最終更新日2017年02月01日

氏名

ワカオ シンジ

若尾 真治

職名

教授

所属理工学術院

(先進理工学部)

連絡先

住所・電話番号・fax番号

住所
〒169-8555新宿区 大久保3-4-1 
電話番号
03-5286-3219
fax番号
03-3200-7993

URL等

WebページURL

http://www.eb.waseda.ac.jp/wakao/

研究者番号
70257210

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(理工学部)

理工学術院(大学院先進理工学研究科)

学内研究所等

理工学総合研究センター

兼任研究員 1989年-2006年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2006年-

次世代蓄電エネルギー連携研究所

研究所員 2011年-2014年

先進グリッド技術研究所

研究所員 2009年-2014年

住宅・建築環境設備研究所

研究所員 2014年-2019年

太陽光発電システム研究所

研究所員 2014年-2019年

スマートライフサイエンス研究所

研究所員 2014年-2019年

動力エネルギーシステム研究所

研究所員 2014年-2019年

太陽光発電システム研究所

プロジェクト研究所所長 2014年-

次世代蓄電エネルギー連携研究所

研究所員 2015年-

先進グリッド技術研究所

研究所員 2014年-2016年

先進グリッド技術研究所

研究所員 2016年-

学歴・学位

学歴

-1989年 早稲田大学 理工学部 電気工学科
-1993年 早稲田大学 理工学研究科 電気工学

学位

博士(工学) 課程 早稲田大学 電力工学・電力変換・電気機器

工学修士 課程 早稲田大学 電力工学・電力変換・電気機器

経歴

1993年-1995年早稲田大学理工学部 助手
1995年-1996年早稲田大学理工学総合研究センター 客員講師
1996年-1998年早稲田大学理工学部 専任講師
1998年-2006年早稲田大学理工学部 助教授
2006年-早稲田大学理工学術院 教授

所属学協会

電気学会

IEEE (The Institute of Electrical and Electronics Engineers)

日本大陽エネルギー学会

日本計算工学会

委員歴・役員歴(学外)

1999年-2000年日本航路標識協会・航路標識への自然エネルギー利用についての調査研究委員会 委員長
2000年-2000年通商産業省総合エネルギー調査会新エネルギー部会電力系統影響評価検討小委員会 委員
2001年-2002年日本航路標識協会・海上標識への利用可能な高出力電源システムの研究開発委員会 委員長
2001年-(財)電磁応用研究所 理事
2002年-2003年電気学会・東京支部 協議員
2003年-2004年日本航路標識協会・航路標識への燃料電池導入に関する調査研究委員会 委員長
2004年-2005年日本太陽エネルギー学会 理事
2004年-(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)・系統連系技術委員会 委員
2005年-2005年電気学会・論文委員会(A1aグループ) 主査
2005年-2006年電気学会・実規模電磁界解析のための数値計算技術調査専門委員会 委員長

受賞

電気学会学術振興賞・論文賞

2008年05月

研究分野

キーワード

電磁界解析、数値解析、有限要素法、境界要素法、最適化設計、電気機器、太陽光発電、電気鉄道、電気エネルギー工学(発生・変換・貯蔵、省エネルギーなど)、シミュレーション工学、数理工学(数理的解析・計画・設計)

科研費分類

工学 / 電気電子工学 / 電力工学・電力変換・電気機器

共同研究希望テーマ

電磁界の数値解析に関連する研究

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究

太陽光発電システムの設計に関連する研究

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究

研究テーマ履歴

電磁界の数値解析に関する研究

研究テーマのキーワード:有限要素法,境界要素法など

個人研究

電気機器の最適化設計に関する研究

研究テーマのキーワード:電磁界解析,最適化計算

個人研究

太陽光発電システムの設計に関する研究

研究テーマのキーワード:太陽光発電

国内共同研究

論文

分散型電源連系課題解決支援実験システム(ANSWER)の構築と分散型電源と配電ネットワークとの協調運用形態の実験検証

酒井重和,林 泰弘,川章司,松木純也,馬場旬平,横山明彦,北條昌秀,若尾真治,森 健二郎,不破由晃

電気学会論文誌B130-B(5)p.473 - 4832010年05月-

Design of Railway Wheel Detector Insusceptible to Electromagnetic Noise

Asuka Otake, Kenta Takayasu, Shinji Wakao, Tamio Okutani, Yasuhito Takahashi, Masahiko Saito, and Akihisa Toyoda

IEEE Transactions on Magnetics46(8)p.2731 - 27342010年08月-

Convergence Acceleration of Time-Periodic Electromagnetic Field Analysis by the Singularity Decomposition-Explicit Error Correction Method

Takahashi, Yasuhito;Tokumasu, Tadashi;Kameari, Akihisa;Kaimori, Hiroyuki;Fujita, Masafumi;Iwashita, Takeshi;Wakao, Shinji

IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS46(8)p.2947 - 29502010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0018-9464

時間周期有限要素法とEEC法に基づく非線形過渡電磁場解析における時間積分の収束性改善

高橋康人,徳増 正,藤田真史,若尾真治,岩下武史,金澤正憲

電気学会論文誌B129-B(6)p.791 - 7982009年06月-

PMSM低速域位置センサレス制御における高調波電圧重畳可変制御による騒音低減法

谷口 峻,本間俊宏,若尾真治,近藤圭一郎,米山 崇

電気学会論文誌D129-D(4)p.382 - 3882009年04月-

Starting Procedure of Rotation Sensorless PMSM at Coasting Condition for Railway Vehicle Traction

Toshifumi Yamakawa, Shinji Wakao, Keiichiro Kondo, Takashi Yoneyama, Shun Taniguchi, Shinsuke Mochizuki

Electrical Engineering in Japan, Wiley169(2)p.56 - 632009年11月-

太陽光発電における蓄電システムの運用最適化情報の抽出方法

佐藤勝則,若尾真治

電気学会論文誌B130-B(3)p.313 - 3192010年03月-

直方体要素用高速多重極法を用いた大規模マイクロマグネティックス計算の並列化

高橋康人,岩下武史,中島浩,若尾真治

情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム3(1)p.101 - 1112010年03月-

Robust Design Optimization Approach by Combination of Sensitivity Analysis and Sigma Level Estimation

N. Nishida, Y. Takahashi and S. Wakao

IEEE Transactions on Magnetics44(6)p.998 - 10012008年06月-

Starting Procedure of Rotational Sensor-less PMSM in the Rotating Conditions

Shun Taniguchi, Shinsuke Mochiduki, Toshifumi Yamakawa, Shinji Wakao, Keiichiro Kondo, Takashi Yoneyama

IEEE Transactions on Magnetics45(1)p.194 - 2022009年01月-

Micromagnetic simulation by using the fast multipole method specialized for uniform brick elements

Y. Takahashi, S. Wakao, T. Iwashita, and M. Kanazawa

Journal of Applied Physics105p.07D5142009年02月-

Large-Scale Eddy-Current Analysis of Conductive Frame of Large-Capacity Inverter by Hybrid Finite Element-Boundary Element Method

T. Tatsuishi, Y. Takahashi, S. Wakao, M. Tobita, I. Tominaga, and H. Kikuchi

IEEE Transactions on Magnetics45(3)p.972 - 9752009年03月-

Investigation of Algebraic Multigrid Method for Magnetic Field Analysis of an Electric Machine with a Laminated Core

M. Miwa, T. Yamada and S. Wakao

IEEE Transactions on Magnetics45(3)p.992 - 9952009年03月-

Large-scale and Fast Nonlinear Magnetostatic Field Analysis by the Magnetic Moment Method with the Adaptive Cross Approximation

Yasuhito Takahashi, Chiharu Matsumoto, and Shinji Wakao

IEEE Transactions on Magnetics43(4)p.1277 - 12802007年04月-

Application of Stepwise Multiple Regression to Design Optimization of Electric Machine

Shimpei Sonoda, Yasuhito Takahashi, Kenji Kawagishi, Naoki Nishida, and Shinji Wakao

IEEE Transactions on Magnetics43(4)p.1609 - 16122007年04月-

山岳トンネルの電磁遮蔽効果に対する解析手法の高度化

奥谷民雄,中村信幸,寺田夏樹,福田光芳,舘 裕,稲田 聡,伊藤秀憲,若尾真治

電気学会論文誌D127-D(4)p.391 - 3992007年04月-

Large-scale Magnetic Field Analysis of Laminated Core by Using the Hybrid Finite Element and Boundary Element Method Combined with the Fast Multipole Method

Yasuhito Takahashi, Shinji Wakao, Koji Fujiwara, and Seiji Fujino

IEEE Transactions on Magnetics43(6)p.2971 - 29732007年06月-

鉄道車両駆動用PMSMにおける回転角センサレス制御時のだ行再起動

山川隼史,若尾真治,近藤圭一郎,米山 崇,谷口 峻,望月伸亮

電気学会論文誌D127-D(7)p.700 - 7062007年07月-

積層鉄芯ベンチマークモデルの提案とその高精度磁界解析

高橋康人,若尾真治,藤原耕二,貝森弘行,亀有昭久

電気学会論文誌B127-B(8)p.894 - 9012007年08月-

Design Estimation of the Hybrid Power Source Railway Vehicle based on the Multiobjective Optimization by the Dynamic Programming

Tomoyuki Ogawa, Hiroaki Yoshihara, Shinji Wakao, Keiichiro Kondo, Minoru Kondo

IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering3(1)p.48 - 552008年01月-

Loss analysis of permanent-magnet synchronous motor using three-dimensional finite-element method with homogenization method

Y. Takahashi, S. Wakao, M. Kondo, and N. Terauchi

Journal of Applied Physics103p.07F1262008年03月-

鉄道高架橋の電磁遮蔽効果解析手法の高度化

奥谷民雄,中村信幸,寺田夏樹,舘 裕,稲田 聡,小川知行,孫 佳男,若尾真治

電気学会論文誌D128-D(3)p.310 - 3202008年03月-

Large-scale analysis of eddy current problems by the hybrid finite element-boundary element method combined with the fast multipole method

Yasuhito Takahashi and Shinji Wakao

IEEE Transaction on Magnetics42(4)p.671 - 6742006年04月-

Large-scale and Highly Accurate Magnetic Field Analysis of Magnetic Shield

Yasuhito Takahashi, Shinji Wakao, and Akihisa Kameari

Journal of Applied Physics99p.08H9042006年04月-

Magnetic field analysis of laminated core by using homogenization method

Hiroyuki Muto, Yasuhito Takahashi, Shinji Wakao, Koji Fujiwara, and Akihisa Kameari

Journal of Applied Physics99p.08H9072006年04月-

鉄道車両駆動用インバータにおける直流側電流の側帯高調波の理論解析

小川知行,若尾真治,Jat Taufiq,近藤圭一郎,寺内伸雄

電気学会論文誌D126-D(7)p.1049 - 10572006年07月-

鉄道車両への導入を想定したハイブリッド電源システムの多目的最適化設計

小川知行,若尾真治,近藤圭一郎

電気学会論文誌D126-D(12)p.1690 - 16982006年12月-

分散型電源の導入拡大に対応した配電系統の協調運用形態

林 泰弘, 川章司, 松木純也, 若尾真治,馬場旬平,北條昌秀,横山明彦,小林直樹,平井崇夫,生石光平

電気学会論文誌B127-B(1)p.41 - 512007年01月-

Comparison between three-dimensional (3D) equivalent magnetic circuit network method and 3D finite element method for magnetic-field computation

Yon Do Chun, Jae-Eung Oh, Yasushi Fujishima, Shinji Wakao, Ju Lee, and Yun-Hyun Cho

Journal of Applied Physics97(10)p.10E 1052005年05月-

Large-Scale Analysis of Surface Charge in Eddy-Current Problems by the Fast Multipole Method

Yasuhito Takahashi, Yasushi Fujishima, and Shinji Wakao

IEEE Transactions on Magnetics41(5)p.1700 - 17032005年05月-

高速多重極法を導入した有限要素・境界要素併用法による大規模磁界解析

高橋康人,若尾真治

電気学会論文誌D126-D(3)p.309 - 3142006年03月-

Stand-alone PV system design based on computational simulation

Shinji Wakao and Daisuke Nishimori

Proc. of The 20th European Photovoltaic Solar Energy Conference, Barcelona, SpainRecorded in CD-ROM2005年06月-

Voltage control in small-scale dispersed PV power generation system of networked composition

Shinji Wakao, Tomoyuki Mikami, and Fumito Tamura

Proc. of The 20th European Photovoltaic Solar Energy Conference, Barcelona, SpainRecorded in CD-ROM2005年06月-

Conceptual Study on Autonomy-Enhanced PV Clusters for Urban Community to meet the Japanese PV2030 Requirements

Kosuke Kurokawa, Shinji Wakao, Yasuhiro Hayashi, Itaru Ishii, Kenji Otani, Masahide Yamaguchi, Takafumi Ishii, and Yukiyoshi Ono

Proc. of The 20th European Photovoltaic Solar Energy Conference, Barcelona, SpainRecorded in CD-ROM2005年06月-

A new flux weakening operation of interior permanent magnet synchronous motors for railway vehicle traction

Toshifumi Yamakawa, Shinji Wakao, Keiichiro Kondo, and Takashi Yoneyama

Proc. of 11th European Conference on Power Electronics and Applications (EPE2005), Dresden, GermanyRecorded in CD-ROM2005年09月-

Investigation of the configuration of autonomy-enhanced PV clusters for urban community

Shinji Wakao, Yasuhiro Hayashi, Naoki Ueda, Akitaka Onoyama, Kosuke Kurokawa, Masahide Yamaguchi, Kenji Otani, and Yukiyoshi Ono

Proc. of The 15th Intl. Photovoltaic Science and Engineering Conf. (PVSEC-15), Shanghai, China2005年10月-

Investigation of battery storage station of autonomy-enhanced PV clusters for urban community

Masahide Yamaguchi, Tatsuya Kawamatsu, Takafumi Takuma, Kosuke Kurokawa, Kenji Otani, Shinji Wakao, Yasuhiro Hayashi, and Yukiyoshi Ono

Proc. of The 15th Intl. Photovoltaic Science and Engineering Conf. (PVSEC-15), Shanghai, China2005年10月-

Fundamental study on the application of Just-In-Time modeling to wind power estimation

Daisuke Hosogoshi, Shinji Wakao, and Tsugio Yamamura

Proc. of 2006 European Wind Energy Conference (EWEC2006), Athens, Greece2006年02月-

