氏名

カケヤマ マサキ

掛山 正心

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0087162/)

所属

(人間科学部)

連絡先

URL等

研究者番号
30353535

本属以外の学内所属

兼担

人間科学学術院(大学院人間科学研究科)

人間科学学術院(人間科学部通信課程)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

環境医科学研究所

プロジェクト研究所所長 2016年-2020年

環境医科学研究所

研究所員 2016年-

応用脳科学研究所

研究所員 2016年-2019年

応用脳科学研究所

研究所員 2019年-

学歴・学位

学歴

1992年04月-1995年03月 早稲田大学大学院 人間科学研究科博士後期課程 生命科学専攻

学位

博士(人間科学) 課程 早稲田大学 基盤・社会脳科学

所属学協会

日本神経科学会 一般会員

日本神経精神薬理学会 評議員

日本生物学的精神医学会 一般会員

日本衛生学会 一般会員

日本毒性学会 一般会員

日本内分泌撹乱化学物質学会 一般会員

受賞

早稲田大学小野梓記念賞学術賞

1992年03月

日本衛生学会奨励賞

2012年03月

研究分野

キーワード

環境脳科学、システム神経科学、予防医学

論文

マウスにおける自閉スペクトラム発現の行動指標.

日本生物学的精神医学会誌印刷中2018年-

高次脳機能の健康を阻害する幼少期の環境要因と遺伝要因.

日本衛生学雑誌 73:110-1142018年-

DOIlink

Impaired dendritic growth and positioning of cortical pyramidal neurons by activation of aryl hydrocarbon receptor signaling in the developing mouse.

PLoS One 12:e0183497, (IF=2.766)2017年-

DOIlink

Association of impaired neuronal migration with cognitive deficits in extremely preterm infants.

JCI Insight. 2.pii: 88609, (IF=13.251)2017年-

DOIlink

Excessive activation of AhR signaling disrupts neuronal migration in the hippocampal CA1 region in the developing mouse.

J Toxicol Sci. 4:25-30, (IF=1.719)2017年-

DOIlink

In utero and lactational dioxin exposure induces Sema3b and Sema3g gene expression in the developing mouse brain.

Biochem Biophys Res Commun 476:108-113, (IF=2.559, cited by 9)2016年-

DOIlink

Prenatal Exposure to Arsenic Impairs Behavioral Flexibility and Cortical Structure in Mice.

Front Neurosci 10:137, (IF=3.877, cited by 8)2016年-

DOIlink

In Utero Bisphenol A Exposure Induces Abnormal Neuronal Migration in the Cerebral Cortex of Mice.

Front Endocrinol (Lausanne)7:72016年-

DOIlink

Chiba study of Mother and Children's Health (C-MACH): cohort study with omics analyses.

BMJ Open 6:e010531, (IF=2.413)2016年-

DOIlink

Prenatal exposure to bisphenol A impacts neuronal morphology in the hippocampal CA1 region in developing and aged mice.

Arch Toxicol90:691-700, (IF=5.728. cited by 20)2016年-

DOIlink

Developmental origin of abnormal dendritic growth in the mouse brain induced by in utero disruption of aryl hydrocarbon receptor signaling.

Neurotoxicol Teratol 52(Pt A):42-50, (IF=2.811, cited by 17)2015年-

DOIlink

Neuronal Heterotopias Affect the Activities of Distant Brain Areas and Lead to Behavioral Deficits.

J Neurosci35:12432-12445, (IF=5.97, cited by 17)2015年-

DOIlink

Application of NeuroTrace staining in the fresh frozen brain samples to laser microdissection combined with quantitative RT-PCR analysis.

BMC Res Notes8:2522015年-

DOIlink

Developmental changes in the neural responses to own and unfamiliar mother's smiling face throughout puberty.

Front Neurosci9:200, (IF=3.877)2015年-

DOIlink

Environmental insults in early life and submissiveness later in life in mouse models.

Front Neurosci 9:91, (IF=3.877)2015年-

DOIlink

げっ歯類を用いた高次脳機能評価法開発と環境化学物質の神経毒性評価への適用.

