氏名

ミヤザキ マサミ

宮崎 正己

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0129879/)

所属

(人間科学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
mayazaki@waseda.jp

URL等

研究者番号
90097262

本属以外の学内所属

兼担

人間科学学術院(大学院人間科学研究科)

スポーツ科学学術院(スポーツ科学部)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

人間総合研究センター

兼任研究員 1989年-

学歴・学位

学位

博士(医学) 埼玉医科大学 衛生学・公衆衛生学

所属学協会

日本感性工学会

サーモロジー学会 評議員

日本睡眠環境学会

人間と生活環境系学会 理事

日本生気象学会

人間工学会

その他基本情報

関東学生ソフトテニス連盟会長(平成26年4月〜) (公財法人)日本ソフトテニス連盟評議員(平成26年6月〜)

研究分野

キーワード

人間工学・感性工学

科研費分類

医歯薬学 / 基礎医学 / 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)

研究テーマ履歴

特殊環境における生体情報獲得、快適な生活環境の追求、感性による人への影響、健康増進を進めるうえでの生体獲得情報

個人研究

論文

0.28MPa酸素暴露により生じた亜鉛欠乏ラットの肺組織障害

永木 由佳、野寺誠、宮崎 正巳

微量栄養素研究26p.79 - 832009年12月-

日本人小児4−6歳の水分代謝回転に及ぼす温熱環境の影響

堀内 聡、宮崎 正己 他

人間と生活環境16(1)p.37 - 422009年01月-

日本人小児における体水分の代謝回転と齢の関連(2〜7)

堀内 聡、宮崎 正己 他

健康支援10(2)p.47 - 552008年05月-

Comparison of water turnover rates between collegiate soft tennis players and age-matched sedentary undergraduates

M.Miyazaki et.al.

congress proceedingsp.43 - 442006年09月-

DLW in Soft Tennis

Masami Miyazaki et al

Universiade 2005 Izmir FISU conference2005年08月-

Body size and somatotype charcteristics of male golfers in Japan

K.Kawashima,K.Kato & M.Miyazaki

J.Sport medice and physical fitness43(3)p.334 - 3412003年09月-

Effect of function stimulation system for the motor disabled

T.Sato, M.Miyazaki et.al

XVth Triennial congress of the international ergonomics association2003年08月-

Examination of the reliability of the portable calorimeter

S.Igawa,M.Sakamaki & M.Miyazaki

Clinical and Experimental Pharmacology and Physiology29,Supplement2002年09月-

遠赤外線効果に関するサーモグラフィカル的研究

宮崎 正己、佐藤 健、木場本 弘治、浜田 元輔、井川 正治

Biomedical Thermology22(1)p.152002年06月-

消費エネルギーの新測定法-DLW法

臨床栄養100(6)p.726 - 7302002年05月-

Effect of the moderate exercise on performance in upper/lower limb during long term bed rest

M.Miyazaki et al.

J of gravitaitonal physiology9(1)p.147 - 1482002年-

An evaluetion of ergonomic effects during repetitive farm working in vineyards

T.Sato,T.Kinoshita,M.Miyazaki,K.Seki and S.Igawa

Taylor & Francisp.541 - 5452001年04月-

Assesment of lower−back muscle fatigue using electromyography,mechanomyography, and near-infared spectroscopy

Y.Yoshitake, M.Miyazaki and T.Moritani

Eur.J.Appl.Physiol84p.174 - 1792001年-

Effect of long-term bedrest on lower leg muscle activationpatterns during quiet standing

T.Miyoshi,T.sato,H.Sekiguchi,K.Yamanaka,M.Miyazaki,S.Igawa,T.Komeda,K.Nakazawa,and H.Yano

J of Gravitational Pyhsiology8(1)p.85 - 862001年-

H−reflex and motor evoked potential change during head down bed rest

T.Sato,T.Miyoahi .M. Miyazaki et al.