有限要素法による非線形/渦電流場解析の基礎

若尾真治

第13回磁気応用技術シンポジウム2005年04月-

鉄道車両駆動用インバータにおける直流側電流の側帯高調波の理論解析

小川知行,若尾真治,Jat Taufiq,近藤圭一郎,寺内伸雄

電気学会半導体電力変換/産業電力電気応用合同研究会SPC-05-55, IEA-05-102005年06月-

燃料電池ハイブリッド鉄道車両導入に向けた機器容量の検討

小川知行,金子晴郎,若尾真治,近藤圭一郎

電気学会交通・電気鉄道/リニアドライブ合同研究会TER-05-38, LD-05-412005年07月-

データベースに基づく風力発電機の風況−出力モデリングに関する基礎的検討

若尾真治,細越大資,藤原信行,生石光平

平成17年電気学会電力・エネルギー部門大会No. 2452005年08月-

磁界の強さHと磁気ベクトルポテンシャルAを変数とした有限要素・境界要素併用法による大規模磁界解析

高橋康人,若尾真治

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-05-69, RM-05-762005年09月-

Box Shield Model(電気学会ベンチマークモデル)の磁界解析における大規模高精度化

高橋康人,松本千春,若尾真治,亀有昭久

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-05-70, RM-05-772005年09月-

幾何マルチグリッド法におけるメッシュコースニングに関する検討

三輪將彦,西尾隆行,山田 隆,若尾真治

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-05-80,RM-05-872005年09月-

磁界解析を用いた機器設計におけるデータマイニング

若尾真治

フォトン PHOTOシリーズ・ユーザー会in東京2005年10月-

電磁界解析の特質

若尾真治

電気学会「第15回電磁界数値解析に関するセミナー」2005年12月-

電力エネルギー機器の高精度化を支える電磁界解析技術

若尾真治

電気学会「日本のライフラインを支える電力設備」シンポジウム2005年12月-

鉄道車両駆動用永久磁石同期電動機主回路システムにおける軽負荷回生制御系の設計法

米山 崇, 近藤圭一郎,若尾真治

電気学会半導体電力変換/リニアドライブ合同研究会SPC-05-131, LD-05-882005年12月-

電磁界数値解析で役立つ解析積分公式集(その7)

松尾哲司,藤原耕二,濱田昌司,亀有昭久,若尾真治

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-06-1, RM-06-12006年01月-

ACAの適用による積分方程式法の大規模高速化

高橋康人,若尾真治

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-06-12, RM-06-122006年01月-

高速多重極法における演算量削減に関する基礎的検討

松本千春,高橋康人,若尾真治

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-06-13, RM-06-132006年01月-

An optimal design of interior permanent magnet synchronous motor for the next generation commuter train

Yasushi Fujishima, Shinji Wakao,Minoru Kondo,and Noboru Terauchi

IEEE Transactions on Applied Superconductivity14(2)p.1902 - 19052004年06月-

Multiobjective design optimization of brushless permanent magnet motor using 3D equivalent magnetic circuit network method

Yon-Do Chun, Shinji Wakao, Tae-Heoung Kim, Ki-Bong Jang, and Ju Lee

IEEE Transactions on Applied Superconductivity14(2)p.1910 - 19132004年06月-

A consideration of PV system design based on computational simulation

Shinji Wakao, Naoto Sugiyama, Akira Sawada, Keiichi Sasaki, and Toshiaki Mochizuki

Proc. of The 19th European Photovoltaic Solar Energy Conference, Paris, France(2)p.2298 - 23012004年06月-

Fundamental study on the assessment of power supply ability of photovoltaic power generating system

Takeshi Motegi, Fumito Tamura, Shinji Wakao, Kenji Otani, And Kazuhiko Kato

Proc. of The 19th European Photovoltaic Solar Energy Conference, Paris, France(3)p.2980 - 29832004年06月-

Theoretical analysis of return current harmonics in the inverter-controlled DC electric railcar

Tomoyuki Ogawa, Shinji Wakao, Keiichiro Kondo, and Nobuo Terauchi

Proc. of 35th IEEE Power Electronics Specialists Conference (PESC04), Aachen, GermanyRecorded in CD-ROM2004年06月-

Multiobjective design optimization of permanent magnet synchronous motor for railway vehicle

Yasushi Fujishima, Minoru Kondo, Keiichiro Kondo, and Shinji Wakao

Proc. of The 11th Biennial IEEE Conf. on Electromagnetic Field Computation (CEFC2004), Seoul, Koreap.292004年06月-

Study on relations among gauge conditions based on surface charge analysis

Takayuki Koyama, Yasushi Fujishima, Shinji Wakao and Takashi Onuki

Proc. of The 11th Biennial IEEE Conf. on Electromagnetic Field Computation (CEFC2004), Seoul, Koreap.2742004年06月-

Novel design method of optimal battery capacity in wind power generation system

Shinji Wakao and Ryohei Ohyama

Proc. of European Wind Energy Conference (2004 EWEC), London, UKRecorded in CD-ROM2004年11月-

Hybrid Wind/PV power generation system for beacon

Shinji Wakao and Yasuhiro Kanata

Proc. of European Wind Energy Conference (2004 EWEC), London, UKRecorded in CD-ROM2004年11月-

Optimal multiobjective 3D design of brushless permanent magnet motor using genetic algorithm

Yon-Do Chun, Shinji Wakao, Jae-Eung Oh, and Ju Lee

Proc. of The 49th Conf. on Magnetism and Magnetic Materials (MMM’04), Jacksonville, USAp.3752004年11月-

自然エネルギー発電を含む電力システムの動特性解析

若尾真治

第4回制御部門大会資料p.745 - 7502004年05月-

鉄道車両駆動用永久磁石同期電動機における制御法の実験検証

山川隼史、米山 崇、若尾真治、近藤圭一郎

電気学会半導体電力変換/産業電力電気応用合同研究会SPC-04-83, IEA-04-102004年06月-

鉄道車両駆動用インバータにおける直流側電流高調波の理論解析

小川知行,若尾真治,近藤圭一郎,寺内伸雄

電気学会半導体電力変換/産業電力電気応用合同研究会SPC-04-100, IEA-04-272004年06月-

電磁界数値解析で役立つ解析積分公式集(その5)

若尾真治,藤原耕二,亀有昭久

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-04-44, RM-04-682004年07月-

有限要素・境界要素併用法への高速多重極法導入に関する基礎的検討

高橋康人,藤島 寧,若尾真治

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-04-31, RM-04-902004年07月-

非線形磁気特性及びメッシュの算出トルクへの影響に関する考察

三輪將彦,成田一行,山田 隆,若尾真治

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-04-64, RM-04-882004年07月-

風力発電システムにおける併設蓄電池の容量決定に関する一考察

若尾真治,大山良平,中村秀人,藪本俊昭

太陽/風力エネルギー講演論文集2004/日本太陽エネルギー学会p.341 - 3442004年11月-

データベースに基づく風力発電機の風況−出力モデリングに関する基礎的検討

若尾真治,細越大資

太陽/風力エネルギー講演論文集2004/日本太陽エネルギー学会p.345 - 3482004年11月-

小規模分散ネットワーク構成の太陽光発電システムにおける電圧制御手法の検討

若尾真治,田邨文人,三上朋之

太陽/風力エネルギー講演論文集2004/日本太陽エネルギー学会p.495 - 4982004年11月-

電磁界数値解析で役立つ解析積分公式集(その6)

若尾真治,藤原耕二,徳増 正,亀有昭久

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-05-15, RM-05-152005年01月-

均質化法を用いた磁界解析に関する基礎的検討

武藤裕之,藤島 寧,若尾真治,藤原耕二

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-05-16, RM-05-162005年01月-

高速多重極法を導入した有限要素・境界要素併用法による大規模磁界解析

高橋康人,藤島 寧,若尾 真治

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-05-17, RM-05-172005年01月-

高速多重極法を導入した有限要素・境界要素併用法による大規模電磁界解析

若尾真治

平成17年電気学会全国大会S. 11-42005年03月-

心筋興奮伝播現象のモデル化に関する一考察

中島賢太郎,田中伸彦,藤島 寧,脇本雄平,若尾真治,村田 昇,手取屋岳夫

平成17年電気学会全国大会No. 3-1042005年03月-

鉄道車両駆動用PMSMにおける弱め界磁制御時の1パルスモードによる駆動シミュレーション

山川隼史,若尾真治,近藤圭一郎,米山 崇

平成17年電気学会全国大会No. 5-1692005年03月-

インバータ直流側電流の側帯高調波の理論解析

小川知行,若尾真治,Jat Taufiq,近藤圭一郎,寺内伸雄

平成17年電気学会全国大会No. 5-1702005年03月-

多線条回路網解析における大地帰路相互インピーダンスの計算方式に関する一考察

伊藤秀憲,若尾真治,奥谷民雄

平成17年電気学会全国大会No. 5-2012005年03月-

電気機器の磁界解析におけるKriging法の適用

薗田晋平,藤島 寧,若尾真治

平成17年電気学会全国大会No. 5-2272005年03月-

確率過程による独立型PVシステムの安定性解析

若尾真治,西森大祐

平成17年電気学会全国大会No. 7-0172005年03月-

小規模分散ネットワ−ク構成の太陽光発電システムにおけるオンライン電圧制御手法の検討

若尾真治,田邨文人,三上朋之

平成17年電気学会全国大会No. 7-0232005年03月-

Research Trend of Electromagnetic Field Computation

Shinji Wakao

The Ministry of Commerce, Industry and Energy (MOCIE) of Korea, Agency for Technology and Standards (ATS)2004年08月-

応答曲面近似法による機器最適化計算の高速化

藤島 寧,若尾真治,松岡孝一,近藤 稔

電気学会論文誌D123-D(4)p.371 - 3782003年04月-

Magnetic force characteristics according to the variation of asymmetric overhang ratio in brushless direct current motor

Yon-Do Chun, Shinji Wakao, and Ju Lee

Journal of Applied Physics / AIP93(10)p.8775 - 87772003年05月-

Overhang effect analysis of brushless DC motor by 3-D equivalent magnetic circuit network method

Yon-Do Chun, Ju Lee, and Shinji Wakao

IEEE Transactions on Magnetics39(3)p.1610 - 16132003年05月-

Surface charge analysis in eddy current problems

Yasushi Fujishima and Shinji Wakao

IEEE Transactions on Magnetics39(3)p.1123 - 11262003年05月-

リラクタンストルクを有効利用した鉄道車両駆動用永久磁石同期電動機の回転子設計

近藤 稔,近藤圭一郎,藤島 寧,若尾真治

電気学会論文誌D124-D(1)p.124 - 1302004年01月-

Small-scale distributed PV power generation system of networked composition

Shinji Wakao, Hiromitsu Takano, Naoki Nakada, and Takeshi Motegi

Proc. of 3rd World Conf. on Photovoltaic Energy Conversion (WCPEC-3)Cp.2298 - 23012003年05月-

Performance analysis of the PV/ Wind/ Wave hybrid power generation system

Shinji Wakao, Ryohei Ando, Hidemi Minami, Fumihiro Shinomiya, Akio Suzuki, Masaru Yahagi, Shinichi Hirota, Yoshiyuki Ohhashi, and Atsushi Ishii

Proc. of 3rd World Conf. on Photovoltaic Energy Conversion (WCPEC-3)Cp.2337 - 23402003年05月-

Computational simulation of peak cut system composed of PV power generation and storage battery

Shinji Wakao, Hiromitsu Takano, Takeshi Motegi, Hideto Nakamura, Toshiyuki Sato, and Toshiaki Yabumoto

Proc. of 3rd World Conf. on Photovoltaic Energy Conversion (WCPEC-3)Cp.2404 - 24072003年05月-

An improvement of the regenerative brake control for DC fed railway vehicle traction

Takashi Yoneyama, Shinji Wakao, Keiichiro Kondo, Nobuo Terauchi

Proc. of The 6th World Congress on Railway Research (WCRR2003)p.1353 - 13572003年09月-

Design approach for linear induction motor based on surface charge analysis

Yasushi Fujishima, Shinji Wakao,Tugio Yamamura

Proc. of 9th Joint MMM-Intermag Conf.p.111 - 1122004年01月-

Optimal electrical parameters for torque ripple reduction in switched reluctance motor

Yon-Do Chun, Yasushi Fujishima, Shinji Wakao, Jea-Hak Choi, and Ju Lee

Computational Engineering I, Japan Society for Computational Methods in Engineeringp.199 - 2082004年02月-

シミュレーションによる直流インバータ車の帰線電流高調波の検討

小川知行,若尾真治,近藤圭一郎

電気学会交通・電気鉄道/リニアドライブ合同研究会TER-03-47, LD-03-722003年07月-

電磁界数値解析で役立つ解析積分公式集(その3)

若尾真治,藤原耕二,亀有昭久

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-03-52, RM-03-542003年09月-

表面電荷解析に基づく各種ゲージの相互関係に関する考察

若尾真治,藤島 寧,小山貴之,全 衍度

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-03-53,RM-03-552003年09月-

航路標識に対する自然エネルギーハイブリッド発電システムの開発

若尾真治,安藤亮平,金田康宏

太陽/風力エネルギー講演論文集2003/日本太陽エネルギー学会p.5 - 82003年11月-

数値シミュレーションを用いたPVシステム設計に関する一考察

若尾真治,杉山直人,澤田 彰,佐々木恵一,望月敏明

太陽/風力エネルギー講演論文集2003/日本太陽エネルギー学会p.429 - 4322003年11月-

太陽光発電システムの電力供給能力評価に関する基礎的検討

茂木威史,若尾真治,大谷謙仁,加藤和彦

太陽/風力エネルギー講演論文集2003/日本太陽エネルギー学会p.441 - 4442003年11月-

電磁界数値解析で役立つ解析積分公式集(その4)

若尾真治,藤原耕二,野口 聡,松尾 哲司,亀有昭久

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-04-1, RM-04-12004年01月-

導体表面電荷解析への高速多重極法の適用

高橋康人,藤島 寧,若尾真治

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-04-2,RM-04-22004年01月-

回転機の動磁界解析における定常解到達時間短縮方法

若尾真治,西岡進夫

電気学会論文誌D122-D(4)p.390 - 3952002年04月-

Boundary structure for improving performances of single-sided linear induction motors

Y. Kamiya, M. Akagi, S. Wakao

Journal of Applied Physics / AIP91(10)p.6988 - 69902002年05月-

Design optimization of electric machines based on the estimation of permeability distribution

S. Wakao, A. Yamashita, Y. Fujishima, T. Yamamura

Journal of Applied Physics / AIP91(10)p.8302 - 83042002年05月-

Design optimization of a permanent magnet synchronous motor by the response surface methodology

