氏名

ホンダ マサアキ

誉田 雅彰

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0205494/)

所属

(スポーツ科学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
hon@waseda.jp

URL等

研究者番号
90367095

本属以外の学内所属

兼担

スポーツ科学学術院(大学院スポーツ科学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

知覚情報システム研究所

研究所員 2010年-2010年

音声_認識_基盤技術研究所

研究員 2005年-2009年

メディアネットワークセンター

兼任研究員 2008年-2010年

応用脳科学研究所

研究所員 2009年-2013年

メディアネットワークセンター

兼任研究員 2010年-2010年

スポーツ科学研究センター

運営委員 2016年-2018年

知覚情報システム研究所

研究所員 2010年-2015年

知覚情報システム研究所

研究所員 2015年-2019年

スポーツ科学研究センター

運営委員 2014年-2016年

ヒューマンパフォーマンス研究所

研究所員 2017年-2021年

ことばの科学研究所

研究所員 2013年-2018年

ことばの科学研究所

研究所員 2018年-

学歴・学位

学位

博士(工学) 早稲田大学

所属学協会

日本音響学会、電子情報通信学会、IEEE、米国音響学会 日本音響学会評議委員

委員歴・役員歴(学外)

2001年-日本音響学会 評議員
2002年-電子情報通信学会音声研究専門委員会 専門委員
2004年-音声技術実用化推進専門委員会 副主査

受賞

日本人工知能学会研究会優秀賞

2005年06月

計測自動制御学会SI2004ベストセッション講演賞

2004年12月

2003年IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems 応用部門最優秀論文賞

2004年10月

研究分野

キーワード

音声情報処理、感覚行動システム、音声学、音声科学

科研費分類

情報学 / 人間情報学 / 知能ロボティクス

人文学 / 言語学 / 言語学

研究テーマ履歴

音声科学、音響信号処理、スポーツ動作解析

個人研究

2004年-2006年感覚情報に基づく発話獲得機構の構築

研究テーマのキーワード:発話運動制御、感覚運動系、発話ロボット

2005年-2005年感覚運動系適応化メカニズムに関する共同研究

研究テーマのキーワード:発話運動制御、感覚運動制御、運動適応

国内共同研究

論文

Production of Various Vocal Cord Vibrations using a Mechanical Model for an Anthropomorphic Talking Robot

Fukui K., Ishikawa Y., Shintaku E., Honda M., and Takanishi A.

Advanced Robotics26p.105 - 1202012年01月-2012年01月 

発話データに基づく人間形発話ロボットの制御

福井孝太郎、草野世大、高西淳夫、誉田雅彰

音声研究14(2)p.57 - 642010年08月-2010年08月 

The influence of time-scale changes in movement on mental images and prediction

Uchida Y, Honda M.

The inaugural international academy of sportology - english monograph2010年-

Assessment of visual function by a new quantitative method of dynamic visual acuity

Uchida, Y., Kudoh, D., Honda, M

Human Performance Measurement7p.1 - 62010年-2010年

Production of various voice qualities using mechanical vocal code model

Honda, M., Fukui, K., Shintaku, E.,Ishikawa, Y., Sakakibara, N., Mukaeda, Y., Takanshi, A.,

roceeding of the 1st Int. Workshop on Dynamic Modeling of the Oral, Pharyngeal and Laryngeal Complex for Biomedical Applicationsp.97 - 1002009年-2009年

Three-dimensional mechanical tongue and vocal cord models for human speech production

Fukui,K., Sintaku, E., Ishikawa, Y. Sakakibara, N., Mukaida,M., Takanishi, A., Honda, M.

