氏名

スズキ シンスケ

鈴木 進補

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0151075/)

所属

(基幹理工学部)

連絡先

URL等

研究者番号
10437345

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院基幹理工学研究科)

学内研究所等

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

学歴・学位

学位

博士(工学) 課程 早稲田大学 生産工学・加工学

所属学協会

(一社)日本鉄鋼協会

(一社)日本航空宇宙学会

鋳造工学会

日本熱物性学会 役員(評議員)

一般社団法人 日本機械学会

(社)日本塑性加工学会 平成23年度春季講演会実行委員会幹事

(社)日本金属学会 会報編集委員

(社)日本マイクログラビティ応用学会

(社)軽金属学会 研究委員会 常設部会委員, 第121回秋期大会実行委員 幹事

銅および銅技術研究会

受賞

(社)日本金属学会 論文賞第7回「まてりあ論文」

2009年09月

(社)高温学会 解説賞

2009年05月

(社)日本マイクログラビティ応用学会 奨励賞

2005年11月

(社)軽金属学会 学生優秀発表賞

1996年05月

(社)軽金属学会 学生優秀発表賞

1994年11月

研究分野

キーワード

凝固、鋳造、融体物性、ポーラス金属、塑性加工、材料の強度、宇宙環境利用

科研費分類

工学 / 総合工学 / 航空宇宙工学

工学 / 機械工学 / 機械材料・材料力学

工学 / 材料工学 / 金属物性・材料

工学 / 材料工学 / 金属・資源生産工学

研究シーズ

ポーラス金属の製法と機械的性質の改善

シーズ分野:ものづくり技術

研究テーマ履歴

液体金属における拡散に関する研究

研究テーマのキーワード:金属、合金、液体、拡散、溶解

個人研究

論文

Establishing a simple and reliable method of measuring ductility of fine metal wire

Gondo, Shiori; Gondo, Shiori; Suzuki, Shinsuke; Suzuki, Shinsuke; Asakawa, Motoo; Takemoto, Kosuke; Tashima, Kenichi; Kajino, Satoshi

International Journal of Mechanical and Materials Engineering査読有り13(1)2018年12月-2018年12月 

DOIScopus

詳細

ISSN:18230334

概要:© 2018, The Author(s). Background: Measurement of the ductility like elongation and reduction of area of the fine metal wire is important because of the progress for the weight reduction and miniaturization of various products. This study established a simple and reliable method of measuring the ductility of a fine metal wire. Methods: Tensile and loading-unloading tests were performed with applying initial load to high-carbon steel wire (diameters of 0.06–0.296 mm) through capstan-type grippers for non-metal fiber. The wire fastened with the grippers was separated into three parts: the fastened part, the contact part, and the non-contact part. Scanning electron microscope (SEM) images were used to measure the wire radius under uniform deformation and agreed well with the radius calculated using the radius before tensile testing and uniform elongation. Results: The following conditions were clarified: non-slippage at the fastening between gripper and wire, a longitudinally uniform elongation, negligible cross-head bending, and the stroke calculation accuracy of elongated length by the initial load. Thus, uniform elongations were calculated as the ratio of the stroke at 0 N subtracted from the stroke at maximum tensile load to the additional initial chuck distance and the stroke at 0 N. The maximum error of uniform elongation was 0.21%. The reduction of area could be calculated by using the radius at uniform deformation portion, while the radius at the most constricted point was measured using SEM image of one fractured piece and uniform elongation. The measurement error of reduction of area was 1.9%. Conclusion: This measurement method can be applied to other metal wires less than 1 mm in diameter.

蛍光X線を用いた拡散係数のその場計測

Internationlal Journal of Microgravity Science and Application査読有りin press2018年10月-

軽量・多機能ポーラス金属の産業利用

鈴木 進補

ぷらすとす査読有り1(010)p.705 - 7082018年10月-

ポーラス材料

塩見誠規,半外禎彦,鈴木進補,袴田昌高,松本 良,北薗幸一,小橋 眞,久米裕二,中山 昇

ぷらすとす査読有り1(009)p.649 - 6532018年09月-

Directionally-solidified dendrite morphology with eight secondary arms in an FCC ordered phase alloy

Mori, Y., Harada, H., Yokokawa, T., Kobayashi, T., Suzuki, S.

Journal of Crystal Growth査読有り500p.15 - 222018年-

Creep Property and Phase Stability of Sulfur-Doped Ni-Base Single-Crystal Superalloys and Effectiveness of CaO Desulfurization

Utada, S., Joh, Y., Osawa, M., Yokokawa, T., Sugiyama, T., Kobayashi, T., Kawagishi, K., Suzuki, S., Harada, H.

Metallurgical and Materials Transactions A: Physical Metallurgy and Materials Science査読有り49(9)p.4029 - 40412018年-

Effect of cementite dispersion on void formation process in spheroidize-annealed steels

Maeda, M., Shimamura, J., Suzuki, S.

ISIJ International査読有り58(8)p.1490 - 14992018年-

Improvement of Strength and Energy Absorption Properties of Porous Aluminum Alloy with Aligned Unidirectional Pores Using Equal-Channel Angular Extrusion

Yoshida, T., Muto, D., Tamai, T., Suzuki, S.

Metallurgical and Materials Transactions A: Physical Metallurgy and Materials Science査読有り49(6)p.2463 - 24702018年-

Self-diffusion Measurements of Liquid Sn Using the Shear Cell Technique and Stable Density Layering

Shiinoki, M., Hashimoto, N., Fukuda, H., Ando, Y., Suzuki, S.

Metallurgical and Materials Transactions B: Process Metallurgy and Materials Processing Science査読有り2018年-

DOI

Determination approach of dislocation density and crystallite size using a convolutional multiple whole profile software

Murasawa, K., Takamura, M., Kumagai, M., Ikeda, Y., Suzuki, H., Otake, Y., Hama, T., Suzuki, S.

Materials Transactions査読有り59(7)p.1135 - 11412018年-

Investigation on Stress Relaxation Behavior of High-Strength Steel Sheets Based on Elasto-viscoplasticity

Takamura, M., Murasawa, K., Kusuda, Y., Suzuki, Y., Hakoyama, T., Ikeda, Y., Otake, Y., Hama, T., Suzuki, S

Journal of Physics: Conference Series査読有り1063(1)p.02123-1 - 02123-62018年-

タービン翼用超合金の進化とリサイクル技術開発

宇多田 悟志 , 原田 広史 , 川岸 京子 , 鈴木 進補

日本ガスタービン学会誌査読有り45(6)p.445 - 4512017年11月-

ポーラス金属の評価方法に関するJISおよびISO制定

鈴木 進補,小橋 眞,小野 文夫,金武 直幸

軽金属査読有り67(11)p.554 - 5582017年11月-

ポーラス材料

半谷 禎彦;鈴木 進補;吉村 英徳;袴田 昌高;松本 良,北薗 幸一;塩見 誠規;小橋 眞;;久米 裕二;中山昇

塑性と加工査読有り58(680)p.802 - 8062017年09月-2013年08月 

高張力鋼板の引張変形時におけるセメンタイトによるボイド形成と局所方位差評価

前田 真利;嶋村 純二;鈴木 進補

鉄と鋼査読有り103(8)p.483 - 4902017年-2017年

CiNii

詳細

ISSN:0021-1575

概要:

Voids formation by cementite was investigated quantitatively in high strength steel sheets consisting of bainitic ferrite and cementite. Tensile tests were performed with rectangular specimen in longitudinal direction to rolling direction. After the tensile tests, the fractured specimens were cut along the width center. The cross sections near the fractured surface were observed by SEM. Voids and microstructure were observed in five thickness reduction areas with different strain level. As a result, number density of voids increased as strain increased. Not only the number of short voids observed in low strain but also the number of long voids increased as strain increased. Mainly, two types of voids were seen here. One was decohesion of interface between bainitic ferrite and cementite, and the other was cracking of cementite itself. Misorientation in the crystal grains was determined by KAM (Kernel Average Misorientation) using EBSD analysis. The obtained KAM values increased as strain increased, especially in the boundaries between bainitic ferrite and cementite. Therefore, it was revealed quantitatively that voids formed mainly through local strain increase.

Simple energy dissipation model of riveted lap joint in aircraft structure

Tachi, T., Machida, S., Okada, T., Suzuki, S.

Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences査読有り60(6)p.341 - 3462017年-

Texture evaluation in ductile fracture process by neutron diffraction measurement

Sunaga, H.; Takamura, M.; Ikeda, Y.; Otake, Y.; Hama, T.; Kumagai, M.; Suzuki, H.; Suzuki, S.

Journal of Physics: Conference Series査読有り734(3)2016年09月-2016年09月 

DOIScopus

詳細

ISSN:17426588

概要:© Published under licence by IOP Publishing Ltd.A neutron diffraction measurement was performed to reveal microstructural aspects of the ductile fracture in ferritic steel. The diffraction patterns were continuously measured at the center of the reduced area while a tensile specimen was loaded under tension until the end of the fracture process. The measurement results showed that the volume fraction of (110)-oriented grains increased when the texture evolved as a result of plastic deformation. But the mechanism of texture evolution may be changed during necking, decreasing an increase rate of the volume fraction.

Microstructure and Creep Strength on the Ni-Base Single Crystal Superalloy Containing Ir Substituting for Ru

Yuhi Mori, Tadaharu Yokokawa, Toshiharu Kobayashi, Hiroshi Harada, Shinsuke Suzuki, Yuki Takebe

Proceedings of the 9th Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing査読有りp.765 - 7692016年08月-

Recent Progress in Standardization for Porous and Cellular Metals

Shinsuke Suzuki, Makoto Kobashi, Fumio Ono, Naoyuki Kanetake

Proceedings of the 9th Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing査読有り2016年08月-

ポーラス材料

半谷 禎彦;鈴木 進補;吉村 英徳;羽賀俊雄,袴田 昌高;松本 良;北薗 幸一;塩見 誠規,清水 透小橋 眞;;;中山昇

塑性と加工査読有り57(667)p.771 - 7752016年08月-2013年08月 

Effect of sulfur on creep strength of Ni-base single-crystal superalloy, TMS-1700

Joh, Yuichiro; Utada, Satoshi; Osawa, Makoto; Kobayashi, Toshiharu; Yokokawa, Tadaharu; Kawagishi, Kyoko; Suzuki, Shinsuke; Harada, Hiroshi

Materials Transactions査読有り57(8)p.1305 - 13082016年01月-2016年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:13459678

概要:©2016 The Japan Institute of Metals and Materials.We studied the effect of sulfur addition on a Ni-base single-crystal superalloy, TMS-1700, by performing creep tests at 1100°C/137 MPa using specimens doped with 0, 10, 20, and 100 ppm sulfur. The creep rupture life was found to decrease with increasing sulfur concentration. The scanning electron microscopy (SEM) observation of creep-ruptured specimens revealed the coarsening of the raft structure with increasing sulfur concentration. Their transmission electron microscopy (TEM) observation showed the formation of coarser γ/γ′ interfacial dislocation networks with increasing sulfur concentration. These microstructural differences may be the cause of the shorter creep rupture life observed in alloys with higher sulfur addition.

Phase stability of nickel-base single crystal superalloys containing iridium substituting for ruthenium

Mori, Yuhi; Yokokawa, Tadaharu; Kobayashi, Toshiharu; Harada, Hiroshi; Suzuki, Shinsuke

Materials Transactions査読有り57(10)p.1845 - 18482016年01月-2016年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:13459678

概要:© 2016 The Japan Institute of Metals and Materials.Phase stability of Ni-base single crystal superalloys was compared between Ir addition and Ru addition. Investigated alloys were TMS-238 and its derivative alloys. The thermodynamic equilibrium microstructures obtained by a strain aging showed that the volume fractions of γ, γ and topologically close packed (TCP) phases in the alloys were virtually the same to each other without depending on Ir substitution for Ru. On the other hand, the time temperature transformation diagrams obtained by an ordinary aging showed a significant delay in TCP precipitation in the alloys with Ir substitution. The delay in the TCP precipitation might be attributed to the smaller interdiffusion coefficient of Ir-Ni, compared with one of Ru-Ni. The smaller interdiffusion coefficient may affect the kinetics of the TCP precipitation.