Y. Fujishima, S. Wakao, T. Katsuta, A. Yamashita, M. Kondo, K. Matsuoka

Journal of Applied Physics / AIP91(10)p.8305 - 83072002年05月-

渦電流場問題における導体表面電荷解析の基礎的検討

藤島 寧,若尾真治

電気学会論文誌D122-D(6)p.633 - 6392002年06月-

周波数応答を用いた鉛畜電池の特性表現手法

フェリ・ユシバル,原津裕之,佐藤光裕,若尾真治,近藤圭一郎,松岡孝一,川松達弥

電気学会論文誌A122-A(8)p.715 - 7212002年08月-

短一次リニア誘導モータにおける二次セクション境界間導電性ワイヤー接続型構造の提案と性能評価

紙屋雄史,蓼原 誠,平瀬志朗,若尾真治,赤木雅陽,片岡昭人

電気学会論文誌D122-D(12)p.1129 - 11342002年12月-

数値シミュレーションによる光ファイバ終端機器用太陽光自立電源システムの特性解析

若尾真治,日下部壮俊,大橋功幸,鈴木直幸,堀井洋史

電気学会論文誌B123-B(3)p.412 - 4192003年03月-

Application of response surface methodology to electric machine design optimization

Yasushi Fujishima, Shinji Wakao, Tadayoshi Katsuta, Tsugio Yamamura

Proc. of The 10th Biennial IEEE Conf. on Electromagnetic Field Computation (CEFC2002)p.602002年06月-

Novel approach to multiobjective design optimization of electric machine

Shinji Wakao, Atsushi Yamashita, Yasushi Fujishima, Yoichiro Yamada

Proc. of The 10th Biennial IEEE Conf. on Electromagnetic Field Computation (CEFC2002)p.612002年06月-

An evaluating method of the iron loss in permanent magnet type synchronous motors for electric vehicle

Yushi Kamiya, Yasushi Fujishima, Akihito Kataoka, and Shinji Wakao

Proc. of The 10th Biennial IEEE Conf. on Electromagnetic Field Computation (CEFC2002)p.2362002年06月-

Multiobjective design optimization of interior permanent magnet synchronous motor by the response surface methodology

Yasushi Fujishima, Shinji Wakao, Kenichi Fuse, Nobuo Terauchi, Minoru Kondo

Proc. of The 47th Conf. on Magnetism and Magnetic Materials (MMM'02)p.4442002年11月-

短一次LIMの走行特性に対する二次側セクション境界の影響評価

赤木雅陽,片岡昭人,若尾真治,紙屋雄史,蓼原 誠,平瀬志朗

第14回「電磁力関連のダイナミックス」シンポジウム/日本AEM学会p.297 - 3002002年05月-

電磁界数値解析で役立つ解析積分公式集(その1)

若尾真治,五十嵐 一,藤原耕二,亀有昭久

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-02-28, RM-02-642002年09月-

Magnetic field analysis using 3D equivalent magnetic circuit network method

Yon-Do Chun, Ju Lee and Shinji Wakao

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-02-36, RM-02-722002年09月-

応答曲面近似法の多目的最適化問題への応用

藤島 寧,若尾真治,山田陽一郎,勝田忠義

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-02-37, RM-02-732002年09月-

蓄電池併設太陽光発電ピークカットシステムにおけるPV容量のシミュレーション評価

若尾真治,高野博光,中村秀人,佐藤敏幸,薮本俊昭

太陽/風力エネルギー講演論文集2002/日本太陽エネルギー学会p.147 - 1502002年11月-

誘導電動機回生時のブロック線図による安定性解析

佐藤光裕,フェリ・ユシバル,若尾真治,近藤圭一郎

半導体電力変換・産業電力電気応用合同研究会SPC-02-99, IEA-02-402002年11月-

電磁界数値解析で役立つ解析積分公式集(その2)

若尾真治,五十嵐 一,藤原耕二,亀有昭久

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-03-08, RM-03-082003年01月-

複数の評価関数を考慮した機器最適化計算の高速化に関する検討

藤島 寧,若尾真治,布施賢一,近藤 稔,寺内伸雄

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-03-16, RM-03-162003年01月-

電磁界数値解析に役立つ解析積分公式の収集活動

若尾真治,五十嵐 一,藤原耕二,亀有昭久

平成15年電気学会全国大会No. 5-1032003年03月-

磁気回路における穴形状の位相最適化

若尾真治,山田陽一郎,藤島 寧

平成15年電気学会全国大会No. 5-1082003年03月-

PMSM駆動システムの次数を低減した状態方程式による安定性解析

米山 崇,若尾真治,近藤圭一郎

平成15年電気学会全国大会No. 5-2202003年03月-

PVシステムの動作シミュレーションにおける蓄電池特性のモデリング手法

若尾真治,讃井太郎,杉山直人

平成15年電気学会全国大会No. 7-1332003年03月-

太陽光/風力ハイブリッド発電システムの特性解析 —静岡県神子元島灯台電源システム—

若尾真治,安藤亮平,金田康宏,南 秀実,四宮章公,鈴木皓夫,矢作 勝,廣田新一,大橋孝之,石井 淳

平成15年電気学会全国大会No. 7-1382003年03月-

太陽光/風力/波力ハイブリッド発電システムの開発と今後の展開

若尾真治

技術情報センター講習会テキスト“分散型ハイブリッド電源システムの開発と今後の展開”p.31 - 412002年11月-

永久磁石同期電動機駆動用主回路の軽負荷回生時の安定性解析

F. Yusivar,内田健司,木原隆宏,若尾真治,近藤圭一郎,松岡孝一

電気学会論文誌D121-D(6)p.651 - 6572001年06月-

Acceleration of convergence characteristics of time-stepping FE analysis for rotating machines

S. Wakao, M. Tokuhisa, A. Maeda, N. Nishioka

IEEE Transactions on Magnetics37(5)p.3558 - 35612001年09月-

Minimum requirements of motor vector control modeling and simulation utilizing C MEX S-function in MATLAB/SIMULINK

F. Yusivar, S. Wakao

Proc. of The fourth IEEE Intl. Conf. on Power Electronics and Drive Systems (PEDS'01)p.315 - 3212001年10月-

Novel modeling approach of battery characteristics in PV system simulation

S. Wakao,T. Kusakabe,Y. Ohashi,N. Suzuki,H. Horii,T. Sanui

Proc. of The 17th European Photovoltaic Solar Energy Conf.p.2576 - 25792001年10月-

PV/Wind/Wave Hybrid Power Generation System for Beacon

S. Wakao, T. Kusakabe, H. Horii, H. Minami, A. Suzuki, M. Yahagi, S. Hirota, Y. Ohashi, A. Ishii

Proc. of The 17th European Photovoltaic Solar Energy Conf.p.2580 - 25832001年10月-

A novel method for evaluating the iron loss in permanent magnet type synchronous motors for electric vehicle

Y. Kamiya, S. Wakao

Proc. of The 46th Conf. on Magnetism and Magnetic Materialsp.367 - 3682001年11月-

|Iq| added flux weakening strategy for the rotor flux oriented control of a sinusoidal PWM VSI-fed induction motor

F. Yusivar, T. Kihara, M. Sato, S. Wakao, T. Yamamura

Proc. of The 27th Annual Conf. of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON'01)p.1160 - 11652001年11月-

An anti oscillation strategy for the regenerative braking control of permanent magnet synchronous motor with insufficient load power consuming

F. Yusivar, K. Uchida, T. Kihara, S. Wakao, K. Kondo, and K. Matsuoka

Proc. of The 27th Annual Conf. of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON'01)p.1457 - 14622001年11月-

渦電流場における導体表面電荷解析

藤島 寧,若尾真治,勝田忠義

第6回日本計算工学会計算工学講演会6(1)p.297 - 3002001年05月-

電機設計への遺伝的アルゴリズムの適用に関する一考察

若尾真治,山下 敦,J. Lee,山田陽一郎

第6回日本計算工学会計算工学講演会6(1)p.301 - 3042001年05月-

導体表面電荷解析による機器特性把握の検討

藤島 寧,若尾真治,勝田忠義

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-01-5,RM-01-732001年08月-

電気学会ベンチマークモデルに対する多目的最適化計算の検討

若尾真治,山下 敦,J. Lee,山田陽一郎

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-01-18,RM-01-862001年08月-

小規模分散ネットワーク構成の太陽光発電システムに関する基礎的検討

若尾真治,大橋功幸,高野博光

太陽/風力エネルギー講演論文集2001/日本太陽エネルギー学会p.25 - 282001年11月-

最適化計算への応答曲面近似法の適用に関する基礎的検討

藤島 寧,若尾真治,勝田忠義,松岡孝一,近藤 稔

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-02-6,RM-02-62002年01月-

短一次LIMにおける二次側セクション境界間導電性ワイヤー接続型構造の特性評価

赤木雅陽,片岡昭人,若尾真治,紙屋雄史,蓼原 誠,平瀬志朗

平成14年電気学会全国大会No. 5-2602002年03月-

太陽光/風力ハイブリッド発電システムの特性解析 -北海道松前小島灯台電源システム-

若尾真治, 堀井 洋史, 安藤亮平,南 秀実, 四宮章公, 鈴木皓夫, 矢作 勝,廣田新一,大橋孝之,石井 淳

平成14年電気学会全国大会No. 7-0822002年03月-

小規模分散ネットワーク構成の太陽光発電システムにおける短時間電圧変動の検討

若尾真治,大橋功幸,高野博光,茂木威史

平成14年電気学会全国大会No. 7-0682002年03月-

数値解析新技術の動向:電磁界解析へのメッシュレス法の適用

若尾真治,山下英生

平成14年電気学会全国大会シンポジウムS. 8-12002年03月-

航路標識に対する太陽光/風力/波力ハイブリッド発電システムの開発

若尾真治

東京電気管理技術者協会“電気管理技術”255p.2 - 122001年11月-

太陽光/風力/波力ハイブリッド発電システムの開発と今後の展望

若尾真治

技術情報センター講習会テキスト“ハイブリッド型分散電源システムの開発と今後の展望”p.24 - 342001年10月-

Design optimization of axially laminated rotors of synchronous reluctance motors

S. Wakao, Y. Nishimura, H. Ando, T. Onuki

Journal of Applied Physics / AIP87(9)p.6298 - 63002000年04月-

光ファイバ終端機器用太陽光自立電源システムの開発

小貫 天,若尾真治,平川亮一,日下部壮俊

電気学会論文誌D120(5)p.718 - 7242000年05月-

New approaches with sensorless drives

K. Tatematsu, D. Hamada, K. Uchida, S. Wakao, T. Onuki

IEEE Industrial Application Society Magazine6(4)p.44 - 502000年07月-

数値最適化計算と電機設計法の併用による回転機通風孔の形状決定

若尾真治,徳久雅人,前田篤志,小貫 天

電気学会論文誌D121-D(2)p.159 - 1642001年02月-

Performance of the electromagnet type linear synchronous motor with an additional secondary solid-conductor

W. J. Jeon, K. Hayashi, Y. Kamiya, S. Wakao, T. Onuki

Proc. of Intl. Magnetics Conf. (INTERMAG) / IEEE2000年04月-

Design optimization of magnetic devices based on the estimation of permeability distribution

S. Wakao, M. Tokuhisa, A. Maeda

Proc. of The 9th IEEE Conf. on Electromagnetic Field Computation (CEFC 2000)p.3582000年06月-

A novel starting and synchronizing method in the U-shaped linear hybrid motor

S. Katoh, T. Iwamoto, W. J. Jeon, M. Akagi, Y. Kamiya, S. Wakao, T. Onuki, J. Lee

Proc. of Intl. Conf. on Electrical Engineering (ICEE'2K)p.998 - 10012000年07月-

Battery charging-discharging control method for PV system capacity reduction

S. Wakao, T. Kusakabe, T. Onuki, A. Ishida, H. Fukutomi

Proc. of The 28th IEEE Photovoltaic Specialists Conf. (PVSC)p.1679 - 16822000年09月-

Performance comparison of the controller configurations for the sensorless IM drive using the modified speed adaptive observer

F. Yusivar, H. Haratsu, T. Kihara, S. Wakao, T. Onuki

Proc. of The 8th IEE Intl. Conf. on Power Electronics and Variable Speed Drives (PEVD2000)p.194 - 2002000年09月-

周波数応答を用いた蓄電池過渡特性のモデル化手法

若尾真治,フェリ・ユシバル,原津裕之,近藤圭一郎,長谷川均,松岡孝一

SEV/電気自動車研究会第6回研究発表全国大会p.159 - 1602000年07月-

回転機における電源回路連成解析の収束性に関する一考察(その2)

若尾真治,前田篤志,西岡進夫

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-00-23,RM-00-882000年08月-

短一次LIMにおける二次導体接合部渡り時の特性に関する検討

紙屋雄史,赤木雅陽,若尾真治

電気学会マグネティックス・リニアドライブ研究会MAG-00-231,LD-00-962000年11月-

三次元有限要素法による界磁巻線を有するLSMの特性解析

紙屋雄史,林 賢児,田 宇鎮,若尾真治

電気学会マグネティックス・リニアドライブ研究会MAG-00-238,LD-00-1032000年11月-

太陽光発電システムにおける数値シミュレーションの精度向上に関する検討

若尾真治,日下部壮俊,大橋功幸,鈴木直幸,堀井洋史

太陽/風力エネルギー講演論文集2000/日本太陽エネルギー学会p.73 - 762000年11月-

航路標識に対する太陽光/風力/波力ハイブリット発電システムの検討

若尾真治,日下部壮俊,堀井洋史,南 秀美,鈴木皓夫,矢作 勝,廣田新一,大橋孝之,石井 淳

太陽/風力エネルギー講演論文集2000/日本太陽エネルギー学会p.139 - 1422000年11月-

渦電流場問題における導体表面電荷の算出

若尾真治,藤島 寧,安藤弘毅

平成13年電気学会全国大会No. 5-1502001年03月-

一様磁界発生装置モデルの最適化計算

若尾真治,山下 敦,李 周?