J of Gravitaional Physiology7(2)p.117 - 1182000年-

Prolonged Swimming Exercise Training Induced Hypophosphatemic Osteopenis in Stroke-Prone Spontaneously Hypertensive Rats

C.S.Kim,D.Nakajima,C.Y.Yang,T.W.Oh,S.Igawa,M.Miyazaki,H.Fukuoka,F.Ohta

J of Physiological Anthropology19(6)p.271 - 2772000年-

Application of portable positioning system receiver on monitaring for human movement

T.Sato,H.Yoritaka,M.Miyazaki and k.Seki

Contemporary ergonomics50p.431 - 4351999年-

Thermal regulation in the heat during exercise after caffeine and ephedrine ingestion

D.C.Bell, I.Jacobs,T.M.McLellan,M.Miyazaki and C.M.Sabiston

Aviation,Space and Environmental Medicine70(6)p.583 - 5881999年06月-

局所筋冷却域の違いによる皮膚温がH反射に及ぼす影響

佐藤 健、井川 正治、宮崎 正己

日本生理学人類雑誌3(1)p.1 - 51998年01月-

Compulsive running exercise induces osteopenia in stroke-prone spontaneously hypertensive rats

C.S.Kim,H.Fukuoka,S.Igawa,M.Miyazaki and F.Ohta

J of the Human-Environment System2(1)p.47 - 561999年-

Posttetanic potentiation of reciprocal Ia inhibition in human limb

T.Sato,T.Tuboi,M.Miyazaki and K.Sakamoto

J.Electromyogrphy and Kineseiology19(9)p.59 - 661998年-

携帯型24時間連続血圧計による覚醒・就眠時の血圧変動

江川賢一、佐藤健、宮崎 正己

睡眠と環境4(1)p.82 - 851997年10月-

日常生活における身体活動が及ぼす睡眠時の血圧変動

江川 賢一、佐藤 健、宮崎 正己

睡眠と環境4(1)p.76 - 811997年10月-

Spectral analysis of electromyogram in lumbar muscle:fatigue induced endurance contraction

T.Tsuiboi,T.Satou,K.Egawa,Y.Izumi and M.Miyazaki

Europian J of Applied Physiology69(4)p.361 - 3661994年-

The effect of fatigue caused by electrical induction or voluntary contraction on Ia inhibition in human soleus muscle

T.Tuboi,T.Sato,K.Egawa and M.Miyazaki

Neuroscience Letters197p.72 - 741995年10月-

高圧暴露により生じた血管内気泡に対する再圧の効果

野寺 誠、宮崎 正己、後藤 與四之、梨本 一郎

日本高気圧環境医学会雑誌27(4)p.223 - 2291992年10月-

減圧症の実験的研究—ヘリウム混合ガス潜水と空気潜水との比較—

野寺 誠、宮崎 正己、後藤 與四之、梨本 一郎

日本高気圧環境医学会雑誌27(3)p.129 - 1351992年-

ボランティア活動と体育の融合(事例報告,大学体育における集中授業の新たな展開,平成23年度大学体育指導者中央研修会)

大学体育38(2)p.36 - 412011年12月-2011年12月 

CiNii

詳細

ISSN:02892154

磁気治療器利用による温熱性効果の検討

Biomedical thermology : the journal of the Japanese Society of Thermorogy = 医学・生物学サーモロジー30(1)2010年06月-2010年06月 

CiNii

詳細

ISSN:09166238

P-24 ノルディックポールウォーキング中の身体活動について(ポスターセッション)

人間-生活環境系シンポジウム報告集34p.203 - 2042010年11月-2010年11月 

CiNii

詳細

概要:ノルディックウォーキング(以下NW)とは、2本のポールを使った歩行方法である。NWの最大利点は、年齢性別を問はずに楽しめ、エクササイズとしても大変効率がいい。また、膝や腰への負担が最大40%軽減されたという研究結果も報告されておりリハビリにも適している。ポールを使った動作は、運動負荷も高くなり注目されている。そこで、本研究では、6名の被験者に対していまだデータが十分にないNWと普通歩行(以下W)の上肢、体幹、下肢に合計8箇所の筋電図学的なデータを評価した。その結果、上腕三頭筋、上腕二頭筋において大幅に積分値筋電図が増加した。さらに、大腿直筋においても増加する傾向が観察された。ポールをつく運動動作によって、同様の歩行速度での運動効果に差がでることが明らかになった。歩行速度やポール重量などを検討することで、スポーツ用途だけでなく、高齢者やリハビリテーションにも応用できることが期待された。

