氏名

カタヤマ ハジメ

片山 東

職名

教授

所属

(商学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
hajime.katayama@waseda.jp

URL等

研究者番号
00595746

本属以外の学内所属

兼担

政治経済学術院(大学院経済学研究科)

学内研究所等

環境経済・経営研究所

研究所員 2016年-

環境と貿易研究所

研究所員 2012年-2016年

イノベーション研究所

研究所員 2018年-

学歴・学位

学歴

-2003年 ペンシルバニア州立大学 経済学研究科 応用計量経済学

学位

博士 ペンシルバニア州立大学 経済政策

経歴

2003年-~ 2010年 シドニー大学経済ビジネス学部

所属学協会

環境経済政策学会

研究分野

キーワード

応用計量経済学

論文

Same concerns, same responses? A Bayesian quantile regression analysis of the determinants for supporting nuclear power generation in Japan

Omata Y, Katayama H and Arimura TH

Environmental Economics and Policy Studies査読有りFirst Online: 30 July 20162016年-

Do social norms matter to energy-saving behavior? Endogenous social and correlated effects

Arimura TH, Katayama H and Sakudo M

Journal of the Association of Environmental and Resource Economists査読有り3p.525 - 5532016年-

The effect of ISO 14001 on environmental performance: Resolving equivocal findings

Arimura TH, Darnall N, Ganguli R and Katayama H

Journal of Environmental Management査読有り166p.556 - 5662016年-

Do households misperceive the benefits of energy-saving actions? Evidence from a Japanese household survey

Iwata K, Katayama H and Arimura TH

Energy for Sustainable Development査読有り25p.27 - 332015年-

Team performance and within-team salary disparity: An analysis of nippon professional baseball

Kamada T and Katayama H

Economics Bulletin査読有り34(1)p.144 - 1512014年-

A quantile-based test of protection for sale model

Imai S, Katayama H and Krishna K

Journal of International Economics査読有り91(1)p.40 - 522013年-

Gasoline price cycles under discrete time pricing

de Roos N and Katayama H

Economic Record査読有り89(285)p.175 - 1932013年-

Quantile regression analysis of body mass and wages

Johar M and Katayama H

Health Economics査読有り21(5)p.597 - 6112012年-

Substance use and adolescent sexual activity

Acworth A, de Roos N and Katayama H

Applied Economics査読有り44(9)p.1067 - 10792012年-

A game-level analysis of salary dispersion and team performance in the National Basketball Association

Katayama H and Nuch H

Applied Economics査読有り43(10)p.1193 - 12072011年-

Central bank independence, political regimes and the sacrifice ratio: A replication study of Caporale and Caporale (2008)

Katayama H, Ponomareva N and Sharma M

Journal of Money, Credit, and Banking査読有り43(5)p.1035 - 10422011年-

Is ISO 14001 a gateway to more advanced voluntary action? The case of green supply chain management

Arimura TH, Darnall N and Katayama H

Journal of Environmental Economics and Management査読有り61(2)p.170 - 1822011年-

The non-linear impact of currency unions on bilateral trade

Katayama H and Melatos M

Economics Letters査読有り112(1)p.94 - 962011年-

サプライチェーンを通じた環境取組みの進展:上場企業サーベイによるGSCMの分析

井口衡、有村俊秀、片山東

サステイナブルマネジメント査読有り11(1)p.159 - 1732011年-

Does the version of the Penn World Tables matter? An analysis of the relationship between growth and volatility

Ponomareva N and Katayama H

Canadian Journal of Economics査読有り43(1)p.152 - 1792010年-

Firm-level productivity studies: Illusions and a solution

Katayama H, Lu S and Tybout JR

International Journal of Industrial Organization査読有り27(3)p.403 - 4132009年-

Is protection really for sale? A survey and directions for future research

Imai S, Katayama H and Krishna K

International Review of Economics and Finance査読有り18(2)p.181 - 1912009年-

Protection for sale or surge protection

Imai S, Katayama H and Krishna K

European Economic Review査読有り53(6)p.675 - 6882009年-

Is a voluntary approach an effective environmental policy instrument? A case for environmental management systems

Arimura TH, Hibiki A and Katayama H

Journal of Environmental Economics and Management査読有り55(3)p.281 - 2952008年-

Why do the rich save more? A theory and Australian evidence

Chakrabarty D, Katayama H and Maslen H

Economic Record査読有り84(s1)p.32 - 442008年-

労働政策の評価 : 「構造推定アプローチ」と「実験的アプローチ」

今井晋、有村俊秀、片山東

日本労働研究雑誌43(12)p.14 - 212001年-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(A)

グローバル経済におけるビジネスと会計制度の変化に関する経済学的研究

2012年-2016年

研究分野:応用経済学

配分額:¥34710000

研究種別:基盤研究(C)

家計における様々な省エネルギー促進政策の経済学的検討:震災影響を考慮した実証分析

2012年-2014年

研究分野:応用経済学

配分額:¥4940000

研究種別:

経営者予想の分析ー投資家行動と流動性ー

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥2730000

研究種別:

経営者の家庭と仕事間の心理的状態のスピルオーバーによる起業家的行動・業績への影響

2018年-0月-2022年-0月

配分額:¥16510000

研究種別:

発展途上国のクリーン燃料普及による室内空気汚染改善の可能性:ミクロ計量分析

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥3380000

研究種別:

省エネ行動における非価格要因の経済分析:構造アプローチと実験アプローチの融合

2015年-0月-2019年-0月

配分額:¥17680000

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
回帰分析初級A 1商学部2019春学期
回帰分析初級A 2商学部2019春学期
回帰分析中級 1商学部2019秋学期
回帰分析中級 2商学部2019秋学期
計量経済学とその応用IIA商学部2019春学期
離散変量分析(片山東)大学院経済学研究科2019秋学期
応用ミクロ計量分析大学院商学研究科2019秋学期
応用ミクロ計量演習大学院商学研究科2019春学期
応用ミクロ計量演習大学院商学研究科2019秋学期
応用ミクロ計量研究指導 (M)大学院商学研究科2019春学期
応用ミクロ計量研究指導 (M)大学院商学研究科2019秋学期
応用ミクロ計量研究指導 (D)大学院商学研究科2019春学期
応用ミクロ計量研究指導 (D)大学院商学研究科2019秋学期