氏名

ヒラツカ モトシ

平塚 基志

職名

准教授 (https://researchmap.jp/7000011950/)

所属

(人間科学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
hiratsuka[at mark]waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒359-1192埼玉県 所沢市 三ヶ島2-579-15

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/hiratsuka/(研究室のホームページです)

研究者番号
00649585
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0003-2136-0876

本属以外の学内所属

兼担

人間科学学術院(人間科学部通信課程)

人間科学学術院(大学院人間科学研究科)

理工学術院(大学院環境・エネルギー研究科)

学内研究所等

持続型食・農・バイオ研究所

研究所員 2017年-2018年

学歴・学位

学歴

2003年-2006年 早稲田大学大学院 人間科学研究科 人間科学専攻
2001年-2003年 早稲田大学大学院 人間科学研究科 生命科学専攻
1996年-2000年 早稲田大学 人間科学部
1993年-1996年 石川県立飯田高等学校

学位

博士(人間科学) 課程 早稲田大学

経歴

2018年-早稲田大学人間科学学術院准教授
2015年-2018年早稲田大学人間科学学術院講師(専任)
2014年-2015年三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社環境・エネルギー部主任研究員
2009年-2014年独立行政法人国立環境研究所温室効果ガスインベントリオフィス客員研究員
2010年-2014年三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社環境・エネルギー部副主任研究員
2007年-2010年三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社環境・エネルギー部研究員

所属学協会

日本森林学会

日本熱帯生態学会

日本生態学会

環境社会学会

環境経済・政策学会

国際開発学会

委員歴・役員歴(学外)

2015年-2018年IPCC Emission Factor Database Editorial Board Menber

受賞

井上研究奨励賞

2007年01月

小野梓記念賞(学術賞)

2003年03月

研究分野

科研費分類

農学 / 森林圏科学 / 森林科学

論文

住民参加型ゴムノキ植林による森林回復-インドネシア南カリマンタン州の劣化国有林における事例-

仲摩栄一郎; 田中一生: Aryadi Mahrus: Fauzi Hamdani; Satriadi Trisnu; 平塚基志;太田誠一; 森川靖

海外の森林と林業105p.15 - 202019年-2019年

An Approach to Achieve Sustainable Development Goals Through Participatory Land and Forest Conservation: A Case Study in South KALIMANTAN Province, Indonesia

Hiratsuka Motoshi; Nakama Eiichiro; Satriadi Trisnu; Fauzi Hamdani; Aryadi Mahrus & Morikawa Yasushi

Journal of Sustainable Forestry査読有りin press2019年-2019年

DOIScopus

REDD+プロジェクトによる地域住民の収入と労働投入量への影響ーラオス・ルアンパバーン県ホアイキン村落クラスターを事例としてー

森山芽衣; 棚橋雄平: Bounithiphonh Chaloun; Sichanthongthip Phonevilay; 平塚基志; Phongoudome Chanhsamone

海外の森林と林業No.104p.23 - 292019年-2019年

DOIlink

インドネシアの国有林におけるゴムノキ植林を通した住民参加による荒廃地緑化:南カリマンタン州タナー・ラウト県での成功要因

仲摩栄一郎; 田中一生; Aryadi Mahrus; Fauzi Hamdani; Satriadi Trisnu; 平塚基志; 太田誠一; 森川靖

林業経済査読有り72(1)p.1 - 172019年-2019年

DOI

狭山丘陵のコナラ(Quercus serrata )二次林の特徴と人間活動との関係

平塚基志

人間科学研究査読有り32(2)p.263 - 2712019年-2019年

詳細

ISSN:18800270

Living biomass of fallow areas under a REDD+ project in mountainous terrain of Northern Laos

Hiratsuka Motoshi; Tsuzuki Hayato; Suzuki Kei; Nanaumi Takashi; Furuta Tomoko; Niitsuma Kouhei; Phongoudome Chanhsamone & Amano Masahiro