Acoustical Society of America 157th Meeting2009年-2009年

発音発語-工学から見た発音発語

誉田雅彰

第68回日本矯正歯科学会大会(招待講演)2009年-2009年

Improved hight-quality MPEG-2/4 advanced audio coding encoder

Y. Kubo, M. Honda, K. Shirai, T. Komori, N. Seiyama, T. Takagi

Acoustical Science and Technology29(6)p.362 - 3712008年11月-2008年11月 

NN順逆モデリングを用いた人間形発話ロボットの声帯振動制御

福井孝太郎、新宅英滋、下村彰宏、榊原菜々、石川優馬、誉田雅彰、高西淳夫

日本ロボット学会誌26(7)p.76 - 822008年10月-2008年10月 

Three-dimensional Tongue Mechanism of Anthropomorphic Talking Robots for Human-like Voice Production

K. Fukui, N. Sakakibara, E. Shintaku, A. Shimomura, Y. Ishikawa, M. Honda, A. Takanish

Proceedings of the 16th CISM-IFToMM Symposium on Robot Design, Dynamics and Control2008年07月-2008年07月 

Control Methods Based on Neural Network Forward and Inverse Models for a Biomechanical Structured Vocal Cord Model on an Anthropomorphic Talking Robot

K. Fukui, E. Shintaku, A. Shimomura, N. Sakakibara, Y. Ishikawa, M. Honda, A. Takanishi

Proceedings of the 2008 IEEE International Conference on Robotics and Automationp.3648 - 36532008年05月-2008年05月 

生理学的構造に基づく人間形発話ロボットの声帯機械モデル

福井孝太郎、新宅英滋、誉田雅彰、高西淳夫

日本機械学会論文集73(734-C)p.2750 - 27562007年10月-2007年10月 

New Anthropomorphic Talking Robot having a Three-dimensional Articulation Mechanism and Improved Pitch Range

K. Fukui, Y. Ishikawa, T. Sawa, E. Shintaku , M. Honda, A. Takanishi

Proceedings of the 2007 IEEE International Conference on Robotics and Automationp.2922 - 29272007年04月-2007年04月 

Automatic music selection method adapted to the user's preference

Kentaro Hikosaka, Toru Taniguchi, Yotaro Kubo, Masaaki Honda and

Proc. of NCSP'07p.477 - 4802007年03月-

ロボットにおける発話

福井孝太郎、高西淳夫、誉田雅彰

日本音響学会誌63(1)p.23 - 282007年02月-

Talking Robot mimicking human speech production

M. Honda

Robotics for Society, New Direction in Cognitive Science2007年01月-

New anthropomorphic talking robot -Investigation for the three dimensional articulation mechanism and improvement of the pitch range

K.Fukui, Y.Ishikawa, T.Sawa, E.Shintaku,M.Honda, A.Takanishi

The 4-th Joint Meeting of Acoustical Society of Amerika and Acoustical Society of Japan120(5)p.32492006年11月-

Acoustic analysis and synthesis of laughter

T.Haga, M.Honda, K.Shirai

The 4-th Joint Meeting of Acoustical Society of Amerika and Acoustical Society of Japan120(5)p.33742006年11月-

A mechanical model of the vocal cords mimicking human biological structure

K.Fukui,  E.Shintaku, K.Takada、S.Ikeo, K.Nishikawa, A.Takanishi, M.Honda

The 5-th International Conference on Voice Physiology and Biomechanicsp.69 - 702006年07月-

Sinusoidal model basen on instantaneous frequency attractors

T. Abe, M. Honda

IEEE Transactions on Speech and Audio Processing14(4)p.1292 - 13002006年07月-

Development of a human-like sensory feedback mechanism for an anthropomorphic talking robot

K.Fukui, K.Nishikawa, S. Ikeo, M.Honda, A. Takanishi

IEEE Int. Conf. on Robotics and Automationp.101 - 1062006年04月-

New anthropomorphic talking robot having sensory feedback structure and vocal cords based on human biomechanical structure

K.Fukui, K.Nishikawa, S.Ikeo, E.Shintaku, K.Takada, A.Takanishi, M.Honda

The first IEEE/RAS-EMBS Int. Conf. on Biomedical Robotics and Biomechatronicsp.702006年02月-

