氏名

イガラシ ダイスケ

五十嵐 大介

職名

准教授 (https://researchmap.jp/7000019611)

所属

(文学部)

本属以外の学内所属

学内研究所等

イスラーム地域研究所

研究所員 2017年-

学歴・学位

学位

博士(史学) 論文 中央大学 アジア史・アフリカ史

所属学協会

日本オリエント学会 編集委員

日本中東学会 正会員

白東史学会 常任委員

Middle East Studies Association

研究分野

キーワード

西アジア史,中世アラブ・イスラーム史,マムルーク朝史

科研費分類

人文学 / 史学 / アジア史・アフリカ史

論文

Father’s Will, Daughter’s Waqf: A Testamentary Waqf and Its Female Founder/Administrator in Fourteenth-Century Egypt

Daisuke Igarashi

Orient査読有り54p.41 - 532019年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Introduction: An Overview of Recent Studies on Women and Family in Mamluk Society

Daisuke Igarashi and Takao Ito

Orient査読有り54p.1 - 62019年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Madrasahs, Their Shaykhs, and the Civilian Founder: The Bāsiṭīyah Madrasahs in the Mamlūk Era.

Daisuke Igarashi

Orient査読有り48p.79 - 942013年03月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

14世紀末~16世紀初頭エジプトにおける土地制度の展開 :ワクフ(寄進)地の拡大とその影響

五十嵐大介

史苑72(2)p.85 - 942012年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)

あるマムルーク軍人の生涯と寄進 :キジュマースの事例に見るワクフの多面的機能

五十嵐大介

史学雑誌査読有り120(3)p.39 - 652011年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

The Evolution of the Sultanic Fisc and al-Dhakhīrah during the Circassian Mamluk Period

Igarashi Daisuke

Mamlūk Studies Review査読有り14(1)p.85 - 1082010年01月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

財産保有形態としてのワクフ :「自己受益ワクフ」の理論と実態

五十嵐大介

東洋学報査読有り91(1)p.029 - 0562009年06月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

The Financial Reforms of Sultan Qāytbāy

Igarashi Daisuke

Mamlūk Studies Review査読有り13(1)p.27 - 512009年01月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

ポスト・ナースィル時代の政治システムの変動:チェルケス・マムルーク朝の成立過程

五十嵐大介

中央大学アジア史研究32p.547 - 5702008年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

The Private Property and Awqāf of the Circassian Mamluk Sultans: The Case of Barqūq

Daisuke Igarashi

Orient査読有り43p.167 - 1962008年03月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

マムルーク体制とワクフ:イクター制衰退期の軍人支配の構造

五十嵐大介

東洋史研究査読有り招待有り66(3)p.34 - 642007年12月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

マムルーク朝末期の財務行政:国家財政とスルターン財政

五十嵐大介

人文剣紀要(中央大学)61p.81 - 1082007年09月-

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)

ザヒーラ考:後期マムルーク朝のスルターン財政

五十嵐大介

アジア・アフリカ言語文化研究査読有り73p.129 - 1572007年03月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

「国有地ワクフ」をめぐるイスラーム法上の議論:12~16世紀

五十嵐大介

東洋学報査読有り88(4)p.021 - 0482007年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

The Establishment and Development of al-Dīwān al-Mufrad: Its Background and Implications

Igarashi Daisuke

Mamlūk Studies Review査読有り10(1)p.117 - 1402006年01月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

後期マムルーク朝スルターンの私財とワクフ :バルクークの事例

五十嵐大介

オリエント査読有り47(2)p.20 - 452005年03月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

後期マムルーク朝におけるムフラド庁の設立と展開:制度的変化から見るマムルーク体制の変容

五十嵐大介

史学雑誌査読有り113(11)p.1 - 362004年11月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

バラートゥヌスィーの『国庫論』

五十嵐大介

中央大学アジア史研究27p.1 - 232003年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)

