氏名

ヒノ アイロウ

日野 愛郎

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0150918/)

所属

(政治経済学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス(その他)
airo(change to atmark)waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒169-8050新宿区 西早稲田1−6−1 早稲田大学政治経済学術院
電話番号
03-3203-9076
fax番号
03-3203-9076

URL等

研究者番号
30457816

本属以外の学内所属

兼担

政治経済学術院(大学院政治学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

環境経済・経営研究所

研究所員 2016年-

ソーシャルメディアデータ研究所

プロジェクト研究所所長 2016年-2020年

EU研究所 

研究所員 2011年-2014年

EU研究所

研究所員 2015年-2015年

ソーシャルメディアデータ研究所

研究所員 2016年-

学歴・学位

学歴

2001年10月-2006年06月 エセックス大学 政治学部
2000年04月- 早稲田大学大学院 政治学研究科 博士後期課程
1998年04月-2000年03月 早稲田大学大学院 政治学研究科 修士課程
1994年04月-1998年03月 早稲田大学 政治経済学部 政治学科

学位

Ph.D (Government) 課程 エセックス大学 政治学

修士(政治学) 課程 早稲田大学 政治学

学士(政治学) 課程 早稲田大学 政治学

経歴

日本学術振興会特別研究員、 2004年10月~2005年7月 ベルギー王国・フランデレン政府給費留学(カトリックルーヴェン大学社会政治世論調査研究所)、 2006年4月~2007年3月 ベルギー王国カトリック新ルーヴァン大学比較政治センター・ポスドクフェロー、 2007年4月~2010年3月 首都大学東京(東京都立大学)社会科学研究科、ならびに、都市教養学部法学系政治学コース准教授、 2010年4月~2014年3月 早稲田大学政治経済学術院准教授、 2014年4月より早稲田大学政治経済学術院教授.

所属学協会

アメリカ政治学会 (APSA)

European Consortium for Political Research Official Representative (OR) of Waseda University

世界政治学会(IPSA)

日本選挙学会

日本比較政治学会

日本政治学会

政治経済学会

委員歴・役員歴(学外)

2018年04月-ICPSR国内利用協議会会長
2018年05月-日本選挙学会理事
2016年11月-European Consortium for Political Research (ECPR)Official Representative (OR) of Waseda University
2014年10月-2016年10月日本政治学会査読委員
2014年06月-2015年06月日本比較政治学会編集委員
2013年11月-2014年06月日本比較政治学会オンライン・ジャーナル編集・査読体制検討WGメンバー
2013年10月-2015年12月日本政治学会編集委員
2013年06月-2014年06月日本比較政治学会企画委員
2013年05月-2014年05月日本選挙学会企画委員
2013年05月-2014年04月21世紀政策研究所タスクフォース委員
2013年04月-2015年04月政治経済学会理事(事務局長)
2013年04月-2016年03月政策研究フォーラム理事
2013年04月-2015年03月ICPSR国内利用協議会会計監査
2013年04月-2014年03月政策研究フォーラム欧州政党の政策動向研究委員会委員
2012年05月-2016年05月日本選挙学会理事(国際化委員会委員長)
2012年04月-Inter-University Consortium for Political and Social Research (ICPSR)Designated Representative (DR) of Waseda University
2012年04月-2013年03月政治経済学会理事(会計主任)
2011年05月-2012年05月日本選挙学会事務局幹事
2010年12月-2012年04月21世紀政策研究所タスクフォース委員(政党政治プロジェクト)
2009年11月-2011年06月最高裁判所裁判所事務官採用Ⅰ・Ⅱ種試験・家庭裁判所調査官補採用Ⅰ種試験出題委員(教養問題)
2009年11月-2019年04月レヴァイアサン書評委員
2009年10月-COMPArative Methods for Systematic cross-caSe analySis (COMPASSS)Advisory Board Member
2008年05月-2009年12月日本選挙学会編集委員
2008年04月-2010年03月European Consortium for Political Research (ECPR)Official Representative (OR) of School of Law and Political Science, Tokyo Metropolitan University
2008年04月-2010年03月Inter-University Consortium for Political and Social Research (ICPSR)