Journal of Forest Research査読有りVol.23(No.1)p.56 - 632018年-2018年

DOIScopus

詳細

ISSN:13416979

概要:© 2017 The Japanese Forest Society There has been an expansion of the fallow areas in the mountainous terrain of Northern Laos, resulting in a significant effect on greenhouse gas emissions in the region. This study estimated living biomass of variously aged fallow areas (4–35 years old) in mountainous terrain. The living biomass of study sites, which was estimated by applying original allometric equations in each plant component, ranged from 49.4 to 390.1 Mg ha −1 . Using individual biomass data, we then developed a growth model based on a correlation between stand age (years after slash-and-burn) and living biomass in fallow areas > 20 years old. The developed growth model was well fitted by a theoretical formula of Mitscherlich (Living biomass = 372.9 × [1 – 1.117 × exp(−0.05556 × stand age)]) (R 2  = 0.670). In addition, the area of each aged fallow area was estimated by analysis of time series of satellite imagery and change-detection analysis to detect past fire events (slash-and-burn). All of the living biomass of the fallow areas in each age were estimated using the developed model and were analyzed. The age-classed weighted mean value of living biomass in fallow areas was estimated as 111.4 Mg ha −1 . These results clarified that living biomass in fallow areas was dependent on age, and estimation methods including age data are essential for improving the estimation accuracy of forest carbon stocks in fallow areas during long-term Reducing Emissions from Deforestation and Forest Degradation projects in Northern Laos and surrounding regions.

民間資金によるJCM-REDD+促進のための課題とその対応

平塚基志; 淺田陽子

森林技術(920)p.24 - 272018年-2018年

link

Adapted REDD plus based on local people’s capabilities: A case study from Luang Prabang Province, Lao PDR

Iwadare Marie; Hiratsuka Motoshi

Open Journal of Forestry査読有りVol.07(No.02)p.228 - 2412017年-2017年

DOIlink

Prospects and challenges of reducing emissions from deforestation and forest degradation in Central Kalimantan Province, Indonesia

Hiratsuka Motoshi; Paudel Shyam Krishna; Iwanaga Seiji; Yaginuma Hirofumi; Masahiro Amano

International Journal of Environment and Sustainable Development査読有りVol.15(No.1)p.49 - 662016年-2016年

DOIScopus

詳細

ISSN:14746778

概要:Copyright © 2016 Inderscience Enterprises Ltd. Indonesia is rapidly progressing in terms of reducing emissions from deforestation and forest degradation (REDD plus) preparedness. We carried out a detailed feasibility study to develop and implement a new mechanism of the REDD plus for Central Kalimantan, a REDD pilot province of Indonesia. Several REDD plus activities were implemented in Paduran Mulia Village of Central Kalimantan. Remote sensing data was used to detect land use changes in the study area and was complemented by ground inventory to assess the actual carbon stock of the forest. The study found that land cover and uses have significantly been changed since last 30 years. Considering 2008 as a base year, we estimated that the total emission reduction would be 9,344 Gg CO2 in the next 20 years (about 450 Gg CO2/year). The results indicated the optimistic scenario with significant emission reduction if the proposed REDD plus activities were implemented successfully.

インドネシアにおけるメラルーカ(Melaleuca cajupti)材市場の現状と新規参入可能性 : REDD+プロジェクトにおける地域住民の新しい収入源の創出に向けて