人間形発話ロボットにおける感覚フィードバックを用いた制御パラメータの最適化

福井孝太郎 池尾俊輔 西川員史 新宅英滋 高田健太郎 髙信英明 誉田雅彰 高西淳夫

日本音響学会2005年秋季研究発表会講演論文集p.317 - 3182005年09月-

生理学的構造を模擬した人間形発話ロボットによる音声生

新宅英滋 福井孝太郎 西川員史 池尾俊輔 高田健太郎 誉田雅彰 高西淳夫

日本音響学会2005年秋季研究発表会講演論文集p.315 - 3192005年09月-

人間の生理学的構造を模擬した器官を有する新型人間形発話ロボットの開発

新宅英滋 福井孝太郎 西川員史 池尾俊輔 高田健太郎 誉田雅彰 高西淳夫

第23回日本ロボット学会学術講演会p.3F222005年09月-

Dicrimination of speech, musical instruments and singing voice using the temporal patterns of sinusoidal segments in audio signals

T. Taniguchi, A. Adachi, S. Okawa, M. Honda, K.Shirai

Proc. of 9th Euripean Conf. on Speech Communication and Technologyp.589 - 5922005年09月-

Development of a New Vocal Cords based on Human Biological Structures for Talking Robot

Kotaro Fukui, Kazufumi Nishikawa, Shunsuke Ikeo, Eiji Shintaku, Kentaro Takada, Hideaki Takanobu,Masaaki Honda and Atsuo Takanishi

Ninth International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information & Engineering Systemsp.908 - 9142005年09月-

Development of a Talking Robot with Vocal Cords and Lips Having Human-like Biological Structure

Kotaro Fukui, Kazufumi Nishikawa, Shunsuke Ikeo, Eiji Shintaku, Kentaro Takada, Hideaki Takanobu,Masaaki Honda and Atsuo Takanishi

IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systemsp.2526 - 25312005年08月-

Three dimensional electromagnetic articulography -A measuremnet priciple-

T. Kaburagi, K. Wakamiya, M. Honda

Journal of the Acousticla Society of America118(1)p.428 - 4432005年07月-

発話ロボットの弾性体柔軟舌形状のモデル化および音響モデルとの統合

西川員史、小河原隆行,高信英明,持田岳美,誉田雅彰,高西淳

日本機械学会論文集C編p.102 - 1082005年06月-

Mechanical vocal tract model mimicking human biological strucure

E. Shintaku, K.Fukui, K. Nishikawa, S. Ikeo, K. takada, A. Takanishi, H. Takanobu, M.Honda

Proc. of 149th Meeting of Acoustical Society of America117(4)p.2543 - 25432005年05月-

Development of an anthropomorphic talking robot and the mimicking speech control

K. Fukui, K. Nishikawa, T.Kuwae, A. Takanishi, H. Takanobu, T. Mochida, M. Honda

Proc. of 149th Meeting of Acoustical Society of America117(4)p.2541 - 25412005年05月-

Development of a New Human-like Talking Robot for Human Vocal Mimicry

Kotaro Fukui, Kazufumi Nishikawa, Toshiharu Kuwae, Hideaki Takanobu, Takemi Mochida, Masaaki Honda,Atsuo Takanishi

IEEE International Conference on Robotics and Automationp.14492005年04月-

人間形発話ロボット -喉を震わせ口を動かして発話するロボット-

誉田雅彰、西川員史、高西淳夫、廣谷定男、持田岳美

日本音響学会誌61(2)p.91 - 952005年02月-

Dynamical simulation of speech cooperative articulation by muscle linkages

Takayuki Ito, Hiroaki Gomi, Masaaki Honda

Biological Cybernetics61p.275 - 2822004年12月-

音を作りだす仕組みを探る

誉田雅彰

計測と制御/計測自動制御学会432004年04月-

Speaker adaptation method for acoustic-to-articulatory inversion using an HMM-based speech production model