日本衛生学雑誌 70:120-126, 2015年-

DOIlink

Early deprivation induces competitive subordinance in C57BL/6 male mice.

Physiology and Behavior137:42-52, (IF=2.517, cited by 18)2014年-

DOIlink

Upregulation of colonic luminal polyamines produced by intestinal microbiota delays senescence in mice.

Scientific Reports 4:4548, (IF=4.122, cited by 71)2014年-

DOIlink

Disruption of paired-associate learning in rat offspring perinatally exposed to dioxins.

Archives of Toxicology88:789-798, (IF=5.728, cited by 18) 2014年-

DOIlink

詳細

概要:NHKニュース2013/12/8、マイナビニュース12/10等にて報道

In utero and lactational exposure to 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin modulates dysregulation of the lipid metabolism in mouse offspring fed a high-calorie diet.

Journal of Applied Toxicology34:296-306, (IF=2.909, cited by 8)2014年-

DOIlink

Prenatal exposure to a polychlorinated biphenyl (PCB) congener influences fixation duration on biological motion at 4-months-old: a preliminary study.

Plos One8:e59196, (IF=2.766)2013年-

DOIlink

Vesicular nucleotide transporter is involved in ATP storage of secretory lysosomes in astrocytes.

Biochemical and Biophysical Research Communications 438:145-151, (IF=2.559, cited by 36)2013年-

DOIlink

Executive function deficits and social-behavioral abnormality in mice exposed to a low dose of dioxin in utero and via lactation.

Plos One7:e50741, (IF=2.766, cited by 37)2012年-

DOIlink

詳細

概要:2012/12/13共同通信ニュース、東京新聞、信濃毎日新聞他、12/14東奥日報、熊本日日新聞、長崎新聞、ヤフーニュース・ヘッドライン他、12/18日刊工業新聞他、12/20ナショナル・ジオグラフィック・ニュース他報道

Fluorescence laser microdissection reveals a distinct pattern of gene activation in the mouse hippocampal region.

Scientific Reports 2:783, (IF=4.122, cited by 12)2012年-

DOIlink

詳細

概要:2012/10/31日刊工業新聞、11/2ヤフーニュース・ヘッドライン他報道

The small GTPase Cdc42 modulates the number of exocytosis-competent dense-core vesicles in PC12 cells.

Biochemical and Biophysical Research Communications 420:417-421, (IF=2.559, cited by 12)2011年-

DOIlink

Schema-dependent gene activation and memory encoding in neocortex.

Science333:891-895,(IF=41.058, cited by 311)2011年-

DOIlink

Automated test of behavioral flexibility in mice using a behavioral sequencing task in IntelliCage.

Behavioural Brain Research221:172-181, (IF=3.173, cited by 48) 2011年-

DOIlink

ヒトの健康リスクへの適用を目指した齧歯類を用いる新たな行動毒性試験の開発.

動物心理学研究61:33-42,2011年-

Use of live imaging analysis for evaluation of cytotoxic chemicals that induce apoptotic cell death.

Toxicology In Vitro 24:2012-2020, (IF=3.105, cited by 11)2010年-

DOIlink

In utero and lactational exposure to low doses of chlorinated and brominated dioxins induces deficits in the fear memory of male mice.

Neurotoxicology 31:385-390, (IF=3.076, cited by 33)2008年-

DOIlink

Perinatal Exposure of Female Rats to 2,3,7,8-Tetrachlorodibenzo-p-dioxin induces central precocious puberty in the offspring.

Journal of Endocrinology197: 351-358, (IF=4.012, cited by 21)2008年-

DOIlink

Learning behavior in rat offspring after in utero and lactational exposure to either TCDD or PCB126.

Environmental Health and Preventive Medicine13: 169-180, (cited by 16)2008年-

DOIlink

Schemas and memory consolidation.

Science 316:76-82, (IF=41.058, cited by 690)2007年-

DOIlink

Athymic nude mice are insensitive to low-level toluene-induced up-regulation of memory-related gene expressions in the hippocampus.

Neurotoxicology28:957-964, (IF=3.076, cited by 18)2007年-

DOIlink

Toluene induces rapid and reversible rise of hippocampal glutamate and taurine neurotransmitter levels in mice.