受賞

早稲田大学リサーチアワード(国際研究発信力部門)

2016年02月授与機関:早稲田大学

タイトル:早稲田大学リサーチアワード(国際研究発信力部門)

大隈記念学術褒賞奨励賞

2015年11月授与機関:早稲田大学

タイトル:大隈記念学術褒賞奨励賞

日本選挙学会賞(優秀論文賞)

2015年05月授与機関:日本選挙学会

タイトル:日本選挙学会賞(優秀論文賞)

取材ガイド

カテゴリー
社会科学
専門分野
選挙制度、世論調査、新興政党
自己紹介コメント
選挙とメディアに関する実証研究をしております。ベルギーを中心とする欧州諸国の政治動向にも関心を持っております。
キーワード
選挙、欧州政治、ベルギー政治

その他基本情報

Refereed journals: American Journal of Political Science (x2), Comparative Political Studies, British Journal of Political Science, European Journal of Political Research (x2), Political Science Research and Methods (x3), International Political Science Review (x3), Party Politics (x3), West European Politics, International Journal of Public Opinion Research (x3), Government and Opposition, Environmental Politics, Field Methods, Asian Journal of Public Opinion Research, Statistica Applicata – Italian Journal of Applied Statistics, COMPASSS Working Paper Series, Social Science Japan Journal, Japanese Journal of Political Science, The Annuals of Japanese Association of Political Science (x4), Japanese Journal of Electoral Studies (x6), Japanese Journal of Comparative Politics (x2), AGLOS Journal of Area-Based Global Studies, Waseda Journal of Political Science and Economics (x2), EU in Japan Working Paper Series, EU Studies, WOJUSS Working Paper Series

研究分野

キーワード

選挙、投票行動、世論、政治コミュニケーション、ソーシャルメディア、選挙制度、政党システム、比較政治

科研費分類

社会科学 / 政治学 / 政治学

論文

Context Impacts on Confirmation Bias: Evidence From the 2017 Japanese Snap Election Compared with American and German Findings

Knobloch-Westerwick, S., Liu, L., Hino, A., Westerwick, A., & Johnson, B. K.

Human Communication Research査読有り2019年05月-2019年05月 

DOI

詳細

概要:Much concern exists about individuals’ tendency to favor attitude-consistent messages (confirmation bias) and the consequences for democracy; yet, empirical evidence is predominantly based on U.S. data and may not apply to other cultural contexts. The current three-session online experimental study unobtrusively observed Japanese participants’ (N = 200) selective exposure to political news articles right before the 2017 Japanese snap general election. The research design paralleled an earlier U.S. study and a German study, which allowed direct comparisons of confirmation biases among the three countries. Japanese exhibited a confirmation bias, but it was smaller than the confirmation bias among Americans, though comparable to that of Germans. The extent of the confirmation bias among Japanese participants was influenced by individual media trust, which provides new insight into causes of these cross-country differences. Attitudinal impacts resulted from selective exposure, in line with message stance, and persisted for two days.

Representing the Twittersphere: Archiving a representative sample of Twitter data under resource constraints

Hino, A. and Fahey, R.

International Journal of Information Management査読有りVol. 48p.175 - 1842019年04月-2019年04月 

DOIlink

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:The rising popularity of social media posts, most notably Twitter posts, as a data source for social science research poses significant problems with regard to access to representative, high-quality data for analysis. Cheap, publicly available data such as that obtained from Twitter’s public application programming interfaces is often of low quality, while high-quality data is expensive both financially and computationally. Moreover, data is often available only in real-time, making post-hoc analysis difficult or impossible. We propose and test a methodology for inexpensively creating an archive of Twitter data through population sampling, yielding a database that is highly representative of the targeted user population (in this test case, the entire population of Japanese-language Twitter users). Comparing the tweet volume, keywords, and topics found in our sample data set with the ground truth of Twitter’s full data feed confirmed a very high degree of representativeness in the sample. We conclude that this approach yields a data set that is suitable for a wide range of post-hoc analyses, while remaining cost effective and accessible to a wide range of researchers.