The influence of strain rate and strain on the behavior of stress relaxation in 980 MPa-grade dual phase steel sheets

Murasawa, Kodai; Komine, Hayato; Otake, Yoshie; Sunaga, Hideyuki; Takamura, Masato; Ikeda, Yoshimasa; Suzuki, Shinsuke

Key Engineering Materials査読有り716p.948 - 9532016年01月-2016年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:10139826

概要:© 2016 Trans Tech Publications, Switzerland.The specimens (980 MPa-grade dual phase steel sheets) were stretched until the pre-defined strain was obtained. Then the specimens were held at the pre-defined strain and measured the change of stress during holding. We investigated the effects of strain rate and strain at the starting time of holding and whether the stress change during holding could be described by Krempl model. The following results were obtained. First, the stress drop increased with increase of strain rate and the holding time. On the other hand, the stress drop was not affected by strain change at the starting time of holding. Second, initial stress relaxation rate increased with increase of strain rate. However, this strain rate dependency to stress relaxation rate diminished as the holding time became long enough roughly more than 100 s. Third, the stress change during holding obtained by Krempl model accurately agreed with experimental result. It was found that the stress change during holding could be well described by using Krempl model. This suggests that dislocation moves viscously. In addition, the strain rate dependency on stress change during holding could be described by change of the parameter A.

Crack formation and propagation mechanism in the punching process of high tensile strength steel sheet

Okano, Takehiro; Sakumoto, Kota; Yamazaki, Kazuhiko; Toyoda, Shunsuke; Suzuki, Shinsuke

Key Engineering Materials査読有り716p.643 - 6512016年01月-2016年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:10139826

概要:© 2016 Trans Tech Publications, Switzerland.The microstructure (crystal grain and the center segregation of Mn) around the voids and cracks in punching process was investigated using Hot-rolled 780 MPa-grade high tensile strength steel sheets. Steel sheets without center segregation were prepared by grinding only one side, while ones with center segregation were prepared by grinding both side. Punching tests were conducted with these two kind of steel sheets. Crack length and number of cracks on the punched surface were measured and counted by an optical microscope. Steel sheets with center segregation had more cracks in total and longer average crack length than that without center segregation. The Mn mapping and the crystal orientation mapping around the crack obtained through EPMA and EBSD showed that the range larger than 70 μm in crack length tend to cause intergranular fracture along Mn segregated area. Also in the range between 10 μm and 70 μm in crack length, cracks forming both along and away from Mn segregated area were observed. Concentration of Mn around the grain boundary of the center segregation area measured by TEM/EDS revealed that grain boundary contains high Mn concentration. The calculation on distribution of equivalent stress just before the onset of crack for steel sheets with and without center segregation using finite element model showed that equivalent stress concentrates at both edges of the punch and die and the center segregation part. Next, interrupted punching tests were conducted with two kind of steel sheets. The observation around voids through SEM, EPMA, and EBSD showed that voids initiate at the ferrite-Ti precipitate interface. From these results, following tendencies were found, within and near Mn center segregated area, voids initiate at the ferrite-Ti precipitate interface, and crack propagates along Mn center segregation. Moreover, Mn segregates at the grain boundary, and Mn weakens grain boundary cohesion which leads to an intergranular fracture. However, without Mn center segregated area, voids initiate at the ferrite-Ti precipitate interface, and crack propagates easily into the ferrite matrix by cleavage which leads to cause a transgranular fracture.

Effect of Sulfur on Creep Strength of Ni-Base Single-Crystal Superalloy, TMS-1700

Joh Yuichiro;Utada Satoshi;Osawa Makoto;Kobayashi Toshiharu;Yokokawa Tadaharu;Kawagishi Kyoko;Suzuki Shinsuke;Harada Hiroshi

MATERIALS TRANSACTIONS査読有り0(0)2016年-2016年

CiNii

詳細

ISSN:1345-9678

概要:We studied the effect of sulfur addition on a Ni-base single-crystal superalloy, TMS-1700, by performing creep tests at 1100℃/137 MPa using specimens doped with 0, 10, 20, and 100 ppm sulfur. The creep rupture life was found to decrease with increasing sulfur concentration. The scanning electron microscopy (SEM) observation of creep-ruptured specimens revealed the coarsening of the raft structure with increasing sulfur concentration. Their transmission electron microscopy (TEM) observation showed the formation of coarser γ/γ′ interfacial dislocation networks with increasing sulfur concentration. These microstructural differences may be the cause of the shorter creep rupture life observed in alloys with higher sulfur addition.

Phase Stability of Nickel-Base Single Crystal Superalloys Containing Iridium Substituting for Ruthenium

Mori Yuhi;Yokokawa Tadaharu;Kobayashi Toshiharu;Harada Hiroshi;Suzuki Shinsuke

MATERIALS TRANSACTIONS査読有り57(10)p.1845 - 18482016年-2016年

CiNii

詳細

ISSN:1345-9678

概要:

Phase stability of Ni-base single crystal superalloys was compared between Ir addition and Ru addition. Investigated alloys were TMS-238 and its derivative alloys. The thermodynamic equilibrium microstructures obtained by a strain aging showed that the volume fractions of γ, γ' and topologically close packed (TCP) phases in the alloys were virtually the same to each other without depending on Ir substitution for Ru. On the other hand, the time temperature transformation diagrams obtained by an ordinary aging showed a significant delay in TCP precipitation in the alloys with Ir substitution. The delay in the TCP precipitation might be attributed to the smaller interdiffusion coefficient of Ir-Ni, compared with one of Ru-Ni. The smaller interdiffusion coefficient may affect the kinetics of the TCP precipitation.

表面張力と酸化被膜の影響を考慮した薄肉平板アルミニウム合金鋳物の湯流れ解析

久保 順;森 雄飛;鈴木 進補;中江 秀雄;久保 公雄

鋳造工学査読有り88(3)p.148 - 1532016年-2016年

CiNii

詳細

ISSN:1342-0429

概要:

  It is said that surface tension and oxide film affect the flow of melt in aluminum thin casting. Nakae et al. examined the flow pattern of melt in thin plate castings with varied slope angles of the FEM mesh model by direct observation, while Mori et al. examined the flow pattern of melt in thin plate castings with varied atmospheres by direct observation. In this study, our purpose was to reproduce the direct observation results of Nakae et al. and Mori et al. by flow simulation taking into consideration the effects of surface tension and oxide film.

  Analysis results and experimental results more or less agreed, but the simulation could not reproduce a part of unstable flow in the experiment. We think this difference is due to the breakage of thin and uneven oxide film.

Measurements of Interdiffusion Coefficients in Liquid AuGe Alloy

Tanimoto, Keiji; Ando, Yuki; Suzuki, Koji; Yokoyama, Yoshihiko; Suzuki, Shinsuke

Microgravity Science and Technology査読有り27(5)p.345 - 3512015年09月-2015年09月 

DOIScopus

詳細

ISSN:09380108

概要:© 2015, Springer Science+Business Media Dordrecht. As for alloy systems forming amorphous structure, it is very useful to pursue the diffusion mechanism of the eutectic alloys in the vicinity of the eutectic point to elucidate the amorphous developmental process. We therefore investigated interdiffusion coefficients in the liquid state of AuGe and AuSi alloy, which remarkably have the deep eutectic temperature. The diffusion experiments using a shear cell device were performed in the temperature range from 686 K to 1073 K. The acquired data seem to be reliable, because they were reproducible and overlapping well on fitting curves so that the convection would have been suppressed. As a result, the temperature dependence of the interdiffusion coefficients in the liquid AuGe alloy was expressed in the Arrhenius equation and no peculiarity in the diffusion mechanism was confirmed. The values of interdiffusion coefficient of this study would be highly appropriate considering the past experimental values of self-diffusion coefficients of AuSi alloy and the negative mixing enthalpy of the alloy system. In addition, the previous research on structure analysis in which the shoulder was not observed in the vicinity of the eutectic point supported our confirmation of the Arrhenius expression for the temperature dependence of the interdiffusion coefficients in the liquid AuGe.

ポーラス材料

吉村 英徳;,鈴木 進補;小橋 眞;半谷 禎彦;塩見 誠規;清水 透;袴田 昌高;松本 良

塑性と加工査読有り56(655)p.680 - 6842015年08月-2013年08月 

Improvement of the limit of drawing fine high-carbon steel wire by decreasing back tension

Shiori Gondo, Shinsuke Suzuki, Motoo Asakawa, Kosuke Takemoto, Kenich Tashima, Satoshi Kajino

Conference Proceedings for the 85th Annual Convention of the Wire Association International査読有りonline2015年04月-

液相およびセミソリッドスラリーへのパイプ浸漬を用いたポーラス金属の製法と塑性加工による強化

鈴木進補,市川淳一,林田達郎,菅沼光太郎

素形材査読有りvol.54(no.4)p.36 - 402015年04月-

Measurements of Interdiffusion Coefficients in Liquid AuGe Alloy

Keiji Tanimoto, Yuki Ando, Koji Suzuki, Yoshihiko Yokoyama, Shinsuke Suzuki

Microgravity Science and Technology査読有りonline2015年04月-

DOI

Energy Dissipation in a Riveted Lap Joint of Aircraft Structure under In-plane Tensile and Shear Loading

Jo Nishimuro, Shinsuke Suzuki, Shigeru Machida, Takao Okada

Proceedings of 56th AIAA/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics, and Materials Conference 2015査読有りvol.5p.4216 - 42242015年01月-

航空機構造の複数列リベット継手におけるエネルギー損失推定方法

城 知宏,鈴木進補,町田茂,岡田孝雄,西室 譲

第8回 構造物の安全性・信頼性に関する国内シンポジウム JCOSSAR2015 論文集 (査読有り)査読有り2015年-

Effect of sulfur on high temperature properties of Ni-base single crystal superalloy, TMS-1700

Yuichiro JOH, Toshiharu KOBAYASHI, Tadaharu YOKOKAWA, Kyoko KAWAGISHI, Makoto OSAWA, Shinsuke SUZUKI1, Hiroshi HARADA

Proceedings of 10th Liège Conference on Materials for Advanced Power Engineering査読有りp.538 - 5442014年09月-

年間展望 ポーラス材料

代表執筆者:北薗幸一,分担執筆者:,鈴木進補,小橋 眞,半谷禎彦,吉村英徳,塩見誠規,久米裕二,清水 透,袴田昌高,松本 良

塑性と加工査読有り55(643)p.753 - 7572014年08月-

Improvement of a Measurement Method of Interdiffusion Coefficient of Liquid Alloys by Using the Foton Shear Cell and Verification of Darken’s Equation in Liquid Alloys

Koji SUZUKI, Noriyuki YAMADA, Anna TANAKA and Shinsuke SUZUKI

Transactions of Japan Society for Aeronautical and Space Sciences Aerospace Tech. Japan査読有り12(ists29)p.19 - 242014年07月-

ロータス型ポーラス金属のECAE加工と強化

鈴木進補,宇都宮 裕,中嶋英雄

金属査読有り84(3)p.24 - 302014年03月-

液相及び半溶融スラリー基材への純アルミニウムパイプ浸漬による 方向性気孔を有するポーラス Al-Cu 合金の作製

林田達郎,鈴木進補,市川淳一,豊山竜史

軽金属 (Materials Transaction vol.54, no.11, pp.2102-2108 の邦訳版)査読有り62(2)p.49 - 552014年02月-

Investigation of improvement in punching properties of high tensile strength steel sheet by heat treatments for reduction of center segregation

Kota Sakumoto, Kazuhiko Yamazaki, Takashi Kobayashi, and Shinsuke Suzuki

Key Engineering Materials査読有り622-623p.1075 - 10802014年-2014年

Effect of ECAE on Structure and Strength of Porous A6061 Alloy with Aligned Unidirectional Pores