岩永青史; 平塚基志; 八木沼洋文

林業経済研究査読有りVol.60(No.3)p.25 - 362014年-2014年

DOICiNii

詳細

ISSN:02851598

概要:REDD+(途上国における森林減少・劣化に由来する排出の削減,森林保全,持続可能な森林経営,森林炭素蓄積の増強)プロジェクト実施に際する地域住民の生計向上のための新しい収入源を模索し,その実現に必要な条件を明らかにした。炭素を多く含有する泥炭湿地の面積の割合が高い,インドネシアの中央カリマンタン州のPM村をプロジェクト対象村とし,そこに自生する新しい収入源となる可能性があるメラルーカ(Melaleuca cajupti)の木材生産の問題点に関するPCM(Project Cycle Management)を実施した。その結果,メラルーカの木材生産の実現には木材市場へのアクセスが最大の問題であることが明らかになった。そこで,その流通経路を探索し,開拓するため,メラルーカの市場調査を実施した。インドネシアのメラルーカには,小径材と並材の2つの市場が存在し,小径材の市場に関しては既に供給が十分であるため,PM村が新規に参入できる余地がないことがわかった。一方で,並材の市場では,メランティ(Shorea spp.)などに代表されるカリマンタン産の材の減少を受け,メラルーカの需要が高まっており,新規参入の余地が見受けられた。PM村には,現時点では並材を生産できる太さの木はなく,育林を中心とする森林管理を行う必要がある。そして,この森林管理にREDD+プロジェクトとしての追加性が見出せた。また,泥炭湿地に自生するメラルーカは,他の泥炭湿地におけるREDD+実施に際しても,有益な新しい収入源となると考えられた。

Estimation of Potential GHG Emission Reduction through Corresponded REDD Plus Activities in Remote Area in Central Kalimantan, Indonesia—Case Study in the Paduran Area

Hiratsuka Motoshi; Iwanaga Seiji; Tsuzuki Hayato; Yaginuma Hirohumi

Open Journal of Forestry査読有りVol.04(No.04)p.338 - 3482014年-2014年

DOIlink

Above-ground Biomass of Subtropical Evergreen Broadleaf Forests in Longwangtan, Guangdong, China

Zhang Fang; Zhou Guangyi; Hiratsuka Motoshi; Tanaka Kazuo; Morikawa Yasushi

Waseda journal of human sciences査読有りVol.26(No.1)p.17 - 282013年-2013年

link

Influence of an Ice Storm on Aboveground Biomass of Subtropical Evergreen Broadleaf Forest in Lechang, Nanling Mountains of Southern China

Zhang Fang; Zhou Guangyi; Hiratsuka Motoshi; Tanaka Kazuo; Morikawa Yasushi

International Journal of Forestry Research査読有りVol.2012 (2012)(Article ID 467848)p.7 pages2012年-2012年

DOIlink

気候変動と生物多様性~その議論の経緯と今後について~

矢野雅人; 平塚基志; 西田貴明

季刊 政策・経営研究p.58 - 692011年-2011年

link

REDDプラスの様々な取組と今後の方向性

平塚基志

森林技術2011年11月号p.13 - 172011年-2011年

気候変動抑制に向けたMRV(測定・報告・検証)の国際枠組み構築に関する現状と課題~(3)REDDプラス実施の際のMRVシステムの考え方~

平塚基志; 矢野雅人

MURC政策研究レポート(2011年7月12日)2011年-2011年

link

森林総合研究所REDD研究開発センター公開シンポジウム「REDDプラスの制度・政策に関する国内外の動向及び今後の方向性」の報告

平塚基志; 矢野雅人; 淺田陽子

海外の森林と林業No.81p.53 - 562011年-2011年

link

熱帯地域の造林地におけるバイオマス推定のための汎用相対成長式の提案

平塚基志; 山ノ下(山田)麻木乃; 森川靖;

海外の森林と林業No.77p.48 - 532010年-2010年

link

農山村地域における低炭素社会の構築に向けた課題及び今後の方策案

平塚基志; 矢野雅人; 相川高信

季刊 政策・経営研究p.136 - 1452010年-2010年

link

J-VERの3つの設計のポイント

平塚基志.