Japan: Political development and data for 2017

Hino, Airo, and Ogawa, Hiroki

European Journal of Political Research Political Data Yearbook招待有り2018年08月-2018年08月 

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

The intensity of government–opposition divide as measured through legislative speeches and what we can learn from it: Analyses of Japanese parliamentary debates, 1953–2013

Curini, Luigi, Hino, Airo, and Osaki, Atsushi

Government and Opposition査読有り2018年07月-2018年07月 

DOIlink

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:Through the analysis of legislative speeches made by prime ministers and party representatives in parliamentary sessions in Japan from 1953 to 2013, we argue that it is possible to place parties according to a dimension that captures their confrontational nature within a parliamentary democracy and its evolution over time. Using this dimension extracted via a well-known scaling algorithm (Wordfish), we develop an index of the intensity of the government–opposition divide that is directly related to the dynamics of the electoral cycle of Japanese politics. We then show how this new index greatly facilitates the investigation of two important aspects of Japanese legislative politics (the survival rate of governments and the speed of passage of cabinet bills) compared to a situation in which we focus on more traditional measures capturing the ideological position of the parties alone.

Japan’s constitutional divide

Airo Hino

Inroads - The Canadian Journal of Opinion(43)p.71 - 782018年05月-2018年05月 

Ranking and rating: Neglected biases in factor analysis

Hino, Airo and Imai, Ryosuke

International Journal of Public Opinion Research査読有り2018年04月-2018年04月 

DOIlink

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:The pros and cons of ranking and rating scales have been much discussed. It is widely accepted that factor analysis based on ranking scales suffers from a negativity bias, while that based on rating scales in turn suffers from a positivity bias. Recent decades have witnessed an increasing sophistication in techniques of neutralizing these biases in factor analysis. Using data from an experimental survey of postmaterialist values conducted in Japan, we applied these techniques and compared the dimensions extracted using ranking and rating scales. The results suggest that the postmaterialist and materialist dimensions are in fact positively correlated, in contrast to the common view that they are opposed to each other. Implications for postmaterialist theory are discussed.

熟慮の質に関する指標化の試み―Reasoning Quality Index(RQI)とArgument Repertoire(AR)の比較を通して

今井亮祐・日野愛郎・千葉涼

レヴァイアサン招待有り(61号)2017年10月-2017年10月 

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:世論調査の過程で熟慮してもらうことが,回答にどのような影響を及ぼすのか.この問題関心の検証を可能にする,回答者の熟慮の度合を表す新しい指標として,本研究ではRQI(Reasoning Quality Index)を提案する.自分がある立場をとる理由や,他者が自分と異なる立場をとる理由について,どの程度一貫性のある,正確な説明できるかという観点から測定したRQIが,熟慮の度合を表す指標としての妥当性を備えていることが,分析を通じて確認される.

Japan

Airo Hino

European Journal of Political Research Political Data Yearbook55(1)p.156 - 1632016年12月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Examining response-order effects through computer randomization

Imai, Ryosuke; Hino, Airo

Electoral Survey Methodology: Insight from Japan on Using Computer Assisted Personal Interviewsp.74 - 852016年03月-2016年03月 

DOIScopus

選挙研究事始め-「ネット選挙」に効果はあったのか?-

日野愛郎

早稲田政治経済学雑誌389‐390p.37 - 432016年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)