Kotaro Suganuma, Tatsuro Hayashida , Takafumi Yuasa, and Shinsuke Suzuki

Key Engineering Materials査読有り622-623p.148 - 1542014年-

Investigation of the Application of a Two-wavelength Mach-Zehnder Interferometer to Measure Soret Coefficients

Yuhi MORI, Yoshitaka HASHIMOTO, Shinsuke SUZUKI, Yuko INATOMI

Transactions of Japan Society for Aeronautical and Space Sciences Aerospace Tech. Japan査読有り12(ists29)p.Ph_19 - Ph_242014年-

A2024とA7075を用いた発泡材料の作製と気孔率や熱処理が機械的性質に及ぼす影響

福井 貴明,齊藤 瑞樹,野中 由寛,鈴木 進補

日本機械学会誌査読有り80(817)p.p. SMM02482014年-

Fabrication of Al-Cu-Mg Alloy Foams Using Mg as Thickener through Melt Route and Reinforcement of Cell Walls by Heat Treatment

Takaaki Fukui, Yoshihiro Nonaka, Shinsuke Suzuki

Procedia Materials Science査読有り4p.85 - 892014年-

Fabrication of Porous Aluminum Alloys with Aligned Unidirectional Pores by Dipping Pipes into Liquid and Semi-solid Base Metals

TATSURO HAYASHIDA, SHINSUKE SUZUKI, JUNICHI ICHIKAWA, RYUJI TOYOYAMA

Procedia Materials Science査読有り4p.85 - 892014年-

Fabrication of Porous Aluminum Alloys with Aligned Unidirectional Pores by Joining Pipes and Melt through Continuous Casting and their Mechanical Properties

SHINSUKE SUZUKI, JUNICHI ICHIKAWA, TATSURO HAYASHIDA

Procedia Materials Science査読有りin press2014年-

液相および半溶融スラリー基材への純アルミニウムパイプ浸漬による方向性気孔を有するポーラスAl–Cu合金の作製

林田 達郎;鈴木 進補;市川 淳一;豊山 竜史

軽金属査読有り64(2)p.49 - 552014年-2014年

CiNii

詳細

ISSN:0451-5994

概要:Aligned seven pure aluminum pipes with internal diameter of 3 mm and wall thickness of 0.5 mm were dipped into Al–4 mass% Cu melt and semi-solid slurry. The specimen was cooled and solidified after holding times 0, 15 and 30 s. The pipes were bonded to the base metal with maintaining the shape of pipes by using the semi-solid base metal. An increase in solid fraction of the base metal is effective to avoid thermal damage of the pipes. Penetration of Cu into the pipe was found by EPMA analyses. Diffusion of Cu from the base metal to grain boundary of pipes decreases the liquidus temperature of α phase in the vicinity of the grain boundary of the pipes. As a result, the α phase melted partly and the pipes were bonded to the pipes with the base metal metallurgically. Porous Al–Cu alloys with aligned unidirectional pores with porosity of 26% are fabricated by this method.

Improvement of a Measurement Method of Interdiffusion Coefficient of Liquid Alloys by Using the Foton Shear Cell and Verification of Darkens Equation in Liquid Alloys

SUZUKI Koji;YAMADA Noriyuki;TANAKA Anna;SUZUKI Shinsuke

TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN査読有り12(29)p.Ph_19 - Ph_242014年-2014年

CiNii

詳細

ISSN:1884-0485

概要:We improved the method of measuring method of interdiffusion coefficients using the Foton shear cell technique and stable density layering by adding the normalization of the measured concentration, reducing the segregation in the alloys, and improving the fitting method of the theoretical diffusion formula. We measured interdiffusion coefficients of Sn-Pb alloys using two different diffusion pairs (Sn and Sn-10at%Pb, Pb and Pb-10at%Sn) at 773K and investigated the dependence of diffusion coefficients on the solute concentration. The measured values agreed well with the theoretical curve obtained using Darken's equation. Therefore, we supposed that Darken's equation is also applicable to diffusion in liquid.

A2024とA7075を用いた発泡材料の作製と気孔率や熱処理が機械的性質に及ぼす影響

福井 貴明;齊藤 瑞樹;野中 由寛;鈴木 進補

日本機械学会論文集査読有り80(817)p.SMM0248 - SMM02482014年-2014年

CiNii

詳細

ISSN:2187-9761

概要:Aluminum alloy foams were fabricated through the melt route using aircraft grade aluminum alloy, the compositions of which were equivalent to A2024 and A7075. It became possible to fabricate aluminum foam by the thickening effect of Al-Cu melt caused by adding Zn and Mg. Porosity increased as the TiH2 decomposition proceeding. After the end of TiH2 decomposition, the pore coarsened. Cell walls of the fabricated aluminum alloy foams and the thickened master alloy were hardened and strengthened by heat treatment. The first peak stress of the fabricated aluminum alloy foams were improved by heat treatment. The compressive strength of fabricated aluminum alloy foams increased with decreasing porosity.

Investigation of the Application of a Two-Wavelength Mach-Zehnder Interferometer to Measure Soret Coefficients

MORI Yuhi;HASHIMOTO Yoshitaka;SUZUKI Shinsuke;INATOMI Yuko

TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN査読有り12(29)p.Ph_37 - Ph_402014年-2014年

CiNii

詳細

ISSN:1884-0485

概要:We developed a measurement method of Soret coefficient ST using a two-wavelength Mach-Zehnder interferometer. Temperature gradient was applied to pure molten salol or the salol - 6 mol% tert-butyl alcohol solution in a quartz cell. The direction of the temperature gradient was opposite to the gravity vector so as to suppress the convection. The movement of the interference fringes in solution side was evaluated by the number of the dark lines crossing a measuring point from right to left. The changes of temperature and concentration were measured using the number of the dark lines. Wavy noise found in measured number of the dark lines could be removed by subtracting one in the cell wall. The temperature change agreed with one measured using thermocouples. The results show that the measurement method in this study enables the contactless ST measurement.

Fabrication of porous Al-Cu alloys with aligned unidirectional pores by dipping pipes in melt and semi-solid slurry

Tatsuro Hayashida, Shinsuke Suzuki, Junichi Ichikawa, Ryuji Toyoyama

Materials Transaction査読有り54(11)p.2102 - 21082013年11月-

ロータス型ポーラス銅の構造および機械的性質に及ぼすショットピーニング加工の影響

松田一晃,郡山茂樹,セーテーパイブーン,鈴木進補,浅川基男,井手拓哉,中嶋英雄

銅と銅合金査読有り52(1)p.92 - 962013年08月-

ポーラス材料

袴田 昌高;北薗 幸一;鈴木 進補;久米 裕二;小橋 眞;半谷 禎彦;吉村 英徳;松本 良;塩見 誠規;清水 透;小橋 眞

塑性と加工査読有り54(631)p.734 - 7382013年08月-2013年08月 

CiNii

詳細

ISSN:00381586

Compressive properties of porous aluminum alloy fabricated by joining pipes and melt through continuous casting

Junichi Ichikawa, Tatsuro Hayashida, Shinsuke Suzuki

Materials Science Forum査読有り761p.151 - 1552013年05月-

ISS内におけるCO2回収効率改善を目的としたCO2吸脱着塔形状の最適化

横濱 明,・鈴木 進補,桜井 誠人,島 明日香,大西 充

International Journal of Microgravity Science and Application査読有り30(2)p.94 - 992013年04月-

高強度・高延性球状黒鉛鋳鉄の引張,伸び特性と組織制御

趙 柏榮,鈴木進補,中江秀雄

まてりあ査読有り52(1)p.3 - 92013年01月-

Fabrication of Porous Al-Cu Alloys with Aligned Unidirectional Pores by Dipping Pipes in Melt and Semi-Solid Slurry

Hayashida, Tatsuro;Suzuki, Shinsuke;Ichikawa, Junichi;Toyoyama, Ryuji

MATERIALS TRANSACTIONS査読有り54(11)p.2102 - 21082013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:1345-9678

Strengthening of lotus-type porous copper by ECAE process

J. Lobos, S. Suzuki, H. Utsunomiya, H. Nakajima, M.A. Rodrigez-Perez

Journal of Materials Processing Technology査読有り212p.2007 - 20112012年10月-

Enhancement of the hardness of lotus-type porous copper by shot peening

Shigeki Koriyama, Paiboon Sae-Tae, Shinsuke Suzuki, Motoo Asakawa, Takuya Ide, Hideo Nakajima

Steel Research International査読有りSpecial editionp.1215 - 12182012年09月-

年間展望 ポーラス材料

鈴木進補(執筆代表)

塑性と加工査読有り53(619)p.743 - 7472012年08月-

Fabrication of Porous Aluminum Alloy with Aligned Unidirectional Pores by Dipping Pipes in Base Metal Melt

Junichi Ichikawa, Shinsuke Suzuki,Tatsuro Hayashida, Ryosuke Yahara, Hideo Nakae

Materials Transaction査読有り53(10)2012年08月-

ポーラス材料

ポーラス材料研究委員会;鈴木 進補;小橋 眞;北薗 幸一;久米 裕二;清水 透;袴田 昌高;宇都宮 裕;塩見 誠規;吉村 英徳

塑性と加工査読有り53(619)p.743 - 7472012年08月-2012年08月 

CiNii

詳細

ISSN:00381586

Forming of Profiled Strip from Porous Metal by Rolling

H. Tsuruoka, H. Utsunomiya, T. Sakai, S. Suzuki, T. Ide, H. Nakajima

Proceedings of the 7th International Confernece on Porous Metals and Metallic Foams, MetFoam2011査読有りp.593 - 5972012年03月-

Effects of NiO Powder on Pore Formation of Lotus-type Porous Carbon Steel during

M. Kashihara, H. Yonetani, S. Suzuki, H. Nakajima

Proceedings of the 7th International Confernece on Porous Metals and Metallic Foams, MetFoam2011査読有りp.33 - 352012年03月-

Aluminum Foam Fabrication through the Melt Route by Adding Mg and Bi

Shinsuke Suzuki, Hiroki Murakami, Kota Kadoi, Toshihiko Saiwai, Hideo Nakae, Norbert Babcsan

Proceedings of the 7th International Confernece on Porous Metals and Metallic Foams, MetFoam2011査読有りp.3 - 62012年03月-

Fabrication of Porous Aluminum Alloy with Aligned Unidirectional Pores by Dipping Pipes in Base Metal Melt

Ichikawa, Junichi;Suzuki, Shinsuke;Hayashida, Tatsuro;Yahara, Ryosuke;Nakae, Hideo

MATERIALS TRANSACTIONS査読有り53(10)p.1790 - 17942012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:1345-9678

ロータス型ポーラス炭素鋼の工作機械移動体への適用

樫原 一,山本 幸佑,古田 正昭,米谷 周,津村 卓也,中田一博,金 相烈,鈴木 進補,中嶋 英雄

日本機械学会論文集(C 編)査読有り77(784)p.4693 - 47032011年12月-

粉末材料・複合材料・ポーラス材料

金武直幸,近藤勝義,久保田正広,佐々木元,小橋 眞,北薗幸一,鈴木進補

軽金属査読有り61(11)p.678 - 6832011年11月-

Improvement of Strength of Lotus-type Porous Aluminum through ECAE

Tae Bum Kim, Masakazu Tane, Shinsuke Suzuki, Takuya Ide, Hiroshi Utsunomiya and Hideo Nakajima

Materials Science Forum査読有り695p.263 - 2662011年07月-

Strength and pore morphology of porous aluminum and porous copper with directional pores deformed by equal channel angular extrusion

T.B. Kim, M.Tane, S.Suzuki H.Utsunomiya, T.Ide, H.Nakajima

Materials Science and Engineering A査読有り528(6)p.2363 - 23692011年02月-

ロータス型ポーラス金属の塑性加工

鈴木 進補, Juan Lobos Martin, 宇都宮 裕, 中嶋 英雄

塑性と加工査読有り52(601)p.8(206) - 13(211)2011年02月-

Reduction of convection in diffusion measurement using the shear cell by stabilization of density layering on the ground

Shinsuke SUZUKI, Kurt-Helmut KRAATZ, Günter FROHBERG

Journal of the Japan Society of Microgravity Application査読有り28(2)p.S100 - S1042011年-

Application of Lotus-Type Porous Carbon Steel to Moving Body of Machine Tools

樫原 一;山本 幸佑;古田 正昭;米谷 周;津村 卓也;中田 一博;金 相烈;鈴木 進補;中嶋 英雄

日本機械学会論文集C編査読有り77(784)p.4693 - 47032011年-2011年

CiNii

詳細

ISSN:1884-8354

概要:Lotus-type porous carbon steel (lotus carbon steel) plates with a porosity of 50% were fabricated by continuous casting technique. A saddle was built by welding the fabricated lotus carbon steel plates together and was loaded on a machining center. The static stiffness, cutting performance, dynamic characteristics, electrical consumption and thermal displacement of the machining center were evaluated. Although the weight of the saddle was reduced largely by 41% compared with a conventional saddle made of cast iron, the reduction of the static stiffness was only 13-27% and the degradation of the cutting performance was not so significant. These results were due to high flexural rigidity and torsional rigidity per unit weight of the lotus carbon steel plate compared with nonporous cast iron parts, since the lotus carbon steel plate had a unique structure with nonporous skin surfaces and porous part inside. The thermal displacements of the saddle made of lotus carbon steel were 17-36% larger than that of cast iron. Furthermore, the reduction of the weight of the saddle resulted in a reduction of the required time for acceleration by half and a reduction of the energy consumption during machining by 15-20 %.