現代林業2009年7月号p.29 - 332009年-2009年

link

中国地方における未利用木質バイオマス発電の事例とそのCO2排出量削減効果

大島弘昌; 平塚基志; 森川靖

人間科学研究査読有りVol.21(No.1)p.1 - 82008年-2008年

CiNii

Long-term trends in trunk diameter and tree height growth in planted forests in the humid tropics of West Java, Indonesia

Hiratsuka Motoshi;Toma Takeshi; Mindawati Nina; Heriansyah Ika; Morikawa Yasushi

Tropics査読有りVol.17(No.1)p.51 - 582007年-2007年

DOICiNii

詳細

ISSN:0917415X

概要:Trunk diameter (D, cm) and tree height (H, m) growth curves were produced for 49 timber tree species from planted forests in West Java, Indonesia. Data were available covering a period of more than 40 years. The D and H of all trees of various ages were measured and coefficients of the Gompertz growth function were determined for each tree species. The tree species were then classified according to their wood production potential, on the basis of the relationship between their potential growth rate k, and asymptotic maximum carrying capacity A. The relationships between k and A, for both D and H growth curves of the tree species investigated, were negatively correlated (p < 0.05). Tree species of the Dipterocarpaceae exhibited a variety of growth characteristics with respect to D. In contrast the H growth characteristics for this family tended to be similar, with lower k values and higher A values than other tree species. These growth performance data for specific timber tree species will be useful to aid in the selection of tree species to plant, and in facilitating the establishment of forestry systems with long-term rotations (30 to 50 years) in the humid tropics.

Biomass recovery of naturally regenerated vegetation after the 1998 forest fire in East Kalimantan, Indonesia

Hiratsuka Motoshi; Toma Takeshi; Toma Takeshi; Diana Rita; Hadriyanto Deddy; Morikawa Yasushi

Japan Agricultural Research Quarterly査読有りVol.40(No.3)p.277 - 2822006年-2006年

CiNiiScopus

詳細

ISSN:00213551

概要:After the 1998 forest fire in East Kalimantan, Indonesia, biomass recovery of naturally regenerated vegetation was estimated in order to evaluate the initial secondary succession patterns of the burned land. We established research plots in naturally regenerated vegetation that included pioneer tree species, and the dominant pioneer species were Homalanthus populneus, Macaranga gigantea and M. hypoleuca, Mallotus paniculatus, Melastoma malabathricum, Piper aduncum, or Trema cannabina and T. orietalis. Annual tree censuses over 4 years (from 2000 to 2003) showed that on plots where the initially dominant tree species were M. malabathricum and T. cannabina and T. orietalis, they tended to disappear, and were replaced with M. gigantea and M. hypoleuca. In contrast, on plots where the initially dominant species were M. gigantea and M. hypoleuca, M. paniculatus, or P. aduncum, they continued to dominate 5 years after the fire. We classified tree species that were initially dominant but disappeared within 5 years after the fire as extremely short-lived tree species. The aboveground biomass of trees (AGB) averaged 12.3 Mg ha-1 (ranging from 9.2 to 17.0 Mg ha-1) in 2000 and 15.9 Mg ha-1 (ranging from 7.4 to 25.0 Mg ha-1) in 2003. Between 2000 and 2003, some plots exhibited an increase in AGB and some a decrease in AGB. In the plots dominated by M. gigantea and M. hypoleuca, the AGB increased to over 20 Mg ha-1, but other plots accumulated significantly less AGB in the 5 years following the fire. These results suggest that the pattern of AGB accumulation in secondary forests is strongly dependent on the dominant pioneer tree species.

Biomass of a man-made forest of timber tree species in the humid tropics of West Java, Indonesia

Hiratsuka Motoshi; Toma Takeshi; Mindawati Nina; Heriansyah Ika; Morikawa Yasushi