平成13年電気学会全国大会No. 5-1682001年03月-

PMSM駆動用主回路の軽負荷回生時の安定性に関する一考察

フェリ・ユシバル,内田健司,木原隆宏,若尾真治,近藤圭一郎,松岡孝一

平成13年電気学会全国大会No. 5-2592001年03月-

PVシステムの数値シミュレーションにおける蓄電池特性のモデル化の検討

若尾真治,日下部壮俊,大橋功幸,鈴木直幸,堀井洋史,讃井太郎

平成13年電気学会全国大会No. 7-1602001年03月-

太陽光/風力/波力ハイブリッド発電システムにおける発電機容量配分の検討

若尾真治,日下部壮俊,堀井洋史,南 秀美,鈴木皓夫,矢作 勝,廣田新一,大橋孝之,石井 淳

平成13年電気学会全国大会No. 7-2012001年03月-

Stability analysis of sensorless permanent magnet synchronous motor drive with reduced order observer

Proc. of The 1999 IEEE Intl. Electric Machines and Drives Conf. (IEMDC'99)pp. 95-971999年05月-

A new method of motor speed estimation using fuzzy logic algorithm

Proc. of The 1999 IEEE Intl. Electric Machines and Drives Conf. (IEMDC'99)pp. 278-2801999年05月-

A novel approach to design optimization of ventilation holes in induction motors

Proc. of The 1999 IEEE Intl. Electric Machines and Drives Conf. (IEMDC'99)pp. 478-4801999年05月-

Sensorless control of permanent magnet synchronous motor drive using a linear reduced order observer including disturbance torque estimation

Proc. of The 8th European Conf. on Power Electronics and Applications (EPE'99)Recorded in CD-ROM1999年09月-

A novel structure of induction motors for weight reduction

Proc. of the X. Intl. Symposium on Theoretical Electrical Engineering, (ISTET'99)pp. 589-5931999年09月-

Investigation of PV system parameters by computational simulation

Proc. of The 11th Photovoltaic Science and Engineering Conf. (PVSEC)pp. 887-8881999年09月-

Novel control method for battery charging-discharging in PV system

Proc. of The 11th Photovoltaic Science and Engineering Conf. (PVSEC)pp. 889-8901999年09月-

Practical design optimization approach for induction motors with ventilation holes

Proc. of The 12th Conf. on the Computation of Electromagnetic Fields (COMPUMAG)pp. 204-2051999年10月-

Speed adaptive observer for sensorless IM drive using combined reference frames

Proc. of The 15th IEEE Applied Power Electronics Conf. (APEC 2000)Vol. 1, pp. 127-1322000年02月-

最適化手法比較計算用モデルの解析結果(その2)

日本計算工学会計算工学講演会Vol. 4, No. 1, pp. 573-5761999年05月-

大容量車載用モータにおける新構造の提案

SEV/電気自動車研究会第5回研究発表全国大会pp. 153-1541999年06月-

周囲温度の影響を考慮した鉛蓄電池の残存容量推定

平成11年電気学会産業応用部門大会Vol. 1, pp. 293-2941999年08月-

回転機における電源回路連成解析の収束性に関する一考察

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-99-21, RM-99-751999年08月-

大容量誘導電動機の軽量化設計

第11回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム/日本AEM学会pp. 675-6781999年10月-

透磁率分布の評価に基づく回転機最適化計算 −通風孔の形状決定−

電気学会回転機研究会RM-99-901999年10月-

周波数応答を用いた鉛蓄電池の特性表現

平成12年電気学会全国大会No. 4-2452000年03月-

回転機の方形波電圧駆動解析の収束性について

平成12年電気学会全国大会No. 5-0382000年03月-

透磁率分布の評価に基づく回転子通風孔の形状最適化

平成12年電気学会全国大会No. 5-0442000年03月-

角棒状リニア誘導同期モータの同期化について

平成12年電気学会全国大会No. 5-0872000年03月-

辺要素有限要素解析におけるゲージ条件の影響

平成12年電気学会全国大会No. 5-1682000年03月-

独立型太陽光発電システムの数値シミュレーションによる最適構成算出

平成12年電気学会全国大会No. 7-2002000年03月-

PVシステムでの蓄電池充放電制御方式の比較検討

平成12年電気学会全国大会No. 7-2032000年03月-

回転機設計に対する最適化計算の適用例

日本能率協会第18次モータ技術フォーラム/日本能率協会1999年06月-

電気機器に対する最適化設計法の適用上の問題点

CRC総合研究所第6回MAGNAユーザー会/CRC総合研究所1999年09月-

磁界問題における最適化設計法とその応用

日本総合研究所JMAG User Conf. '99講演論文集/日本総合研究所1999年11月-

電磁界解析技術と最適化手法の高度化

電気学会技術報告759号1999年11月-

電磁界解析における有限要素・境界要素併用法の並列処理手法

電気学会論文誌AVol. 118-A, No. 4, pp. 373-3791998年04月-

Optimization of coils for detecting initial rotor position in permanent magnet synchronous motor

Journal of Applied Physics / AIPVol. 83, No. 11, pp. 6365-63671998年06月-

A novel design approach for grasping broad characteristics of magnetic shield problem

IEEE Transactions on MagneticsVol. 34, No. 4, pp. 2144-21461998年07月-

Design optimization of stimulation coil system for nerve stimulation

IEEE Transactions on MagneticsVol. 34, No. 4, pp. 2159-21611998年07月-

Design optimization of air-ducts in rotating machines with high power density

IEEE Transactions on MagneticsVol. 34, No. 5, pp. 2857-28601998年09月-

高電力密度回転機における通風孔の形状最適化

電気学会論文誌BVol. 118-B, No.10, pp. 1110-11151998年10月-

Sensorless control for permanent magnet synchronous motor with reduced order observer

Proc. of The 29th IEEE Power Electronics Specialists Conf.(PESC'98)pp. 125-1311998年05月-

The optimization of PV system by classifying energy flow

Proc. of The 2nd World Conf. and Exhibition on Photovoltaic Solar Energy Conversionpp.3258-32611998年07月-

The analysis of PV power system by computational simulation

Proc. of The 2nd World Conf. and Exhibition on Photovoltaic Solar Energy Conversionpp.3262-32651998年07月-

新方式の車載用モータ

SEV/電気自動車研究会第4回研究発表会pp. 89-901998年04月-

大容量車載用モータにおける通風孔の形状最適化

SEV/電気自動車研究会第4回研究発表会pp. 121-1221998年04月-

高電力密度回転機における通風孔の形状最適化

日本計算工学会計算工学講演会Vol. 3, No. 2, pp. 539-5421998年05月-

有限要素法と境界要素法の交互適用法による渦電流場解析

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-98-1,RM-98-651998年08月-

最小次元オブザーバを適用したPMSMセンサレス制御の特性評価

電気学会回転機研究会RM-98-1251998年10月-

電機設計法への最適化数値計算の導入 −回転機通風孔の形状決定−

電気学会回転機研究会RM-98-1321998年10月-

有限要素法によるリニア誘導機解析の検証モデルの提案

電気学会リニアドライブ研究会LD-98-611998年11月-

太陽光発電システム設計へのシミュレーションの導入

太陽/風力エネルギー講演論文集/日本太陽エネルギー学会No. 12,pp. 45-481998年12月-

エネルギーフロー解析に基づくPVシステム評価法

電気学会新エネルギー・環境研究会FTE-99-61999年02月-

PVシステムにおける蓄電池充放電制御方式の提案

平成11年電気学会全国大会No. 18651999年03月-

最適化手法実用上の問題点

平成11年電気学会全国大会シンポジウムS. 24-41999年03月-

三次元磁気シールド問題に対する位相最適化の検討

電気学会論文誌DVol. 117-D, No. 4, pp. 501-5061997年04月-

A new design approach to the shape and topology optimization of magnetic shields

Journal of Applied Physics / AIPVol. 81, No. 8, pp. 4699-47011997年04月-

An investigation of topology optimization for 3D magnetic shielding problems

Electrical Engineering in Japan / Scripta TechnicaVol. 122, No. 3, pp. 55-611998年02月-

A novel optimization procedure utilizing the conformal transformation method

Intl. Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics / IOS PressVol. 9, No. 1, pp. 75-881998年03月-

Sensorless permanent magnet synchronous motor drive with reduced order observer

Proc. of The 13th Annual Applied Power Electronics Conf. (APEC'98) / IEEEpp. 75-801998年02月-

電磁界解析における有限要素・境界要素併用法の並列処理手法

情報処理学会研究会97-HPC-67-31997年08月-

電磁界解析における有限要素・境界要素併用法の並列処理手法

平成9年電気学会電子・情報・システム部門大会B-4-81997年08月-

最小次元オブザーバを用いた永久磁石同期電動機のセンサレス制御

平成9年電気学会産業応用部門全国大会Vol. 3, No. 124, pp. 73-761997年08月-

高電力密度回転機における通風ダクトの形状最適化

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-97-3, RM-97-621997年08月-

有限要素・境界要素併用法による電気学会検証モデルの特性解析

電気学会リニアドライブ研究会LD-97-781997年08月-

PMSMセンサレス制御への最小次元オブザーバの適用

平成10年電気学会全国大会No. 10041998年03月-

電気学会通風ダクト最適化モデルの形状決定

平成10年電気学会全国大会No. 11721998年03月-

均一磁界作成に対するコイル配置の一考察

平成10年電気学会全国大会No. 11741998年03月-

電気学会一様磁界発生検証モデルの最適設計

平成10年電気学会全国大会No. 11751998年03月-

エネルギー潮流の分類によるPVシステム評価法

平成10年電気学会全国大会No. 18131998年03月-

数値シミュレーションによる太陽光発電システムの特性解析

平成10年電気学会全国大会No. 18141998年03月-

Hybrid Trefftz and finite element method applied to magnetic field analysis for rotating machines

IEEE Transactions on MagneticsVol. 33, No. 2, pp. 2014-20171997年03月-

Magnetic field analysis of nonlinear system considering both motion and voltage equations

IEEE Transactions on MagneticsVol. 33, No. 2, pp. 2097-21001997年03月-

Novel optimization procedure utilizing the conformal transformation method

Proc. of The 4th Intl. Workshop on Optimization and Inverse Problems in Electromagnetismp. 401996年06月-

並列処理の導入による有限要素・境界要素併用解析法の高速化

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-96-10, RM-96-601996年07月-

最適化問題の大域的特性把握に対する特殊境界要素の適用

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-96-29, RM-96-791996年07月-

有限要素・境界要素併用法の並列処理手法

電気学会情報処理研究会IP-96-271996年09月-

有限要素法と境界要素法の交互適用における入力電流の扱いについて

平成9年電気学会全国大会No. 12321997年03月-

電磁界解析のための有限要素・境界要素併用法の並列処理

情報処理学会第54回全国大会5F-71997年03月-

有限要素法による短二次リニア誘導モータの一次コイル結線法の検討

早稲田大学情報科学研究教育センター紀要Vol. 21, 96/spring, pp. 70-731997年03月-

Eddy current computations in moving conductors by the hybrid FE-BE method

IEEE Transactions on MagneticsVol. 31, No. 3, pp. 1436-14391995年05月-

Systematic evaluation for magnetic field and potential due to massive current coil

IEEE Transactions on MagneticsVol. 31, No. 3, pp. 1476-14791995年05月-

New optimal design method on boundary element analysis for magnetic shielding

Proc. of 14th Intl. Conf. on Magnet Technology1995年06月-

Novel boundary element procedure for design optimization of magnetic shields

Proc. of 10th Conf. on the Computation of Electromagnetic Fields (COMPUMAG)pp. 498-4991995年07月-

Permeance expression of magnetic circuit with consideration of eddy currents

Proc. of the 7th Intl. Symposium on Non-Linear Electromagnetic Systems (ISEM)D-311995年09月-

Hybrid FE-BE analysis of magnetic fields in rotating machinery

Proc. of the 7th Intl. Symposium on Non-Linear Electromagnetic Systems (ISEM)D-321995年09月-

電気学会磁気シールドモデルに対する最適化の一考察

電気学会静止器回転機合同研究会SA-95-5, RM-95-671995年08月-

物理的・工学的考察に基づいた形状最適化手法のロバスト性

電気学会静止器回転機合同研究会SA-95-6, RM-95-681995年08月-

電気学会磁気シールド問題に対する位相最適化の検討

日本シミュレーション学会第16回計算電気・電子工学シンポジウムpp. 143-1461995年12月-

MRIマグネットモデルに対する最適化手法の検討

平成8年電気学会全国大会No. 11491996年03月-

有限要素法と境界要素法を利用した電磁界解析の並列処理

情報処理学会第52回全国大会4L-81996年03月-

有限要素法によるリニアモータのうず電流場解析

早稲田大学情報科学研究教育センター紀要Vol. 19, 95/spring, pp. 63-701996年03月-

フィニッシュ電験三種 —機械③—

(株)オーム社1996年03月-

Improvement in the calculation of electromagnetic force by the FEM

IEEE Transactions on MagneticsVol. 30, No. 4, pp. 1863-18661994年07月-

Hybrid finite and boundary element method applied to nonlinear magnetic field analysis

IEEE Transactions on MagneticsVol. 30, No. 5, pp. 2908-29111994年09月-

有限要素法解析におけるスムージング手法の改善

電気学会論文誌DVol. 114-D, No. 11, pp. 1108-11141994年11月-

The boundary-element-like estimation of the electromagnetic force in the finite element method

Proc. of IEE 2nd Intl. Conf. on Computation in Electromagneticspp. 247-2501994年04月-

導体運動を伴う渦電流場問題に対する数値解析法の検討

電気学会回転機研究会RM-94-1261994年10月-

磁気シールド形状最適化問題に対する有限要素・境界要素併用法の適用

平成7年電気学会全国大会No. 10891995年03月-

工学的検討に基づいた電気学会最適化モデルの考察

日本シミュレーション学会第15回計算電気・電子工学シンポジウムpp. 19-221995年03月-

回転機空隙磁界に対する有限要素・境界要素結合解法の適用

日本シミュレーション学会第15回計算電気・電子工学シンポジウムpp. 47-501995年03月-

Physical meaning of gauge conditions in eddy current analysis

IEEE Transactions on MagneticsVol. 29, No. 6, pp. 2452-24541993年11月-

有限要素・境界要素併用法による三次元渦電流場の解析

日本応用磁気学会第81回研究会pp. 49-561993年07月-

境界要素法における入力電流項の算定法の検討

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-93-6, RM-93-451993年08月-

スムージングを適用した有限要素法による電磁力計算の検討

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-93-10, RM-93-481993年08月-

有限要素法・境界要素法における双対物理量数値解の特徴

平成6年電気学会全国大会No. 9911994年03月-

スカラポテンシャルを未知数とする有限要素・境界要素併用法による三次元電磁界解析

電気学会論文誌AVol. 112-A, No. 5, pp. 346-3541992年05月-

3次元渦電流場に対する辺要素を用いた有限要素・境界要素結合解法の適用

日本シミュレーション学会誌Vol. 11, No. 3, pp. 221-2271992年09月-

3D eddy current analysis by the hybrid FE-BE method using magnetic field intensity H

IEEE Transactions on MagneticsVol. 28, No. 5, pp. 2259-22611992年09月-

二媒質半無限領域における三次元電磁界問題への有限要素・境界要素併用解析法の適用

電気学会論文誌AVol. 112-A, No. 11, pp. 897-9041992年11月-

有限要素・境界要素併用E-H法による三次元渦電流場解析

電気学会論文誌AVol. 112-A, No. 11, pp. 889-8961992年11月-

角筒型リニア誘導機における推力特性向上を図った一次電流分布の検討

電気学会論文誌DVol. 112-D, No. 12, pp. 1179-11861992年12月-

Novel boundary element analysis for 3-D eddy current problems

IEEE Transactions on MagneticsVol. 29, No. 2, pp. 1520-15231993年03月-

Electromagnetic field computations by the hybrid FE-BE method using edge elements

