーツ科学部 スポーツ医科学科
2009年04月-2011年03月 早稲田大学 スポーツ科学研究科 修士課程
2012年04月-2015年03月 早稲田大学 スポーツ科学研究科 博士後期課程

学位

博士(スポーツ科学)

経歴

2011年-2014年日本スポーツ振興センター国立スポーツ科学センタースポーツ科学研究部測定技術者
2014年-2016年日本スポーツ振興センター国立スポーツ科学センタースポーツ科学研究部契約研究員
2016年-2019年日本体育大学ハイパフォーマンスセンター助教

所属学協会

日本臨床スポーツ医学会

日本アスレティックトレーニング学会

日本靴医学会

日本体育学会

全日本鍼灸学会

委員歴・役員歴(学外)

2018年-公益財団法人 日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学)
2018年-公益財団法人 日本スケート連盟 スピードスケート科学スタッフ・ストレングス&コンディショニングコーチ

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:若手研究(B)

シンスプリントに有効な足底板データの構築

2017年-2020年

研究分野:スポーツ科学

研究資金の受入れ状況

提供機関:NSCAジャパン制度名:ストレングス&コンディショニング研究助成

フィットネスチェックからラクロス選手の試合中における走能力を推定する2016年07月-

提供機関:NSCAジャパン制度名:ストレングス&コンディショニング研究助成

高校生脛骨内側ストレス症候群に対する傷害予防トレーニングが足関節筋力に及ぼす影響2015年07月-

学内研究制度

特定課題研究

ラクロス選手における体力テストと試合中の走能力の関係

2019年度

研究成果概要:BACKGROUND: This study was designed toquantify the relationship between the relation between physical tests and gam...BACKGROUND: This study was designed toquantify the relationship between the relation between physical tests and gameactivity.METHODS: we measured physical ability (20m dash, 50 m dash, proagility shuttle, 12 minutes test, agility T-test). Then,we investigated the activity profiles of 24 men’s lacrosse players [attack(AT): 5, midfield (MD): 13, defense (DF): 6] using a global positioning system(GPS) and a player acceleration apparatus to determine their movement andphysiological load.RESULTS: The study revealed that in 13matches (n = 302), top speed was significantly correlated with the 20 m dash,the 50 m dash, and the proagility shuttle (statistical significance: 0.05%).Distance, walk distance, and jog distance for the AT and DF groups weresignificantly greater than those of the MD group, but the MD group’s top speedand sprint distance were the highest. Multiple-comparison tests showed that topspeed, run distance, and sprint distance in the third and fourth quarters weresignificantly smaller than in the first quarter.CONCLUSIONS: The development of physicalqualities likely helps improve the in-game performance of lacrosse players.Particularly, an intermittent method congruent with exercise patterns in actualcompetitions should be used in training, and this study is useful in developingtraining programs for game tactics according to positional characteristics.

社会貢献活動

一般社団法人日本ラクロス協会 男子 ユース フィジカルコーチ

2020年04月-

早稲田大学ラクロス部男子 フィジカルコーチ

2020年-

ISUワールドカップ スピードスケート競技会 長野大会

2019年11月-

東京都トップアスリート発掘・育成事業

2019年-

主催者・媒体名:東京都体育協会

ISUワールドカップ スピードスケート競技会 帯広大会

2018年11月-

第13回FILラクロス男子世界選手権大会

2018年07月-

場所・掲載箇所:ネタニヤ・イスラエル

公益財団法人埼玉県スポ ーツ協会アスリートサポート

2020年10月-