ロータス型ポーラス金属の塑性加工

鈴木 進補;Juan LOBOS MARTIN;宇都宮 裕;中嶋 英雄

塑性と加工査読有り52(601)p.206 - 2112011年-2011年

CiNii

詳細

ISSN:0038-1586

Pore Morphology of Porous Al-Ti Alloy Fabricated by Continuous Casting in Hydrogen Atmosphere

T. B. Kim, M. Tane, S. Suzuki,H. Nakajima

Materials Transactions査読有り51(10)p.1871 - 18772010年10月-

Pore Closure in Multi-Pass Cold Rolling of Lotus-Type Porous Copper

Hiroshi Utsunomiya, Tsuyoshi Yukimoto, Tetsuo Sakai, Shinsuke Suzuki, Hideo Nakajima

Steel Research International査読有り81(9)p.158 - 1612010年09月-

Effect of Pass Route and Pass Number of Equal-Channel Angular Extrusion on Structure and Strength of Lotus-Type Porous Copper

Shinsuke Suzuki, Juan Lobos Martin, Hiroshi Utsunomiya, Hideo Nakajima

Steel Research International査読有り81(9)p.482 - 4852010年09月-

Fabrication of Lotus-Type Porous Carbon Steel Slabs by Continuous Casting Technique in Nitrogen Atmosphere

Makoto Kashihara, Shinsuke Suzuki, Yuki Kawamura, Sang-Youl Kim, Hiroshi Yonetani, Hideo Nakajima

Metallurgical and Materials Transactions A査読有り41(9)p.2377 - 23822010年09月-

DOI

ECAEによるロータス型ポーラス銅の変形と強化

鈴木進補、ファン ロボス マルティン、宇都宮 裕、中嶋英雄

銅と銅合金査読有り49(1)p.244 - 2482010年08月-

Deformation of Lotus-tyoe Porous Copper in Rolling

H. Utsunomiya, T. Yukimoto, T .Sakai, S. Suzuki, H. Nakajima

Materials Science Forum (Proceedings of The 11th International Symposium on Eco-materials Processing and Design, ISEPD2010)査読有り658p.328 - 3312010年07月-

Effect of Addition of NiO Powder on Pore Formation in Lotus-type Porous Carbon Steel Fabricated by Continuous Casting

M. Kashihara, H. Yonetani, S. Suzuki, H. Nakajima

Materials Science Forum (Proceedings of The 10th International Symposium on Eco-materials Processing and Design, ISEPD2010)査読有り658p.215 - 2192010年07月-

Fabrication of Lotus-type Porous Al-Ti Alloys using the Continuous Casting Technique

T.B. Kim, S .Suzuki, H. Nakajima

Materials Science Forum (Proceedings of The 11th International Symposium on Eco-materials Processing and Design, ISEPD2010)査読有り658p.207 - 2102010年07月-

Fabrication of Lotus-type Porous Magnesium with Anisotropic Directional Pores by Mold Casting Technique

K. Sugihara, S. Suzuki, H. Nakajima

Materials Science Forum (Proceedings of The 10th International Symposium on Eco-materials Processing and Design, ISEPD2010)査読有り658p.201 - 2062010年07月-

金属融体の拡散係数測定(<特集>結晶成長を支える高温熱物性計測技術の進展)

鈴木 進補

日本結晶成長学会誌査読有り37(2)p.128 - 1342010年07月-2010年07月 

CiNii

詳細

ISSN:03856275

概要:近年,試料の安定密度配置とシアーセル法とを組み合わせ,地上でも対流を抑制できる金属融体の拡散実験方法が開発された.本方法において,さらにシアー対流やマランゴニ対流を最小にする方法を検討し,再現性および信頼性が高い拡散係数データを得ることが可能になった.本方法で得られた液体Sn,Pbなどの溶媒中の不純物拡散係数は,シアーセル法を用いて微小重力下で得られた結果と一致し,拡散係数は絶対温度の約2乗に比例するという結果が得られている.本方法を用いた拡散実験が可能な条件の検討を行い,拡散研究の現状と今後の展望について述べた.

Effect of Conditions of Unidirectional Solidification on Microstructure and Pore Morphology of Al-Mg-Si Alloys

T.B.Kim, S. Suzuki, H. Nakajima

Materials Transactions査読有り51(3)p.496 - 5022010年02月-

Effect of Pass Route and Pass Number of Equal-Channel Angular Extrusion on Structure and Strength of Lotus-Type Porous Copper

Suzuki, Shinsuke;Lobos Martin, Juan;Utsunomiya, Hiroshi;Nakajima, Hideo

STEEL RESEARCH INTERNATIONAL査読有り81(9)p.482 - 4852010年-2010年

WoS

詳細

ISSN:1611-3683

Diffusion measurements using the shear cell technique: Investigation of the role of Marangoni convection by pre-flight experiments on the ground and during the Foton M2 mission

Raluca Rosu-Pflumm, Wolfgang Wendl, German Mueller-Vogt, Shinsuke Suzuki, K.-H. Kraatz, G. Frohberg

International Journal of Heat and Mass Transfer査読有り52(25-26)p.6042 - 60492009年12月-

一方向凝固したAl-Mg-Si合金の気孔形態に及ぼすミクロ組織の影響

金泰範,鈴木進補,中嶋英雄

軽金属査読有り59(12)p.678 - 6842009年12月-

Fabrication of Lotus-type Porous Carbon Steel via Continuous Zone Melting and Its Mechanical Properties

M.Kashihara, H.Yonetani, T.Kobi, S.K.Hyun, S.Suzuki, H.Nakajima

Materials Science and Engineering A査読有り524(1-2)p.112 - 1182009年10月-

Fabrication of lotus-type porous Al-Cu alloys by continuous casting technique

S.Suzuki, T.B.Kim, H.Nakajima

Journal of Physics: Conference Series査読有り165(12068)p.1 - 42009年06月-

Fabrication of lotus-type porous Al-Si alloy by continuous casting with using thermal decomposition method

T.B.Kim, S.Suzuki, H.Nakajima

Journal of Physics: Conference Series査読有り165(12067)p.1 - 42009年06月-

Mechanical property of lotus-type porous carbon steel fabricated by continuous casting method

Y.Kawamura, S.Suzuki, S.Y.Kim, H.Nakajima, M.Kashihara, H.Yonetani

Journal of Physics: Conference Series査読有り165(12071)p.1 - 42009年06月-

Structure change and improvement of the mechanical properties of lotus-type porous copper by wire-brushing

J.Lobos, S.Suzuki, H. Nakajima, Y. S.Ji, H.Fujii, D.Terada, N.Tsuji.

Journal of Physics: Conference Series査読有り165(12070)p.1 - 42009年06月-

Structure Change and Improvement of the Mechanical Properties of Lotus-type Porous Copper by ECAE Process

Juan Lobos, Shinsuke Suzuki,Hiroshi Utsunomiya, Hideo Nakajima

Materials Science Forum査読有り620-622(-)p.757 - 7602009年04月-

Fabrication of Lotus-Type Porous Al-Si Alloys Using the Continuous Casting Technique

J.S.Park, S.K.Hyun, S.Suzuki, H.Nakajima

Metallurgical and Materials Transactions A査読有り40(2)p.406 - 4142009年02月-

Fabrication of lotus-type porous metals through thermal decomposition of compounds

H. Nakajima, M. Tane, S. Suzuki, S.Y.Kim

The Minerals, Metals and Materials Society - Proceedings of the 3rd International Conference on Processing Materials for Properties 2008, PMP III査読有り1p.121 - 1262009年-

Fabrication of Lotus-type Porous Carbon Steel by Continuous Casting Technique and Application to Machine Tools

M.Kashihara, H.Yonetani, S.Suzuki, S.Y.Kim, H.Nakajima

Proceedings of 2nd International Symposium Cellular Metals for Structural and Fuctional Applications, (CELLMET2008) 査読有りp.88 - 942008年10月-

Equal-channel Angular Extrusion Process of Lotus-type Porous Copper

S.Suzuki, H.Utshunomiya, H.Nakajima

Materials Science and Engineering A査読有り490(1-2)p.465 - 4702008年08月-

ECAEを利用したロータス型ポーラス銅の塑性加工

鈴木 進補,宇都宮 裕,中嶋 英雄

銅と銅合金査読有り47(1)p.93 - 972008年08月-

液体金属中の拡散係数測定

鈴木進補

まてりあ査読有り47(6)p.305 - 3112008年06月-

一方向気孔を有するポーラス金属の製法と物性

中嶋英雄,多根正和,玄 丞均,鈴木進補

まてりあ査読有り47(4)p.196 - 2022008年04月-

連続鋳造法によるロータス型ポーラス金属の作製

鈴木進補,朴 宰成,玄 丞均,金 相烈,樫原 一,米谷 周,中嶋英雄

高温学会誌査読有り34(2)p.38 - 442008年03月-

Equal-channel Angular Extrusion of Lotus-type Porous Copper

S.Suzuki, H.Utsunomiya, H.Nakajima

Proceedings of the 5th International Conference of Porous Metals and Metallic Foams (MetFoam2007)査読有りp.205 - 2082008年01月-

Fabrication of Lotus-type Porous Al-Si by Continuous Casting Technique

J.S.Park, S.K.Hyun, S.Suzuki, H. Nakajima

Proceedings of the 5th International Conference of Porous Metals and Metallic Foams (MetFoam2007)査読有りp.229 - 2322008年01月-

Fabrication of Lotus-type Porous Carbon-steel by Continious Casting Technique in Nitrogen Atmosphere

K.Kashihara, S.Suzuki, S.K.Hyun, H.Yonetani, H.Nakajima

Proceedings of the 5th International Conference of Porous Metals and Metallic Foams (MetFoam2007)査読有りp.201 - 2042008年01月-

Fabrication of Lotus-type Porous Magnesium by Continuous Casting Technique

S.K.Hyun, S.Suzuki, H. Nakajima

Proceedings of the 5th International Conference of Porous Metals and Metallic Foams (MetFoam2007)査読有りp.233 - 2352008年01月-