P-21 バランス運動の学習保持力に関する一考察(ポスターセッションII)

人間-生活環境系シンポジウム報告集36p.209 - 2102012年11月-2012年11月 

CiNii

詳細

概要:バランス感覚の教育は、幼児保育や小学体育では重要な指導内容となっている。 1990年代より従来の平均台を用いる左右の平衡感覚だけでなく、前後左右が不安定となる一輪車による運動指導が行われるようになった。しかし、一輪車は日常生活で利用することはない。 したがって、学習の繰り返しが行われず、幼少期の一時的な学習内容となる可能性がある。本研究では、10年以上一輪車を乗ってない大学生30名に対して10年ぶりに一輪車に乗り、その運動記憶が学習保持されているか検証した。運動学習の保持力に関する応用データとして考察する。また、リハビリテーションなどに用いられる運動療法の基礎的なデータとしても学習保持の新しい見解として利用できる。

P-12 投球動作と投球障害の関連性 : 投球動作解析から(ポスターセッションI)

人間-生活環境系シンポジウム報告集37p.77 - 792013年11月-2013年11月 

CiNii

詳細

概要:本研究では熟練度の違う野球投手を3グループに分けてピッチング動作の3次元解析による運動連鎖を解析し投球動作と投球障害の関連性を検討した。マウンドから正規の距離に全力で投げるようにさせた。その画像に対し、1/500毎秒に4ポイントをデジタイジングし、3次元運動解析ソフトを用いてDLT法(Direct Linear Transformation method)により3次元座標値を得た。その結果、ピッチング動作は、下肢から上肢へと運動連鎖していることが示唆された。ピッチング動作は、速度を伝達するタイミングと並進運動から回転運動への運動変化が良い動作を作り出すのに影響するため投球障害と関係があることが示唆された。ピッチング動作で、投げるタイミング、方向性、バランスを意識することで効率的な運動連鎖にっながると考えられる。効率的なピッチング動作が投球障害の予防になることが示唆された。

目と眉の間隔の違いが顔の印象に及ぼす影響

日本感性工学会論文誌0(0)2015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:1884-0833

概要:We produced the average face by combining forty-one facial images of female college students in order to investigate how the facial impression changes depending on distance between eyes and eyebrows. Furthermore, we produced ten experiment samples by shortening or widening distance between them of the average face in five steps respectively. These images were presented individually to ninety college students, and they were asked to evaluate them using twenty adjective pairs. Consequently, the average face received high evaluations about likability-related impressions, while the faces with shorter distance between eyes and eyebrow got high evaluations about activity-related impressions. Moreover, two principal component ("degree of refinement" and "femininity") were extracted as a result of principal component analysis to evaluation scores. It was found that degree of refinement was likely to be affected by the perceived size of the eyes, and femininity was defined by distance between eyes and eyebrow.

大学体育教育賞を受賞して(3)(平成23年度大学体育教育賞受賞者からのメッセージ,平成23年度大学体育教育賞,表彰,平成23年度全国大学体育連合総会)

大学体育39(1)2012年06月-2012年06月 

CiNii

詳細

ISSN:02892154

E-4 スポーツパフォーマンスにおけるコーディネーションの役割(セッションE)

人間-生活環境系シンポジウム報告集37p.145 - 1472013年11月-2013年11月 

CiNii

詳細

概要:本研究は、身体運動の構成と動作の構造を整理してコーディネーションがスポーツパフォーマンスにどのような役割があるのかを検討した。身体運動の構成と動作の構造から動作の組み立と動作コーディネーション能力の要因を分析と動作コーディネーションの学習段階を整理することでコーディネーションがスポーツパフォーマンスに対する役割を検討した。動作におけるコーディネーションの研究は、最高のスポーツパフォーマンスを引き出すことのできる新しいトレーニング方法の開発や人間の発育発達にもつながっている。今後も研究を続けていかなければならない。

P-43 運動前のリコピン摂取は運動中の活性酸素を抑えるか?(ポスターセッションII)

人間-生活環境系シンポジウム報告集38p.237 - 2402014年11月-2014年11月 

CiNii

詳細

概要:運動前にリコピン摂取が運動中の活性酸素の発生を抑えるかについて、酸化ストレス度と抗酸化力を指標として検討することを本研究の目的とした。被験者は男子大学生5名である。運動は自転車エルゴメーターを用いて70%HRmaxの負荷で行った。結果はリコピン摂取の有無により、心拍数と酸化ストレス度には影響はなかったが、リコピン摂取により抗酸化力は有意に増加した。