Political communication research in Asia

Airo Hino and Willy Jou

International Encyclopedia of Political Communicationp.1 - 102016年01月-

DOI

Japan

Airo Hino

European Journal of Political Research Political Data Yearbook54p.169 - 1802015年12月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Representation and integration of new political issues in party systems: Analyses of new challenger parties in 15 West European democracies

Airo Hino

年報政治学2015-II2015(2)p.130 - 1652015年12月-

選挙制度改革が政治過程に与えた影響-改革後20年の総括

日野愛郎

論究ジュリスト13(春)p.126 - 1322015年04月-

日本における世論調査の現状と課題(第1部 東アジアにおける世論調査の現状と課題,<特集>特別研究大会報告)

日野 愛郎

日本世論調査協会報(115)p.21 - 372015年03月-2015年03月 

CiNii

政治学におけるCAI調査の現状と課題・展望:―早稲田大学CASI調査と選挙結果の比較から―

田中 愛治;日野 愛郎

理論と方法査読有り30(2)p.201 - 2242015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:0913-1442

概要: 政治学におけるCAI調査は,とりわけ選挙調査の文脈で発展してきた.本稿は,選挙調査におけるCASI調査の取り組みを概観し,CASI調査には,集計の迅速さ,設問や選択肢のランダム化,回答に応じた質問内容のカスタマイズ,回答時間の測定,画像や動画を用いた調査実験の実装,社会的望ましさバイアスの軽減,代表性の担保という7点のメリットがあることを論じる.一方,コストの高さや回収率の低さといったデメリットがあることも指摘する.その上で,回収率の低さというデメリットは代表性を損なうことにつながるのか,そして,CASI調査は,社会的望ましさバイアスを軽減するというメリットをどの程度活かしているのかを,過去に実施された選挙後の世論調査と公式発表されている選挙結果を比較して検証した.その結果,回収率の高低は,必ずしも投票率の乖離(回答データにおける投票率と実際の投票率の差)や得票率の乖離(回答データにおける各党の得票率と実際の各党の得票率の差)に結び付いていないことが明らかになった.一方,CASI調査は,投票率,得票率のいずれにおいても最も選挙結果との乖離が小さい調査モードであることが明らかになった.ただ,コストの高さという課題は残っている.

視線追跡で明らかにする調査回答過程:政党支持質問と価値観質問における順序効果

日野愛郎・山崎新・遠藤晶久

選挙研究査読有り30(1)p.31 - 432014年06月-

CASI方式世論調査とその可能性

日野愛郎

よろん113p.67 - 722014年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Missing link in party-system polarization: How institutions and voters matter

Curini, L. and Hino, A

The Journal of Politics査読有り74(2)p.460 - 4732012年04月-

DOI

The mechanical and psychological effects of electoral systems: A quasi-experimental study

Blais, A., Lachat, R., Hino, A., and Doray-Demers, P.

Comparative Political Studies査読有り44(12)p.1599 - 16212011年12月-

DOI

「二次的選挙」としての参院選

今井亮佑・日野愛郎

選挙研究27(2)p.5 - 192011年12月-

Censored and hurdle regression models in TSCS data: Electoral support for extreme right parties in 19 West European democracies

Airo Hino

選挙研究26(1)p.88 - 1012010年06月-

2009年総選挙と新しい世論調査の試み(<特集2>第45回衆議院議員選挙)

日野 愛郎

日本世論調査協会報(105)p.51 - 562010年03月-2010年03月 

CiNii

Time-series QCA: Studying temporal change through Boolean analysis

Airo Hino

Sociological Theory and Methods査読有り24(2)p.247 - 2652009年12月-

世論調査研究における調査員訓練−その意義と日本における実践例

マーク・スウィンヘダウ・日野愛郎

早稲田政治経済学雑誌370p.109 - 1202008年12月-

欧州議会選挙における投票行動−94年・ベルギーの事例に関する実証分析−

日野愛郎

選挙研究査読有り20p.148 - 1582005年03月-

リプセット−ロッカン理論の再検証−ベルギーを事例にして−

日野愛郎

早稲田政治公法研究74p.467 - 4932003年12月-

ニュー・ポリティックスの台頭と価値観の変容

日野愛郎

レヴァイアサン査読有り31p.121 - 1472002年10月-

Electoral participation in Japan: A comparison of two different levels of elections, 1999-2000