Sadao Hiroya, Masaaki Honda

IEICE Transactions on Information and SystemsE87-D(5)2004年05月-

Estimation of ariculatory movements from speech acoustics using an HMM-based speech production model

Sadao Hiroya, Masaaki Honda

IEEE Trans. on Speech and Acoustic Processing12(2)p.175 - 1852004年03月-

発話動作における感覚フィードバック機構

誉田雅彰

日本音響学会誌59(11)p.676 - 6812003年11月-

Articulatory coordination by muscle-linkage during bilabial utterances

Takayuki Ito, Hiroaki Gomi, Masaaki Honda

Acoustical Science and Technology24(6)p.391 - 3932003年-

Investigation of coarticulation in continuous speech

Dang, Kiyosi Honda, Masaaki Honda

Acoustical Science and Technology24(6)2003年-

無声子音における舌・唇と喉頭の調音運動の時間関係の分析

藤野昭典、鏑木時彦、誉田雅彰、村野恵美、新美成二

日本音響学会誌59(3)p.121 - 1302003年-

人間形発話ロボットによる母音および子音発声の実現 −第3報 より人間に近い発声を目指した新型発話ロボットの開発

西川員史、林宏樹、高信英明、持田岳美、誉田雅彰、高西淳夫

日本機械学会論文集C69(683)p.139 - 1442003年-

発声運動に応じた筋スティフネスによる上唇・顎の協調メカニズム

伊藤貴之、五味裕章、誉田雅彰

電子情報通信学会論文誌86-DIIp.333 - 3412003年-

発話機構の計算論的研究

誉田雅彰

数理科学「脳型コンピュータの実現に向けて」 サイエンス社2003年08月-

Compensatory articulation during bilabial fricative production by regulating muscle stiffness

Hiroaki Gomi, Takayuki Ito, Emi Murano, Masaaki Honda

Journal of Phonetics30(3)p.261 - 2792002年03月-

Compensatory responses of articulators to unexpected perturbation of the palate shape

Masaaki Honda, Akinori Fujino, Tokihiko Kaburagi

Journal of Phonetics30(3)p.281 - 3022002年03月-

音響調音コードブックを用いた音声からの調音運動の逆推定

鈴木 紳、岡留剛、誉田雅彰

電子情報通信学会論文誌J85-A(8)p.840 - 8462002年08月-

Electromagnetic articulograph based on a nonparametric representation of the magnetic field

Tokihiko Kaburagi, Masaaki Honda

Journal of the Acoustical Society of America111(3)p.1414 - 14212002年03月-

発話機構の計算論的研究

誉田雅彰

Computer Today サイエンス社2002年-

Dynamic articulatory model based on multidimensional invariant-feature task representation

Tokihiko Kaburagi, Masaaki Honda

Journal of the Acoustical Society of America1102001年-

Generation of articulatory movements by using a  kinematic triphone model

Takeshi Okadome, Masaaki Honda

Journal of the Acoustical Society of America1102001年-

音声・楽器音・歌声が混在した音響信号中の音カテゴリ検出

谷口徹、安達了慈、大川茂樹、誉田雅彰、白井克彦

日本音響学会2005年春季研究発表会Ip.265 - 2662005年03月-

可変長セグメントパタンマッチングに基づく楽音の音高・楽器推定

彦坂健太郎、椿雅也、谷口徹、誉田雅彰、白井克彦

日本音響学会2005年春季研究発表会Ip.599 - 6002005年03月-

Dynamic Non-Linear Techniques for Speech Recognition

GE Lingnan, A. Kurematsu、M. Honda, K. Shirai

日本音響学会2005年春季研究発表会Ip.233 - 2342005年03月-

人間に近い声帯・声道接続条件を有する新型人間形発話ロボットの開発

福井,西川,桑江,秋山,髙信,持田,誉田,高西

第22回日本ロボット学会講演会予稿集2004年10月-

未知話者からの調音逆推定法の評価

廣谷定男、誉田雅彰

日本音響学会春季研究発表会/日本音響学会2004年03月-

高調波パターンを用いた音声・楽器音・歌声の識別

日本音響学会2004年春季研究発表会講演論文集2004年03月-

発話動作の仕組みと発話生成モデル

電子情報通信学会技術研究報告sp2003.42004年03月-

人間型発話ロボットの実現をめざして(キーノート講演)