Toxicology Letters 168:75-82, (IF=3.076, cited by 54)2007年-

DOIlink

Brain cytokine and chemokine mRNA expression in mice induced by intranasal instillation with ultrafine carbon black.

Toxicology Letters163:153-60, (IF=3.166, cited by 92)2006年-

DOIlink

Determination of toluene in brain of freely moving mice using solid-phase microextraction technique.

Neurotoxicology27:615-618, (IF=3.076, cited by 26)2006年-

DOIlink

Sex differences in the level of Bcl-2 family proteins and caspase-3 activation in the sexually dimorphic nuclei of the preoptic area in postnatal rats.

Journal of Neurobiology66:1411-1419, (IF=3.783, cited by 54)2006年-

DOIlink

Effect of intratracheal instillation of ultrafine carbon black on proinflammatory cytokine and chemokine release and mRNA expression in lung and lymph nodes of mice.

Toxicology and Applied Pharmacology 209:51-61, (IF=3.616, cited by 60)2005年-

In utero and lactational exposure to 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin in rats disrupts brain sexual differentiation.

Toxicology and Applied Pharmacology205:98-105, (IF=3.616, cited by 43)2005年-

DOIlink

Inhalation of low-level formaldehyde enhances nerve growth factor production in the hippocampus of mice.

Neuroimmunomodulation 11:373-375, (IF=2.238, cited by 14)2004年-

DOIlink

Haxachlorobiphenyl (PCB153) impairs learning performance in rat offspring.

Organohalogen Compounds67:2394-2395, 2004年-

Perinatal exposure to dioxins perturbs learning performance of the rat in a dose-specific fashion.

Organohalogen Compounds66:3143–3147, 2004年-

Postnatal apoptosis, development and sex difference in the lateral septum of rats.

Journal of Comparative Neurology 475:177-187, (IF=3.4, cited by 18)2004年-

DOIlink

Developmental neurotoxicity of dioxin and its related compounds.

Industrial Health 41:215-230, (IF=1.115, cited by 64)2003年-

Perinatal Exposure to 2,3,7,8-Tetrachlorodibenzo-p-dioxin alters activity-dependent expression of BDNF mRNA in the neocortex and male rat sexual behavior in adulthood.

Neurotoxicology24:207-217, (IF=3.076, cited by 36)2003年-

DOIlink

Developmental stage-specific effects of perinatal 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin exposure on reproductive organs of male rat offspring.

Toxicological Sciences 66:283-292, (IF=4.181, cited by 77)2002年-

Decrease of serotonin and metabolite in the forebrain and facilitation of lordosis by dorsal raphe nucleus lesions in male rats.

Endocrine Journal 1.         49:573-579, (IF=1.911, cited by 13)2002年-

Changes in expression of NMDA receptor subunit mRNA by perinatal exposure to dioxin.

NeuroReport 21:4009-4012, (IF=1.266, cited by 40)2001年-

Estrogen potentiates N-methyl-D-aspartate receptor subnunit R2B mRNA expression during the late prepubertal period in female rats.

Neuroscience Letters300, 9-12,(IF=2.159, cited by 8)2001年-

NMDA受容体サブユニットmRNAに対するアンチセンスオリゴヌクレオチドによるmethamphetamine逆耐性現象の形成阻害.

精神薬療基金研究年報29: 32-36,1998年-

Lordosis in male rats: Effect of dorsal raphe nucleus cuts.

Hormones & Behavior 32:60-67,(IF=4.418, cited by 6)1998年-

DOIlink

Facilitatory effect of ventral cut of dorsal raphe nucleus on lordosis in female rats.

Endocrine Journal 44: 589-593, (IF=1.911, cited by 15)1997年-

Inhibitory effect of baclofen on lordosis in female and male rats with dorsal raphe nucleus lesion or septal cut.

Neuroendocrinology63:293-296, (IF=5.204, cited by 31)1996年-

DOIlink

Two types of lordosis inhibiting systems in male rats: Dorsal raphe nucleus lesions and septal cuts.

