氏名

キタガワ マサトシ

北川 宜稔

職名

講師(任期付)

所属

(教育学部)

本属以外の学内所属

兼担

教育・総合科学学術院(大学院教育学研究科)

学歴・学位

学位

博士

論文

Irreducible decompositions with continuous parameter and D-modules on the basic affine space

2017年11月-

学内研究制度

特定課題研究

実簡約リー群の表現の絡作用素とルート系の関係

2019年度

研究成果概要:リー群の分岐則が、具体的な不変量によってどのように統制されるかについて研究を行った。分岐則が扱いやすい状況として、離散的に分解するという場合が存在する。本研究において、表現が離散的に分解するための条件を、 wave front s...リー群の分岐則が、具体的な不変量によってどのように統制されるかについて研究を行った。分岐則が扱いやすい状況として、離散的に分解するという場合が存在する。本研究において、表現が離散的に分解するための条件を、 wave front set と呼ばれる表現の不変量を用いて与えた。さらに、離散的に分解したうえで重複度が有限になるという許容的になるための条件も、同様の手法により与えた。これらの結果は実簡約リー群の場合には、小林俊行氏の1994,98年における論文の一般化となっている。この研究結果は、2019年度の表現論シンポジウムにおいて発表された。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
代数7教育学部2020秋学期
数学特論2 教育学部2020春学期
情報数学9教育学部2020春学期
情報数学10教育学部2020秋学期
数学序論2教育学部2020秋学期
代数学特論III-2大学院教育学研究科2020秋学期
代数学特論III-1大学院教育学研究科2020春学期