計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会2003年12月-

人間の発話器官を模擬した発話ロボットによる音声生成

計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会2003年12月-

発話ロボットの聞き真似発話制御機構の検討

計測自動制御学会システムインテグレーション部会講演会2004年12月-

発声力学に基づくタスクプニング機構の構築

「脳を創る」終了シンポジウム(科学技術振興事業団)2003年12月-

Effects of tactile and auditory feedback on compensatory articulatory response to an unexpected palatal perturbation

Masaaki Honda, Emi Murano

Proceeding of 6th International Seminar on Speech Production2003年12月-

Articulatory Control of Talking Robot by Mimicking Formant Trajectories of Human Speech

T. Mochida, S. Hiroya, M. Honda, K. Nishikawa, and A. Takanishi

Proceeding of 6th International Seminar on Speech Productionp.173 - 1782003年12月-

An investigation on the measurement accuracy of the three-dimensional electromagnetic articurography

Tokihiko Kaburagi, Kouhei Wakamiya, Masaaki Honda

Proceeding of 6th International Seminar on Speech Production2003年12月-

Identification of articulator muscle dynamics producing quick speech movements

Takayuki Ito, Hiroaki Gomi, Masaaki Honda

Proceeding of 6th International Seminar on Speech Production2003年12月-

Speech production Humanoid robot to reproduce human vocal movement

K. Nishikawa, K. Hayashi, H. Takanobu, T. Mochida, M. Honda and A. Takanishi

Proceedings of the 2003 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systemsp.1907 - 19132003年10月-

Modeling and analysis of elastic tongue mechanism of talking robot for acoustic simulation

K. Nishikawa, H. Takanobu, T. Mochida, M. Honda and A. Takanishi

Proceeding of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systemsp.2107 - 21142003年10月-

Modeling of muscle contraction dynamics of speech articulator

Takayuki Ito, Hiroaki Gomi, Masaaki Honda

Proceeding of Society for Neuroscience2002年11月-

Effects of tactile and auditory feedback on compensatory articulatory response to an unexpected palatal perturbation

Masaaki Honda, Akinori Fujino, Emi Murano

Proceeding of the International Conference on Linguistics and Phonetics (LP2002)p.12 - 122002年09月-

Acoustic-to-articulatory inverse mapping using an HMM-based speech production model

Sadao Hiroya, Masaaki Honda

Proceeding of International Conference on Spoken Language Processing4p.2305 - 23082002年09月-

Three-dimensional electromagnetic articulograph based on a nonparametric representation of the magnetic field

Tokihiko Kaburagi, Kouhei Wakamiya, Masaaki Honda

7th International Conference on Spoken Language Processing2002年09月-

Model of the mechanical linkage of the upper lip-jaw for the articukatory coordination

Takayuki Ito, Hiroaki Gomi, Masaaki Honda

Proceeding of 6th Int. Conf. on Spoken Language Processingp.889 - 8922002年09月-

Proceeding of Investigation of coarticulation based on electromagnetic articulographic data

J. Dang, M. Honda, K. Honda

International Conference of Spoken Language Processing2002年09月-

Determination of articulatory movements from speech acoustics using an HMM-based speech production model

Sadao Hiroya, Masaaki Honda

International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processingp.437 - 4402002年05月-

A dynamical simulation by using low pass filtered EMG for compensatory articulation

Takayuki Ito, Hiroaki Gomi, Masaaki Honda

Society for Neuroscience2001年11月-

Electromagnetic articulograph system using the spline representation of the magnetic field