IEEE Transactions on MagneticsVol. 29, No. 2, pp. 1487-14901993年03月-

渦電流場解析における各種ゲージの物理的意味

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-92-2, RM-92-371992年08月-

渦電流場解析における各種物理量を用いた有限要素・境界要素併用法の比較・検討

日本シミュレーション学会第14回計算電気・電子工学シンポジウムpp. 25-301993年03月-

Novel boundary element formulation in hybrid FE-BE method for electromagnetic field computations

IEEE Transactions on MagneticsVol. 28, No. 2, pp. 1162-11651992年03月-

Performance determination of linear brushless motor by using hybrid boundary element method and analytical method

Proc. of Intl. Conf. on the Evolution and Modern Aspects of Synchronous Machinespp. 1163-11681991年08月-

Nonlinear magnetic field analysis using scalar potential in hybrid finite and boundary element method

Proc. of The 4th Intl. ISEM Symposiumpp. 485-4881992年01月-

磁界の強さHを用いた有限・境界要素併用法による三次元渦電流解析

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-91-29, RM-91-921991年10月-

境界要素法を用いた各種三次元磁界解析の比較検討

境界要素法研究会, 境界要素法論文集Vol. 8, pp. 125-1301991年12月-

境界要素法における各種考察物理量に関する比較検討

平成4年電気学会全国大会No. 8461992年03月-

磁界の強さHを用いた境界要素法による三次元渦電流場の数値解析

日本シミュレーション学会第13回計算電気・電子工学シンポジウムpp. 35-401992年03月-

三次元渦電流問題に対する辺要素を用いた有限要素・境界要素併用法

日本シミュレーション学会第13回計算電気・電子工学シンポジウムpp. 89-941992年03月-

有限要素・境界要素併用法による三次元動磁界解析

第8回ソフトウェア コンファレンスpp. 27-301992年03月-

Improved boundary element formulation using scalar potential in hybrid BE-FE method applied to electromagnetic problems

Proc. of The 12th Intl. Conf. on Boundary Elements in Engineeringpp. 295-3051990年09月-

Calculation of electromagnetic forces in magnetic levitation system by 3-D magnetic field analysis

Proc. of The 3rd Intl. ISEM Symposiumpp. 371-3741991年01月-

スカラーポテンシャルを多用した有限・境界要素併用法による電磁界解析

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-90-30, RM-90-421990年08月-

各種要素を用いた有限・境界要素併用法による数値解析の精度比較

電気学会静止器・回転機合同研究会SA-90-29, RM-90-411990年08月-

電磁界問題に対する長方形境界要素及び直方体有限要素を用いた結合解法

境界要素法研究会, 境界要素法論文集Vol. 7, pp. 71-761990年12月-

磁界の強さHを用いた磁界解析における境界要素形状の考察

境界要素法研究会, 境界要素法論文集Vol. 7, pp. 147-1521990年12月-

直方体有限要素(辺要素)及び長方形境界要素を用いた三次元電磁界解析

日本シミュレーション学会第12回計算電気・電子工学シンポジウムpp. 117-1221991年03月-

有限要素・境界要素併用法による三次元電磁界解析

早稲田大学情報科学研究教育センター紀要Vol. 11, 90/spring, pp. 1-141990年04月-

有限要素法およびスカラーポテンシャルを用いた境界要素法による三次元電磁界の結合解法

日本シミュレーション学会第11回計算電気・電子工学シンポジウムpp. 165-1701990年03月-

有限要素・境界要素併用法を用いた電磁界解析

第6回ソフトウェア コンファレンスpp. 5-81990年03月-

永久磁石を用いた電気機器の磁界解析に基づく設計

電気学会回転機研究会RM-88-721988年11月-

2媒質の境界における0-1次境界要素法の接合について

日本シミュレーション学会第10回計算電気・電子工学シンポジウムpp. 37-411989年03月-

Proposal for a Benchmark Model of a Laminated Iron Core and a Large-Scale and Highly Accurate Magnetic Analysis

ELECTRICAL ENGINEERING IN JAPAN170(1)p.26 - 352010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0424-7760

Design of Railway Wheel Detector Insusceptible to Electromagnetic Noise

IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS46(8)p.2731 - 27342010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0018-9464

Performance Evaluation of a Parallel Fast Multipole Accelerated Boundary Integral Equation Method in Electrostatic Field Analysis

IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS47(5)p.1174 - 11772011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:0018-9464

Finite-Element Analysis of Magnetic Field Problem With Open Boundary Using Infinite Edge Element

IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS47(5)p.1194 - 11972011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:0018-9464

Convergence Acceleration in Steady State Analysis of Synchronous Machines Using Time-Periodic Explicit Error Correction Method

IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS47(5)p.1422 - 14252011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:0018-9464

Large-scale analysis of magnetic particle dynamics taking into account contact force and magnetic interaction with the fast multipole method

JOURNAL OF APPLIED PHYSICS109(7)2011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:0021-8979

A Study of Mesh Deformation Methods for Magnetic Field Analysis

IEEJ TRANSACTIONS ON ELECTRICAL AND ELECTRONIC ENGINEERING6(5)p.497 - 5022011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:1931-4973

Micromagnetic Simulations of Perpendicular Recording Head Using the Parallel Fast Multipole Method Specialized for Uniform Brick Elements

IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS47(10)p.3805 - 38082011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:0018-9464

Comparison Between Fast Steady-State Analysis Methods for Time-Periodic Nonlinear Magnetic Field Problems

IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS48(2)p.235 - 2382012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:0018-9464

Orthogonalized Infinite Edge Element Method-Convergence Improvement by Orthogonalization of Hilbert Matrix in Infinite Edge Element Method

IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS48(2)p.363 - 3662012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:0018-9464

Parallel Time-Periodic Finite-Element Method for Steady-State Analysis of Rotating Machines

IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS48(2)p.1019 - 10222012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:0018-9464

Control Method for Harmonic Voltage Injection to Achieve Noise Reduction in Position-Sensorless Control of Permanent-Magnet Synchronous Motors at Low Speeds

ELECTRICAL ENGINEERING IN JAPAN179(3)p.49 - 562012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:0424-7760

Magnetostatic analysis by BEM with magnetic double layer as unknown utilizing volume magnetic charge

INTERNATIONAL JOURNAL OF APPLIED ELECTROMAGNETICS AND MECHANICS39(1-4)p.711 - 7172012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:1383-5416

Forecasting of Solar Irradiance with Just-In-Time Modeling

ELECTRICAL ENGINEERING IN JAPAN182(4)p.19 - 282013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:0424-7760

A fundamental study of spectrum center estimation of solar spectral irradiation by statistical pattern recognition

ELECTRICAL ENGINEERING IN JAPAN184(1)p.10 - 182013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:0424-7760

Nonlinear Magnetostatic Analysis by Unified BIE Utilizing Potential Gap Due to Loop Currents

IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS49(5)p.1573 - 15762013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:0018-9464

Binary-Based Topology Optimization of Magnetostatic Shielding by a Hybrid Evolutionary Algorithm Combining Genetic Algorithm and Extended Compact Genetic Algorithm

IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS49(5)p.2093 - 20962013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:0018-9464

Time-Domain Parallel Finite-Element Method for Fast Magnetic Field Analysis of Induction Motors

IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS49(5)p.2413 - 24162013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:0018-9464

A Versatile Clustering Method for Electricity Consumption Pattern Analysis in Households

IEEE TRANSACTIONS ON SMART GRID4(2)p.1048 - 10572013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:1949-3053

Improvement of Unified Boundary Integral Equation Method in Magnetostatic Shielding Analysis

IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS50(2)2014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:0018-9464

Eddy-Current Analysis of Large-Scale Constructions in Railway System by Infinite Edge Elements

IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS50(2)2014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:0018-9464

Improvements in Material-Density-Based Topology Optimization for 3-D Magnetic Circuit Design by FEM and Sequential Linear Programming Method

IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS50(2)2014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:0018-9464

Topology Optimization of Rotor Core Combined With Identification of Current Phase Angle in IPM Motor Using Multistep Genetic Algorithm

IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS50(2)2014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:0018-9464

Topology optimization of magnetostatic shielding using multistep evolutionary algorithms with additional searches in a restricted design space

COMPEL-THE INTERNATIONAL JOURNAL FOR COMPUTATION AND MATHEMATICS IN ELECTRICAL AND ELECTRONIC ENGINEERING33(3)p.894 - 9132014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:0332-1649

Topology design method of flux barrier in IPM motor by means of genetic algorithm implemented by multistep procedure

INTERNATIONAL JOURNAL OF APPLIED ELECTROMAGNETICS AND MECHANICS46(2)p.381 - 3872014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:1383-5416

Effect of PV Output and Load Power Forecast Error on Operation Design of PV System with Storage Battery

ELECTRICAL ENGINEERING IN JAPAN190(1)p.28 - 362015年-2015年

DOIWoS

詳細

ISSN:0424-7760

Computational Accuracy Enhancement in Magnetic Field Analysis by Using Orthogonalized Infinite Edge Element Method

ELECTRICAL ENGINEERING IN JAPAN191(1)p.20 - 282015年-2015年

DOIWoS

詳細

ISSN:0424-7760

Improvement in Computational Accuracy and Convergence Characteristics by Combined Application of Various Infinite Edge Element Configurations

IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS51(3)2015年-2015年

DOIWoS

詳細

ISSN:0018-9464

Material-Density-Based Topology Optimization With Magnetic Nonlinearity by Means of Stabilized Sequential Linear Programming: SLPSTAB

IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS51(3)2015年-2015年

DOIWoS

詳細

ISSN:0018-9464

Design Optimization of Magnetic Sensor for Train Detection

IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS51(3)2015年-2015年

DOIWoS

詳細

ISSN:0018-9464

太陽光発電システムに関する研究開発プロジェクトの現状と今後

化学工学 = Chemical engineering74(5)p.227 - 2292010年05月-2010年05月 

CiNii

詳細

ISSN:03759253

分散型電源連系課題解決支援実験システム (ANSWER) の構築と分散型電源と配電ネットワークとの協調運用形態の実験検証

電気学会論文誌. B, 電力・エネルギー部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. B, A publication of Power and Energy Society130(5)p.473 - 4832010年05月-2010年05月 

CiNii

詳細

ISSN:03854213

概要:Recently, total number of distributed generators (DGs) such as photovoltaic generation system and wind power generation system connected to an actual distribution network increases drastically. The distribution network connected with many distributed generators must be operated keeping reliability of power supply, and power quality. In order to accomplish active distribution network operation to take advantage of many connections of DGs, a new coordinated operation of distribution system with many connections of DGs is necessary. So far, the authors have proposed a coordinated operation of distribution network system connected with many DGs by using sectionalizing switches control method, sending voltage control method, computation method of acceptable maximum output of DG and determination method of optimal smoothing time constant of wind power generation system with storage battery. In this paper, the authors develop an experiment of scaled-down three-phase distribution system with distributed generators in order to check the validity of the proposed approach.

PVシステム大量導入地域におけるEVバッテリーと据置蓄電池の運用に関する基礎的検討

電気学会研究会資料. FTE, 新エネルギー・環境研究会2010(29)p.1 - 62010年08月-2010年08月 

CiNii

辺要素無限要素法を用いた三次元磁界解析

電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会2010(76)p.39 - 442010年09月-2010年09月 

CiNii

電気機器の過渡磁界解析におけるTDC法およびTP-EEC法の検討

電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会2010(76)p.83 - 882010年09月-2010年09月 

CiNii

磁気二重層ポテンシャルによる境界積分方程式を用いるエッジやコーナー部の静磁界解析

電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会2010(92)p.13 - 182010年09月-2010年09月 

CiNii

平成22年度 日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー協会合同研究発表会を終えて

太陽エネルギー = Solar energy36(6)p.103 - 1042010年11月-2010年11月 

CiNii

詳細

ISSN:03889564

Just-In-Time Modeling に基づく日射量予測手法の開発

電気学会研究会資料. MES, メタボリズム社会・環境システム研究会 = The papers of Technical Meeting on Metabolism Society and Environmental Systems, IEE Japan2011(1)p.55 - 612011年01月-2011年01月 

CiNii

境界要素法による非線形静磁界解析時の等価体積磁荷の算出法

電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会2011(1)p.31 - 362011年01月-2011年01月 

CiNii

表面ループ電流を状態変数とする磁気モーメント法による静磁界解析

電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会2011(46)p.79 - 842011年08月-2011年08月 

CiNii

Just-In-Time Modeling を用いた日射量予測における信頼度推定

電気学会研究会資料. FTE, 新エネルギー・環境研究会2011(29)p.37 - 422011年11月-2011年11月 

CiNii

発電量および負荷量予測を利用したPVシステムにおける蓄電池運用法の多目的評価

電気学会研究会資料. FTE, 新エネルギー・環境研究会2011(29)p.43 - 482011年11月-2011年11月 

CiNii

不連続ガラーキン有限要素を用いた磁界解析に関する基礎的検討

電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会2012(1)p.1 - 52012年01月-2012年01月 

CiNii

無限辺要素法を用いた磁界解析における精度検証

電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会2012(1)p.7 - 122012年01月-2012年01月 

CiNii

時間領域並列化有限要素法を用いた誘導機の高速電磁界解析

電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会2012(1)p.31 - 362012年01月-2012年01月 

CiNii

ループ電流の二重性を利用する境界積分方程式による静磁界解析

電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会2012(1)p.65 - 702012年01月-2012年01月 

CiNii

並列計算を援用した多段式進化型アルゴリズムによる永久磁石型同期電動機の位相最適化計算

電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会2012(23)p.41 - 462012年01月-2012年01月 

CiNii

平成23年度日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー学会合同研究発表会を終えて

太陽エネルギー = Solar energy37(6)p.87 - 882011年11月-2011年11月 

CiNii

詳細

ISSN:03889564

Just-In-Time Modeling に基づく日射量予測手法の開発

電気学会論文誌. B, 電力・エネルギー部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. B, A publication of Power and Energy Society131(11)p.912 - 9192011年11月-2011年11月 

CiNii

詳細

ISSN:03854213

概要:PV power output mainly depends on the solar irradiance which is affected by various meteorological factors. So, it is required to predict solar irradiance in the future for the efficient operation of PV systems. In this paper, we develop a novel approach for solar irradiance forecast, in which we introduce to combine the black-box model (JIT Modeling) with the physical model (GPV data). We investigate the predictive accuracy of solar irradiance over wide controlled-area of each electric power company by utilizing the measured data on the 44 observation points throughout Japan offered by JMA and the 64 points around Kanto by NEDO. Finally, we propose the application forecast method of solar irradiance to the point which is difficulty in compiling the database. And we consider the influence of different GPV default time on solar irradiance prediction.