Aiji Tanaka and Airo Hino

Research Institute of Aoyama Gakuin University Research Series6p.23 - 322002年03月-

ベルギーにおける政党システム編成−欧州世論調査(Euro-Barometer)の分析を中心に−

日野愛郎

早稲田政治公法研究66p.251 - 2792001年04月-

書籍等出版物

内容分析の進め方: メディア・メッセージを読み解く

ダニエル リフ , スティーヴン レイシー, フレデリク フィコ, 日野 愛郎 (監訳), 千葉 涼, 永井 健太郎 (翻訳)(共訳)

勁草書房2018年 10月-2018年 10月

LINK

詳細

教科書総ページ数:312ISBN:978-4326603107

現代ベルギー政治:連邦化後の20年

津田由美子, 松尾秀哉, 正躰朝香, 日野愛郎(共編著)

ミネルヴァ書房2018年 05月-2018年 05月

LINK

詳細

単行本(学術書)総ページ数:282担当ページ数:1-11, 49-76ISBN:978-4623081219

熟議の効用、熟慮の効果-政治哲学を実証する

田中愛治(分担執筆)

勁草書房2018年 03月-2018年 03月

LINK

詳細

単行本(学術書)総ページ数:228ISBN:978-4-326-30266-6

Mecanismos de participación ciudadana en Japón

Instituto Electoral del Estado de Querétaro

2017年-2017年

詳細

担当ページ数:239-250

EU・欧州統合研究 改訂版-”Brexit”以後の欧州ガバナンス

福田耕治(編)

成文堂2016年 10月-

詳細

単行本(学術書)担当ページ数:137-152

Examining Response Order Effects through the Computer Randomization

Imai, R. and Hino, A.(共著)

Routledge2016年 04月-2016年 04月

詳細

総ページ数:134担当ページ数:74-85ISBN:978-0415859370

論点 日本の政治

吉野孝・谷藤悦史・今村浩(編)

東京法令出版2015年 09月-

詳細

担当ページ数:194-195

論点 日本の政治

吉野孝・谷藤悦史・今村浩(編)

東京法令出版2015年 09月-

詳細

担当ページ数:196‐197

ヨーロッパのデモクラシー(第2版)

網谷龍介・伊藤武・成廣孝編

ナカニシヤ出版2014年 03月-

詳細

ISBN:978-4-7795-0805-9

世論調査の新しい地平−CASI方式世論調査

日野愛郎・田中愛治編

勁草書房2013年 07月-

詳細

ISBN:978-4-326-30219-2

New Challenger Parties: A Comparative Analysis

Airo Hino

Routledge2012年 01月-

詳細

ISBN:978-0415684774

オランダ・ベルギーの自治体改革

佐藤竺監修、金井利之・財団法人日本都市センター編

第一法規2011年 04月-

詳細

ISBN:978-4623057290

政治変容のパースペクティブ(第2版)

賀来健輔・丸山仁編

ミネルヴァ書房2010年 05月-

詳細

ISBN:978-46978-4474026582

2009年、なぜ政権交代だったのか−読売・早稲田の共同調査で読みとく日本政治の転換

田中愛治・河野勝・日野愛郎・飯田健

勁草書房2009年 10月-

詳細

ISBN:978-43

投票行動研究のフロンティア

山田真裕・飯田健編

おうふう2009年 05月-

詳細

ISBN:978-4273035426

ヨーロッパのデモクラシー

網谷龍介・伊藤武・成廣孝編

ナカニシヤ出版2009年 04月-

詳細

ISBN:978-4779503368

New Parties in Government

Kris Deschouwer編

Routledge2008年 02月-

詳細

ISBN:978-0415404990

Elections: Le reflux?