T. Kaburagi, M.Honda

CREST Workshop on Speech Motor Control and Modeling2001年09月-

Compensatory articulation driven by muscle-linkage and change in acoustic distortion caused by different jaw-perturbations

H. Gomi, T. Ito, M. Honda

International Symposium on Measurement, Analysis and Modeling of Human Functions2001年09月-

Dynamical simulation of the upper lip compensatory articulation using low filtered EMG signal

T. Ito, H. Gomi, M. Honda

The international symposium on measurement, analysis and modeling of human functions2001年09月-

Compensatory responses of articulators to unexpected palatal perturbation: Articulatory and EMG studies

M. Honda, T. Kaburagi

CREST Workshop on Speech Motor Control and Modeling2001年09月-

- Control mechanisms of cooperative articulation – From the viewpoint of perturbation study -

H. Gomi, T. Ito, M. Honda

CREST Workshop on Speech Motor Control and Modeling2001年09月-

An experimental study on acoustical measurement of vocal-tract area function

T. Mochida, M. Honda

CREST Workshop on Speech Motor Control and Modeling 2001年09月-

発声力学に基づくタスクプニング機構の構築

誉田雅彰

「脳を創る」公開シンポジウム(科学技術振興事業団)2001年05月-

書籍等出版物

Advances in Speech Signal Processing

Masaaki Honda

Marcel Dekker Inc.1992年-

Handbok of Signal Processing in Acoustics

Masaaki Honda

Springer2009年 02月-

詳細

ISBN:978-0-387-77698-9

講演・口頭発表等

動作速度がゴール成否予測に与える影響

脳と心のメカニズム第11回冬のワークショップ2010年01月

詳細

口頭発表(一般)

修正聴覚フィードバックによる時間軸伸縮と発話補償動作の関

2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

発話動作における時間軸修正量と補償動作の関係

電子情報通信学会信学技法2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

修正聴覚フィードバックにおける時間軸伸縮量と発話補償動作の関係

日本音響学会2009 年秋季研究発表会講演論文集2009年09月

詳細

口頭発表(一般)

時間軸修正聴覚フィードバックが発話動作に及ぼす影響

日本音響学会2009 年春季研究発表会講演論文集2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

特許

整理番号:295

発声装置およびこれに用いられる声帯駆動機構、口唇駆動機構、舌駆動機構(日本)

高西 淳夫, 誉田 雅彰, 高信 英明, 西川 員史, 小河原 隆行, 池尾 俊輔, 藤田 愛

特願2003-126705、特開2004-333655

整理番号:308

舌体形状をモデル化する方法及びその装置、並びにそのモデル化する方法を用いた音響シミュレーション方法及びその装置(日本)

高西 淳夫, 誉田 雅彰, 高信 英明, 西川 員史, 小河原 隆行, 桑江 俊治

特願2003-193186、特開2005- 31158

整理番号:502

人工声帯、声帯駆動機構、発声装置及びロボット(日本)

新宅 英滋, 高田 健太郎, 高西 淳夫, 誉田 雅彰, 西川 員史, 池尾 俊輔

特願2005-143245、特開2006-317878

整理番号:717

音楽再生システム(日本)

白井 克彦, 彦坂 健太郎, 谷口 徹, 誉田 雅彰, 久保 陽太郎

特願2007-051830、特開2008-216486

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(B)

実体モデルに基づく病的音声生成機構の構築

2010年-2012年

研究分野:知覚情報処理・知能ロボティクス

配分額:¥15600000

研究種別:基盤研究(B)

実体モデルに基づく声質生成機構の構築

2007年-2010年

研究分野:知覚情報処理・知能ロボティクス

配分額:¥18070000

研究種別:基盤研究(B)

出力単語の語彙属性を用いた対話韻律制御に基づく音声合成

2006年-2009年

研究分野:知覚情報処理・知能ロボティクス

配分額:¥18280000

研究種別:基盤研究(B)