Journal of forest research査読有りVol.10(No.6)p.487 - 4912005年-2005年

DOICiNiiScopus

詳細

ISSN:13416979

概要:Biomass of a mature man-made forest in West Java, Indonesia, was estimated to evaluate the carbon sequestration potential of plantation forest in the humid tropics. Twenty plots, each 0.25 ha in area and containing one to six planted species over 40 years of age and with closed canopies, were selected. Trunk dry mass was estimated from trunk diameter, tree height, and bulk density. Maximum trunk diameter (122 cm) was observed in a 46-year-old Khaya grandifoliola C. DC. tree, and the tallest tree (51 m) was a 46-year-old Shorea selanica (DC.) Blume. The largest trunk biomass (911 Mg ha-1) was achieved in the plot composed of two Khaya spp. Among the plots composed of indigeneous Dipterocarpaceae species, the largest trunk biomass was 635 Mg ha-1. These trunk biomasses were larger than those reported from primary rainforests in Southeast Asia (e.g., 403 Mg ha-1 in East Kalimantan, 522 and 368 Mg ha-1 in Peninsular Malaysia). The large biomass in this forest suggests that, given favorable conditions, man-made forests can accumulate the quantities of atmospheric carbon that were lost by the logging of primary forests in the humid tropics. © The Japanese Forest Society and Springer-Verlag 2005.

Tree biomass and soil carbon in 17- and 22-year-old stands of teak (Tectona grandis L.f.) in northern Thailand

Hiratsuka Motoshi; Chingchai Viriyabuncha; Kantinan Peawsa-ad; Sirirat Janmahasatien; Sato Akinobu; Nakayama Yusuke; Matsunami Chika; Osumi Yasuo; Morikawa Yasushi

Tropics査読有りVol.14(No.4)p.377 - 3822005年-2005年

DOICiNii

詳細

ISSN:0917415X

埼玉県所沢市三ヶ島地区におけるタンポポ(Taraxacum属)の分布とその土壌条件

藤原香織; 平塚基志; 佐藤顕信; 森川靖

人間科学研究査読有りVol.18(No.1)p.31 - 362005年-2005年

CiNii

詳細

ISSN:18800270

概要:We investigated the distribution of indigenous and exotic dandelions and their growing environmental conditions in Mikajima district, Tokorozawa, Saitama Prefecture in Japan. In the overall 167 investigated points in Mikajima district, colonies with indigenous dandelion were 16 (9.6%), exotic dandelion were 132 (79.9%), and both dandelions were 17 (10.2%). There were many other exotic plants in the communities with dandelion colonies. From the comparison of soil properties at each colony, the indigenous dandelion grew in weak acidic soil and the exotic dandelion grew in the slightly alkaline soil. Additionally, exotic dandelion distributed widely in the soil with low to high water contents and wide range of soil hardness. Those distribution characteristics of exotic dandelion indicated that this species easily invaded and distributed in urban area. (Waseda Journal of Human Sciences, 18 (1) : 31-36, 2005)

大学生および高校生の生活廃棄物に対する意識の実態

浅川慶; 平塚基志; 島崎光清; 佐藤顕信; 森川 靖

人間科学研究査読有りVol.18(No.1)p.101 - 1072005年-2005年

CiNii

詳細

ISSN:18800270

概要:Increment of household wastes and that complication relate to our life-style closely. For the solution of those problems, our consciousness reform is significantly needed. The university students (n = 439) and high school students (n = 845) who might be the key persons of the future society were investigated in this study. The knowledge of the university students about the separation of the trash was higher than the high school students. The separation of the trash was being carried out at the high rate of the university students than the high school students. There were many answers which were negative toward the thing connected with the cost of living such as "charging for the trash" and "the rather expensive items for the environment preservation". Overall, there was small difference between the university students and the high school students. However, a difference in consciousness for the separation of the trash became distinct obviously, in the difference in each residence form and sex of person. A person living alone and a woman were more negative toward the increase of cost of living for the environmental preservation, rather than persons living with families and men. (Waseda Journal of Human Sciences, 18 (1) : 101-107, 2005)

東ジャワにおける人工林のバイオマス評価

平塚基志; 塩山義之; 佐藤顕信; 森川靖; 長塚耀一

熱帯林業No.63p.47 - 542005年-2005年

link

南スマトラの森林修復によるバイオマス増加.

