最終更新日2017年02月01日

氏名

カワカミ ヤスオ

川上 泰雄

職名

教授

所属スポーツ科学学術院

(スポーツ科学部)

プロフィール

バイオメカニクスや運動生理学の視点から身体運動の仕組みに迫るための研究を進めています。

連絡先

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/ykawa/indexj.htm

研究者番号
60234027

本属以外の学内所属

兼担

スポーツ科学学術院(大学院スポーツ科学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

ヒューマンパフォーマンス研究所

プロジェクト研究所所長 2017年-2021年

アクティヴ・エイジング研究所

研究所員 2013年-

エルダリー・ヘルス研究所

研究所員 2013年-

ヒューマンパフォーマンス研究所

研究所員 2017年-2021年

スポーツ科学研究センター

運営委員 2016年-2018年

スポーツ科学研究センター

運営委員 2014年-2016年

ヘルスケアロボティクス研究所

研究所員 2015年-

早稲田バイオサイエンスシンガポール研究所

研究所員 2017年-

学歴・学位

学歴

-1988年 東京大学 教育学部 体育学健康教育学科
-1991年 東京大学 教育学研究科 スポーツ科学

学位

教育学修士 課程 東京大学 身体教育学

博士(教育学) 論文 東京大学 身体教育学

経歴

1991年-1999年東京大学 助手
1999年-2003年東京大学 助教授
2003年-2005年早稲田大学 助教授
2005年-早稲田大学 教授

所属学協会

日本武道学会

日本肥満学会

東京体育学会 理事

日本臨床バイオメカニクス学会

ヨーロッパスポーツ科学会

国際バイオメカニクス学会

日本体育学会 理事

日本体力医学会 プログラム委員,評議員,編集委員,将来構想検討委員

日本バイオメカニクス学会 理事

日本トレーニング科学会 理事

日本運動生理学会

日本発育発達学会

日本超音波骨軟組織学会 副会長(〜2013),諮問委員,理事

日本ゴルフ学会 副編集委員長

委員歴・役員歴(学外)

2005年-日本超音波骨軟組織学会諮問委員
2000年-日本トレーニング科学会理事
2001年-日本バイオメカニクス学会理事
2001年-日本体育学会代議員
2007年-2012年日本体育学会理事
2009年-東京体育学会理事
2011年-日本体力医学会評議員
2008年-日本ゴルフ学会理事、副編集委員長
2003年-日本学術振興会科学研究費委員会専門委員
2011年-日本学術会議連携会員
2012年-日本学術会議健康・スポーツ科学分科会 委員
2014年-国立スポーツ科学センタースポーツ科学研究部アドバイザリーボード委員
2014年-パナソニック(株)先端技術研究所研究アドバイザー
2011年-2015年日本体力医学会編集委員
2011年-日本体力医学会将来構想検討委員
2011年-2013年日本超音波骨軟組織学会副会長
2010年-日本超音波骨軟組織学会理事

受賞

バイオメカニクス研究最優秀論文賞

2015年09月授与機関:日本バイオメカニクス学会

東京体育学会 奨励賞(共同研究者)

2013年03月

トレーニング科学研究会 奨励賞(共同研究者)

2012年12月

トレーニング科学研究賞 奨励賞(共同研究者)

2011年11月

東京体育学会 奨励賞(共同研究者)

2010年03月

日本トレーニング科学会 学会賞

2007年11月

東京体育学賞 (前任校)

2002年03月

松井賞(日本バイオメカニクス学会) (前任校)

1992年10月

取材ガイド

カテゴリー
複合領域
専門分野
バイオメカニクス、運動生理学、骨格筋のメカニクス
自己紹介コメント
人間の身体の形状と機能の関連性について、生体計測を中心とした研究を進めています。特に、骨格筋・腱組織の運動時のふるまいやトレーニング効果、成長・加齢変化等に関して、超音波法やMRI等の画像解析、筋電図等の生体信号解析の手法を用いたアプローチを行っています。また、スポーツパフォーマンスの規定因子やパフォーマンス向上方法について、運動生理学(体力特性)およびバイオメカニクス(技術や道具の特性)の観点から研究しています。
キーワード
筋生理学、運動器機能解剖学、力学

研究分野

キーワード

運動生理学、スポーツ工学、バイオメカニクス、生体情報・計測、超音波法、筋形状、筋腱複合体、筋力発揮特性、人体筋

科研費分類

複合領域 / 健康・スポーツ科学 / スポーツ科学

複合領域 / 人間医工学 / 生体医工学・生体材料学

共同研究希望テーマ

スポーツ用具の研究開発

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:受託研究

人体筋の解剖学的特性に関する研究

希望連携機関:大学等の研究機関との共同研究

研究テーマ履歴

スポーツウエア・シューズのパフォーマンス向上・障害予防効果に関する研究

研究テーマのキーワード:ウエア,シューズ,パフォーマンス,関節,筋腱複合体

国内共同研究

骨格筋の形状と機能に関する研究

研究テーマのキーワード:骨格筋,筋形状,羽状筋

個人研究

随意筋力の発揮特性に関する研究

研究テーマのキーワード:随意最大筋力,電気刺激

個人研究

筋腱複合体の力学的特性

研究テーマのキーワード:腱組織,粘弾性,可塑性

個人研究

スポーツパフォーマンスのバイオメカニクス的解析

研究テーマのキーワード:バイオメカニクス,スポーツ,動作解析

個人研究

論文

子どもの動きと筋力

川上泰雄

体育の科学64p.770 - 7752014年-

骨格筋のバイオメカニクス

川上泰雄

月刊健康づくりp.12 - 152014年07月-

Leg with rotational joint that mimics elastic characteristics of human leg in running stance phase

Hashimoto, K., Destephe, M., Sakaguchi, M., Kawakami, Y., Lim, H.-O., Takanishi, A.

2014 IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots査読有り2014年11月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Hopping robot using pelvic movement and leg joints elasticity

Otani, T., Uryu, K., Yahara, M., Iizuka, A., Hamamoto, S., Miyamae, S., Hashimoto, K., Destephe, M., Sakaguchi, M., Kawakami, Y., Lim, H. O., Takanishi, A.

ROMANSY20, Proceedings of the 20th CISM-IFToMM Symposium on Robot Design, Dynamics and Control査読有り22p.235 - 2432014年-

Running model and hopping robot using pelvic movement and leg elasticity

Otani, T., Yahara, M., Uryu, K., Iizuka, A., Hashimoto, K., Kishi, T., Endo, N., Sakaguchi, M., Kawakami, Y., Hyon, S. H., Lim, H. O., Takanishi, A.

Proceedings of the 2014 IEEE International Conference on Robotics and Automation査読有りp.2313 - 23182014年05月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Influence of the intensity of squat exercises on the subsequent jump performance

Fukutani, A., Takei, S., Hirata, K., Miyamoto, N., Kanehisa, H., Kawakami, Y.

J. Strength Cond. Res.査読有り28p.2236 - 22432014年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Increase in vastus lateralis aponeurosis width induced by resistance training: implications for a hypertrophic model of pennate muscle

Wakahara, T., Ema, R., Miyamoto, N., Kawakami. Y.

Eur. J. Appl. Physiol.査読有り2014年-

The contraction-induced increase in Achilles tendon moment arm: A three-dimensional study

Hashizume, S., Iwanuma, S., Akagi, R., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Yanai, T.

J. Biomech.査読有り47p.3226 - 32312014年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Effect of pressure intensity of compression short-tight on fatigue of thigh muscles

Miyamoto, N., Kawakami, Y.

Med. Sci. Sports Exerc.査読有り46p.2168 - 21742014年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Effect of conditioning contraction intensity on postactivation potentiation is muscle dependent

Fukutani, A., Hirata, K., Miyamoto, N., Kanehisa, H., Yanai, T., Kawakami, Y.

J. Electromyogr. Kinesiol.査読有り24p.240 - 2452014年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

ボート競技の効率測定

川上泰雄

体育の科学62(10)p.767 - 7702012年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

運動機能の加齢変化

川上泰雄

内科108p.948 - 9512011年-

高齢者の骨格筋の形態と機能

川上泰雄

Geriatric Medicine(老年医学)48p.227 - 2302010年-

発育に伴う柔軟性の変化

川上泰雄

子どもと発育発達6p.115 - 1172008年-

大腿部への圧迫が電気刺激による誘発膝関節伸展トルクに及ぼす影響

松本奈々、宮本直和, 浦中宏典, 丸茂智彦, 谷口耕一, 川上泰雄

トレーニング科学査読有り25p.55 - 602013年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

思春期男子におけるアキレス腱の形態学的・力学的特性

茂木康嘉,鳥居 俊,川上泰雄,矢内利政

体力科学62p.303 - 3132013年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Combined effects of stretching and resistance training on ankle joint flexibility

Kato, E., Kurihara, T., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

Physiol. J.査読有り2013年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Evaluation of serum leaking enzymes and investigation into new biomarkers for exercise-induced muscle damage

Kanda, K., Sugama, K., Sakuma , J., Kawakami, Y., Suzuki, K.

Exerc. Immunol. Rev.査読有り20p.39 - 542014年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Potentiation of isokinetic torque is velocity-dependent following an isometric conditioning contraction

Fukutani, A., Miyamoto, N., Kanehisa, H., Yanai, T., Kawakami, Y.

SpringerPlus2p.5542013年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Validity of ultrasound muscle thickness measurements for predicting leg skeletal muscle mass in healthy Japanese middle-aged and elderly individuals

Takai, Y., Ohta, M., Akagi, R., Kato, E., Wakahara, T., Kawakami, Y., Fukunaga, T., Kanehisa, H.

J. Physiol. Anthropol.査読有り322013年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Applicability of ultrasound muscle thickness measurements for predicting fat-free mass in elderly population

Takai, Y., Ohta, M., Akagi, R., Kato, E., Wakahara, T., Kawakami, Y., Fukunaga, T., Kanehisa, H.