統計的パターン認識を用いた分光放射照度の波長重心推定に関する基礎的検討

電気学会論文誌. B, 電力・エネルギー部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. B, A publication of Power and Energy Society132(2)p.189 - 1962012年02月-2012年02月 

CiNii

詳細

ISSN:03854213

概要:With a background of environmental problems and energy issues, it is expected that PV systems will be introduced rapidly and connected with power grids on a large scale in the future. For this reason, the concern to which PV power generation will affect supply and demand adjustment in electric power in the future arises and the technique of correctly grasping the PV power generation becomes increasingly important. The PV power generation depends on solar irradiance, temperature of a module and solar spectral irradiance. Solar spectral irradiance is distribution of the strength of the light for every wavelength. As the spectrum sensitivity of solar cell depends on kind of solar cell, it becomes important for exact grasp of PV power generation. Especially the preparation of solar spectral irradiance is, however, not easy because the observational instrument of solar spectral irradiance is expensive. With this background, in this paper, we propose a new method based on statistical pattern recognition for estimating the spectrum center which is representative index of solar spectral irradiance. Some numerical examples obtained by the proposed method are also presented.

辺要素無限要素法を用いた三次元磁界解析

電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会2010(85)p.39 - 442010年09月-2010年09月 

CiNii

電気機器の過渡磁界解析におけるTDC法およびTP-EEC法の検討

電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会2010(85)p.83 - 882010年09月-2010年09月 

CiNii

磁気二重層ポテンシャルによる境界積分方程式を用いるエッジやコーナー部の静磁界解析

電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会2010(101)p.13 - 182010年09月-2010年09月 

CiNii

境界要素法による非線形静磁界解析時の等価体積磁荷の算出法

電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会2011(1)p.31 - 362011年01月-2011年01月 

CiNii

不連続ガラーキン有限要素を用いた磁界解析に関する基礎的検討

電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会2012(1)p.1 - 52012年01月-2012年01月 

CiNii

無限辺要素法を用いた磁界解析における精度検証

電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会2012(1)p.7 - 122012年01月-2012年01月 

CiNii

時間領域並列化有限要素法を用いた誘導機の高速電磁界解析

電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会2012(1)p.31 - 362012年01月-2012年01月 

CiNii

ループ電流の二重性を利用する境界積分方程式による静磁界解析

電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会2012(1)p.65 - 702012年01月-2012年01月 

CiNii

密度法を用いた位相最適化における並列計算を援用した大域的最適解の効率的探索方法の提案

電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会2012(94)p.1 - 62012年09月-2012年09月 

CiNii

密度法を用いた位相最適化における並列計算を援用した大域的最適解の効率的探索方法の提案

電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会2012(79)p.1 - 62012年09月-2012年09月 

CiNii

太陽光発電システムの出力変動特性把握に関する技術動向

電気学会研究会資料. FTE, 新エネルギー・環境研究会2012(38)p.15 - 222012年11月-2012年11月 

CiNii

太陽光発電システムの発電予測に関する技術動向

電気学会研究会資料. FTE, 新エネルギー・環境研究会2012(38)p.23 - 292012年11月-2012年11月 

CiNii

Just-In-Time Modeling を用いた日射量予測における信頼度推定

電気学会研究会資料. MES, メタボリズム社会・環境システム研究会 = The papers of Technical Meeting on Metabolism Society and Environmental Systems, IEE Japan2011(15)p.37 - 422011年11月-2011年11月 

CiNii

発電量および負荷量予測を利用したPVシステムにおける蓄電池運用法の多目的評価

電気学会研究会資料. MES, メタボリズム社会・環境システム研究会 = The papers of Technical Meeting on Metabolism Society and Environmental Systems, IEE Japan2011(15)p.43 - 482011年11月-2011年11月 

CiNii

表面ループ電流を状態変数とする磁気モーメント法による静磁界解析

電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会2011(59)p.79 - 842011年08月-2011年08月 

CiNii

不連続ガラーキン有限要素法を用いた3次元磁界解析

電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会2013(1)p.1 - 62013年01月-2013年01月 

CiNii

逐次線形計画法による材料密度ベースの位相最適化手法を用いた磁気回路設計

電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会2013(1)p.61 - 662013年01月-2013年01月 

CiNii

直交化無限辺要素法を用いた磁界解析の精度向上に関する検討

電気学会論文誌. B, 電力・エネルギー部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. B, A publication of Power and Energy Society133(5)p.465 - 4722013年05月-2013年05月 

CiNii

詳細

ISSN:03854213

概要:The electromagnetic phenomena intrinsically spread over the infinite region. Thus, the efficient handling of open boundary is one of the main issues in the electromagnetic field computations. This paper deals with the orthogonalized infinite edge element method which efficiently performs precise analysis of the infinite region. In this method, there are several parameters to achieve its high accuracy. As one of the parameters, we focus on the reference point and investigate the effect of its position setting on the accuracy. Furthermore, we also evaluate the accuracy of the calculated magnetic field at distance region. By applying boundary element method (BEM) as post-processing, it is found that the high computational accuracy in the region can be effectively achieved.

不連続ガラーキン有限要素法を用いた3次元磁界解析

電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会2013(1)p.1 - 62013年01月-2013年01月 

CiNii

逐次線形計画法による材料密度ベースの位相最適化手法を用いた磁気回路設計

電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会2013(1)p.61 - 662013年01月-2013年01月 

CiNii

磁気回路設計における解の多様性向上のための二段階位相最適化手法

電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会2013(59)p.23 - 282013年09月-2013年09月 

CiNii

発電予測を用いたグリーン基地局運用最適化の一手法(B-9.電子通信エネルギー技術,一般セッション)

電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集2014(2(B-9-7))p.169 - 1692014年09月-2014年09月 

CiNii

蓄電池併設型太陽光発電システムの運用設計における発電量・負荷量の予測誤差の影響評価

電気学会論文誌. B133(11)p.903 - 9092013年-2013年

CiNii

詳細

ISSN:0385-4213

概要:In the past, we have proposed some battery operations in a photovoltaic (PV) system using the PV output and load power forecasts. In the proposed method, we utilized multi-objective optimization for a residential area model that includes a large number of PV systems with storage batteries. To practically demonstrate that the proposed operation effectively improves the economic and environmental efficiencies, it is indispensable to evaluate the forecast error effects on operation design of PV system with storage battery. In this paper, we propose a method for evaluating the robustness of battery operation taking account of the statistical characteristics of forecast errors. Some numerical examples, which show the validity of the proposed method, are also presented.

磁気回路設計における解の多様性向上のための二段階位相最適化手法

電気学会論文誌. B134(8)p.716 - 7232014年-2014年

CiNii

詳細

ISSN:0385-4213

概要:The topology optimizations which optimize a material arrangement on an element, without extracting feature quantity, are attractive methods, because we can obtain a free idea of the initial design of magnetic devices. However, in actual design processes, all of the required features of the products cannot be included objective functions, such as ease of manufacture or influence of rise in heat. Moreover, the multiple-purpose optimizations concerning many kinds of physical phenomena have difficulty with calculation time. Thus, it is necessary to estimate whether the obtained optimal solution under the limited condition is applicable to an actual designing of magnetic devices. This paper introduces two-step topology optimization method using the constraints on the similarity of the topology, which provides us various topologies including suboptimal solutions. By using the proposed method, we can determine some actual applicable solutions out of obtained solutions. The proposed method was verified by applying it to the C-core problem and the magnetic shield problem, which demonstrated the effectiveness of the proposed method.

太陽光発電出力予測のためのJust-In-Time Modelingを用いた日射量予測信頼区間の推定方法

電気学会論文誌. B135(3)p.160 - 1672015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:0385-4213

概要:PV system recently attracts much attention on the back of environmental problems, antinuclear power movements and energy problems. Therefore, a large scale introduction of PV system is expected in the near future. On the other hand, a lot of PV systems connected to the power system bring on some problems. For example, a system voltage often drifts from the norm when the reverse power flow increase. Accordingly, it is necessary to perform an optimal system operation in order to utilize a solar energy to the maximum by installing energy buffers, e. g. storage batteries. Especially, the forecast information i.e., the reliability as well as predicted solar irradiance is essential for the effective operation. In this paper, we propose a way to estimate the prediction interval of the solar irradiance as an index of reliability by using Just-In-Time Modeling (JIT Modeling). We consider the accuracy of the prediction interval under many conditions and derive the high-precision estimation method. In addition, we also talk about the future outlook of this study.

平成22年度太陽・風力合同研究発表会を終えて

風力エネルギー34(3)p.37 - 382010年-2010年

CiNii

詳細

ISSN:0387-6217

永久磁石リラクタンスモータにおける磁石磁束の極性判別法に関する考察

電気学会論文誌D(産業応用部門誌)135(6)p.641 - 6472015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:0913-6339

概要:In this paper, a magnetic-polarity detection method for a permanent-magnet reluctance motor (PRM) is presented. The inductance characteristics of a PRM are different from those of common interior permanent-magnet synchronous motors and are verified by an electromagnetic field analysis. Moreover, a novel magnetic-pole detection method is proposed using the inductance characteristics of a PRM. The proposed method is verified by experiments using a 90-kW PMSM.

研究グループ紹介:早稲田大学 先進理工学部 電気・情報生命工学科コンピュータ援用電磁工学研究室

若尾 真治

電気学会論文誌. B135(4)p.NL4_2 - NL4_22015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:0385-4213

モータ電磁騒音低減のための新しいPWMキャリア分散手法

谷口 峻;上條 芳武;安井 和也;松下 真琴;結城 和明;若尾 真治

電気学会論文誌D(産業応用部門誌)135(12)p.1144 - 11522015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:0913-6339

概要:This paper proposes a new pulse width modulation (PWM) carrier distribution technique for reducing motor electromagnetic noise. The proposed method uses only two carrier frequencies and controls PWM harmonics by the transferring probability of the two carrier frequencies. The proposed method is verified by experiments using 0.8kW PMSM.

Distribution automation system for service restoration involving simultaneous disconnection and reconnection of distributed generators

Kawano, Shunsuke; Fujimoto, Yu; Wakao, Shinji; Hayashi, Yasuhiro; Irie, Hitoshi; Takenaka, Hideaki; Nakajima, Takashi Y.

2015 IEEE Eindhoven PowerTech, PowerTech 20152015年08月-2015年08月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2015 IEEE. This paper presents a distribution automation system (DAS) for service restoration in the distribution network with photovoltaic (PV) generator systems, which are disconnected simultaneously after a fault and subsequently reconnected after service restoration. Because the reverse power flow of PVs affects voltage in the distribution system, voltage dips and surges occur during the service restoration. However, current DAS do not control voltage regulators such as an on-load tap changer (OLTC) and step voltage regulators (SVRs) during the service restoration. The proposed DAS estimates the voltage in a distribution network considering the simultaneous disconnection of PVs by performing power flow calculations, and it controls the tap position of OLTC and/or SVRs according to the predicted voltage deviation. The voltage after the disconnection of PVs is calculated by estimating the PV output utilizing square kilometer solar radiation data calculated using satellite image data in real time.

Estimation Prediction Interval of Solar Irradiance Based on Just-in-Time Modeling for Photovoltaic Output Prediction

Yamazaki, Tomohide; Yamazaki, Tomohide; Homma, Hayato; Homma, Hayato; Wakao, Shinji; Wakao, Shinji; Fujimoto, Yu; Hayashi, Yasuhiro; Hayashi, Yasuhiro

Electrical Engineering in Japan (English translation of Denki Gakkai Ronbunshi)195(3)p.1 - 102016年05月-2016年05月 

DOIScopus

詳細

ISSN:04247760

概要:© 2016 Wiley Periodicals, Inc. Photovoltaic (PV) systems have recently attracted considerable attention in the context of environmental problems, antinuclear power movements, and energy problems. Therefore, the large-scale introduction of PV systems is expected in the near future. But the connection of many PV systems to the power system leads to problems. For example, the system voltage often drifts from the norm when reverse power flows increase. Accordingly, optimal system operation is required in order to make maximum use of solar energy to the maximum by installing energy buffers such as storage batteries. In particular, in forecast information, knowledge of the reliability as well as the predicted solar irradiance is essential for effective operation. In this paper, we propose a way of estimating the prediction interval of solar irradiance as an index of reliability by using just-in-time modeling. We consider the accuracy of the prediction interval under many conditions and derive a high-precision estimation method. In addition, we also discuss about the future subjects of study.

Improvement of prediction interval estimation algorithm with just-in-time modeling for PV system operation

Yamazaki, Tomohide; Yamazaki, Tomohide; Wakao, Shinji; Wakao, Shinji; Fujimoto, Yu; Fujimoto, Yu; Hayashi, Yasuhiro; Hayashi, Yasuhiro

2015 IEEE 42nd Photovoltaic Specialist Conference, PVSC 20152015年12月-2015年12月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2015 IEEE. Output of the photovoltaic (PV) system drastically fluctuates depending on weather conditions. Therefore users of PV systems should manage their energy usage with forecast information of the PV output. Due to the reasons above, we have developed an estimation method of X% prediction interval of solar irradiance. We have achieved a high-accuracy prediction interval for any prediction coefficient X%. However, we found that there are some errors in a case where the prediction coefficient is high. In this paper, we improve the estimation algorithm of the prediction interval.

A study on the maximum use of PV power in a residential community -the case of utilizing of demand response program-

Kuroiwa, Hiroto; Yamazaki, Tomohide; Wakao, Shinji; Morita, Kei; Nakano, Yuichi; Sadakane, Osamu

2015 IEEE 42nd Photovoltaic Specialist Conference, PVSC 20152015年12月-2015年12月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2015 IEEE. Recently, for the purpose of utilizing renewable energy in a community, interactive electricity power networks, such as smart grid, have received much attention. In those electricity power networks, the technologies for maintain the balance of electricity demand and supply in a limited area become more important. Installing photovoltaic system can be effective for supplying electricity in a limited area at the peak load time, but PV output depends on weather conditions. Thus we propose to combine PV power generation with demand response program. We simulate interchange PV power with demand response program in a residential community. Some numerical results, which demonstrate the validity of the proposed method, will be presented.