Andre-Paul Frognier, Lieven De Winter, et Pierre Baudewyns編

De Boeck2007年 06月-

詳細

ISBN:978-2804155698

De Kiezer Onderzocht

Marc Swyngedouw, Jaak Billiet, en Bart Goeminne編

Universitaire Pers Leuven2007年 03月-

詳細

ISBN:9789058675859

政治変容のパースペクティブ

賀来健輔・丸山仁(編)

ミネルヴァ書房2005年-

詳細

単行本(学術書)

講演・口頭発表等

熟慮の質に関する指標化の試み-Reasoning Quality Index (RQI)とArgument Repertoire(AR)の比較を通して

今井亮佑・千葉涼・日野愛郎

第8回政治経済学会2017年03月

Warping the trend: the use and reuse of social media data in social science

Airo Hino

Annual Conference, Italian Political Science Association, University of Milan2016年09月

詳細

国際会議口頭発表(一般)

To fight or not to fight for issue ownership: Analyses of New Politics Parties and Extreme Right Parties across 15 West European democracies

Airo Hino

General Conference, European Consortium for Political Research, Prague2016年09月

詳細

国際会議口頭発表(一般)

安保法制をめぐるTwitterと メディアの共鳴関係-時系列分析による議題設定仮説の検証

日野 愛郎・クリーニ ルイジ・中西 健輔・角間 実・小橋 洋平・明石 裕太郎

政治経済学会2016年03月

Sorting out Chicken and Egg: Causal Mechanisms of the Media and Public Sentiment

Hino, A. Curini, L. Nakanishi, K. Kakuma, M. Kobashi, Y. and Akashi, Y.

Southern Political Science Association, San Juan2016年01月

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Modality Theory and Syntactic-based Exploratory Analysis to Measure Political Polarization on Twitter

Kobashi, Y., K. Kakuma, Nakanishi, M. and Hino, A.

Southern Political Science Association, San Juan2016年01月

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Measuring the quality of deliberation within: A proposal of Reasoning Quality Index

Hino, A., Imai, R., and Chiba, R.

General Conference, European Consortium for Political Research, Université de Montreal2015年09月

詳細

国際会議口頭発表(一般)

世論調査における回答者の「熟慮」−その度合に関する指標化の試み

日本選挙学会2015年05月16日

詳細

口頭発表(一般)

Twitterデータの集積と分析−景況感指標と株価の時系列分析

政治経済学会2015年03月07日

詳細

口頭発表(一般)

政党システムの変容と政策対立軸の変化

日本政治学会2014年10月12日

詳細

口頭発表(一般)

Dying with dynastic politicians: Who is voting for hereditary candidates in Japan?

Airo Hino

International Political Science Association, World Congress, Montreal2014年07月22日

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Looking at how respondents look at survey questions: Eye-tracking examination of response order effects in party support questions and value batteries

Airo Hino, Arata Yamazaki, and Masahisa Endo

1st Asian Political Methodology Conference2014年01月06日

詳細

国際会議ポスター発表

Measuring Party Competition from Legislative Speeches: Analyses of Japanese Parliamentary Debates, 1953-2011

Airo Hino, Luigi, Curini, and Atsushi Osaki

General Conference of European Consortium for Political Research (ECPR), Bordeaux2013年09月07日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:フランス ボルドー

Electoral cycles in bicameral contexts in Japan

Hino, A. and Imai, R.