J. Nutr. Health Aging2014年-

Validity of three-dimensional photonic scanning technique for estimating percent body fat

Shitara, K., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Yanai, T., Kawakami, Y.

J. Fraility & Aging2p.192 - 1972013年-

Inhomogeneous architectural changes of the quadriceps femoris induced by resistance training

Ema, R., Wakahara, T., Miyamoto, N., Kanehisa, H., Kawakami, Y.

Eur. J. Appl. Physiol.113p.2691 - 27032013年-

Inferior muscularity of the rectus femoris to vasti in varsity oarsmen

Ema, R. Wakahara, T., Kanehisa, H., Kawakami, Y.

Int. J. Sports Med.35p.293 - 2972014年-

Association between contraction-induced increases in elbow flexor muscle thickness and distal biceps brachii tendon moment arm depends on the muscle thickness measurement site

Akagi, R., Iwanuma, S., Hashizume, S., Kanehisa, H., Yanai, T., Kawakami, Y.

J. Appl. Biomech.30p.134 - 1392014年-

Nonuniform muscle hypertrophy: in relation to muscle activation in training session

Wakahara, T., Fukutani, A., Kawakami, Y., Yanai, T.

Med. Sci. Sports Exerc.45p.2158 - 21652013年-

Further potentiation of dynamic muscle strength after resistance training

Miyamoto, N., Wakahara, T., Ema, R., Kawakami, Y.

Med. Sci. Sports Exerc.45p.1323 - 13302013年-

The activation time-course of contractile elements estimated from in vivo fascicle behaviors during twitch contractions

Oda, T., Himeno, R., Hay, J., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

J. Sports Sci.31p.1233 - 12412013年-

In vivo measurement of human rectus femoris architecture by ultrasonography: validity and applicability

Ema, R., Wakahara, T., Mogi, Y., Miyamoto, N., Komatsu, T., Kanehisa, H., Kawakami, Y.

Clin. Physiol. Funct. Imaging.33p.267 - 2732013年-

Comparison of skeletal muscle mass to fat-free mass ratio between Japanese-Brazilians and Japanese

Abe, T., Kawakami, Y., Bass, M., Kondo, M., Fukunaga, T.

J. Aging Res. Clin. Pract.2013年-

Relationship between muscle architecture and joint performance during concentric contractions in humans

Wakahara, T., Fukunaga, T., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Yanai, T.

J. Appl. Biomech.29p.405 - 4122013年-

Morphological and functional characteristics of the muscle-tendon unit

Kawakami, Y.

J. Phys. Fit. Sports Med.1(2)p.287 - 2962012年-

骨盤の傾斜角度が最大随意膝関節伸展トルクに及ぼす影響

江間諒一,平田浩祐,若原 卓,金久博昭,川上泰雄

バイオメカニクス研究16p.74 - 812012年-

Gender differences in hip and ankle joint kinematics on knee abduction during running

Sakaguchi, M., Ogawa, H., Shimizu, N., Kanehisa, H., Yanai, T., Kawakami, Y.

Eur. J. Sport Sci.14p.S302 - S3092014年-

Potentiation of maximal voluntary concentric torque in human quadriceps femoris

Miyamoto, N., Kanehisa, H., Kawakami, Y.

Med. Sci. Sport Exerc.44p.1738 - 17462012年-

Influence of the intensity of a conditioning contraction on the subsequent twitch torque and maximal voluntary concentric torque

Fukutani, A., Miyamoto, N., Kanehisa, H., Yanai, T., Kawakami, Y.

J. Electromyogr. Kinesiol.(22)p.560 - 5652012年-

Miyamoto, N., Wakahara, T., Kawakami, Y.

Task-dependent inhomogeneous muscle activities within the bi-articular human rectus femoris muscle

PLoS ONE7p.e342692012年-

Neural modulation of muscle-tendon control strategy after a single practice session

Hirayama, K., Yanai, T., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

Med. Sci. Sport Exerc.44p.1512 - 15182012年-

Size-strength relationships of elbow flexors and extensors are not affected by age or gender

Akagi, R., Takai, Y., Ohta, M., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

Eur. J. Sport Sci.査読有り11p.277 - 2822011年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

座面に可動性のあるオフィスチェアでのデスクワーク時の骨盤の動きと体幹筋群の筋活動

江間諒一,川上泰雄

スポーツ科学研究8p.320 - 3302011年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

In vivo measurement of moment arm lengths of three elbow flexors at rest and during isometric contractions

Akagi, R., Iwanuma, S., Hashizume, S., Kanehisa, H., Yanai, T., Kawakami, Y.

J. Appl. Biomech.28p.63 - 692012年-

Twitch potentiation after voluntary contraction and neuromuscular electrical stimulation at various frequencies in human quadriceps femoris

Miyamoto, N., Fukutani, A., Yanai, T., Kawakami, Y.

Muscle Nerve45p.110 - 1152012年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

In vivo determination of the Achilles tendon moment arm in three-dimensions

Hashizume, S., Iwanuma, S., Akagi, R., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Yanai, T.

J. Biomech.45p.409 - 4132012年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Comparison of skeletal muscle mass to fat-free mass ratios among different ethnic groups

Abe, T., Kawakami, Y., Kondo, M., Fukunaga, T.

J. Nutrition Health Aging査読有り16p.534 - 5382012年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Association between regional differences in muscle activation in one session of resistance exercise and in muscle hypertrophy after resistance training

Wakahara, T., Miyamoto, N., Sugisaki, N., Murata, K., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Fukunaga, T., Yanai, T.

Eur. J. Appl. Physiol.査読有り112p.1569 - 15762012年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Unique spatial distribution of in vivo human muscle activation

Kinugasa, R., Kawakami, Y., Sinha, S., Fukunaga, T.

Exp. Physiol.査読有り96p.938 - 9482011年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Methodological issues related to thickness-based muscle size evaluation

Akagi, R., Iwanuma, S., Fukuoka, M., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

J. Physiol. Anthropol.査読有り30p.169 - 1742011年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Triceps surae muscle-tendon unit length changes as a function of ankle joint angles and contraction levels: the effect of foot arch deformation

Iwanuma, S., Akagi, R., Hashizume, S., Kanehisa, H., Yanai, T., Kawakami, Y.

J. Biomech.査読有り44p.2579 - 25832011年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

光学3次元人体形状計測法を用いた児童の体表面積の推定式の開発

設楽佳世,緑川泰史,太田めぐみ,矢内利政,金久博昭,福永哲夫,川上泰雄

体力科学60p.453 - 4622011年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Fascicle-tendon behavior of the gastrocnemius and soleus muscles during ankle bending exercise at different movement frequencies

Sakuma, J., Kanehisa, H., Yanai, T., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

Eur. J. Appl. Physiol.査読有り112p.887 - 8982012年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

パフォーマンスレベルからみたバスケットボールのフリースローにおけるボール到達位置

元安陽一,栗原俊之,勝亦陽一,金久博昭,倉石平,川上泰雄,福永哲夫,矢内利政

スポーツ科学研究8p.155 - 1652011年-

Effect of muscle contraction levels on the force-length relationship of the human Achilles tendon during lengthening of the triceps surae muscle-tendon unit

Sugisaki, N., Kawakami, Y., Kanehisa, H., Fukunaga, T.

J. Biomech.44p.2168 - 21712011年-

活動後増強を生じさせるためのコンディショニング収縮の時間が最大随意短縮性足関節底屈トルクに与える影響

福谷充輝,宮本直和,金久博昭,川上泰雄,矢内利政

トレーニング科学23p.31 - 382011年-

カーフレイズ運動中の腓腹筋およびヒラメ筋の筋腱動態の動作負荷依存性

佐久間淳,栗原俊之,矢内利政,金久博昭,福永哲夫,川上泰雄

東京体育学研究2p.5 - 122011年-

Comparison of ultrasound-measured age-related, site-specific muscle loss between healthy Japanese and German men

Abe, T., Kawakami, Y., Kondo, M., Fukunaga, T.

Clin. Physiol. Funct. Imaging31p.320 - 3252011年-

Ultrasound method for estimating the cross-sectional area of the psoas major muscle

Takai, Y., Katsumata, Y., Kawakami, Y., Kanehisa, H., Fukunaga, T.

Med. Sci. Sport Exerc.43p.2000 - 20042011年-

Longitudinal and transverse deformation of human Achilles tendon induced by isometric plantar flexion at different intensities

Iwanuma, S., Akagi, R., Kurihara, T., Ikegawa, S., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

J. Appl. Physiol.110p.1615 - 16212011年-

Age-related, site-specific muscle loss in 1507 Japanese men and women aged 20 to 95 years

Abe, T., Sakamaki, M., Yasuda, T., Bemben, M. G., Kondo, M., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

J. Sports Sci. Med.10p.145 - 1502011年-

股関節および膝関節角度が等尺性膝関節伸展トルクと大腿四頭筋の電気的活動に与える影響

江間諒一,若原 卓,金久博昭,矢内利政,川上泰雄

スポーツ科学研究7p.109 - 1182010年-

Effect of pressure intensity of graduated elastic compression stocking on muscle fatigue following calf-raise exercise

Miyamoto, N., Hirata, K., Mitsukawa, N., Yanai, T., Kawakami, Y.

J. Electromyogr. Kinesiol.21p.249 - 2542011年-

Twitch potentiation induced by stimulated and voluntary isometric contractions at various torque levels in human knee extensor muscles

Miyamoto, N., Yanai, T., Kawakami, Y.