Topology Optimization Based on Regularized Level-Set Function for Solving 3-D Nonlinear Magnetic Field System with Spatial Symmetric Condition

Okamoto, Yoshifumi; Wakao, Shinji; Sato, Shuji

IEEE Transactions on Magnetics52(3)2016年03月-2016年03月 

DOIScopus

詳細

ISSN:00189464

概要:© 1965-2012 IEEE. Topology optimization (TO) is an effective method for producing practical design of electrical machines. TO is conventionally implemented based on the material density; however, this approach can yield a large number of grayscale areas and unfeasible shapes. On the other hand, when the level-set function is applied to the TO of the magnetic field problem, the potential for obtaining a feasible solution improves. This paper implemented a TO method that uses the regularized level-set function to solve the 3-D nonlinear magnetic field problem. Furthermore, a spatial symmetry condition (SSC), which can introduce the mirror and periodic symmetry of the level-set function from the viewpoint of the electromagnetism, is proposed. To achieve symmetry in the electromagnetic field distribution, the validity of the SSC is investigated and confirmed in a 3-D magnetic shielding problem.

The study of magnetic polarity detection method for permanent magnet reluctance motor

Taniguchi, Shun; Yasui, Kazuya; Yuki, Kazuaki; Matsushita, Makoto; Nakazawa, Yosuke; Wakao, Shinji

2015 17th European Conference on Power Electronics and Applications, EPE-ECCE Europe 2015p.1 - 102015年10月-2015年10月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2015 EPE Association and IEEE.This paper studies a magnetic polarity detection method for permanent magnet reluctance motor (PRM). Inductance characteristic of PRM is different from that of common interior permanent magnet synchronous motor. The inductance characteristic of PRM is verified by electromagnetic field analysis. Moreover, this paper proposes novel magnetic polarity detection method using the inductance characteristic of PRM. The proposed method is verified by experiments using a 90-kW PRM.

Magnetostatic Shield Analysis by Double-Layer Charge Formulation Using Difference Field Concept

Ryu, K.; Yoshioka, T.; Wakao, S.; Takahashi, Y.; Ishibashi, K.; Fujiwara, K.

IEEE Transactions on Magnetics52(3)2016年03月-2016年03月 

DOIScopus

詳細

ISSN:00189464

概要:© 1965-2012 IEEE.This paper proposes a novel accuracy improvement technique for the double-layer charge (DLC) formulation in shielding problems. Although the DLC formulation has advantages over the direct methods from the viewpoint of computational cost, the calculation accuracy can be worse because of cancellation errors. In order to improve the accuracy, we apply a new technique based on the difference field concept. Numerical results, which verify the effectiveness of the proposed method, are presented.

Computational analysis of battery operation in photovoltaic systems with varying charging and discharging rates

Arai, Takuma; Wakao, Shinji

Conference Record of the IEEE Photovoltaic Specialists Conference2016-Novemberp.1773 - 17792016年11月-2016年11月 

DOIScopus

詳細

ISSN:01608371

概要:© 2016 IEEE.In the case of a mass introduction of PV the instability of PV system output leads to a deterioration of power quality in the distribution system. In this research, we focus on the storage battery operation to achieve a balance between power supply and demand, and perform multi-objective optimization. Specifically, we determine the optimal relationship between the storage battery's charging and discharging rates and the required time resolution for ideal optimization results.

Prediction interval estimation of 10 second fluctuation of PV output with just-in-time modeling

Kumekawa, Nao; Honma, Hayato; Wakao, Shinji

Conference Record of the IEEE Photovoltaic Specialists Conference2016-Novemberp.1825 - 18302016年11月-2016年11月 

DOIScopus

詳細

ISSN:01608371

概要:© 2016 IEEE.The Output of photovoltaic (PV) systems depends on weather conditions. Therefore if there is a large introduction of PV systems, the power quality in the distribution system will be affected. One effective solution for this problem is to predict PV output. Although the need for prediction information for short period fluctuation is increasing, it is difficult to directly predict a steep fluctuation on the second time scale. For the prediction information of PV output, we propose the estimation of the prediction interval of the fluctuation widths on a 10 second scale. In this paper, we carry out the prediction by using the conventional method, with one-dimensional kernel density estimation, and the proposed method, with two-dimensional kernel density estimation. Then, we discuss the effectiveness of the proposed method based on several numerical indexes.

配電系統における実負荷電流の予測信頼区間推定

山㟢 朋秀;若尾 真治;伊藤 広和;佐野 常世

電気学会論文誌. B136(12)p.848 - 8572016年-2016年

CiNii

詳細

概要:

In a distribution line, power system control and power equipment investment are planned based on a measured power system current. However, recently the mass introduction of PV make it difficult for us to precisely measure the demand curve that is a current consumed by electrical equipment because the reversal power flow from PV systems is superposed. Therefore, the prediction of demand curves of distribution line is indispensable for power system management. Additionally, it is also necessary to estimate the reliability of the predicted values as well as predicted current itself. In this paper, we propose the estimation method of the prediction interval that is the index of reliability based on the past demand curve database. The feature of the proposed method based on Just-In-Time (JIT) modeling make it possible for us to accurately estimate the prediction interval by the normalized database of demand curve. In this paper, some numerical examples are presented, which demonstrate the effectiveness of the proposed method.

境界積分方程式を用いた静磁界解析における多重連結処理手法に関する一考察

笠 健悟;若尾 真治;髙橋 康人;石橋 一久;藤原 耕二

電気学会論文誌. B137(2)p.132 - 1372017年-2017年

CiNii

詳細

概要:

It is difficult to analyze magnetostatic field problems with multiply connected domains by the direct boundary element method (BEM). On the other hand, there are two methods which can solve magnetostatic field problems with multiply connected domains in double layer charge (DLC) formulation. One uses imaginary loop current to calculate exciting scalar potentials and the other uses the direct BEM to calculate exciting scalar potentials. Thus, in this study, we expand the application scope of the above methods to the direct BEM. The direct BEM is widely used with other analysis methods such as the finite element method (FEM). In that respect, it is also effective to be able to analyze magnetostatic field problems with multiply connected domains by the direct BEM. In addition, results comparing the two methods to analyze multiply connected problems in both the DLC formulation and the direct BEM have not been reported. Therefore, we compare those and systematically clarify their characteristics by calculating a toroidal core model.

Development of local expansion edge element for magnetic field analysis

Wakayama, Yuki; Hosobuchi, Yuichiro; Shimoyama, Ryunosuke; Wakao, Shinji; Tokumasu, Tadashi; Takahashi, Yasuhito; Fujiwara, Koji

IEEE CEFC 2016 - 17th Biennial Conference on Electromagnetic Field Computation2017年01月-2017年01月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2016 IEEE.In this paper, we propose a novel analysis method with local expantion edge elements, in which the interpolation of the potential in the radial direction is defined besed on the idea of the local expansion. It enables us to accurately analyze the physical quantity in the targeted finite region as more smoothed values.

Level-set-function-based topology optimization supported by the method of moving asymptotes in a magnetic field problem

Okamoto, Yoshifumi; Wakao, Shinji

IEEE CEFC 2016 - 17th Biennial Conference on Electromagnetic Field Computation2017年01月-2017年01月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2016 IEEE.Topology optimization (TO) is an attractive design tools for electrical machinery. In particular, the level-set-based TO has been investigated enthusiastically. In this paper, a level-set-based topology optimization method supported by the method of moving asymptotes is proposed to realize fast convergence. The performance of the proposed method is verified in comparison with the conventional level-set-based method, which is composed of both gradient-based-correction and regularization.

Multi-objective optimization of magnetic sensor with conductor plate for rail wheel detection

Kuwahara, Hiroyuki; Maruyama, Yuya; Wakao, Shinji; Takahashi, Masahide; Yagi, Makoto; Okutani, Tamio; Okamoto, Yoshifumi

IEEE CEFC 2016 - 17th Biennial Conference on Electromagnetic Field Computation2017年01月-2017年01月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2016 IEEE.The axle counter which detects the position of the train is important railway signal device. This paper deals with a multi-objective optimization of the axle counter by 3D magnetic field analysis. In the optimization, we newly propose the introduction of the conductor plate and carry out its design optimization. It is revealed that the shape optimization of conductor plate enables us to well improve the detection performance of the axle counter from the multi-objective point of view.

Multi-objective design optimization of primary core in induction heating roll by level-set method

Hirono, Kazuki; Hoshino, Reona; Wakao, Shinji; Okamoto, Yoshifumi; Jeon, W.

IEEE CEFC 2016 - 17th Biennial Conference on Electromagnetic Field Computation2017年01月-2017年01月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2016 IEEE.This paper deals with the multi-objective design optimization of the primary core in induction heating roll in consideration of heating performance, cost, and manufacturability. We effectively carry out the shape optimization of the core by combining the 2D level-set method with the 3D finite element method for the coupled nonlinear magnetic-thermal analysis.

A study on multiply connected domain processing methods in magnetostatic field analysis by boundary integral equations

Ryu, Kengo; Wakao, Shinji; Takahashi, Yasuhito; Ishibashi, Kazuhisa; Fujiwara, Koji

IEEJ Transactions on Power and Energy137(2)p.132 - 1372017年01月-2017年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:03854213

概要:© 2017 The Institute of Electrical Engineers of Japan.It is difficult to analyze magnetostatic field problems with multiply connected domains by the direct boundary element method (BEM). On the other hand, there are two methods which can solve magnetostatic field problems with multiply connected domains in double layer charge (DLC) formulation. One uses imaginary loop current to calculate exciting scalar potentials and the other uses the direct BEM to calculate exciting scalar potentials. Thus, in this study, we expand the application scope of the above methods to the direct BEM. The direct BEM is widely used with other analysis methods such as the finite element method (FEM). In that respect, it is also effective to be able to analyze magnetostatic field problems with multiply connected domains by the direct BEM. In addition, results comparing the two methods to analyze multiply connected problems in both the DLC formulation and the direct BEM have not been reported. Therefore, we compare those and systematically clarify their characteristics by calculating a toroidal core model.

書籍等出版物

EE Text 電気エネルギー工学通論

(株)オーム社2003年 12月-

電磁界数値解析における最近の技術動向

電気学会技術報告2002年 12月-

新エネルギー大辞典

(株)工業調査会2002年 02月-

太陽エネルギー利用技術の実用化要件と技術開発の将来

電気学会技術報告2000年 07月-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:挑戦的萌芽研究

太陽光発電集中連系配電ネットワークにおける日射予測を用いた蓄エネ制御支援手法開発

2013年-2015年

研究分野:電力工学・電力変換・電気機器

配分額:¥3770000

研究種別:基盤研究(B)

太陽光発電大量連系を可能とする次世代配電ネットワーク運用支援統合シミュレータ開発

2011年-2013年

研究分野:電力工学・電力変換・電気機器

配分額:¥13260000

研究種別:基盤研究(A)

次世代重粒子線がん治療装置用超伝導加速器の基盤技術開発

2011年-2013年

研究分野:電力工学・電力変換・電気機器

配分額:¥48750000

研究種別:基盤研究(C)

電気機器省エネルギー設計への応用へ向けた高速高精度電磁界数値解析技術の実用化研究

2008年-2010年

研究分野:電力工学・電力変換・電気機器

配分額:¥2860000

研究種別:基盤研究(B)

普及型重粒子線癌治療装置用超伝導コイルシステム開発のための基礎的研究

2008年-2010年

研究分野:電力工学・電力変換・電気機器

配分額:¥18720000

研究種別:若手研究(B)

広域災害に対するインテリジェント太陽光発電システムの開発

2003年-2004年

研究分野:電力工学・電気機器工学

配分額:¥3300000

研究種別:基盤研究(B)

バルク超伝導体の特性評価と応用のための基礎的研究

2001年-2003年

研究分野:電力工学・電気機器工学

配分額:¥7600000

研究種別:奨励研究(A)

電磁界数値解析による高齢者用医療機器システムの最適設計および実用化に関する研究

1999年-2000年

研究分野:電力工学・電気機器工学

配分額:¥2500000

研究種別:基盤研究(C)

新構成の角棒状リニアハイブリッドモータの開発とその実用化に関する研究

1999年-2000年

研究分野:電力工学・電気機器工学

配分額:¥2600000

研究種別:基盤研究(B)

交流用超伝導ケーブル導体の安定性向上と応用のための基礎的研究

1997年-1999年

研究分野:電力工学・電気機器工学

配分額:¥8800000

研究種別:奨励研究(A)

電磁界数値解析と数理計画法との併用による電気機器の最適設計法の開発

1997年-1998年

研究分野:電力工学・電気機器工学

配分額:¥2200000

研究種別:基盤研究(C)

永久磁石を用いた分割磁極型同期モータの実用化に関する研究

1997年-1998年

研究分野:電力工学・電気機器工学

配分額:¥1900000

研究種別:一般研究(C)

有限要素法および境界要素法を用いた電気機器における電磁力解析手法の開発

1994年-1996年

研究分野:電力工学・電気機器工学

配分額:¥1900000

研究種別:一般研究(B)

超伝導ケーブル導体の過渡安定性に関する研究

1994年-1996年

研究分野:電力工学・電気機器工学

配分額:¥7600000

研究種別:奨励研究(A)

有限要素法と境界要素法の併用法による導体運動を伴う渦電流場の三次元解析

1994年-1994年

研究分野:電力工学・電気機器工学

配分額:¥900000

研究資金の受入れ状況

提供機関:文部科学省

アドバンスト発電システムに関する研究1997年-2001年

提供機関:文部科学省

太陽光自立電源システムの開発研究1997年-2001年

提供機関:文部科学省

光ネットワーク終端機器に対する太陽光無停電電源システムの研究開発プロジェクト1999年-2003年

実施形態:受託教育

電気機器の最適化設計に関する共同研究

実施形態:受託教育

太陽光発電システムに関する共同研究

実施形態:受託教育

電磁界数値解析に関する共同研究

学内研究制度

特定課題研究

遺伝的アルゴリズムを組み入れた有限要素・境界要素併用法によるMRI用磁気シールドの三次元最適設計

1996年度

研究成果概要: 一般に、モデルの重量を軽減する方法として、寸法最適化や形状最適化よりも位相最適化の方が効果的であることが指摘されてきたが、モデル構造のトポロジーを変える位相最適設計は非常に難しく、電気機器の位相最適化に関して論じた研究はまだ少な... 一般に、モデルの重量を軽減する方法として、寸法最適化や形状最適化よりも位相最適化の方が効果的であることが指摘されてきたが、モデル構造のトポロジーを変える位相最適設計は非常に難しく、電気機器の位相最適化に関して論じた研究はまだ少ない。本研究では軽量で高い遮蔽効果を有するMRI用磁気シールドの設計を目指し、シールドの表面形状の変化と内部に穴をあけるという二つの作業に基づく三次元磁気シールドの位相最適化に取り組んだ。具体的には二種類の方法を提案し、一つは上記二つの作業を同時におこなう方法(並列法)であり、もう一つは個別におこなう方法(直列法)である。 そして、この二つの方法を用いて電気学会磁気シールドモデルの三次元位相最適化をおこない、その妥当性と有効性を確認した。 本研究で開発・提案した手法の特長および得られた知見の主なものをまとめると以下のようになる。 (1)提案手法では、磁気シールド問題に対する位相最適化作業の特性を考慮して、磁気スカラポテンシャルを変数とする有限要素・境界要素併用法を磁界解析手法に採用すると同時に、穴の有無のような離散的な設計変数にも対応が容易である遺伝的アルゴリズムを探査アルゴリズムとして組み入れている。 (2)並列および直列の二つの方法を用いて電気学会磁気シールドモデルの三次元位相最適化をおこなった結果、単純な平板形状の場合と比較して、遮蔽効果を保ったまま二割弱の重量軽減が達成された。 (3)並列法は最良の結果を与えるが、直列法も最適化の結果は良好で、計算時間を大幅に短縮できることを考えあわせれば大変有効なものと考えられる。 (4)また、直列法の最適化の工程における作業に対して数値計算結果とあわせて物理的な意味付けをおこない、シールド表面形状だけでなくシールド内部の穴も考慮して形状最適化から位相最適化へ展開することの有効性を明らかにした。