Physiology & Behavior56:189-192, (IF=2.517, cited by 18)1994年-

縫線核と生殖生理.

ヒューマンサイエンス7:78-91, (査読有)1994年-

Functional relationships between mesencephalic central gray and septum in regulating lordosis in female rats: Effect of dual lesions.

Brain Research Bulletin 32:635-638, (IF=2.517, cited by 18)1994年-

Female sexual behaviors in male rats with dorsal raphe nucleus lesions: Treatment with p-chlorophenylalanine.

Brain Research Bulletin 30:705-709, (IF=3.440)1993年-

雄ラットにおける雌型性行動神経制御機構:中脳背側縫線核の役割.

ヒューマンサイエンス・リサーチ 2:73-87,1993年-

Effect of medullary raphe lesions on sexual behavior in male rats with or without treatments of p-chlorophenylalanine.

Physiology & Behavior51:575-579, (IF=2.517, cited by 20)1992年-

Lordosis in male rats: The facilitatory effect of mesencephalic dorsal raphe nucleus lesion.

Physiology & Behavior51:181-184, (IF=2.517, cited by 26)1992年-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

ヒトGWASデータに基づいたAhr発達神経毒性の分子機構の解明

2014年-0月-2017年-0月

配分額:¥40170000

研究種別:

定量的行動試験をもとにした顕微鏡解析による発達神経毒性の分子標的の同定

2009年-0月-2014年-0月

配分額:¥102960000

研究種別:

多環芳香族炭化水素化合物のAh受容体を介した発達神経毒性メカニズムの解明

配分額:¥18200000

研究種別:

新たな連合学習試験法による化学物質曝露と軽度発達障害の因果関係解析

配分額:¥25220000

研究種別:

ダイオキシンとポリ塩素化ビフェニル複合曝露による毒性の遺伝子プロファイルの作成

配分額:¥28990000

研究種別:

低濃度ホルムアルデヒド曝露によるマウス脳の遺伝子発現変動の解析

配分額:¥3700000

研究種別:

映像解析による「マウス社会的ストレス応答指標」の開発

2016年-0月-2018年-0月

配分額:¥3640000

研究種別:

発達障害を中心とする精神疾患の生物学的基盤を検証するマウス総合解析システムの構築

2014年-0月-2017年-0月

配分額:¥40430000

研究種別:

微細形態解析による発達神経毒性メカニズムの解明

2012年-0月-2017年-0月

配分額:¥216840000

研究種別:

Rap2ノックアウトマウスの表現型解析:病態との関連と分子基盤の解明にむけて

2011年-0月-2014年-0月

配分額:¥5200000

研究種別:

発達期ダイオキシンと老年期の高次認知機能低下の関係性解明

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥45890000

研究種別:

トランスレーショナル研究戦略による社会性異常のバイオマーカー同定

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥26000000

学内研究制度

特定課題研究

マウス競争環境モデルにおける環境要因による精神病態行動表現型の同定

2015年度

研究成果概要:精神疾患(類似症状を含む)の表現型発現において、環境要因の寄与度は従来考えられていた以上に重みをもつことが明らかとなってきた。「社会性がない」と思われてきたマウスにおいても、例えば実験的に幼若期における社会環境操作(母子分離や社会...精神疾患(類似症状を含む)の表現型発現において、環境要因の寄与度は従来考えられていた以上に重みをもつことが明らかとなってきた。「社会性がない」と思われてきたマウスにおいても、例えば実験的に幼若期における社会環境操作(母子分離や社会環境隔離)を処置することで将来の行動や脳活動の異常が引き起こされることが示され、従来の考えを覆すほど、社会的ストレスの影響を再現しうることが明らかとなりつつある。本研究課題では、環境要因ならびに遺伝要因にもとづく複数の社会行動異常モデルマウスを用い、行動レベルで精神病態の表現型について解析を行い、社会環境隔離と母子分離の行動表現型に違いがあることを明らかにした。