Muscle Nerve43p.360 - 3662011年-

Effect of counter-movement on elbow joint extension power-load characteristics

Miyamoto, N., Wakahara, T., Sugisaki, N., Murata, K., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

J. Sports Sci.3p.1 - 82010年-

Size-strength relationships of elbow flexors and extensors by age or gender

Akagi, R., Takai, T., Ohta, M., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

Eur. J. Sport Sci.2010年-

Influence of muscle anatomical cross-sectional area on the moment arm length of the triceps brachii at the elbow joint

Sugisaki, N., Wakahara, T., Miyamoto, N., Murata, K., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

J. Biomech.43p.2844 - 28472010年-

肘関節屈筋群の新たな筋横断面積指標の確立

赤木亮太,矢内利政,金久博昭,福永哲夫,川上泰雄

バイオメカニズム学会誌2010年-

Effect of postactivation potentiation on the maximal voluntary isokinetic concentric torque in humans

Miyamoto, N., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

J. Strength Cond. Res.25p.186 - 1922011年-

腱スティフネス,筋力および筋活動が反動動作による機械的仕事量増強の個人差に与える影響

平山邦明,杉崎範英,加藤えみか,金久博昭,福永哲夫,川上泰雄

体育学研究55p.33 - 432010年-

陸上競技選手の100-mスプリントタイムと外側広筋腱の力学的特性との関係

小林 海,光川眞壽,矢内利政,福永哲夫,金久博昭,川上泰雄

東京体育学研究1p.87 - 912010年-

女性ダンサーの大腿部筋形態:大腿部筋横断面積に着目して

石川早帆,岩沼聡一朗,川上泰雄

東京体育学研究1p.83 - 862010年-

等尺性足関節底屈トルク発揮に伴う足アーチの開裂および踵骨隆起の変位

岩沼聡一朗、赤木亮太、栗原俊之、福永哲夫、川上泰雄

東京体育学研究1p.59 - 632010年-

ストレッチングが足関節背屈可動域に与える一過性の効果と長期的な効果の比較

加藤えみか,金久博昭,福永哲夫,矢内利政,川上泰雄

東京体育学研究1p.37 - 432010年-

肘関節屈曲筋群および伸展筋群の直列サルコメア数の推定

赤木亮太,杉崎範英,矢内利政,福永哲夫,川上泰雄

東京体育学研究1p.33 - 362010年-

Fatigue-induced changes in synergistic muscle force do not match tendon elongation

Mitsukawa, N., Sugisaki, N., Miyamoto, N., Yanai, T., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

J. Biomech.43p.1632 - 16342010年-

Development of an equation to predict muscle volume of elbow flexors for men and women with a wide range of age

Akagi, R., Takai, Y., Wakahara, T., Kato, E., Ohta, M., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Eur. J. Appl. Physiol.108(4)p.689 - 6942010年-

Joint angle dependence of inter-muscle difference in postactivation potentiation

Miyamoto, N., Mitsukawa, N., Sugisaki, N., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

Muscle Nerve41p.519 - 5232010年-

Changes in ankle joint stiffness by stretching: the role of tendon elongation of gastrocnemius muscle

Kato, E., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

Eur. J. Sport Sci.10p.111 - 1192010年-

スプリント走の加速局面における一流短距離選手のキネティクスに関する研究

小林 海,土江寛裕,松尾彰文,彼末一之,礒 繁雄,矢内利政,金久博昭,福永哲夫,川上泰雄

スポーツ科学研究6p.119 - 1302009年-

筋疲労を伴う動的足関節底屈運動中の下腿三頭筋の筋腱動態の変化

佐久間淳,栗原俊之,矢内利政,金久博昭,川上泰雄

スポーツ科学研究6p.97 - 1102009年-

段階的弾性圧迫ストッキングの着用が歩行中の足関節底屈筋群の血液量・筋活動および主観的運動強度に与える影響

光川眞壽,宮本直和,平田浩祐,利光徹哉,川村 明,福永哲夫,川上泰雄

スポーツ科学研究6p.88 - 962009年-

光学3次元人体形状計測法に基づく体表面積の推定式の作成

設楽加世,高井洋平,太田めぐみ,若原 卓,金久博昭,福永哲夫,川上泰雄

体力科学58p.463 - 4742009年-

Shift in optimal joint angle of the ankle dorsiflexors following eccentric exercise

Lee, H.-D., Kim, S.-J., Lee, D.-Y., Kurihara, T., Lee, Y.-S., Kawakami, Y.

Exp. Mechanics2009年-

DOI

Variability of limb muscle size in young men

Wakahara, T., Takeshita, K., Kato, E., Miyatani, M., Tanaka, N. I., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Am. J. Human Biol.22p.55 - 592009年-

Fatigue-related changes in fascicle-tendon geometry over repeated contractions: difference between synergist muscles

Mitsukawa, N., Sugisaki, N., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

Muscle Nerve40p.395 - 4012009年-

Muscle volume compared to cross-sectional area is more appropriate for evaluating muscle strength in young and elderly individuals

Akagi, R., Takai, Y., Ohta, M., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Age Aging38p.564 - 5692009年-

Relationships between muscle strength and indices of muscle cross-sectional area determined during maximal voluntary contraction in middle-aged and elderly individuals

Akagi, R., Takai, Y., Kato, E., Fukuda, M., Wakahara, T., Ohta, M., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

J. Strength Cond. Res.23p.1258 - 12622009年-

Sit-to-stand test to evaluate knee extensor muscle size and strength of the elderly. A novel approach

Takai, Y., Ohta, M., Akagi, R., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

J. Physiol. Anthrop.28p.123 - 1282009年-

Evidence for inter-muscle difference in postactivation potentiation in the human triceps surae: A mechanomyographic study

Miyamoto, N., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

Muscle Nerve39p.703 - 7052009年-

The influence of fascicle behavior on the lack of velocity dependence in eccentric joint torque in humans: in vivo observation

Chino, K., Mitsukawa, N., Kobayashi, K., Miyoshi, Y., Oda, T., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Fukashiro, S., Kawakami, Y.

J. Appl. Biomech.25p.111 - 1182009年-

視覚フィードバックを伴う最大随意収縮が筋活動および筋横断面積あたりの筋力に及ぼす影響

福田誠,赤木亮太,金久博昭,川上泰雄,福永哲夫

スポーツ科学研究6p.17 - 292009年-

Elastic behavior of human in vivo triceps brachii tendon

Murata, K., Sugisaki, N., Miyamoto, N., Wakahara, T., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Int. J. Sport Health Sci.6p.182 - 1872008年-

Age and sex differences in the levels of muscular activities during daily physical actions

Takai, Y., Sawai, S., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Int. J. Sport Health Sci.6p.169 - 1812008年-

Effects of knee joint angle on the fascicle behavior of the gastrocnemius muscle during eccentric plantar flexions

Wakahara, T., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

J. Electromyogr. Kinesiol.19p.980 - 9872008年-

Assessment of sprint running abilities using a resisted self-driven treadmill

Tsuchie, H., Kobayashi, K., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Iso, S., Fukunaga, T.

Int. J Sport Health Sci.6p.85 - 902008年-

野球選手における投球スピードと年齢との関係

勝亦陽一,金久博昭,川上泰雄.福永哲夫

スポーツ科学研究5p.224 - 2342008年-

定期的な体操教室の実施が高齢者の身体諸機能に及ぼす影響

加藤えみか,奥原直樹,福永哲夫,川上泰雄

スポーツ科学研究5p.10 - 182008年-

Establishing a new index of muscle cross-sectional area and its relationship

Akagi, R., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

J. Strength Cond. Res.22(1)p.82 - 872008年01月-

骨格筋の力学的特性

川上泰雄

整形外科リハビリテーション2008年-

Kawakami, Y., Kanehisa, H., Fukunaga, T.

The relationship between passive ankle plantar flexion joint torque and gastrocnemius muscle and Achilles tendon stiffness: implications for flexibility

J. Orthopaed. Sports Phys. Ther.2008年-

Shimoda, M., Higuchi, M., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

Stroke power consistency and 2000 m rowing performance in varsity rowers

Scand. J. Med. Sci. Sports19p.85 - 902008年-

間欠的足関節底屈運動中の筋疲労に収縮間インターバルが及ぼす影響

下田 学, 福永哲夫, 金久博昭, 川上泰雄

体育学研究53p.87 - 972008年-

大学野球選手にみられる筋量および筋量分布の特徴が投球スピードに与える影響

勝亦陽一,高井洋平,太田めぐみ,佐久間淳,川上泰雄,福永哲夫

スポーツ科学研究4p.10 - 172007年-

ローイングのバイオメカニクス−艇速に影響を及ぼす力学的要因−

下田 学, 福永哲夫, 川上泰雄

バイオメカニクス研究11p.102 - 1122007年-

短距離トップランナーの400m走中脚筋電図の記録

五味宏生,土江寛裕, 木村孝三, 小林海, 保原浩明, 村岡哲郎, 礒繁雄, 川上泰雄, 福永哲夫, 彼末一之

スポーツ科学研究4p.10 - 172007年-

年齢および野球経験の有無が投球速度と筋力との関係に及ぼす影響

勝亦陽一, 金久博昭, 川上泰雄, 福永哲夫

トレーニング科学19p.149 - 1542007年-

Muscle force per cross-sectional area is inversely related with pennation angle in strength trained athletes

Ikegawa, S., Funato, K., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

J. Strength Cond. Res.2007年-

In vivo behavior of muscle fascicles and tendinous tissues in human tibialis anterior muscle during twitch contraction

Oda, T., Himeno, R., Hay, D. C., Chino, K., Kurihara, T., Nagayoshi, T., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

J. Biomech.2007年-

運動間のアイシングが骨格筋の循環動態および筋力に与える影響

光川眞壽,福永哲夫,川上泰雄

トレーニング科学2007年-

Mapping activation levels of skeletal muscle in healthy volunteers: an MRI study

Kinugasa, R., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

J. Magn. Reson. Imaging24p.1420 - 14252006年-

合気道競技の投技における「崩し」の方法: 隅落と引落を中心に

佐藤忠之,川上泰雄,志々田文明

スポーツ科学研究3p.69 - 772006年-

早稲田大学スポーツ科学部授業報告ー演習「身体運動のメカニズム」

川上泰雄,阪口正律,清水美奈

スポーツ科学研究3p.30 - 472006年-

Fascicle behavior of medial gastrocnemius muscle in extended and flexed knee positions

Wakahara, T., Kanehisa, H., Kawakami, Y. Fukunaga, T.