対話状況に応じた自発的コミュニケーション機構の研究

2005年-2007年

研究分野:知覚情報処理・知能ロボティクス

配分額:¥15360000

研究種別:

感覚情報に基づく発話獲得機構の構築

配分額:¥36790000

研究種別:基盤研究(C)

修正聴覚フィードバックに基づく発話運動計画機構の解明

2014年-2016年

研究分野:知覚情報処理

配分額:¥4810000

研究種別:

修正聴覚フィードバックに基づく発話運動計画機構の解明

2014年-0月-2017年-0月

配分額:¥4810000

学内研究制度

特定課題研究

小型携行センサを用いた運動フォームの遠隔自動コーチングシステム

2015年度共同研究者:尾崎惇志

研究成果概要:スポーツにおいてセンサや映像などの機械による身体運動の計測が行われるようになって久しい。これらから得られたデータは、定量的な分析がなされ、選手にフィードバックされスポーツの運動技術の発展に貢献している。更に、情報通信技術の進歩によ...スポーツにおいてセンサや映像などの機械による身体運動の計測が行われるようになって久しい。これらから得られたデータは、定量的な分析がなされ、選手にフィードバックされスポーツの運動技術の発展に貢献している。更に、情報通信技術の進歩により、分析やフィードバックも機械によって実現可能になっている。本研究では、インラインスケート競技を対象とし、センサデータからのスポーツ動作の状態推定とコーチの指導言語表現のセンサデータからの機械学習について検討を進めた。その結果、センサデータからスケート動作の状態が90%の精度で推定できることが示された。また、センサデータからのコーチ指導言語表現の推定に関しても、90%以上の精度で推定できることが示された。

隠れマルコフモデルに基つくボールゲームの最適戦略の生成

2018年度

研究成果概要:こでまで、サッカー映像からの選手位置の分析方法を開発してきたが、統計的ゲーム分析の高度化を図るにはより膨大な選手位置データが必要であり、映像処理に代わる測定方法として選手位置のGPSセンサ測定系を構築した.具体的には,RTK-GP...こでまで、サッカー映像からの選手位置の分析方法を開発してきたが、統計的ゲーム分析の高度化を図るにはより膨大な選手位置データが必要であり、映像処理に代わる測定方法として選手位置のGPSセンサ測定系を構築した.具体的には,RTK-GPS測定系を用い,GPSアンテナの身体への装着方法,歩行時およびランニング時における測定精度をビデオ測定と照合する方法を用いて検討を行った.その結果,従来のGPS測定の測定誤差が数mであったのに対して,数cmの測定誤差で選手位置を測定できることが明らかとなった.  

海外研究活動

研究課題名: 身体モデルに基づく感覚運動制御機構に関する研究

2011年10月-2012年09月

機関: GISPA Laboratory(フランス)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
演習II(スポーツ情報処理)スポーツ科学部2020春学期
演習III(スポーツ情報処理)スポーツ科学部2020秋学期
演習IV(スポーツ情報処理)スポーツ科学部2020春学期
情報処理 01スポーツ科学部2020春学期
情報処理 03スポーツ科学部2020春学期
スポーツ動作情報解析 04スポーツ科学部2020春学期
基礎プログラミングスポーツ科学部2020春学期
スポーツ医科学基礎演習スポーツ科学部2020春学期
スポーツ工学スポーツ科学部2020秋学期
スポーツ情報処理研究指導A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ情報処理研究指導B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
スポーツ情報処理演習(1)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ情報処理演習(1)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
スポーツ情報処理演習(2)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ情報処理演習(2)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
スポーツ情報処理特論大学院スポーツ科学研究科2020春学期
データ分析(MatLab)大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ情報処理研究指導(D)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ情報処理研究指導(D)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
言葉を話す仕組みグローバルエデュケーションセンター2020冬クォーター

社会貢献活動

NHK

2003年09月-

イベント・番組・雑誌名:NHK

詳細

概要:発声のメカニズムに関する解説