グループ4(グループディスカッション報告,大学体育における集中授業の新たな展開,平成23年度大学体育指導者中央研修会)

大学体育38(2)p.66 - 672011年12月-2011年12月 

CiNii

詳細

ISSN:02892154

目と眉の間隔の違いが顔の印象に及ぼす影響

日本感性工学会論文誌14(3)p.419 - 4242015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:1884-0833

概要:We produced the average face by combining forty-one facial images of female college students in order to investigate how the facial impression changes depending on distance between eyes and eyebrows. Furthermore, we produced ten experiment samples by shortening or widening distance between them of the average face in five steps respectively. These images were presented individually to ninety college students, and they were asked to evaluate them using twenty adjective pairs. Consequently, the average face received high evaluations about likability-related impressions, while the faces with shorter distance between eyes and eyebrow got high evaluations about activity-related impressions. Moreover, two principal component ("degree of refinement" and "femininity") were extracted as a result of principal component analysis to evaluation scores. It was found that degree of refinement was likely to be affected by the perceived size of the eyes, and femininity was defined by distance between eyes and eyebrow.

Nailfold microcapillary findings reveal early stage of congestion of right ventricle of the heart.

Miura Ichiro;Matsuo Masato;Konta Tsuyoshi;Nagayama Katsuya;Miyazaki Masami

Microvascular Reviews and Communications7(1)p.39a - 39a2014年-2014年

CiNii

詳細

ISSN:1880-5906

概要:Back groud and aims: Nailfold capillaroscopy is usefull for determine the state of peripheral microvessels in various disease, especially rheumatic disease. While capillary loss is well known in essential hypertension as findings of the cardiovascular disease, clinical significance of horizontal capillaries is not well known. We have examined the relationship between serum concentration of brain natriuretic peptide (BNP) and horizontal vessels in nailfold capillary microscopy.Method: The study examined 78 patients 60 years of age or older. Serum BNP concentration was measured for all cases, and we examined the statistical significant difference of the cases with and without findings of transverse blood vessels by the nailfold capillary microscopy.Result: Serum BNP concentration increased in many cases with a horizontal vessels and significant difference was observed statistically. BNP concentration was enough to slightly more than normal values.Discussion: Using the nailfold capillary microscopy, deformation of the vessel in the vertical direction is most notable. On the other hand, the meaning of the transverse blood vessels has received less attention. Evaluated the observation of blood flow of many finger tips, it was considered that the blood flow in the horizontal direction is venous blood flow. We estimated that horizontal blood flow means the decrease of venous return, namely expresses the early state of congestion of the right ventricle of the heart. Since the BNP rise and this finding had a significant difference statistically, we considered nailfold microcapillary findings can reveal early stage of congestion of right ventricle of the heart.

書籍等出版物

Science and Racket Sports Ⅳ

A.Lees, D.Cabello and G.Torres

Routledge2009年-

詳細

ISBN:987-0-415-43556-7

微量栄養素小事典

M.ツインマーマン

西村書店2008年 11月-

詳細

ISBN:978-4-89013-373-4

Contemporary Ergonomics

Margaret A. Hansen

Talor & Fransis2001年 05月-

詳細

ISBN:0-415-25073-0

不器用な子どもの運動プログラム

Daniel D. Arnheim and Wiliam A. Sinclair

西村書店1990年 03月-

詳細

ISBN:4-8903-132-9

講演・口頭発表等

スポーツパフォーマンスにおけるコーディネーションの役割

第37回 人間−生活環境系シンポジウム2013年12月01日

詳細

口頭発表(一般)

投球動作と投球障害の関連性−投球動作解析から−

第37回 人間−生活環境系シンポジウム2013年11月30日

詳細

ポスター発表

掛け寝具の有無による睡眠の質評価-HRVを指標として-

第22回睡眠環境学会学術大会2013年11月28日

詳細

口頭発表(一般)