J. Biomech.40p.2291 - 22982007年-

Human skeletal muscle size and architecture: variability and interdependence

Kawakami, Y., Abe, T., Kanehisa, H., Fukunaga, T.

Am. J. Human Biol.18p.845 - 8482006年-

In vivo fascicle behavior of synergistic muscles in concentric and eccentric plantar flexions in humans

Chino, K., Oda, T., Kurihara, T., Nagayoshi, T., Yoshikawa, K., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Fukashiro, S., Kawakami, Y.

J. Electromyogr. Kinesiol.18p.79 - 882008年-

筋活動における筋腱複合体のふるまい

川上泰雄

学術の動向11(10)p.28 - 312006年-

科学の目でスポーツを楽しむ

川上泰雄

ワセダ・コム2006年-

ウォーキングにおけるバネの役割

川上泰雄,福永哲夫

バイオメカニクス研究10(1)2006年-

Quantitative assessment of skeletal muscle activation using muscle functional MRI

Kinugasa, R., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Magnetic Resonance Imaging2006年-

In vivo behavior of muscle fascicles and tendinous tissues of human gastrocnemius and soleus muscles during twitch contraction

Oda, T., Kanehisa, H., Chino, K., Kurihara, T., Nagayoshi, T., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

J. Electromyogr. Kinesiol.2006年-

投球速度と筋力および筋量の関係

勝亦陽一,長谷川伸,川上泰雄,福永哲夫

スポーツ科学研究3p.1 - 72006年-

ゴルフスイング中の筋活動およびキネティクス:プロゴルファーの事例研究

川上泰雄,井出敦夫,野澤むつこ,永吉俊彦,小林海,小田俊明,千野謙太郎,栗原俊之,加藤えみか,福永哲夫

スポーツ科学研究3p.18 - 292006年-

New insights into in vivo muscle function

Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Exerc. Sport Sci. Rev.34p.16 - 212006年-

Musculotendious Factors influencing difference in ankle joint flexibility between women and men

Kato, E., Oda, T., Chino, K., Kurihara, T., Nagayoshi, T. Fukunaga, T., Kawakami, Y.

Int. J. Sport Health Sci.2005年-

The effects of strength training on muscle architecture in humans

Kawakami, Y.

Int. J. Sport Health Sci.3p.208 - 2172005年-

Muscle activation and its distribution within human triceps surae muscles

Kinugasa, R., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

J. Appl. Physiol.99p.1149 - 11562005年-

Use of three-dimensional ultrasonography for the analysis of the

Kurihara, T., Oda, T., Chino, K., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

Int. J. Sport Health Sci.2005年-

Modeling and simulating the deformation of human skeletal muscle based on anatomy and physiology

Lemos, R. R., Rokne, J., Baranoski, V. G., Kawakami, Y., Kurihara, T.

J. Comp. Anim. Virt. Worlds16p.310 - 3302005年-

In vivo length-force relationships of muscle fiber and muscle tendon complex in the tibialis anterior muscle

Oda, T., Kanehisa, H., Chino, K., Kurihara, T., Nagayoshi T., Kato, E., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

Int. J. Sport Health Sci.2005年-

Critical power determination with ergometry rowing: relation to rowing performance

Shimoda, M., Kawakami, Y.

Int. J. Sport Health Sci.3p.21 - 262005年-

Behavior of aponeurosis and external tendon of the gastrocnemius muscle during dynamic plantar flexion exercise

Sugisaki, N., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Int. J. Sport Health Sci.2005年-

Behavior of fascicle and tendinous tissue of medial gastrocnemius muscle during stretch-shortening cycle exercise of ankle joint

Sugisaki, N., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Int. J. Sport Health Sci.3p.100 - 1092005年-

Effects of gender on age-related changes in muscle thickness in the elderly

Takeshita, K., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Int. J. Sport Health Sci.2005年-

Effects of passive ankle and knee joint motions on the length of fascicle and tendon of the medial gastrocnemius muscle

Wakahara, T., Ushiyama, J., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Int. J. Sport Health Sci.3p.75 - 822005年-

Effects of age and gender on the power generation capabilities of lower limb muscles in the elderly

Yanagiya, Y.., Kanehisa, H., Tachi., M., Takeshita, K., Sugisaki, N., Wakahara, T., Murata, K., Takata, Y., Kawakami, Y., Fukunaga, T., Kuno, S.

Int. J. Sport Health Sci.2005年-

Surface mechanomyogram reflects length changes in fascicles of human skeletal muscles

Yoshitake, Y., Kawakami, Y., Kanehisa, H., Fukunaga, T.

Int. J. Sport Health Sci.2005年-

シングルスカルの艇速にストロークレートと漕手の発揮する力とパワーが及ぼす影響

下田 学,川上泰雄

スポーツ科学研究2p.97 - 1062005年-

自重によるシットアップ及びスクワット動作における筋活動水準

高井洋平,杉崎範英,竹下香寿美,川上泰雄,福永哲夫.

スポーツ科学研究2p.9 - 192005年-

筋厚と形態計測値の組み合わせによる筋形状指標の有効性

赤木亮太,東香寿美,太田めぐみ,高田佑輔,川上泰雄,福永哲夫.

スポーツ科学研究2p.1 - 82005年-

第18回日本バイオメカニクス学会大会傍聴記

千野謙太郎,小田俊明,永吉俊彦,川上泰雄

体育の科学55p.145 - 1492005年-

The accuracy of volume estimates using ultrasound muscle thickness measurements in different muscle groups

Miyatani, M., Kanehisa, H., Ito, M., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Eur. J. Appl. Physiol.91p.264 - 2722004年-

ローイングパワーの安定性がボートの艇速に及ぼす効果−大学ボート選手を対象として−

下田学,川上泰雄.

トレーニング科学16p.33 - 402004年-

刺激から関節トルク発揮に至るまでの人体筋の収縮様相

小田俊明,千野謙太郎,栗原俊之,金久博昭,永吉俊彦,加藤えみか,福永哲夫,川上泰雄.

東京体育学研究p.57 - 602004年-

中高齢者の筋特性

川上泰雄,金久博昭,福永哲夫.

体育の科学54(3)p.197 - 2022004年-

筋肉と筋収縮のバイオメカニクス

川上泰雄.

パリティ19(8)p.6 - 102004年-

Resistance training during unweighting maintains muscle size and function in human calf

Akima, H, Ushiyama, J, Kubo, J, Tonosaki, S, Itoh, M, Kawakami, Y, Fukuoka, H, Kanehisa, H, Fukunaga, T.

Med. Sci. Sports Exerc.35p.655 - 6622003年-

Fascicle arrangements of vastus lateralis and gastrocnemius muscles in

Kanehisa, H, Muraoka, Y., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Int. J. Sports Med.24p.90 - 952003年-

Effects of Achilles tendon path change on the myotendinous junction movement of the gastrocnemius muscle

Muramatsu, T., Muraoka, T., Kawakami, Y., Fukashiro, S., Fukunaga, T.

Int. J. Sport Health Sci.1p.19 - 232003年-

Non-invasive estimation of the joint torque of the vastus lateralis during pedaling based on tendon elongation

Muraoka, T., Muramatsu, T., Tachi, M., Kawakami, Y., Kanehisa, H., Fukunaga, T.

Jpn. J. Biomech. Sports Exerc.7p.214 - 2212003年-

The relationship between ankle dorsiflexion torque and muscle size indices

Nagayoshi, T., Kawakami, Y., Maeda, M., Maeda, Y., Hidaka, S., Ikeda, K., Maruyama, A.

Int. J. Sport Health Sci.1p.216 - 2212003年-

Effect of gender on mechanical power output during repeated bouts of maximal running in trained teenagers

Yanagiya, T., Kanehisa, H., Kouzaki, M., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Int. J. Sports Med.24p.304 - 3102003年-

Effect of gender on mechanical power output during repeated bouts of maximal running in trained teenagers

Yanagiya, T., Kanehisa, H., Kouzaki, M., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Int. J. Sports Med.24p.304 - 3102003年-

下腿三頭筋の短縮性,伸張性運動中の筋線維動態

千野謙太郎,小田俊明,栗原俊之,永吉俊彦,金久博昭,深代千之,福永哲夫,川上泰雄.

バイオメカニクス研究7p.206 - 2132003年-

中高年齢者における足関節可動域の規定因子

川上泰雄,小田俊明,栗原俊之,千野謙太郎,永吉俊彦,金久博昭,福永哲夫,久野譜也.

体力科学52p.149 - 1562003年-

運動中の筋線維収縮動態

川上泰雄.

バイオメカニズム学会誌27(2)p.67 - 712003年-

英文論文はこう書く−その1

川上泰雄.

体育の科学53(4)p.285 - 2902003年-

英文論文はこう書く−その2

川上泰雄.

体育の科学53(5)p.377 - 3802003年-

アキレス腱モーメントアームの新たな推定法の提案

日本体育学会東京支部大会賞2002年-

Muscle and tendon interaction during human movements

Fukunaga, T., Kawakami, Y., Kubo, K., Kanehisa, H.

Exerc. Sport Sci. Rev.30p.106 - 1102002年-

Effects of equivolume isometric training programs comprising medium or high resistance on muscle size and strength

Kanehisa, H., Nagareda, H., Kawakami, Y., Akima, H., Masani, K., Kouzaki, M., Fukunaga, T.

Eur. J. Appl. Physiol.87p.112 - 1192002年-

Effect of series elasticity on isokinetic torque-angle relationship in humans

Kawakami, Y., Kubo, K., Kanehisa, H., Fukunaga, T.

Eur. J. Appl. Physiol.87p.381 - 3872002年-

In vivo muscle-fibre behaviour during counter-movement exercise in humans reveals significant role for tendon elasticity

Kawakami, Y., Muraoka, T., Ito, S., Kanehisa, H., Fukunaga, T.