オスマン朝期シリアのイスラーム法廷証書:史料学的考察

五十嵐大介

東洋学報査読有り84(2)p.052 - 0802002年09月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

資料紹介 オスマン朝期ダマスクスの商事裁判所:ダマスクス歴史文書館所蔵『ダマスクス商事裁判所台帳(sijillāt maḥkama tijārīya Dimashq)』の紹介

五十嵐大介

日本中東学会年報査読有り17(1)p.201 - 2242002年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

マムルーク朝末期のシリア統治政策:財政政策とシリアの支配層の動向を中心に

五十嵐大介

東洋学報査読有り80(4)p.030 - 0581999年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

The Waqf-endowment Strategy of a Mamluk Military Man: The Contexts, Motives, and Purposes of the Endowments of Qijmās al-Isḥāqī (d. 1487)

Daisuke Igarashi

Bulletin of the School of Oriental and African Studies査読有り82(1)p.25 - 532019年02月-

DOIlink

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

書籍等出版物

Land Tenure, Fiscal Policy, and Imperial Power in Medieval Syro-Egypt

Daisuke Igarashi(単著)

2015年 00月-

LINK

詳細

単行本(学術書)総ページ数:264

Land Tenure and Mamluk Waqfs

Igarashi Daisuke(単著)

2014年 00月-

LINK

詳細

単行本(学術書)総ページ数:57

中世イスラーム国家の財政と寄進:後期マムルーク朝の研究

五十嵐大介(単著)

刀水書房2011年 01月-

LINK

詳細

単行本(学術書)総ページ数:330

Developing Perspectives in Mamluk History: Essays in Honor of Amalia Levanoni

Yuval Ben-Bassat (ed.)(分担執筆)

Brill (Leiden)2017年 09月-2017年 09月

LINK

詳細

単行本(学術書)総ページ数:414担当ページ数:115-142

概要:"The Office of the Ustādār al-ʿĀliya in the Circassian Mamluk Era"s執筆

Egypt and Syria in the Fatimid, Ayyubid, and Mamluk Eras VIII: Proceedings of the 19th, 20th, 21st and 22nd International Colloquium Organized at Ghent University in May 2010, 2011, 2012 and 2013

U. Vermeulen, K. D’hulster, and J. Van Steenbergen(eds.)(分担執筆)

Peeters (Leuven)2016年 00月-

詳細

単行本(学術書)総ページ数:579担当ページ数:419-427

概要:“Religious Endowments of the Mamluk Amir Qijmās al-Isḥāqī: A Preliminary St“Religious Endowments of the Mamluk Amir Qijmās al-Isḥāqī: A Preliminary St...“Religious Endowments of the Mamluk Amir Qijmās al-Isḥāqī: A Preliminary Study”執筆

アフロ・ユーラシア大陸の都市と国家

中央大学人文科学研究所(編)(分担執筆)

中央大学出版部2014年 03月-

LINK

詳細

単行本(学術書)総ページ数:567担当ページ数:489-537

概要:「後期マムルーク朝の官僚と慈善事業―ザイン・アッディーン・アブドゥルバースィトの事例を中心に―(Ⅲ ユーラシア大陸西部・アフリカ大陸)」執筆

アフロ・ユーラシアの都市と宗教

中央大学人文科学研究所(編)(分担執筆)

中央大学出版部2010年 03月-

LINK

詳細

単行本(学術書)総ページ数:274担当ページ数:199-241

概要:「中世エジプトの寄進文書(イスラーム教圏・キリスト教圏の都市と宗教)」執筆

講演・口頭発表等

Land Tenure and Mamluk Waqfs

Fifteenth Ulrich Haarmann Memorial Lecture(Annemarie Schimmel Kolleg, The University of Bonn)招待有り2013年12月16日

詳細

国際会議講義等開催地:Annemarie Schimmel Kolleg, The University of Bonn

遺言、寄進、そしてその後:マムルーク朝時代の遺言ワクフの一事例

2017年度白東史学会年次大会招待有り2017年12月02日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:中央大学駿河台記念館