ヒト研究とマウス実験の融合による低用量曝露における発達神経毒性の評価尺度の開発

2015年度

研究成果概要:発達期の環境要因が精神疾患の発症・増悪に寄与するという知見が集積されている。環境要因の中でも親子関係をはじめとした社会的生育環境が重要なことは言うまでもない。本研究では、我々がダイオキシン曝露影響の解明のために開発してきたマウス高...発達期の環境要因が精神疾患の発症・増悪に寄与するという知見が集積されている。環境要因の中でも親子関係をはじめとした社会的生育環境が重要なことは言うまでもない。本研究では、我々がダイオキシン曝露影響の解明のために開発してきたマウス高次脳機能評価手法を用い、さまざまな遺伝要因や生育環境要因について検討してきた結果に関するメタ解析を行い、高次脳機能の健康な発達に影響を及ぼす阻害要因について検討した。その結果、脳全体の神経ネットワーク異常の結果として前頭前皮質機能が低下することが示唆された。脳全体の神経ネットワークを捉えるような構成的アプローチが必要であると考えられる。

個体間相互作用における最初期遺伝子群の発現量モデル

2015年度

研究成果概要:ヒトが他個体を認知する際、脳の中でも前頭前皮質(PFC)の活動が高くなることが知られている。また、自閉スペクトラム症当事者のように他個体への関心が低いケースでは、PFCの活動強度が低い。マウスにおいても類似の表現型を持つことが明ら...ヒトが他個体を認知する際、脳の中でも前頭前皮質(PFC)の活動が高くなることが知られている。また、自閉スペクトラム症当事者のように他個体への関心が低いケースでは、PFCの活動強度が低い。マウスにおいても類似の表現型を持つことが明らかになった(マウスPFCも社会的場面で高活動を示し、社会的場面を避ける行動表現型をもつモデルマウスではPFC活動強度が低いことを確認した)。他個体との関係性を築いていく時、ヒトにもマウスにも共通する「個体間相互作用の生命原理」がPFCに存在する可能性があり、我々のマウス実験系において、高度な社会における「個体間相互作用の生命原理」を一定の範囲で解明できると考えられる。

向社会性ハタネズミの表情識別能力の検証

2017年度

研究成果概要:我々は小動物用のTouch Screen型の視覚学習装置を新たに作製した。この装置を用いることで、例えば「K」と「M」の二つの図形を提示し、正解の図形を選ばせるといった図形弁別課題において、マウスは約1週間で90%超の正答率を示す...我々は小動物用のTouch Screen型の視覚学習装置を新たに作製した。この装置を用いることで、例えば「K」と「M」の二つの図形を提示し、正解の図形を選ばせるといった図形弁別課題において、マウスは約1週間で90%超の正答率を示すことができる。本研究では、 voleにおける試験系を確立した。表情や個体を視覚刺激として用いることで、視覚刺激に対して反応し報酬をうるという課題を1時間に数百回行うようvoleをトレーニングし、視覚能力について調べることができた。

競争環境における「個性スペクトラム」の分子神経基盤

2017年度

研究成果概要:マウスなどの社会行動試験では1ないし2匹の刺激マウスを提示し、被験マウスの解析を行うといった限定的な解析が大多数を占めており、社会的個性やそのスペクトラムの生物学的基盤に関する研究は極めて乏しい。そこで我々はこれまでに、Intel...マウスなどの社会行動試験では1ないし2匹の刺激マウスを提示し、被験マウスの解析を行うといった限定的な解析が大多数を占めており、社会的個性やそのスペクトラムの生物学的基盤に関する研究は極めて乏しい。そこで我々はこれまでに、IntelliCage全自動行動解析システムを用い、14~16匹のマウスを集団生活させた状態で水飲み場を取り合わせるという、いわば「椅子取りゲーム」をマウスで行う社会的競争課題を開発した。本研究では、この社会的競争環境課題における行動成績と神経活動との対応について検討し、競争環境課題に関わる脳領域について明らかにすることができた。