J. Physiol.540p.635 - 6462002年-

Measurement of viscoelastic properties of tendon structures in vivo

Kubo, K., Kawakami, Y., Kanehisa, H., Fukunaga, T.

Scand J Med Sci Sports12p.3 - 82002年-

Intramuscular variability of the architecture in human medial gastrocnemius muscle in vivo and its functional implications

Muramatsu, T., Muraoka, T., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Adv. Exerc. Sports Physiol.8p.17 - 212002年-

Superficial aponeurosis of human gastrocnemius is elongated during contraction: implications for modeling muscle-tendon unit

Muramatsu, T., Muraoka, T., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

J. Biomech.35p.217 - 2232002年-

In vivo determination of fascicle curvature in contracting human skeletal muscles

Muramatsu, T., Muraoka, T., Shibayama, A., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

J. Appl. Physiol.92p.129 - 1342002年-

Length change of human gastrocnemius aponeurosis and tendon during passive joint motion

Muraoka, T., Muramatsu, T., Takeshita, D., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Cells Tissues Organs171p.260 - 2682002年-

足関節における柔軟性と下腿三頭筋の機能的・形態的特性との関係

小田俊明,千野謙太郎,栗原俊之,川上泰雄,金久博昭,福永哲夫.

トレーニング科学13p.157 - 1662002年-

アキレス腱モーメントアームの新たな推定法の提案

川上泰雄,中井敬子,小田俊明,千野謙太郎,栗原俊之,福永哲夫.

東京体育学研究p.41 - 452002年-

骨格筋トレーニングによる筋のマクロ的変化

川上泰雄.

バイオメカニクス研究6p.220 - 2262002年-

Changes in muscle size, architecture, and neural activation after 20days of bed rest with and without resistance exercise

Kawakami, Y., Akima, H., Kubo, K., Muraoka, Y., Hasegawa, H., Kouzaki, M., Imai, M., Suzuki, Y., Gunji, A., Fukunaga, T.

Eur. J. Appl. Physiol.84p.7 - 122001年-

ボート競技の競技力向上を目的とした艇の力学量測定システムの開発

川上泰雄,下田 学,福永哲夫.

トレーニング科学13p.21 - 302001年-

Fatigue responses of human triceps surae muscles during repetitive maximal isometric contractions

Kawakami, Y., Amemiya, K., Kanehisa, H., Ikegawa, S., Fukunaga, T.

J. Appl. Physiol.88(6)p.1969 - 19752000年-

Specificity and Plasticity of skeletal muscle architecture

Kawakami, Y., Fukunaga, T.

J. Appl. Biomech.16(1)p.68 - 692000年-

Architecture of contracting human muscles and its functional significance

Kawakami, Y., Ichinose, Y., Kubo, K., Ito, M., Fukunaga, T.

J. Appl. Biomech.16(1)p.88 - 972000年-

Interaction between series compliance and sarcomere kinetics determines

Kawakami, Y., Lieber, R. L.

J. Biomech.33(11)p.1249 - 12552000年-

Changes in muscle size and architecture following 20 days of bed rest

Kawakami, Y., Muraoka, Y., Kubo, K., Suzuki, Y., Fukunaga, T.

J. Gravitat. Physiol.7p.53 - 602000年-

Application of fuzzy modeling to rowing motion analysis

Tachibana, K., Furuhashi, T., Shimoda, M., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics6p.VI190 - VI1951999年-

Architectural and functional features of human triceps surae muscles during contraction

Kawakami, Y., Ichinose, Y., Fukunaga, T.

J. Appl. Physiol.85(2)p.398 - 4041998年-

Bilateral deficit in plantar flexion : relation to knee joint position, muscle activation, and reflex excitability

Kawakami, Y., Sale, D. G., MacDougall, J. D., Moroz, J. S.

Eur. J. Appl. Physiol.77(3)p.212 - 2161998年-

Determination of fascicle length and pennation in a contracting human muscle in vivo

Fukunaga, T., Ichinose, Y., Ito, M., Kawakami, Y., Fukashiro, S.

J. Appl. Physiol.82(1)p.354 - 3581997年-

羽状筋のアーキテクチャモデル--第2報--

川上泰雄,市之瀬慈歩,久野譜也,福永哲夫.

東京大学教養学部体育学紀要29p.31 - 371995年-

Training-induced changes in muscle architecture and specific tension

Kawakami, Y., Abe, T., Kuno, S., Fukunaga, T.

Eur. J. Appl. Physiol.72p.37 - 431995年-

筋群間にみられる筋厚と筋線維角度の相互関係

川上泰雄,福永哲夫.

東京大学教養学部体育学紀要28p.25 - 301994年-

Specific tension of ellow flexor and extensor muscles based on magnetic resonance imaging

Kawakami, Y., Nakazawa, K., Fujimoto, T., Nozaki, D., Miyashita, M., Fukunaga, T.

Eur. J. Appl. Physiol.68p.139 - 1471994年-

筋厚と筋線維角度に基づいた羽状筋のアーキテクチャモデル

川上泰雄,安部 孝,福永哲夫.

東京大学教養学部体育学紀要27p.9 - 131993年-

Muscle-fiber pennation angles are greater in hypertrophied than in normal muscles

Kawakami, Y., Abe, T., Fukunaga, T.

J. Appl. Physiol.74p.2740 - 27441993年-

Effect of leg extension training on concentric and eccentric strength of quadriceps femoris muscles

Kawakami, Y., Hirano, Y., Miyashita, M., Fukunaga, T.

Scand. J. Med. Sci. Sports3p.22 - 271993年-

Concentric and eccentric muscle strength before, during and after fatigue in 13 year-old boys

Kawakami, Y., Kanehisa, H., Ikegawa, S., Fukunaga, T.

Eur. J. Appl. Physiol.67p.121 - 1241993年-

準高所における運動に対する生理的応答-平地との比較から-

川上泰雄,福永哲夫,野崎大地.

東京大学教養学部体育学紀要26p.89 - 941992年-

等尺性、短縮性および伸張性筋活動時の筋力-筋放電量の関係

川上泰雄,福永哲夫.

東京大学教養学部体育学紀要26p.5 - 141992年-

Reliability of measurement of oxygen uptake using a portable telemetric system

Kawakami, Y., Nozaki, D., Matsuo, A., Fukunaga, T.

Eur, J, Appl. Physiol65p.409 - 4141992年-

ボートの競技記録に影響を及ぼす因子

川上泰雄,福永哲夫.

バイオメカニズム学会誌16p.101 - 1091992年-

心拍数を利用した無酸素性作業閾値(AT)の決定

川上泰雄,山本義春,杢子耕一,中村好男,武藤芳照,宮下充正.

呼吸と循環37p.179 - 1831989年-

動物の水中運動

川上泰雄.

Jpn. J. Sports Sci.7p.510 - 5161988年-

Muscle force per cross-sectional area is inversely related with pennation angle in strength trained athletes

Ikegawa, S., Funato, K., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

J. Strength Cond. Res.2007年-

In vivo behavior of muscle fascicles and tendinous tissues in human tibialis anterior muscle during twitch contraction

Oda, T., Himeno, R., Hay, D. C., Chino, K., Kurihara, T., Nagayoshi, T., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

J. Biomech.2007年-

Mapping activation levels of skeletal muscle in healthy volunteers: an MRI study

Kinugasa, R., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

J. Mang. Reson. Imaging24p.1420 - 14252006年-

Fascicle behavior of medial gastrocnemius muscle in extended and flexed knee positions

Wakahara, T., Kanehisa, H., Kawakami, Y. Fukunaga, T.

J. Biomech.2006年-

Human skeletal muscle size and architecture: variability and interdependence

Kawakami, Y., Abe, T., Kanehisa, H., Fukunaga, T.

Am. J. Human Biol.18p.845 - 8482006年-

In vivo fascicle behavior of synergistic muscles in concentric and eccentric plantar flexions in humans

Chino, K., Oda, T., Kurihara, T., Nagayoshi, T., Yoshikawa, K., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Fukashiro, S., Kawakami, Y.

J. Electromyogr. Kinesiol.2006年-

Quantitative assessment of skeletal muscle activation using muscle functional MRI

Kinugasa, R., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Magnetic Resonance Imaging2006年-

In vivo behavior of muscle fascicles and tendinous tissues of human gastrocnemius and soleus muscles during twitch contraction

Oda, T., Kanehisa, H., Chino, K., Kurihara, T., Nagayoshi, T., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

J. Electromyogr. Kinesiol.2006年-

New insights into in vivo muscle function

Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Exerc. Sport Sci. Rev.34p.16 - 212006年-

Musculotendious Factors influencing difference in ankle joint flexibility between women and men

Kato, E., Oda, T., Chino, K., Kurihara, T., Nagayoshi, T. Fukunaga, T., Kawakami, Y.

Int. J. Sport Health Sci.2005年-

New insights into in vivo muscle function

Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Exerc. Sport Sci. Rev.2005年-

Use of three-dimensional ultrasonography for the analysis of the

Kurihara, T., Oda, T., Chino, K., Kanehisa, H., Fukunaga, T., Kawakami, Y.

Int. J. Sport Health Sci.2005年-

Modeling and simulating the deformation of human skeletal muscle based on anatomy and physiology

Lemos, R. R., Rokne, J., Baranoski, V. G., Kawakami, Y., Kurihara, T.

J. Comp. Anim. Virt. Worlds2005年-

Critical power determination with ergometry rowing: relation to rowing performance

Shimoda, M., Kawakami, Y.