Fabrication of Lotus-type Porous Metals

H.Nakajima, S.Suzuki

Encyclopedia of Materials: Science and Technology査読有りp.1 - 72008年-

窒素ガスを用いた一方向凝固によるロータス型ポーラス炭素鋼の作製と機械的性質

樫原 一、米谷 周、小尾孝宏、玄 丞均、鈴木進補、中嶋英雄

鉄と鋼査読有り94(1)p.30 - 342008年-

Impurity Diffusion Measurements of Bi in Liquid Sn Using Stable Density Layering and the Shear Cell Technique,

S.Suzuki, K.-H.Kraatz, G.Frohberg, R.Rosu-Pflumm, G.Muller-Vogt

Journal of Non-Crystalline Solids査読有り353(32-40)p.3300 - 33042007年10月-

Self-diffusion of Pd, Cu and Ni in Pd-based Equilibrium Melts

A.Griesche, M.-P.Macht, S.Suzuki, K.-H.Kraatz, G.Frohberg,

Scripta Materialia査読有り57(6)p.477 - 4802007年09月-

Effect of transference velocity and hydrogen pressure on porosity and pore morphology of lotus-type porous copper fabricated by continuous casting technique

J.S.Park, S.K.Hyun, S.Suzuki and H.Nakajima

Acta Materialia査読有り55(16)p.5646 - 56542007年08月-

連続鋳造法によるロータス型ポーラス銅の作製

朴 宰成、玄 丞均、鈴木進補、中嶋英雄

銅と銅合金査読有り46(1)p.270 - 2732007年08月-

宇宙環境を利用した液体金属の拡散係数測定

鈴木進補

塑性と加工査読有り48(552)p.2 - 62007年01月-

Diffusion Measurements on a Liquid Monotectic Alloy PbGa Using the Shear Cell Technique under μg in the Foton-M2 Mission and under 1g,

S.Suzuki, K.-H.Kraatz, G.Frohberg,

Microgravity Science and Technology査読有り18(3-4)p.82 - 852006年09月-

Preflight Diffusion Experiments on Liquid Metals under 1g Conditions for the Foton-M2 Mission

S.Suzuki, K.-H.Kraatz, G.Frohberg, R.Rosu, W.Wendl, G.Mueller-Vogt

Annals New York Academy of Science査読有り1077p.380 - 3942006年09月-

The Effect of Shear Convection on Diffusion Measurements in Liquid Metals Using the FOTON Shear Cell, Microgravity Science and Technology

S.Suzuki, K.-H.Kraatz, G.Frohberg

Microgravity Science and Technology査読有り18(3-4)p.155 - 1592006年09月-

Near-Net Shape Microcomponents Obtained by Superplastic Forging of Bulk Metallic Glass

M.-P.Macht, Th.Zumkley, S.Suzuki, S.Mechler

Praktische Metallographie/Practical Metallography査読有り46(5)p.215 - 2232006年05月-

Diffusion Measurements on Liquid Metallic Materials and Development of Shear Cell (Preparation for the Russian Foton-M2 mission)

S.Suzuki, K.-H.Kraatz, G.Frohberg

Journal of the Japan Society of Microgravity Application査読有り22(3)p.165 - 1752005年07月-

Diffusion Experiments in Liquid Sn-Bi and Al-Ni Systems with a Stable Density Layering Using the FOTON Shear Cell under 1G Conditions

S.Suzuki, K.-H.Kraatz, G.Frohberg

Microgravity Science and Technology,査読有り15(1)p.120 - 1262005年03月-

Shear Cell Development for Diffusion Experiments in FOTON-Satellite Missions and on the Ground with Consideration of Shear-Induced Convection

S.Suzuki, K.-H.Kraatz, A.Griesche, G.Frohberg,

Microgravity Science and Technology査読有り15(1)p.127 - 1322005年03月-

A Downward Melt Drag Single Roll Caster for Casting Semisolid Slurry

T.Haga, S.Suzuki

Journal of Materials Processing and Technology査読有り157-158(special issue)p.695 - 7002004年12月-

Ground-Based Diffusion Experiments on Liquid Sn-In Systems Using the Shear Cell Technique of the Satellite Mission FOTON-M1

S.Suzuki, K.-H. Kraatz, G. Frohberg

Annals New York Academy of Science査読有り1027p.169 - 1812004年11月-

Diffusion in PdCuNiP Alloys from the Amorphous to the Liquid State

A.Griesche, Th.Zumkley, M.-P.Macht, S.Suzuki, G.Frohberg

Materials Science Engineering査読有りA375-377(1-2 special issue)p.285 - 2872004年07月-

Casting of Shape Strip from Molten Metal and Semi-Solid Slurry by Use of Roll Caster and Belt Caster

T.Haga, S.Suzuki

International Journal of Forming Processes査読有り7(1-2)p.223 - 2322004年-

Study on High-Speed Twin-Roll Caster for Aluminum Alloys, Journal of Material Processing and Technology

T.Haga, S.Suzuki

Journal of Material Processing and Technology査読有り143-144(1)p.895 - 9002003年12月-

A Twin-roll Caster to Cast Clad Strip

T.Haga, S.Suzuki

Journal of Materials Processing and Technology査読有り138(1-3)p.366 - 3712003年07月-

Melt Ejection Twin Roll Caster for the Strip Casting of Aluminum Alloy

T.Haga, S.Suzuki,

Journal of Materials Processing Technology査読有り137(1-3)p.92 - 952003年06月-

Single Roll Method for Foil Casting of the Aluminum Alloy

T.Haga, S.Suzuki

Journal of Material Processing and Technology査読有り137(1-3)p.86 - 912003年06月-

Strip Casting of A5182 Alloy Using a Melt Drag Twin Roll Caster, Journal of Materials

T.Haga, T.Nishiyama, S.Suzuki,

Journal of Materials Processing and Technology査読有り133(1-2)p.103 - 1072003年02月-

High Speed Twin Roll Caster for Aluminum Alloy Strips

T.Haga, S.Suzuki

Materials Science Forum査読有り396-402(1)p.83 - 882002年-

Superplastic Forging of ZrTiCuNiBe-bulk Glass for Shaping of Microparts

Th.Zumkley, S.Suzuki, M.Seidel, S.Mechler, M.-P.Macht

Materials Science Forum査読有り386-388p.541 - 5462002年-

Casting of Aluminum Alloy Ingot for Thixoforming Using a Cooling Slope

T.Haga, S.Suzuki

Journal of Materials Processing and Technology査読有り118(1-3)p.169 - 1722001年12月-

Roll Casting of Aluminum Alloy Strip by Melt Drag Twin Roll Caster

T.Haga, S.Suzuki

Journal of Materials Processing and Technology査読有り118(1-3)p.165 - 1682001年12月-

A High Speed Twin Roll Caster for Aluminum Alloy Strip

T.Haga, S.Suzuki,

Journal of Materials Processing and Technology査読有り113(1-3)p.291 - 2952001年06月-

Superplastische Umformung metallischer Massivgl?ser zur Herstellung endformnaher Mikrobauteile

M.-P.Macht, M.Seidel, S.Suzuki, S.Mechler

Wiisenschaftliche Berichte des Forschungszentrum Karlsruhe, Statuskolloquium des HGF Strategiefondsprojektes "Material- und Verfahrensentwicklung f?r mikrotechnische Hochleistungsbauteile"査読有りFZKA 6528p.69 - 742000年10月-

High-speed roll caster for strip casting of aluminum alloy

T.Haga, S.Suzuki

Proceedings of the 7th International Conference on Aluminum Alloys, ICAA-7査読有り331-337p.185 - 1902000年07月-

Downward Melt Drag Caster for Aluminum Alloy Strip

Toshio Haga, Shinsuke Suzuki

Advances in Materials Processing Technology査読有り1p.106 - 1121998年-

Heat transfer coefficient between a roll and strip in the single roll casting

Toshio Haga, T. Nishiyama, Shinsuke Suzuki

Proceedings of the 8th International Scientific Conference on Achievements in Mechanical and Materials Engineering査読有りp.241 - 2441998年-

High speed Roll caster for aluminum alloy

Toshio Haga, Shinsuke Suzuki

Proceedings of the 6th International Conference on Aluminum Alloys, ICAA-6査読有り1p.327 - 3321998年-

Improvement of surface on high-speed roll casting of aluminum alloy strip

Toshio Haga, T. Nishiyama, Shinsuke Suzuki

Proceedings of the 8th International Scientific Conference on Achievements in Mechanical and Materials Engineering査読有りp.245 - 2481998年-

成形ベルトを付加したメルトドラッグ法によるAl-12%Si合金薄板作製の高速化

鈴木進補,羽賀俊雄,本村貢

軽金属査読有り47(11)p.632 - 6371997年11月-

成形ロールを有するメルトドラッグ法によるAl-12%Si合金薄板表面の半凝固成形特性

鈴木進補,羽賀俊雄,本村貢

軽金属査読有り47(11)p.638 - 6431997年11月-

Melt Drag process with improved and controlled cooling system

S.Suzuki, T.Haga, M.Motomura

Proceedings of the 5th International Conference on Aluminum Alloys, ICAA-5査読有り1p.299 - 3041996年07月-

メルトドラッグ法によるAl-12mass%Si合金急冷凝固クラッド材の作製

鈴木進補,羽賀俊雄,本村貢

軽金属査読有り45(12)p.685 - 6901995年12月-

Manufacture of Clad Strips by Melt Drag Process

S.Suzuki T.Haga, M.Motomura

Proceedings of the 7th International Manufacturing Conference in China, IMCC’95査読有り2p.579 - 5851995年10月-

メルトドラッグ法における自由凝固面の半凝固成形

羽賀俊雄,本村貢,Arman Munaf,鈴木進補

軽金属査読有り44(9)p.498 - 5031994年09月-

メルトドラッグ法によるAl-12mass%Si合金薄板の製造

羽賀俊雄,本村貢,Arman Munaf,鈴木進補

軽金属査読有り44(3)p.136 - 1411994年03月-

書籍等出版物

第5版 鉄鋼便覧

鈴木進補(第1巻14.2.7 拡散係数 担当)

(社)日本鉄鋼協会,丸善(株)

詳細

ISBN:in press

Mechanical testing of metals - Ductility testing - Compression test for porous and cellular metals, ISO 13314

ポーラス金属国際標準化委員会(含 鈴木進補)

International Organization for Standardization2011年-

ポーラス金属の高速圧縮試験方法 JIS H 7904

ポーラス金属の高速変形特性評価試験方法の標準化調査研究委員会(含 鈴木進補)、JIS原案作成委員(含 鈴木進補)

日本工業標準調査会2012年 03月-

新材料・新素材シリーズ マクロおよびナノポーラス金属の最前線

中嶋英雄(監修),鈴木進補(第1章13節,第2章9節)

シーエムシー出版2011年 07月-

詳細

ISBN:978-4-7813-0347-5

High-Temperature Measurements of Materials (Advances in Materials Research 11), Chapter 4 Diffusion Coefficients of Metallic Metals Measured by Shear Cell Technique under Microgravity and on the Ground (pp.61-84)

H.Fukuyama and Y.Waseda (Eds.), S.Suzuki(Chap.4)

Springer2008年 11月-

詳細

ISBN:978-3-540-85917-8

ポーラス金属の圧縮試験方法 JIS H 7902

ポーラス金属の機械特性評価分科会委員(含 鈴木進補)、JIS原案作成委員(含 鈴木進補)

日本工業標準調査会2008年 09月-

ポーラス金属の熱伝導率試験方法 JIS H 7903

ポーラス金属の熱特性評価分科会委員、JIS原案作成委員(含 鈴木進補)

日本工業標準調査会2008年 09月-

ポーラス金属用語 JIS H 7009

ポーラス金属用語調査研究委員会、JIS原案作成委員(含 鈴木進補)

日本工業標準調査会2008年 09月-

ポーラス金属の作製と機能的特性(ロータス金属の連続鋳造法pp.52-58)

材料の組織と物性部会、(鈴木進補2-3担当)