目と眉の間隔が対人印象の形成に及ぼす役割について

第18回日本顔学会大会2013年11月09日

詳細

ポスター発表

対話中の笑顔表出と印象の関係性分析

第18回日本顔学会大会2013年11月09日

詳細

ポスター発表

食品包装に用いられる不織布の印象に関する研究

第8回日本感性工学会春季大会2013年03月07日

詳細

ポスター発表

対話における笑顔表出量と対人印象との関係性の解明

第8回日本感性工学会春季大会2013年03月07日

詳細

ポスター発表

バランス運動の学習保持力に関する一考察

第36回 人間ー生活環境系シンポジウム2012年12月02日

詳細

ポスター発表

ノルディックポールウォーキング中の身体活動について

第34回 人間—生活環境系シンポジウム2010年11月28日

詳細

ポスター発表

日本人幼児のエネルギー消費量と身体組成の関係

第33回人間ー生活環境系シンポジウム2009年11月29日

詳細

ポスター発表

腓腹筋定常位変位によるヒト立位姿勢の安定性の一考察

第33回 人間—生活環境系シンポジウム2009年11月28日

詳細

口頭発表(一般)

腓腹筋定常時変位によるヒト立位姿勢の安定性の一考察

第33回人間—生活系シンポジウム2009年11月28日

詳細

口頭発表(一般)

男子ゴルフプレーヤーのソマトタイプからの検討

日本ゴルフ学会第22回大会2009年09月13日

詳細

口頭発表(一般)

短時間の高気圧酸素暴露に対する亜鉛欠乏の影響

第26回日本微量栄養素学会2009年06月05日

詳細

ポスター発表

高齢女性の骨密度とSF−36健康関連QOLの関連に関する検討

第31回 人間ー生活環境系シンポジウム2007年11月24日

詳細

ポスター発表

登り勾配の違いが生体の循環器機能に与える影響について

第31回人間ー生活環境系シンポジウム2007年11月23日

詳細

口頭発表(一般)

大学ソフトテニス選手と一般大学生の水分代謝の比較

第30回人間—生活環境系シンポジウム2006年12月01日

詳細

ポスター発表

ソフトテニス選手のDLW法を用いた合宿時のエネルギー消費量について

第28回人間ー生活環境系シンポジウム2004年11月28日

詳細

口頭発表(一般)

下着の保温性に関する研究

第28回人間ー生活環境系シンポジウム2004年11月27日

詳細

口頭発表(一般)

高酸素の生体に及ぼす影響について

第28回人間ー生活環境系シンポジウム2004年11月28日

詳細

口頭発表(一般)

携帯用GPSレシーバーを用いたヒト行動の分析

第20回人間ー生活環境系シンポジウム1996年12月05日

詳細

口頭発表(一般)

急速な筋の伸張に伴う短潜時反射と長潜時反射応答について

バイオメカニクス学会1987年05月10日

詳細

口頭発表(一般)

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

携帯GPSを利用した身体活動及びDLW法を活用した生体情報の定量的解析について

配分額:¥3300000

研究種別:

老人ホーム内における人の移動行動に関する解析モニタリング

配分額:¥3300000

研究種別:

体育学分野におけるセンシング技術の現状調査と将来予測

配分額:¥3400000

研究種別:

高齢者における転倒セルフエフィカシー尺度の開発

配分額:¥3200000

研究種別:

体力・健康度に対する定量的評価の確立に向けての調査研究

配分額:¥3300000

研究種別:

身体活動量測定の為の携帯式小型GPSによる位置情報モニタリングシステムの開発

配分額:¥7200000

研究種別:

衛星を利用したナビゲーションシステムによる小学生の身体活動量の定量化について

配分額:¥1900000

研究種別:

運動処方による高齢者の筋収縮力と運動単位の変容

配分額:¥6600000

研究種別:

