氏名

カワムラ タクジ

河村 拓史

職名

助教

所属

(スポーツ科学部)

学歴・学位

学位

博士

論文

Thermoregulatory effects of exercising in room temperature combined with a hot water bath for different time durations in a 38℃ environment

Chang L, Kawamura T, Fujii R, Muraoka I

Advances in Exercise and Sports Physiology. In press2020年03月-2020年03月 

The effects of sex differences on delayed-onset muscle soreness by cold-water immersion following resistance exercise

Iwata R, Chang L, Akiyama H, Kawamura T, Suzuki K, Sakamoto S and Muraoka I.

Gazzetta Medica Italiana - Archivio per le Scienze Mediche. In press.2020年02月-2020年02月 

Application of molecular hydrogen as a novel antioxidant in sports science

Kawamura T, Higashida K, Muraoka I

Oxidative Medicine and Cellular Longevity査読有りArticle ID 23287682020年01月-

Hormone and oxidative stress response during recovery on normoxia after hypoxic resistance exercise

Fujii R, Nakmura N, Kawamura T, Muraoka I

Gazzetta Medica Italiana - Archivo per le Scienze Mediche. In press査読有り2019年10月-

Influence of different preceding exercises on fat metabolism during subsequent endurance exercise

Fujii R, Nakmura N, Kawamura T, Ikemura T, Konishi M, Suzuki K, Sakamoto S and Muraoka I

Gazzetta Medica Italiana - Archivo per le Scienze Mediche. In press査読有り2019年01月-

Hydrogen water intake may suppress liver glycogen utilization without affecting redox biomarkers during exercise in rats

Kawamura T, Fujii R, Higashida K, Muraoka I

Gazzetta Medica Italiana - Archivio per le Scienze Mediche査読有り178(9)p.611 - 6172019年09月-

Involvement of neutrophil dynamics and function in exercise-induced muscle damage and delayed-onset muscle soreness: effect of hydrogen bath

Kawamura T, Suzuki K, Takahashi M, Tomari M, Hara R, Gando Y, Muraoka I

Antioxidants査読有り7(10)p.1272018年09月-

Exercise-induced oxidative stress and effects of antioxidant intake from a physiological viewpoint

Kawamura T, Muraoka I

Antioxidants査読有り7(9)p.1192018年09月-

Effects of exhaustive exercises, with different intensities, on oxidative stress markers in rat plasma and skeletal muscle

Kawamura T, Fujii R, Li X, Higashida K, Muraoka I

査読有り33p.169 - 1752018年06月-

Time course of decrease in skeletal muscle mitochondrial biogenesis after discontinuing high-fat diet

Li X, Higashida K, Kawamura T and Higuchi M

J Nutr Sci Vitaminol査読有り64p.233 - 2382018年06月-

運動後の酸化ストレスおよび遅発性筋痛に及ぼす水素入浴剤を用いた入浴の効果

河村拓史, 丸藤祐子, 高橋将記, 原怜来, 鈴木克彦, 村岡功

査読有り65(3)p.297 - 3052016年06月-

Alternate-day high-fat diet induces an increase in mitochondrial enzyme activities and protein content in rat skeletal muscle

Li X, Higashida K, Kawamura T and Higuchi M

Nutrients査読有り8p.2032016年04月-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

水素による酸化ストレスの軽減は持久的パフォーマンスを向上させるか

2015年-0月-2017年-0月

配分額:¥2990000

研究種別:

エピジェネティック時計に及ぼす長期的な運動トレーニングの効果

2020年-0月-2023年-0月

配分額:¥4030000

学内研究制度

特定課題研究

運動時の肝および筋グリコーゲン利用に及ぼす水素水摂取の影響

2018年度

研究成果概要:The purpose of this study was to examine the effect of chronic molecularhydrogen (H2) intake on liver and skeletal ...The purpose of this study was to examine the effect of chronic molecularhydrogen (H2) intake on liver and skeletal muscle glycogenutilization during exercise in rats. Male SD rats were randomly divided intofour groups: control (C), H2 water (H2), control-exercise (C-Ex), H2water-exercise (H2-Ex). Each group was given mineral water or H2water ad libitum for 2 weeks. Then theexercise groups (C-Ex and H2-Ex) were performed treadmill running at18 m/min (6° graded) for 60 min. Blood, skeletal muscle and liver sampleswere analysed for tissue glycogen contents and blood energy substrats (i.e., glucose,free fatty acid, lactate). Two-way ANOVA revealed that H2 intake decreasedfree fatty acid (p < 0.001) andincreased lactate concentration (p =0.004). In comparison of the change from the rest in C-Ex and H2-Exgroups, blood free fatty acid and liver glycogen content were significantly lowerin H2-Ex group than in the C-Ex group (p =0.001, p = 0.035, respectively). On the other hand, bloodlactate concentration was significantly higher in the H2-Ex group than inthe C-Ex group. These results suggest that chronic H2 water intake mayincrease liver glycogen utilization without changing muscle glycogenutilization during exercise.

中高齢者の安静時におけるレドックス個別性とその決定因子の検討

2019年度

研究成果概要: 本研究の目的は、中高齢男性を対象に、安静時における生体内の酸化‐還元(レドックス)個別性を定量化するとともに、その決定因子を明らかにすることであった。これまでに中高齢男性(40歳以上)477名の血中F2-イソプロスタン、チオバル... 本研究の目的は、中高齢男性を対象に、安静時における生体内の酸化‐還元(レドックス)個別性を定量化するとともに、その決定因子を明らかにすることであった。これまでに中高齢男性(40歳以上)477名の血中F2-イソプロスタン、チオバルビツール酸反応性物質およびカルボニル化タンパク質の測定を行い、併せて、身体フィットネス、動脈硬化度、腹部および下腿周径囲、内臓脂肪量および骨密度を測定した。現在、他の研究費を併せて使用することにより、女性を含めて720人分の血液サンプルの測定を終えることができた。今後は、1000検体の測定を終えた時点で、他の生理学的指標との関連性を検討する予定である。

運動に対するレドックス応答の個人間変動性の定量化

2019年度

研究成果概要: 本研究の目的は、運動に対するレドックス応答の個人間変動を定量化することであった。若年男性15名に対し、トレッドミルによる漸増運動負荷試験を実施し、その前後で血液および尿サンプルを得た。現在、得られた生体試料を用いて血漿のカルボニ... 本研究の目的は、運動に対するレドックス応答の個人間変動を定量化することであった。若年男性15名に対し、トレッドミルによる漸増運動負荷試験を実施し、その前後で血液および尿サンプルを得た。現在、得られた生体試料を用いて血漿のカルボニル化タンパク質濃度、赤血球のグルタチオンレベルおよび尿中のF2-イソプロスタン濃度の測定を行っているところである。今後、全てのレドックスバイオマーカーの測定を終えた段階で、運動に対するレドックス応答の個人間変動を定量化する。また、各レドックスバイオマーカーの運動前後での変化率と身体組成や呼気ガスパラメータなどの生理的因子との関連性を検討する予定である。

運動に対するレドックス応答の個別性とその決定因子の検討

2019年度

研究成果概要: 本研究の目的は、運動に対するレドックス応答の個人間変動とその関連因子を明らかにすることであった。本研究課題は、2019年度特定課題研究助成費(若手・アーリーキャリア支援)による「運動に対するレドックス応答の個人間変動性の定量化」... 本研究の目的は、運動に対するレドックス応答の個人間変動とその関連因子を明らかにすることであった。本研究課題は、2019年度特定課題研究助成費(若手・アーリーキャリア支援)による「運動に対するレドックス応答の個人間変動性の定量化」と連動して実施した。若年男性15名に対し、トレッドミルを用いた最大酸素摂取量の測定を実施し、運動前後で採血および採尿を行った。今後も研究を継続し、被験者数を増やしたうえで、運動前後におけるレドックスバイオマーカーの測定を行い、これらの個人間変動を定量化する予定である。また、個人間変動を決定しうる生理的因子についても併せて検討する。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
スポーツ教養演習I 02スポーツ科学部2020春学期
スポーツ教養演習II 02スポーツ科学部2020秋学期