平塚基志; 森川靖; 長塚耀一; 大角泰夫

熱帯林業No.62p.58 - 642005年-2005年

link

Tree trunk volume of Shorea species case study in Darmaga and Haurbentes research forest in West Java, Indonesia

Mindawati Nina; Hendromono; Hiratsuka Motoshi; Toma Takeshi; Morikawa Yasushi; Gintings, A.N.

Indonesian Journal of Forestry Research査読有りVol.1(No.1)p.17 - 242004年-2004年

DOIlink

詳細

ISSN:0216-0919

Biomass and potential nutrient removal by harvesting in short-rotation plantations

Yamada Makino; Toma Takeshi; Hiratsuka Motoshi; Morikawa Yasushi

Nambiar, E.K.S., Ranger, J., Tiarks, A., Toma, T.(eds.) Site management and productivity in tropical plantation forests: proceedings of workshops in Congo July 2001 and China February 2003.査読有りp.213 - 2242004年-2004年

link

短伐期施行産業植林地の地上部現存量と収穫による養分持ち出し

山田麻木乃; 藤間剛; 平塚基志; 森川靖

熱帯林業No.61p.47 - 522004年-2004年

link

早稲田大学本庄高等学院校地の野生高等植物目録

佐藤顕信; 平塚基志; 大堀聰; 森川靖

早稲田大学環境総合研究センター紀要2003p.110 - 102003年-2003年

link

書籍等出版物

途上国の森林保全-ODAと民間資金の連携で持続的な支援へ-

淺田陽子; 力石晴子; 岩垂麻理絵; 平塚基志 in 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(編)「2015年 日本はこうなる」(分担執筆)

東洋経済新報社2014年-2014年

詳細

担当ページ数:p244-245

REDDプラス-今後の地球温暖化対策と途上国支援のカギ-

平塚基志; 矢野雅人; 淺田陽子 in 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(編)「2013年 日本はこうなる」(分担執筆)

東洋経済新報社2012年-2012年

詳細

担当ページ数:p126-127

森林資源-地球温暖化対策を左右する森林減少・劣化の抑制-

平塚基志; 矢野雅人; 淺田陽子 in 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(編)「2011年 日本はこうなる」(分担執筆)

東洋経済新報社2010年-2010年

詳細

担当ページ数:p102-103

海外での造林-京都メカニズム・CDM・森林修復-

平塚基志 in 日本木材学会(編)「木のびっくり話」(分担執筆)

講談社2005年-2005年

詳細

総ページ数:pp230

手にとるように環境問題が分かる本

三菱UFJリサーチ&コンサルティング(編)(共著)

かんき出版社2007年-2007年

詳細

総ページ数:pp240

Tree growth of dipterocarp plantation forest in Java, Indonesia

Mindawati Nina; Heriansyah Ika; Hiratsuka Motoshi; Toma Takeshi; Gintings A.Ngaloken; Morikawa Yasushi(共著)

Info Hutan2004年-2004年

詳細

担当ページ数:Vol.1 (No.2) p53-83

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:若手研究(B)

森林減少・劣化の抑制活動に対しての総合的パフォーマンス評価手法の開発

2017年04月-2020年03月

配分額:¥3120000

研究種別:基盤研究(A)

ボルネオ中央部の生態系保全に向けた制度設計:ローカルとグローバルを繋ぐ

2017年-2021年

配分額:¥42250000

研究資金の受入れ状況

提供機関:環境省 環境研究総合推進費

参加型データベースによる持続可能な資源管理と農村社会形成に関する研究2019年-2021年

分担

提供機関:JST e-ASIA共同研究プログラム

東アジアにおけるバイオマスエネルギーの社会実装に関わる実現可能性調査2017年-2020年

分担

提供機関:環境省 環境研究総合推進費

森林と農地間の土地利用変化に伴う土壌炭素変動量評価とGHGインベントリーへの適用研究2016年-2019年

分担

提供機関:地球環境センター JCM‐REDD+事業

JCM‐REDD+事業「ラオス/ルアンパバーン県における焼畑耕作の抑制によるREDD+事業」のMRV検討支援2018年-2020年

代表

提供機関:Waseda-Bridgestone Initiative for Development of Global Environment (W-BRIDGE)