スポーツ体質と競技成績との相関によるトレーニング開発プログラム

配分額:¥1400000

学内研究制度

特定課題研究

教養体育教育のカリキュラム変遷と開発

2010年度

研究成果概要:教養体育教育のカリキュラム試案を作成した。大学体育連合のメールニュースを介してパブリックコメントを募集し、種々なる意見を聴取した。その結果、一般教養における体育の重要性の認識がきわめて認識が低いことが明らかとなった。これは、人間の...教養体育教育のカリキュラム試案を作成した。大学体育連合のメールニュースを介してパブリックコメントを募集し、種々なる意見を聴取した。その結果、一般教養における体育の重要性の認識がきわめて認識が低いことが明らかとなった。これは、人間の健康を考える時には、基本的な認識にかけていることが指摘されよう。このことは、人間として、また健康を追及する観点からは、考えなければなないということが認識される。ここで大事なのは、これば体育教育に従事していない一般の方々から意見を伺くことで大学体育教育の位置づけを諮るものである。今回、この点に関しては、十分な意見の徴収がされなかったが、現状の認識を考える上では、資料の収集ができた。我々は、この意見をもとに試案を作成した。また、分野別専門家に検証を依頼し、そのコメントをいただいた。そして、新たに、最終な案を作成して、全国の大学にその内容について問うているところである。まだ、結果は分析をおこない、まとめているところである。

笑顔の表情の画像の大きさによる違いの影響について

2018年度

研究成果概要:本研究では、その笑顔形成の能力は、以下の3つの特徴量をもとに算出をした。笑顔の認知特性として、両外眼角の距離と外眼角から口角への垂線の距離から、目と口で補間する表情矩形アスペクト比を算出した。ここで笑顔のアスペクト比の区分によって...本研究では、その笑顔形成の能力は、以下の3つの特徴量をもとに算出をした。笑顔の認知特性として、両外眼角の距離と外眼角から口角への垂線の距離から、目と口で補間する表情矩形アスペクト比を算出した。ここで笑顔のアスペクト比の区分によって笑顔形成能力のポイントを付与した。また、眼裂の針状度の算出では、上眼瞼と下眼瞼に囲まれた眼裂の最大横幅と最大縦幅から、針状度を算出する。さらに、下唇傾斜度の算出は、開口部と下唇の境界線を水平方向に6分割し、口角から、2番目の傾きを算出する。画像の大きさを大・中・小の三種類をして、3つ笑顔指数のポイントを合計した。そのポイントと大・中・小の提示画像の与えられたポイント比較した。さらに、笑顔形成には、精神負荷が反映されやすいので、そのことにより、笑顔の認識率が低下されることから、簡易ストレス評価も実施した。その結果、大中小の画像を比較すると、画像が小さいほど、ポイント付世率が低く、画像が小さいほど、ストレス評価値も高くなることが明らかになった。

ヘリウム混合ガス圧暴露によって生じる運動麻痺への再圧の効果について

1995年度

研究成果概要: 本研究は,きわめて短い時間の高圧曝露にヘリウム混合ガスを用いたときの再圧の影響を見たものである。 実験方法は,Wister系雄ラットを小型動物用高圧タンクに入れ,ヘリウム酸素混合ガスで7ATAまで急速加圧し,20分間保圧した... 本研究は,きわめて短い時間の高圧曝露にヘリウム混合ガスを用いたときの再圧の影響を見たものである。 実験方法は,Wister系雄ラットを小型動物用高圧タンクに入れ,ヘリウム酸素混合ガスで7ATAまで急速加圧し,20分間保圧した後,毎分20atmの速さで1ATA(大気圧)まで減圧した。ヘリオックス圧曝露からの減圧終了10分後,ラットを高圧タンクから取り出し生死を確認した。そして,ヘリオックス圧曝露からの減圧終了後15分から20分間,3ATAの空気再圧をおこなった。 3ATAにて20分間の空気再圧を行った実験では,12例中6例が両後肢麻痺,4例が起立できない状態であった。また,残りの2例では,異常動作はみられなかった。 空気再圧後4例が死亡したが,いずれも再圧前は,両後肢麻痺の状態であり,再圧中は症状に変化はなかった。このうち2例は,再圧を終了し,1ATAに戻った直後,激しく喘ぎ,死亡した。精巣上体付随の脂肪組織では,血管外気泡と共に大量の気泡がみられた。 再圧治療が効果をあげるには,症状がなくなるまで気泡を縮小させるばかりでなく,その後の減圧で気泡が拡大して再び減圧症が引き起こされたり,途中の経過で新たな気泡が形成されないことが必要とされている。 不完全な再圧では,気泡が吸収消失せず溶解窒素量が増加すること,また再圧中に縮小した静脈中の気泡が動脈側へと移動し,減圧中に動脈側で再度大きくなり,より重篤な症状を引き起こすことなども減圧症の悪化や再発の要因として挙げられる。