Int. J. Sport Health Sci.3p.21 - 262005年-

Behavior of aponeurosis and external tendon of the gastrocnemius muscle during dynamic plantar flexion exercise

Sugisaki, N., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Int. J. Sport Health Sci.2005年-

Behavior of fascicle and tendinous tissue of medial gastrocnemius muscle during stretch-shortening cycle exercise of ankle joint

Sugisaki, N., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Int. J. Sport Health Sci.2005年-

Effects of gender on age-related changes in muscle thickness in the elderly

Takeshita, K., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Int. J. Sport Health Sci.2005年-

Effects of passive ankle and knee joint motions on the length of fascicle and tendon of the medial gastrocnemius muscle

Wakahara, T., Ushiyama, J., Kanehisa, H., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Int. J. Sport Health Sci.3p.75 - 822005年-

The accuracy of volume estimates using ultrasound muscle thickness measurements in different muscle groups

Miyatani, M., Kanehisa, H., Ito, M., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Eur. J. Appl. Physiol.91p.264 - 2722004年-

Resistance training during unweighting maintains muscle size and function in human calf

Akima, H, Ushiyama, J, Kubo, J, Tonosaki, S, Itoh, M, Kawakami, Y, Fukuoka, H, Kanehisa, H, Fukunaga, T.

Med. Sci. Sports Exerc.35p.655 - 6622003年-

Fascicle arrangements of vastus lateralis and gastrocnemius muscles in

Kanehisa, H, Muraoka, Y., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Int. J. Sports Med.24p.90 - 952003年-

Effects of Achilles tendon path change on the myotendinous junction movement of the gastrocnemius muscle

Muramatsu, T., Muraoka, T., Kawakami, Y., Fukashiro, S., Fukunaga, T.

Int. J. Sport Health Sci.1p.19 - 232003年-

Non-invasive estimation of the joint torque of the vastus lateralis during pedaling based on tendon elongation

Muraoka, T., Muramatsu, T., Tachi, M., Kawakami, Y., Kanehisa, H., Fukunaga, T.

Jpn. J. Biomech. Sports Exerc.7p.214 - 2212003年-

The relationship between ankle dorsiflexion torque and muscle size indices

Nagayoshi, T., Kawakami, Y., Maeda, M., Maeda, Y., Hidaka, S., Ikeda, K., Maruyama, A.

Int. J. Sport Health Sci.1p.216 - 2212003年-

Effect of gender on mechanical power output during repeated bouts of maximal running in trained teenagers

Yanagiya, T., Kanehisa, H., Kouzaki, M., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Int. J. Sports Med.24p.304 - 3102003年-

Effect of gender on mechanical power output during repeated bouts of maximal running in trained teenagers

Yanagiya, T., Kanehisa, H., Kouzaki, M., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Int. J. Sports Med.24p.304 - 3102003年-

Muscle and tendon interaction during human movements

Fukunaga, T., Kawakami, Y., Kubo, K., Kanehisa, H.

Exerc. Sport Sci. Rev.30p.106 - 1102002年-

Effects of equivolume isometric training programs comprising medium or high resistance on muscle size and strength

Kanehisa, H., Nagareda, H., Kawakami, Y., Akima, H., Masani, K., Kouzaki, M., Fukunaga, T.

Eur. J. Appl. Physiol.87p.112 - 1192002年-

Effect of series elasticity on isokinetic torque-angle relationship in humans

Kawakami, Y., Kubo, K., Kanehisa, H., Fukunaga, T.

Eur. J. Appl. Physiol.87p.381 - 3872002年-

In vivo muscle-fibre behaviour during counter-movement exercise in humans reveals significant role for tendon elasticity

Kawakami, Y., Muraoka, T., Ito, S., Kanehisa, H., Fukunaga, T.

J. Physiol.540p.635 - 6462002年-

Measurement of viscoelastic properties of tendon structures in vivo

Kubo, K., Kawakami, Y., Kanehisa, H., Fukunaga, T.

Scand J Med Sci Sports12p.3 - 82002年-

Intramuscular variability of the architecture in human medial gastrocnemius muscle in vivo and its functional implications

Muramatsu, T., Muraoka, T., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Adv. Exerc. Sports Physiol.8p.17 - 212002年-

Superficial aponeurosis of human gastrocnemius is elongated during contraction: implications for modeling muscle-tendon unit

Muramatsu, T., Muraoka, T., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

J. Biomech.35p.217 - 2232002年-

In vivo determination of fascicle curvature in contracting human skeletal muscles

Muramatsu, T., Muraoka, T., Shibayama, A., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

J. Appl. Physiol.92p.129 - 1342002年-

Length change of human gastrocnemius aponeurosis and tendon during passive joint motion

Muraoka, T., Muramatsu, T., Takeshita, D., Kawakami, Y., Fukunaga, T.

Cells Tissues Organs171p.260 - 2682002年-

Changes in muscle size, architecture, and neural activation after 20days of bed rest with and without resistance exercise

Kawakami, Y., Akima, H., Kubo, K., Muraoka, Y., Hasegawa, H., Kouzaki, M., Imai, M., Suzuki, Y., Gunji, A., Fukunaga, T.

Eur. J. Appl. Physiol.84p.7 - 122001年-

Fatigue responses of human triceps surae muscles during repetitive maximal isometric contractions

Kawakami, Y., Amemiya, K., Kanehisa, H., Ikegawa, S., Fukunaga, T.

J. Appl. Physiol.88(6)p.1969 - 19752000年-

Specificity and Plasticity of skeletal muscle architecture

Kawakami, Y., Fukunaga, T.

J. Appl. Biomech.16(1)p.68 - 692000年-

Architecture of contracting human muscles and its functional significance

Kawakami, Y., Ichinose, Y., Kubo, K., Ito, M., Fukunaga, T.

J. Appl. Biomech.16(1)p.88 - 972000年-

Interaction between series compliance and sarcomere kinetics determines

Kawakami, Y., Lieber, R. L.

J. Biomech.33(11)p.1249 - 12552000年-

Changes in muscle size and architecture following 20 days of bed rest

Kawakami, Y., Muraoka, Y., Kubo, K., Suzuki, Y., Fukunaga, T.

J. Gravitat. Physiol.7p.53 - 602000年-

Architectural and functional features of human triceps surae muscles during contraction

Kawakami, Y., Ichinose, Y., Fukunaga, T.

J. Appl. Physiol.85(2)p.398 - 4041998年-

Bilateral deficit in plantar flexion : relation to knee joint position, muscle activation, and reflex excitability

Kawakami, Y., Sale, D. G., MacDougall, J. D., Moroz, J. S.

Eur. J. Appl. Physiol.77(3)p.212 - 2161998年-

Determination of fascicle length and pennation in a contracting human muscle in vivo

Fukunaga, T., Ichinose, Y., Ito, M., Kawakami, Y., Fukashiro, S.

J. Appl. Physiol.82(1)p.354 - 3581997年-

Training-induced changes in muscle architecture and specific tension

Kawakami, Y., Abe, T., Kuno, S., Fukunaga, T.

Eur. J. Appl. Physiol.72p.37 - 431995年-

Specific tension of ellow flexor and extensor muscles based on magnetic resonance imaging

Kawakami, Y., Nakazawa, K., Fujimoto, T., Nozaki, D., Miyashita, M., Fukunaga, T.

Eur. J. Appl. Physiol.68p.139 - 1471994年-

Muscle-fiber pennation angles are greater in hypertrophied than in normal muscles

Kawakami, Y., Abe, T., Fukunaga, T.

J. Appl. Physiol.74p.2740 - 27441993年-

Effect of leg extension training on concentric and eccentric strength of quadriceps femoris muscles

Kawakami, Y., Hirano, Y., Miyashita, M., Fukunaga, T.

Scand. J. Med. Sci. Sports3p.22 - 271993年-

Concentric and eccentric muscle strength before, during and after fatigue in 13 year-old boys

Kawakami, Y., Kanehisa, H., Ikegawa, S., Fukunaga, T.

Eur. J. Appl. Physiol.67p.121 - 1241993年-

Reliability of measurement of oxygen uptake using a portable telemetric system

Kawakami, Y., Nozaki, D., Matsuo, A., Fukunaga, T.

Eur, J, Appl. Physiol65p.409 - 4141992年-

Potentiation of isokinetic torque is velocity-dependent following an isometric conditioning contraction

SPRINGERPLUS22013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:2193-1801

書籍等出版物

新版 スポーツ生理学(分担執筆)

川上泰雄ほか

市村出版2014年-

SEBI・SEIのためのストレッチングエクササイズ指導理論

加藤えみか,川上泰雄

(公)日本フィットネス協会2014年-

最新高等保健体育(分担執筆)

川上泰雄ほか

大修館書店2013年-

現代高校保健体育 教授用参考資料(分担執筆)

川上泰雄ほか

大修館書店2013年-

ゴルフ解剖学(翻訳・監訳)

川上泰雄・武田淳也

ベースボールマガジン社2012年-

スポーツバイオメカニクスの基礎 Vol. 3 跳動作

川上泰雄(監修)

医学映像教育センター(DVD)2012年-

スポーツバイオメカニクスの基礎 Vol. 2 歩・走動作

川上泰雄(監修)

医学映像教育センター(DVD)2012年-

スポーツバイオメカニクスの基礎 Vol. 1 バイオメカニクスの基礎

川上泰雄(監修)

医学映像教育センター(DVD)2012年-

ローイングの健康スポーツ科学

川上泰雄ほか

市村出版2011年-

Fascia in Manual Therapy

Langevin, H., Kawakami, Y.