(社)日本鉄鋼協会2007年 03月-

詳細

ISBN:978-4-930980-62-5

講演・口頭発表等

Recent Progress in Light Weight and Functional Porous Metals - Fabrication, Microstructure and Mechanical Properties

Shinsuke Suzuki

The International Conference on Materials Processing Technology MAPT2017招待有り2017年11月29日

鋳造・凝固を利用したポーラス金属の製法

(公社)日本鋳造工学会 第89回関東支部講演会2014年08月26日

詳細

口頭発表(一般)

半溶融・半凝固状態を利用したポーラス金属の作製

日本塑性加工学会 第308回塑性加工シンポジウム 「半溶融・半凝固加工技術のこれまでとこれから」2014年06月27日

詳細

口頭発表(一般)

Diffusion Measurements in Liquid Alloys for Solidification and Soldering Processes

Shinsuke Suzuki, Noriyuki Yamada, Anna Tanaka Koji Suzuki

10th International Conference on Diffusion in Solids and Liquids DSL-2014招待有り2014年06月25日

詳細

口頭発表(一般)

中心偏析の低減による高張力鋼板の打抜き特性の改善

日本塑性加工学会 平成26年度塑性加工春季講演会2014年06月08日

詳細

口頭発表(一般)

ECAE加工による方向性気孔を有するポーラスアルミニウム合金の強化と変形挙動

日本塑性加工学会 平成26年度塑性加工春季講演会2014年06月08日

詳細

口頭発表(一般)

セミソリッドスラリーの発泡を用いて作製した ポーラスA2024合金の圧縮特性

軽金属学会 第126回春期大会2014年05月17日

詳細

ポスター発表

航空機体用アルミニウム合金を用いた発泡金属の製法と特性

日本金属学会春期講演大会(2014)2014年03月22日

詳細

口頭発表(一般)

Ni基単結晶超合金の高温特性における硫黄の影響

日本金属学会春期講演大会(2014)2014年03月22日

詳細

口頭発表(一般)

ゼオライトによる湿潤空気からのCO2吸着特性とISS用CO2吸脱着装置への適用

日本マイクログラビティ応用学会 第27回学術講演会JASMAC-272013年11月28日

詳細

ポスター発表

2波長マッハツェンダー干渉計を用いたソーレ係数測定における 誤差原因と測定精度の改善

日本マイクログラビティ応用学会 第27回学術講演会JASMAC-272013年11月28日

詳細

ポスター発表

Foton用シアーセル装置を用いた液体Sn-Pb合金中の相互拡散係数測定とDarkenの式の液体中での 妥当性検証

日本マイクログラビティ応用学会 第27回学術講演会JASMAC-272013年11月28日

詳細

ポスター発表

2波長マッハツェンダー干渉計を用いたソーレ係数測定における温度依存性の影響

日本マイクログラビティ応用学会 第27回学術講演会JASMAC-272013年11月28日

詳細

ポスター発表

蛍光X線と干渉光学計を使用した原子輸送物性の測定

日本マイクログラビティ応用学会 第27回学術講演会JASMAC-272013年11月28日

詳細

ポスター発表

ISSきぼう船内実験室利用テーマ「Soret-Facet」

日本マイクログラビティ応用学会 第27回学術講演会JASMAC-272013年11月28日

詳細

口頭発表(一般)

A2024 と A7075 を用いた発泡材料の作製と熱処理が機械的性質に及ぼす影響

第51回飛行機シンポジウム2013年11月21日

詳細

口頭発表(一般)

純AlパイプとAl-4mass%Cu合金基材を用いて作製した 方向性気孔を有するポーラスアルミニウム合金の機械的性質

軽金属学会 第125回秋期大会2013年11月09日

詳細

ポスター発表

ニッケルパイプを用いた方向性気孔を有する ポーラスアルミニウム合金の作製

軽金属学会 第125回秋期大会2013年11月09日

詳細

ポスター発表

ECAEによる方向性気孔を有するポーラスA6061合金の強化

軽金属学会 第125回秋期大会2013年11月09日

詳細

ポスター発表

ショットピーニングによるロータス銅のノンポーラススキン層形成機構と強化

第64回 塑性加工連合講演会2013年11月02日

詳細

口頭発表(一般)

セミソリッドスラリーの発泡を用いたポーラスアルミニウム合金の作製

第64回 塑性加工連合講演会2013年11月02日

詳細

口頭発表(一般)

半溶融・半凝固状態を利用したポーラス金属の製法

日本塑性加工学会 第36回 半溶融・半凝固加工分科会 研究会2013年10月31日

詳細

口頭発表(一般)

雰囲気の異なるアルミニウム薄肉平板鋳物湯流れについてのシミュレーションによる検討

日本鋳造工学会 第163回全国講演大会、 日本鋳造協会 平成25年度秋季大会2013年10月27日

詳細

口頭発表(一般)

7000系発泡アルミニウム合金の衝撃圧縮変形挙動

日本機械学会 M&M2013材料力学カンファレンス2013年10月13日

詳細

口頭発表(一般)

流入空気中の水分量がCO2吸脱着装置におけるCO2回収効率に与える影響

第57回宇宙科学連合講演会2013年10月10日

詳細

ポスター発表

方向性ポーラス金属の簡易製法開発と機械的性質

日本塑性加工学会 第2回ポーラス材料研究討論会2013年09月03日

詳細

口頭発表(一般)

航空機構造のRivet 継手における面内せん断荷重に対する構造減衰特性推定方法の検討

第55 回構造強度に関する講演会2013年08月08日

詳細

口頭発表(一般)

Mg 及びZn の増粘効果により作製した発泡アルミニウム合金のミクロ組織と強度

一般社団法人軽金属学会 第124回春期大会2013年05月18日

詳細

ポスター発表

純Al パイプとAl-4mass%Cu 合金基材を用いた方向性気孔を有するポーラスAl-Cu 合金の作製

一般社団法人軽金属学会 第124回春期大会2013年05月18日

詳細

口頭発表(一般)

Ni基超合金の一方向凝固における引抜速度とデンドライト組織の関係

日本金属学会2013 年春期(第152 回)大会2013年03月27日

詳細

口頭発表(一般)

既存の鋳造設備を利用した方向性気孔を有するポーラス金属の製法開発

日本塑性加工学会 第1回ポーラス材料研究討論会2012年12月14日

詳細

口頭発表(一般)

パイプと半溶融スラリー基材との半溶融接合を用いた

日本機械学会 第20回機械材料・材料加⼯技術講演会(M&P2012)2012年12月01日

詳細

口頭発表(一般)

熱処理による発泡Al-Cu-Mg合金のセル壁の強化

日本機械学会 第20回機械材料・材料加⼯技術講演会(M&P2012)2012年12月01日

詳細

口頭発表(一般)

2波長マッハツェンダー干渉計による熱拡散係数の測定

日本マイクログラビティ応用学会 第26回学術講演会 JASMAC-262012年11月21日

詳細

ポスター発表

シアーセル法を用いた液体Sn-Pb合金中の相互拡散係数測定

日本マイクログラビティ応用学会 第26回学術講演会 JASMAC-262012年11月21日

詳細

ポスター発表

パラジウム合金膜を用いた二酸化炭素還元装置からの水素の回収

日本マイクログラビティ応用学会 第26回学術講演会 JASMAC-262012年11月21日

詳細

ポスター発表

パイプと基材との溶融・半溶融接合を用いた方向性気孔を有するポーラスアルミニウム合金の作製

一般社団法人軽金属学会 第123回秋期大会2012年11月11日

詳細

口頭発表(一般)

航空機体用アルミニウム合金を用いた発泡材料の作製

日本航空宇宙学会 第50回 飛行機シンポジウム2012年11月05日

詳細

口頭発表(一般)

ロータス型ポーラス銅の構造および機械的性質に及ぼすショットピーニング加工の影響

日本銅学会第52回講演大会2012年11月03日

詳細

口頭発表(一般)

ポーラス⾦属の航空宇宙機への適⽤と課題

日本航空宇宙学会 材料部門 第14 回航空宇宙材料フォーラム2012年10月26日

詳細

口頭発表(一般)

シアーセル法を用いた液体Sn中の不純物拡散係数の測定

第33回日本熱物性シンポジウム2012年10月04日

詳細

口頭発表(一般)

ショットピーニングによるロータス型ポーラス銅の強化

平成24年度塑性加工春季講演会2012年06月08日

詳細

口頭発表(一般)

アルミニウム薄肉平板鋳物の湯流れに及ぼす雰囲気の影響

日本鋳造工学会 第160回全国講演大会2012年05月29日

詳細

口頭発表(一般)

Biを添加して作製した発泡アルミニウム合金におけるBiの分布と気孔形態

軽金属学会第122回春期大会2012年05月19日

詳細

口頭発表(一般)

連続鋳造法によるパイプと溶湯との溶融接合を用いたポーラスアルミニウム合金の作製

軽金属学会第122回春期大会2012年05月19日

詳細

ポスター発表

Al-Cu-Mgを用いた発泡アルミニウム合金の気孔形態に及ぼす作製因子の影響

軽金属学会第122回春期大会2012年05月19日

詳細

ポスター発表

パイプと溶湯の溶融接合による方向性気孔を有するポーラスアルミニウムの作製

日本金属学会2012 年春期(第150 回)大会2012年03月29日

詳細

口頭発表(一般)

シアーセル法を用いた液体Sn中におけるBi及びSbの不純物拡散係数の測定

日本金属学会2012 年春期(第150 回)大会2012年03月28日

詳細

口頭発表(一般)

凝固・半凝固を利用したポーラス材の作製

日本塑性加工学会 第34回半溶融半凝固加工分科会2012年03月02日

詳細

口頭発表(一般)

長期宇宙滞在用CO2除去装置におけるヒーター温度がCO2脱着量に及ぼす影響

日本学術会議 総合工学委員会 第27回 宇宙利用シンポジウム2012年01月24日

詳細

口頭発表(一般)

安定密度配置とシアーセル法を用いた液体Sn中におけるBi及びSbの不純物拡散係数の測定

日本学術会議 総合工学委員会 第27回 宇宙利用シンポジウム2012年01月24日

詳細

口頭発表(一般)

微小重力環境を利用した拡散実験計画の課題と今後の計画

日本学術会議 総合工学委員会 第27回 宇宙利用シンポジウム2012年01月24日

詳細

口頭発表(一般)

宇宙船用に開発した二酸化炭素回収装置の吸脱着温度がCO2吸収効率に与える影響

日本マイクログラビティ応用学会 第25回学術講演会 (JASMAC-25)2011年11月28日

詳細

ポスター発表

長期宇宙滞在を目的とした空気再生系における市販ルテニウム触媒を用いたサバチエ反応

日本マイクログラビティ応用学会 第25回学術講演会 (JASMAC-25)2011年11月28日

詳細

口頭発表(一般)

ロールキャスターによるクラッド材の作製

軽金属学会 第121回秋期大会2011年11月13日

詳細

口頭発表(一般)

MgおよびBiを添加して作製した発泡アルミニウムの気孔形態とセル壁のミクロ組織

軽金属学会 第121回秋期大会2011年11月13日

詳細

口頭発表(一般)

Mgの増粘効果によるAl-Cu-Mgを用いた発泡アルミニウム合金の作製

軽金属学会 第121回秋期大会2011年11月12日

詳細

ポスター発表

Al-Mg-Bi合金を用いた発泡アルミニウム合金の気孔形態に及ぼす作製条件の影響

軽金属学会 第121回秋期大会2011年11月12日

詳細

ポスター発表

ロータス型ポーラス炭素鋼を用いた工作機械の特性

日本金属学会2011年秋期大会2011年11月07日

詳細

口頭発表(一般)

Mgの増粘効果によるAl-Cu-Mgを用いた発泡アルミニウム合金の作製

日本金属学会2011年秋期大会2011年11月07日

詳細

口頭発表(一般)

