氏名

ニシムラ マサオ

西村 正雄

職名

教授

所属

(文化構想学部)

連絡先

URL等

研究者番号
30298103

本属以外の学内所属

兼担

文学学術院(大学院文学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

国際学術院(国際教養学部)

商学学術院(商学部)

国際学術院(大学院アジア太平洋研究科)

学内研究所等

ラオス地域人類学研究所

プロジェクト研究所所長 1989年-2006年

アジア研究所

研究員 2007年-2011年

アジア研究所

研究員 2011年-2012年

アジア研究所

研究員 2012年-2013年

アジア研究所

研究員 2013年-2014年

アジア研究所

研究員 2014年-2014年

アジア研究所

研究所員 2015年-2015年

災害復興医療人類学研究所

研究所員 2014年-

アジア研究所

研究所員 2016年-

学歴・学位

学位

Ph.D 課程 ミシガン大学 文化人類学・民俗学

研究分野

キーワード

文化人類学(含民族学・民俗学)

研究テーマ履歴

遺産研究、国家・文明の形成プロセス

研究テーマのキーワード:遺産、国家

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(A)

東アジア村落における水稲文化の儀礼と景観

2004年-2007年

研究分野:日本史

配分額:¥35100000

研究種別:基盤研究(B)

東アジアにおける水田形成および水稲文化の研究(日本を中心として)

2002年-2003年

研究分野:日本史

配分額:¥9100000

研究種別:

国際援助協力による社会経済開発のソーシャルインパクトに関する開発人類学的研究

配分額:¥16770000

研究種別:基盤研究(C)

リビングヘリテージの比較研究

2013年-2015年

研究分野:観光学

配分額:¥5070000

研究種別:

リビングヘリテージの多様性の比較研究

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥4420000

研究種別:

リビングヘリテージの比較研究

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥5070000

研究種別:

リビングヘリテージとその活用の多様性に関する比較研究

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥4030000

研究資金の受入れ状況

提供機関:文部科学省

アジア地域文化に関する共同研究:中国1998年-2002年

学内研究制度

特定課題研究

有形・無形遺産カテゴリーの再検討

2017年度共同研究者:小田島 理絵, 三浦 恵子, Joy Gerra, Phakhanxay Sikhanxay

研究成果概要:The present research consists of a part ofthe large framework which intends tore-think the concept of heritage.&nbs...The present research consists of a part ofthe large framework which intends tore-think the concept of heritage.  Inthis perspective, the research especially pursues two aims: 1) the heritageconcept is shared with almost everyone in an area; 2) the heritage concept isinherited from generation to generation. In order to examine this concept, the present research organized the fieldresearch in Lao PDR and the Philippines. In Lao PDR, a field research was conducted at one of the villagesoutside the Champasak World Heritage area. The village is inhabited by Christians, while all other villages areBuddhists residents.  The researchfocused on their feeling toward heritage, especially heritage in publicspace.  It is interesting to know that asfar as public heritage is concerned, their feeling and idea toward heritage isthe same as that of Buddhist residents. In the Philippines, the field research was conducted among the Muslimresidents in Cebu City.  Although theyreluctantly admit and accept the public heritage, most of which are related toChristianity, they also insist Muslim heritage should equally be recognized.  Although the analysis of two data sets isprogressing, the comparison between two areas provides an interesting view onthe variability of the heritage concept. It is clear that there are much more varieties in the heritage concepts.

無形遺産の保全と管理における政府の政策と方針についての研究-ラオスとフィリピンの比較研究-

2018年度共同研究者:小田島 理絵, 北田 綾, 増見 エミ, Sikhanxay, Phakhanxay, Gerra, Joy

研究成果概要:   The present research is organized within a large research design: the research of heritage management ...   The present research is organized within a large research design: the research of heritage management in Southeast Asia.  The research has been conducted by the author and his team since the beginning of 2000.  The research has focused on the interrelationships between the heritage and people's perception for it.  In order to examine the aforementioned problems, the author has conducted a series of field studies in southern Laos, Champasak, and in Cebu, the Philippines.  We have so far had the following results: 1) people within or near by the heritage have a strong feeling with not only visible objects, but associated knowledge (often religious knowledge); 2) they exhibit their feeling in a variety of ways such as weaving design, daily worship; or everyday practice in their life.  We call these practices collectively, "living heritage".  Namely, living heritage is the one which makes the residence feel close to the heritage.     The present project, therefore,  focused on the living heritage among the residents in the heritage area.  Among others, one of the main components of living heritage is the so-called intangible heritage.  This year the research especially concentrated on the definition of intangible heritage by the government officers, and management by them.  In Laos, the officers of the central government and local government both appear to be confused about what intangible heritage is.  However, they recognize the importance of intangible heritage, and so they established a special section of intangible heritage within the Ministry of Information, Culture and Tourism.  However, they still don't know what to do for the management.      In respect with the Philippines, the intangible heritage is recognized among the residents, and it is quite personalized.  Just as the tangible heritage, they will talk about their family's intangible heritage.  And probably for this reason, the public sectors including the central and local governments, officers does not show interests in the preservation of intangible heritage.     In conclusion of the research, I would like to emphasize two points: 1) living heritage, including intangible heritage, make people be aware of heritage, and so intangible heritage is more important  in terms of conservation of local heritage; 2)  as so in the case of tangible heritage, we can observe a great variability in the perception of intangible heritage.  Therefore, in order to figure out the living heritage (intangible heritage), we have to conduct much more detailed field research in Southeast Asia. 