Elsevier

柔軟性の科学

川上泰雄ほか(訳)

大修館書店2010年 02月-

スプリントトレーニングー速く走る・泳ぐ・滑るを科学するー

川上泰雄ほか

朝倉書店2009年 11月-

身近なはてな

川上泰雄ほか

ニュートンプレス2008年-

トレーニング科学最新エビデンス

川上泰雄ほか

講談社2008年-

健康運動指導実践マニュアル

川上泰雄ほか

文光堂

大学院で「研究」する意味とは

川上泰雄

大学受験白書2007年-

身体運動のバイオメカニクス研究方法

川上泰雄ほか

講談社

スポーツ科学事典

川上泰雄ほか

平凡社2006年-

オックスフォードスポーツ医科学辞典

川上泰雄ほか

朝倉書店2006年-

スポーツの百科事典

川上泰雄ほか

丸善2006年-

NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識

川上泰雄ほか(訳)

森永製菓2005年-

整形外科医に必要なスポーツ医学の知識

川上泰雄ほか

金原出版2005年-

バイオメカニクス〜身体運動の科学的基礎〜

川上泰雄ほか

杏林書院2004年-

ランニング障害

川上泰雄ほか

文光堂2003年-

筋の科学事典

川上泰雄ほか

朝倉書店2002年-

スポーツ・バイオメカニクス

川上泰雄ほか

朝倉書店2000年-

教養としてのスポーツ・身体運動

川上泰雄ほか

東京大学出版会2000年-

The length-force characteristics of human gastrocnemius and soleus muscles in vivo

Kawakami, Y., Kumagai, K., Huijing, P. A., Hijikata, T., Fukunaga, T.

Skeletal Muscle Mechanics, From Mechanisms to Function, John Wiley&Sons2000年-

からだの「仕組み」のサイエンス

川上泰雄ほか

杏林書院1997年-

骨格筋-運動による機能と形態の変化-

川上泰雄ほか

ナップ1997年-

トレーニング科学ハンドブック

川上泰雄ほか

朝倉書店1996年-

生化学、生理学からみた骨格筋に対するトレーニング効果

川上泰雄

ナップ1996年-

スポーツ・スピード

川上泰雄ほか(訳)

ベースボールマガジン社1991年-

競技力向上のスポーツ科学II

川上泰雄ほか

朝倉書店1989年-

指導者のための基礎知識フィットネスQ&A

川上泰雄ほか

南江堂1988年-

スポーツ・データバンク小事典

川上泰雄ほか

ぎょうせい1987年-

The length-force characteristics of human gastrocnemius and soleus muscles in vivo

Kawakami, Y., Kumagai, K., Huijing, P. A., Hijikata, T., Fukunaga, T.

Skeletal Muscle Mechanics, From Mechanisms to Function, John Wiley&Sons2000年-

講演・口頭発表等

骨格筋を筋腱複合体として捉える:基礎知識および最近の知見

第22回日本運動生理学会大会(招待講演)2014年07月20日

詳細

口頭発表(一般)

国際誌に掲載されるための主要ポイント-アクセプトを目指して-

第67回日本体力医学会(教育講演)第67回日本体力医学会(教育講演)2012年09月04日

詳細

口頭発表(一般)

子どもの動きを支える筋力

日本学術振興会公開シンポジウム「子どもの動きの獲得に必要な運動・身体活動」2014年03月10日

詳細

口頭発表(一般)

一流スプリンターの筋腱特性

2014年09月27日

詳細

口頭発表(一般)

前脛骨筋の伸張性収縮時のトルクの角速度依存性

2014年07月06日

詳細

口頭発表(一般)

等尺性足関節底屈時のトルク増加速度がトルク−筋放電量関係に及ぼす影響

2014年07月02日

詳細

口頭発表(一般)

人間の骨格筋の形状と機能

2013年08月02日

詳細

口頭発表(一般)

腱および腱膜の弾性エネルギー貯蔵能力

2013年04月12日

詳細

口頭発表(一般)

一流スプリンターのバイオメカニクス的特性

2013年02月23日

詳細

口頭発表(一般)

腱伸長と筋力との対応関係に関する新知見

2010年08月

詳細

口頭発表(一般)

超音波法による筋膜の可視化

2009年10月

詳細

口頭発表(一般)

人間の骨格筋のパワー発揮特性

2007年10月

詳細

口頭発表(一般)

足底屈運動中のアキレス腱のふるまい

2006年07月

詳細

口頭発表(一般)

腱の力学的特性と収縮様式

2006年07月

詳細

口頭発表(一般)

筋力トレーニングと筋形状

2004年11月

詳細

口頭発表(一般)

人間の骨格筋における力の側方伝達

2004年07月

詳細

口頭発表(一般)

超音波法による人間の骨格筋の分析

2004年03月

詳細

口頭発表(一般)

人間生体における筋線維動態

2003年08月

詳細

口頭発表(一般)

作品・ソフトウェア・教材・フィールドワーク等

発育にともなう筋の形態的・機能的特性の変化

1993年-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:若手研究(B)

動的随意筋力に対する筋電気刺激のウォーミングアップ効果

2010年-2011年

研究分野:スポーツ科学

配分額:¥2210000

研究種別:基盤研究(B)

筋肉痛の発生機序と部位特異性:筋肉痛を抑えながら筋力増強効果を高めるトレーニング

2009年-2011年

研究分野:身体教育学

配分額:¥17680000

研究種別:基盤研究(B)

高齢者の生活機能向上に資する簡易筋力トレーニングプログラムの開発

2007年-2009年

研究分野:応用健康科学

配分額:¥19500000

研究種別:基盤研究(B)

筋肉痛と肉離れのメカニズムの解明および筋機能向上のためのトレーニング方法の開発

2006年-2008年

研究分野:身体教育学

配分額:¥18330000

研究種別:基盤研究(A)

スポーツ科学の観点からみた介護予防プログラムの開発とその運営システムの構築

2004年-2007年

研究分野:スポーツ科学

配分額:¥35880000

研究種別:基盤研究(C)

成長および加齢に伴う柔軟性の変化とその改善方法に関する研究

2003年-2005年

研究分野:身体教育学

配分額:¥3700000

研究種別:基盤研究(B)

中高齢者を対象とした日常生活における身体各部位の筋活動量に関する研究

2003年-2004年

研究分野:スポーツ科学

配分額:¥16400000

研究種別:基盤研究(C)

中高年者のローイングによる有酸素運動とレジスタンス運動の効果に関する研究

2001年-2003年

研究分野:体育学

配分額:¥3300000

研究種別:奨励研究(A)

身体の柔軟性に関する研究―筋・腱特性の実測からのアプローチ

2001年-2002年

研究分野:体育学

配分額:¥2500000

研究種別:基盤研究(B)

日本人の生活遂行能力(ライフ・フィットネス)に関する研究

2000年-2002年

研究分野:体育学

配分額:¥15800000

研究種別:萌芽的研究

人間の骨格筋ダイナミクスのリアルタイム計測の試み

1999年-2001年

研究分野:体育学

配分額:¥2200000

研究種別:奨励研究(A)

人間の筋特性(大きさ・力強さ・しなやかさ)の加齢に伴う変化と身体活動能力との関係

1999年-2000年

研究分野:体育学

配分額:¥2200000

研究種別:基盤研究(A)

超音波を用いた人間の筋特性の評価システムの構築

1999年-2001年

研究分野:体育学

配分額:¥27800000

研究種別:奨励研究(A)

筋の収縮中の形状の変化と筋機能との関連-人間における実測の試み-

1996年-1996年

研究分野:体育学

配分額:¥1000000

研究種別:一般研究(B)

中高年齢者用の健康・体力度評価方法の作成とその応用

1995年-1996年

研究分野:体育学

配分額:¥3700000

研究種別:基盤研究(A)

中高年者の歩行能力を維持するための筋力・動作研究とその活用

1995年-1996年

研究分野:体育学

配分額:¥900000

研究種別:総合研究(A)

寝たきり老人をいかに防ぐか-骨密度,筋量,体脂肪量からみた適性身体活動指標の作成-

1995年-1997年

研究分野:体育学

配分額:¥21000000

研究種別:一般研究(C)

健康増進のための巧みな動作の究明-腱の特性を生かす筋活動とは-

1995年-1995年

研究分野:体育学

配分額:¥2200000

研究種別:奨励研究(A)

加齢による筋の形態的・機能的特性の変化と身体運動の効果

1994年-1994年

研究分野:体育学

配分額:¥1100000

研究種別:奨励研究(A)

発育にともなう筋の形態的・機能的特性の変化

1993年-1994年

研究分野:体育学

配分額:¥900000

研究種別:一般研究(B)

中高年齢者の加齢にともなう体力と骨密度に関する研究

1993年-1994年

研究分野:体育学

配分額:¥6500000

研究種別:総合研究(A)

日本人の内臓脂肪量に関する総合調査研究-性差,加齢変化,地域差,成人病との関連-

1993年-1994年

研究分野:体育学

配分額:¥2100000

研究種別:基盤研究(B)

身体運動のメカニズムと適応性の解明:骨格筋・腱動態の生体計測によるアプローチ

2012年-2014年

研究分野:身体教育学

配分額:¥18070000

研究種別:挑戦的萌芽研究

なぜ肉離れは二関節筋の特定部位において好発するのか?