Al-Mg-Bi合金を用いた発泡アルミニウム合金の気孔形態に及ぼす作製条件の影響

日本金属学会2011年春期大会2011年11月07日

詳細

ポスター発表

ポーラス金属の高速圧縮試験方法の標準化

日本塑性加工学会 第62回塑性加工連合講演会2011年10月29日

詳細

口頭発表(一般)

異形断面条のポーラス金属からの1パス圧延成形

平成23年度(第42回)塑性加工春季講演会2011年05月28日

詳細

口頭発表(一般)

溶湯発泡法によるMgおよびBiを添加した発泡アルミニウムの作製

軽金属学会 2011年春期大会2011年05月22日

詳細

口頭発表(一般)

ポーラス金属からの異形断面材の創製

日本金属学会2011年春期大会2011年03月

シアーセル法を用いて測定した液体Sn及びPbにおける拡散係数の温度依存性

日本金属学会2011年春期大会2011年03月

拡散問題研究会2010年度活動報告

日本学術会議 総合工学委員会 第27回 宇宙利用シンポジウム2011年01月

詳細

口頭発表(一般)

ポーラス金属の気孔圧着を利用した材質制御

日本金属学会 2010年秋期大会2010年09月

詳細

口頭発表(一般)

二面からの冷却によるロータス型ポーラスマグネシウムの鋳型鋳造

(社)軽金属学会 2010年春期大会2010年05月

詳細

口頭発表(一般)

ロータス型ポーラス炭素鋼の気孔形成に及ぼすNiO粉末添加の影響

日本金属学会 2010年春期大会2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

二方向性凝固によるロータス型ポーラスマグネシウムの気孔方向制御

日本金属学会 2010年春期大会2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

ECAE によるロータス型ポーラスアルミニウムの変形と強化

日本金属学会 2010年春期大会2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

宇宙拡散実験計画の進捗状況と今後の予定

宇宙利用シンポジウム2010年01月

詳細

口頭発表(一般)

ロータス型ポーラスマグネシウムの気孔成長方向に及ぼす冷却方法の影響

(社)軽金属学会 関西支部 平成22年若手研究者・院生による研究発表会2010年01月

詳細

ポスター発表

連続鋳造法によるロータスAl-Ti合金の作製と気孔形態に及ぼす凝固速度の影響

(社)軽金属学会 関西支部 平成22年若手研究者・院生による研究発表会2010年01月

詳細

ポスター発表

ロータス型ポーラスマグネシウム鋳塊の気孔成長方向の制御

(社)軽金属学会 2009年秋期大会2009年11月

詳細

口頭発表(一般)

ECAE加工によるロータス銅の気孔形態および機械的性質の変化

日本金属学会 2009年秋期大会2009年09月

詳細

口頭発表(一般)

ロータス型ポーラス炭素鋼の気孔径に及ぼすNiO粉末添加の影響

日本金属学会 2009年秋期大会2009年09月

詳細

口頭発表(一般)

ロータス型ポーラス金属の気孔成長方向と冷却方法の関係

日本金属学会 2009年秋期大会2009年09月

詳細

口頭発表(一般)

連続鋳造法によるロータス型ポーラスAl-Tiの作製

日本金属学会 2009年秋期大会2009年09月

詳細

口頭発表(一般)

ロータス型ポーラス銅の圧延特性

日本塑性加工学会 平成21年度(第40回)春季講演会2009年05月

詳細

口頭発表(一般)

ロータス型ポーラスAl-Cu合金の気孔形成に及ぼす凝固組織の影響

(社)軽金属学会 2009年春期大会2009年05月

詳細

口頭発表(一般)

連続鋳造法によるロータス型ポーラス金属の作製

高温学会 2009年春季総合学術講演会2009年05月

詳細

口頭発表(一般)

ガス化合物の熱分解を用いて一方向凝固したAl-Si合金の気孔形態

日本金属学会 2009年春期大会2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

連続鋳造法で作製したロータス型ポーラス炭素鋼の圧縮変形挙動

日本金属学会 2009年春期大会2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

Ca(OH)2の熱分解反応を利用した連続鋳造法によるロータス型ポーラスAl-Si合金の作製

日本金属学会 2009年春期大会2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

熱分解法を用いた連続鋳造法によるロータス型ポーラス銅の作製

日本金属学会 2009年春期大会2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

拡散問題研究会WGの活動状況について

日本学術会議 総合工学委員会 第25回 宇宙利用シンポジウム2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

熱分解反応を利用した連続鋳造法によるロータス型ポーラスAl−Siの製および作製因子の影響

高温学会 2008年秋季総合学術講演会2008年12月

詳細

口頭発表(一般)

Structure modifications by wire?brushing in lotus-type porous copper

(社)日本鉄鋼協会・(社)日本金属学会 関西支部 材料物性工学談話会平成20年度第4回研究会2008年12月

詳細

ポスター発表

New skin layer formed by wire?brushing on lotus-type porous copper

(社)日本鉄鋼協会・(社)日本金属学会 関西支部 材料開発研究会 平成20年度第3回研究会2008年12月

詳細

ポスター発表

熱分解反応を利用したロータス型ポーラスAl-Si合金の連続鋳造における作製因子の影響

(社)軽金属学会 第115回秋期大会2008年11月

詳細

口頭発表(一般)

連続鋳造によるロータス型ポーラスAl-Cu合金の作製

(社)軽金属学会 第115回秋期大会2008年11月

詳細

口頭発表(一般)

連続鋳造法により作製したロータス型ポーラス炭素鋼の気孔分布

日本金属学会 2008年秋期大会2008年09月

詳細

口頭発表(一般)

連続鋳造法で作製したロータス型ポーラス炭素鋼の機械的性質の改善

日本金属学 2008年秋期大会2008年09月

詳細

口頭発表(一般)

熱分解法を利用した連続鋳造法によるロータス型ポーラスAl-Si合金の作製

日本金属学会 2008年秋期大会2008年09月

詳細

口頭発表(一般)

Improvement of the mechanical properties of lotus-type porous copper by wire-brushing

日本金属学会 2008年秋期大会2008年09月

詳細

口頭発表(一般)

連続鋳造法で作製したロータス型ポーラス銅の気孔成長方向におよぼす引出速度の影響

日本金属学会 2008年春期大会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

連続鋳造法により作製したロータス型ポーラス炭素鋼の機械的性質

日本金属学会 2008年春期大会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

連続鋳造法を用いたロータス炭素鋼作製における作製因子の影響

日本金属学会 2008年春期大会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

実用連続鋳造機によるロータス型ポーラス炭素鋼の作製

日本金属学会 2008年春期大会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

ロータス型ポーラスAl-Mg-Si合金の組織および気孔形態の制御

日本金属学会 2008年春期大会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

ロ−タス型ポーラスAl-Mg-Si合金の作製

(社)軽金属学会関西支部 若手研究者・院生による研究発表会2008年01月

詳細

ポスター発表

平成19年度 研究班WG「拡散現象問題研究会」の活動について

日本学術会議 総合工学委員会 第24回 宇宙利用シンポジウム2008年01月

詳細

口頭発表(一般)

連続鋳造法によるロータス型ポーラスアルミニウム合金の作製と合金元素の影響

軽金属学会 第113回秋期大会2007年11月

詳細

口頭発表(一般)

ECAEを利用したロータス型ポーラス銅の塑性加工

銅および銅合金技術研究会 2007年 第47回銅及び銅合金技術研究会講演大会2007年11月

詳細

口頭発表(一般)

ロータス型ポーラスAl-Mg-Si合金作製に及ぼす合金元素添加量の影響

日本金属学会 2007年秋期大会2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

連続鋳造法によるロータス型ポーラス炭素鋼の作製

日本金属学会 2007年秋期大会2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

ロータス型ポーラス金属の製法と物性研究

日本金属学会 2007年秋期大会2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

ロータス型ポーラスAl-Si合金に及ぼす微細組織の影響

日本金属学会 2007年秋期大会2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

ロータス型ポーラスAl-Si合金に及ぼすSi量の影響

日本金属学会 2007年春期大会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

連続鋳造法で作製したロータス型ポーラス金属の表面スキン層

日本金属学会 2007年春期大会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

ロータス型ポーラス銅のECAE加工による変形挙動

日本金属学会 2007年春期大会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

平成18年度拡散現象問題研究会ワーキンググループの活動について

日本学術会議 総合工学委員会 第23回 宇宙利用シンポジウム2007年01月

詳細

口頭発表(一般)

ロータス型ポーラス銅の量産製造方法の開発

銅および銅合金技術研究会 2006年 第46回銅及び銅合金技術研究会講演大会2006年11月

詳細

口頭発表(一般)

ロータス型ポーラスアルミニウムとマグネシウムの製造

軽金属学会 シンポジウム 2006年 第79回シンポジウム2006年10月

詳細

口頭発表(一般)

ロータス型ポーラス金属の製造技術の現状と展望

日本金属学会 2006年秋期大会2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

連続鋳造法を用いたロータス型ポーラスマグネシウムの作製

日本金属学会 2006年秋期大会2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

連続鋳造法を用いたロータス型ポーラスアルミニウム合金の作製

日本金属学会 2006年秋期大会2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

ロータス型ポーラス金属のECAE加工

日本金属学会 2006年秋期大会2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

宇宙環境および地上における溶融金属の拡散係数測定法の開発

鉄鋼協会 第152回秋季講演大会2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

密度配置の安定化および微小重力を利用した液体金属中の拡散係数測定

高温学会 2006年春季総合学術講演会2006年05月

詳細

口頭発表(一般)

シアセル法を用いた地上および微小重力下(回収衛星FOTON-M2)での液体金属中の拡散係数測定

金属学会 2006年春期大会2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

拡散現象問題研究会 WG活動報告

日本学術会議 総合工学委員会 第22回 宇宙利用シンポジウム2006年01月

詳細

口頭発表(一般)

地上および微小重力下での 金属液体中の拡散係数測定

日本マイクログラビティ応用学会 第21回 学術講演会2005年11月

詳細

口頭発表(一般)

メルトドラッグ法によるクラッドストリップの作製過程の伝熱凝固解析

軽金属学会 第95回春期大会1998年11月

詳細

口頭発表(一般)

Al-Si合金傾斜機能材料作製へのメルトドラッグ法への適用

軽金属学会 第95回春期大会1998年11月

詳細

口頭発表(一般)

リサイクル材により作製した鋳造材の冷温間鍛造特性

軽金属学会 第92回春期大会1997年05月

詳細

口頭発表(一般)

成形ロールを装備したメルトドラッグ法によるアルミニウム合金薄板自由凝固面の半凝固成形特性

軽金属学会 第92回春期大会1997年05月

詳細

口頭発表(一般)

メルトドラッグ法における温度測定によるアルミニウム合金薄板の凝固・成形機構の解明

軽金属学会 第92回春期大会1997年05月

詳細

口頭発表(一般)

メルトドラッグ法によるアルミニウム合金薄板作製過程の伝熱凝固解析

軽金属学会 第92回春期大会1997年05月

詳細

口頭発表(一般)

成形ロールを装備したメルトドラッグ法による薄板作製に及ぼす成形荷重の影響

日本機械学会 第74期通常総会講演会 講演論文集,東京, 367-3681997年03月

詳細

口頭発表(一般)

メルトドラッグ法の薄板作製における成形ベルトの冷却効果

軽金属学会 第90回春期大会1996年05月

詳細

口頭発表(一般)

急冷凝固法による積層材の作製

溶接学会 第42回界面接合研究委員会1996年05月

詳細

口頭発表(一般)

メルトドラッグ法による薄板作製における自由凝固面の半凝固成形

日本塑性加工学会 第16回半溶融?半凝固加工分科会1996年02月

詳細

口頭発表(一般)

単ロール法による薄帯の成形に及ぼす溶湯の前方流動の影響

日本機械学会 第3回機械材料・材料加工技術講演会1995年11月

詳細

口頭発表(一般)

成形ベルトを装備したメルトドラッグ法による薄板の成形特性

軽金属学会 第88回春期大会1995年05月

詳細

口頭発表(一般)

