氏名

ヒラオ タカヒロ

平尾 貴大

職名

助教 (https://researchmap.jp/takahirohirao)

所属

(スポーツ科学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
hirao@aoni.waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒359-1192埼玉県 所沢市 三ヶ島2-579-15
電話番号(その他)
04-2947-7031

URL等

研究者番号
70824572

本属以外の学内所属

学内研究所等

スポーツ脳科学研究所

研究所員 2018年-

学歴・学位

学歴

-2018年03月 早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科

学位

博士(スポーツ科学) 課程 早稲田大学 スポーツ科学

所属学協会

日本生理心理学会

日本スポーツ心理学会

Society for Psychophysiological Research

North American Society for the Psychology of Sport and Physical Activity

受賞

濱野吉生記念褒賞

2018年03月授与機関:早稲田大学スポーツ科学学術院

研究分野

キーワード

スポーツ心理学、精神心理学、認知神経科学

科研費分類

複合領域 / 健康・スポーツ科学 / スポーツ科学

論文

The Effects of Computer-Based and Motor-Imagery Training on Scoring Ability in Lacrosse

Hirao, T., & Masaki, H.

Frontiers in Psychologyin press

Difference in interoception between long-distance runners and sprinters —An ERP study

Hirao, T., Vogt, T., & Masaki, H.

Medicine & Science in Sports & Exercise査読有り52(6)p.1367 - 13752020年06月-

DOI

Anterior insula activity and the Effect of agency on the stimulus-preceding negativity (SPN)

Hackley, S. A. ‡, Hirao, T. ‡, Onoda, K., Ogawa, K., & Masaki, H. ‡These authors contributed equally to the present work.

Psychophysiology査読有り57(4)p.e135192020年-

DOI

Effects of unilateral hand contraction on the persistence of hemispheric asymmetry of cortical activity

Hirao, T., & Masaki, H.

Journal of Psychophysiology査読有り33(2)p.119 - 1262019年03月-

DOI

Feedback-related electroencephalogram oscillations of athletes with high and low sports anxiety

Masaki, H., Hirao, T., Maruo, Y., Fot,i D. & Hajcak, G.

Frontiers in Psychology査読有り9p.14202018年08月-

DOI

Modulation of spatial attentional allocation by computer-based cognitive training during lacrosse shooting performance

Hirao, T., & Masaki, H.

Frontiers in Psychology査読有り8p.22712018年01月-

DOI

Brain activities associated with learning of the Monty Hall Dilemma task

Hirao, T., Murphy, T.I., & Masaki, H.

Psychophysiology査読有り54(9)p.1359 - 13692017年05月-

DOI

Stimulus-preceding negativity represents a conservative response tendency

Hirao, T., Murphy, T.I., & Masaki, H.

NeuroReport査読有り27(2)p.80 - 842016年01月-

DOI

講演・口頭発表等

平尾貴大・正木宏明 ラクロス選手を対象とした注意制御訓練 ―コンピュータベース訓練と運動イメージとの相乗効果―

平尾貴大・正木宏明

日本スポーツ心理学会第46回大会2019年11月

詳細

国内会議ポスター発表開催地:茨城

Routine actions may reduce performance monitoring of athletes

Masaki, H., Matsuhashi, T., & Hirao, T.

Society for Psychophysiological Research 59th Annual Meeting2019年09月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:Washington

Quiet Eye duration evaluated by electrooculogram during archery performance

Yoshikawa, N., Hirao, T., & Masaki, H.

Society for Psychophysiological Research 59th Annual Meeting2019年09月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:Washington DC

行為と結果の随伴性が報酬および罰予期に関する神経活動に与える影響

平尾貴大・小野田慶一・小川景子・Hackley, A. Steven・正木宏明

日本生理心理学会第37回大会2019年05月

詳細

開催地:埼玉

報酬陽性電位による系列運動学習の予測

松橋拓努・平尾貴大・正木宏明

日本生理心理学会第37回大会2019年05月

詳細

国内会議ポスター発表開催地:埼玉

ボート選手の同調運動に関する神経機序

平尾貴大・正木宏明

第35回スポーツ心理学会大会2018年09月

詳細

国内会議ポスター発表開催地:愛知

Different interoceptive ability between long-distance runners and sprinters

Hirao, T., Vogt, T., & Masaki, H.