人と生活を支えるGPSに関する国際シンポジウム

1997年度共同研究者:黒田 勲, 関 一誠, 佐藤 健

研究成果概要:GPSはアメリカ合衆国でうちあげられている衛星からの電波を受信して、位置情報を得ている。民間利用については、スクランブルをかけられていることで精度は、約100メートルほどの誤差を生じている。我が国日本では、この米国のGPS政策の庇...GPSはアメリカ合衆国でうちあげられている衛星からの電波を受信して、位置情報を得ている。民間利用については、スクランブルをかけられていることで精度は、約100メートルほどの誤差を生じている。我が国日本では、この米国のGPS政策の庇護(直接課金なし)のもとで測量やカーナビゲーションの中で民間分野で100%その恩恵に浴しているといってよい。特に、地殻変動や地震予知などの公共精密測量の分野では、GPSは必須のツールとして考えざるをえない。また、沿岸航行安全や気象予報などで多様な活用されていく趨勢であるといえよう。国土地理院を中心とするグループでは精密測量技術・空間地図座標基準数値モデルなどの高度のサービス技術や技術支援がある。これらのGPS関連システムやGPS関連基本システムは、、技術開発とともに我々の日常生活をより豊かにしていくものとなることは間違いのないことになろう。とりわけ、具体的な産業分野や日常生活ではこの恩恵をよくしている応用的な側面からの成果も大である。これらの成果をこの1998年7月と2000年の6月に国際会議場を舞台として、世界で利用されているGPSに関する技術開発や理論的な研究成果やGPS政策について、アジア諸国、オーストラリアやアメリカを交えて論議する予定である。

海外研究活動

研究課題名: GPSによるヒューマンナビゲーションの応用に関する調査研究

2002年04月-2003年03月

機関:(イギリス)(アメリカ)(カナダ)

研究課題名: 人間の快適性の人間動態的な観点による海外比較の研究

2015年04月-2016年01月

機関: University of Toronto(カナダ)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
体育実技D人間科学部2019春学期
人間計測・人間情報モデリング研究法 01人間科学部2019秋クォーター
人間計測・人間情報モデリング研究法 02人間科学部2019秋クォーター
人間計測・人間情報モデリング研究法 03人間科学部2019秋クォーター
人間計測・人間情報モデリング人間科学部2019春学期
特殊環境応答論人間科学部2019秋学期
専門ゼミI(生体機能測定学)人間科学部2019春学期
専門ゼミII(生体機能測定学)人間科学部2019秋学期
スポーツ方法実習I(ソフトテニス) 01スポーツ科学部2019春学期
スポーツ方法実習I(ソフトテニス) 02スポーツ科学部2019春学期
感性と生体応答論 01人間科学部(通信教育課程)2019春学期
感性と生体応答論 02人間科学部(通信教育課程)2019春学期
感性と生体応答論 03人間科学部(通信教育課程)2019春学期
感性と生体応答論 04人間科学部(通信教育課程)2019春学期
感性と生体応答論 05人間科学部(通信教育課程)2019春学期
人間生体機能動態学研究指導 A大学院人間科学研究科2019春学期
人間生体機能動態学研究指導 B大学院人間科学研究科2019秋学期
人間生体機能動態学ゼミ(1) A大学院人間科学研究科2019春学期
人間生体機能動態学ゼミ(1) B大学院人間科学研究科2019秋学期
人間生体機能動態学ゼミ(2) A大学院人間科学研究科2019春学期
人間生体機能動態学ゼミ(2) B大学院人間科学研究科2019秋学期
人間生体機能動態学特論大学院人間科学研究科2019冬クォーター
ソフトテニス 基礎 01グローバルエデュケーションセンター2019春学期
ソフトテニス 基礎 02グローバルエデュケーションセンター2019春学期
ソフトテニス 基礎 04グローバルエデュケーションセンター2019秋学期
ソフトテニス (ゲーム) 01グローバルエデュケーションセンター2019秋学期
スポーツボランティア(松代雪ほり)グローバルエデュケーションセンター2019冬シーズン

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度