小規模農家によるゴムノキ活用を通したSDGs達成のモデル開発2018年-2019年

代表

提供機関:環境省 地球温暖化対策推進事業費補助金

ルアンパバーン県における焼畑耕作の抑制によるREDD+2017年-2018年

代表

提供機関:Waseda-Bridgestone Initiative for Development of Global Environment (W-BRIDGE)

住民参加型の森林回復モデルの広域化とゴムノキを活用したSDGs達成の方向性解析2017年-2018年

代表

提供機関:環境省 地球温暖化対策推進事業費補助金

ルアンパバーン県における焼畑耕作の抑制によるREDD+2016年-2017年

分担

提供機関:Waseda-Bridgestone Initiative for Development of Global Environment (W-BRIDGE)

国有林(保安林)におけるゴムノキを活用した住民参加型の森林回復モデルの広域化と住民組織強化2016年-2017年

代表

提供機関:環境省 地球温暖化対策推進事業費補助金

ルアンパバーン県における焼畑耕作の抑制によるREDD+2015年-2016年

分担

提供機関:Waseda-Bridgestone Initiative for Development of Global Environment (W-BRIDGE)

ゴム農園周辺地域における住民参加型の森林回復モデルの広域化と生物多様性評価2015年-2016年

代表

学内研究制度

特定課題研究

途上国における森林保全と貧困対策の両立をSDGs達成度から評価するための手法開発

2018年度

研究成果概要:途上国における森林保全は、生態系サービスの回復もしくは改善を通してCO2吸収量の増大といった地球規模での課題に寄与することに加え、森林からの林産物の持続可能な生産等を通して地域住民の貧困削減にも寄与する。このため、SDGs達成に密...途上国における森林保全は、生態系サービスの回復もしくは改善を通してCO2吸収量の増大といった地球規模での課題に寄与することに加え、森林からの林産物の持続可能な生産等を通して地域住民の貧困削減にも寄与する。このため、SDGs達成に密接に関係する。本研究ではインドネシア南カリマンタン州における住民参加型の森林管理を通して、どのように生態系サービスが回復・改善したかをSDGsから分析した。その結果、森林からの林産物を得ることで地域住民のうちとくに貧困層の生計改善が進んでいたこと(社会における格差の減少)、さらに参加型で森林管理を進めることから地域レベルでの連帯感が増したことが明らかになった。

武蔵野台地における森・川・里の連続性についての生態学的評価

2017年度

研究成果概要:埼玉県三芳町上富地区を対象に、異なる土地利用間における物質移動・循環について検討を加えた。上富地区では1970年代の関越自動車道の開通等の影響で、二次林(平地林)が減少し続けていることが分かり、結果として二次林における物質生産量が...埼玉県三芳町上富地区を対象に、異なる土地利用間における物質移動・循環について検討を加えた。上富地区では1970年代の関越自動車道の開通等の影響で、二次林(平地林)が減少し続けていることが分かり、結果として二次林における物質生産量が著しく減少していた。また、二次林への人為影響(落葉の堆肥としての利用等)が減少していることから、コナラやクヌギで構成される落葉広葉樹がシラカシの優占する常緑広葉樹林へと変遷していることが分かった。以上、直近50年間で上富地区では人為影響の変化からランドスケープが大きく変化し、同時に物質移動・循環にも変化があったことを定量的に示した。