メルトドラッグ法により作製したAl合金急冷凝固クラッド材の接合界面に及ぼす成形条件の影響

軽金属学会 第87回秋期大会1994年11月

詳細

口頭発表(一般)

メルトドラッグ法による急冷凝固クラッド材の作製

軽金属学会 第86回春期大会1994年05月

詳細

口頭発表(一般)

各種急冷凝固積層材料加工法の特性とその分類

日本機械学会 第1回機械材料・材料加工技術講演会1993年11月

詳細

口頭発表(一般)

成形ロールを用いたメルトドラッグ法による薄板の作製

軽金属学会 第84回春期大会1993年05月

詳細

口頭発表(一般)

Recent Progress in Fabrication Techniques of Porous and Cellular Metals in Japan

Shinsuke Suzuki

Cellular Materials CellMat2016招待有り2016年12月

特許

整理番号:1349

ポーラス構造体、その製造方法及びポーラス構造体製造装置(日本)

市川 淳一, 林田 達郎, 矢原 良脩, 鈴木 進補, 豊山 竜史

特願2012-175476、特開2013-226594

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

高精度拡散係数測定による金属融体の拡散メカニズムおよび動的挙動の解明

2011年-0月-2014年-0月

配分額:¥5330000

研究種別:

ガス化合物添加による貫通孔型ポーラス金属の製法開発と電子・医療機器材料への応用

配分額:¥3200000

研究種別:

マルチモールド連鋳による異種材料から成る複合ロータス金属の創製

配分額:¥2950000

研究種別:

革新的金属ナノ中空球および金属ナノチューブの創製と機能性解明

配分額:¥110760000

研究種別:

液体金属中における拡散係数予測式の構築

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥4160000

学内研究制度

特定課題研究

液体Sn中のSbの不純物拡散係数測定による自由体積の変化と拡散係数との関係の解明

2010年度

研究成果概要: 従来,液体金属中の拡散係数は自然対流により測定が困難とされていたが,近年代表研究者らは試料の安定密度配置とシアーセル法を組み合わせた対流抑制方法を開発し,高精度の拡散係数測定を可能にした。しかしながら,未だ十分な量の測定データが... 従来,液体金属中の拡散係数は自然対流により測定が困難とされていたが,近年代表研究者らは試料の安定密度配置とシアーセル法を組み合わせた対流抑制方法を開発し,高精度の拡散係数測定を可能にした。しかしながら,未だ十分な量の測定データが得られていないため,液体金属における拡散のメカニズムは未だに解明されていない。そこで,本研究は拡散実験により液体金属の自由体積などの材料学的因子がどのように作用しているかを調べることを目的とした。 本研究では,拡散実験装置であるシアーセルの設計を行った。この実験装置は,直径d=1.5 mmの孔を持つグラファイト製のディスク(厚さH=3 mm、消耗品)を20枚重ね合わせることで,その孔が連結し長さ60 mmのキャピラリーを形成する構造となっている。シアーセル法と試料の安定密度配置を組み合わせた方法により液体試料中の対流を抑制し,厚さ3 mmのSn-5 at.% SbからのSnへSbの拡散を測定した。シアーセルを炉内で903 Kで3.5 h保持し,拡散実験後の試料のSb濃度に厚い層からの拡散の理論式をフィッティングすることにより拡散係数を求めた。比較のため,Sn中のBiの拡散も測定した。 地上で安定密度配置を用いて得られたSbのSn中への不純物拡散係数は,4回の比較実験において良く一致した。さらに,以前の微小重力結果と同等の値を示したことから,拡散実験中の対流は抑制されたと考えられる。また,測定したSn中のBiの拡散係数は,これまでの結果で明らかになっている絶対温度の約2乗に比例する式で良好にフィッティングすることができた。また,過去の文献値と比較すると,903 KでのSn中の不純物拡散係数を比較するとBi, In, Sbの順に大きくなることも明らかとなった。 温度上昇に伴う自由体積の増加や,溶質の原子半径の減少により拡散係数が増加することは,従来提案されていた溶媒の自由体積を媒介として拡散するというメカニズムと矛盾しない。 本研究で対象とした材料系において,温度及び溶質が拡散係数に与える影響を明らかにした。今後,これらの因子及び他の因子が拡散係数に与える影響をさらに定量的に調べ,拡散のメカニズムを詳細に考察する必要がある。

方向性気孔を多数有する軽量ポーラスアルミニウム合金の製法開発と強化

2011年度

研究成果概要: 近年環境負荷の低減を目的として,輸送機の軽量化が強く求められている.このような背景から,新たな軽量構造材料としてポーラス金属の開発が行われている.そのような材料のなかでも,方向性気孔を有するポーラス金属は,気孔率が増加しても長手... 近年環境負荷の低減を目的として,輸送機の軽量化が強く求められている.このような背景から,新たな軽量構造材料としてポーラス金属の開発が行われている.そのような材料のなかでも,方向性気孔を有するポーラス金属は,気孔率が増加しても長手方向には比強度が低下しないという優れた機械的性質を持つことが知られている.しかしながら,従来このような材料を作製するためには加圧水素ガスを利用するなど,高価で複雑なプロセスが必要とされていた.そこで本研究では方向性気孔を有するポーラス金属を作製することを目的として,パイプ束と基材溶湯とを溶融接合させ,簡易的に均質な気孔形状の方向性気孔を有するポーラスアルミニウム合金を作製する凝固プロセスを考案した.本申請課題では,パイプ浸漬実験と連続鋳造実験を行い,パイプと基材の接合状態を調べ,本方法の有効性を明らかにした.  純Alパイプ(内径:18 mm,肉厚:1 mm)を600 ℃に加熱したAl-12.6 mass%Si基材溶湯に浸漬し一定時間保持した後炉外へ取出し凝固させ,炉内保持時間を変化させ作製した試料の保持時間と肉厚の変化の関係を調べた.また,これらの結果に基づき複数本の純Alパイプ(内径:3 mm,肉厚:0.5 mm)を用いて同様の実験を行い,パイプと溶湯との接合の可否やパイプの肉厚変化などの測定を行った.溶湯温度を600 ℃,引出速度を120 mm/minとして内径3 mmのパイプと溶湯を同時に引出す連続鋳造実験を行った. 浸漬実験の結果,保持時間が増加するにつれてパイプ肉厚は減少する傾向にあったが,保持時間を長く取りすぎなければパイプは十分に接合しかつ溶損せずに残ることがわかった.また,浸漬実験で複数本の細径パイプ束を用いることで配列した方向性貫通気孔を有する気孔率約40 %のポーラスアルミニウム合金を作製することができた.連続鋳造実験では,引出されたパイプと溶湯により方向性気孔を有するポーラスアルミニウム合金を作製することができた.

金属ガラス液体中の拡散係数測定によるガラス形成機構解明

2016年度

研究成果概要:金属ガラスは,凝固時の冷却速度が10K/s程度と遅い場合においてもガラス化する金属であり,特異な性質を示す.金属ガラスの合金設計のため,ガラス化メカニズムの研究が盛んになされてきたが,未だに未解明な点が多い.研究代表者らは,過冷却...金属ガラスは,凝固時の冷却速度が10K/s程度と遅い場合においてもガラス化する金属であり,特異な性質を示す.金属ガラスの合金設計のため,ガラス化メカニズムの研究が盛んになされてきたが,未だに未解明な点が多い.研究代表者らは,過冷却液体における拡散係数がガラス化に大きな影響を与えると考えた.しかしながら,過冷却液体は,非平衡状態であるため,測定中の結晶化により取り扱いが困難である.そこで,本研究では,その場で濃度測定を行える蛍光X線を用いた拡散係数測定装置の有効性の検討を目的とした.開発した装置により,液相状態の低融点合金SnBiのBi濃度を液体状態で測定し,本方法の有効性を検証し,液相表面を覆う分析窓が分析の精度に与える影響を検討した. 遮蔽ボックス内に,マントルヒーターとX線源および検出器を設置した.Sn57Bi43をるつぼに入れ,上部にグラファイトまたは石英ガラスの分析窓を置き,マントルヒーターで443Kに加熱し,溶解した.X線源と液体金属表面からの距離を31.5mmとし,検出時間180sで10回の繰返し測定を行った.比較のため,上記合金のBi濃度を固体状態でICP-OESにより測定した.エネルギー域10keV以上ではグラファイト窓・石英窓共に明確な Sn,Biのピークを検出できた.BiLα線の再現精度を示す変動係数CVは,分析窓がない場合は0.92%と算出されたが,分析窓を使用した場合は,1.0~2.5%と大きくなった.検出時間を長くした結果,グラファイト窓・石英窓共にCVを1.15%以下に改善できた.再現精度の評価のために測定したICP-OESのCVが1.3%以下であったことを考慮すると十分な精度であるといえる.以上よりグラファイト窓,石英窓を使用時に,10KeV以上のエネルギー域ではICP-OESと同程度の精度で蛍光X線分析をすることが可能であることを明らかにした.本測定方法は,金属ガラス液体中の拡散係数測定における濃度分布のその場測定にも適用できると期待できる.

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
機械科学と航空宇宙技術 15前再基幹理工学部2019春学期
機械科学と航空宇宙技術 15前再 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
機械材料学基幹理工学部2019春学期
機械材料学  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
加工実習F 15前再基幹理工学部2019春学期
加工実習F 15前再  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
加工学 15前再基幹理工学部2019春学期
加工学 15前再 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
加工学・実習F (A組)基幹理工学部2019春学期
加工学・実習F (B組)基幹理工学部2019春学期
加工学・実習F (A組) 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
加工学・実習F (B組) 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
機械科学・航空実験1基幹理工学部2019春学期
機械科学・航空実験1  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
機械科学・航空実験2基幹理工学部2019秋学期
機械科学・航空実験2  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019秋学期
ゼミナール 15前再基幹理工学部2019通年
ゼミナール 15前再  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019通年
卒業論文基幹理工学部2019通年
卒業論文  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019通年
航空材料学基幹理工学部2019秋学期
凝固・鋳造工学基幹理工学部2019春学期
鉄鋼材料学基幹理工学部2019春学期
塑性力学・塑性加工学基幹理工学部2019秋学期
修士論文(機械科学)大学院基幹理工学研究科2019通年
材料プロセス工学研究大学院基幹理工学研究科2019通年
材料のリスク特論大学院基幹理工学研究科2019秋学期
材料のリスク特論大学院基幹理工学研究科2019秋学期
材料プロセス工学演習A大学院基幹理工学研究科2019春学期
材料プロセス工学演習B大学院基幹理工学研究科2019秋学期
材料プロセス工学演習C大学院基幹理工学研究科2019春学期
材料プロセス工学演習D大学院基幹理工学研究科2019秋学期
材料プロセス工学研究大学院基幹理工学研究科2019通年
マイクロ・ナノ構造研究大学院基幹理工学研究科2019通年
材料の数理モデリング特論A大学院基幹理工学研究科2019春クォーター
材料の数理モデリング特論B大学院基幹理工学研究科2019夏クォーター
材料プロセス工学特論大学院基幹理工学研究科2019秋学期
材料プロセス工学特論大学院基幹理工学研究科2019秋学期
材料プロセス工学演習A大学院基幹理工学研究科2019春学期
材料プロセス工学演習B大学院基幹理工学研究科2019秋学期
材料プロセス工学演習C大学院基幹理工学研究科2019春学期
材料プロセス工学演習D大学院基幹理工学研究科2019秋学期
材料プロセス工学研究大学院基幹理工学研究科2019通年
機械科学演習A 大学院基幹理工学研究科2019春学期
機械科学演習B 大学院基幹理工学研究科2019秋学期
材料プロセス工学研究大学院基幹理工学研究科2019通年
マイクロ・ナノ構造研究大学院基幹理工学研究科2019通年
鉄鋼材料学特論大学院基幹理工学研究科2019春学期
鉄鋼材料学特論大学院基幹理工学研究科2019春学期
鉄鋼材料学特論大学院創造理工学研究科2019春学期