14世紀末~16世紀初頭エジプトにおける土地制度の展開

2011年度立教史学会大会招待有り2011年07月02日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:立教大学

Father’s Will, Daughter’s Waqf: Tatarkhān bint Ṭashtamur, a Female Waqf Founder/Administrator

Fourth Conference of the School of Mamluk Studies2017年05月12日

詳細

国際会議シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)開催地:American University of Beirut

Charity and Endowments of the Civilian Elite: The Case of Zayn al-Dīn ʻAbd al-Bāsiṭ, the Nāẓir al-Jaysh (d. 854/1451

German-Japanese Workshop on Mamlukology(Miura Toru and Stephan Conermann)2016年11月05日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:公益財団法人東洋文庫

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

ポスト黒死病時代エジプト・シリアにおける家族と女性:寄進文書を手がかりに

2018年-0月-2023年-0月

配分額:¥4160000

研究種別:

13-15世紀におけるアラビア語文化圏再編の文献学的研究

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥14820000

研究種別:

寄進とワクフの国際共同比較研究:アジアから

2017年-0月-2021年-0月

配分額:¥14170000

研究種別:

ワクフ(イスラーム寄進制度)の国際共同比較研究

2013年-0月-2017年-0月

配分額:¥13260000

研究種別:

中世エジプトのイスラーム寄進制度に見る黒死病(ペスト)の影響

2012年-0月-2016年-0月

配分額:¥4680000

研究種別:

中世アラブにおけるイスラーム寄進制度(ワクフ)の社会的機能

配分額:¥4550000

学内研究制度

特定課題研究

オスマン帝国時代の調査台帳を用いたマムルーク朝ダマスカスのワクフの量的研究

2017年度

研究成果概要:本研究課題では、オスマン朝時代16世紀ダマスカス州のワクフ調査台帳を解読・分析し、そこから得られる寄進者、寄進対象などについての情報を抽出し、データベース化を試みた。どのようなデータをどのような形でカードに取るか、標記の統一性、パ...本研究課題では、オスマン朝時代16世紀ダマスカス州のワクフ調査台帳を解読・分析し、そこから得られる寄進者、寄進対象などについての情報を抽出し、データベース化を試みた。どのようなデータをどのような形でカードに取るか、標記の統一性、パソコンでテータベース化した際の検索の利便性などを慎重に検討しながらカードのフォーマットを作成した後、 データの記入に着手した。2018年3月31日の段階において、全300ページ中231ページまで終了し、592点のワクフの情報について記録した。全体的な傾向としては、そのほとんどが小規模であり、存命中は寄進者自身が受益者となる「自己受益ワクフ」の形態をもつこと、自身の死後は家族を主たる受益対象とするワクフ(家族ワクフ)であることが明らかになった。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
基礎講義 5文学部2019春学期
基礎講義 6(再履)文学部2019秋学期
アジア史概論2文化構想学部2019秋学期
アジア史概論2文学部2019秋学期
中東・イスラーム前近代史1文化構想学部2019春学期
中東・イスラーム前近代史1文学部2019春学期
中東・イスラーム前近代史2文化構想学部2019秋学期
中東・イスラーム前近代史2文学部2019秋学期
中東・イスラーム研究演習1文学部2019春学期
中東・イスラーム研究演習2文学部2019秋学期
中東・イスラーム研究指導3-1 M大学院文学研究科2019春学期
中東・イスラーム研究指導3-2 M大学院文学研究科2019秋学期
中東・イスラーム研究特論1大学院文学研究科2019春学期
中東・イスラーム研究演習3-1大学院文学研究科2019春学期
中東・イスラーム研究演習3-2大学院文学研究科2019秋学期
中東・イスラーム研究指導3-1 D大学院文学研究科2019春学期
中東・イスラーム研究指導3-2 D大学院文学研究科2019秋学期