Abstracts of the Society for Psychophysiological Research 58th Annual Meeting2018年09月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:Quebec city

フィードバック関連電位に対する主成分分析の適用

平尾貴大・丸尾祐矢・正木宏明

第36回日本生理心理学会2018年05月

詳細

国内会議開催地:福岡

Brain activities and facial skin blood flow response during motor imagery of the volleyball serve

Hirao, T., Yoshikawa, N., Masaki, H., & Hayashi, N.

Abstracts of the Society for Psychophysiological Research 57th Annual Meeting2017年10月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:Vienna

モンティ・ホール・ジレンマ課題の学習に伴う神経活動変化 ー刺激前陰性電位に着目してー

平尾貴大・正木宏明

第35回日本生理心理学会2017年05月

詳細

国内会議ポスター発表

シンクロナイズドスイミングペアの脳活動 ーロシア・スペイン代表ペアの事例研究ー

平尾貴大・三浦哲都・正木宏明

日本スポーツ心理学会 第43回大会2016年11月

詳細

国内会議ポスター発表開催地:北海道

反復ボール把握が脳活動非対称性に与える影響 ー頭皮上中心部におけるαパワ値の左右差ー

平尾貴大・正木宏明

第34回日本生理心理学会2016年05月

詳細

国内会議開催地:愛知

The effect of computer-based cognitive training on the lacrosse shooting performance

Hirao, T., & Masaki, H.

The North American Society for the Psychology of Sport and Physical Activity 2016 Conference2016年06月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:Montreal

Relaxation effects on cognitive control

Meyer, K., Masaki, H., Sommer, W., Hirao, T., & Soga, K.

Psychologie & Gehirn 20162016年05月

詳細

国内会議ポスター発表開催地:Berlin

The modulation of stimulus-preceding negativity as learning in the Monty Hall Dilemma task

Hirao, T.

招待有り2016年04月

詳細

口頭発表(招待・特別)開催地:University of Barcelona, Barcelona

Do we learn to choose the advantageous option in the Monty Hall Dilemma task? An event-related potential study

Hirao, T., Murphy, T.I., & Masaki, H.

Abstracts of the Society for Psychophysiological Research 55th Annual Meeting2015年10月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:Seattle

Handball throwing improved by dissociation of attention from gaze behavior during quiet eye training

Hirao, T., & Masaki, H.

The North American Society for the Psychology of Sport and Physical Activity 2015 Conference2015年06月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:Portland

Anticipation processes associated with subjective and objective probability of winning in a Monty Hall Dilemma task

Hirao, T., Murphy, T.I., & Masaki, H.

Abstracts of the 17th World Congress of Psychophysiology2014年09月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:Hiroshima

最後通牒課題における意思決定課程の検討

平尾貴大・正木宏明

第31回日本生理心理学会2013年05月

詳細

国内会議ポスター発表開催地:福井

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:研究活動スタート支援

脳活動の偏側性を利用したアスリートのあがり防止法の確立

2018年08月-2020年03月

研究分野:スポーツ科学

配分額:¥2730000

研究種別:

脳活動の偏側性を利用したアスリートのあがり防止法の確立

2018年-0月-2020年-0月

配分額:¥2730000

研究種別:

アスリートを対象とした簡便なあがり防止法の開発: 脳活動の偏側性を利用した試み

2019年-0月-2023年-0月

配分額:¥4290000

学内研究制度

特定課題研究

アスリートのあがりやすさと内受容感覚の関係性

2018年度共同研究者:正木 宏明, 松橋 拓努

研究成果概要:内受容感覚とは、内臓を含めた身体内部の生理状態に対する感覚を指す。内受容感覚に対する注意制御能力は、不安低減と関係する。本研究では、質問紙法と空間ストループ課題における脳波測定を通して、内受容感覚とアスリートの「あがりやすさ」との...内受容感覚とは、内臓を含めた身体内部の生理状態に対する感覚を指す。内受容感覚に対する注意制御能力は、不安低減と関係する。本研究では、質問紙法と空間ストループ課題における脳波測定を通して、内受容感覚とアスリートの「あがりやすさ」との関係を調べた。質問紙の回答結果から、不快な身体感覚に伴う苦痛を経験しない傾向にあるアスリートほど、スポーツ競技不安が低いことがわかった。また、脳波測定の結果、身体感覚と感情の関連性を強く感じるアスリートは、自身のパフォーマンスが他者に評価される際に、エラー評価に関する脳活動を増強させた。ネガティブな内受容感覚に関する個人差が「あがりやすさ」と関係すると示唆された。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
スポーツ教養演習I 01スポーツ科学部2020春学期
スポーツ教養演習II 01スポーツ科学部2020秋学期