ラオス北部における焼畑移動耕作の影響下にある森林炭素ストック量の動態解析

2015年度

研究成果概要:ラオス北部のルアンプラバン県(合計約200百万ha)は、焼畑移動耕作による森林への火入れが拡大している。そうした中、耕作後の休閑地における炭素ストック量を回復させる取組(REDD+)が進められていることを受け、本研究では炭素ストッ...ラオス北部のルアンプラバン県(合計約200百万ha)は、焼畑移動耕作による森林への火入れが拡大している。そうした中、耕作後の休閑地における炭素ストック量を回復させる取組(REDD+)が進められていることを受け、本研究では炭素ストック量の回復を定量的に示すため、休閑年数が異なる休閑地を対象に炭素ストック量の実測を行った。また、衛星画像の解析から休閑年数ごとの面積を算出し、ルアンプラバン県における二次林の炭素ストック動態のモデル化を進めた。なお、炭素ストック量の実測は合計90プロットで行った。

森林減少・劣化の要因であるオイルパーム農園の拡大メカニズム及びその環境影響の分析

2016年度

研究成果概要:インドネシアではカリマンタン島を中心に森林減少・劣化の要因であるオイルパーム農園が急増し、2020年には300万ha以上になると計画されている。こうした中で地域における自然共生システムを構築するためには、土地利用のアクターである農...インドネシアではカリマンタン島を中心に森林減少・劣化の要因であるオイルパーム農園が急増し、2020年には300万ha以上になると計画されている。こうした中で地域における自然共生システムを構築するためには、土地利用のアクターである農園経営者と地域住民の動向を包括的に解明する必要があり、それなしには地域慣習等を考慮した(社会セーフガードを考慮した)土地・森林保全手法(すなわちREDD+実施手法)を開発することができない。本研究は地域住民による生活の糧としての農園依存度及びその流動性(生計依存の変換可能性)を明らかにすることから、地域における土地利用変化の発生メカニズムについて分析を加えた。

ラオス北部におけるREDD+実施にあたっての社会セーフガードの分析

2016年度

研究成果概要:ラオス北部のルアンプラバン県ポンサイ郡の6村落(合計約30千ha)では、焼畑移動耕作による森林への火入れが拡大している。そうした中、焼畑移動耕作を抑制するための事業(REDD+)が進められているが、従来の焼畑移動耕作から他の生計手...ラオス北部のルアンプラバン県ポンサイ郡の6村落(合計約30千ha)では、焼畑移動耕作による森林への火入れが拡大している。そうした中、焼畑移動耕作を抑制するための事業(REDD+)が進められているが、従来の焼畑移動耕作から他の生計手段(代替生計)へ移行するにあたり、地域文化、民族特性、自然資源の分布等を考慮し、地域に適した生計手段への移行とするため、村ごとの自然資源の分布、民族特性、既存の生計手段、及び代替生計に関するニーズと受け入れにあたってのケーパビリティを評価し、それらを踏まえたセーフガードシステムについて検討を加えた。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
人間環境科学概論人間科学部2019夏クォーター
森林科学野外実習人間科学部2019夏季集中
ヒトと陸上生態系人間科学部2019春学期
専門ゼミI(森林環境科学)人間科学部2019春学期
専門ゼミII(森林環境科学)人間科学部2019秋学期
人間環境科学概論 01人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
人間環境科学概論 02人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
ヒトと陸上生態系 01人間科学部(通信教育課程)2019春学期
ヒトと陸上生態系 02人間科学部(通信教育課程)2019春学期
森林環境科学研究指導 A大学院人間科学研究科2019春学期
森林環境科学研究指導 B大学院人間科学研究科2019秋学期
森林環境科学ゼミ(1) A大学院人間科学研究科2019春学期
森林環境科学ゼミ(1) B大学院人間科学研究科2019秋学期
森林環境科学ゼミ(2) A大学院人間科学研究科2019春学期
森林環境科学ゼミ(2) B大学院人間科学研究科2019秋学期
開発援助実践学特論 I大学院人間科学研究科2019春クォーター
開発援助実践学特論 II大学院人間科学研究科2019夏クォーター
森林環境科学研究指導(D) A大学院人間科学研究科2019春学期
森林環境科学研究指導(D) B大学院人間科学研究科2019秋学期
自然環境概論大学院環境・エネルギー研究科2019秋学期

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度