神経活動と行動表現型による神経毒性評価

2018年度

研究成果概要:これまでに動物実験により、残留性有機汚染物質(POPs)は極めて低用量で精神神経発達に影響を及ぼすことを明らかにしてきた。本研究では、動物行動試験のヒトへの外挿性の向上を目指し、自ら開発した自動行動試験にリアルタイム神経活動解析の...これまでに動物実験により、残留性有機汚染物質(POPs)は極めて低用量で精神神経発達に影響を及ぼすことを明らかにしてきた。本研究では、動物行動試験のヒトへの外挿性の向上を目指し、自ら開発した自動行動試験にリアルタイム神経活動解析の実装を行なった。課題遂行中の行動と神経活動の変化を自動取得し、行動と神経活動の定量データを客観的に結びつけることが期待される。本研究をもとに、2019年度科研費基盤研究(A)に採択された。

ダイオキシン毒性に基づく社会行動異常マーカーの同定

2018年度

研究成果概要:成人には影響の顕れない低用量の化学物質曝露が子どもの精神神経発達に影響を及ぼすという懸念が高まる中、環境脳科学研究室では、ダイオキシン類は自閉スペクトラム症(ASD)当事者に類似の精神神経発達の異常を引き起こすことを明らかにしてき...成人には影響の顕れない低用量の化学物質曝露が子どもの精神神経発達に影響を及ぼすという懸念が高まる中、環境脳科学研究室では、ダイオキシン類は自閉スペクトラム症(ASD)当事者に類似の精神神経発達の異常を引き起こすことを明らかにしてきた。 本研究では、曝露動物とヒトASD当事者の比較解析により、低用量ダイオキシンの胎児期・授乳期曝露によって生じる「社会行動異常」の血液中バイオマーカーの解析を行った。この成果をもとに、科研費挑戦的研究(開拓)に申請を行った。

マウス社会的競争環境課題の最適化

2018年度

研究成果概要:自閉スペクトラム関連症状を想定してマウス実験で広く用いられている行動テストを概観し、また我々の新たな行動テストについても触れながら、マウスの行動表現型や行動指標が精神医学上、はたしてヒトに外挿できるかどうかについて検討した。そして...自閉スペクトラム関連症状を想定してマウス実験で広く用いられている行動テストを概観し、また我々の新たな行動テストについても触れながら、マウスの行動表現型や行動指標が精神医学上、はたしてヒトに外挿できるかどうかについて検討した。そして、マウスの意識レベルでの行動柔軟性を定量化する行動テスト、競争状態でマウスがみせる行動パターンを定量化する行動テストの最適化を行った。本研究の成果をもとに、2019年度AMED革新脳プロジェクトに採択された。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
健康福祉科学概論人間科学部2019夏クォーター
脳の人間科学人間科学部2019春学期
現代の生命科学人間科学部2019秋学期
環境医科学人間科学部2019秋学期
行動神経科学及び実習人間科学部2019秋クォーター
環境脳科学人間科学部2019冬クォーター
専門ゼミI(予防医科学・生物学的精神医学)人間科学部2019春学期
専門ゼミII(予防医科学・生物学的精神医学)人間科学部2019秋学期
健康福祉科学概論 01人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
健康福祉科学概論 02人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
健康福祉科学概論 03人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
予防医学 01人間科学部(通信教育課程)2019春学期
予防医学 02人間科学部(通信教育課程)2019春学期
予防医学 03人間科学部(通信教育課程)2019春学期
予防医科学・応用生理学研究指導 A大学院人間科学研究科2019春学期
予防医科学・応用生理学研究指導 B大学院人間科学研究科2019秋学期
予防医科学・応用生理学ゼミ(1) A大学院人間科学研究科2019春学期
予防医科学・応用生理学ゼミ(1) B大学院人間科学研究科2019秋学期
予防医科学・応用生理学ゼミ(2) A大学院人間科学研究科2019春学期
予防医科学・応用生理学ゼミ(2) B大学院人間科学研究科2019秋学期
環境脳科学特論大学院人間科学研究科2019冬クォーター
トランスレーショナル・メディカル・サイエンス大学院人間科学研究科2019春季集中
予防医科学・応用生理学研究指導(D) A大学院人間科学研究科2019春学期
予防医科学・応用生理学研究指導(D) B大学院人間科学研究科2019秋学期
脳科学入門 グローバルエデュケーションセンター2019春季集中

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度