International Political Science Association (IPSA) World Congress, Madrid2013年07月12日

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Party System Dynamics in Japan: Measuring the underlying changes and status-quos

Airo Hino

European Consortium for Political Research (ECPR) Joint Sessions of Workshops, Mainz2013年03月14日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ドイツ マインツ

Tracking Order Effects in Survey Responses: Evidence from Eye Movements

Economic Science Association2013年02月16日

詳細

国際会議口頭発表(一般)

The Spiral of Silence Revisited: Examining through a CASI (Computer Assisted Self-administered Interview) experimental survey

Imai, R., Hino, A., Endo M., Hosogai, R., Mimura, N., Yamazaki, A., Arai, K., and Iida, T.

International Political Science Association (IPSA) World Congress, Madrid2012年07月10日

詳細

国際会議口頭発表(一般)

The second-order election model in the national context: The electoral cycle and government popularity in Japan

Hino, A. and Imai, R.

General Conference of European Consortium for Political Research (ECPR), Reykjavik2011年08月26日

詳細

国際会議口頭発表(一般)

「二次的選挙」としての参院選

日本選挙学会2011年05月14日

詳細

口頭発表(一般)

コンピュータを用いた世論調査について

統計関連学会連合大会2010年09月07日

詳細

口頭発表(一般)

QCAの時系列分析

数理社会学会2009年09月20日

詳細

口頭発表(一般)

マルチレベル選挙における投票行動 −ベルギーにおける「二次的選挙」モデルの再検証−

日本比較政治学会2009年06月27日

詳細

口頭発表(一般)

Ranking vs. Rating: Re-examining the Inglehart scalet through an experimental survey

American Political Science Association2008年08月30日

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Interaction effects meet QCA:Towards a future discussion

Expert Roundtable: “The Study of Strategies of Social Change using the Method of QCA”, University of Manchester2008年06月05日

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Who said QCA is static?

Expert Roundtable: “The Study of Strategies of Social Change using the Method of QCA”, University of Manchester2008年06月04日

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Blending extreme-right ideologies: Testing the ‘winning formula hypothesis’ in Western Europe

Airo Hino

Annual Meeting of American Political Science Association, Chicago2007年08月

詳細

国際会議ポスター発表

Public party funding and new parties’ success: A comparative analysis of 15 Western European democracies

Airo Hino

Annual Meeting of American Political Science Association, Chicago2007年08月

詳細

国際会議ポスター発表

西欧における新党の政権参加とその帰結―11カ国の比較分析―

日野愛郎・ヨ― ビューレンス

日本選挙学会2007年05月

詳細

国内会議ポスター発表

Bridging the QCA and Time-Series-Cross-Sectional (TSCS) analyses

Airo Hino

International Conference of Comparative Social Sciences, Sophia University, Tokyo2006年07月

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Examining institutional effects on new parties’ success: A comparative analysis of 15 West European democracies

Airo Hino

20th World Congress of International Political Science Association2006年07月

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Censored panel?: Application of Tobit and Cragg’s model in Time-Series and Cross-Sectional analysis

Airo Hino

the 3rd ECPR General Conference, Budapest2005年09月

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Comparing electoral and party funding systems in West European legislatures

Airo Hino

2005 ECPR joint-Sessions of Workshops, University of Granada2005年04月

詳細

国際会議口頭発表(一般)

The end of cleavage politics?: The case of Belgium

Airo Hino

the 100th American Political Science Association Annual Meeting, Chicago2004年08月

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Electoral fate of new parties: Effects of government participation in comparative perspective

2004 ECPR Joint-Sessions of Workshops, Uppsala University

2004年04月

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Recipes for success?: Comparative analysis of green party manifestos

the 2nd General Conference of European Consortium for Political Research, Philipps-University, Marburg

2003年09月

詳細

国際会議口頭発表(一般)

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

Twitterデータベースの構築と政治学的課題への応用

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥4550000

研究種別:

ネットワークの多様化が経済と心理に及ぼす影響-計量・行動経済学と理系の融合研究-

2018年-0月-2023年-0月

配分額:¥43940000

研究種別:

アジアンバロメータ調査第5波の実施と比較政治実験の統合による政治文化研究の革新

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥43160000

研究種別:

民主主義の分断と選挙制度の役割

2017年-0月-2022年-0月

配分額:¥43420000

研究種別:国際共同研究加速基金

政党マニフェストの時系列データ構築と政策位置の推定(国際共同研究加速基金)

2015年-2018年03月

配分額:¥15340000

研究種別:

政党マニフェストの時系列データ構築と政策位置の推定(国際共同研究強化)

配分額:¥15340000

研究種別:

政党マニフェストの時系列データ構築と政策位置の推定

2013年-0月-2017年-0月

配分額:¥3640000

研究種別:

二大政党化の進展と政策対立の停頓:選挙制度改革以降の有権者-政党関係の変容

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥16510000

研究種別:

マルチレベル選挙における投票行動と政党戦略:欧州・国家・地域レベルの比較分析

配分額:¥2860000

研究種別:基盤研究(A)

政治変動と日本人の意志決定のメカニズム-心理学・経済学実験と全国世論調査の統合-

2006年-2008年

研究分野:政治学

配分額:¥46540000

研究資金の受入れ状況

提供機関:日本学術振興会(JSPS)制度名:二国間共同研究事業(JSPS-FNRS)実施形態:共同研究

マルチレベル政治空間における政策の形成と価値観の共有2018年04月-2020年03月

代表

実施形態:共同研究

二国間交流事業(日英共同研究)2008年-2009年

学内研究制度

特定課題研究

視線測定機を用いた政治経済学実験

2014年度共同研究者:船木由喜彦, 遠藤晶久, 山崎新, 宇都伸之

研究成果概要: 本研究ではアイトラッカー(視線測定機)を用いて、人々の情報収集活動のデータを集め、政治経済学的な仮説を検証することを目的としていた。政治学、経済学の研究者、ならびに大学院生が定期的に研究会を重ね、各自の実験デザインを吟味し、今年... 本研究ではアイトラッカー(視線測定機)を用いて、人々の情報収集活動のデータを集め、政治経済学的な仮説を検証することを目的としていた。政治学、経済学の研究者、ならびに大学院生が定期的に研究会を重ね、各自の実験デザインを吟味し、今年度は2014年7月と2015年1月の2つの期間にアイトラッカーを用いた実験を行った。経済学に関する実験研究の成果は、国内における複数の学会で報告されている。政治学研究におけるアイトラッカーの利用は緒に就いたばかりであるが、成果の一部が査読誌に掲載された。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
政治テキスト分析 01政治経済学部2019春学期
プレ政治学演習 (日野愛郎)政治経済学部2019冬クォーター
政治学演習 I (日野愛郎)政治経済学部2019春学期
政治学演習 II (日野愛郎)政治経済学部2019秋学期
政治学演習 III (日野愛郎)政治経済学部2019春学期
政治学演習 IV (日野愛郎)政治経済学部2019秋学期
政治学演習論文 (日野愛郎)政治経済学部2019春学期
政治学演習論文 (日野愛郎)政治経済学部2019秋学期
Comparative Politics of Western Europe 01政治経済学部2019春学期
比較政治専門研究セミナーA(PS,J:日野愛郎)大学院政治学研究科2019春学期
比較政治専門研究セミナーB(PS,J:日野愛郎)大学院政治学研究科2019秋学期
計量分析II(日野愛郎)大学院政治学研究科2019秋学期
比較政治専門研究セミナー(博士:日野愛郎)大学院政治学研究科2019春学期
比較政治専門研究セミナー(博士:日野愛郎)大学院政治学研究科2019秋学期
ジャーナリズム専門研究セミナー(博士:日野愛郎)大学院政治学研究科2019春学期
ジャーナリズム専門研究セミナー(博士:日野愛郎)大学院政治学研究科2019秋学期
EU政治経済統合のガバナンスと国際公共政策 1グローバルエデュケーションセンター2019秋クォーター