2012年-2013年

研究分野:スポーツ科学

配分額:¥2730000

研究資金の受入れ状況

実施形態:共同研究

生体軟組織の形態的・力学的特性と身体機能の関係2014年-

実施形態:共同研究

センサを用いたランニングパフォーマンス定量に関する研究2013年-2013年

実施形態:受託教育

機能性チェアの効果検証2010年-2011年

実施形態:共同研究

身体形状および身体組成の定量と生活習慣病との関連性に関する研究2009年-

実施形態:受託教育

弾性ストッキングのスポーツパフォーマンス向上効果に関する研究2007年-

実施形態:受託教育

シューズおよびウエアに関する基礎的研究ならびに商品開発に関する調査研究2007年-

実施形態:受託教育

西東京市しゃきしゃき体操効果測定研究2007年-

実施形態:受託教育

平成18年度西東京しゃきしゃき体操効果測定研究事業2006年-2006年

実施形態:共同研究

伸張性筋活動が筋損傷に及ぼす影響に関する研究2007年-

実施形態:共同研究

筋線維内のサルコメア配列に関する研究2006年-

実施形態:共同研究

収縮履歴が筋力発揮特性に及ぼす影響2001年-

実施形態:共同研究

骨格筋内の力伝達に関する研究1997年-

実施形態:共同研究

骨格筋の3次元形状に関する研究2000年-

学内研究制度

特定課題研究

骨格筋・腱特性の加齢変化とトレーニング効果:ロコモティブシンドロームの予防・改善

2015年度共同研究者:稲見崇孝, 吉川亜有美

研究成果概要:受動的な関節角度変化に伴って筋硬度が顕著に上昇する筋を同定し、関節の可動域を規定する因子を特定した。次に、全身麻酔および筋弛緩剤の投与は足関節可動域を変化させず、意識の有無は足関節可動性に影響しないことが明らかとなった。さらに、中...受動的な関節角度変化に伴って筋硬度が顕著に上昇する筋を同定し、関節の可動域を規定する因子を特定した。次に、全身麻酔および筋弛緩剤の投与は足関節可動域を変化させず、意識の有無は足関節可動性に影響しないことが明らかとなった。さらに、中・高齢 者向けの簡便なトレーニング方法の開発に向けて、中高齢者を対象に横断調査を行い、骨格筋の形態や機能と身体運動機能との関連性を評価した。今後、中高齢者における骨格筋の筋量や機能と身体運動機能との関連性を明らかにする予定である。

骨格筋・腱特性の加齢変化とトレーニング効果:ロコモティブシンドロームの予防・改善

2015年度共同研究者:稲見崇孝, 齋藤輝, 福田渉

研究成果概要:The aims of our studies were to investigate the physical properties, association of muscle-tendon unit and physical...The aims of our studies were to investigate the physical properties, association of muscle-tendon unit and physical activity functions, and their individual variations in elderly populations. To establish the methodology of the present study, we have performed the fundamental experiments on young populations focusing on the skeletal muscle hardness-length relationship and the functional roles of fascia by muscle contraction. Furthermore, the shoe insole possessing high bending stiffness was designed in order to improve the locomotive abilities. In addition, we performed a cross-sectional study on 210 participants of different ages to investigate the association between skeletal muscle properties and physical functions in relation to aging. A significant correlation between maximal walking speed and leg extension power was observed. It was concluded that for the improvement of locomotive abilities, leg extension power is important for the elderly. We are planning to reveal the relationship between skeletal muscle mass and locomotion abilities of elderly populations.

ウォーミングアップが筋腱複合体に及ぼす影響

2003年度

研究成果概要: 本運動前の「ウォーミングアップ」について、ストレッチングの効果に関する以下の実験を行った。1)筋腱複合体の解剖学的特徴の確認。関係機関の協力を仰ぎ、ヒト屍体の下腿三頭筋の筋束配置および腱組織配置を解剖観察した。下腿三頭筋を構成す... 本運動前の「ウォーミングアップ」について、ストレッチングの効果に関する以下の実験を行った。1)筋腱複合体の解剖学的特徴の確認。関係機関の協力を仰ぎ、ヒト屍体の下腿三頭筋の筋束配置および腱組織配置を解剖観察した。下腿三頭筋を構成する腓腹筋およびヒラメ筋は筋腹部で弱く結合しており、異なる腱組織を有していたが、アキレス腱部分で腱線維を共有した構造をとることが明らかになった。これらの知見から、ストレッチングによる下腿三頭筋伸長時にアキレス腱は1構造単位として伸長されること、筋腹部の伸長度は伸長の程度によって異なる可能性が示唆された。2)下腿三頭筋のストレッチングによる急性変化。健常な男女大学生を被験者として以下の実験を行った。被験者は座位(膝関節は完全伸展位)をとり、足部を筋力計のフットプレートに固定した。フットプレートは等速で底屈位を始点として足背屈方向に回転し、一定の受動トルクが生じたときに回転を停止、その時の足関節角度を計測した。被験者は筋をリラックスさせ、能動的なトルクが生じないように配慮した。足関節背屈角度が一定になった後にモーターを停止して、足関節を初期位置に戻し、再びモーターのスイッチを入れて同じことを繰り返す、というようにして計10回の測定を行った。超音波装置を用いて背屈動作時の筋腱移行部の動きを計測し、筋線維およびアキレス腱(腓腹筋の外部腱)の伸長をそれぞれ求めた。10回の試行中に徐々に足背屈角度が増加した。このとき、筋線維伸長は4回目までは有意に増加したが、それ以降は増加が頭打ちとなった。一方、アキレス腱伸長は後半に有意に増加した。この結果は、(ダイナミックな)ストレッチングはその回数や負荷を工夫することによって筋線維と腱組織双方の伸展性を高める効果を及ぼし得ることを示唆する。現在、持続的な伸長負荷(静的ストレッチング)が下腿三頭筋の筋腱複合体に及ぼす効果に関する実験を進めている。

海外研究活動

研究課題名: 骨格筋の張力伝達機構に関する研究

2008年09月-2009年08月

機関: フリー大学(オランダ)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
演習I(身体運動のメカニズム)スポーツ科学部2017秋学期
演習II(身体運動のメカニズム)スポーツ科学部2017春学期
演習III(身体運動のメカニズム)スポーツ科学部2017秋学期
演習IV(身体運動のメカニズム)スポーツ科学部2017春学期
バイオメカニクススポーツ科学部2017春学期
筋骨格系の基礎科学スポーツ科学部2017春学期
スポーツ医科学実習スポーツ科学部2017春学期
スポーツ医科学基礎演習スポーツ科学部2017春学期
解剖学スポーツ科学部2017秋学期
生体ダイナミクス研究指導A大学院スポーツ科学研究科2017春学期
生体ダイナミクス研究指導B大学院スポーツ科学研究科2017秋学期
生体ダイナミクス演習(1)A大学院スポーツ科学研究科2017春学期
生体ダイナミクス演習(1)B大学院スポーツ科学研究科2017秋学期
生体ダイナミクス演習(2)A大学院スポーツ科学研究科2017春学期
生体ダイナミクス演習(2)B大学院スポーツ科学研究科2017秋学期
生体ダイナミクス特論大学院スポーツ科学研究科2017秋学期
生体ダイナミクス研究指導(D)A大学院スポーツ科学研究科2017春学期
生体ダイナミクス研究指導(D)B大学院スポーツ科学研究科2017秋学期
Sport Sciences 1 01グローバルエデュケーションセンター2017春クォーター

教育内容・方法の工夫

ゼミ合宿

詳細

概要:毎年夏休みにゼミ合宿を実施し、学生と教員の交流を深めながら集中した学習を行っている。

パワーポイントを使った授業実践

詳細

概要:講義の授業では基本的にパワーポイントを用いた授業を行っている。動画、写真を多用し、視覚的な理解を助けている。授業資料はプリント配布するとともに、ウェブサイト上にアップロードし、学生が閲覧できるようにしている。

学生の発表の場の提供

詳細

概要:講義および演習の授業において、学生に研究発表を行わせることを通じて、プレゼンテーション能力の養成を心がけている。

小集団によるゼミの展開

詳細

概要:学部演習の授業において、小集団の実験実習を行っている。実験結果をもとにレポートを課し、個別添削指導を行っている。

授業アンケート、リアクションペーパーの活用

詳細

概要:開講授業にてアンケートを実施し、授業評価を得ている。また、毎回の講義でリアクションペーパーを回収し、質問、意見等に答える形式で双方向的な授業を進めている。

作成した教科書・教材・参考書

ゴルフ解剖学(翻訳)

2012年12月

スポーツバイオメカニクスの基礎 Vol.3 跳動作(DVD)

スポーツバイオメカニクスの基礎 Vol.2 歩・走動作(DVD)

2012年

スポーツバイオメカニクスの基礎 Vol.1 バイオメカニクスの基礎(DVD)

2012年

社会貢献活動

新聞

2012年08月-

イベント・番組・雑誌名:新聞

詳細

概要:産経新聞 スポーツ欄「ウサイン・ボルト 夢の9秒4台は可能か」でコメント

テレビ番組

2012年07月-

イベント・番組・雑誌名:テレビ番組

詳細

概要:NHK特集「ミラクル・ボディ」シリーズ第3弾(1)ウサイン・ボルト「人類最速の秘密」番組企画協力・出演

新聞

2012年04月-

イベント・番組・雑誌名:新聞

詳細

概要:日本経済新聞 健康欄「スローピングで体力づくり」でコメント

テレビ番組

2012年01月-

イベント・番組・雑誌名:テレビ番組

詳細

概要:NHK BS-プレミアム「石井竜也のショータイム」の番組企画・取材協力

ラジオ

2011年05月-

イベント・番組・雑誌名:ラジオ

詳細

概要:FMラジオ局J-WAVEの番組「kiss and hug」において「火事場の馬鹿力」について電話インタビュー

テレビ番組

2008年03月-

イベント・番組・雑誌名:テレビ番組

詳細

概要:NHK特集「ミラクル・ボディ」シリーズ第1弾(1)アサファ・パウエル 番組企画協力・出演

ラジオ

2008年02月-

イベント・番組・雑誌名:ラジオ

詳細

概要:RKB毎日放送「スタミナラジオ」にて「火事場の馬鹿力」について電話インタビュー

テレビ番組

2008年01月-

イベント・番組・雑誌名:テレビ番組

詳細

概要:テレビ東京「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ」にて「火事場の馬鹿力」に関するコメントを提供

テレビ番組

2007年05月-

イベント・番組・雑誌名:テレビ番組

詳細

概要:(独)科学技術振興機構 サイエンスチャンネル「アスリート解体新書(23ハンドボール)にて一流ハンドボール選手の動作分析結果を紹介

テレビ番組

2007年04月-

イベント・番組・雑誌名:テレビ番組

詳細

概要:(独)科学技術振興機構 サイエンスチャンネル「アスリート解体新書(20卓球)」にて一流卓球選手の動作分析結果を紹介

テレビ番組

2007年04月-

イベント・番組・雑誌名:テレビ番組

詳細

概要:NHKモバイル放送「科学大好き土よう塾」にて運動選手の骨格筋量測定結果を紹介

テレビ番組

2007年04月-

イベント・番組・雑誌名:テレビ番組

詳細

概要:NHK「科学大好き土よう塾」にて運動選手の骨格筋量測定結果を紹介