ラオス共和国、チャンパサック州ワット・プー地域における、集落ネットワークの人類学的研究

1997年度

研究成果概要:本プロジェクトは、私が推進してきた、東南アジアにおける複合社会の発展に関する研究の一貫として行っているものである。この研究の主目的は、東南アジア社会―文化の「複合性」の定義と、複合性を測るスケールの確立にある。私がこれまで行ってき...本プロジェクトは、私が推進してきた、東南アジアにおける複合社会の発展に関する研究の一貫として行っているものである。この研究の主目的は、東南アジア社会―文化の「複合性」の定義と、複合性を測るスケールの確立にある。私がこれまで行ってきた研究により、特定の地域内での集落ネットワークに見られる階層化と、その階層のレベルの数が、複合社会の発展と、正の比例関係にあることがわかってきている。 そこで本プロジェクトでは、この考えを東南アジアの特定地域を選んで検証するために、集落ネットワークを作り上げている3つの主要素:物資の流れ;サービスの流れ(人的移動);情報の流れ、に関するデータを集め、分析することに集中している。そのための研究地域として、ラオス共和国、チャンパサック州、ワット・プー地域を選び、そこでのフィールドワークを通じて第一次データの収集は終了している。 フィールド調査は、1997年7月―8月、11月―12月、1998年1月―3月の期間行い、内、1998年1月―3月までの調査及びその後の分析に、本研究費を充当した。今回の調査では、時間と予算の関係から、物資の流れについての調査に集中した。調査は、ワット・プー遺跡に一番近い、すなわち地域の中心に近いものから開始した。20村落の調査を終了している。調査は、各村落の全世帯数の10%ランダムサンプリングの形で家族を抽出し、抽出した家族の中に入ってインタヴューと観察の2つの方法で行った。 現在まだ資料の分析中で、結論を述べるには時期が早すぎるが、以下4点について、この地域の資源利用に特異なパターンが見られるように思われる。1. 自給自足的経済システムがこの地域でよく確立している。生活必需品:食料、燃料、容器類等は、ほとんど身近な自然環境の開拓で調達している。2. 村落間の生産物の専門化が見られる。すべての村落の基本的生業形態は水田耕作であるが、それに加えて他の生産活動を行っている。この二次的生産活動から生じる産物の点で、多くの特殊化が見られる。特殊な手工芸をそれぞれの村落が持ち、それらを村落間交換の形で流通させている。3. 地域に大きなマーケットが存在しないため、村落間の物資の交換が、地域の経済で重要である。これにより、物資が広く分配され、資源へのアクセスの点で、一様化が図られている。この一様化が、地域の結束に重要な意義をもっている。4. 年に一度の大きな宗教的なお祭り(ワット・プーフェスティバル)が、地域外で生産された物資を地域内に入れる一種のマーケットの役割を演じている。研究成果の発表March 1998Capacity Building in Cultural Heritage Management within the Context of Assistance for the Preservation of Wat Phu. Research Report of UNESCO. Bangkok: UNESCO Office of the Regional Advisor for Culture in Asia and the Pacific.1999(予定)A Study of Settlement Systems in the Wat Phu Region, Champassak Province, Lao PDR (provisional) Journal of Asian Studies.1999(予定)ラオス共和国、ワット・プー地域における資源の利用状況と、集落システム。『史観』(早稲田大学史学会)。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
Culture and Society of Southeast Asia国際教養学部2019春学期
基礎講義 1文化構想学部2019春学期
基礎講義 2(再履)文化構想学部2019秋学期
文化人類学の最前線1文化構想学部2019春学期
文化人類学の最前線1文学部2019春学期
文化人類学の最前線2文化構想学部2019秋学期
文化人類学の最前線2文学部2019秋学期
環境と人間1(マクロな視点)文化構想学部2019秋学期
環境と人間1(マクロな視点)文学部2019秋学期
複合文化論系演習(資源・グローバリゼーション・その崩壊)文化構想学部2019秋学期
文化人類学ゼミ(<伝統>文化とその変動) (春学期)文化構想学部2019春学期
文化人類学ゼミ(<伝統>文化とその変動) (秋学期)文化構想学部2019秋学期
文化人類学研究指導1-1 M大学院文学研究科2019春学期
文化人類学研究指導1-2 M大学院文学研究科2019秋学期
文化人類学特論1大学院文学研究科2019春学期
文化人類学特論2大学院文学研究科2019秋学期
文化人類学実習1大学院文学研究科2019秋学期
文化人類学演習1-1大学院文学研究科2019春学期
文化人類学演習1-2大学院文学研究科2019秋学期
文化人類学研究指導1-1 D大学院文学研究科2019春学期
文化人類学研究指導1-2 D大学院文学研究科2019秋学期
東南アジア研究 IV(フィリピン)(E)大学院アジア太平洋研究科2019秋学期(アジア)
文化遺産と観光開発(E)大学院アジア太平洋研究科2019春学期(アジア)
東南アジアの文化遺産と開発 (MA Seminar)大学院アジア太平洋研究科2019春学期(アジア)@夏学期(アジア)
東南アジアの文化遺産と開発 (MA Seminar)大学院アジア太平洋研究科2019秋学期(アジア)@冬学期(アジア)
文化活動(世界遺産とそのマネージメントの諸問題)グローバルエデュケーションセンター2019春学期
東南アジアの開発問題とNGOの役割グローバルエデュケーションセンター2019集中講義(秋学期)