光ネットワーク終端機器に対する太陽光無停電電源システムの実用化に関する研究

2000年度共同研究者:小貫 天, 田 宇鎮

研究成果概要: 情報化時代に向けて情報通信網は光ファイバケーブルに置き換えられつつあるが、この際、通信網の随所に配置されるケーブル終端用光通信機器や通信端末装置等への電源供給系の信頼性が近年特に重要視されている。銅ケーブルの場合には電話局の高信... 情報化時代に向けて情報通信網は光ファイバケーブルに置き換えられつつあるが、この際、通信網の随所に配置されるケーブル終端用光通信機器や通信端末装置等への電源供給系の信頼性が近年特に重要視されている。銅ケーブルの場合には電話局の高信頼な電源装置からケーブルを介して給電できるが、光ファイバではこれが不可能となり、商用配電系統からの給電に頼らざるを得ないからである。特に、阪神淡路大震災等の広域災害が発生した場合、商用系統が停電すると広い範囲にわたって通信機能が麻痺してしまう恐れがある。本研究課題では、この様な状況に対処し得る光通信機器用バックアップ電源システムの開発を目指している。特に、実用化に向けて、太陽光発電電力を最大限に利用するとともに蓄電池容量を最小化し、所望の動作条件下でシステムを極力コンパクト・経済的なものにすることに重点を置いた。 本研究では、まず、系統連系型と独立型の中間に位置し動作が非常に複雑である準自立型の開発システムに対し、システム内の各種パラメータの最適化作業の効率化と高精度化を目指し、太陽光発電システムの動作予測のための高精度計算機シミュレータの開発をおこなった。開発したシミュレータは、従来の太陽光発電システム解析法と異なり,あらゆる気象条件下でのシステム動作予測を高速計算機を用いて数分刻みの短い時間間隔で高精度におこなうことを可能とし,システム全体を視野に入れた各種パラメータの最適化設計を効果的におこなうことが可能となった。このシミュレータ開発の過程においては、パルス放電を用いた蓄電池残存容量の推定法や周波数応答特性に基づく蓄電池のモデル化手法等の蓄電池に関わる新たな特性解析手法の開発もおこなっている。次に、蓄電池充電状態を精度よく検出しシステム内の電力フローを論理回路を介して制御することで,絶えず災害発生後の所定期間の電力供給が保証できる様に蓄電池充電量を確保しながら,平時には日射量の利用率を最大に保ち,かつ商用系からの補充を最小限に抑えた経済的なインテリジェントシステムを実現可能とするマイコン内蔵型電力フロー制御電子回路の開発に取り組み、システム内の新たな電力フロー制御アルゴリズムを開発すると同時に、シミュレーションおよび実験の両面から、その妥当性と有効性を明らかにした。 以上の成果は、従来の太陽光発電システムの設計方法とは異なる新たな有効なアプローチを提案したものであり,今後、より大規模な太陽光発電システムの設計に対しても、十分に適用・展開が可能なものと考えられる。

広域災害時に対する太陽光無停電電源システムの実用化

2002年度共同研究者:岩本 伸一, 石山 敦士

研究成果概要: 高効率な太陽光発電(PV)システムの開発にあたっては、太陽電池や蓄電池などの構成要素の容量配分や、蓄電池充放電制御における充電開始蓄電池電圧などの様々なシステムパラメータを適切に決定しなければならない。しかし、その決定に必要なデ... 高効率な太陽光発電(PV)システムの開発にあたっては、太陽電池や蓄電池などの構成要素の容量配分や、蓄電池充放電制御における充電開始蓄電池電圧などの様々なシステムパラメータを適切に決定しなければならない。しかし、その決定に必要なデータの収集には、長期間にわたる実験を要するため、すべてのパラメータの変動がシステムに与える影響をあらゆるパターンについて定量的に評価し、最適なパラメータを決定するのは困難である。そこで、効率よくシステム評価する手段として数値シミュレーションの導入が有効であると考えられる。数値シミュレーションは過去に蓄積された気象データを利用してパラメータの様々な組合せのもとで極めて短時間にシステム動作の解析ができ、その解析精度が高ければ高いほど太陽光発電システムの設計開発が高度化できる。このような背景のもと、本研究では、蓄電池を備えた太陽光発電システムの挙動を模擬する数値シミュレータの高精度化に関して重点的に検討を行った。特に、蓄電池充放電特性の新たなモデル式を導入することにより、高精度化の達成を試みた。ここで、蓄電池充放電特性に着目した理由として、太陽光発電システムにおいては蓄電池電圧がPVアレイの切り離しや系統連系などのシステム動作制御の基準となる重要な物理量であり、ひいては、蓄電池充放電特性のモデル化が数値シミュレータの精度を左右することが挙げられる。また従来から蓄電池充放電特性のモデル化は困難であることがよく知られている。本研究では蓄電池充放電特性の新しいモデル式として、充電電流値、および複数の係数を用いて対数関数により記述するモデル式を提案した。このモデル式により、様々な充電電流値の変化に応じた蓄電池電圧の変動を精度よく表現することが可能となった。また、蓄電池は残存容量がある値を超えると蓄電池電圧が急激に上昇することが知られており、この蓄電池電圧上昇率の変化点も係数を用いて記述されている。さらに、これらのモデル式内係数をいかにして決定するかが重要になるが、本研究では遺伝的アルゴリズムにより蓄電池電圧の計算誤差率が極力小さくなるように決定する手法を開発し、数値シミュレータの高精度化を実現した。その際、モデル式内係数の時間的変動が蓄電池の劣化状態を把握する指標となり得ることも、新たに見出した。また、検証用の例題として、広域災害時に対する太陽光無停電電源システムを取り上げ、提案手法の妥当性と有効性も確認した。 以上の成果は、従来の太陽光発電システムの設計方法とは異なる新たな有効なアプローチを提案したものであり、他の様々な種類の太陽光発電システムの設計においても、十分に有効なものと考えられる。

電磁界数値解析による機器最適化設計技術の高度化

2004年度

研究成果概要:機器の開発期間やコストを削減するためには、計算機を用いた最適化設計法の適用が極めて有効であると考えられるが、その普及率はいまだに期待の域には達していない。その主な理由の一つとして、実用的観点から判断したときの最適解の品質にまだ多く...機器の開発期間やコストを削減するためには、計算機を用いた最適化設計法の適用が極めて有効であると考えられるが、その普及率はいまだに期待の域には達していない。その主な理由の一つとして、実用的観点から判断したときの最適解の品質にまだ多くの問題点が残されていることが挙げられる。例えば、現場が抱えている複雑な非線形問題に対して反復計算を基本とする最適化設計法を適用した場合、計算精度を実用十分なレベルに保持しようとすれば、工学的に許容できる計算時間の範囲内で最適解を得ることが困難となる場合が多い。さらに、計算によって得られた情報を基に設計者が最終的な設計パラメータを決定する際、従来の最適化設計法では単一の最適解が示されるのみで、各設計変数が評価関数値に及ぼす影響なども不明確である場合が多く、設計者にとって十分な情報が得られているかは疑問の余地が残る。このような背景のもと、先に述べた難点に対する一つの解決策として、本研究では電気機器の最適化設計問題を対象に応答曲面近似法(RSM: Response Surface Methodology)の導入・実用化を試みた。RSMを導入する最大の利点の一つは、最適化計算の高速化である。RSMを導入すれば、最適化の反復計算過程で必要となる評価関数値を、設計変数の多項式表現による近似式(応答曲面)から算出することが可能となる。したがって、最適化計算の反復過程に費やす計算時間を大幅に削減することが可能である。さらに、評価関数が設計変数を用いた応答曲面近似式で表現されるので、設計空間における評価関数値の応答傾向を容易に把握することができ、設計者にとって有用な情報を多く得ることができる。一般に電気機器の最適化設計の特性として、設計変数の個数が多く、またそれぞれの設計空間(設計変数の変域)が広大であることが多い。また、特に回転機の場合、磁性材料の強い非線形現象を伴う。これらの結果、高精度な応答曲面近似式を導出することは極めて困難なものとなる。したがって、RSMを導入して最適化計算の高速化を図るにあたり、いかに低い計算コストで高精度な応答曲面近似式を算出するかが最も重要な点となる。従来、少ない回数の有限要素解析で高精度な近似式を算出する目的で、直交表を用いる実験計画法(DOE)を導入する報告があるが、多くの場合、設計変数が少なく、また低次の多項式で十分に評価関数を近似できるような簡単な問題に限られている。しかし、先に述べた特徴を有する回転機最適化設計では、近似式に高次の多項式を導入する必要がある。さらに、直交表を用いてDOEを行う際に、多変数、多水準において交互作用を考慮する必要があり、直交表への割り付けに多くの手間を要する。この難点を打開するために、本研究では計算機支援のDOEを開発した。また、より高精度な応答曲面近似式を算出する目的で、まず全体の設計空間で応答曲面の概形を得ておき、その情報をもとに最適解候補点周囲の領域に設計空間を段階的に狭めて、近似精度を向上させていく手法を提案した。提案手法の妥当性・有効性を確認するために、電気機器の最適化設計の一例として次世代鉄道車両駆動用電動機として注目されているアウターロータ型永久磁石同期電動機を取り上げ、低い計算コストで十分な精度の応答曲面近似式が作成可能であることを確認すると同時に、RSMを導入しない場合と比較して、十分な最適化計算の高速化を達成しつつ、同等以上の最適解が得られることを実証した。さらに、回転機の多目的最適化問題に対しても提案手法を展開し、実機レベルの最適化設計に本手法が十分有効であることを示した。

太陽光発電出力予測の信頼性評価導入による汎化性能を備えた配電系統シミュレータ開発

2014年度

研究成果概要:近年、環境エネルギー問題を背景に、太陽光発電(PV)の電力系統への大量導入が推進されている。一方、PVシステムの出力は日射量に依存して大きく変動するため、PV余剰電力の逆潮流に伴う系統周波数変動問題など、電力系統における電力品質の...近年、環境エネルギー問題を背景に、太陽光発電(PV)の電力系統への大量導入が推進されている。一方、PVシステムの出力は日射量に依存して大きく変動するため、PV余剰電力の逆潮流に伴う系統周波数変動問題など、電力系統における電力品質の劣化も懸念されている。このような問題への対策として、本研究ではJIT Modelingを用いた日射量予測信頼区間の推定方法を提案し、開発手法を用いることで太陽光発電出力予測を十分な精度で確率的に評価することが可能であることを明らかにした。本研究成果は、今後のPV大量導入を見据えた際に、より有効なエネルギーマネジメントの実現に資する有益な情報を提供しうると考えられる。

海外研究活動

研究課題名: 電気機器設計への応用へ向けた高速高精度電磁界数値解析技術に関する研究

2014年09月-2015年03月

機関: サウサンプトン大学(イギリス)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
電気・情報生命工学フロンティア先進理工学部2017春学期
電気・情報生命工学フロンティア  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017春学期
電気・情報生命工学実験B A組先進理工学部2017春学期
電気・情報生命工学実験B B組先進理工学部2017春学期
電気・情報生命工学実験B A組 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017春学期
電気・情報生命工学実験B B組 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017春学期
プロジェクト研究A先進理工学部2017春学期
プロジェクト研究A  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017春学期
プロジェクト研究B先進理工学部2017秋学期
プロジェクト研究B  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017秋学期
卒業研究A先進理工学部2017春学期
卒業研究A  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017春学期
卒業研究B先進理工学部2017秋学期
卒業研究B (春学期) 先進理工学部2017春学期
卒業研究B  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017秋学期
卒業研究B (春学期)  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017春学期
電気機器先進理工学部2017秋学期
数値解析先進理工学部2017春学期
Advanced Electrical Engineering先進理工学部2017春学期
Graduation Thesis A先進理工学部2017秋学期
Graduation Thesis B先進理工学部2017春学期
修士論文(電生)大学院先進理工学研究科2017通年
Research on Computer-Aided Electromagnetics大学院先進理工学研究科2017通年
コンピュータ援用電磁工学研究大学院先進理工学研究科2017通年
新エネルギー工学・太陽光発電大学院先進理工学研究科2017集中講義(春学期)
Advanced Seminar A大学院先進理工学研究科2017春学期
特別演習A大学院先進理工学研究科2017春学期
Advanced Seminar B大学院先進理工学研究科2017秋学期
特別演習B大学院先進理工学研究科2017秋学期
Seminar on Computer-Aided Electromagnetics A大学院先進理工学研究科2017春学期
コンピュータ援用電磁工学演習A大学院先進理工学研究科2017春学期
Seminar on Computer-Aided Electromagnetics B大学院先進理工学研究科2017秋学期
コンピュータ援用電磁工学演習B大学院先進理工学研究科2017秋学期
Seminar on Computer-Aided Electromagnetics C大学院先進理工学研究科2017春学期
コンピュータ援用電磁工学演習C大学院先進理工学研究科2017春学期
Seminar on Computer-Aided Electromagnetics D大学院先進理工学研究科2017秋学期
コンピュータ援用電磁工学演習D大学院先進理工学研究科2017秋学期
Master's Thesis (Department of Electrical Engineering and Bioscience)大学院先進理工学研究科2017通年
コンピュータ援用電磁工学研究大学院先進理工学研究科2017通年

教育内容・方法の工夫

講義板書概要の配布

2003年04月-

詳細

概要:板書内容のアウトラインを講義開始時に配布し、学生の講義内容理解の促進を図る。

講義補足資料や演習解答例のWeb上への掲示

2003年04月-

詳細

概要:講義の補足資料や演習の解答例をWeb上に掲示し、学生が必要な時にいつでもダウンロード可能な環境を提供する。